パクリ・起源捏造

1: LingLing ★2017/07/17(月) 20:57:51.81
■[韓国日報] 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか

「雪の上で履く靴」を意味するスキーはノルウェーが宗主国として知られている。

ノルウェー語と英語のskid,skip,skiff,slide及びskateなどが語源で、数千年前から冬が長く雪が多い山岳地帯で歩行、狩猟、運搬の目的で使われており、北欧では戦争当時、重要な移動手段として利用されることもあった。

いわゆる「ノルウェースキー」は農民と猟師によって伝わった。1740年頃ノルウェー軍隊がスキー部隊を編成した後に活性化してスキー競技へと発展した。

1877年、ノルウェー・クリスチャニア(現在のオスロ)にスキークラブができて、2年後のハースビヒルで第1回ジャンプ大会が開かれた。

19世紀後半にはヨーロッパ各国に普及し、特にオーストリアでマティアス・ツダルスキーがアルプス山岳地帯に合うスキー技術を研究すると同時に、それに合う用具を開発することによって急激な発展を遂げた。

このようにヨーロッパからスキーが始まったとよく知られているが、1955年出版されたC.J. ルーターの「古代スキー歴史50年」に収められた図を見れば、スキーはむしろ韓国北東部と中央シベリアから全世界に伝わった経路が具体的に描かれている。

 
▽地図の一番上左端に描写された図は、アイスランドの神話に出てくるスキーの神であるウルの姿で、17世紀にラプランドゥンが描いたと言われる。
0000218141_001_20170716161615430

スキーを履いて弓を撃つ場面で、スキーの左右の形と長さが違うように描かれているが、これは韓国のソルメの形と同様だ。韓国北東部の山間地方に古くから固有のソルメ(スキー)があるという説は多くの国で知られていた。

一方、日本の場合は1911年1月12日、オーストリア陸軍少佐のフォン・レルヒーからスキーを伝授されたと記録されている。

日本は、しかしながら韓国にも固有のソルメがあるということを知って探しに出た。

実際に翌年、当時植民地の韓国に駐留した日本軍のユカワ中尉が、咸鏡南道(※北朝鮮)ミンチョン所在の山あいの農家の倉庫でスキーを発見し、炭素年代を測定してみると、4世紀の時に木で製作されたスキーだと明らかになった。

▽1912年咸鏡南道ミンチョン所在の農家で発見されたスキー。炭素年代測定で4世紀に製作されたことが明らかになった。
0000218141_002_20170716161615450

▽日本軍ユカワ中尉が咸鏡南道の山あいにある農家の倉庫からスキーを発見した後、記念撮影をしている。
0000218141_003_20170716161615460

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★2017/07/12(水) 13:57:07.87
■扇子に描いた「韓国の趣」
釜山日報(韓国語)

タワーアートギャラリーで14日まで

合竹扇(ハプチュクソン)は高麗で最初に使い、中国、日本などに伝えられたものとして知られている。

私たちの先祖は、合竹扇に詩を書き込んで絵を描いたり、飾り結びなどをつけ、ここに趣が増してそれ自体が作品として評価された。

タワーアートギャラリー(釜山 釜山鎮区 田浦洞)で14日まで開かれる「韓国の趣、扇子-2017扇面藝術展」では、私たちだけの独特の文化として定着した扇子に描いた作品が見られる。

チョン・ウンジェ、コン・ヨンソク、パク・ヘンボ、ヤン・ジョンスクなど韓国画と書道、文人画の分野の34人とキム・ヨンテ、ソ・サンファン、キム・チュルゴン、ソン・ヨンソンなど洋画部門で4人など、全国から40人の作家が扇子画を披露する。

展示作品のうち、ヤン・テソクの「金剛山萬物像」は韓国画特有の淡泊な筆致で、金剛山萬物像の形を扇面に繰り広げる。 (中略)

