韓国料理

1: ダーティプア ★ 2014/11/19(水) 09:57:52.21 ID:???.net20130621_ae861b
健康食品ブームを追い風に、韓国ノリが世界で人気を集めている。

関税庁が18日までにまとめた輸出統計によると、今年1-10月の加工ノリの輸出額は前年同期比14%増の1億6694万ドル(約195億円)だった。輸出単価も1トン当たり1万8117ドル(約212万円)と、前年同期に比べ約14%上昇した。

ノリの輸出はここ10年、毎年2けたの成長を記録している。昨年のノリの輸出額(1億8023万ドル、約211億円)は10年前の5倍以上で、輸出先の国は2004年の38カ国から今年には2倍の76カ国に増えた。ここ3-4年では、特に北米への輸出が大きく増えた。10年には2000万ドル(約23億円)程度だった対米輸出額は、昨年には3倍以上の6300万ドル(約74億円)に急増した。

食品大手、CJ第一製糖のパク・スンフン常務は「米放送局のNBCが9月に『新学期を迎え、子どもに与える健康的なおやつ』として韓国ノリを紹介した。(ノリの)関連資料を当社に要請してきたこともある」と話した。ノリは米国で間食用としてもよく売れており、各メーカーはスパイシー味、コショウ味、カラシ味、ハーブ味などのノリを販売している。食品メーカーの東遠F&Bのソ・ジョンドン常務は「ノリがおやつとして人気を集めているため、米国の流通各社はプライベートブランド(PB=自主企画)商品まで作っている」と話している。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2014/11/13(木) 16:01:44.24 ID:???.netkimchi
世界5大健康食品の一つに挙げられているキムチはその味と栄養学的な価値を認められた食品だ。キムチの味と栄養を同時に満たすのは何だろうか。まさにキムチの中に生きている“乳酸菌”のためだ。乳酸菌はキムチのサクっとした歯ごたえとピリッとした辛さの両面で重要な役割を担う。また、体内の免疫力を増強させてコレステロールの吸収を防ぐ。

■熟したキムチ1グラム当たり乳酸菌1億~10億匹


最近、韓国食品医薬品安全処がキムチの乳酸菌は免疫過敏反応による皮膚状態の改善にも効果があると明らかにして改めて注目が集まっている。乳酸菌はキムチを漬けた直後、1グラム当たり1万~10万匹が生成される。キムチが完全に熟したころには1グラム当たり1億~10億匹まで増加する。調理過程と保管方法によって乳酸菌数は減少したり増加したりする。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2014/11/05(水) 16:46:10.03 ID:???.netnews4plus-1402047296-5
2014年11月3日、韓国京畿道観光発展局は、中国版ツイッターの公式アカウントで、「韓国の美食・刺身」と題し、「刺身といえば日本を連想する人が多いだろうが、美食の国境はすでに存在しない。韓国式の刺身は万人に受け入れられるよう工夫している」と韓国の美食として魚の刺身を紹介。これに対し中国のネットで反応が見られている。

中国のネットでは、「刺身といえば日本だろ。何で韓国が自国の美食として刺身を紹介しているんだ?。違和感を覚える」「この書き込み、日本人が見たら怒るんじゃない?。だって、中国が自国の美食として『キムチがおいしい』なんて紹介したら、韓国人は激怒するだろう?」「日本のウイスキーも世界一になったじゃん。もう美食に国境はないんじゃない」と、全体的に韓国が自国の美食として刺身を紹介していることに否定的な意見が多く見られた。(翻訳・編集/内山)

ソース:レコードチャイナ 2014年11月5日 12時10分
http://www.recordchina.co.jp/a96826.html


元スレ:・【中国】韓国が刺身を自国の美食と紹介=中国ネット「日本人が見たら怒る」「日本のウイスキーも世界一になったじゃん」[11/05]

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: フロントネックロック(dion軍) 2014/11/04(火) 06:12:26.64 ID:wb2pYXOl0.net
韓国のテレビ局KBSがオリジナルの寿司を紹介しており話題になっている。

