韓国野球

no title1:話題のニュース 2018/09/13(木) 09:20:43.63
国民日報(韓国語)

第12回・アジアジュニア野球選手権で優勝カップを手にした18歳以下の野球代表チームは、日本メディアの唐突なペットボトルセレモニー問題に対し、残念だという本音を打ち明けた。 一部の日本メディアが指摘しているが、散らかしてはいないというのである。一部の選手はセレモニーに使ったペットボトルは全て片付けたと記憶している。コーチ陣はむしろ、大会期間に日本側の食事メニューで差別を受けた事があったと打ち明けた。

ジュニア野球代表チームは11日、仁川(インチョン)空港に帰国してインタビューを行った。1人メディアである『ホン・ユンウのEPISODE』で、選手とコーチ陣のインタビューが翌日の12日に詳細に紹介された。このインタビューは、多くのコミュニティーで広がって話題になった。特に、日本側が韓国代表チームに残念なもてなしをした部分があるという言葉に対し、ネチズンが注目した。

ジュニア野球代表チームのイ・デスン(トレーナー)はこのメディアとのインタビューで、「いやらしい話だが、選手団がホテルで食事をしていると我々が先に食べているのに、後から来て配膳を受けた日本選手にはステーキが提供されていた」とし、「ホテルの従業員になぜ違うにかと尋ねたら、ニコリと笑って返事をしてくれなかった。少し酷いと思った。公平に待偶しなければいけないのではと思った」と話した。

コーチ陣と選手は、日本メディアが問題視したペットボトルセレモニーに対し、過剰な批判であると口をそろえた。

主将のキム・チャンピョンは、「自分たちはセレモニーの後、散らかしていた物を全て片付けた」とし、「なぜそのような記事が出たのか分からない。優勝できなくて悔しかったのだろうか」と話した。ソ・ジュンウォンも、「(優勝して)気分が良かったけど、世論が悪い感じなので気に障る。自分たちが全て片付けた」と話した。


イ・デスン(トレーナー)は、選手が全部片付ける事はできなかったが、メディアが指摘したようにペットボトルが至る場所に散乱されてはないと説明した。日本メディアのスポーツ報知は、「韓国選手がベンチからマウンドに飛び出して喜びを満喫した。ところが再整列した時、マウンド上にペットボトルが散乱していた」とし、「大会関係者は、“マナーが非常に悪い” と激怒した。大会関係者は通訳に “選手にペットボトルを片付けさせなさい” と忠告しようとしたが、選手団には伝わらなかった。 結局、大会関係者がペットボトルを片付けた」と報道した。

ジュニア野球代表チームは10日、日本の宮崎サンマリンスタジアムで行われた第12回・アジア野球連盟(BFA)・アジアジュニア野球選手権大会の決勝で、台湾を延長10回に打撃戦の末に7-5で破った。

https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=005&aid=0001131053

本文を読む

1:話題のニュース  2018/09/10(月) 22:48:45.06
デイリースポーツ

「U18アジア選手権・決勝、韓国7-5台湾」(10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

韓国が優勝を決めた後、残念なシーンがあった。韓国ナインは延長十回タイブレークを制すると、マウンド上で歓喜の輪を作った。一塁ベンチから飛び出した選手たちは、水が入ったペットボトルを持って駆け出しており、マウンド周辺でウオーターシャワーをして歓喜した。
その後に両チームが本塁であいさつをかわしたが、ペットボトルはマウンド周辺に投げられたまま。韓国ナインはそのまま一塁スタンドへのあいさつへ向かった。

結局、ペットボトルは投げ捨てられたままで、スタッフが拾い集めて閉会式の準備が進められた。力を見せて優勝しただけに、残念なシーンだった。

no title

no title

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/08(土) 11:39:39.89
国民日報(韓国語)

ピッツバーグの地域紙「ピッツバーグ・ポストガゼット」は7日、「姜正浩に対する来シーズンのオプション行使拒否はほぼ確実だ。さらに安値の契約を試みるだろう」と報道した。

飲酒運転事故で2017シーズンを一試合も出場出来なかった姜正浩は今年4月末、就労ビザ発給を受けて練習を始めた。しかしマイナーリーグで「メジャー復帰」を夢見た姜正浩は左手首をケガして今年8月手術を受けた。現在、フロリダでリハビリ中で実戦感覚のために教育リーグなどに参加すると発表された。

事故後、姜正浩の価値は落ちた。プロ選手として最近2年間プレイできず試合感覚も計ることができない。復帰後、シングルAで7試合の打率0.417、3ホームラン11打点を記録したがトリプルA9の試合に出場して打率0.235、5打点に終わった。今後、姜正浩が以前と同じ試合力を回復出来るかは不透明だ。

▽ピッツバーグ・パイレーツの姜正浩(カン・ジョンホ)は来シーズン、メジャーリーグに残留できるだろうか
no title

ピッツバーグが来年、シーズンオプションを使わなければ姜正浩はバイアウト金額25万ドル(約3億ウォン)を受けてFA資格を得る。再契約するならピッツバーグは姜正浩に550万ドル(約61億ウォン)の年俸を支払わなければならない。