タワーアートギャラリーは、国内で唯一、1987年から今年で31回目となり、年々ジャンルの幅を広げて扇子絵画展を開催し続けている。

キム・ヨンテ館長は「今回の展示は、昔のものについての意味を振り返ってみて、先人の知恵と趣を再吟味してみる良い機会になるだろう」と述べた。

ヤン・テソクの「金剛山萬物像」、タワーアートギャラリー提供
0000722498_001_20170711103536406

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=082&aid=0000722498

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: ranran roo ★(★ 994f-Rw7c)2017/07/04(火) 21:35:26.09
7/4(火) 13:06配信

韓国Mnet「アイドル学校」の校歌映像が日本の有名飲料水CMと非常に酷似しているとの指摘を受け、Mnet側が「空間的な限界のために起こった必然的な類似性」と明らかにした。

左:韓国「アイドル学校」 右:ポカリスエットCM
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/3/1/311038f1.jpg

Mnetの関係者は4日、「“学校”という空間を背景に制作する番組であり、学校内で多くの出演者が群舞(一糸乱れぬダンス)できる空間は校庭、教室、廊下、体育館に限定されるほかない」と盗作疑惑を一蹴した。

また、「ダンス中に水をかける場面などは、多くの映画などですでに何度も利用されている方式だ。一部、2コンテンツの類似した点は学校を背景にする空間的限界からの表現とすでに多様なコンテンツで使われた撮影方式であるだけだ」と説明した。

これを前に「アイドル学校」は先月28日、校歌「可愛いから」の映像を公開した。映像には出演練習生たちが学校を背景に、制服姿でダンスしながら歌う姿が映し出される。しかし、この映像が全体的に日本の有名飲料水CMと酷似しているという指摘があった。

一方、「アイドル学校」はガールズグループ育成リアリティーで、学生たちが学び成長する過程を映す番組だ。来る13日、韓国でスタートする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000032-wow-asent


元スレ:・【KPOP】「アイドル学校」が日本のCMを盗作 制作者側は盗作否定「必然的な類似性」

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2017/07/03(月) 16:08:55.17
■ノ・ヨンヘ 紙財団理事長、日本留学生にジョンイジョプキ(※韓国語で「折り紙」)の特講
 
▽ノ・ヨンヘ紙文化財団理事長(左端、二列目の白い服)は29日午後、慶熙大学国際教育院で、日本へ国費を受けて留学に発つ100人の学生にジョンイジョプキ特講を行った。
AKR20170629160100371_01_i_20170629163705849

(ソウル=連合ニュース)ワン・ギルファン記者=ノ・ヨンヘ紙文化財団理事長は29日午後、慶熙(キョンヒ)大学国際教育院で、国費を受け日本へ留学に発つ大学生100人に「私たちのジョンイジョプキ(K-Jongie jupgi)の世界化と平和のために」というテーマの特講を行った。

ノ理事長は「2017年韓日共同理工系学部国費留学生予備教育課程」の一つとして慶煕大学が主管した講演で、ジョンイジョプキの起源と母胎であるコッカル(※三角帽子)について紹介し、「日本に行ったら、ジョンイジョプキの世界化のために走ってほしい」と希望した。

彼女は「わが国の伝統信仰としてコッカルの文化は、韓民族建国始祖である檀君の精神(弘益人間)から、三国時代、高麗、朝鮮につながった折風と風俗だった」とし、「このようなコッカルの伝統を未来に広げていくために、白紙に入った平和精神と弘益理念の意味を込めて『韓半島統一と世界平和祈願のコッカル8千万個作り運動』を展開しているので多くの関心を持ってほしい」と頼んだ。

ノ理事長は、続けて行われたジョンイジョプキ講師オ・ヨンジェ氏(紙文化財団-韓国ジョンイジョプキ数学教育協会会長)のジョンイジョプキ試演にて学生とコッカルを折った後、頭にかぶり記念撮影も行った。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0009373162

1日1クリックで応援してね→
本文を読む

4481100i1: HONEY MILKφ ★2017/06/20(火) 09:48:08.71
イチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省がまとめた。品種流出の影響が少なくないことが改めて浮き彫りになった格好で、同省は、海外での品種登録の必要性を訴えている。

