パクリ・起源捏造

img_021: 蚯蚓φ ★ 2016/06/21(火) 21:39:01.04 _USER
済州海女(チェジュヘニョ)から潜水(ムルジル)技術を習った日本に海女(アマ)に元祖の席を奪われるかもしれないという憂慮が民意の殿堂で公式に提起された。

イ・ソンファ議員(セヌリ党)は21日午後に開いた第341回第一次定例会第二次本会議で5分間の発言を通じて「最近、日本のSNSを見ると、済州海女や海女文化を国内だけでなく世界に知らせるマーケティングに済州島(チェジュド)が一層拍車をかけなければならない」としてこのような憂慮を伝えた。

イ・ソンファ議員
179047_204424_5257


イ議員が最も憂慮した場面は去る5月25~27日、日本の三重県伊勢志摩で開かれたG7首脳会議だ。安倍総理夫人がG7首脳配偶者プログラムを通じて日本海女を世界に知らせる広報の場に活用したのだ。特になかなか国際行事に顔を出さなかったドイツのメルケル首相の夫(ヨアヒム・ザウアー)が今回のG7首脳会議に参加することになった理由について「海女文化に対する個人的な好奇心のため」と話した部分は大きな衝撃だった。

これについてイ・ソンファ議員は「日本は海女文化をこのように国家ブランドとしてグローバル・マーケティングするにあたって、すでに画家らが描いた切手もあり、世界へ行って政府と首相夫人まで立ち上がって日本の海女を広報するとはうらやましいばかりだ」と吐露した。

イ議員はまたSNSで「済州海女に海女技術を習った日本、あきれたことに海女の元祖を主張。日本に元祖の席を奪われる危機」というタイトルの文がトピックとして広がると聞いて「日本の海女の国家的関心は全世界に広がっている反面、これを見守る私たちは危機感に置かれている」と憂慮を伝えた。

済州海女文化をユネスコ登録に集中する戦略の問題点も指摘した。イ議員は「本来、世界の人々に愛されて共感を得るのは元祖の済州海女(チェジュヘニョ)ではなく日本の海女(アマ)」として「世界の人々にチェジュヘニョは発音するのも難しいが、日本のアマという発音は簡単で、政府の支援を受けた各種マーケティングを通じてグローバルブランド化されつつある」と話した。

それと共にイ議員はウォン・ヒリョン知事にSOSを出した。本来、済州海女文化がユネスコ文化遺産登録されても全世界の人々から愛されるコンテンツは日本のアマになりかねない、という憂慮を伝えたイ議員は「済州海女文化の価値を高めるために、知事と済州が持つ全世界の人々とのネットワークを稼動して欲しい」と訴えた。

チュァ・ヨンチョル記者

ソース:済州の声(韓国語) 「済州(チェジュ)で海女技術習った日本に元祖を奪われてしまう」
http://www.jejusori.net/?mod=news&act=articleView&idxno=179047


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/06/20(月) 00:14:46.28 _USER
[アジア経済=チョン・イルウン記者] 三国時代から行われてきた伝統遊びの一つ「チュクパンウル」(ケンダマ)が最近第2の全盛期を迎えている。木をチャング(ツヅミ)形に作り、これを空中に放り上げて受け取る形のこの技芸的遊びは過去、崔致遠(チェ・チオン)の「郷楽雑詠」に記録され、三国時代から朝鮮時代に至るまで子供たちの間で粘り強い人気を得ていたと伝えられる。

特にこの遊びを初めてする時は玉をチャング状の受け台に乗せるのが容易ではないが、上手くなれば、遊ぶ人に自信を与えてすべてに肯定的、積極的な思考を持つことができる点で効用性が認められる。遊びに面白味が見つけたらいつのまにか手つきがはやく精巧になり、均衡感覚もまた良くなるのも長所だ。

反面、遊びに技術的要素が反映されて多くの訓練が必要な点と、けん玉の他にも遊びが次第に多様化して我が国ではこの遊びが徐々に人気を失ったのは事実だ。

しかし、これまで我が国から日本やヨーロッパなどの地にこの遊びが伝わって以来、今まで変化と発展の過程を経て最近は再度、我が国に流入して一部の地域の小学校を通じて人気を集めつつある。

