オリンピック

1:ななしさん 2020/01/21(火) 23:19:31.42
朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が日本東京都知事を招請するなど韓日関係の膠着状態を解きたいという意思を表明した。

パク市長は21日午後、ソウル武橋洞(ムギョドン)プレスセンターで開かれた外信記者対象記者会見で「過去の歴史反省などにおいて日本がドイツのように果敢な措置をとれないことに対し、若干遺憾を持っている」としながらも「韓日関係は未来に向かって発展していくべきなので国家(中央政府)とは異なり、地方政府と民間は協力を強化しなければならないと思う」と話した。

パク市長は引き続き「東京オリンピックに対してソウル市は積極的に支援、協力する」として4月29日から始まるソウル観光フェスタ開幕式に小池百合子・東京都知事を招請するために2月中に特使を派遣すると明らかにした。無所属の小池都知事は日本内閣で環境相・防衛相を経験した中道右派指向の政治家だ。

img54d09acf0e328

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/17(金) 20:35:36.90
聯合ニュース 2020.01.17 15:29

【鎮川聯合ニュース】東京五輪の開幕まで189日となった17日、大韓体育会(韓国オリンピック委員会)は中部の忠清北道・鎮川の国家代表選手村で2020年のトレーニング開始式を開催し、選手とコーチ480人、来賓100人の計580人が出席した。

朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官は祝辞で、「皆さんの情熱が真夏の東京を一層熱くするものと期待している」「東京五輪の表彰台に立つ皆さんこそ英雄、歴史であり、大韓民国そのものだ」と激励した。また、五輪までにたびたび選手村を訪れると述べ、政府としての全面的なサポートを約束した。

PYH2020011706670001301_P2

大韓体育会の李起興(イ・ギフン)会長は「東京五輪が開かれる年に皆さんの顔を見ると、情熱と士気が感じられる」と述べ、ベストを尽くしてほしいと呼び掛けた。

7月24日に開幕する東京五輪で、韓国は最大10個の金メダルを獲得し、国別順位10位以内に入ることを目標としている。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200117002200882?section=entertainment-sports/index

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/12(日) 13:35:04.87
【ローザンヌ聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は11日、2024年の冬季ユース五輪の開催地などを決めるスイス・ローザンヌでの総会に出席した韓国代表団との面会で、韓国側が懸念している今夏の東京五輪での旭日旗使用問題と東京電力福島第1原発事故による放射能汚染問題について、IOCを信じてほしいと強調した。

10日のIOC総会で、韓国が招致を目指していた2024年冬季ユース五輪の江原道での開催が決まった。

これを受け、11日に韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官、大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の李起興(イ・ギフン)会長らは同五輪についてバッハ氏を含むIOCの役員らと話し合ったほか、2032年夏季五輪の北朝鮮との南北共同招致などについても意見交換した。

この席で韓国側は東京五輪についても言及。軍国主義を象徴する旭日旗が競技会場に持ち込まれることや選手村で提供される食事に原発事故が起きた福島の食材が使われる可能性があることなどについてIOC側に懸念を示すとともに、これら問題の解決に向け努力するよう要請した。

これに対しバッハ氏は、韓国の立場に理解を示した上でIOCを信じ、任せてほしいと応じた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/12/2020011280007.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/12(日) 23:05:45.54
聯合ニュース 2020.01.12 22:25

【ソウル聯合ニュース】バレーボール女子韓国代表は12日、タイで開かれた東京五輪アジア大陸予選決勝でタイを3―0で破り、3大会連続の五輪出場を決めた。

韓国はエース金軟景(キム・ヨンギョン)が腹筋痛を感じさせない動きで攻守にわたり活躍。この日は両チーム最多の22得点を挙げた。

AJP20200112001400882_01_i_P2

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200112001400882?section=entertainment-sports/index

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/04(土) 22:17:38.83
2020年東京オリンピックに出場する大韓民国選手団が、オリンピックの期間中、安全な韓国産の食材で作られた食事を支給すると発表した。

