パクリ・起源捏造

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US]2018/05/17(木) 08:49:26.97
まさに愛と憎しみの『マジンガーZ』。韓国における日本のロボットアニメ人気とは?
慎武宏  | ライター/S-KOREA編集長 5/17(木) 7:03

本日5月17日から韓国で公開される日本の映画が、局所的な注目を集めている。映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』だ。

「帰ってきた“マジンガーZ”…おじさんたちの思い出の旅にぴったり!」(『東亜日報』)、
「マジンガーZが帰ってきた、もう一度人類を守るために」(『中央日報』)
などと韓国大手メディアが報じているように、一部のマニアたちの間ではかなり期待されているようだ。

近年、韓国で公開された日本のアニメ映画といえば『君の名は。』の大ヒットが記憶に新しいが、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が韓国でどのような反応を示すか興味深いところだろう。

それにしても、なぜ韓国でマジンガーZは有名なのだろうか。

実は韓国でも1975年8月から毎週月曜日にテレビ放送されていたのだ。

まさに愛と憎しみの『マジンガーZ』。韓国における日本のロボットアニメ人気とは?(慎武宏)

index

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180517-00085247/
 


2: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US]
“黒歴史”の因縁も

当時の韓国は日本の大衆文化が禁止されていた時代。そのため日本のアニメではなく、アメリカのアニメとして放映されていたとされている。

しかも、マジンガーZが韓国に与えた衝撃と影響はかなり大きかった。

韓国ではマジンガーZがアニメ放送された翌年の1976年に『ロボット テコンV』なるアニメが放送開始されているのだ。

この『ロボット テコンV』。マジンガーZとかなりソックリなことで有名だ。韓国では盗作疑惑にさらされ、テコンVの企画段階のタイトルが「マジンガーテコン」だったことなどが明らかとなり、韓国アニメ業界における“黒歴史”となっているほどだ。

前出の『中央日報』の記事では、「マジンガーZの影響で1976年にテコンドーと操縦型ロボットを結合した『ロボット テコンV』が誕生した」と紹介していたが、筆者の同世代の韓国人の中には、今でも『テコンV』が本家本元だと思っている者も少なくない。


しかも、同じようなケースは、サッカー漫画でもある。例えば『キャプテン翼』だ。


もともと『キャプテン翼』は韓国で不人気で同じジャンプ漫画でも『スラムダンク』とは対照的なほどだが、それは同じ頃にとあるサッカーアニメが韓国でヒットしていたことも無関係ではないだろう。

そのサッカーアニメのタイトルは『蹴球王シユットリ』。

KakaoTalk_20150120_221435780

ただ、実はこの『蹴球王シユットリ』も日本の漫画だったことを知らせると、多くの韓国中年男性たちが驚く。「テコンVにも日本のアニメを参考にしている」と教えると、複雑な苦笑いを浮かべる中年男性も多いのだ。

とはいえ、マジンガーZやテコンVは、その後の韓国におけるロボットアニメ人気の基盤になっているといっても過言ではないだろう。

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

png1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [ニダ] 2018/05/01(火) 22:43:10.47
【寄稿】日本の桜外交に対抗した李承晩
2018/04/29 05:01 朝鮮日報

韓国の鎮海軍港祭と同じ時期に世界の中心であるワシントンDCでも桜祭りが開催される。ポトマック川沿いに咲く満開の桜を楽しむため、全世界から100万人以上の観光客が訪れるという。この地の桜通りは1912年に米国と日本の友好のシンボルとして、当時東京市長だった尾崎行雄が3000本の桜の木を寄贈したことで始まった。毎年開催されるこの祭りでは日本文化関連イベントが開催されるなど、今では日本について宣伝する一大イベントとなっている。

日本により桜が寄贈されたのは日本による朝鮮半島支配の導火線となった桂タフト協定後、両国が親密となったことで実現した。ワシントンの桜祭りの裏にはこの協定によって韓国に対する保護権を米国から認められ、桜を米日親善外交に利用した二つの顔の日本があるのだ。

当初、この地の桜は日本が主産地として知られ「ジャパニーズ・チェリー・ツリー」と呼ばれたが、実際は韓国が原産地であることを知らせた人物が故・李承晩(イ・スンマン)元大統領だった。事情はこうだ。1941年に日本が真珠湾を攻撃すると、米国では「桜を切り倒せ」と主張する声が高まった。当時米国に亡命していた李承晩は自らが設立した韓米協会を通じ、米国政府に「あのジャパニーズ・チェリーの原産地は韓国の済州島と鬱陵島であり、三国時代に韓半島(朝鮮半島)から日本に渡った。そのため名称をコリアン・チェリーと呼んでほしい」と要請した。米議会図書館で日本の百科事典を調べ、日本の王桜が韓国から伝来したとの内容を見つけ、これを米国政府に提出した(「王桜」は済州島などに自生する桜の一種。韓国では日本のソメイヨシノと同一のものと考える人が多い)。当時、米政府は確かな証拠が不十分との理由で李承晩の要請を受け入れなかったが、その代わりに「オリエンタル・チェリー」という中立的な名称で呼ぶことにした。

