パクリ・起源捏造

1: クリス ★ 2014/12/01(月) 20:09:05.86 ID:???0.netAS20141130001997_comm
盗難の仏像「返還は司法判断待って」 韓国の文化相
2014年12月1日05時10分

 韓国の金鍾徳(キムジョンドク)文化体育観光相は30日、2012年に長崎県対馬市で韓国の窃盗団に盗まれた2体の仏像の返還問題について、「司法の判断が終わっていない。司法の判断を尊重しなくてはならない」との考えを示した。また、韓国から日本に持ち出された文化財の返還を協議する機関の設置を、日本側に提案したことも明らかにした。横浜市で開かれた日中韓文化大臣会合後の記者会見で述べた。

 仏像の1体については、「元の所有者」を主張する韓国の寺が、日本に渡った経緯が判明するまで韓国政府が日本に返さないよう求める仮処分申請をし、地元の裁判所が認めている。

 昨年、当時の文化体育観光相が「日本に返さなければならない」との見解を示したが、金氏は「公式の見解ではない。司法の判断が終わっていない段階でそういった決定はできない」と話した。


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ◆E2FCewEIt. 2014/11/30(日)15:11:18 ID:cfE
先日盗難被害に遭った対馬のお寺の住職

「私の所はこれを機に韓国の観光客は一切断ります」
B3XoQR-CMAAV1AT

「(盗まれた仏像が)帰ってこない限り対馬と韓国のつながりはないですよ」
http://pbs.twimg.com/media/B3UxkkcCYAERG9s.jpg

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2014/11/29(土) 21:18:11.38 ID:???.net
  (横浜=聯合ニュース)韓国政府が29日、日本国内の韓国文化財返還問題などを議論するための協力機構創設方案を日本政府に提案した。

  キム・ジョンドク文化体育観光部長官は29日、日本の横浜ベイホテルで開かれた下村博文、文部科学相との韓日文化長官会議でこのように提案したと会談後、聯合ニュースとのインタビューで明らかにした。

  キム長官は「日本側は対馬の寺や神社で韓国人が盗んだ仏像に言及し、わが方ではその問題だけでなく日本側が韓国から不法搬出して行った文化財も議論すべきだと言った。その問題を協議する両国共同の協力機構を設置しようと提案した」と伝えた。

  これに対し下村文科相は特別な反応を見せなかったと伝えられた。


  キム長官は引き続き「海外の韓国文化財中43パーセントに達する6万7千点以上が日本にあるだけに、その目録と取得経緯などをユネスコ協約により明らかにする必要があるということを強調した」と説明した。

▽韓日文化長官会談の結果を説明するキム・ジョンドク長官
PYH2014112901640007301_P2

 ← お断りどすと思った方はクリック
本文を読む

1: ひろし ★ 2014/11/27(木) 22:02:31.66 ID:???0.net68ed2a51294f98a7ea0277d70448641f
 長崎県対馬市の寺で仏像などが盗まれ韓国人の男5人が逮捕された事件に関し、長崎県の中村法道知事は27日、対馬市内の文化財について「公的な機関で預かり、寺にはレプリカを展示するというのも一つの考え方だ」などと述べ、対馬市に今後建設予定の博物館で文化財を保管する意向を示した。

 定例記者会見で述べた。対馬市などによると、市にある県立対馬歴史民俗資料館を県と市が共同で博物館として建て替え、2019年度末までの完成を目指している。

 対馬市では12年にも寺から国指定重要文化財の仏像など2体が盗まれ韓国に持ち込まれた事件も起きており、管理の厳重化を求める声が上がっている。

 中村知事は「地域によっては人口も減少し、人の監視が届かない状況も想定される。関係者に話を聞きながら検討を進める必要があるのではないか」と述べた。【小畑英介】

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: オリエンタルな名無しさん 2014/11/22(土) 00:06:48.83 ID:djYNExCv.nete5ca1515
韓国で沖縄住民(琉球人)の文化・歴史などの独自研究を進め、デイリアンに研究内容を連載したことがあるカン・ヒョベク慶熙大教授は11月16日、本紙との通話で「今回の沖縄知事選の結果は、琉球人が日本政府にもっと多くのことを要求していることを意味するメッセージ」とし、「中国が引き続き秋波を送ってきている状況で、『日本政府は沖縄をもっと大切にすべき』ということ」と分析した。 (中略)

沖縄人の民族的アイデンティティは?...日本よりも韓国に近い


琉球人の反日感情は、主権を侵奪した日本に対する怒りという点で韓国の反日感情とその脈を同じくしている。特に琉球人は過去から私たちの国と緊密な関係だったし、民族的アイデンティティも韓国と近い。