■ 進まぬ海外登録 課題

農水省によると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基に開発した品種。栃木県の「とちおとめ」や農家が開発した「レッドパール」「章姫」などが無断持ち出しなどで韓国に流出し、韓国はそれらを交配させて「雪香(ソルヒャン)」「梅香(メヒャン)」「錦香(クムヒャン)」という品種を開発した。アジア各国への輸出も盛んで、日本を上回る。


農水省は、日本の品種が流出していなければ韓国の品種も開発されず輸出もできないと想定。日本が輸出できるはずのものが韓国産に置き換わったとして損失額を試算した。韓国の輸出額から推計して、日本の損失額は5年間で最大220億円だったとした。昨年1年間の日本産イチゴの輸出額は11億円のため、5年間に換算するとこの約4倍に当たる。

品種登録できていれば品種開発者が得られていたロイヤリティー(許諾料)は年間16億円だったと推計した。韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、流出前に日本側が品種登録できなかった。品種登録していれば、栽培の差し止めや農産物の廃棄を求めることができるが、登録していないため、こうした対抗策が取れない。

国際ルールでは、植物新品種は販売開始後4年までしか品種登録を申請できず、速やかな出願が重要になっている。だが、育成者が申請料や手続きに負担を感じていることが課題になっている。

ソース:日本農業新聞
https://www.agrinews.co.jp/p41163.html


元スレ:・【農業】「イチゴ品種、韓国に流出」~損失5年で220億円=農水省試算[06/20]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★017/05/21(日) 21:33:39.21 I
文化体育観光部長官賞2017全国青少年特攻武術武芸大会が20日、ソウル松坡区(ソンパグ)にある学生会館で開催される。

国際特攻武術連合会が主催する今大会には、武芸道、武士道、戦士道、記録(高蹴り、投剣、ブローガン、撃破、前方飛躍受身)の4種目で1500人が出場し、最強を争う。
この日午前11字30分に始まる開会式では、特戦司令部の演武と軍楽隊の公演、特攻武術と高句麗(コグリョ)武術の演武など見どころ満載だ。観客体験イベントと景品も用意される。

1495239356176

特攻武術の創始者であるパク・ノウォン国際特攻武術連合会長は、「1980年に大韓民国国防武術に採択された特攻武術は、37年の歴史の中で身体の鍛錬と精神修養の効果を認められ国民的スポーツとして位置づけられるようになった」と言い、「今大会が特攻武術の世界に広める足場になるだろう」と話した。キム・ヨンジョン国際特攻武術連合会総裁は、「韓国で作られたユニークな武術である特攻武術は青少年の体と心を鍛える上で大きく役立つ」と強調した。

金鍾錫

ソース:東亜日報日本語版<青少年1500人が武術の最高峰を争う、きょう性執念特攻武術武芸大会開催>
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/929320/1

元スレ:・【韓国】 青少年1500人が武術の最高峰を争う、きょう性執念特攻武術武芸大会開催~武芸道、武士道、戦士道、記録の4種目[05/20]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

5088943i1: たんぽぽ ★2017/05/12(金) 20:13:00.39
2017年5月11日、中国メディア・封面によると、韓国メディアが7日、「コメの起源は中国ではなく、韓国だ」と主張した。

コメの起源には諸説あり、いまだ明確な結論は出ていないものの、一般的には中国とインドが主要な起源地と目されている。そこに韓国が突然「中国ではなく、自分たち韓国こそコメの起源」と主張し始めた。

そう主張する記事を掲載したのは、韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報。4年ごとに改訂されている世界的な考古学書で、以前の版は紀元前9000年ごろの中国湖南省を起源だとしていたが、最新版では「コメの起源は韓国」と変更したことを伝えた。

中国ではなく、韓国をコメの起源だとした根拠は、1998年と2001年に忠清北道の梧倉科学産業団地から発見された清州小魯里の種もみ。検証によると、1万3000年~1万5000年前のものだとされ、世界で最も古い種もみだとして認定された。湖南省から出土した種もみよりも4000年余り古い時代のものだという。