李承晩がこれに落胆していると、韓国で宣教活動をしていたアメリカン大学のポール・ダグラス総長が「ではわれわれの学校に韓国の桜を植えよう」と提案した。李承晩は1943年4月8日、ワシントンDCアメリカン大学校庭で大韓民国臨時政府樹立24周年を記念する済州王桜植樹イベントを開催した。米国の日刊紙アメリカン・イーグルの同年4月13日付には「日本産として間違って伝えられたワシントンの桜に本当の名前を与えるため、李承晩博士らが韓国の桜4本を植えた」と記載されている。標石には「李承晩博士が韓国独立を念願する人たちの意志を込めて植樹を行った」と刻まれている。この日、済州王桜植樹は30年以上にわたり日本名で呼ばれた韓国桜による新たな「独立宣言」となった。

国立山林科学院暖帯山林研究所のキム・チャンス博士は2008年にワシントンを訪問し、ポトマック川の桜の標本を採取して複数回にわたり遺伝子検査を行ったところ、済州産王桜と同じ種類であることが確認されたと発表した。李承晩が独立を願って植えた桜の木は大木として成長し、これがきっかけとなってアメリカン大学校庭には「韓国庭園」が造成された。

100年以上前、日本は桜を米国と日本の親善のシンボルにしようとしたが、李承晩は韓国桜の名誉を取り戻すために奔走し、民族の念願を込めて桜の木を植えた。ワシントン桜に韓国という名前を取り戻すために努力したことは、もう一つの独立運動でもあった。


キム・ジョンムンさん(文化財放送代表)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/27/2018042701494.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★ 2018/04/21(土) 16:33:37.85
[読者ESSAY] 日本桜外交に対抗 李承晩
朝鮮日報(韓国語)

私たちの鎮海軍港祭とほぼ同じ時期に、世界の外交1番地である米国ワシントンDCでも桜祭りが開かれる。ポトマック川の畔に沿って満開の桜を楽しむために、世界中から100万人以上が訪れるという。ここの桜通りは、1912年に米国と日本の友好の象徴として、当時の東京市長だった尾崎行雄が3000本以上の桜の木を寄贈して造成された。毎年開かれる祭りには、日本の文化行事が開かれるなど、日本を広報する巨大な文化商品になった。

日本の桜の寄贈は、日帝の朝鮮強占の導火線となった米日間の「桂・タフト協約」以降、両国が近づいたことを契機として行われた。ワシントン桜祭りの裏面には、この協約を通じて韓国の保護権を米国から認められて、桜を米日親善外交に利用した二つの顔の日本が潜んでいるのだ。

当初、ここの桜は日本が主産地として知られて、「ジャパニーズ・チェリー・ツリー(Japanese Cherry Tree)」と呼ばれたが、実際には韓国が原産地であることを知らせた人が李承晩だ。


事情はこうだ。1941年に日本が真珠湾を奇襲すると、米国では桜の木を切ってしまおうという声が強まった。米国に亡命中の李承晩は、自分が設立した韓米協会を通じて、米国政府に「あのジャパニーズ・チェリーの原産地は韓国の済州島と鬱陵島であって、三国時代に韓半島から日本に渡ったので、名前をコリアンチェリー(Korean Cherry)と呼んで欲しい」と要請して伐採を阻止した。

米議会図書館で、日本百科辞典を調べて、日本の王桜が韓国から伝来されたという内容を見つけ出して、米政府に提出したこともある。当時、米政府は確実な証拠が足りないという理由で李承晩(イ・スンマン)の要請を受け入れなかったが、代わりに「オリエンタル・チェリー(Oriental Cherry)」という中立的な名で呼ぶことにしたと知らせた。

李承晩が失望すると、韓国で宣教師活動をしていたポール・ダグラスアメリカン大学総長が、「それならば、私たちの学校に韓国桜の木を植えよう」と提案した。李承晩は、1943年4月8日、ワシントンDCアメリカン大学の校庭で、大韓民国臨時政府樹立24周年を記念する済州王桜の木の植樹行事を開いた。

