パクリ・起源捏造

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US]] 2018/01/19(金) 12:04:27.68
ゴゴ通信 2018/01/19 11:59:26

チョコレートチップや生チョコレートで有名な北海道の企業、ロイズ(株式会社ロイズコンフェクト)。特に生チョコレートは口の中に入れるだけでとろけるような食感が人気で、大量に買っていく人も多い。

しかしこの商品に激似の商品が韓国に登場したのだ。韓国の大手製菓メーカー、オリオンが『Market O(マーケットオー)』の別ブランドとして発売すると16日に発表。オリオンは「1年間の準備の末『Market O 生チョコレート』を発売する」とコメント。


オリオン(偽物)
no title

ロイズ(本物)
no title


しかしこれを見た消費者の一部は、「盗作ではないか?」と問題視しはじめた。パッケージや中に入っているチョコの配列までロイズの生チョコレートにそっくりなことが判明。

一部では「ロイズの生チョコレートを正規で輸入したと思っていたが偽物だった」という声も挙がっている。

オリオンは2009年に山崎ビスケットが発売した『エアリアル』をコピー、今年は「1年間の準備の末」と言いながらも出てきたのはコピー品であった。

http://gogotsu.com/archives/36362

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

png1: LingLing ★2018/01/17(水) 20:07:09.36
[Yスペシャル] 韓国ジョンイジョプキ、オリガミと「マッチャン」(※「一対一の戦い」を表す俗語)
 
(ソウル=聨合ニュース)イ・セヨン記者

日本のジョンイジョプキ「オリガミ」は、一枚の紙を折って色々な形を作る遊びとして、既に全世界的に知られている。

しかし、我が民族も固有のジョンイジョプキ文化を発展させてきた。1千年以上伝わって来た伝統のジョンイジョプキは、その形態と完成度においても日本のそれに決して劣らない。相対的にあまり知られていない点が残念だ。


財団法人紙文化財団(理事長ノ・ヨンヘ)は、海外各地で誇らしい私たちの文化であるジョンイジョプキを教えている。ジョンイジョプキが、人類和合の大きな基礎を構築するという哲学からである。

紙は外部と遮断する役割を持ちながら、環境に応じて柔軟に動く疎通が可能な素材だ。丈夫な繊維質の間から光を透過させて、空気を疎通して湿度を調節する紙の特徴は、折り文化でもよく現れている。 紙は、私たちの生活と離れられない特別な「オブジェ」だ。

三国時代から下って来た我が国のジョンイジョプキは、宗教的な意味から生活の中の奥深い部分にまで私たちの生活と繋がりを持っている。巫俗では三神帽子折りがある一方、仏教では紙の煙燈があり、儒教では祭祀を行う地方の折りがジョンイジョプキ文化と連携している。

生活の中でも、紙文化は多様だ。紙筒、筆筒、茶卓、帳、針箱、礼物箱に至る紙工芸品から扇子、福巾着、色糸箱、シルチョプ(※厚紙で作った裁縫箱)など日常生活用品にまでジョンイジョプキは広く利用されてきた。

幼い時から代々継いできたジョンイジョプキ遊びも、私たちには慣れ親しんだ文化だ。そんな風に続いて、全世界には韓国のジョンイジョプキ熱風が吹いてきている。

「ジョンイジョプキで世界化を ジョンイジョプキで平和を」というキャッチフレーズで、紙文化財団と世界ジョンイジョプキ連合は、米国、中国、モンゴル、フィリピン、ロシアなど22カ国45都市に支部を置いて韓国語でジョンイジョプキの授業を行なっている。


言葉が通じなくてもジョンイジョプキで一つになる文化の繋がりは、そのように世界へ向かっている。


ジョンイジョプキ財団理事長のノ・ヨンヘ氏は、「1987年から韓国紙文化復活再創造運動を始めて、ジョンイジョプキ講師を30万人輩出して、ジョンイジョプキが韓国内では生活文化として定着したが、私たちの紙文化として優秀性を世界に知らせるため、海外に出てジョンイジョプキ世界化運動を展開している」と話した。

彼女はまた、「韓半島平和統一と世界平和を祈願するコッカル8千万折り集め運動も、ジョンイジョプキの世界化と共に展開している」として、フォーラム開催の意向を明らかにした。

