パクリ・起源捏造

1: LingLing ★ 2016/03/28(月) 20:01:16.82 _USER.net201603180022_01
■100年以上の王桜論難せず、…「もう花を楽しもう」
韓中日の原産地論争の中 DNA分析結果は「漢拏山」
「議論より実利、王桜資源化・世界化急ぐ」

(済州=連合ニュース) ビョンジチョル記者=、韓国で最も早く春を迎える済州の王桜祭りが四日後に迫ってきた。

済州が世界唯一の王桜自生地という事実が早くから知られてはいたが、韓国と日本を中心とした原産地論争や桜祭りをめぐる政治外交的な論争によって他の地域では一部が切られる痛みを経験した。


最近では100年以上続いた桜に対する論争や議論を置いて「済州産王桜をありのままに楽しんで資源化しよう」という意見に重点が置かれている。

◇王桜、原産地は「済州」
「我が大地に立つこと(王桜)を今になって我々の手で見つけたというのは恥ずかしいことです。一日も早く天然記念物に保護しなければなりません。」

50年前の1962年4月、済州漢拏山の南側海抜500~600m地点である「水岳橋」混合林の中で自生した王桜の木、3本を発見した植物調査団の団長パク・マンギュ国立科学館長は喜びを抑えてこのように述べた。

韓国と日本の学界のまちまちな原産地論争で重要な転機となる歴史的事件だった。

彼は各国の植物学者たちに標本を送って、王桜が韓国の済州で自生するという生きた証拠を見せなければならないと言って、同行のブ・ジョンヒュ氏ら他の植物学者たちと調査活動にさらに拍車をかけた末、5本の自生王桜を見つけた。


当時、文教部は1964年1月31日、済州市奉蓋洞と西帰浦市南元邑新礼里一帯にある全部で8本の王桜を天然記念物156・159号に指定した。

桜をめぐった原産地論争は、韓国と日本を中心に繰り広げられたが、昨年3月には中国まで加勢して3国間の論議が起こった。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/27(日) 00:14:16.80 _USER.netnuka_takuan_04
[カードニュース] たくあん(タンムジ)の根は韓国だった?

昨日の夕方、ジャージャー麺を食べるのに「タンムジ」が目に入ったんですよ。「こいつはどうやってタンムジになったんだろう」ふと気になりましてね。それで、タンムジの由来について、カードニュースで解いてみることにしました。

予想はしましたね、「かつて幼い頃タクワンと呼んだから確かに日本に由来するだろう」とね。

ところで、面白いのはタンムジが僧侶(タクアン)の名前から由来されるという事実です。日本の史学者ホギウラノキオ(萩生田憲夫?)の「タクアン僧侶と春雨庵」で紹介されたタンムジの誕生背景はこうです。

戦国時代、地方の領主たちの地域争いで戦争が起きました。住民らは戦争に振り回され、おかずもなくおにぎりで食事を間に合わせることが多かったのです。

この姿を切なく見ていたタクアン僧侶は、日ごろからつましい生活を実践しようとよく食べていた「ムチャンジ(※大根の塩漬けみたいなもの)」を住民に分け与えることになります。

これを食べてみた徳川家光将軍はその場で、ムチャンジの食べ物をタクアン僧侶の名前をつけ「タクアン(たくあん)」と呼ぶことにしたそうです。

タクアンを漢字で書くとテックアム(澤庵)となりますが、僧侶が韓国人だという説も あります。


日本の古書である「高僧大徳伝(?)」を見ると、テックアム(タクアン)が、高句麗の僧侶だと明らかにしています。また一方では、朝鮮時代の壬辰倭乱時、日本に渡ったテクッアム(澤庵:1573~1645年)僧侶という説もあります。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/25(金) 22:33:32.42 _USER.net201603180022_01
漢拏日報社説:済州王桜 世界化の動きに注目する

桜の季節である。その中でも、王桜は断然一番だ。王桜の故郷は、済州漢拏山だ。


これまで何度も提起された日本大島自生説、雑種起源説、伊豆半島発生説、済州島自生説のうち、済州島自生説が定説で固まった。

漢拏山の王桜をはじめとする自生桜を鑑賞するのに最適な場所は、国立公園観音寺地区だ。昨年4月に国立山林科学院と済州特別自治道、韓国の植物分類学会が王桜「基準母樹」命名式をここで携えたのはそれなりの理由があるからだ。