米国の日刊紙・アメリカンイーグル(THE AMERICAN EAGLE)は、同年4月13日付けで、「日本産と誤解されているワシントンの桜の本当の名前を求めるため、李承晩博士たちが韓国桜四本を植えた」と報道した。標石には、「李承晩博士が、韓国独立を願う人たちの意味を込めて植樹した」と記録されている。 同日の済州王桜の植樹は、30年以上の間、日本名で呼ばれてきた私たちの桜のもう一つの「独立宣言」だった。

国立山林科学院暖帯山林研究所のキム・チャンス博士は、過去2008年、ワシントンを訪問してポトマック川の畔の桜の木の標本を採取して、数回に渡って遺伝子(DNA)検査を行った結果、済州産王桜と同じであることが確認されたと明らかにした。李承晩が独立を念願して植えた桜の木は、大きな木に成長して、これが縁となって2011年にはアメリカン大学の校庭に「韓国庭園」が入った。

100年以上も前、日本は桜を米日間の親善の象徴にしようとして、李承晩は韓国桜の位相を取り戻すために奮闘して、民族の念願を込めて桜の木を植えた。ワシントン桜に私たちの名前を求めるために努力したことは、もう一つの独立運動だった。

[キム・ジョンムン文化財放送代表]
no title

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=023&aid=0003366855

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2018/04/19(木) 09:37:02.40
景福宮で王が食べていたデザートを味わおう!
朝鮮日報

 文化財庁と韓国文化財財団は4月4日から11月30日まで、「景福宮生果房」を開催。景福宮生果房はソウルの四大王宮の一つである景福宮で行われるイベントで、王家で食べられていたデザートを味わいながら文化イベントを体験できるというプログラムだ。

no title

景福宮で王が食べていたデザートを味わおう!

◆生果房とは?

 生果房とは朝鮮王朝時代、王家のデザートなどをつくっていたところだ。生果房では通常の食事以外に、昼食と夕食の間に簡単な汁物や茶菓などを用意するが、ほとんどが現在のデザートに当たる餅類、生果、熟実果、造果、茶などだった。

◆王たちが食べていた朝鮮王朝500年の歴史を誇るヘルシーデザート

 景福宮生果房は「朝鮮王朝実録」などの記録を基に構成。午前10時から午後17時の間に、実際に宮中で食べられていた薬茶や菓子を味わうことができる。宣祖の気力不足や体の衰弱を回復させるために用意されたヤブラン、高麗人参、チョウセンゴミシでつくったお茶、英祖が亡くなる直前、消えゆく温もりをよみがえらせるために飲んでいたシナモンや生姜でつくったお茶、普段から湿疹や眼病に悩まされていて体が弱かった顕宗の体力を養うための、キバナオウギや高麗人参でつくったお茶など、6種の宮中薬茶が提供される。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: LingLing ★2018/04/19(木) 09:55:36.84
■「日本文化」を象徴する3つの元祖が韓国だって? 
ディスパッチ(韓国語)

日本は、全世界的に自国の文化を広報するため、沢山の投資をすることで有名です。韓国が元祖だけど、韓国の人々すら日本だと思っているものがあります。

1.桜
 
日帝強占期に日本の学者たちは、王桜の原産地は済州島と言ったが、解放後、急に日本産と話を変え始めました。

2.フェ(刺身)
 
日本のサシミは、世界的な食品標準として発展して、全世界のどこに行っても簡単に接することができます。

フェ(※膾)という漢字自体が中国古代で生まれて、我が国でも、高麗中期の時の記録を見ると、センソンフェ(生鮮膾)を主題に詩を書いたといいます。

壬辰倭乱以降に日本でサシミが本格的に登場したから、韓国でフェが先に始まったのです。

3.着物

着物は百済衣服にその根があるといいます。

既に、様々な資料によって、日本が百済の多くの物を吸収したということは、よく知られた事実です。

<この投稿文は提携会社の「LASS」のコンテンツです。本誌編集意向とは無関係です。>

ソース ディスパッチ(韓国語)
https://www.dispatch.co.kr/1255385
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★2018/04/18(水) 17:57:13.00 I
"日本No韓国Yes?"…桜の木品種に隠された真実
ディスパッチ(韓国語)

毎年4月には、韓国と日本をはじめ米国とカナダでも桜祭りが開かれます。ところで、よく桜が日本の国花とも考えられていますが。本当は、この桜は日本の花ではないと言います。どんな理由からでしょうか。

 
全世界で韓国と日本の桜祭りのみならず、有名どころでは北米大陸にもあります。まさに、米国ワシントンDCで開かれる桜祭りのことです。ところが、このワシントンにある桜は、かつて日本が贈ってくれたものです。1910年、米国ワシントンDCに桜の木2000本を贈ったということです。
 
