韓国料理

1:ななしさん 2021/09/21(火) 18:42:07.17
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2021.09.21 10:57

韓国人が簡単に食事を解決したり食欲がない時に食べる醤油卵ごはんをニューヨーク・タイムズが紹介した。

同紙の公式インスタグラムは18日、白いごはんの上に刻みのりと目玉焼きをのせた料理の写真を投稿し、「Gyeran bap(卵ごはん)」と紹介した。

ニューヨーク・タイムズは「韓国人が簡単に食事を済ませる時に食べるもの。「白いごはんに目玉焼きをのせて混ぜて食べる」と説明した。また「目玉焼きはバターで揚げるようにそっと膨らませなければならない」「醤油で味付けし、最後には刻みのりを振る」と付け加えた。合わせて醤油卵ごはんに対し紹介するアカウント、おいしく食べるためのレシピを書いたアカウントも紹介した。

投稿された写真には多様なコメントが付けられた。「韓国の子どもたちは親が家にいない時に自分で作って食べる」「小さなスプーンでコチュジャンとごま油をかけて混ぜればおいしい」「作りやすくてダイエットの助けになる」などのコメントが続いた。

一方、これに先立ち1月にナショナルジオグラフィックは「二日酔いに良い世界9つの料理」のひとつに豆もやしのクッパを紹介した。料理評論家のローレン・ショッキー氏は「韓国の代表的な酔い覚ましのスープで、ネギと唐辛子などを切って入れた全州の豆もやしクッパは酒を飲んだ翌朝に食べるとても人気がある料理」と伝えた。

3月にはCNNが特集番組を通じて「ダルゴナコーヒー」を紹介し、7月には米国のスパムがプデチゲを「クラシックアーミーシチュー」と名付けて韓国料理として公式ホームページに紹介している。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/283151?servcode=A00§code=A00

ニューヨーク・タイムズがインスタグラムに投稿した醤油卵ごはんの写真。
no title
本文を読む

1:ななしさん 2021/09/12(日) 17:07:38.60
キムチ、日本で漬物の人気ランキングで5年ぶりに1位=韓国報道
wowkorea.jp

 新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)拡散後、日本国内のキムチ市場が早いスピードで成長している。特に韓国製キムチの輸出実績が大幅に増加したのは注目に値する。

 韓国農水産食品流通公社(aT)によると、日本の漬物食品の生産量は2018年から3年連続で増加して回復傾向を見せており、特にキムチは著しく成長しているという。

 日本食糧新聞社が発表した漬物の人気ランキング調査ではキムチが5年ぶりに1位となった。これは今年5月中旬、首都圏、中部地方、関西地方の20~70代の主婦計300人を対象に行われた調査結果だ。
昨年まで4年連続1位だった梅干は原料の不安定性が問題視されている。白菜、きゅうり、ナスなどの漬物も毎年上位を争う人気商品であり、たくあん、福神漬けの人気も続いている。

 キムチは免疫力に対する期待効果とステイホームによる在宅時間の増加、在宅勤務でキムチのにおいを気にしなくても良いという利点が適用したようだ。特に若年層の支持が高かった。

 特に韓国産キムチは2020年の対日輸出実績(重量基準)が前年比で26%、金額比で28.8%増加し、大幅に増えた。2020年の日本産キムチの生産量は17万9775トン、韓国産キムチの日本への輸出実績は2万101トンだ。キムチ全体の供給量は韓国産が10.1%で、二桁になったのは2009年および2010年以後初めてだ。