ノ理事長は、「言語疎通の必要性を強調させないジョンイジョプキを世界を一つにまとめられる特別なパフォーマンスとして発展させるように、世界の舞台に向かって走って行く」と抱負を添えた。


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ばーど ★ 2018/01/16(火) 12:57:45.88
配信01/15 18:12  FNNニュース

フィリピンの首都マニラから、およそ80km離れた町アンヘレス。歓楽街の中に、日本人にはおなじみの「ファミリーマート」がありましたが、実はこの店、「偽ファミリーマート」でした。

詳しくはソース先の動画で
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00381965.html

043f2db0-s

092573fc

c37870fe-s

19d6ce8f-s

894d6e27-s

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★ 2018/01/12(金) 21:18:22.53
「東アジア鍼術、韓半島北部の豆満江(トゥマンガン)流域で始まった」
朝鮮日報(韓国語)

・考古学者カン・インウク、韓医学者チャ・ウンソク
・小営子遺跡から出た骨鍼と石鍼、治療用「鍼」の初期形態として結論出し
・「中国より先んじた鍼術文化あった」

東アジアの鍼術伝統は、『韓医学の本郷』で知られている中国ではなく、韓半島北部の豆満江流域から由来した可能性が大きい。その鍼術を使用した人々は沃沮の先祖で、以降、鍼術伝統は高句麗へと継承された。」

考古学者カン・インウク(48)、慶熙(キョンヒ)大学史学科教授と韓医学者チャ・ウンソク(48)、慶熙大学韓医科大学医史学教室教授は最近、大韓医史学会発行の国際学術誌「医史学」57号に、このような内容を含んだ論文「延吉小営子出土遺物の本東アジア針具類の起源」を発表した。

豆満江付近の小営子遺跡は、1938年京城(キョンソン)帝国大学教授藤田亮策の主導で発掘された紀元前12~9世紀の青銅器時代の墓だ。骨鍼(長さ9~21センチ)と石鍼(12~18センチ)など、殆どの鍼種類の主要遺物が現在ソウル大博物館に残っている。 カン・インウク教授は、藤田がソウルに残した写真や報告書を整理する作業を引き受けて2009年に終えた。彼は作業途中、妙な気がしたという。 「最初はその遺物が、(※紡織用の)針だと思いました。ところが針穴もなく、当然周辺から出るはずのバンチュチャ(糸を紡ぐ時に使う道具)のような遺物もなかったんです。」

▼カン・インウク(左)教授とチャ・ウンソク教授が、豆満江流域小営子遺跡から出た鍼遺物の写真を見せて、その意味について説明している。 /チャン・リョンソン客員記者
no title
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

ure_21: LingLing ★2017/12/29(金) 22:43:51.96
[発言台]私たちの誇り キムパプ(※1)を世界の簡易食へ
朝鮮日報(韓国語)

(※1)キムパプ…キムは「海苔」、パプは「飯」=「海苔巻き」のこと。

世界人の食生活パターンが変わっている。 簡易食が一般化している傾向にある。 手の中に入る簡易式、つまり「一握り食」も流行している。簡易食は、西洋にはハンバーガーやサンドイッチがあって、我が国にはキムパプが既に三国時代の食単(※献立)に現れたという。簡易食はさらに発展するので、私達はキムパプの多様化と普遍化に注目する必要がある。キムパプは「ポッサム」から由来されたとも言われて、日本のキムチョパプ
(※2)が起源という意見もある。

(※2)キムチョパプ…キムは「海苔」、チョパプは「酢飯、寿司」=日本の「海苔巻き」を指す。

とにかく、文化的交流によって今のキムパプになっており、今後も様々な組み合わせで消費者の選択を待ちながら進化するだろう。

キムパプの最大の長所は、時と場所を問わず手軽に空腹を満たしてくれて、「特別な間食」としても好感度が高い点だ。海苔とご飯に、主材料もほうれん草・ニンジン・キュウリ・タンムジ(※たくあん)などの野菜類に、牛肉・ハム・オムク(※かまぼこ)・卵などが追加されて、栄養面でも一食の食事として遜色がない。三角形や四角形など形も多様化し、軽く食べる個別食も出現している。 サンドイッチやハンバーガーが世界食品になったように、キムパプも世界人の簡易食として定着化することができる。 特に、西欧人に馴染みのない海苔が健康食として知られて、好感度が高まっている。 コメが主な材料であるから、セリアック(小麦粉グルテンアレルギー)の心配もない。