カン教授によると、沖縄県立博物館には、琉球国首里王宮の正殿にかかっていた「琉球万国津梁の鐘」が展示されている。その銅鐘に刻まれた銘文には「琉球国は南海の勝地にして三韓の秀を鍾め、大明を以て輔車となし日域を以て脣歯となす」と書かれている。

カン教授は「銅鐘の銘文は国のアイデンティティを意味するが、彼らのアイデンティティは朝鮮人に近かったと思われる」とし、「琉球諸島は日本から見れば西に、中国から見れば東にある。 韓半島から見れば真南にあり、自分たちを『南海の国』と規定したことを見ると、アイデンティティが韓国という意味」と説明した。

 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2014/11/19(水) 08:08:02.96 ID:???.net20141118143440-1
【コラム】奪われ奪った2つの仏像の運命=韓国
2014年11月18日14時34分 中央SUNDAY/中央日報日本語版

韓国内の窃盗集団が日本の対馬から盗んできた統一新羅時代の銅造如来立像。(写真=中央フォト)

「多事多難」という常套句がメディアを飾る時期が戻ってきた。どの年よりも出来事が多く、困難にあふれた甲午年だった。年末の新聞・放送を飾る「10大事件」の選定は難問になるようだ。

文化遺産分野も、苦難や宿題が解けないまま年越しを迎えようとしている。代表事例が2年前に韓国人の文化財窃盗団が日本から盗んできた仏像2点の処理だ。事件発生から2年を越えても解決法がなく、ぐるぐると回っている。文化財領域に限ったことではなく韓日間の長年の感情のわだかまりが積み重なった外交問題なので、さらに難しい。

事件は2012年10月6日に発生した。韓国の窃盗団が日本の対馬にある海神神社の屋根から入って9世紀の統一新羅の銅造如来立像を、近くの観音寺からは14世紀高麗後期の金銅観音菩薩座像を盗み出した。それぞれ日本の国指定重要文化財と県指定文化財だ。釜山(プサン)税関を無事に通過した窃盗団は、事態が落ち着くまで隠しておく慣行を無視して10月下旬から20億ウォン、15億ウォンと言いながら仏像の購入者を探しに出た。仏像を盗まれた寺から申告を受けた日本の警察は12月17日、韓国の警察に捜査協力要請をして、窃盗団は22日に検挙された。馬山(マサン)倉庫に回収された仏像2点は現在、大田(テジョン)国立文化財研究所の考古室収蔵庫で検察の「接近禁止」の札が張られたまま保管されている。

 ← 仏像返せと思った方はクリック
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2014/11/12(水) 19:21:12.53 ID:???.netimages
韓国茶の飲み方…日本の影響で歪曲、過度に礼儀ばかり強調
中央日報

東アジア茶文化研究所のパク・ドンチュン所長(61)は伝統茶文化について苦言をはばからない。一生を韓国緑茶と共にしてきた彼女が批判する理由は、それだけ韓国茶文化が危機的状況だと見ているからだ。複雑なだけのお茶作法、2007年の農薬問題イメージがいまだに緑茶文化を困難に陥らせているというのがパク所長の考えだ。

彼女の批判はさらに一歩踏み込む。お茶を作る製茶法にしろ、お茶をこす湯法にしろ、今行われている多くの方法が過去の伝統から断絶していて根っこがないという指摘だ。

そんなパク所長が15日、緑茶の現在を問い詰めて未来を展望するセミナーを開く。ソウル龍山洞(ヨンサンドン)の国立中央博物館の小講堂で開かれる「21世紀伝統茶振興のための大討論会-伝統茶の意味と展望」だ。パク所長は「今回のセミナーは1970年代後半に起きた茶文化運動の参加者を発表者として招き、彼らの情熱を振り返りながら彼ら自身の限界も探ってみるために用意した」と話した。過去から学ぶということだ。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★5e746144 2014/11/09(日) 12:39:28.30 ID:???.net
和紙が無形文化遺産登録されることに韓国が激怒
和紙「韓国発祥」の噴飯 不可解すぎる“ウリジナル”
2014年11月9日 7時0分

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の補助機関が先月末、「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」を無形文化遺産に登録するよう勧告した。登録勧告が覆された例はなく、11月下旬にフランス・パリで開かれるユネスコ政府間委員会で登録が決まる見通しだ。日本人からすると和紙は和紙だが、予想通り韓国は「紙を作る技術は韓国が伝えた文化だ」と激怒している。韓国による“つきまとい”とも言えそうな日本への執着は、いったいどこから来るのか。