しかし、ピッツバーグの立場では姜正浩を簡単に捨てることができないものと見られる。姜正浩は正規打席を満せず、二シーズンのWARが6を越え、OPS(出塁率+長打率)0.867を記録した。広い守備範囲もまた長所だ。遊撃手はもちろん3塁手も可能だ。何より価格が競争力だ。数値以上のインパクトを見せる選手を550万ドルで得ることは容易ではない。今後、姜正浩が既存の成績に及ばない活躍をしても一定水準以上の試合力を見せれば球団の立場では姜正浩を使う確率が高い。

すでに日本でも姜正浩招聘に関心を見せたことが分かった。スポーツメディアOSENは「姜正浩を見るために日本のプロ球団スカウトらがトリプルA球場を訪れている」と報道した。
単純な外国人選手スカウト次元ではなく姜正浩の現在の状態を直接確認するためだ。メディアは引き続き「日本球団で姜正浩の現在のコンディションおよび契約内容などの様々な部分について綿密にチェックしていることを知っている」と伝えた。


本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/06(木) 07:11:28.81
野球の第12回U18アジア選手権大会第3日(5日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)、日本が韓国戦でラフプレーを受けた。

9回の日本の守備、二死二塁の場面で、この日先制の3ランを放っていた二塁走者キム・デハンが三盗を試みるも、タイミングは完全にアウト。スライディングで三塁に突入すると、三塁手の中川のグラブを踏みつけた。そのまま足をどけなかったため、中川も怒気をあらわにした。

試合後の取材で中川は「スライディングして踏まれたまま、どかれなかったので。それだけです」と感情を押し殺して話した。

高野連の竹中事務局長は「アウトのタイミングであれは絶対にやったらアカン。フェアプレーの精神を持たないと。中川が怒るのは珍しい。よっぽどのことですよ」と主将の胸中をおもんぱかった。


no title


67:ネットの反応
>>1
これは酷い

no title
本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/03(月) 15:14:51.46
<アジア大会>韓国野球代表、金メダル獲得も歓迎なし…「怖くて記事も開けない」
2018年09月03日14時36分 [中央日報/中央日報日本語版]

PYH2018090305770001300_P2

金メダルを獲得しても笑顔はなかった。2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会で優勝した韓国野球代表は静かな雰囲気の中で帰国した。

宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督(55)が率いるアジア競技大会野球代表は3日午前、仁川(インチョン)国際空港に到着した。しかし優勝をを祝うカードも、歓迎する大衆も見えなかった。その前に到着したサッカー韓国代表の場合、入国場所の2階までファンで埋まっていたが、これとは対照的だった。

選手団の雰囲気も静かだった。宣監督と選手たちは団体写真を撮って解散した。韓国野球委員会(KBO)の関係者は「世論の雰囲気が良くないため静かに帰国行事をすることにした」と伝えた。

野球韓国代表は今大会の優勝でアジア競技大会3連覇を果たした。台湾との予選初戦を1-2で落とす波乱もあったが、その後の試合はすべて勝利した。特に1日の日本と決勝戦ではエースの梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、起亜タイガーズ)の力投、4番打者の朴炳鎬(パク・ビョンホ、ネクセン・ヒーローズ)の本塁打などで3-0で完勝した。

しかし世論の雰囲気は歓呼に変わらなかった。プロ・アマ選手混合の台湾に敗れ、社会人野球選手だけの日本にも快勝できなかったからだ。主将の金賢洙(キム・ヒョンス、LGツインズ)は「今は何を話しても言い訳になる」とし「初戦の後、朴炳鎬先輩といろいろ話した。その時に自分たちだけでも楽しもうという話をした」と伝えた。

続いて「金メダルを獲得した後、選手たちはお互い労って感謝の言葉をかけ合った。宣銅烈監督は選手を気楽にしようとあえて多くの話をしなかった。試合後に『次にまた会おう』と話した」と説明した。

世論の雰囲気をさらに冷たくしたのは兵役問題だった。昨年、警察庁と尚武入隊まで放棄した呉智煥(オ・ジファン、LGツインズ)と朴海旻(パク・ヘミン、サムスン・ライオンズ)が代表チームに抜てきされて批判を呼んだ。呉智煥と朴海旻は今回のアジア競技大会で韓国代表が金メダルを獲得できなければ現役で入隊しなければならなかった。

エースの梁ヒョン種は「世論の雰囲気が良くなかったが、グラウンドでは気にしないようにしていた」と語った。

また梁ヒョン種は「『金メダルを獲得しても良くない声が出るだろうか』とお互い話していた。それで金メダルが決まってもあまり元気がなかった。『優勝できなければどうなっていただろうか』という想像もしてみた」とし「優勝してからスマートフォンで記事を確認したが、がっくりした。書き込みの方は見なかった。記事の見出しを見るだけで怖くなり開けなかった」と話した。

金賢洙は「(冷めた世論について)残念でないといえば嘘になる。それでもすべてが関心だと考えた。現地では多くの応援があり、有難かった」と語った。

呉智煥は代表メンバーに選ばれた後、ずっと取材陣からインタビュー要請を受けていた。しかし口を開かなかった。帰国現場でも団体写真の撮影後、「後で話す」と言ってうなだれながら去っていった。

代表選手は所属チームに復帰し、4日から再開するKBOリーグへの出場を準備する。宣監督は来年開催される2019プレミア12の準備に入る。

https://japanese.joins.com/article/700/244700.html?servcode=600§code=640

本文を読む

このページのトップヘ