kimchi

https://news.yahoo.co.jp/articles/6451d2749a22378d0b06a5e038ecc52bdae1273d
本文を読む

1:ななしさん 2021/08/27(金) 14:25:43.06
2021.08.26 午後4:37

京畿道高陽市徳陽区ののり巻き専門店で集団食中毒事故が発生した。これまで30人が腹痛などの関連症状を訴え、このうち1人は死亡した。


26日、高陽市によると、徳陽区ののり巻き家を訪問した20代の女性Aさんが前日死亡し、他の利用客29人が食中毒症状を見せている。

Aさんは23日午後6時ごろ、こののり巻き家でのり食品を食べた後、翌日の夜から高熱、下痢、嘔吐、腹痛などに苦しめられた。
そうするうちに25日0時30分、高揚市内の総合病院の緊急治療室を訪れて帰宅し自宅にとどまった。
以降当日正午頃に倒れたAさんの夫が発見し、病院に移したが、Aさんは約4時間で死亡した。

(以下略 店内調理場からサルモネラ菌検出)

https://news-naver-com.translate.goog/main/ranking/read.naver?mode=LSD&mid=shm&sid1=001&oid=023&aid=0003636324&rankingType=RANKING&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=ajax,elem

本文を読む

1:ななしさん 2021/08/20(金) 21:31:04.96
 韓国国防部の徐旭(ソ・ウク)長官が部隊の給食をめぐる問題を解決すると約束したのにもかかわらず、第一線の部隊からも「粗末な給食」の告発があった。

 軍の粗末な給食問題を告発してきたソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」のページ「陸軍訓練所の代わりにお伝えします(略称:陸代伝)」には16日、給食のアルミトレイの写真が1枚掲載された。

 情報提供者のAさんは「今日8月16日、某部隊統合食堂の夕食の『個人基準量』だ。左上の2-3切れあるように見えるのはメインメニューの『中華豚肉丼』で、スープの中に見える四角いのは豆腐」「実際に配食される量は基準量よりも少ない。今年4月、軍の給食に関連する問題が明らかになって以降、少しの間は良くなった(比較的)と思ったが、またこのようになって数カ月たった」と説明している。

某部隊で提供された給食
no title

 そして、「兵士たちが望んでいるのは、ものすごく高級な食事ではない。どうか変な試みはしないで、ただ豚肉をもうちょっと多く入れてほしい」と書いた。

 Aさんが公開した写真を見ると、給食のトレイに盛りつけられているのはご飯、ニラのあえ物、大根の若菜のキムチ、そして少量の豚肉がすべてだ。

 同じ部隊の将兵だというBさんも、実際の配食量はもっと少ないとした上で、「メインのおかず(豚肉)が話にならない量なので、炊事兵に聞いてみたところ、『1人分が35グラムなので、これ以上は出せない』という答えしか返ってこなかった。このような食事は一度や二度ではない」と明らかにした。

 これについて、「陸代伝」の運営者は「サムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)は(店で食べれば普通)1人分180グラムなのに。肉の配食量を誰が決めているのか分からないが、35グラムにした根拠が知りたい」と書いている。

 該当の部隊では、「陸代伝」を通じて、「標準献立表上、中華豚肉丼に入る主な材料(豚バラ肉)は35グラムだ。掲載された写真は献立表上の基準量を提示したものだ。実際には、当該部隊も豚バラ肉が不足することを事前に予想し、1人分の基準量よりも増やして(担当者に)請求し、配食した」と釈明した。

 その上で、「新メニューを組む過程で、兵士たちの満足度を細かく調べられなかった部分があった」「兵士たちの立場になって考え、意見を集約して改善努力を継続する」と答えた。

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/08/20 12:59
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/20/2021082080058.html

本文を読む

1:ななしさん 2021/08/14(土) 03:34:11.27
記事入力 2021.08.12。午後9:33

業界1位の農心がヨーロッパに輸出した「各種ヘムルタン麺」製品から1級発がん性物質エチレンオキサイドが検出されたことが明らかになり議論が起きている。


12日、業界によると、欧州連合(EU)の食品飼料迅速警報(RASFF)システムは、ヨーロッパ各国の農心の「ヘムルタン麺」に回収措置を下した。ドイツで販売されている農心の「ヘムルタン麺(seafood ramyun)」から発がん物質であるエチレンオキサイドが検出されたことによる措置だ。