 登録対象は国の重要無形文化財に指定されている細川紙(埼玉県)と本美濃紙(岐阜県)、石州半紙(島根県)。いずれもクワ科の植物、コウゾの繊維だけを原料に手すきで作るという伝統的な製法を伝えている。

 日本からは歌舞伎や能楽、和食など22件の無形文化遺産が登録済み。中略

 今回の和紙について、韓国は「和紙は仏教伝来とともに新羅の技法が日本に伝わったもの」と主張しているようだ。

 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2014/11/05(水) 16:46:10.03 ID:???.netnews4plus-1402047296-5
2014年11月3日、韓国京畿道観光発展局は、中国版ツイッターの公式アカウントで、「韓国の美食・刺身」と題し、「刺身といえば日本を連想する人が多いだろうが、美食の国境はすでに存在しない。韓国式の刺身は万人に受け入れられるよう工夫している」と韓国の美食として魚の刺身を紹介。これに対し中国のネットで反応が見られている。

中国のネットでは、「刺身といえば日本だろ。何で韓国が自国の美食として刺身を紹介しているんだ?。違和感を覚える」「この書き込み、日本人が見たら怒るんじゃない?。だって、中国が自国の美食として『キムチがおいしい』なんて紹介したら、韓国人は激怒するだろう?」「日本のウイスキーも世界一になったじゃん。もう美食に国境はないんじゃない」と、全体的に韓国が自国の美食として刺身を紹介していることに否定的な意見が多く見られた。(翻訳・編集/内山)

ソース:レコードチャイナ 2014年11月5日 12時10分
http://www.recordchina.co.jp/a96826.html


元スレ:・【中国】韓国が刺身を自国の美食と紹介=中国ネット「日本人が見たら怒る」「日本のウイスキーも世界一になったじゃん」[11/05]

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2014/10/31(金) 15:32:29.80 ID:???.netbandicam 2014-09-02 23-04-53-931
2014年10月28日、韓国・聯合ニュースによると、日本文化庁は同日、ユネスコ補助機関が日本の和紙を作る技術を「無形文化遺産」に登録するよう勧告したと発表。11月下旬に登録される見通しだと伝えた。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

  「紙を作る技術は韓国が伝えた文化なのに」


  「また韓国の文化財を盗むんだね」


  「つまり韓国の伝統紙『楮紙』が無形文化遺産に登録されるってことだよね?」

  「楮を原料とする紙は韓国固有のものだ。中国の学者たちが昔、『韓紙が一番使いやすい』と注文していた記録も残っている」

  「韓国に10年以上あるものは全部ユネスコに登録しよう。日本や中国に奪われる前に」

 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2014/10/23(木) 20:52:04.90 ID:???.net
「いつも不安です。ソルヒャン(雪香)が崩れれば国内イチゴ品種がまた10%水準に落ちるかもしれません。」

最近、慶事があったキム・テイル(55)忠南(チュンナム)農業技術院論山(ノンサン)イチゴ試験場長はただ喜んでばかりもいられない。先月29日、国立種子院で国産イチゴ品種10種類に品種保護決定をした。一種の特許権を国家が保障したもので、作物でイチゴが含まれたのは今回が初めてだ。

品種保護作物と登録されれば外国から使用料をもらって輸出できる道が開かれることになる。この中で雪香(写真)・メヒャン(苺香)・クムヒャン(錦香)・マニャン(晩香)が論山イチゴ試験場で育種されたものだ。国内でイチゴを専門的に研究する場所は論山イチゴ試験場だけだ。

雪香は国産イチゴであり絶対強者だ。農業観測センター資料を見れば、2015年産の国内イチゴ農家の品種別栽培面積で雪香が78.4%で圧倒的1位だ。2005年、雪香が出てくるまで国内イチゴ市場を90%近く占めた日本品種は郊外に押し出されて久しい。章姫(アキヒメ)は雪香が出る前の秋、レッドパールは雪香出荷が終わる初春にやっと命脈を維持している。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

【韓国】『李舜臣長剣(1594年製)の赤いペンキを除去』~合成樹脂塗料を除去して保存・・・「なぜ?」[10/05]

1: HONEY MILKφ ★ 2014/10/05(日) 13:04:50.02 ID:???.net
文化財庁が、忠武公(チュンムゴン)李舜臣(イ・スンシン)将軍の長剣に塗られた赤いペンキを、除去する予定である事が分かった。

最近、文化財庁の顕忠祠(チョンヒョンサ)管理所は、「この忠武公の長剣に塗られた合成樹脂塗料(ペンキ)を無くし、伝統顔料で修復する計画案が文化財委員会の審議で確定した」と発表して注目を集めた。