4月になると観音寺地区は満開の桜の波が壮観だ。都心の王桜が一様に導入品種一色であるのに対し、漢拏山は緯度と桜の種類に応じて、開花スペクトルも多様だ。桜類は韓国に20種類が分布し、済州には王桜や早生桜など13種が報告されている。これまで新種も多数確認された。

済州が世界で唯一の自生地として済州産王桜の資源化と世界化を促進させるための全方位の動きが起きており、注目される。
国立山林科学院を中心に、政府次元の養苗施設拡大と大規模な王桜団地造成事業が本格化した。

来月8日に済州市が主催する王桜シンポジウムのテーマも「世界化どうすべきか」だ。シンポジウムには山林科学院キム・チャンス博士と成均館大キム・スンチョル教授、江原大チョン・ウンジュ教授など王桜研究の世界的権威がともにする。チョン教授はこの間まで米国農務省農業研究所で王桜を研究してきた学者として注目される。

来月4日、大邱カトリック大学では1908年に済州王桜を世に初めて知らせたフランス人司祭タケ神父を評価する「タケの王桜統合生態論」カンファレンスが開かれる。済州地域カトリック系でもタケ神父の再評価と記念事業のための公論化が進行中だ。済州学研究センターでは済州学の先駆者として、タケの植物学的業績のための資料の集積と再評価事業を検討している。

専門家は「議論の余地なく、済州島が唯一の王桜の自生地」と断言する。今こそ、長年の自生地論争から脱し、王桜の遺伝資源保存と資源化・世界化のために何をどうするのか、また自生地の位相にふさわしい王桜文化づくりの知恵を集めなければならない。

http://www.ihalla.com/read.php3?aid=1458831600532688043


寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/03/24(木) 00:55:32.03 _USER.net4968578i
漢拏日報(韓国語)  2016/3/23

世界唯一の自生地として地産遺伝資源の価値が非常に高い済州(チェジュ)産王桜の資源化とグローバル化を促進するための全方向の動きが起きている。


政府次元の養苗施設拡大と大規模王桜団地造成事業が本格化したのに続き、王桜を最初に発見してグローバルに知らせたタケ神父の再照明と記念事業、王桜グローバル化戦略を議論するためのシンポジウムが用意されるなど展開が熱くなっている。

グローバル化をどのようにすべきか


国立山林科学院と済州市観光祭り推進協議会が共同主管して済州市が主催する「済州王桜祭り記念シンポジウム」が来月8日、済州テクノパーク会議室で開かれる。今回のシンポジウムの主題は'王桜グローバル化はどのようにすべきか'だ。

我が国に自生する山林生命遺伝資源である王桜のグローバル化のための価値発掘と王桜自生地に対する保存・管理、普及の基盤作りなどの対策を議論するための席だ。シンポジウムでは「王桜は済州島特産種だ」(国立山林科学院キム・チャンス博士・暖帯亜熱帯山林研究所長)、「済州野生王桜の起源と進化」(成均館大キム・スンチョル教授)、「元気な済州産王桜普及のための戦略」(江原大チョン・ウンジュ教授)等、専門家3人の主題発表がある予定だ。

米国農務部農業研究所で王桜を研究してきたチョン・ウンジュ教授は「世界的価値がある済州王桜自生地の重要性を認識して保存と資源化により一層努力しなければならない」と話した。彼は「サクラ類は実、木材、観賞用など全世界的に最も多く活用されている木の一つだ。済州王桜自生地はサクラ類市場に品種改良や保存研究のために、とても重要な研究資料だ。現在、日本から入って街路樹に植えた王桜は全部ウイルスに感染していたが、自生地の漢拏山(ハルラサン)の王桜はウイルスに感染しなかった」と強調した。(中略:シンポジウム討論内容)