2016061915170560876_5

大韓民国ケンダマ協会のキム・ドンウ会長は「我が国の伝統文化であるけん玉が日本ケンダマ協会との協力関係を通じて国内で第2の全盛期を迎えつつある」として「過去、チュクパンウルと呼ばれた我が国固有の遊びが「ケンダマ」という名前を新たに得て、再度、我が国に伝わった形」と説明した。

それと共に「協会は新しい名前を得たこの遊びが韓国の伝統文化と融合した新しい教育玩具として開発され大衆に知らせ、さらに進んで韓国固有の伝統遊びとして新たに世界各国に伝わるよう注力する方針」と抱負を明らかにした。

2016061915170560876_4

一方、大韓民国ケンダマ協会は我が国の伝統遊びであった過去のチュクパンウル文化を広める目的で今年3月中旬、非営利国家法人としてスタートし、大田(テジョン)と忠南の中学校の学生たちがケンダマを体験する時間を用意した。

また、このような公教育内でのケンダマ教育を徐々に広めて最終的には学校別大会、市大会、道大会、全国大会に続き、世界ワールドカップ大会に広めるという趣旨で遊び研究と試演行事などを着実に開催していく計画だ。

ケンダマ教育に関する詳しい内容と協会加入などは協会ホームページを参照したり電話で案内を受けることができる。 (大田=チョン・イルウン記者)

ソース:アジア経済(韓国語) 韓国固有の遊びけん玉、新しい名前「ケンダマ」で第2の全盛期夢見て
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2016061915170560876


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2016/06/10(金) 14:59:58.50 _USER
東国大教授「日本にある金剛鈴、16点中9点は高麗の物」
崔応天教授、日本国内の16点を精密調査
記事入力 : 2016/06/10 11:06

 「唐・宋の物とされてきたが、びっしりとある文様が突出している中国の物とは異なり、高麗の物は陰刻で簡略に表現」

 「日本にある金剛鈴のうち、これまで中国の物と分類されていた9点は高麗時代の遺物とみるべき」


 東国大学美術史学科の崔応天(チェ・ウンチョン)教授は昨年、安息年休暇を利用し、日本国内の博物館・美術館が所蔵している金剛鈴16点を精密調査した。金剛鈴とは、水滴型をした仏教の儀式の道具で、取っ手の端の部分が動物の爪のように分岐している。崔教授は9日「日本では、残存している金剛鈴のうち様式的に優れた作品を、特に理由もなく唐もしくは宋の制作としてきたが、このうち9点は高麗時代の物という結論を下した」と発表した。

▽左の写真は奈良国立博物館にある「銅五大明王五鈷鈴」。右の写真は、2014年に道峰書院跡から出土した高麗前期の金剛鈴。/写真提供=崔応天教授、李泰景(イ・テギョン)記者
2016061001121_0

 崔教授によると、中国製の金剛鈴はおおむね高さが27-30センチで、韓・中・日の中では最も大きい。取っ手は太く、取っ手と本体がほぼ1対1で同じ割合だ。文様は突出しており、取っ手と本体をつなぐ部分をハスの葉・花などの文様でぎっしり埋めているのが特徴。目の細かい「魚子文」で余白を埋める唐の金属工芸品の手法が、金剛鈴にもそのまま採用されているわけだ。これに対し韓国の金剛鈴は、ほとんどが高さ22-23センチで、取っ手は太くない。文様の突出もそれほどではなく、そもそも陰刻で簡略に表現している。取っ手と本体の連結部分は「蓮弁(れんべん)文(ハスの花弁の模様)」で囲ってある。