2004年には、パリで行われた世界文化遺産会議で、世界文化遺産に登録する価値が十分あると認められたとされている。

この「コメの起源は韓国」説に中国の人々はあきれ顔だが、食事にコメが欠かせない日本人も「またか。いつもの病気が始まった」「おめでとう(笑)」とゲンナリしていると、記事は伝えている。


http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177905&ph=0


元スレ:・【中国メディア】韓国主要紙が「コメの起源は韓国」と主張、日本人は「またか」とゲンナリ[05/12]

1日1クリックで応援してね→
本文を読む

1: LingLing ★ 2017/04/17(月) 22:29:25.92
■「世界にK-ジョンイジョプキ広めよう」全国の愛好家200人、ソウルで誓い
(※ジョンイジョプキ=折り紙のこと、ジョンイ[紙]・ジョプキ[折り、折ること])

聨合ニュース(韓国語)

紙文化財団、「ジョイ・ジョンイ・JOY」スローガンのもと、春セミナー開いて

(ソウル=連合ニュース)ワン・ギルファン記者=「全世界に韓国のジョンイジョプキを広めましょう」

16日午前、ソウル奨忠洞(チャンチュンドン)、紙国博物館に集まった全国のジョンイジョプキ愛好家200人以上が、「韓流の次世代は『大韓民国ジョンイジョプキ』(K-Jongie Jupgi)になるだろう」とし、こう誓った。

彼らは、紙文化財団・世界ジョンイジョプキ連合(理事長ノ・ヨンヘ)が主催した「2017、韓半島統一と世界平和祈願、新たな未来を創造するコッカル(※頭巾のこと)祭り及び紙文化の春セミナー」に参加した。

紙文化財団・全国支部長とジョンイジョプキの指導者、そして愛好家らは同日の行事で、スローガンである「ジョイ・ジョンイ・JOY」を大きな声で3度叫んだ。このスローガンは、「ジョンイジョプキと紙文化の世界化宣言文」の冒頭に書かれている。

ノ理事長はあいさつの言葉を通じて「当財団は『K-ジョンイジョプキ』世界化のため、過去12年間で全世界18カ国に45の海外事務所を進出した」とし、「日本のジョンイジョプキである『オリガミ』に打ち勝つために、私たちのジョンイジョプキを懸命に世界へ知らせるのに先頭に立つ」と話した。

さらに、「紙の古語『ジョイ』は、現在と未来を先導することができる『楽しさ』、『喜び』を意味する英語の『JOY』と音が同じだ。ジョンイジョプキと紙文化から、楽しくてうれしい、互いに愛しながら美しくて平和な世の中を共に作っていこう」とし、「現在の『ジョンイ(※紙のこと)』が過去の『ジョイ』と一緒に未来をつなぐ『JOY』になれるように、もっと邁進する」と約束した。

ユ・インチョン元文化体育観光部長官は祝辞で「ジョンイジョプキから新たな韓流を創造する紙文化財団会員家族の皆さんに感謝と尊敬を表する」と激励し、「K-ジョンイジョプキの世界化を通じて、我が国の優秀な文化と歴史を地球村のあちこちに知らせてほしい」と呼びかけた。 (省略…)

AKR20170414119900371_01_i_20170416140203542

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

4968578i1: 閃光妖術(北海道) [EU] 2017/04/15(土) 18:29:47.55
韓国が桜の「起源」に固執する理由
Wedge 4/14(金) 12:20配信

 韓国の桜の季節は日本の東北地方と同じ時期、東京よりは1、2週間ほど遅れてやってくる。桜の時期になると毎年繰り返して話題に上げるのが、日本―韓国間の「原産地」論争だ。そうはいっても日本側での反応は薄い、というよりはさほど関心がないように見受けられる。これに対し、韓国側では、韓国=原産地説を否定でもしようものなら、まるで顔に泥を塗られでもしたかのように、ヒステリックで感情的な反応を示す。桜の「原産地」だということへの執着は日本人の比ではない。この執着心はどこから生まれたのだろうか?