大韓体育会が日本のホテルを丸ごと貸し切り、韓国鎮川(チンチョン)選手村の調理師を派遣することも決定。

2日、大韓体育会は「昨年末に日本の千葉県にあるホテルと賃貸契約を終え、ここを選手団の供給支援センターとして活用する」と明らかにした。このホテルは都内にあるオリンピック選手村まで車で20分の距離にあり、80人を収容可能なレストランもある。貸し切ったホテルは『変なホテル』で、また食事は空輸で送られて来る。

no title

大韓体育会はこのホテルを丸ごと貸し切り、10人余りの鎮川選手村調理師を派遣し、韓国産食材で作られた食事を24時間体制で安全に提供するという。

また調理師は毎日選手たちの注文に応じて料理を提供。その際には日本産食材を徹底的に排除する。

https://gogotsu.com/archives/55858

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/04(土) 14:06:29.80
文政権の「食事制限令」が韓国の東京五輪惨敗を招く
1/4(土) 8:00配信 JBpress


 迷走したまま本番を迎えるのだろうか。2020年東京五輪に参加する韓国のことである。

 韓国の大韓体育会は東京五輪での目標を「10―10」と設定。要は金メダルを10個以上獲得し、総合メダルランキングで10位以内に入るという戦略だ。

 しかし壮大な目標を掲げているものの現実を直視してみると、政治的要素によって大きく足を引っ張られようとしている。過剰なまでの「反日政策」が開催国・日本の怒りを増長させて自らの肩身を狭くさせようとしているばかりか、自国代表選手団からもヒンシュクを買ってしまうことで目標達成の足かせとなりつつあるからだ。

■ 自国選手に日本の食材を口にさせない「食事制限令」

 日韓首脳会談が昨年12月末、1年3カ月ぶりに実現。史上最悪と評される日韓関係の修復に期待が寄せられているが、そう簡単に好転するはずもない。スポーツ界も同様で、特に日本で行われる2020年東京五輪に関しては従来通り「参加こそするが、あくまでも敵国に乗り込む」というスタンスに何ら変わりはないようだ。

 その流れの中で韓国側が開催国の日本に対し、未だに厳しい目を光らせながら槍玉に挙げているのが東京電力福島第一原発事故による放射能汚染の問題である。

 日本側はIOC(国際オリンピック協会)のプレゼンテーションの場で安倍晋三首相が「アンダー・コントロール」という語句を用いながら放射能漏れの心配はなく、監視下において安全面が保障されていることを強調していた。選手村でも日本産の食材を使った料理を各国の代表選手たちに提供し、日本側としては全世界に「食の安全」をアピールする機会ともとらえている。

 ところが韓国政府は大韓体育会を通じ水面下で自国の代表選手たちに選手村で用意される日本産の食材を使った食事を口にしないよう呼びかけ、それを実践させるための〝自衛策〟まで打ち出す方針を固めている。

 東京五輪の選手村から約15分の場所に位置する日本のホテルを借り切って、韓国選手たちの臨時食堂を設営。国内にある国家代表選手村の専属シェフを日本へ派遣し、韓国から空輸された食材を使った料理を振る舞うというのである。

■ 「復興五輪」の足を引っ張る韓国

 いくら何でも、これはやり過ぎだろう。

 確かに東日本大震災から9年近い歳月が経過しているとはいえ、未だに世界の23の国や地域が福島県など日本産の食品に対して輸入規制を敷いている。同様に韓国も日本側の反発をWTO(世界貿易機関)の裁決によって退けたことを後ろ盾にし、福島など8つの県の水産物の輸入禁止を今も継続中だ。

 しかしながら、輸入規制を敷いている国や地域の中で、ここまで露骨な〝自衛策〟を貫こうとしているのは言うまでもなく韓国だけだ。

 こうした背景に怒りを募らせ、開催国・日本のJOC(日本オリンピック協会)や関係各方面の中からは「そこまで言うならば、韓国は参加するな」と東京五輪出場にNOを突き付ける過激な主張まで飛び出している。JOCの関係者も「これはあくまでも個人的な意見」と前置きしながらも、顔をしかめて次のように本音をさらけ出した。