ところが、船に乗って向かう途中で、木が病に冒され全部死んでしまいました。2年後の1912年、再び6000本をプレゼントして、その中の3000本がワシントンDCに植えられたそうです。
 
ところで、このワシントンDCに植えられた桜が、日本から持ち込まれたのではなく、済州島から持ち込まれたのだといいます。1997年に亡くなった米国の歴史学者、ジョン・カーター・コベル博士は、「当時、桜の木2000本がみんな死んで、後に、済州島から盗んでプレゼントしたのだ」と話したのです。

現在、日本と韓国、米国に咲いているほとんどの桜は、日本で改良して作った品種のこの「ソメイヨシノ」です。1932年、日本の生物学者である小泉源一は、論文を通じて、この「ソメイヨシノ」桜の原産地が韓国の済州島と話をします。しかし、1962年に竹中という学者は、再び日本品種のみから改良して作ったと主張しました。果たして真実は何なのでしょうか。
 
まず、桜の花そのものの原産地は韓国、日本、中国でもありません。現在、インドから日本までアジアのほぼ全域に桜があり、全世界的に品種だけで600種類を超えます。問題は、全世界の人々が日本と言えば思い出すことが、まさにこういった桜祭りのような風景です。こうして、この桜のおかげで日本は、イメージで良い影響を与えているのです。
 
ところが、本当の問題は、現在、ワシントンDCと日本、そして日帝強占期からほぼ韓半島全域に植えられたこの桜は、日本が作ったソメイヨシノです。つまり、この日本で改良したソメイヨシノの元祖がどこなのか問いただすということです。
 
ところで、このソメイヨシノが、現在済州島にある王桜と日本のエドヒガンという桜の木を合わせて作り出した品種ということです。つまり、100%の日本の血が流れる桜ではないということです。
 
no title

そのため、韓国ニュースでも毎年4月になると、桜は元々は済州島の王桜が元祖だが、日本が盗んで行って、今の品種を作ったと報道することがあります。
 
様々な研究を重ねた結果、ソメイヨシノはまだ明確な答えが2018年現在でも出ていません。それなら、なぜソメイヨシノも元祖を問い詰めるのでしょうか。それは、国際政治で重要なのはハードパワーだけでなく、ソフトパワー(文化、国家イメージ)も重要のためでしょうね。

<映像出所=ヒョ・キシム、YouTube><この投稿文は提携会社「イシューノート」のコンテンツです。本誌編集意向とは無関係です。>

https://www.dispatch.co.kr/1249072
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: シャチ ★ 2018/04/17(火) 20:14:34.52
4/16(月) 16:56配信 夕刊フジ 

韓国の食品メーカーが今月販売を始めたアイスクリームの新製品が、日本の江崎グリコの「ジャイアントコーン」のパクリではないかと批判が巻き起こっている。
韓国では日本の菓子の模倣品がたびたび市場に出回ってきた。現地事情に詳しい識者は「拙速に結論を出そうとする文化がパクリを繰り返すことにつながっているのではないか」と分析する。

ジャイアントコーンのCMに出演する女優の綾瀬はるか(33)も「スーパーコーン」の存在を知れば、目を丸くするに違いない。

今月5日に発売した韓国の食品メーカー、ピングレは広告で「100億ウォン(約10億円)を投じて4年間かけて作った世界に類のないアイスクリーム」「試作品だけで2000万個作った」とぶち上げていた。

左:ピングレ(韓国)のスーパーコーン  右:江崎グリコのジャイアントコーン

no title

ところがこの商品、円錐(えんすい)形のコーンにアイスが詰められ、トップにはチョコをコーティングという特徴はもとより、パッケージに書かれたロゴの位置やデザイン、包装紙の色までジャイアントコーンにそっくり…というかそのまんまなのだ。

韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏によると「これまでも韓国ではカルビーの『かっぱえびせん』、明治の『きのこの山』、森永製菓の『おっとっと』などの類似品が出回ってきた」というが、スーパーコーンについて「ここまで露骨にマネをした商品は最近見かけたことがない」と驚きを隠さない。

パクリが横行する背景について「韓国では、こつこつとモノを生み出す文化は長年尊ばれることなく、すでにあるものを持ってくる人間が評価されてきた。『日本にいいものがあるなら持ってきちゃえ』という発想だ」と高月氏は分析する。

ただ、そんな傾向も多少は変わりつつあるようで、ネット上では発売直後から「味からデザインまで丸パクリ」「製品名が違うだけ」「パクるのに4年がかりで100億ウォンも使ったのか」と辛辣(しんらつ)なコメントであふれている。