検出されたエチレンオキサイドの量はEUの基準値である0.05ppmを148倍以上超える規模で分かった。

RASFFは、その日に生産された製品を直ちに販売中止してリコールを実施するように、6日各ヨーロッパの国に通報した。

https://news-naver-com.translate.goog/main/read.naver?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=088&aid=0000716489&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=ajax,elem

本文を読む

1:ななしさん 2021/08/08(日) 06:44:22.33
韓国のキムパプ(のり巻き)専門店「清潭洞 魔女キムパプ」で集団食中毒が発生し、199人の患者が症状を訴えている。8月5日、韓国・国民日報が報じた。

記事によると、集団食中毒が発生したのは、フランチャイズ店である「清潭洞 魔女キムパプ」の城南市・盆唐地域にある2つの支店。2店舗でここ5日間に販売されたキムパプは4200本以上であり、これを食べた人は1000人に達するとみられている。5日の午前5時時点で食中毒の症状を訴えた患者は199人に上り、1つの支店では7月29~30日、別の支店では8月1~2に購入した客の間で集中的に発生しているという。

京仁地方食品医薬品安全庁がソウル大学病院に入院した患者5人に対し検査を行ったところ、1人からサルモネラ菌が検出され、残りの4人にもサルモネラ菌に感染した痕跡が見られた。
城南市の関係者は「他の患者やキムパプ店のまな板や食器などから検体を採取し、京畿道保健環境研究院に精密検査を依頼しているところであり、最終的な結果は9~10日ごろに出る予定」としている。

今回食中毒が発生したキムパプ店は、20年5月に開店して以来、同年8月にも「調理の際に手袋をしていない」「ごみ箱を触っている」など、衛生面でのクレームが寄せられていたという。
キムパプ店側は、5日に公式ホームページやSNSに謝罪文を掲載。「検査結果に応じ、処分を甘んじて受ける。恐ろしいのは事実だが、逃げたり隠したりはしない」とし、「被害に遭った最後の1人まで、最善を尽くして支えることを約束する」と語っている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、
「7月19日に別の店舗でキムパプを買って5日間高熱と腹痛に苦しんだ。治療費もだけど、5日も無駄にしたことに腹が立つ」

「キムパプ店の衛生問題は本当に深刻。厨房から離れた場所で、切った食材をまな板の上で巻いて作るんだから」

「卵を割った手を洗わなかったんだろ。手袋をしてもあちこち触っていたら意味がない」
「他の店舗も早急に調査すべき」

「不衛生な食品を売る店は厳罰に処して」

「清潔な食堂はほぼない。外食をしないのが正解」
など、不満の声が相次いでいる。


本文を読む

1:ななしさん 2021/08/04(水) 18:18:31.56
 韓国マクドナルドで賞味期限が切れた廃棄対象の食材をそのまま使っていたことが明らかになって衝撃を与えている中、マクドナルド側がこれを認めて公式謝罪した。

 韓国マクドナルドは4日、立場文を通じて「該当の事案に対し、内部規定によって厳格な措置をした。食品安全のための管理および点検をさらに徹底する」と明らかにした。

 マクドナルドは韓国内の一部の店舗で賞味期限が16時間過ぎたハンバーガーのバンズを含めた一部の食材を廃棄せず、別の賞味期限ステッカーを重ねて貼って使用したことがメディアを通じて明らかになり、騒動となった。

 申告者は「主に翌日使う材料を準備しながら、残った材料に新たに出力したステッカーを重ねて貼っていた。管理すべき店長らが指示してアルバイト店員は従うしかなかった」と主張した。

 これに対してマクドナルド側は「顧客に優れた品質の安全な製品だけを提供するため、最善の努力をしてきている中、残念な問題が起きた。内部調査の結果、賞味期限の切れたステッカーに再出力したステッカーを貼ったことが分かった」と伝えた。