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/19(土) 19:11:34.07 _USER.net201603180022_01
■済州から王桜をもたらした「タケ神父」本格的に再照明
昨年、カトリック大邱大教区庁で3本発見
来月4日、カトリック神学大学でカンファレンス

韓国と日本の王桜の自生地論争に楔を打つ学術行事が開かれる。

「王桜の自生地=韓国」を世界で初めて知らせたフランス出身の聖職者であり、植物学者でもあるエミール・タケ(1873~1952)神父を扱うカンファレンスが来月4日(月)、大邱中区南山洞のカトリック神学大学大講堂で開かれる。

タケ神父が済州から持ってきて植えた王桜の三本が昨年、カトリック大邱大教区庁で初めて発見されたことによる行事だ。

世界的王桜研究の権威者であり、昨年、王桜を調査するために大邱に来たキム・チャンス暖帯亜熱帯森林研究所長、最先端のDNAフィンガープリンティング技法で大邱大教区庁内の王桜の遺伝子検査を行っているパク・ソンジュ嶺南大学教授、タケ神父の済州司牧時代を調査した済州教区ムン・チャンウ神父、大邱に来たタケ神父の行動を整理した大邱大教区のキム・テヒョン神父が主題発表をする。

また、暖帯亜熱帯森林研究所は済州産の王桜を大邱大教区庁内に植える。

大邱大教区庁で発見された王桜が重要な理由は、王桜の自生地をめぐって韓国と日本の間で行われている「花戦争」の版図を変えることができるからだ。

現在、王桜の自生地は日本のどこにもないが、済州にはある。ありもしない自生地を掲げる日本と違い、韓国は実際の自生地はもちろん、他の地域に王桜が広がった事例も持つようになった。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/18(金) 23:22:42.97 _USER.net201603180022_01
今年の桜の開花時期は、平年より4日早い来る日曜日、20日に済州道西帰浦市を皮切りとして、中部地方は4月1日から10日の間に花が咲き始めます。大田は4月1日、清州は4月3日頃だと予想されています。

桜はバラ科の花で、早生桜(※エドヒガン系)と本桜(※カスミザクラ系)、島桜(※タケシマザクラ)、花桜など、200種以上の様々な木があります。

その中で我が国の郷土樹種には、早生桜と王桜があります。早生桜は華厳寺渓谷に多く自生しており、双渓寺地蔵庵の早生桜は天然記念物として保護されています。

桜の女王として名高い王桜は、日本人が一番好きな品種であり、日本に最も多く広がっている桜でもあります。
背が高くて雄壮に成長するだけでなく、花梗一つに花が複数垂れて他の桜に比べてより華麗な姿で目を引きます。

それで、桜といえばサクラ、日本の花というイメージが強いですが、王桜は韓国済州島が原産地です。 6世紀に日本に渡ったものと推定されます。

日本古代史には桜と関連した記録がないが、私たちの三国遺事には765年に桜と関連した記録があります。これが桜と関連して残っている世界初の記録だといいます。

米国ワシントンDCのポトマック河畔で開かれる桜祭りの主人公もやはり、日本産ではなく、済州産の王桜です。

3千800本ほどの王桜があって愛されているが、この王桜の木々は1912年、日本の尾崎東京市長が友好の意で寄贈したものです。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2016/03/18(金) 17:16:50.20 _USER.net
2016年03月18日15時24分 [中央日報日本語版]

韓国の茶文化を日本でも触れることができるようになった。

18日、社団法人「韓国茶文化協会」によると、協会はこの前日、京都で「韓国茶文化協会 京都支部 開設式」を開催した。開設式には韓国茶文化協会京都支部に所属する会員を含め京都副市長ら300人余りが参加した。同支部所属会員は在日同胞6人・日本人6人など計12人で構成されている。

今後、同支部は韓国の他支部とともに会員を募集して基礎教育をはじめさまざまな茶礼(閨房茶礼)等を教える。

協会関係者は「韓国茶は自然で格式にしばられず、日本人にも楽しくたしなみ学んでもらえるだろう」と明らかにした。また「今回の京都支部の開設は韓国茶のグローバル化に向けた第一歩で、これを契機に両国の茶文化が美しい民間交流に発展して広がっていくことを期待する」と所感を伝えた。