 「日本は東京五輪を東日本大震災からの『復興五輪』として全世界にアピールしようとしている。東京五輪に参加する国や地域の代表選手たちも、その趣旨に賛同してくれているのです。

 もちろん東京五輪でも五輪選手村のダイニングで用いられる食材には、100項目以上の厳しい審査基準のクリアを義務付けられた安全品質の認証食材『GAP(農業生産工程管理)』しか認められません。だからこそ五輪村で調理に使われる日本産の食材も、すべてGAPの認証を得られたものになる。


本文を読む

1:ななしさん 2020/01/02(木) 08:47:34.84
韓国五輪委 東京のホテル借り切り選手に食事提供へ=放射能懸念で
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191230002300882

大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の李起興(イ・ギフン)会長は2日、聯合ニュースとの新年のインタビューで、「昨年末に東京を訪問し、五輪期間中、わが国の選手団の食事をサポートする支援センターとの契約を終えた」と明らかにした。

東京五輪を巡っては、選手村で提供される食事に東京電力福島第1原発事故が起きた福島産の食材が使われるとして、韓国をはじめ各国から安全性を懸念する声が出ている。

大韓体育会は選手村から約15分離れたホテルを五輪期間中に借り切り、選手団のための拠点を用意した。

放射能汚染に対する懸念が払拭(ふっしょく)されていない中、大韓体育会は韓国選手団の食の安全を最優先に考え、韓国選手団のための食堂を用意すると早くから明らかにしており、先ごろ関係機関との契約を終えた。

忠清北道・鎮川の国家代表選手村から派遣された調理師が韓国から空輸された食材を使って選手団の食事を24時間サポートする。

同ホテルには80人が利用できる食堂があり、五輪を観戦する関連団体の関係者もこのホテルを利用する。

大韓体育会は韓国文化・飲食などの広報拠点「コリアハウス」も設置、運営する。コリアハウスは2004年のアテネ五輪以降、主な国際大会で設置された。(略)

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/07(土) 22:21:24.14
no title

2020年東京オリンピックが摂氏30度中ばを越える蒸し暑い天候に福岡(原文ママ)原子力発電所爆破による放射能汚染、軍国主義の象徴である旭日旗許容など絶えず非難の声が上がるなか、このような隣国の悪材料が私たちには特需に作用している。

日本と似た地理的特性で時差もなく、韓国が東京オリンピック現地訓練場として注目をあびているからだ。


今年4月、醴泉(イェチョン)ジンホ国際アーチェリー場で東京オリンピック準備現地訓練を終えて帰った中国国家代表アーチェリー選手団が良い例だ。これは32年前の1988年、ソウルオリンピックを開催した私たちと日本の状況が逆転したもので、当時、36カ国1600人余りの規模のソウルオリンピック出場選手のうち10%を越える選手たちが日本で現地訓練を終えてソウルに入った。

日本との経済格差を考えれば、国内訓練施設不備が原因ではないか思うかもしれないが、実際は日本が各国選手団の現地訓練地誘致のために積極的に乗り出したからだ。

日本は全世界の選手団に大韓航空機爆破事件、南北分断状況、民主化運動など韓国情勢が各国選手団の訓練に適していないと説得した。1988オリンピック開催地選定当時、日本の名古屋がソウルに押されて開催に失敗したことに対する虚偽の工作という世論が優勢だった。

開催国としてオリンピック特需を享受するはずだったが、相当数の選手を日本に奪われる屈辱を受けなければならなかった。それから32年過ぎた2020東京オリンピックはソウルオリンピックの痛みを洗うことができる好機になるものと見られる。

様々な悪材料で東京オリンピックに対する世界各国の憂慮が大きくなり、韓国を現地訓練地に選択する国家が増えているからだ。最も大きな特需が予想される地域は聞慶市(ムンギョンシ)だ。聞慶は国内で最高施設を備えた国軍体育部隊がいて外国人の合宿にぴったりという評価だ。