韓国経済新聞によると、ピングレは「1980年代に発売した『ハリケーンコーン』のアップグレード版」などと釈明したが、批判を受けてパッケージの修正を検討しているという。


江崎グリコの担当者を直撃すると、事実関係について「承知している」とした上で、「本件にかかわらず、当社商品の独自性を模倣するようなものがあれば、内容を精査の上、適正に対処する」とのことだった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000011-ykf-int

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: LingLing ★2018/04/10(火) 23:52:44.76
[ニュース探索] 「日本国花だから…」桜を楽しむのは気まずいですか?
-国立山林科学院「日本王桜の原産地は漢拏山」
-大部分が「日本の花」と認識…一時「排斥対象」に
ヘラルド経済(韓国語)

「美しいけれど、日帝残滓なのでは?」
「桜は日本の花だと思います」

8日、京畿道安山花郎遊園地で、桜の行楽で出向いた市民に桜の原産地を聞いた結果、大部分の人が「日本」と回答した。この日会った大半の花見客は、日本の花というのが心に引っ掛かるのは確かだが、見事な桜道が美しくて見にきたと話した。美しい桜を見ながらも心の片隅が重いという反応もあった。我が国民にとって桜は未だに日本の国花「桜」のイメージで、日帝時代に王宮をはじめ韓半島の各地に強制的に植えた花樹というイメージが強烈だ。

韓国の春を飾る咲き乱れた王桜の原産地は日本ではなく、済州島の漢拏山という学説が説得力を持っている。

no title

韓中日の三カ国が桜の原産地の攻防を繰り広げる中、2001年国立山林科学院のチョ・ギョンジン博士チームは、日本が原産地であるとされる王桜のDNA指紋分析を遂行し、原産地が済州島と明らかにした研究結果が注目を浴びている。

研究チームによると、漢拏山、韓国国内のその他の地域、そして日本の王桜のDNAを指紋分析した結果、漢拏山に自生した王桜が日本にある王桜よりも遺伝変異が2.5倍大きく現れて、変異も多様だった。研究チームは、このような近縁関係を通じて、韓国国内に植えられている王桜の木や日本産王桜の木が済州漢拏山から由来したものという結論を下した。

韓国人すら知らなかった韓国文化の根を明らかにした研究結果だが、桜の原産地が済州という事実はまだ国民の間に広く知られていない。研究結果が出たのが17年前にもかかわらず、毎年桜祭り自体を楽しむだけで、桜が韓国自生種という事実を知らない人が多い。

このような誤解のため、桜祭りを楽しむ人が時々批判の対象になることもある。

最近、30年余りの間でウリナラの国花であるムクゲの92%が消えたことが明らかになり、自国の国花は消え行くのに、日本の国花である桜を求めているという批判もあった。山林庁の「ムクゲ植樹及び支援の現況」資料によると、1983年から33年間で植えたのは計3366本だけで、ムクゲが2015年基準で全体の8%の298万本しか残っていないことが確認された。

桜の根が韓国という事実は未だに広く知られていないのに対し、桜と関連した日本の痕跡は広く知られている。

日帝強占期に、韓半島の各地に日本の国花である桜の木を植えたという事実のせいで、桜は一時排斥の対象になることもあった。日帝が都市美観のために植えたのが始まりとして知られた慶尚南道・鎮海の桜も、一時、切り捨てなければならない木として認識されたが、1962年に植物学者たちが鎮海桜の原産地は済州島であることを明らかにして、ようやく保存することができた。

この日、桜の原産地が済州という事実を耳にすることになった市民のイム・ソルヨン(31)さんは、「桜も私たちの歴史で文化なのに、恥とだけ教わったようだ」とし、「桜の国籍を誤解することに至った歴史的な背景は残念だが、根が韓国であるだけに、はばかることなく愛される祭りになってほしい」と話した。
 
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001378086

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

l411k97a46myr3frk1521: LingLing ★ 2018/04/08(日) 18:55:40.86
■日本だと思っていた王桜の原産地、知ってみれば「済州島」だった

[インサイト]イ・ハヨン記者=春になると、全国で桜祭りが各所で行われる。

桜の華やかな様子を鑑賞して、多くの人がSNSショットを撮りながら、幸せを満喫する。

一方では、桜を見て微笑んで幸せになっている人に、「日本の木」を好きだと、からかう人もいる。

しかし、桜の木の原産地は日本ではない。済州島で発見された「王桜」が、その始まりだからだ。

王桜を初めて発見した人は、我が国に宣教活動のため来ていたフランスのエミール・タケ神父だった。

1908年4月、植物採集家でもあったエミール神父は、我が国の済州島で初めて王桜の自生地を発見した。

エミール神父は、漢拏山で採集した標本をドイツに送って世界初の桜として認証を受けた。


2016年5月には、済州市ボンゲドンのケオルム(海抜607m)で、265年と推定される王桜の木が追加で発見されて、我が国が王桜の自生地であることを、もう一度立証した。