 またマクドナルド側は再発防止対策として「賞味期限遵守および食品安全強化のための指針伝達と教育」、「売り場での原材料点検ツールのアップデート」、「売り場の原材料点検制度の強化」を約束した。

 マクドナルド側は「食品安全と品質管理は韓国マクドナルドの一番重要な価値だ」とし、「改めて今回の問題について残念に思い、今後さらに徹底した点検と管理を通じて食品安全に万全を期すようにする」と頭を下げた。

 一方、国民権益委員会は関連内容の審査に着手した。

WOWKorea 2021/08/04 11:01配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/309893/

本文を読む

1:ななしさん 2021/05/18(火) 17:49:49.07
韓国食堂、京都市で急増中 「幸せ感」再現で一部に人気

店名はハングルのみ。年季の入った店内にはアルミの丸テーブル――。あれ? ここは韓国だったっけ? そう錯覚してしまうほど、ソウルや釜山(プサン)の市場にありそうな韓国の食堂が京都市内で急増中だ。新型コロナの影響で渡韓できない韓国好きな女性たちの心をとらえている。

昨年10月にオープンした「ミリネヤンコプチャン」(京都市下京区)は夕方になると焼き肉を楽しむ女性たちでいっぱいになる。店外も店内にもほとんど日本語はない。縦置きのエアコンや天井からぶら下がる店名の入った看板、ティッシュケースや店の外に置かれたビールケースまで、韓国の裏通りにある食堂そのもの。煙でくもった店内で食事をしていると、飛び交う日本語が不思議に思えるほど。まさに歩いて行ける韓国だ。

本文を読む

1:ななしさん 2021/05/18(火) 12:36:33.56
新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある台湾で市民らが物資の買いだめに走る中、あるインスタント麺だけが売れ残っている様子が注目を集めている。

新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある台湾で市民らが物資の買いだめに走る中、あるインスタント麺だけが売れ残っている様子が注目を集めている。台湾メディアのETtodayなどが16日付で伝えた。

台湾では16日の新規感染者数が207人、17日は335人に上った。変異ウイルスの市中感染が広まっていると見られている。これを受け、市民の間では日持ちするインスタント食料などの買いだめも起きている。

台湾のSNS上であるユーザーが投稿した内容によると、同ユーザーがスーパーで買い物をしていた時、インスタント麺の棚はほとんど売り切れて空の状態になっていたものの、セール品だった緑のパッケージの袋麺だけは大量に売れ残り「誰も手を付けない状態」だったという。

no title

同商品は韓国食品会社パルド(Paldo)系列の会社が台湾向けに製造したもので、袋には韓国語と中国語で「野菜タンメン」、その脇には中国語で「香菜(パクチー)口味」と書かれている。ネットユーザーからは「これ、味は悪くないよ」との声が上がる一方、「香菜は無理」「菜食主義だけど香菜はちょっと…お腹が空いていれば何とか」「これを買いだめする人はいないだろう」といった声が多く上がったという。

米華字メディア・多維新聞はこの様子を伝えた上で、過去に日本でも台風の備えで他のインスタントの食料品が空になる一方で韓国の「辛ラーメン」が大量に売れ残ったことや、韓国のインスタント麺から重金属が検出されたというニュースなどを紹介している。

Record China    2021年5月17日(月) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b876590-s25-c30-d0052.html

本文を読む

1:ななしさん 2021/04/21(水) 15:17:28.59
【写真】隔離中の軍人に提供されたお粗末弁当

韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)予防のために休暇から戻った後隔離されている兵士たちに粗末な食事が提供されているという暴露があった。軍人が隔離中に配られた弁当だとしてSNSに投稿した写真。

no title

https://japanese.joins.com/JArticle/277900
本文を読む

1:ななしさん 2021/04/19(月) 20:35:53.83
 韓国・プサン(釜山)の飲食店で客が食べていたスープを鍋に入れ、再加熱したとの主張が提起され、物議を醸している。