 中でも奈良国立博物館が所蔵している「銅五大明王五鈷鈴(ごこれい)」は、図録では「唐・宋代に作られた中国の金剛鈴」と紹介してあるが、取っ手に陰刻で蓮弁文が表現してあり、本体の肩の部分にも厚い蓮弁文が重ねてある点など、高麗時代の金剛鈴の特徴が明らかに出ていると崔教授は説明した。崔教授は「この金剛鈴は、植民地時代に撮影されたガラス乾板の写真から、もともとは海南の大興寺が所蔵していた物と考えられる。その後、奈良国立博物館が所蔵するようになったと推定される」と語った。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/06/07(火) 00:38:04.25 _USER
壬辰年に倭国の怪獣たちが荒れ狂った時、嶺南(ヨンナム)地域の孤城が幾重にも包囲され、すぐにも陥落する危機に瀕しました。この時、城主と非常に親しい人の中に、普段とても風変わりな技術を持った人がいました。彼が飛車を作って乗り、城内から飛んで友を乗せ城外30里を飛行後、着陸して外敵の刃を避けました。-「飛車辨證說」より
1903年12月17日米国ノースカロライナのある浜辺で飛行機一台が飛びあがった。それは世界初の飛行機、ライト兄弟が作ったフライヤー号だった。しかし、それより300年も先んじた1592年に朝鮮の空を自由に飛んだ飛行機がある。それが飛車だ。

124435206190116332541

この年に日本が朝鮮を侵攻して勃発した壬辰倭乱(文祿の役)の激戦地になった一次、二次晋州城(チンジュソン)戦闘で朝鮮の下級軍官である鄭平九(チョン・ピョング)が開発して人と物資を輸送し大活躍したと伝えられる。朝鮮末期の実学者、李圭景(イ・ギュギョン)は『五洲衍文長箋散稿』の「飛車辨證說」にこの驚くべき飛行装置に関する記録を残した。

航空科学者イ・ポンソプは「朝鮮の飛行機、再び空を飛ぶ」で永く伝説の中に埋まっていた飛車の実体を私たちの歴史と技術の中から一つ一つ明らかにした。韓国とロシアで航空工学を研究した著者は飛車の存在を記録した代表的な朝鮮時代の文献「飛車弁証説」を糸口にして韓国の伝統科学技術と先端航空工学の成果を融合し、歴史的に実存可能な飛行手段として飛車の可能性を証明した。(中略:伝承の経緯)

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2016/06/06(月) 03:35:41.14 _USER
6000年前の文化、起源をめぐって争う韓中

古代史の真実を求めて
遼河文明と紅山文化
中国「黄帝が主役、中華文明の起源」、神話を基に説明するのは無理

2016060301713_0

遼河文明とは、中国の遼河一帯で成立・発展した古代文化のことを指す。「遼河文明が中原よりも先に文明の段階に至った」と主張する研究者が、中国の学界には少なくない。こうした主張が可能になった背景には、紅山文化がある。

 紅山文化とは、紀元前4500年ごろからおよそ1500年にわたり、内モンゴル東部と遼寧省西部のシラ・ムレンおよび大凌河・小凌河流域を中心に発達した後期新石器文化の一つだ。「之」の字型の線文を刻んだ円筒形土器や幾何学文様の彩陶、そして主に野生動物をモチーフにしたさまざまな形態の玉器が、同文化の標識となる遺物だ。紅山文化の成立を代表するのが、遼寧省西部に位置する牛河梁遺跡。ここには「女神廟(びょう)」と呼ばれる神殿を中心に、およそ50万平方メートルにわたって積石塚が散在している。女神廟は半地下式の木造建築物で、内部からは、土で作られた人物・野生動物の塑像の破片が出土した。人物は女性で、頭部1点は比較的良好に保存されていた。

 紅山文化が文明の段階に到達したという主張は、その主人公として「黄帝族」に目を付けている。今から5000年前に文明段階に至ったとするなら、中国初の文明だ。それが「国祖」とあがめられる黄帝のものなら、物語は一層整った構造を備えることになる。紅山文化を通して、中国文明の発祥地を黄河流域から遼河流域に変更しようとする狙いがある。だが積石塚がいかに印象的でも、紅山文化に、文明の基準となる「国家」や「安定的階層構造」の痕跡を見いだすことはできない。

 にもかかわらずこうした主張をする裏には、漢民族はもちろん、少数民族まで一つの共同体としてまとめて「中華民族」としてのアイデンティティーを付与しようとする計算が隠れている。中華文明は複数の起源を持っており、その複数の文明が互いに交流して一つに融合したという、いわゆる「多元一体論」が核心にある。紅山文化がまず文明に達したが、それは中原の仰韶文化と接触したことで可能になった-という解釈も出てきている。仰韶文化で発達した彩陶が紅山文化にも見られることが、証拠として提示されている。しかし、隣接文化間相互の影響は、必ずしも融合を担保するものではない。