しかし、世界食品化するためには、いくつかの先決課題がある。 まず、最適の米を選択しなければならない。 バラつき度が低い飯粒があるほど、咀嚼性が良い。 第二に、海苔の吸湿性を最小化して崩れないようにしなければならない。 第三に、保存性のために非熱処理手法が必要である。夏4時間、その他7~8時間程度である便宜食品の賞味期限を増やす研究をいう。 第四に、バランス栄養を強みとして掲げるために、栄養素の調和を図らなければならない。 最後にキムパプ流通に最適な包装材の開発と印象的なデザインも必要だ。

キムパプは、韓国の長い歴史を元にした優れたストーリー・テリングも可能だ。キムチやプルコギなど、既に世界食品化された品目にキムパプを加えると、いよいよ私たちの韓食が副食のレベルを超えて、主食の領域にまで浸透するきっかけになるだろう。

[シン・ドンファ全北大学名誉教授]

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003340906
 

関連
【グルメ】韓国のり巻き(キムパプ)がロンドンで大人気、行列も=韓国ネット「問題は、外国人が日本料理と勘違い」[6/22]
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1466567003/


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★ 2017/12/26(火) 22:47:00.27
[企画]「Gimさん、韓流をよろしく!」-錨上げ「1兆輸出」(上)
トゥデイコリア(韓国語)

韓国キム、日本より少なくとも1200年先に登場…アジア越え欧米でも成功的定着


※キム=「海苔」のこと。

[トゥデー・コリア=オジュハン記者] キム。英語で「キム(Gim)」、日本語で「ノリ」と呼ばれるこの紅藻植物の輸出が全盛期を迎えている。全世界、キムの中でも断然最高品質として認められている韓国キムの輸出量が、昨年3億5千万ドル(約3780億ウォン)に到達した今、もはや「1兆ウォン輸出」も不可能ではなく現実に迫っている。

12月6日、海洋水産部・韓国海洋水産開発院(KMI)は、2024年まで「キム輸出1兆ウォン時代」を達成すると宣言した。 韓流の風に乗って、海藻類の摂取をタブー視した西欧圏でも「韓国キムブーム」が吹いて、輸出が毎年急増したことによる自信感だ。

国内のキム輸出量は、2016年3億5千万ドルから今年約5億ドル(約5400億ウォン)まで増えた。 有名なハリウッド俳優ヒュー・ジャックマンの娘がキムを間食する姿が公開されるなど、西欧圏の「韓国キム愛」は既に普遍的現象となった。その名称から、「Gim(キム)」「Gim-gui(キム焼き)」など韓国風に表記するほどだ。

韓国人の食卓から世界人の食卓に進出したキム。本企画では韓国キムの過去の歴史と現状を探って、「1兆輸出時代の達成」の可能性を診断したい。


▼見ただけで温かいご飯一膳を思い起す韓国の調味海苔。
26d0f66da368a4151176d5ff3e640f2a_AKBcMcnU2RpZ7BUMSDPVm5Vjb


<「キム料理」の発祥地、韓国>

韓国は全世界の「キム料理」の発祥地である。三国遺事には、新羅21代王であるショウ知麻立干(在位479~500年)時代に既にキムを食べたという記録がある。

我が国と同じく主要キム消費国である日本ですら、18世紀前半から中盤頃の江戸時代になってようやく、キムが記録に初めて登場する。我が国は日本より少なくとも1200年先立ってキムを食べ物にし始めたわけだ。

「キム」という名称は1640年、最初にキム養殖に成功したキム・ヨイク(1606~1660)先生の姓に由来したという説がある。全羅南道光陽には現在、彼が初めてキムを養殖した場所であるキムの始殖址がある。 全羅南道はここを記念物第113号に指定して管理している。

最初の発祥地だけあって、韓国キムは世界最高の品質を誇る。特に日本で韓国キムは、通常のアイドルグループを凌ぐ旋風的な人気を集めている。 仁川空港などでは、両手いっぱいに韓国のキムを沢山持って出国する日本人の姿を見つけることは難しくない。 韓国人が日本人にあげる最高のプレゼントは韓国キムという言葉もある。 続く

ソース トゥデイコリア(韓国語)
http://www.todaykorea.co.kr/news/view.php?no=250194

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★2017/12/22(金) 23:19:06.32
■クリスマスツリーの故郷は済州?!
東亜サイエンス(韓国語)

