韓国人の反応

1: 荒波φ ★ 2018/03/20(火) 12:24:39.58
2018年3月20日(火) 6時20分

2018年3月19日、韓国・中央日報によると、ハリウッド映画「ブラックパンサー」の撮影を記念してウォルト・ディズニー社が韓国の釜山に設置したブラックパンサーの彫像が、何者かに壊され、撤去された。

記事によると、釜山映像委員会は18日、「釜山中区光復路に設置したブラックパンサーの彫像が16日夜から17日朝の間に破損された」と明らかにした。

彫像は土台から落ちて地面に転がっている状態で市民に発見されたという。片方の足首は完全に折れ、「見るも無残な状態」だったという。ウォルト・ディズニーは釜山で映画を撮影したことを記念し、先月の公開を前に同彫像を設置していた。

db007528-e4a6-41f2-867d-a30294928ecb

bandicam 2018-03-20 14-16-34-586

f12de60d-d0d9-4a28-993b-8bb2c413a74f

同委員会関係者は「設置から数日後に足の爪の部分が破損される事件があったが、約1カ月で完全に折られるという恥ずかしい事件が起きた」とし、「酔っ払いの犯行ではないかと予想している。ウォルト・ディズニーと協議した上で捜査の依頼や法的措置を決定する」と述べた。

韓国のネット上では壊された彫像の写真が急速に広まっており、ネットユーザーからは
「残念だ」

「市民意識のレベルが低い」

「国民性の先進化にはあと100年はかかる」

「今後、韓国で撮影しようと考える映画会社は現れないだろう」
などと嘆く声が上がっている。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/03/19(月) 17:33:46.97
2018年3月19日(月) 17時20分 レコードチャイナ

2018年3月18日、韓国・ノーカットニュースは「バドミントン界で最も権威のある全英オープンで致命的なミスがあった」と報じた。

記事は「韓国バトミントン男子シングルスの看板選手であるソン・ワンホが世界で最も権威ある全英オープンで3位になったが、電光掲示板で選手を紹介する際に日本の国旗が使われる悲しいハプニングが起こった」と伝えている。

AKR20180318017500007_01_i

記事によると、ソン選手は17日、英国で行われた2018全英オープンバドミントン選手権大会男子シングルスの準決勝に挑んだ。しかしソン選手が入場する際、電光掲示板には韓国の国旗ではなく、日本の国旗が映し出されたという。

これについて、記事は「日本と韓国の特殊な関係を考えると、単純なミスで片付けられない状況だった」と指摘。

ソン選手について「現在は世界ランキング3位、昨年は1位を記録したほどトップクラスの実力を備えている」と説明した上で、「国際舞台で有名な選手であるため、国籍を間違えることは理解しがたい。世界で最も権威ある大会でのミスということがさらに残念」と伝えている。

電光掲示板に背を向けていたソン選手は気付かなかったとみられ、また競技後には掲示板に謝罪文も掲載されたというが、記事は「それにしても深刻なミス」と主張している。なおソン選手は同試合で中国選手に敗れ、決勝進出を逃した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは
「基本がなっていない」

「たとえ無名の選手でも許されない。本当に腹が立つ」

「英国は紳士の国というが、自国のことしか頭になく他国のことには無関心」

「自国に対するプライドの高さは英国が世界一。アジアやアフリカのことは国として扱ってくれない」

「ソン選手も見たかもしれない。スポーツの試合で精神面はとても大事なのに!」
など批判的な声が数多く上がっている。

また
「彼はとても有名な選手。ミスではなくわざとでは?」

「常識的に考えて単純なミスではない。故意にソン選手を侮辱したんだ」

「スポーツを政治に利用してはならない。韓国の担当者がすぐに抗議して試合を中断させるべきだった」
と主張する声も。

一方で「職員のミスだろうし、謝罪文まで掲載されたのになぜそこまで批判する?」と擁護する声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b583537-s0-c50.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

iiow1: 荒波φ ★ 2018/03/18(日) 08:54:54.05
2018年3月17日(土) 21時20分

2018年3月16日、韓国日報によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威に対応するため、仏バラクーダ級(5300トン)原子力潜水艦の独自開発構想を打ち出した。