 紅山文化が黄帝のものであることを立証するため、女神廟から出土した野生動物の塑像の中にクマがいると主張している。紅山文化の代表的な玉器たる「獣形ケツ飾(ケツは玉偏に夬)」で飾られた野生動物がクマだともいう。クマを強調する理由は、黄帝の国が「有熊氏」だという伝承が『史記』にあるからだ。だが、仮にそうだとしても、女神廟の野生動物がクマなのかそうでないのか、立証できるすべはない。玉器で飾られた野生動物も、当初はイノシシだといわれていた。

 黄帝は神話上の人物であって、戦国時代になって歴史的な人物に変わった。黄帝の歴史的性質を強調するため、黄帝が炎帝・蚩尤と戦ったという阪泉・タク鹿が河北省張家口市にあることを強調する。ここは、紅山文化と仰韶文化が交差分布する地域だ。黄帝がここで南方を代表する炎帝・蚩尤と戦ったとする伝承が、事実であることを立証しているかのようだ。しかし黄帝の墓は陝西省延安にあり、都邑(とゆう)は現在の河南省新鄭市にあったという。神話の空間は、実在の空間ではない。

 クマを強調している点は、「紅山文化が古朝鮮のもの」という主張を展開している韓国人にとっても魅力的だ。檀君神話の熊女を連想させるのだ。しかし、古朝鮮の実体が確認されるのは紀元前1000年ごろのことで、その領域を遼西・遼東まで含む広い地域に余裕を持って設定しても、この時空間の範囲に紅山文化との継承関係を立証し得る遺跡・遺物を見いだすことはできない。従って、紅山文化が古朝鮮とつながるものだとする主張も、成立は困難だ。 (キム・ジョンヨル崇実大学史学科教授)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/03/2016060301768.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/06/04(土) 23:19:56.42 _USER
■「真剣に茶道体験」
6月4日 ニュース1

 (ソウル=ニュース1) ク・ユンソン記者=端午を5日後に控えた4日午後、ソウル鍾路区北村文化センターで開かれた家族皆で参加する端午迎え伝統文化体験行事で子供たちが茶道体験をしている。

NISI20160604_0011768845_web_99_20160604115606

gj

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0002093656


関連記事
韓屋で学ぶ「茶道」
6月4日 ニューシス
NISI20160604_0011768841_web_99_20160604115611

NISI20160604_0011768842_web_99_20160604115613

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0007271009

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/06/04(土) 20:51:38.13 _USER
■「韓国伝統扇子最高」

(ソウル=ニュース1) ク・ユンソン記者=端午を五日に控えた4日午後、ソウル鍾路区北村文化センターで開催された家族で参加する端午前の伝統文化体験行事で、外国人観光客が伝統扇子の前で写真を撮っている。

1965351_article_99_20160604143304

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0002093652


元スレ:・【文化】 「韓国の伝統扇子最高」 写真を撮る外国人観光客[06/04]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

5088943i1: 蚯蚓φ ★ 2016/05/28(土) 17:58:20.85 _USER
「ソン教授のおもしろい韓国語の話」は2011年から2012年まで本誌ホームページを通じてネチズン読者にサービスされました。なにげなく使う韓国語の由来や意味をソン・ペクホン忠南大国文学科名誉教授が出版した同名の本の内容を中心に掲載しました。おもしろくて有益な内容で読者に愛された思い出のコーナーを復活させるためにシーズン2を始めます。読者のみな様の変わりない声援と関心をお願いします。<編集者注>

タンムジ(たくあん)はタン(甘い)ム(大根)を漬けた日本式塩漬けを称し「ウェムチャンジ(倭大根塩漬け)」とも言う。従ってたくあんは日本から渡ってきた漬け物であることが分かる。(中略:作り方の説明)

たくあんの日本式名称は本来「タクアン(沢庵)」だったが、解放後、日本式言語の整備の時「ウェチャンジ(倭塩漬け)、「タンムジ」等に変えて使い、徐々にタンムジに定着した。しかし、まだ一部ではこの名前を日本語と知らずに「タクアン」を使っている。