17日、京都で韓国茶文化協会京都支部開設式が開かれた。(写真提供=韓国茶文化協会)
20160318152451-1


http://japanese.joins.com/article/418/213418.html?servcode=A00&sectcode=A10

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/16(水) 23:05:47.68 _USER.net
■王仁博士に付き添ってゆく韓国歴史旅行
2016霊岩王仁文化祭り、4月7日開幕

桜が満開する頃である4月7日から10日まで全羅南道の霊岩(ヨンアム)で「霊岩王仁文化祭り」が開かれる。

今年で19回を迎える霊岩王仁文化祭りは「王仁の光、疎通・共生の道を開く!」というテーマで開催される。

霊岩生まれであり、日本に渡って学問と技術を伝えて飛鳥文化の始祖となった百済時代 (紀元前18年~660年)の学者・王仁博士の学問と業績をたたえ、その意味を伝承するための人物祭りだ。

[写真=霊岩王仁文化祭り組織委員会提供]
s-20160315075137587776

霊岩王仁文化祭は、祭りでは桜が満開した100里道、グリム韓屋村、王仁博士の遺跡地など霊岩全域で開かれたおかげで、外国人旅行客にも大きな人気を博している。

今年の祭りは訪問客が簡単で面白く楽しむことができる体験プログラムが多様に構成された。

主要行事には、約1000人余りが参加するミュージカル形式の「王仁博士、日本に行く」パレードや「王仁トリックアート歴史旅行」「王仁体験スタンプラリー」をはじめ、「あなたと私と王仁、壁絵話」をテーマにした「王仁壁画体験」などが行われる予定だ。

ソース 亜洲経済(韓国語)
http://www.ajunews.com/view/20160315074559862

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/16(水) 19:55:56.57 _USER.netdsada
[世上万事]桜花遊び(花見)に盛りこめられた胸が痛む歴史  

毎年3月中旬になるとワシントンDCの桜祭りを楽しむために、米国全域はもちろん、世界各地から百万を超える観光客が寄り集う。ワシントンの年間観光収入の30%を占める目玉行事であるわけだ。

桜祭りを訪れる多くの観光客はこの桜が日本のものと信じている。日本政府が米国に寄贈したのが百年という時間が経つに従い繁栄したためだ。

しかし、この桜の原産地が日本ではなく韓国という事実を知っている人は多くない。韓国山林庁林業研究院がDCの桜の遺伝子を分析した結果、済州島漢拏山で自生する王桜から由来されたという事実を明らかにした。


また、韓人も多く訪れているこの祭りは、私たちがよく知らない胸が痛む歴史が盛り込まれているという部分がある。DCに桜がはじめて入ってきた時期は1912年にさかのぼる。

1905年に結んだ日本の朝鮮支配を認めてくれた桂-タフト密約を結んだ時、背後で大きな影響力を行使したウィリアム・タフト大統領の妻ヘレン・タフトのためのプレゼントで日本政府が贈ったのが起源だ。

ヘレン・タフトが日本を訪問した際、満開の桜を見て感嘆すると、彼女がファーストレディになった1912年、日本側が感謝の意として3020本の桜の木を伝えたのが、今日に至っている。

彼らの言葉どおり、韓国を侵略するため米国政府に「賄賂」として渡したのが、この桜だ。観光客にとっては華やかで美しい花で見て楽しむという見所であるが、韓国人にとっては国を失わせた民族の恨が潜む花でもある。

近い時期に、日本は朝鮮王朝を抹殺しようとする意図で1907年から昌慶宮内の建物を取り壊して王宮を苑に格下げし、動植物園にしてしまった。 そして、丘と庭には彼らの象徴である桜の木をいっぱい植えた。朝鮮王朝最後の王である純宗が民たちが気軽に来て鑑賞するよう宮を苑に下げたというが、実際には日帝の政策に屈服して始まった恥ずべき歴史の断面であることは明らかだ。(中略...)