それ以外にも、済州には現在235本の自生王桜がある。

桜が日本という誤解は、1900年の初頭から始まった。

日本は、我が国の桜の木を略奪などの方法で持って行って、他の桜の木と接木して新たな種を作った。

以降、日本東京大学植物学科のマツムラ教授がこれを日本式名である「ソメイヨシノ」として、日本植物学会誌に登録した。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

png1: 蚯蚓φ ★2018/04/06(金) 19:38:09.17
中央日報(韓国語)

桜祭りは海の彼方、日本の東京を経て米国のワシントンDCでも真っ最中だ。米国、ワシントンDCポトマック川辺の桜祭りは1912年当時、日本が桜3000本余りを寄贈したことに由来した。

日本は当時、寄贈した桜を日本産と主張したが、遺伝子検査の結果、済州(チェジュ)王桜であることが明らかになった。日帝強制占領期間に日本が我が国から採取して行ったと見られる。


1943年4月13日、THE AMERICAN EAGLEの記事に、この桜について「日本産と誤って知らされたワシントンの桜の本当の名前を探すために李承晩(イ・スンマン)博士が韓国桜を植える行事を行った」と報道されたこともある。

▼桜祭り真っ最中の米国ワシントンDCで5日(現地時間)、市民らが桜の花を楽しんでいる。
no title

http://news.joins.com/article/22513289

関連スレ
【韓国】 1912年、日本が済州から韓国桜を盗んできて、米国に送った。 済州王桜、ワシントンとの平和文化の架け橋に★3
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1522175646/
【韓国起源】 校庭に咲いた王桜-祭り始まる ワシントン桜の原産地も済州[04/03]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1522767131/

寝言は寝て言えと思った方はクリック→ 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2018/03/29(木) 23:59:28.91
foodnews(韓国語)

韓国人の食生活に欠かせないコチュジャン、キムチを作る時に使う唐辛子(コチュ)は壬辰倭乱の時、日本から伝来したというのが学界の定説だ。しかし、韓国食品研究院長だったクォン・テヨン博士はこの定説をひっくり返す主張をして昨年には『唐辛子伝来の真実』という本まで出した。


学界の一角で唐辛子伝来の定説をひっくり返す主張が出ているにもかかわらず、これに対する学問的反論や討論は探しても見つからない。これにイ・チョルホ高麗大名誉教授が率いる韓国食糧安保研究財団は28日、韓国プレスセンターで「唐辛子利用の歴史」を主題に第21回食糧安保セミナーを開催した。この日のセミナーは食品ジャーナルをはじめ食品専門メディアの後援で開かれた。

▼韓国食糧安保研究財団は28日韓国プレスセンターで「唐辛子の利用歴史」を主題で第21回食糧安保セミナーを開催した。写真は討論者たち。
no title

「唐辛子は我が国から日本に行ったという記録が多い」

クォン・テヨン博士はチョ・ジェソン慶煕大名誉教授が座長をつとめる『唐辛子伝来の真実』に関する主題発表を通じて「唐辛子は壬辰倭乱の時、日本を通じて我が国に入ってきたという記録はただ一つもない」と断言した。それと共に「文献学的にも壬辰倭乱以前の数多くの文献に唐辛子とキムチ、コチュジャンに関する記録が出てきて、唐辛子が我が国から日本に入ったという記録も多い」と説明した。

クォン博士は「生物学的に結論を下せば、我が国の唐辛子は長くて何百万年前から、短くて何十万年前から私たちの唐辛子であった」と話した。

クォン博士はこのように誤った説が広がった経緯について、まずイ・ソンウ元漢陽大教授(食文化学者)を取り上た。イ教授の論文『唐辛子の歴史と品質評価に関する研究』で「唐辛子を遠い昔から私たちの民族が食べてきたとよく勘違いしている」とし、「...日本を通じてこの土地に入ってきたと言っても良いようだ」という内容が出てくるからだ。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: 動物園φ ★ 2018/03/28(水) 10:15:19.42
日本代表も惚れた、大韓民国「イチゴ独立」成功記
2018年03月28日08時58分 [中央日報/中央日報日本語版]