ところがこの「タクアン」が韓国の僧侶と関連があることを知っている人はまれだ。高句麗の時、テガム(テックアム)という学識が高い僧侶がいた。テガム僧侶は日本に渡って全国津々浦々を歩き回って広く布教する一方、当時の未開な日本人たちに様々な韓国の文物を伝えた。


彼が九州地方に行った時、そこの人々はその地方で生産される細くて長い大根をそのまま生で食べるばかりで保存方法を知らなかった。彼は長い冬を過ごすうちに日本の地方の風土ではダイコンやハクサイなどの野菜が我が国のように発酵しない事実を悟り、まず収穫した大根をややしおれるまで風で乾かし塩漬けにした後、木桶の中にぬかに漬けて重い石で押してしばらくたった後、取り出しておかずとして食べるようにした。

そうして作った大根の味が日本人たちの食欲にぴったりあった。これが今、食べている「タクアン」の元祖だ。彼は自身が開発したこのたくあんを作る方法を日本全国を回って伝えた。このため、彼らは感謝の気持ちをこめて、その僧侶の法号であるテガム(沢庵)を食べ物の名前に使った。そのテガムの漢字、沢庵を日本式に発音したものがすなわち「タクアン」だ。


従って「タクアン」は高句麗僧「テガム」に由来したことを私たちは知る。その後、日本人たちはこの漬ける方法を応用して大根だけでなくキュウリや各種野菜を漬けて食べるようになった。このように漬ける食べ物を日本人たちは「ツケモノ・漬物」と言いこの「ツケモノ」は私たちのキムチのように日本を代表する副食になった。(後略)

ソン・ペクホン忠南大国文学科名誉教授

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/05/23(月) 09:45:35.96 _USER
[インタビュー]チョ・ファミ茶文化協会日本京都支部長
「初の海外支部参加胸がいっぱい…韓国茶道知らせること」

「韓国にも固有の茶文化が厳然と存在するという事実を日本全域に知らせていきます!」

2016052201001452000078101

韓国茶文化協会の唯一の海外支部である京都支部のチョ・ファミ(63・写真)支部長は、「多くの日本人は日本の茶道が最高だと思っています。韓国には固有の茶文化がないと考えていて、甚だしくは日本が韓国に茶文化を伝播したのだと誤って知ってる人がほとんど」とし、「今後これを正して、日本で韓国茶の優秀性を知らせるために努力する」と話した。

韓国人3世のチョ・ファミ韓国茶文化協会京都支部長は10年以上の間、韓国の茶文化を勉強してきたが、「閨房茶礼」に接し魅力にはまって、1年の間に韓国と日本を自費で行き来しながら、理論と実技を身につけて最近1級専門師範資格証を取得した。

3月には京都にある12人の会員たちが力を合わせて韓国茶文化協会の京都支部を置き、デパートのカルチャーセンターなどで閨房茶礼を教えている。

今大会は、彼女には韓国茶人たちの最大の宴に京都支部の名前を連ねて初めて参加したという意味もある。

彼女は最近、日本の製菓業界で茶を活用したお菓子とチョコレート、クッキーなどのブームが起っているので、こうしたものなどを紹介した。

彼女は「これまで大宴会を見物してきたので、支部代表として直接参加してみて胸がいっぱいだ。」とし、「チェ・ソヨン理事長をはじめ韓国茶文化協会、多くの会員の方の努力があったからこそ実現した。」と話した。

京仁日報
http://www.kyeongin.com/main/view.php?key=20160522010007810


寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

4968578i1: LingLing ★ 2016/05/18(水) 10:39:06.53 _USER
【寄稿】エミール・タケ神父の王桜の木々
[チョン・ホンギュ神父・大邱(テグ)カトリック大社会的経済大学院長]

最近、植物学界は、王桜が日本に由来したのではなく、済州自生の早生桜(※1)、桜(※2)、山桜(※3)複合体の交雑で発生した種という事実を、遺伝子分析を通じて初めて証明した。王桜は日本産ではなく、韓国産という事実が自明になった。[※1=エドヒガン」のこと。※2=「ヤマザクラ」のこと。※3=「オオヤマザクラ」のこと。]