年末になると町の各地で煌めく装飾が施されたクリスマスツリーが見られる。よく目にする人工クリスマスツリーは針のように細くて濃いグリーンの葉をびっしりと有する円錐形の木だ。

このようなクリスマスツリーの実際のモデルは、驚くべきことに我が国の漢拏山が故郷である「クサンナム※」だ。
(※チョウセンシラベ、朝鮮白檜。以下、「チョウセンシラベ」とします。)

no title

実際、チョウセンシラベは世界的にクリスマスツリーとして最も多く使われる木だ。親戚といえるジョンナム(※Abies holophylla)と比較して背が低く、葉が所狭しと育って観賞用に適している。チョウセンシラベは1920年、英国の植物学者ヘンリー・ウィルソンによって伝えられた。ウィルソンは、漢拏山で採集したチョウセンシラベの標本を分析して、既に知られているものとは全く異なる「新型」であることを突き止めた。それで、チョウセンシラベの名前は英語で、「Korean fir(韓国モミの木)」と、学名は「Abies koreana E.H.Wilson」だ。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/24(日) 15:26:57.71
「韓国と日本は兄弟国家」を確認した静岡
中都日報(韓国語)

韓国と日本の大学生が「考古学」を主題に交流して深い友情をわかちあった。農耕文化に基づく「兄弟国家」であることを再確認し今後の交流継続を約束した。

忠清南道(チュンチョンナムド)・静岡県考古学関係者友好交流実行委員会は23日、日本の静岡県静岡市登呂博物館で「韓日(忠南道・静岡県)考古学学生会議」を開催した。静岡県と静岡県考古学会、国立大学法人静岡大学人文社会科学部、静岡市、韓国伝統文化大学校が共同主催した。

今回の学生会議は中山誠二、山梨県教育委員会埋蔵文化財センター所長の「韓日穀物農耕の系譜と起源」講演を始め両地域の学生発表および討論から構成された。韓国伝統文化大融合考古学科と静岡大人文社会科学部の学生たちは「忠南道と静岡県、それぞれの農耕成立と地域性」、「松菊里遺跡(忠南)と登呂遺跡(静岡)の保護と活用」に対する具体的な議論を行った。

講演で中山所長は「日本は紀元前8世紀頃に稲作とアワ・キビ複合農耕が韓半島から伝わり、弥生時代の農耕社会が形成された」とし、「家族関係で表現すれば韓国と日本は兄と弟のような関係」と力説した。

23日、静岡県登呂博物館で開かれた「韓日考古学学生会議」韓国と日本の学生代表が共同宣誓している。
no title

no title

no title

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: LingLing ★2017/12/21(木) 23:17:10.18
■キムパプ(※キムは「海苔」・パプは「飯」=「海苔巻き」のこと。)、プレミアム市場へ拡大されるまで
Money S(韓国語)

キムパプの由来を甘く見るべきでない。

キムパプは私たち固有の「ポッサム」という風習から由来したという説と、日本の食品である「マキ」に由来するという二つの説がある。


自生文化説としては、三国遺事に記録された海苔食用の記録と、小正月にポッサムを食べた記録が根拠だ。

▼キムパプ
no title

小正月節食の一つであるポッサム
※ポッは「福」・サムは「包み」。
no title

三国遺事によると、新羅時代から「キム(※海苔)」を食べたといわれ、小正月に「ポッサム」を食べる風習があったという。ポッサムは、炒めたチュイナムルとご飯を白菜の葉や海苔で包んだ料理で、チュイナムルと五穀飯を混ぜて海苔で包んだ食べ物がキムサムだが、福を包んで食べるという意味だ。

食品外食オンライン専門メディアである「食卓ニュース」が紹介する「キムパプ、それが知りたい」によると、キムパプは1990年代に入ってキムの大量生産が可能になり価格が安くなって、キムパプ専門店が一つ二つと増え始めたと伝えた。

関連資料は、粉食とキムパプ専門店が増加して購入する消費者も次第に増えていき、安いながらも簡単で栄養を兼ね備えた一食として登場したことで、1990年代後半に入りIMFの金融危機で小資本創業が可能なキムパプ屋の数字は、一層増加したという。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★2017/12/20(水) 21:28:52.96
■ジョンイジョプキ(※Jongie Jupgi、韓国の「折り紙」のこと。)がテコンドーに会えば…「シナジーで韓流熱風続いて」