すでに今年6月、韓国と米国・カナダ青少年卓球の国家代表チーム33人とフランス・ドイツ・ロシア・イタリア・中国など11カ国104人の近代5種チームが聞慶国軍体育部隊で東京近代5種ワールドカップ大会と2020年東京オリンピックに備えた合同現地訓練を進めた。(中略:聞慶市や仁川市、釜山市などの誘致情報)

ある地方自治体関係者は「現地訓練地誘致自体は途方もない収益を上げる付加価値事業ではないが、全世界に地域を知らせる良い機会になる。景気低迷の谷が深い地域経済に活気を呼び込む契機になりうると確信する」と話した。

ソース:毎日経済(韓国語)国内地方自治体が日東京オリンピックを指折り数える理由
https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2019/12/1024035/

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/07(土) 14:57:48.90
デイリー新潮

 束の間の「勝利の余韻」に酔おうとしても、あの国が簡単にそれを許すはずがない。GSOMIAの破棄は回避されたが、残念ながら韓国の嫌がらせはこれからも続くという。(中略)

五輪の安全性に問題!?

 では、韓国は、これからどんな対日姿勢を取ってくるのだろうか。前出の李教授は、

「GSOMIAの継続は、この問題が起きる前の状態に戻っただけのことで、日韓関係は何も変わっていない。徴用工問題に関する交渉をようやく始められるようになったに過ぎません」

 と、現況を分析した上で、韓国の出方をこう読む。

「とはいえ、韓国側が現実性のある妥協案を示すとも思えず、日本側も譲歩しない。そうなると、韓国は別の問題を日本に仕掛けてくるはずです。例えば、福島第一原発の処理水の問題を再びフレームアップし、東京五輪の安全性には問題があると、国際世論に向けたネガティブキャンペーンを展開する可能性は大いにある。五輪会場に旭日旗を持ち込むのはけしからんということも、これまで以上に声を大にして主張してくるかもしれません」

 さらに前出の室谷氏曰く、

「来年の総選挙で与党が大敗すれば、文大統領は支持率アップのために東京五輪のボイコットすら言い出しかねません。『放射能に汚染された五輪は危ない』『我々は正義のために五輪を辞退する』と」

 再び李教授が指摘する。

「福島第一原発と東京五輪を関連付けようとする韓国の主張を、『馬鹿げている』と高を括(くく)り、放置してはいけません。韓国はこうした情報戦に長(た)けていますから、日本は今から対応策を準備しておくべきだと思います」

 言わずもがな、五輪はGSOMIAとも、また徴用工問題とも全く別次元の話である。それを一緒くたにされても……。


本文を読む

1:ななしさん 2019/12/04(水) 21:50:41.30
[ソウル 4日 ロイター] - 韓国オリンピック委員会は、2020年の東京五輪・パラリンピックに参加する選手のために放射線測定器を用意し、韓国産の食材を日本に持ち込むことを計画している。東京電力(9501.T)福島第1原発事故の影響による食の安全を懸念しているためという。

日本政府はこれまで、国内で流通している食品中の放射性物質の検出結果を公表するなどして安全性をアピールしてきており、日本産の食品に対する輸入規制を緩和した国や地域も多い。

韓国のスポーツ競技団体を統括する大韓体育会(KSOC)の計画によると、KSOCがトウガラシのペーストなどを韓国から輸送し、検疫の規則で日本に持ち込めない肉や野菜については放射能測定器で検査するという。


国会のスポーツ委員会メンバーで、与党「共に民主党」のShin Dong-keun議員はロイターに対し「おそらく缶詰も含め、食材や食品はできるだけ韓国から輸送する」と述べた。

またKSOCの計画によると、福島県で試合が行われる野球とソフトボールの選手らには、日本国内の韓国レストランが食事を用意する。

https://jp.reuters.com/article/olympics-2020-radiation-southkorea-idJPKBN1Y8187

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/26(火) 22:37:45.15 I
[創刊特集]東京オリンピック展望②-放射能オリンピック、果たして安全なのか?
デイリー・スポーツ韓国(韓国語)