関連論文
http://www.amjbot.org/content/101/11/1976.full

それなら、100年以上前に済州にある王桜の自生地を最初に確認した人は誰だろうか?1908年4月15日、済州道漢拏山北側にある観音寺の裏山、標高約600m地点の漢拏山自生の王桜を最初に採取した人は、驚くべきことにフランス人宣教師エミール・タケ(1873~1952)神父だ。(中略...)他に私たちが注目すべき事実はエミール・タケ神父は釜山(プサン)、馬山(マサン)、西帰浦(ソギポ)、木浦(モクポ)、大邱(テグ)など我が国南部地域を巡り行きながら宣教司牧をしており、自身の宣教教区がある地域に済州島の特産物である王桜を植えたのだ。大邱(テグ)の場合、南山洞一帯に植えた。

エミール・タケ神父は、大邱南山洞ユスティーノ神学大で30年務め、日帝強占期と6・25戦争を身をもって経験した。そうしながらも黙々と自分が担当した宣教司祭の道を歩んでおり、植物学者の道を歩むことも怠らなかった。先に司牧した済州島から持ってきた王桜三本を植えたこともここに含まれる。

この木々は最近、遺伝子分析を経て王桜の自生地をめぐり韓国と日本の間で展開されてきた論議に新たな転機を与えてくれた。エミール・タケ神父はこうなると分かっていたのだろうか。彼の深い意味が、遅ればせながら実現されたのではないか。

私たちは少なくとも三つのことを無視してはいけない。エミール・タケ神父の墓が、私たちが住んでいる大邱にあるという事実だ。また、彼が、王桜三本を植えたという事実だ。最後に済州島にある王桜の基準木(観察など研究の基準になる木)では毎年桜が咲いており、済州市奉蓋里と西帰浦市新礼里にある天然記念物の王桜と大邱南山洞の王桜は遺伝学的にみると、かなり近い血族という事実だ。

最近、王桜の世界化に対する関心が高い。
先月4日、大邱(テグ)ではエミール・タケ神父の植物の研究および司牧の業績を称えて王桜統合生態論について考察するカンファレンスが開かれており、先月8日、済州島では「王桜世界化、どうするべきか」というテーマでシンポジウムが開かれた。植物学界と宗教界が一緒に関心を示した。エミール・タケ神父の人生がまさにそうであったからだ。

植物学者と司牧者のロールモデルとすることができる姿を共に備えたフランス出身のエミール・タケ神父の生活の跡が韓国、特に大邱(テグ)に今残っている。 ちょうど、大邱市とフランスは韓仏国交正常化130周年を迎え、経済・文化・観光などの分野で友好の増進および交流活性化のために協力し合うことにした。

先月11日、大邱(テグ)市、フランス大使館、韓仏商工会議所がそのような内容の了解覚書(MOU)を締結した。韓国の地方自治体と在韓フランス大使館間のMOU締結は異例のことだ。エミール・タケ神父はこのMOUをより活発に行うことができる媒介になることができる。彼と王桜を素材にしたエコツーリズムと文化交流だ。

王桜をパリ自然史博物館に記念植樹するというのはどうだろう?その他にも意味のあるストーリーを考えてみることができる。例えば、エミール・タケ神父と王桜の話を映画として製作し、フランスのカンヌ映画祭に出品したら?


世界を注目させるストーリービジネスとなることができる。私たちがいつも悩んでいる在来種の世界化だ。

ソース 毎日新聞(韓国語) ※日本の毎日新聞ではありません
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=088&aid=0000443891


1日1クリックで応援してね →
本文を読む

4968578i1: 世界はみんな@ばかばっか ★ 2016/05/15(日) 08:42:35.63 _USER
【寄稿】韓国庭園が持つ独特の美を世界にアピールしよう
2016/5/16

春になると、多くの人が外へ出かける。由緒ある古宮や史跡に足を向ける人も少なくない。忙しい現代人たちに、庭園はひとときの安らぎを与えてくれる。とりわけ古宮や史跡の庭園は歴史を感じさせてくれる。

だが、残念なことがある。韓国の伝統庭園が植物ばかりなことだ。庭園の中心となるハス池、石を積み上げて作った築山など、伝統的な庭園に欠かせない構造物が絶対的に少ないのだ。韓国の昔の文献や絵画によると、庭園を作るときにはまずハス池を掘り、その周りに築山を作り、あずま屋、橋、石垣などを配置し、植物を植えた。その代表的な庭園が、南部の慶尚南道咸安郡にある「舞沂蓮塘」だ。