 最近、韓国のオンラインコミュニティーには、プサン旅行中にある飲食店で目撃したという食料再利用に関する内容が掲載された。

 投稿者は「美味しそうだと思って入った飲食店が食料の再利用を超えてとても汚い行動をとっていた。食べてすぐ出てきた」と自身の体験談を打ち明けた。また、「後ろの席のおじさんたちが食べて、厨房に下げたものをそのまま鍋に入れて加熱し、別の皿に注いでいるのをみて、『まさか』と思った」と説明。続けて、「自分の目を疑って、自分たちの食事を下げてもらった後を見ていたら、同じく鍋に入れていた」と述べた。

no title

 投稿者はこの過程を写真や映像で記録していた。会計を済ませた後、飲食店側に問題行動を指摘したが、飲食店側は「食べたものではないから大丈夫」との反応を見せたという。

 投稿者は「新型コロナだからではないけれど、敏感な時期にこれはない。口につけたスプーンを入れたスープなのに」との文章で締めくくった。

 ネットユーザーらは「コロナの中でこんなに衛生観念なく運営しているなんて…」、「衛生管理を徹底しなければならない飲食店でこれは」などの反応を見せた。

 これを前に先月にもプサンのテジクッパ(豚のスープご飯)店で、キムチ(カクテキ)を再利用するようすがアフリカTVのBJの生放送に映し出され、物議を醸した。

WOWKorea 2021/04/19 12:00配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/296071/

本文を読む

1:ななしさん 2021/04/03(土) 20:02:51.52
中国側が韓国の伝統的な食べ物であるキムチが中国から由来したという偽りの情報を広めて問題となっている中、日本のある主婦が「キムチの本場は韓国だ」という文章を新聞に投稿して注目を集めている。

聯合ニュースによると2日、すぎの・きょうこ氏(74)という名前を明らかにした日本の主婦は、「キムチは韓国が本家」というタイトルの文章を読売新聞に投稿した。

すぎの氏は投稿した文章で、「韓流の影響で10年ほど前にイケメンに会えると考えてソウルを訪問したが、キムチの魅力に陥ってイケメンを探すことを忘れてしまうほどだった」とキムチを絶賛した。

続けて、「旅行中どこに行っても食堂で出されるキムチがおいしかった」とし「食堂関係者に『おいしいです』と言うと、『私の母の腕前です』という回答を聞くことができた」と当時を回想した。

また、「その後、何度もソウルに旅行で訪れたが、その目的がキムチを味わうためといっても過言ではないほどだった」と付け加えた。

そして、「最近中国で‘キムチは中国の伝統の食べ物'と主張する動きがあるようだ」とし「研究と工夫を重ねて現在のキムチを作り出した韓国人が反発する気持ちは理解できる」と共感を示した。

一方、中国による韓国文化歪曲の例はさらに多様化している。キムチやサムゲタンなどの食べ物だけでなく、韓服やパンソリまでもが中国の影響を受けているという主張を提起している。

これについて、全世界に韓国の文化と歴史を発信している誠信女子大学校のソ・ギョンドク(徐敬徳)教授は、昨年末に「キムチは中国で誕生した」と記述している百度百科に抗議するなど、積極的に対応している。

「キムチの本場は韓国」…日本の主婦が新聞に投稿した理由=韓国報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/51ca76649b8e02849f59dadb474ad53007f64e49

本文を読む

1:ななしさん 2021/03/21(日) 21:38:10.16
2021年3月18日、韓国・クキニュースによると、韓国では最近、釜山の飲食店が食べ残しの大根キムチを再利用していたことが発覚し物議を醸したが、今度はタラ鍋専門店に食べ残しの再利用疑惑が持ち上がった。