その韓国オリジナルの寿司はKBSの「生生情報通」という番組で紹介されたもので、酢飯にキムチを乗せた「キムチ寿司」である。「え?」と思う人もいるかもしれないが、普通にキムチでご飯を食べるのと何ら変わらないので意外と美味しそうである。日本でもキムチは好きだという人が多く、特に日本で作られたキムチは特段と評価が高い。

bandicam 2014-11-04 09-39-50-710

寿司そのものは世界中でローカライズされており、カリフォルニアロール(加州巻き)や、果物を乗せる国もあるくらいである。もはや世界中の人が食す「SUSHI」。ラーメンやカレー動揺に国によってローカライズされていてもおかしく無いだろう。

日本でウケるかは別だけど。

http://gogotsu.com/archives/421


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2014/11/02(日) 21:08:28.78 ID:???.neto0800060912064703448
アレンジ土産が人気…乾燥キムチとスナック海苔

 韓国土産の定番といえば海苔とキムチだが、最近、アレンジした新商品が話題を集めている。韓国の代名詞ともいえるキムチ。しかし、強烈な匂いのため持ち帰りを敬遠する人も多い。この点を配慮し開発されたのが「乾燥キムチ」で1箱4000ウォン、6個入り。水をかけると普通のキムチに戻ってしまう商品で、もちろん、開封しない限り無臭状態なので安心。

 ラーメンを煮込む際に、ポンと一つ入れるだけでシャキシャキした食感のキムチが楽しめるという。また、他にもご飯にのせてお湯をかければ韓国風の「キムチ茶漬け」にもなるという。

 これまで「韓国海苔」と言えば、ごま油と塩がかかり、ご飯のお供として人気を得ていたが、新たに開発したのがお菓子としての海苔だ。

 「両班海苔」で有名な「東遠F&B」が新発売した「スナック海苔」(各2800ウォン)。海苔2枚の間にナッツ類とソースをはさむもので、テリヤキソース味の「アーモンド」と「そばの実」、唐辛子ソース味の「チリ」の3種類。

 パリッとした海苔にカリカリのナッツとの食感がマッチし、子どものおやつや酒のつまみにもぴったり。

(2014.10.29 民団新聞)
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=19591


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2014/11/02(日) 15:53:05.70 ID:???.netbandicam 2014-11-02 18-15-15-461
ロッテ百貨店とホームプラスで販売されている豆腐から、それぞれ大腸菌群と100万個以上の細菌が検出された。

市民団体の消費者市民の会は先月31日、8月20日と25日に、一般に販売されているパック入り豆腐20製品と、百貨店、在来市場の未包装豆腐9製品に対する衛生検査を実施したところこのような結果となったと明らかにした。

未包装豆腐8製品では大腸菌群が検出された。1グラム当たり50~3200個の大腸菌群が検出され、このうちソウル・小公洞(ソゴンドン)のロッテ百貨店本店で販売されている「江陵草堂豆腐」も含まれた。残り7製品は在来市場で販売される製品だった。

3製品からは大腸菌が検出された。すべて在来市場で販売されている未包装豆腐で1グラム当たり10~450個だった。パック入り豆腐からは大腸菌群と大腸菌ともに検出されなかった。

大腸菌群は自然環境にもあるだけに、大腸菌群が検出された食品は周辺環境によって汚染されたとみられると消費者市民の会は明らかにした。大腸菌は人や動物の腸内にだけ存在する。糞便を通じ排出されるため糞便により汚染されたのかを判断する基準になる。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★ 2014/10/31(金) 16:03:11.75 ID:???.net
31日午前、ソウル広場で行われた韓牛(ハンウ)の日のイベントで、イ・ドンピル農林食品部長官(左から2番目)をはじめとする出席来賓が韓牛五色おにぎりを作っている。

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/4/a/4a1fd53d.jpg

ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0001091346


元スレ:・【韓国】「韓牛五色おにぎり召し上がれ」(写真)[10/31]

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 熱湯浴 ★ 2014/10/28(火) 14:24:22.76 ID:???0.net11002049644
お鍋の神7はこれ!冬に食べたいお鍋の人気ランキング
2014年10月27日 12時0分 nanapi

寒くなってくると恋しくなるのがお鍋。お鍋にはいろいろな種類があり、いまだに進化し続けていますが、結局みんなが好きなのは何味のお鍋なのでしょうか?ここでは複数のサイトをもとにした「みんなが好きなお鍋ランキング」「みんなが試してみたいお鍋ランキング」をご紹介します。

■ みんなが好きなお鍋はこれ!
昔は出汁をとったり、味付けを調整したりする必要があった鍋料理ですが、近頃ではお鍋の素を買うだけで手軽にいろいろな味のお鍋を楽しめます。そんな中でも特に人気のベスト7はこちら!