戊申の乱(1728年)で義兵を挙げた周宰成(チュ・ジェソン)の生家の離れに作られた庭園だ。舞沂蓮塘を描いた絵画を見ると、四角いハス池の中に四角い島が描かれているなど、いくつかの特徴がある。南西部の全羅南道潭陽郡にある瀟灑園は、朝鮮王朝時代の学者の梁山甫(ヤン・サンボ)が師匠である趙光祖(チョ・グァンジョ)の死を期に作った別荘庭園だ。

高敬命(コ・ギョンミョン)による無等山(光州市)の紀行文『遊瑞石録』は、当時の瀟灑園について詳しく描写している。「渓流が家の東側から塀を通って流れ込み」「小ぶりな一本橋」「小さな滝の西側に小さな家1棟の光風閣」「その南側には石を何層にも高く積み上げて作った築山」「小さなあずま屋」「軒のすぐ横にアオギリ」「溝を彫った丸太で作った飛溝で渓流を引き込み」「ハス池の西側には太い竹林」などの表現が見られる。

韓国、中国、日本の北東アジア3カ国は同じ文化圏に属している。中国と日本は自国の伝統庭園を国の誇りとして世界にアピールし、安らぎを求める国内外の観光客のニーズを満たしている。韓国は中国や日本の庭園に劣らない優美で独特な庭園があったにもかかわらず、現存する庭園、復元された庭園はいずれも植物が主体で訴求力が低い。


中国、日本と差別化した韓国の庭園は、観光の大きな目玉になり得る。今からでも、庭園の韓国らしさ、美しさを世界にアピールしていこう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/13/2016051301931.html

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

s-3274902_qHl1: 蚯蚓φ ★ 2016/05/06(金) 22:05:58.07 _USER
タイ、バンコクにある大型マート陳列台の中央には韓国イチゴがいっぱいでした。250グラムで245バーツ、私たちのお金で8千ウォン程度と高い方なのに、タイ人たちの食欲をひきつけました。

<インタビュー> ジャーン・ヤ(バンコク市民):「他の国のイチゴに比べて韓国イチゴは食感がやわらかくて良いです。」

<インタビュー> ラリタ(バンコク市民):「本当においしいです。甘酸っぱい味が最高です。」

昨年、私たちのイチゴの海外輸出額は390億ウォン。農産物輸出1、2位のパプリカと梨は海外品種を育てて輸出しましたが、イチゴは堂々と国産品種を輸出しました。
2002年、初めての国産品種が開発された後、今は「雪香(ソルヒャン)」等、国産品種栽培率が90%を越えました。

<インタビュー> パク・ホンヒ(慶北(キョンブク)尚州(サンジュ)イチゴ栽培農家):「雪香のような国産品種は生産量も多く早く収穫できて遅くまで収穫が可能で、病虫害に強くて...」

国産イチゴ品種の成功はりんごや梨など他の果物の国産品種多様化につながっています。


<インタビュー> キム・ウソプ(中央果樹苗木管理センター課長):「世界的に競争で勝とうとするなら、自分だけの品種、私たちの地域に合う郷土的な品種をずっと開発して...」

日本品種のアオリりんご(訳注:おそらく青森りんごで、モが抜けたと考えられる)に代わる国産品種「サマーキング」と、やはり日本品種の新高梨に対抗する国産品種「シンファ」の普及が速度をあげています。


KBSニュース、イ・ジェヒです。

ソース:KBSニュース(韓国語) 「韓国イチゴ最高」…国産品種‘成功’
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3274902


1日1クリックで応援してね →
本文を読む

dsada1: LingLing ★ 2016/05/04(水) 00:37:08.81 _USER
■「オソルロク」韓国が作ったプレミアム茶 

<アモーレパシフィック、伝統茶文化復興につながる>

『韓国には茶というものがない。 麦茶やスンニュン(※釜の底に残ったおこげに水を加えて温めたお茶代わりの湯)
が全てです。かつてはそうじゃなかったんですがね。日本の茶文化は、事実、韓国から渡ったものなのに、彼らはそれを整えて作って世界に自慢しています。実際、このような文化事業は大企業が先頭すべきと考えているが、採算が合わないので手をつけないのです。だから、せめて私が緑茶を私たち固有の茶にまた育て上げたいです。』