 実は、桜の原産地が韓国だという主張は1950年代にも存在した。しかし、初期には一部による主張にとどまり、大部分の韓国人にとって桜は日本の花であり、日本を象徴する花だと考えられていた。それは、1945年に第二次世界大戦が終わり、日本統治から解放された韓国のあちらこちらで、韓国人の手によって桜の木が伐採されたことが何よりもはっきりと証明している。「桜=日本のもの」という認識があったからこそ、日本に対する反感を桜に向け、怒りをぶつけたのだ。

 また、戦後にも春になると喜んで「花見」に出かける韓国人たちの姿を見咎めて、問題提起をするような新聞記事も90年代までは何度も書かれている。日本文化である花見を楽しむ姿は目に余るという理由だ。

 美しい花をみて、それを楽しむという行動が批判を浴びなければならない理由はなんだろうか? 所属する国家が違い、民族が違ったとしても、美しいものをみて美しいと思い、それを愛でたいと思うのは人間の「本能」とでもいうべきものだ。

 終戦直後の韓国には、こういった本能的な喜びを素直に受け止めることすら罪悪視されるほどに強烈な反日感情が充満していた。美しいものをみても「敵の文化と象徴を愛でてはならない」と、美しいと感じる感情は強迫観念にも似た罪悪感のもとに押さえつけられなければならなかったのである。

 だが、この罪悪感はいつまでも韓国人の本能を抑え続けることができなかった。何処何処の桜が美しく咲き誇っていると話題になれば、人々は吸いつけられるかのように桜を見に出かける。近年では全国各地の自治体が観光客を誘致しようと観光地化を推し進め、競うように桜の名所と宣伝し始めた。このような風潮に対して、「韓国の花もいろいろあるのに何で日本の花?」、「日本文化の真似だ」といった懸念の声があがったことは言うまでもない。

 これに対し、これらの懸念をきれいに払拭してくれる主張が登場したのだ。それこそが「桜の原産地は韓国である」という主張だ。つまり、日本の象徴であり、日本の花だとして知られていた花は実は韓国原産である、という主張は、桜を好み、愛する韓国人達を罪悪感から救い、強迫観念から開放してくれたのだ。今や自制する必要はなく、日本の目を気にする必要もない「名分」を得たのである。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00010005-wedge-kr


元スレ:・【桜は日本じゃなく韓国の花なんです】韓国が桜の「起源」に固執する理由判明へ

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★2017/04/08(土) 20:41:54.99
■王桜本籍地は日本ではなく済州…
中央日報(韓国語) 4月8日

※ハングルで「王桜」と「ソメイヨシノ」が使い分けられている記事です。

・五十歳鎮海王桜の「自己紹介書」 

私は慶尚南道昌原市鎮海区餘佐洞余佐川(1.4キロ)周辺に住んでいる。名前は王桜。年は40~50年になった。

余佐川周辺に6000本以上(鎮海全体36万本)がある。春には国内外の観光客300万人が私の花を一目見ようと集まって来る。

2015年、米国CNN放送は「韓国で必ず訪れるべき50ヵ所」の一つに挙げた。(中略)

満開の桜は文字通り「花宮殿」を作り上げた。4日、慶南昌原市鎮海区余佐川周辺ロマンス橋から花見客が満開の桜を背景にカメラに思い出を盛り込んでいる。鎮海軍港祭期間に毎年国内外の観光客300万人が集まってくる。[ソン・ボングン記者]
0002703135_001_20170408072252430


私の花は3月末に済州島をはじめに、南海岸に上陸して北上して行き咲く。4月上旬・中旬、全国どこでも華やかな姿を見せる。

桜は王桜のほかに、寺院・野山に多くオルボッナム(※早生桜、日本名エドヒガン)・サンボッナム(※山桜、日本名オオヤマザクラ)など国内に20種以上、世界に200種以上がある。

ところでこの頃、私の国籍をめぐっての話が多く、癪に障る。 私が日本から来た桜というのは誤解だ。

結論から言えば、私の本籍は済州島だ。王桜の自生地が全世界的に済州だけだからだ。

済州道西帰浦市新礼里と済州市奉蓋洞には、天然記念物に指定された私の先祖(100~200年以上の王桜の木)6本がある。

昨年発見された樹齢265年になる済州、王桜の木。[ソン・ボングン記者]
0002703135_002_20170408072252441


・王桜の自生地は日本にはなく済州だけ
・日本が済州島から王桜を持って行き繁殖
・1901年、日本人学者が世界初の登録
・日帝強占期に韓国の所々に再び移し植えた
・解放後(戦後)、倭色の是非をめぐって多くが伐採
・1960年代から「私たちの王桜」を拡散させた