(ソウル=聨合ニュース)カン・ソンチョル記者

紙文化財団(理事長ノ・ヨンヘ)と、テコンドーコンテンツ研究所(所長ホン・ソンジュン)は、テコンドーとジョンイジョプキを融合して、海外に韓国文化コンテンツを知らせるキャンペーンに乗り出すことにしたと20日、明らかにした。

同日午前、ソウル市中区奨忠洞の紙文化財団で、海外テコンドー普及の現場で韓国伝統ジョンイジョプキを広報するパフォーマンスを展開することで互いに約束した。

テコンドー大会や関連行事に紙文化財団の講師を派遣して、ジョンイジョプキの試演などをすることにしたのだ。両機関は、来年初めに正式な業務協力約定(MOU)を締結して、「韓国文化コンテンツ、知らせる」キャンペーンを展開することにした。

▼ノ・ヨンヘ理事長(左)とホン・ソンジュン所長
no title

12月16日、京畿道城南市城南産業振興財団キンスタワーで開かれた「2017全国大学テコンドー学科のスタートアップカンファレンス」では、テコンドーとジョンイジョプキの協力を通じた海外進出に関する講演やパフォーマンスが行なわれた。
no title


ノ・ヨンへ理事長は、「日本は早くから『オリガミ』を掲げ日本文化の世界化を早めて、中国の『剪紙』はユネスコ世界無形文化遺産に登録されるほど認められている」とし、「我が民族の魂が込められた文化遺産を伝播するために、既に世界で知られているテコンドーを活用すればシナジー効果を発揮して、韓流熱風を続かせることができるだろう」と展望した。

ホン・ソンジュン所長は、「『オリガミ』より歴史が古い韓国のジョンイジョプキは、誰でも簡単に接することができ青少年の知能の発達と情緒の育成に役立って、テコンドーと似た点が多い」とし、「オリンピック正式種目に採択されるほど世界人の愛を受けたテコンドーと連携すれば、ジョンイジョプキを海外へ普及させることを容易にする」と明らかにした。
 

両機関は、これに先立って16日、京畿道城南産業振興財団キンスタワーで、京畿道テコンドー協会(会長キム・ギョンドク)と一緒に、「2017全国大学テコンドー学科のスタートアップカンファレンス」を開催した。

イ・ボン国技院研究所長、テコンドー選手出身の俳優イ・ドンジュン、全国大学のテコンドー学科の学生や道場などの200人余りが出席した同行事で、キム・ヨンマン紙文化財団の生涯教育院長は、「テコンドー、その希望を紙飛行機に込めて飛ばそう」という主題の講演とパフォーマンスを行って拍手喝采を受けた。

キム会長は、「テコンドー普及拡大のためには多様な韓国文化との協業が重要だ」とし、「テコンドーとジョンイジョプキの出会いは、日本の空手とオリガミを制圧する相乗効果を出すだろう」と期待した。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0009763275

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: LingLing ★ 2017/12/18(月) 21:16:51.34
■日本ブドウ専門家招請「青ブドウシャインマスカット」教育反応熱く
400人あまり参加、農業教育館大講堂熱気いっぱい

中部通信ニュース(韓国語)

[中部ニュース通信] 慶山市は、ブドウの主流を成しているキャンベルアーリーとMBA、巨峰の代替品種として近頃脚光を浴びている青ブドウ「シャインマスカット」の早期普及と栽培技術の定着に向けて、日本のブドウ専門家であるアズキザワ(元)島根県果樹研究所長を招いて、ブドウ栽培技術教育が行われ農業者から好評を得た。

 
「青ブドウ シャインマスカット」教育
191035_164969_2018


14日、農業技術センター内農業人教育館大講堂で行われた今回の教育は、慶北農業技術院と慶山市の共同主管で、管内ブドウ農家だけでなく近隣の慶州、永川、清道など南東部の農業者400人余りが参加するなど、シャインマスカットの栽培に対する地域のブドウ栽培農業者たちの高い関心を確認することができた。

青ブドウシャインマスカットは、糖度が高く香りが良いだけでではなくサクサクした食感に加え、種がなく皮ごと食べられる消費者の選好度が高い優秀な品種で、全国のブドウ主産団地の市郡を中心に栽培面積が大きく増えていて、 慶山市の場合でも現在までの栽培面積が約60ha程度で、現在15haの面積から収穫されていると推定し、来年の2018年には100ha以上に栽培面積が増加すると予想される。