2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪期間にカーリング日本代表チーム選手が韓国産イチゴの味に感嘆したという報道が出てきた。すると日本の斎藤健農林水産相が「韓国産イチゴは日本から流出した品種を基に交配されたもの」と鋭敏な反応を見せたりもした。


農村経済研究院などによると、韓国のイチゴ市場で国産イチゴ品種が占める割合は2017年基準で93.4%だ。品種別では雪香(ソルヒャン)が83.6%、梅香(メヒャン)が3.3%、竹香(チュクヒャン)が5%、サンタが1.5%などだ。外国品種は日本の章姫が4.8%、レッドパールが1.0%などだ。

韓国産品種の割合は2002年の1.4%から15年間で66.7倍に増えた。2000年代半ばまで韓国のイチゴ畑の90%以上はレッドパールや章姫など日本品種が占めた。

韓国産イチゴ品種が全国に普及したのは1994年に忠清南道論山市(チュンチョンナムド・ノンサンシ)に開設された忠南農業技術院傘下の論山イチゴ試験場があったために可能だった。イチゴ試験場の職員は研究員4人を含む6人だ。

22日に試験場を訪れた。ここには品種改良用のイチゴを専門に育てるビニールハウス33棟(1万1838平方メートル)がある。

研究員は世界のイチゴ170品種を収集し品種開発作業をしている。品種別に花粉を採取して交配する方法で1年間に特性がそれぞれ異なる1万5000個ほどの個体を作り出す。

この個体は再び6カ月間育て、生育状態が良い100個ほどだけ残しすべて淘汰させる。キム・テイル試験場長は「花粉で交配するとイチゴの個体はすべて違った性質になる。これらの個体を育て優秀品種だけ選び出す作業」と話した。農家での試験栽培過程まで経ると新しい品種が出てくるのに6~7年がかかる。

試験場ではこれまで▽梅香(2002年)▽晩香(マンヒャン、2003年)▽雪香・錦香(クムヒャン、2005年)▽キングズベリー(2016年)▽サニーベリー、ドゥリヒャン(2017)などを含め9種類の韓国産イチゴ品種を開発した。韓国産品種開発過程にはレッドパールなど日本の品種が主に使用された。イチゴ試験場関係者は「韓国産代表品種である雪香はレッドパールと章姫を交配して開発したもの。このため日本の農林水産相が鋭敏な反応を見せたようだ」とした。

韓国で日本のイチゴ品種が本格普及したのは日帝強占期からだと伝えられている。

主に育苗業者などが買い農家に広めた。日本とのイチゴ品種問題は2002年に韓国が植物新品種保護国際同盟(UPOV)に加盟して大きくなった。UPOV加盟国は品種保護権を設定し、これに伴い他国の品種を使うにはロイヤルティーを支払わなければならない。

だが韓国産品種の代表である雪香が登場してロイヤルティー問題が解決された。
雪香は糖度が10.4%と日本品種と似ているが、実が多く付き病虫害にも強い。肥料に副作用もほとんどなく、「だれでも苗木を地面に差せば良く育つ」と言われるほどだ。全国のイチゴ栽培面積は2017年基準5907ヘクタールで、忠清南道が21.1%を占めている。

http://japanese.joins.com/article/015/240015.html?servcode=300&sectcode=300

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★2018/03/25(日) 10:49:29.04
■ ジブリ、著作権侵害行為禁止訴訟で一部勝訴
NAVER/ソウル=news1(韓国語)

日本の有名アニメーション『となりのトトロ』と類似の『トロロ』というキャラクターを作り、クレーンゲーム機などに販売した業者が数千万ウォンの損害賠償をする事になった。

スタジオジブリのトトロ(左)とトロロ(右)
no title

ソウル中央地法(地裁)民事合意25部(部長判事=チェ・フィジュン)は25日、スタジオジブリがD社を相手にした2億ウォン相当の著作権侵害および不正競争行為禁止などの請求訴訟で、「D社はスタジオジブリに5000万ウォンを賠償せよ」とし、原告一部勝訴の判決をしたと明らかにした。

同時にD社にトトロの標章およびキャラクターを使用したり、これを使用した商品の販売、譲渡や展示、輸入してはならないと命令した。

D社のトロロのキャラクターの販売で収益が減ったとし、5000万ウォンを賠償せよというテウォンメディアの請求は受け入れなかった。トトロのキャラクターの国内流通独占権を持っているテウォンメディアの場合、ジブリ商品を売る権利だけがあって売り上げが減ったという事情だけで法的利益を違法に侵害されたとは見られないという理由からだ。

D社は2016年6月に『トロロ(TORORO)』で著作権を登録し、その人形をオンラインまたはクレーンゲーム機に提供したり、一部のインターネットショッピングモールでは『本物トトロの友だち、トロロのぬいぐるみ』として販売した。