なぜ、私が日本の木という誤解を受けるのか。

日本の東京大学植物学者・松村任三教授が1901年、王桜の日本式名である「ソメイヨシノ(染井吉野)」の学名を「プルヌス・エドエンシス・マツムラ(Prunus yedoensis MATSUMURA)」として、日本植物学会誌に最初に登録したことがきっかけだった。

エドエンシスは日本のエド(江戸・東京)から、マツムラはジンゾウの名前から、それぞれ取った。
>>2以降につづく)

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: ダース・シコリアン卿 ★2017/03/28(火) 18:38:30.41
日本各地や韓国南部の地域で桜の開花が続々と観測される中、韓国で「100年以上に及ぶ桜戦争」が注目を集めている。20世紀初頭から続くという、桜の原産地をめぐる論争のことだ。

韓国・聯合ニュースなどの報道によると、日本と韓国をまたぐ論争は1908年4月、布教活動をしていたフランス人宣教師が、韓国南部の島・済州島(チェジュド)で「王桜(韓国語でワンボンナムまたはワンボッコ)」と呼ばれる桜が自生しているのを発見したことに始まる。

この時、宣教師から王桜の標本を送られたドイツの植物学者は「日本の桜ソメイヨシノと同一品種」との鑑定を下したが、その後、日本の植物学者らは「記録に残っているのみで実物の王桜の自生が確認されていない」との理由で、こうした判断を受け入れなかったという。

一方、韓国の植物学者らは「王桜の野生種が日本にはなく済州だけで見つかった」と記録にあることを理由に「王桜の原産地は済州であり、日本に渡ってソメイヨシノとして広がった」との仮説を主張、「日本にも王桜の自生種があったが時代を経てなくなった」とする日本の学者らと対立することになった。

この論争に一定の結論が出たのは62年4月、韓国の学者らが済州島で王桜の自生地を発見し、「済州こそが王桜の原産地」と宣言した。また、2001年4月には韓国山林庁の研究チームがDNA鑑定を行い、「日本の王桜の原産地は済州の漢拏(ハルラ)山である」と発表した。

さらに記事は、昨年5月に済州の山中で史上最高齢の自生王桜が見つかり、「済州が世界唯一の王桜の自生地」であることが改めて確認されたと伝えている。

こうした報道を受け、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられているが、

「わあ、感動的。例えるなら、ワールドカップで優勝したくらいの快挙では?ドゥー・ユー・ノウ・ワンボッコ?」

「やっぱり済州島は韓国の宝だね」
など喜ぶ声がある一方、

「何百年も前からある王桜を去年やっと見つけたとは、まったくみっともない」
「原産国らしくきちんと管理してよね」
と、自国の桜に対する意識を反省する声も目立つ。

また、
「日本はちっぽけなものでも他人のものを自分のもののように大事にして商品化するのに対し、韓国は持ってるものすら粗末に扱って後悔し、日本や米国のものをまねしている」
「韓国はいつも奪われた後で騒いでばかり」
と嘆くコメントや、

「韓国が原産地でも何にもならないよ。全世界で日本の桜として知られてるんだから」

「きれいな花は、ただきれいだとめでればいいんじゃないの?」
と冷めた意見もあった。

写真は韓国の桜並木。
20170328-06589120


Record china  配信日時:2017年3月28日(翻訳・編集/吉金)
http://www.recordchina.co.jp/b173602-s0-c30.html


寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: ダーさん@がんばらない ★2017/03/28(火) 08:42:48.25
〈奪われた朝鮮文化財・なぜ日本に 38〉「上代文化の故郷」と感傷に浸る学者ら
朝鮮新報 2017.03.25 (09:00)