農業技術センターのイ・ジェホン所長はあいさつで、「今年のシャインマスカットが、kg当たり10,000ウォン~15,000ウォンくらいの価格で高く形成されて、苗木の品薄状態が発生するなど農業者の関心が急増した」とし、「最近、消費者から大きな人気を得ているシャインマスカットブドウの栽培技術をしっかりと学んで、慶山ブドウの競争力を高めていこう」と話した。

http://www.jungbunews.com/news/articleView.html?idxno=191035

関連
【韓国】 「いちごは、育苗が最も重要」 日本人専門家が実用方法伝授、シンポジウム開催 ~慶尚北道清道郡[05/20]
https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1432105556/
【韓国】米国産黒ブドウが店頭に(写真)[07/21]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1500624442/
 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★2017/12/16(土) 21:44:05.75
■冬季 食べ物最強者は?…やはり「プンオパン(フナパン)」

-20~50代の男女2400人対象にアンケート調査
-続いて、クンコグマ>オムク>ホパン>ホットク… 

[イーデイリー、キム・ミギョン記者] 季節が寒い冬になると思い浮かべる食べ物がある。人々が選択した冬場の代表的食べ物は果たして何なのだろうか。

オンライン調査会社ピエムアイ(PMI)がアンケート調査プラットフォーム・ティリアンを通じて、20~50代の男女2400人を対象に「冬」というと真っ先に思い浮かぶ食べ物について尋ねた結果、25.0%が「プンオパン」が一番最初に思い浮かぶと回答した。冬が近づくと、「プンオパン」を売る露天商が一人、二人と店を開き始めている。最近では、小豆の餡が詰まっている「プンオパン」のほかにも、シュークリーム、コクマ(※さつまいも)餡、ピザ味、チョコなど多様な異色「プンオパン」も販売する。

プンオパン
no title
 
続いて、「クンコグマ(※焼き芋)」(17.5%)が入った。
ほかほかの「クンコグマ」は寒さを和らげるのにうってつけだ。 さらに、3位には熱い汁が印象的な「オムク(※おでん、または蒲鉾を指す事も)」(17.2%)が挙げられた。その次に、「ホパン(※蒸しパン)」(13.6%)、「ホットク」(11.2%)、「クンバム(※焼き栗)」(5.1%)、「ウドン」(3.7%)、「ケランパン(※たまごパン)」(3.5%)、カルグクス(3.3%)の順だった。

性・年齢別に見てみると、「プンオパン」は男性(14.9%)より女性(31.4%)からの回答比率が高かった。また、年齢が低いほど人気が高いことが分かった。 一方、「オムク」は女性(14.2%)より男性(22.0%)で好感度が高く、年齢が高いほど回答者の割合が高かった。今回の調査の標本誤差は95%信頼水準で±2.00%だ。

クンコグマ
no title

オムク
no title
 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/12/03(日) 22:54:32.71
文化.com(韓国語)

女性専門病院、ミズメディ病院で治療中のロシアの患者が28日、南山韓屋村「ウェルカム・トゥ・ミズメディパーティー」に参加して茶道体験をしている。

no title

http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2017092801071218067001

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/11/30(木) 08:53:52.61
2017年11月30日 07時10分  東スポ

カリフォルニア州にある独島寿司
no title

日本の「すし文化」が汚される――。韓国の国会は先日、毎年8月14日を、元慰安婦をたたえる記念日とする「慰安婦被害者生活安定支援法改正案」を本会議で可決した。国ぐるみでの“反日”行動が目立つ韓国では先日、トランプ米大統領訪問時の晩さん会で提供した「独島エビ」が物議を醸した。さらに米カリフォルニア州サンディエゴにはその名も「独島寿司」(Dokdo Sushi)なるすし店があり、とんでもないシロモノを出しているというから、もはや笑いごとではすまされない。

Dokdo Sushi
http://www.foodspotting.com/places/243244-dokdo-sushi-san-diego

独島寿司の経営者は、当然韓国系米国人だ。同州サンフランシスコ市に設置されている慰安婦像などをめぐって市議会は先日、像などの寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決。背景には韓国系の徹底的なロビー活動があった。今後、韓国系のロビー活動で、すしもねじ曲がった別物と化してしまうだけでなく、韓国発祥のものとなってしまうかもしれない。