アモーレパシフィック創業者の故ソ・ソンファン会長が緑茶事業に参入する当時、言った言葉だ。

ソ会長は韓国固有の伝統茶文化を復興するため、1979年、済州漢拏山南西側トスン地域の荒れ地を緑茶畑として開墾し始めた。

ソ会長の信念で済州と初めて縁を結んだアモーレパシフィックは、1980~1990年代に入って曙光・トスン・漢南に至る330万5000平方メートル(100万坪)規模の「オソルロク、有機農茶畑」を築き上げた。

済州オソルロク茶畑は中国黄山、日本富士山と共に世界3代緑茶産地に数えられる茶の栽培地に生まれかわった。

清浄済州の直営茶畑から100%有機栽培のもので生産した緑茶ブランド「オソルロク」は茶愛好家をはじめ、消費者たちに愛され続けている。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/05/02(月) 22:43:12.35 _USER
[青春、世界に行く]「合氣道は文化コンテンツ」…武術人イ・カンジョンさん (YTNテレビ、動画あり)

[アンカー] ここ数年の間、フランスで韓国の合氣道が大きな人気を呼び始めたんですが、その理由は合氣道を武術というより韓国的精神修養の方法として紹介したある同胞の努力によるものだと言います。

武術である合氣道を文化コンテンツにして成功をしたフランスの合氣道の代父、イ・カンジョン師範をカン・ハナがリポーターが会ってみました。

[記者] フランスのあるケーブルチャンネルが制作した人気芸能番組、コメディアンやスポーツスターにチャギ(※蹴り?)やコッキ(※倒し?)の技術を披露する小さな体の東洋人が人目を引く。※詳しくは動画を参照

これがフランスの合氣道の父と呼ばれるイカンジョン氏だ。

828963

イ・カンジョン氏のすべての合氣道の授業はフランス国旗に対する敬礼で始まっている。

しかし、合氣道技術と訓練に必要な用語はいつも韓国語だ。

[レナ・大学生:合氣道を習ってると韓国に行きたくなりました。 韓国語で授業をして、私たちは韓国語で数字を数えることを学びました。]

彼が初めてパリに道場を開いたのは、2009年、世界の合氣道連盟セミナーに参加するためにフランスに立ち寄った折りに東洋武術に対するフランス人の高い関心を発見し、移民を決心した。

[イ・カンジョン/合氣道師範:ここでは大人が文化であると同時に特技として、我が国でゴルフを好むように、ここでは武道がかなり好まれるんです。]

東洋武術愛好家層が厚いのが必ずしも長所になっただけではなかった。中国人と日本人が運営する多様な武術道場が既に定着して熾烈な競争を繰り広げていたためだ。

後発走者として韓国の合氣道を知らせなければならなかったイ氏は技術よりも武術の精神を強調する戦略で差別化を試みた。

[イ・カンジョン/合氣道師範:私はいつも生徒たちにスポーツ精神が何なのかとそんな話をします。スポーツ精神はフェアプレーで、武道精神はまず自分を守って家庭を守って国を守る原動力となります。]

攻撃ではなく、愛することが守るための防御の武術であり、性分と心をおさめる文化的修練の武術として合気道を紹介して広めたのだ。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2016/05/02(月) 13:07:48.52 _USER
日本人観光客、GWは韓国で茶礼体験=2016聞慶伝統茶碗祭り
WoW!Korea 5月2日(月)11時23分配信

去る1日、韓国・慶北(キョンブク)・聞慶セゼ(韓国の民謡)にて開かれている「2016聞慶伝統茶碗祭り」に日本人観光客らが訪問し、茶礼体験をおこなった。

20160502-00000025-wow-000-view

「2016聞慶伝統茶碗祭り」は「沙器匠の一日体験」を主題に、韓・中・日国際陶磁器交流展をはじめとする多様な体験行事が実施される。8日まで開催中だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000025-wow-int


元スレ:・【茶道】日本人観光客、GWは韓国で茶礼体験

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