皮肉にも桜祭りが3.1運動が起きた3月にピークを迎えるということだ。 天安にあるアウネ市場では奪われた国を取り戻す独立運動を開始した意味深い月だったが、ここワシントンDCではその国を奪うため、賄賂として渡した桜が根を下ろし始めた月でもあったのだ。日本が桜を植えた別の本音には世界政治の心臓部であるワシントンの真っただ中で自国の魂を植えつけるという政治的な野心も隠れていた。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/03/14(月) 21:40:10.99 _USER.net
■米ワシントンで迎える『桜エンディング』
ワシントン桜祭り日程含む米東部・カナダ商品

▽ワシントンの通りを埋め尽くした桜
20160314154221748323

“春風翻して舞い散る桜の花びらが~”

春のキャロルと呼ばれるバスカーバスカー(※K-POPバンド)の「桜エンディング」が全国に響き渡る桜シーズンが間もなくやってくる。

一番先に花を咲かせる済州島をはじめ、汝矣島 、鎮海、河東などの街頭を薄桃色で覆われるのは、想像するだけでもときめきいっぱいの風景だ。実は、我が国に自生している桜の木は、天然記念物第159に指定された済州島王桜で、我が国で生まれ育ったのだ。

この王桜の木は、春になると地球の反対側ワシントンでも花を咲かせている。日本が親善の証で米ワシントンに桜を送ったのが、まさに王桜だからだ。


▽ワシントンに自生している桜は済州島王桜だ
20160314154240336140

1920年代半ば、李承晩(イ・スンマン)元大統領の米国留学時代、この街が「日本桜通り」 に指定されて、「韓国桜通り」に変えてほしいと米政府に要請すると、米国政府はこれを受け入れて「東洋桜通り」に変わることになった。

ワシントンでは3月中旬から4月中旬まで毎年ワシントン桜祭りが開かれる。昨年は150 万人の観光客が訪れたこの祭りは、凧揚げフェスティバル、花火、パレードなどの多彩なイベントが開かれている。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/09(火) 11:34:36.28 _USER.net5088943i
【寄稿】韓国庭園の「文化商品」としての価値を認識せよ

 庭園は単なる物理的空間ではなく、それ以上の価値を持っている。いわゆる「土地の気風」(ゲニウス・ロキ)を有形・無形に示す場所であり、そのためほかの何よりも「文化商品」としての価値が高い。最近では多くの国が庭園を自国の文化広報ツールとして活用し、イメージ向上を図っている。外国の都市に造成される韓国の庭園も、われわれの文化を広く伝え、韓流文化をけん引する役割を果たさねばならない。

 日本は1873年のウィーン万博で日本庭園を造成し、自国を代表する文化商品としてアピールした。これまでに政府レベルで各国に計400以上の庭園を造成している。
一方、韓国はメキシコシティ五輪(1968年)の開催地に韓国庭園を設置したのを皮切りに、これまで約20カ国に40余りの庭園を造成した。

 韓国は日本に比べ、海外への庭園造成に対する政府の関心と支援が不足している。すでに造成された韓国庭園も、老朽化と管理不足で国のイメージをむしろ失墜させかねず、体系的な管理計画の整備が急がれている。

 国の「格」を象徴する存在たり得る優れた韓国庭園を海外に造成するには、汎政府レベルの組織的かつ積極的な支援が必要だ。この先、海外に造成する庭園は、伝統庭園の再現にとどまらず、韓国文化を新技術とともに新たな次元で紹介するものでなければならない。企画、設計、そして素材と技術の選択において新たなモデルを模索し、さらに韓国造園産業が海外に進出するための基礎固めができれば申し分ない。

 海外にある既存の韓国庭園は造成費全額を国や自治体が負担し、寄贈の形で設置された。一方、ドイツ・ベルリンのマルツァーン保養公園にある中国と日本の庭園は造成費全額をベルリン州政府と欧州連合(EU)が負担した。これを参考に、今後は外交・政治的な「格」に見合った造成方式を議論せねばならない。業績作りのため無分別に造成するのではなく、維持・管理まで責任持って行うべきだ。また、海外での韓流ブームを追い風に、韓国庭園を「K-Garden」として売り込んでいく多角的な戦略も求められる。庭園はその国のハイレベルな文化を示す存在なのだ。

キム・インス韓国造景士会・庭園文化研究所長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/05/2016020502390.html