記事は複数の軍消息筋の話を引用し、「韓国海軍が昨年、原潜保有の可能性を把握するために民間の研究機関に依頼した研究により上記の結論が出された。最終報告書は今月19日ごろに海軍に提出される予定」と伝えている。同研究機関は報告書で「韓国の独自技術で原潜開発が可能である」と結論付け、仏バラクーダ級潜水艦の開発を目標として提示したという。

ある関係者は「米国など原潜保有国からの導入や賃貸の可能性についても検討したが、ひとまず国内技術でも開発が可能であると最終判断した」と明らかにしたとのこと。これについて記事は「原潜保有国が原潜を他国に輸出した前例がなく、今後も可能性が低いという現実が反映されたものと思われる」と分析している。

また同報告書によると、仏バラクーダ級の開発を目標に提示したのは、米国のように原子炉の燃料に高濃縮ウランではなく低濃縮ウラン(濃縮度20%以下)を使用するため。韓国は低濃縮ウランを使用する原子炉技術の相当部分をすでに確保している上、ウラン濃縮を20%未満に制限した米韓原子力協定違反への議論についてもある程度回避できるとみられているとのこと。

一方、北朝鮮のSLBMの脅威に対応するため原潜が必要であると主張してきた海軍は、来月末の南北首脳会談を控えた現段階で北朝鮮のSLBMの脅威を持ち出すのは難しいとの政治的判断から、同報告書の公開に慎重な姿勢をとっているという。ある政府関係者は「研究報告書を公開するかどうかはまだ決めていない」と述べているそうだ。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「原潜の開発は密かに進めるべき」
「音を立てず静かに進めなさい」
「自主国防、祖国守護、強い海軍」
「つくるしかないでしょ」
「国力を集結して開発しよう」
「すばらしい結論を出してくれた」

など、原潜の独自開発に賛同する意見が多く寄せられた。また「原潜に関連した技術は他国から入手できるはずない」と指摘する意見も。

その他「北朝鮮だけじゃなくて、日本の野心に警戒するためにも軍備増強は必須」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b582390-s0-c10.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2018/03/17(土) 09:33:10.36
2018年3月16日(金) 23時40分

2018年3月13日、韓国・チャンネルAによると、韓国南部の大邱(テグ)に登場した「眠る原始人」像が物議を醸している。

記事によると、大邱達西(タルソ)区は2万年前の旧石器時代の遺品が出土した事実を知らせるべく、2カ月間にわたる工事を経て先月末に同像を完成させたそうだ。

その姿は横向きに眠る原始人の上半身で、長さ20メートル、高さ6メートル。設置するだけで予算2億ウォン(約2000万円)がかかったとされる。区は同像と共に先史時代をテーマに通りを活性化させ、観光客を誘致しようとしているという。

bandicam 2018-03-17 20-01-56-175

bandicam 2018-03-17 20-01-51-463

bandicam 2018-03-17 20-01-38-437

しかし記事は、住民から「興味深い」「ランドマークになるだろう」など期待が寄せられる一方で、撤去を求める声も上がっていると伝えている。実際に、住民1700人が撤去の請願書を区議会に提出したとのこと。

これに対し、区役所側は「いち早くここを名所にすることが最も良い方法なのではないか」とし、引き続き住民の説得を試みているそうだ。

韓国ではこれまでもさまざまなモニュメントが物議を醸してきたが、今回もネット上では2000件近くのコメントが寄せられ、

「あんなものに2億ウォンも使ったの?」
「おいおい、もっと上手に造ってくれよ」
「それなのに福祉に使う予算はないの?」

など非難の声が相次いでいる。

また「今度は誰の懐にお金が入ったのかな」などと疑うコメントもちらほら。現地の住民だというユーザーからは「試みはいいけど、場所がね。住宅地じゃん」との声が上がった。

http://www.recordchina.co.jp/b581780-s0-c30.html

※韓国語ニュース動画
「大邱に登場した「20m原始人」... 名物vs凶物の論争」
http://voda.donga.com/view/3/all/39/1251308/1

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