ここ10年、西海岸を中心に韓国人や韓国系米国人経営による“ナンチャッテすし店”が急増中で、日本人経営の正統派すし店を駆逐し始めようとしている。
まだ、すしがそれほど世界的に認知されていない時代、韓国人は「生魚を手づかみで食う野蛮な日本の文化」として、嘲笑してきた。

しかし、欧米でヘルシーフードとして刺し身、すしが大ブームになると一転、「すしのルーツは韓国で明治時代に日本に伝わった」などというデマを吹聴し始めた。

韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「日本人からすれば、噴飯ものですが、欧米人の中には、すし=韓国起源説を信じてしまう者もいるから厄介です。しかも、韓国系の人は欧米で日本人になりすまし、店の雰囲気も日本風に擬態しているだけに分かりにくい。そこへもってきて、『Dokdo(独島)』という竹島(島根県)の韓国名を屋号に使い、竹島を韓国領であるとアピールしているのですから、猿知恵にしても悪質です。というよりもトランプ大統領の晩さん会に『独島エビ』を出すセンスと一緒です」

では、その独島寿司、どんなすしを出すのか。

但馬氏は「同店自慢のメニュー『熱いキスと熱い夜ロール』は、ごはんの上にネタを乗せ、毒々しい赤や黄色のソースをかけた奇怪な食べ物。これをすしだと言い張る厚顔さには、開いた口がふさがりませんでした。韓国ナンチャッテすし屋はどこも大同小異といったところでしょう」と説明する。

▼画像(1) 中央が熱いキスと熱い夜ロール
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/5/d/5d1f7a8e.jpg

▼画像(2)
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/7/0/70a29a2e.jpg

▼画像(3)
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/1/7/17272329.jpg

ここまでは笑ってすませられるかもしれないが、恐ろしいのは、衛生観念だ。(続く) 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★017/11/30(木) 23:33:30.61
■韓国式ジョンイジョプキは文化資産…世界化乗り出す
毎日経済(韓国語)

・上古時代から続く 「コッカル」 民族の魂込められていて
・中国はユネスコ登録終えて、日は 「オリガミ」でグローバル化…韓国も固有名声取り戻さなければ

 
※ジョンイジョプキ(Jongie Jupgi)=折り紙のこと。

<ノ・ヨンヘ紙文化財団理事長>
「テコンドーが日本空手を退けて世界的にテコンドー(Taekwondo)と呼ばれるように、ジョンイジョプキが日本のオリガミの代わりとなるのが最終目標です。」

30年間「ジョンイジョプキ」という大きな井戸を掘ったノ・ヨンヘ紙文化財団理事長が明らかにした覚悟だ。キム・ヨンマン紙文化財団生涯教育院長が「ジョンイジョプキおじさん」として知られているのなら、ノ・ヨンヘ理事長は「ジョンイジョプキ母」に近い。

ノ理事長にとっては、ジョンイジョプキは単純なジョンイジョプキを超える。ジョンイジョプキは、先祖の魂が込められた文化であるから、30年間根気よく続けることができた。

日帝強占期時代を経て、韓国のジョンイジョプキがほとんど消えてしまった。このような現実を残念に思った彼女はジョンイジョプキ保有国の名声を取り戻すことにした。

1989年ノ理事長が発足した韓国ジョンイジョプキ協会が出発点だ。彼女は「1987年、日本出張中にデパートでジョンイジョプキ展示会と体験教室に参加している家族を見てショックを受けた」とし、「帰国後、ジョンイジョプキ文化の勉強を開始して、韓国ジョンイジョプキを復活させると誓った」と述べた。

現在、日本のジョンイジョプキである「オリガミ」は、色紙製品名として世界に広く知られている。ノ理事長は、「日本はジョンイジョプキ宗主国ではないのに、一足先にグローバル化に成功した」と述べた。彼女は「紙は、紀元後(AD)105年、後漢の蔡倫が樹皮・麻布・竹・魚網などを利用して発明したと伝えられる」とし、「ジョンイジョプキも同様に、中国 - 韓国 - 日本の順に伝播した」と説明した。

その後、韓・中・日のジョンイジョプキはそれぞれの道を行った。中国の「紙切り(※剪紙)」は、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されて、日本は独自の伝統と文化を比較的うまく継承して、世界化に成功した。 >>2以降につづく
 
no title

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