1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: ニライカナイφ ★ 2016/01/29(金) 18:36:32.42 _USER*.net
◆イギリスでは高級デザート? 1つ1万ウォンの韓国たいやき 更に韓国が起源と主張

1454052960176

韓国の代表的な屋台の食べ物、たい焼きがイギリスでは1万ウォン(1000円)前後の高級デザートに変身しているという。
CJフードビルの韓国料理専門店ではロンドンの中心部でスンデやラーメンなどを1万円前後で売られていることも明らかにした。

たい焼きが高級デザートになったのは、イギリス人がワッフルを好んで食べることに着目し、バニラアイスクリーム、アーモンド、ブルーベリーなどを一緒に入れたことからである。

またイギリス人があんこという見知らぬ食感にすぐ適応出来るようにパンをカサカサさせることを最大限に活かしたのが特徴。

韓国のたい焼きは「ブンオパン」と呼ばれ、たいやきではなく鮒パンと言う意味になる。また日本のたい焼きよりも小振りで、中のあんこもかなり少ないのが特徴。

1930年代に朝鮮半島に渡ったたい焼きが鮒の形に変形したものである。現在は鮒パンだけでなく、日本風のたい焼きも存在している。しかし韓国では日本のたい焼きは「鮒パンの一種」として扱われるようだ。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/01/24(日) 16:55:37.44 _USER.netdsada
元駐日韓国総領事、「日本語のルーツは韓国語」と主張=「日...:レコードチャイナ
 
2016年1月22日、韓国・世界日報は、日本語のルーツが韓国語であるとする主張を紹介した。

キム・セテク元駐日韓国総領事(78)は、「日本が韓国語を無視する限り日本語の語源を見いだすことはできないだろう」と述べ、日本語のルーツが韓国語であると主張している。
キム元総領事は「人々がこのような私の主張に疑心暗鬼なことは知っている」と述べたうえで、「日本が韓国語と韓国を正しく理解してこそ、日韓関係を正しく認識し朝鮮半島植民地史観(日本統治時代に主流だった歴史観)で韓国を眺める認識が変わる」と語った。

キム元総領事は「日本で働いている間、韓国語と似た日本語を発見するたびに『日本語のルーツは韓国語』という確信を持った。
韓国語と似た日本語を発見するたびにメモをして、後に辞書で単語一つ一つを調べた」と語っている。キム元総領事が2015年末に出版した著書「日本語漢字訓読、韓国語で解釈できる」は、20年間のデータを集め研究した結果をまとめたもので、2005年の「日本語の中の韓国語」、2010年の「日本に渡った韓国語」に続く3作目の著作となる。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「素晴らしい研究だ。いつかは日の目を見る日が来るだろう」
「日本人が日本語と思って使っている言葉の中に、韓国語が混ざっているのは確かだ」
「日本人の中には百済の子孫もいると聞いたことがあるが、日本語も百済の影響を受けているのでは?」
「言葉だけじゃなくて、日本民族自体のルーツが韓国じゃないのか?」

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 22:57:42.90 _USER.netdsada
日本語の漢字は音読と訓読で分けて読む。島を「とう」と読めば音読で、「しま」と読めば訓読だ。訓読は日本語すなわち和語(わご)だ。訓読から成る和語の母胎は表意文字である漢字を借りてかな文字で表記した。これが今日の日本語だ。それでは訓読はどのようにできたのだろうか。その訓読のルーツは何か。この本はその問いに答える。

著者は訓読を韓国語で解いて読む時、はじめて和語本来の意味が分かると言う。結論から言えば韓国語と日本語は同根というもの。著者は日本漢字の訓読を一つ一つ解説しながらルーツを追跡する。

日本人の人名を見れば訓読の日本語で正しく理解できる。明仁(あきひと)現天皇、裕仁(ひろひと)前天皇の名前をはじめとして豊臣秀吉(とよとみひでよし)、伊藤博文の博文(ひろぶみ、イトウは音読)、岸信介(きしのぶすけ)等大部分の人名は訓読で表記される。