◎ 第1位:キムチ鍋
寒い季節に辛いものを食べて汗をかきたい!という人が多数。キムチには高い美容効果やダイエット効果があるのも人気の理由になっています。

◎ 第2位:寄せ鍋
「あっさり食べられる」と特に年配の人に人気です。素材のおいしさを堪能できる、シンプルイズザベストなお鍋ですね。

◎ 第3位:モツ鍋
モツといえば、専門店でないと臭みがあるというイメージがありましたが、最近では新鮮なおいしいモツがスーパーなどで買えるので、一般的なご家庭にも浸透してきました。コラーゲンたっぷりのモツは、野菜との相性もバツグンです。

 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2014/10/23(木) 10:52:34.10 ID:???.netbandicam 2014-09-02 11-31-41-136
韓国の飲食店の中で、平均の売上高が最も高いのは日本料理店、最も低いのが韓国料理店であることが明らかになり、韓国で話題となっている。

22日の韓国紙・ヘラルド経済によると、韓国外食産業研究院が、韓国の約4万6000の飲食店を対象に行ったアンケート調査では、韓国料理店が低い売上高と収益性に苦しんでいることが浮き彫りとなった。

調査結果によると、最も売上高が高かったのは日本料理店で平均月1223万ウォン(約124万円)だった。2番目はベトナムやタイ、インドなどの「その他外国料理」で1063万ウォン(約108万円)、3番手が西洋レストランで1017万ウォン(約103万円)だった。これに中華が817万ウォン(約83万円)で続き、韓国料理は794万ウォン(約81万円)で最下位となった。

韓国料理店は平均の利益も月225万ウォン(約23万円)で、最も低かったという。専門家は、韓国料理店は全国の飲食店の半数近くを占め、他の料理と比べて競争が激しいことなどが原因とみている。

このニュースが報じられると、韓国ネットユーザーから様々な書き込みが殺到した。主なコメントは以下の通りだ。

 「不衛生だし、おかずの食べ残しを使い回すし、原産地ごまかすし」

 「ネットの書き込みは日本の悪口だらけなのに、実際は和食を一番多く食べてるのか」

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2014/10/22(水) 14:55:50.39 ID:???.net
学校給食食材の韓国風餅にカビ?スープ配食中止
2014年10月22日 12時46分 読売新聞

 滋賀県野洲市学校給食センターは21日、給食で出す予定だった食材にカビのようなものが付着していたため、一部メニューの配食を中止した。

 この日午前、職員が「トック(韓国風餅)入りわかめスープ」に使う「トック」数十個に、カビのようなものが付着しているのを発見。予定していたスープの配食を中止した。トックの賞味期限は来年2月で、業者から前日に配送されていた。

 同センターは、市内の小中学校など計18施設に約6300食を配食している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141022-OYT1T50093.html?from=ytop_main3

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2014/10/15(水) 13:56:34.39 ID:???.net1cb654a2eefa414cd9eec73280a1f630
韓国最大手のシリアルメーカー・東西食品が、大腸菌などが検出された製品を原料として再利用していたことが発覚し、大問題になっている。

韓国・SBSは14日、東西食品内の情報提供者からの情報を基に取材した結果、同社が出荷前の品質検査で大腸菌やカビが検出された製品を生産ラインに戻し、殺菌して出荷していたと報じた。品質検査で問題が発見された製品は、“解体”されて他の製品と混ぜて出荷されており、工場の作業日誌にはこうした不良品を10%ずつ混入するような指示も記録されていたという。

韓国の食品衛生法ではシリアルで大腸菌が検出された場合は、報告したうえで製品の加工・販売を停止するよう規定されているが、東西食品側は「大腸菌は加熱すれば殺菌される」「出荷前の検査なので違法ではない」と主張しているという。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★ 2014/10/14(火) 07:24:05.64 ID:???.netSSI_20141013231916_V_99_20141014050344
食品医薬品安全処は13日、㈱東西(トンソ)食品が製造したシリアル製品=『ポスト・アーモンドフレイク』の流通・販売を暫定禁止したと明らかにした。