記事によると、あるインターネット掲示板に投稿された書き込みが波紋を広げている。投稿主は友人と一緒に釜山のタラ鍋専門店を訪れ、鍋に追加で白子を注文したところ、厨房で従業員が他のテーブルの客の食べ残しを大きな鍋に入れる場面を目撃したと主張している。この店では注文が入ると、大きな鍋で調理された料理をその小さな鍋に取り分けて提供する方式がとられていたという。

投稿主が従業員に事実を問いただしたところ、「犬に与えようと思って作った。その従業員はアルバイトであって店長ではない」との回答があった。しかしその後、電話で店長が「食べ残しの再利用」を認めた。ところが店長は「冷凍白子で解凍に時間がかかるため食べ残しを入れた。傷んだ物ではない。グツグツ煮たじゃないか」と反論したという。

投稿主はこの通話記録に領収証を添付し、釜山東区役所に届け出たという。区役所は、当該店を食品衛生法違反で行政処分することにした。関連法によると、食べ残しの再利用は「営業停止15日」の行政処分または3年以下の懲役と3000万ウォン(約290万円)以下の罰金の対象になるという。

これを受け、韓国のネット上では
「食べ残しの再利用が物議を醸して間もないのに、まだこんな店があるのか」

「批判されて当然」

「食べ残しを再利用する意味が分からない」

「基本的な衛生概念がなってない店が多すぎる」

「コロナ禍で、誰の食べ残しかも分からない物を再利用してお金をもらったの?」
など大ブーイングが起こっており、
「再利用できないように、食べ残したものは混ぜておこう」

「厨房の防犯カメラの様子を見せてくれる店だけを利用しよう」

「たったの営業停止15日?」
と処罰の軽さを指摘する声が上がっている。

Record China    2021年3月21日(日) 12時0分
https://www.recordchina.co.jp/b873680-s25-c30-d0194.html

本文を読む

1:ななしさん 2021/02/11(木) 22:19:22.47

海苔巻きはもう「スシ」ではなく「Gimbap」…欧州で韓国料理ブーム
https://news.naver.com/main/read.nhn?m_view=1&includeAllCount=true&mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=050&aid=0000056595




グーグルで検索量を調べた結果

Sushi = 73
Gimbap = 0

no title

本文を読む

no title1:ななしさん 2021/01/30(土) 19:20:20.67
 韓国の辛ラーメン、世界の人々の一食に定着

インスタグラムで#KoreanRamyun (Ramen)、#ShinRamyunのハッシュタグ検索をすれば、世界各地で辛ラーメンなど韓国のインスタントラーメンを楽しむ姿が10万件近く出てくる。単純に韓国のインスタントラーメンを食べてみたというレベルを越え、卵やギョーザ、海産物など各自の好みに合わせて材料を加えた写真と映像が多い。海外での生活や旅行中になつかしい故郷の味を思い出させた韓国のインスタントラーメンが、今では世界の人々が楽しむメニューとして定着しているということだ。

こうした人気を受け、韓国のインスタントラーメンの海外販売量も急増している。最近の農林畜産食品部の発表によると、昨年の韓国のインスタントラーメン輸出額は前年比で29.3%増えて6億ドルを超えた。人気の秘訣は「簡単」と「味」だ。家庭で簡単に食事を解決することを望む消費トレンドと、熱湯さえあればすぐに作ることができる手軽さが合致したのだ。特に韓国インスタントラーメンはスープの深みや麺のコシ、具の味や品質などで日本や中国を抑え「世界最高のラーメン」として認められている。

人気ブランドには断然「農心(ノンシム)辛ラーメン」が挙げられる。「辛ラーメンブラック」は昨年、ニューヨークタイムズで世界最高のインスタントラーメンに選ばれた。米ロサンゼルス工場の生産ラインをフル稼働している農心は、今年末までに第2工場の設立を終える計画だ。
 
https://s.japanese.joins.com/JArticle/275005?servcode=300§code=300

本文を読む

このページのトップヘ