日本語は一字一訓ではなく一字多訓が大部分だ。一文字の色々な意味解釈が訓読される。漢字の意味が一つなら訓読も一つだが、初めから意味が幾つもあって(一字多義)訓読もみな訓話される。それで日本人の人名は同じ漢字ながらも各々違うように読むのだ。

古代韓日間に各分野にわたって活発な交流があったことは歴史的文献や遺物・遺跡等を通して明らかになってきた。交流が活発な隣国間で言語は似るほかない。著者はその痕跡を漢字の訓読解説で探す。

大阪総領事など30余年間、外交官に奉職した著者は日本生活を通じて日本語のルーツが韓国語にあることを体験したと明らかにした。これを土台に著者は20年余りにかけて日本語のルーツに没頭してきた。その最初の結実は2005年秋に出した「日本語の中の韓国語-韓日固有語比較辞典」だった。2010年には「日本に渡っていった韓国語」を出したことがある。

 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 23:05:27.03 _USER.net
【ニューヨーク=ニューシス】ノ・チャンヒョン特派員=ワシントンの冬桜の花は緻密な日本の戦略だったのか。

ワシントンなど米東北部が類例のない暖冬の中、桜が咲いても不思議ではないと米'国立首都公園局(National Malland Memorial Parks)'が明らかにして注目されている。

26日、米連邦首都ワシントンD.Cの様々な史跡地と自然を管理する国立首都公園局はウェブサイトに「この頃咲いている桜は春に咲く桜とは違う種類」と紹介した。公園局はワシントン記念塔近辺に咲いた桜の写真を掲載し「12月に咲く桜の花を人々は変だと思うかもしれないが、今、咲く桜の花は春に咲くものと異なる。日本が1912年プレゼントした桜は全体で12種類あり、この中に秋桜も含まれていた」と指摘した。

公園局は「ワシントンに来た3020株中1800株は吉野種で、これは春の桜祭りの時に咲くが、秋桜は冬が暖かければ咲く」と説明した。引き続き「(日本は)ワシントンで季節に関係なく桜の花が咲くことを願った」と言及、当初から日本政府がワシントンで桜の花を春と秋に楽しめるよう計算の上で送ったことが示唆された。

公園局は「冬桜は春を待てずに咲くのではなく、秋桜が少し長続きしただけだが、クリスマスにも咲いたことがあるかは不明だ」とし、今年の冬桜が異例に遅くまで咲いていると伝えた。

ワシントンでは4月初め、ポトマック河畔に植えられた数千株の桜が花を咲かせ、市民はもちろん、数多くの観光客が押し寄せて美しい景観を楽しむ。ワシントンとニューヨーク一帯の桜は1912年、日本がワシントンに3020株、ニューヨークに3000株の桜苗木を寄贈したものだ。

これと関連して、東洋美術史学者ジョン・カーター・コベル(John Carter Covel 1910~1996)博士は生前に「ワシントンの桜は日本産ではなく済州島(チェジュド)産王桜だ。1910年に初めて寄贈した2000株が病虫害で全量焼却された後、米国風土で生き残ることができる強い種子を済州島などの地で採集した」と発表したことがある。

また、ワシントン桜が日本産に化けたことに憤慨した李承晩(イ・スンマン)博士が1943年4月、アメリカン大学で済州王桜四株を植えて韓国桜命名記念式を挙行する時、J.E.ランキン下院議員は「ワシントンに植えた桜は韓国が原産地で上.下院はこれらの木を韓国桜であることを宣言する」という決議案を発議した。

ワシントンの韓国人ジャーナリスト、ウィリアム、ムン氏は「米国の首都を桜の花で覆おうとする日本の戦略はこのようにち密だった。李博士の王桜植樹はその時まで30余年間、日本の木として名前を奪われた私たちの桜のもう一つの独立宣言だった計算」とし、桜の真実探しに関心を持って欲しいと頼んだ。

▽日本政府、春桜と秋桜を混ぜて寄贈

http://image.newsis.com/2015/12/27/NISI20151227_0006272232_web.jpg

ソース:ニューシス(韓国語) 「ワシントン冬桜の花は日本の戦略?」
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20151227_0010500670
 
 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む


このページのトップヘ