2020年7月24日に開催される東京オリンピックが約8カ月先に迫った。2020年は我が国の体育界に大きな意味がある。1920年、日帝強制占領期間に初の体育会ができて100周年になる年であり、日本の心臓部・東京で開かれるオリンピックに韓国選手が太極マークを胸に付け、スポーツで日本に正しい教育をしに行く象徴的な意味もある。

大韓民国は近くて遠い隣国・日本に複雑な感情を持っている。日本の貿易制裁から始まった通商葛藤が手のほどこしようがないほど大きくなって、ノーノージャパン運動まで広がって日本と不快な関係が継続している。そうするうち東京オリンピックは福島原発事故以来、放射能の安定性が国際社会問題に浮上し、旭日旗使用や独島(ドクト、日本名:竹島)問題など様々な争点がいまだに解決していない。
(中略)

国際社会も憂慮を表明した。サイバー外交使節団バンクは今年9月、世界最大規模請願サイト「チェンジ」に2020年東京オリンピック放射能安全問題に関心を持ってほしい、という英文請願を上げた。請願対象は第一に国際オリンピック委員会(IOC)、第二に東京オリンピック委員会(TOCOG)を指定した。

バンクは「選手への医療と選手の健康に関する対策を奨励し支援する。環境問題に対し責任ある関心を持つことを支援する」というオリンピック憲章2条10項、14項を根拠に上げ、3月の国際環境保護団体であるグリーンピースが福島放射能汚染の深刻性を調査した結果を引用し「福島で放射能が基準値の8倍を超える数値が出ている」と強調した。

世界保健機構(WHO)の警告も指摘した。放射線に汚染されれば骨髄・心臓・胃腸などに長期に影響があり、免疫系を弱めるのはもちろん放射性ヨードが体内に蓄積すれば発癌の可能性もあるという内容だ。

バンクはIOCが選手と観客の健康のために開催国に福島産食物の使用を禁止し、福島と近い競技場を除き、放射能問題に関するすべての安全性点検結果を透明に公開してほしいと要請した。

先月28日には台風19号の影響で雨水で流出した日本放射性廃棄物の袋が66個にもなることが明らかになった、と共同通信が報道した。流失した袋には2011年、福島第1原発で発生した水素爆発事故で汚染された土などが含まれる。原発事故後、処理する場所が見つからないまま、臨時保管所に積もっていて豪雨で川の水などに流れこんだ。

来年開かれる東京オリンピックに出場する選手団の健康が心配になる状況だ。

大韓体育会は着実に福島産食材安定性に憂慮を表わしている。イ・キフン大韓体育会長兼IOC委員はトーマス・バッハ委員長に会ってこの部分に対する議論をしている。バッハ委員長もやはり「関連状況について再点検する計画で対話を継続する」と明らかにしたが、まだ決定された事項はない。

イ会長も本紙とのインタビューで「最終確定は出ておらず協議中だ。旭日旗は屋内使用禁止、農産物もオリンピック農産物供給業者が確定していない。30カ所の業者と協議中。IOC委員長が再び確認して話すと言った。日本体育会長があまり心配しなくてもよい、私たちも措置すると言った。ロシア、中国連盟と合わせて対応する計画」と説明した。

しかし、日本は放射能関連問題について確実な解決策を提示できずにいる。日本内部でも政府の福島政策に反対する人々が持続的に声をあげている。日本は直ちに東京オリンピックの成功開催のため、福島原発事故を隠ぺいせず、さらに長期的観点から地球と人類の安寧のために核廃棄物処理と福島原発解体など残された課題を透明で安全に処理するよう願う。

http://www.dailysportshankook.co.kr/news/articleView.html?idxno=216609

関連サイト:Change(英語)Pay attention to radiation safety issues at the 2020 Tokyo-Olympics
https://www.change.org/p/the-international-olympic-committee-pay-attention-to-radiation-safety-issues-at-the-2020-tokyo-olympics

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/01(金) 11:58:38.73
【ソウル聯合ニュース】超党派でつくる日韓議員連盟との合同総会に出席するため、日本を訪問している韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は1日、ラジオ番組に出演し、総会で東京五輪の成功に向けた共同特別委員会の発足が決まる可能性があると明らかにした。