D社はトロロ商標を特許庁に出願申請したが、特許庁はジブリが登録した商標の文字部分を比較すると音節数、最初の音節と最後の音節の同一性など呼称が類似して、外見が違っていても全体的に類似しているという理由でジブリの異議申請を受け入れた。 (中略)

しかし、ジブリが主張したD社が得た利益額を2億ウォンと推定できる根拠がないとし、著作権侵害経緯と方法、期間などを考慮して損害額を5000万ウォンと定めた。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003277099

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 水星虫 ★ 2018/03/24(土) 21:58:14.45
日中韓の茶会文化で交流
NHK

日本、中国、韓国の3つの国に共通する「お茶」の文化を通して、交流を図ろうと金沢市でそれぞれの国の様式で茶会を行う催しが開かれました。


この催しは、日本、中国、韓国のそれぞれの文化に対する理解を深めることで、 友好関係を築いていこうと、金沢市が開いたものです。24日は市内の3か所で、それぞれの国の様式で茶会が行われ、このうち、金沢市本多町の「旧中村邸」では日本の「裏千家」による茶席に韓国や中国の茶人など10人余りが参加しました。

参加者は、使われている茶器の説明などを受けながら、ふるまわれたお茶や今回の催しにあわせて作った3つの国をイメージした3色の和菓子をゆっくりと味わっていました。

韓国の茶人のキム・ロイさんは、「日本のお茶の様式からは学ぶものが多くありました。お互いの文化を理解し合う良い機会になったと思います」と話していました。

この催しは24日午後4時まで開かれ、金沢市役所前の広場には、それぞれの国の工芸や音楽などに関する体験コーナーも設けられています。

bandicam 2018-03-24 23-58-16-162

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3025998731.html

★1が立った時間:2018/03/24(土) 18:43:12.37
前スレ:
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521884592/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2018/03/10(土) 10:59:24.53
韓国食品業界で花咲く「桜マーケティング」(1)
2018年03月08日09時25分 [中央日報/中央日報日本語版]

コカ・コーラの春限定の「桜デザイン」(写真=コカ・コーラ)
no title

早春だが、流通業界ではすでに花を咲かせている。春のシンボルとされる桜の花を製品に活用した、いわゆる「桜マーケティング」だ。

桜マーケティングが最も活発なところは飲食品業界だ。コカ・コーラは最近「スリムボトル桜デザイン」を発表した。味は既存のコーラと同じだが、250ミリリットルのプレミアムパッケージに桃色の桜の花を描いて5月まで販売する。コカ・コーラはこれまで季節ごとにさまざまな限定版を発売した、韓国製品に桜デザインのボトルを出したのは初めてだ。

味にも桜の花を活用する。スターバックスでは2014年から春ごとに「さくらブロッサムプロモーション」を進めてきた。今年も実施する。桜の花を粉にして入れた飲み物をはじめ、デザートや記念品を販売する。製品は少しずつ違うが、中国と日本でも同じマーケティングを行う。花が咲く時期に合わせるため国ごとに販売時期は違うが、今年韓国では3月第3週目に出す計画だ。

韓国のコーヒー専門店イディヤコーヒーで今春初めて発売した「さくらラテ」はホイップクリームの上に既存のメニューには入れたことのないラズベリーホワイトチョコレートをのせて桜の花びらを演出した。イディヤコーヒーのユン・ヒジョン・マーケティングチーム長は「昨年はチョコレート飲料で春限定のメニューを初めて出したが、前年の春に比べて売り上げが17%増えた」とし「今年は春とふさわしい華やかな色で視覚的な効果も与えるために桜の花を素材にした」と説明した。

コンビニエンスストアにも桜マーケティングが真っ最中だ。GS25は8日から飲み物「ユアース桜スパークリング」を販売する。ウリコッ研究所で桜の花びらで作った桜の花抽出液を入れた。昨年3月末に30万個を限定生産したが、4月初めに品切れになり50万個を追加生産した。それも1カ月も経たないうちに全部売れた。今年は炭酸飲料以外に青ブドウエイドに桜の花抽出液とナタ・デ・ココゼリーを入れた製品をさらに発売した。それぞれ100万個ずつ限定販売してGSスーパーマーケットでも売ることにした。GSリテールのキム・ドギョン飲料MDは「日本と違い、韓国では桜祭りは多いが関連商品やマーケティングはほとんどなかった」とし「国内でも良い反応を得ることができないかと考えて導入した」と発売の背景を説明した。

http://japanese.joins.com/article/335/239335.html

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む


このページのトップヘ