食品医薬品安全処によれば、該当の製造会社は鎮川(チンチョン)工場でこの製品を生産して、社内品質検査を通じて大腸菌群(大腸菌と同じような細菌集合)を確認しても直ちに廃棄せず、汚染製品を他の製品と交ぜて完製品を作った。

現在、食品医薬品安全処では流通した製品を緊急回収して検査しており、大腸菌群の検出結果が出次第発表して継続措置を取る予定だ。

ソース:NAVER/アジア経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=277&aid=0003349805

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★ 2014/10/10(金) 10:38:30.76 ID:???.netbandicam 2014-10-10 11-32-43-642
クラウン製菓の製品から食中毒菌が検出されて、衝撃を与えている。

ソウル西部地検・不正食品事犯合同捜査団(団長=イ・ソンフィ部長検事)によれば9日、基準値以上の細菌が検出されて廃棄しなければならない製品を5年間市場に流通させた疑い(食品衛生法違反)で、クラウン製菓生産担当理事のシン某(52歳)など役員3人を拘束起訴し、工場長のキム某(52歳)など4人を在宅起訴した。

シン容疑者らは『有機農ウエハース』、『有機農チョコウエハース』など2品目に対する社内品質検査の結果で基準値以上の微生物と食中毒菌が検出されたが、2009年3月から今年 8月まで31億ウォン分を流通した疑いを受けていて衝撃を与えた。

社内品質検査でこのような不適合の結果が出た場合、必ず保健当局に申告する事になっているが、これらは任意で再検社をした後市場に販売した事が分かった。

このような経路で販売された一部の製品からは、1g当たり最大280万個の細菌が検出されて衝撃を与えていて、何と基準値の280倍もなる数値だ。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2014/10/10(金) 09:14:02.40 ID:???.netphp
2014年10月9日、米ソーシャルメディアでは米国のすし店に韓国人シェフが多いことについて、さまざまな意見が寄せられている。

米国にあるすし店や日本食レストランでは、韓国人シェフが働いていることが多い。このことについて疑問を投げかけた投稿者に向けて、ネットユーザーがさまざまなコメントを書き込んでいる。

「理由は大きく2つある。1つめの理由は、日本が豊かな国なので海外に移ってレストランを開こうと思う日本人が少ないから。2つめの理由は、中国人や韓国人、タイ人は、多くのお客さんがすしや日本食を好むと知って、すしやほかの日本食も出すようになったからだ。中国や韓国から移住してきた人たちは、中国料理や韓国料理よりも日本食の方がもうかるので日本食レストランを開いているんだ

「米国にある90%のすしは、本当のすしじゃない。でたらめの巻きずし(味はおいしいが)は、西洋風に作られたものだ。以前、韓国人が経営するすし店で働いていたことがあるが、彼は日本人のシェフのもとで修業していた」

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: パイルドライバー(新疆ウイグル自治区) 2014/09/18(木) 23:34:35.81 ID:n/F1cyI30.netimages
2014年9月16日、中国経済網によれば、中国国家質量監督検験検疫総局は、2014年7月に中国に輸入された韓国産ののりから基準値を超える発がん性物質・無機ヒ素が検出されたことを明らかにした。

問題が見つかったのりはすでに韓国へ送り返され、市場には出回っていないという。

国連食糧農業機関(FAO)の準則では、無機ヒ素は肺がんリスクを0.5%高める恐れがあるとされ、1日の許容摂取量は体重1キログラムあたり3マイクログラムと定められている。中国国内でも、海藻類製品の無機ヒ素含有量は強制国家標準(GB)により厳しく規制されている。

業界関係者は、海洋汚染や生産、加工、包装の段階での汚染が原因ではないかと指摘している。

問題ののりを中国に輸出したのは韓国YNSグローバル社、輸入したのは浙江農資集団(グループ)の金鴻輸出入有限公司で、ロッテの高級粉ミルク「グランドノーブル」も同じルートで中国へ輸入されているという。「グランドノーブル」は安全性と高品質を売りに、中国でシェアが伸びているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140918-00000018-rcdc-cn

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む


このページのトップヘ