競技場への旭日旗の持ち込みを容認し、組織委員会の公式サイトで独島を日本の領土として表示している東京五輪の成功に向けた合同特別委の発足については不適切との指摘もあるが、姜氏は「そのように感情的になってはならない」として、「むしろ開催の成功のために旭日旗や独島などの問題を日本側に提起できると思う」との認識を示した。

安倍晋三首相との面会は決まっていないとした。「日韓議員連盟が韓国に来れば大統領を表敬し、(韓日議連は)日本では首相に会うのが慣例だったが、今回は(面会できるかどうか)分からない」と説明。「もし(面会の)日程が決まらない場合、『なぜ慣例を破るのか、(両国関係が)厳しい時には解決しようとする意志が必要ではないか』と指摘する」と述べた。

ソース:ソウル=聯合ニュース
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191101001500882

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/19(土) 00:28:57.59
10/18(金) 21:00配信共同通信

 【ソウル共同】韓国の李洛淵首相は18日までの共同通信との単独会見で、来年の東京五輪・パラリンピックについて「(大会が)成功し、それを通じて日本社会が活気に満ちることを願う」と述べた。日韓関係の悪化で、韓国の一部では東京五輪をボイコットすべきだとの声も出ているが、韓国政府としてこうした考えを否定し、大会成功に協力していく姿勢を明確にした。

 また安倍晋三首相が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に条件なしの首脳会談実現を呼び掛けていることに関し、文在寅政権として引き続き実現に協力すると表明した。

 李氏は22~24日に訪日する予定。

本文を読む

1:ななしさん 2019/10/02(水) 14:53:41.10
【ソウル聯合ニュース】韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官は2日、国会の国政監査で、2020年の東京五輪・パラリンピックに参加する韓国選手団の安全のため、福島第1原発事故による放射能問題に積極的に対応する方針を明らかにした。

朴氏は放射能問題について、「深刻に考えている」として「選手の安全が最も重要だ」と強調した


また、「文化体育観光部や外交部が(日本側に)抗議しており、大韓体育会(韓国オリンピック委員会)も国際オリンピック委員会(IOC)や東京五輪組織委員会に問題を提起している」と説明。

「今後も続けていく。他国とも連携して問題を提起していく」との考えを示した。

その上で、「東京五輪組織委員会が国際原子力機関(IAEA)ホームページに放射能関連資料を提供している」として、「当該官庁と共に綿密に分析し、積極的に対応していく方針」と述べた。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191002002800882
本文を読む

1:ななしさん 2019/09/26(木) 15:24:32.61
2019年9月25日、台湾・中国時報(電子版)は、「東京五輪ボイコットせず」と題し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に対し、東京五輪に南北合同チームで参加したい意向を示したと報じた。

記事は、韓国・聯合ニュースの報道を引用。文大統領は24日にニューヨークでバッハ会長と面会した際、韓国政府が平昌五輪開催を起点として朝鮮半島の和平進展に努力をしてきたこと、来年の東京五輪などのスポーツ交流を通じて南北の和解と協力を実現する構想を説明した。

そして、東京五輪への南北合同参加とともに、2032年の五輪共同開催に向けた誘致をする意向を示した。

記事によると、文大統領はまた、東京五輪が安全、平和の五輪となることに期待を示すとともに、18年冬季の平昌、20年夏季の東京、22年冬季の北京とアジアで3大会連続して五輪が開かれることに触れ、日中韓3か国の協力を増進し、地域の繁栄と平和のために貢献したいと語ったという。

このほか、韓国・聯合ニュースは「日本による半導体材料の対韓輸出規制が発動して以降、韓国国内では東京五輪へのボイコットを求める意見が一部から出ている。しかし文大統領の話は、五輪という国際交流の場は日韓対立の影響を受けてはならないという姿勢を改めて示した」と評したことを伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b747742-s0-c50-d0135.html

本文を読む

このページのトップヘ