「百済の扶余を見ずして日本文化を語るなかれ」

日帝時代に京城帝国大学予科教授だった近藤時司著書の「史話伝説~朝鮮名勝紀行」の序文には次のように書かれている。

朝鮮半島は、わが国上代文化の母である。印度や支那の早くから発達したる文物は、おおむね半島における百済、新羅、高麗の諸邦を通じて輸入され、儒教も、工芸も、美術もわが国はおおむね先ず半島から植え付けられた

▽百済王朝最後の首都、扶余にある宮南池。当時の栄華をしのばせる
th_big_158659


以下ソース

http://chosonsinbo.com/jp/2017/03/sinbo-j_170327/


元スレ:・【朝鮮新報】「朝鮮半島は上代文化の母。儒教も、工芸も半島から植え付けられた」…扶余を見ずして日本文化を語るなかれ[03/28]

1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: LingLing ★ 2017/03/26(日) 15:52:36.71
王桜花100年論難「済州が真の原産地」
世界唯一自生地…煤煙・剪定で桜並木の樹齢減り「対策必要」

(済州=聯合ニュース)ピョン・ジチョル記者=済州の王桜祭りが五日後に迫った。

20m近くになるすらりとした王桜の木から豊かに咲き始めた桜の花でトンネルを成した祭り会場は、時折雪のように舞う花が幻想的な景観を作り出す。

世界唯一の王桜の自生地、済州。

学界の遺伝子分析と相次いで発見された自生王桜の存在だけで、100年以上続いた原産地論争を鎮静化させるには十分だ。


▽満開の南方の王桜[連合ニュース資料写真]
PYH2013032908130005600_P2_20170326090502944

◇王桜の原産地は「済州」
昨年5月に済州山間で最高齢の自生王桜が発見されて話題になった。

海抜607mの高さの済州市奉蓋洞ゲオルムの南東側斜面で、樹齢265年になる王桜の木が発見されたのだ。

木の高さは15.5m、根元周りは4.49mもなり、今までに知られた王桜の中で最大の大きさだ。 この木の年は木片を抽出・分析して推定した。

これまで知られた最大かつ最古の王桜は、天然記念物159号「奉蓋洞王桜自生地」の3本のうちの一本だ。この木は高さ15m、根元周り3.4m、樹冠幅15m、推定樹齢200年だ。

最高齢の王桜の発見は、桜をめぐる韓・中・日の原産地論争で済州道が唯一の王桜の自生地であることをもう一度確固たるものにした快挙だった。


樹齢265年、済州にある王桜の風采(済州=聯合ニュース)
済州市奉蓋洞ゲオルムで発見された樹齢265年、王桜の木。2016.5.3[暖帯・亜熱帯研究所の提供]
PYH2016050302740005600_P2_20170326090502952

王桜の原産地論争は今から100年以上前にさかのぼる。(>>2以降につづく)

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009136377
 

寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: LingLing ★2017/03/24(金) 23:58:41.34
春の香りを担う時間
カトリック大学報[297号](韓国語)

▽西帰浦市新礼里に咲いた王桜(写真、済州観光公社ブログ提供)
2146_1487_3050

・どうして春を待っていますか

2012年に発売したジャンボムジュンの『桜エンディング』が、再び音楽チャートに登場した (MelOnリアルタイムチャートの2017年03月11日21:00時基準55位)

 
SNS上では桜の開花時期を知らせる投稿でお互いに呼びかけ合い、一緒に花遊び(花見)に行くことを約束する。ときめきを代表する季節であるだけに、春を待っている人が多い。 (中略)

・桜を正しく知る

春の始まりを知らせる3月が終わる頃、道を歩いてみると、通りには風に合わせて桜の花が舞い散っている。駅谷(ヨッコク)駅から降りて学校まで続く道にも、桜の花が重なっている。ポッサゴル(桃の花が沢山咲くという由来の町)の名前が色あせない。

ちょうどその頃になると、隣国日本では全国的に桜祭りが始まる。人々は酒と美味しい食べ物を用意し、花を観賞しながら宴会に興じ、本格的に花見を楽しむ。昼夜を問わずに木の下に敷物を広げて遊戯を楽しむ規模が大きいせいなのか、多くの人々がが桜を日本の国花と認識している。しかし、日本は国花を定めておかなかったという事実をご存じだろうか?