文化財庁は既存の顔料が確認されない場合、考証を通じて本来の伝統顔料の確認ができるまで合成樹脂塗料を除去した状態で暫定的に李舜臣の長剣を保存処理する予定だ。

6609541b0410016db5ce3d0073bf7ea9

03500d2a

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ロンメル銭湯兵 ★ 2014/09/11(木) 19:32:08.12 ID:???.netifa-2014
 9月5日から10日までドイツ・ベルリンで開催されていた世界最大のエレクトロニクスショー「IFA 2014」で、中国のテレビメーカーTCLが世界最大級の110型曲面超高精細(UHD)テレビを出展した。またTCLは同じく中国メーカーのハイセンスと共に、従来の液晶テレビよりも画質がはるかに優れ、有機発光ダイオード(OLED)テレビよりも製造原価が安い「量子ドット(Quantum dot)」テレビをサムスンやLGよりも先に世界で初めて公開し、世界を驚かせた。

 現時点で世界のテレビ市場はサムスンとLGがリードしている。両社はこれまで液晶テレビの大型化、3次元(3D)テレビ、OLEDテレビの開発などで激しい競争を繰り広げ、「世界初」「世界最大」といったタイトルを次々と手にしてきた。ところが今回はこれまで格下とみられてきた中国メーカー各社が「世界初」「世界最大」のテレビを発表し、サムスン、LG、さらには日本のソニーの技術力にほぼ追いついたことを実際の製品で示したのだ。

 スマートフォンでも中国のレノボやハイアールなどがサムスン、アップルに劣らない製品を発表した。さらにハイアールやハイセンスなどはスマートフォンと家電製品を連動させ、遠隔操作できる「スマートホーム(smart home)」サービスを一斉に発表した。中国メーカー各社のブランド力や信頼性は今のところやや劣っているとされてはいるものの、IT(情報技術)分野における主導権が中国に移るのは今や時間の問題であることは間違いない。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: すらいむ ★ 2014/09/05(金) 14:35:07.73 ID:???.net02p01w
「和牛」目指し、40年の努力と意地で生み出した「名品韓牛」

 自身の韓牛肉を自ら「名品」と呼んだ。今年の秋夕(チュソク、中秋)を前に、3キロ120万ウォン(約12万円)の肉のセットを出した。ソウルの一流ホテルで販売する牛ヒレ肉・胸肉・チェクッ(背後ろの肉)・霜降り肉・ブチェサル(肩ロースの一部)などのギフトセットだ。100グラムで4万ウォン、昔の言い方で表現すれば一斤(600グラム)で24万ウォンだ。普通の1++等級の韓牛よりも3倍以上高い。単にホテルで売るという理由で高いのではない。同じ部位・同じ肉質の肉は、彼が直接運営する販売場でもそれに劣らぬ価格をつける。

 全羅北道井邑市(チョンラブクド・チョンウブシ)のオソングリーン農場のキム・サンジュンさん(59)。彼は40年前、高校卒業直後に韓牛を育て始めた。祖先が突然亡くなって受け継いだ牛1頭がその第一歩だった。キムさんは「最初は運が良かった」と当時を振り返った。融資を受けて小牛を買おうとする頃、小牛の値が暴落した。育てて売って利益を残しては飼育頭数を増やした。10年余りで100頭を超える牛を育てることになった。

 「その時は肉質には特に気をつかわなかった。そのうちに日本に行ってみて和牛が韓牛の10倍以上の価格だというのに衝撃を受けた」。

 戻ってくるやいなや「名品韓牛づくり」に腕をまくった。本を探して専門家にも会った。日本だけで40回以上行き来して秘訣を探ったという。


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2014/09/04(木) 00:10:43.10 ID:???.net
資料写真 大韓合気道協会インド支部 合気道授業場面(写真出処:DaumCafe)
2014090252597977

韓国合気道(ハプキド)のアイデンティティ確立に最も大きな障壁になっているのが‘ハプキド’という武名の漢字語だ。合氣道が日本のアイキドーと一緒に使われていることだ。字ごとに意味を持つ表意文字、漢字語の同名の使用は漢字語文化圏にある人々にはその名前を持った対象に対するアイデンティティの認識に大混乱を与えかねない。

合気道という漢字語武名が日本からその名前を借りて使っている歴史的事実は合気道がアイキドーの亜流であることを証明する決定的な根拠になる。このような問題点から、改名論者は韓国武芸としてのアイデンティティのためには合気道という武名を韓国の伝統的な感情に合うよう改名すべきだと主張する。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む


このページのトップヘ