日本の象徴とも言える桜の原産地はまさに我が国済州島だ。

済州島の漢拏山(ハルラサン)で自生したことが発見された王桜は、起源について様々な説があったが1933年4月、京都帝国大学の日本の小泉源一博士が漢拏山南方の樹林で王桜の木を見つけ出し、厳然たる生息地として認められた。

済州島が王桜の自生地であることが明らかなのに、その生息地と起源について互いに相反する意見が長く申し立てられてきたのは、漢拏山に分布する王桜についての調査が総合的に行われたことがなく、主に外国人たちによって断片的に調査されたからだ。

桜の花は韓国人より日本人がより愛してる花という認識が成り立っているが、少なくとも桜が日本の花だという誤った常識を正す必要がある。

寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-36-04-7351: ダーさん@がんばらない ★2017/03/03(金) 16:53:15.30
日本は私たちが海を渡って作った新しい国だった

イヨンカン韓国無形文化遺産陶磁器名工

一年の間、夏場を除いては、3季節のほとんどが北西風が吹く韓半島の特性上、東海岸の江陵、三陟、浦項などで船が漂流すると、日本の西海岸に到着して、釜山近海で流されていくと、福岡近海に着く、済州島で時化に会えば琉球(沖縄)に到着する。このような理由から、先史時代から多くの韓半島人が今の日本に渡って住むようになるが、日本列島の民族構成は、大きく三つに分けられる。

第一は大陸が列島と繋がっていた古代の移住と、氷河期に凍った海を渡って住むようになった韓半島地域の北方渡来人と、第二に南方地域の海洋文化を持った勢力の北上で主流が構成され、白ロシア系のアイヌ族が勢力的に位置している。本格的に大規模な人員が渡日することになる歴史的な出来事が百済の時だろう。

2010年12月23日、明仁日本国王は新年の演説でこう言った。 「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じています。」ここで言及した明仁日本国王の言葉のように、日本の王室は百済系から来たという事実を教書を通じて告白したわけである。

桓武天皇の母である華氏夫人が百済人というのは、よく知られた事実である。華氏夫人の父は、倭の王室で「百済祖神」という官職を務めたファサウル ギェで彼は百済武寧王(501~523年)の直系の子孫である。この内容は「続日本紀」に記録されており、韓日の歴史学界がそのまま認めている。

武寧王はまた、日本で生まれたことで有名だが、その理由は西暦475年に高句麗の長寿王の奇襲攻撃を受けた今の漢江流域に漢城百済の蓋鹵王が戦死する前に、急いで弟の昆支を呼んで臨月になった王妃「ヘラソファ」を連れて日本に避難させて、大阪難波に向かう途中、北九州の加唐島で出産することになり幼名をドグン(嶋君)とし、倭国から再び百済に連れてきて育っている。

熊津に遷都した百済は文周王、三斤王、東城王が順番に王位に上がるが王道遷都の混乱と貴族勢力間の軋轢にいずれも疑惑の死を迎えることになって、不惑の年に武寧王がその後を継いで25代百済王に即位することになるのである。そして660年31代義慈王ときの百済滅亡の際、5万人の人員が日本に渡って行くことになるが、流民の首長として後日38代天智天皇になる人物で、中大兄皇子が今の京都の近く近江八幡に率いて定着することになる。

このような歴史的事実で見たとき、日本の王室と貴族勢力の大半が韓半島から渡ってきた渡来人で構成されていたという事実の成り行きが注目されるところである。彼らはいつも祖国を懐かしがっており、そのような詩と歌は「万葉集」にそのまま盛り込まれている。推測すると、そうした遺伝子がエディプス的なコンプレックスに作用して、いつも領土侵奪の野望に変形して現れるのではないか、そして壬辰倭乱を起こし乙巳条約で朝鮮併呑を敢行したのだろうと類推してみる。

912789_362995_5416

ソース:将忠清日報 2017.03.02 17:53:19(機械翻訳)
http://www.ccdailynews.com/news/articleView.html?idxno=912789


元スレ:・【韓国】日本は私たちが海を渡って作った新しい国だった[03/03]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →  
本文を読む


このページのトップヘ