韓国サッカー

20180624_hernandez-650x4331: 金魚 ★ 2018/06/24(日) 20:51:36.89
THE ANSWER

ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組の韓国はメキシコに1-2で敗戦。初戦のスウェーデン戦に続いて連敗を喫した。

グループリーグ突破に首の皮一枚つながった状態だが、一方で話題を集めているのが韓国が犯した24のファウル。

7のメキシコの実に3倍以上で今大会では最多。メキシコのフアン・カルロス・オソリオ監督が苦言を呈している。英紙が報じている。

前半26分のPKを与えたシーンなど、韓国のファウルは24を数えた。うちイエローカードが4枚。危険なファウルは怪我に直結する可能性もあるだけに、英紙「ガーディアン」によると、メキシコを率いるオソリオ監督は試合後、こう話しているという。

いつもはレフリーについて語るのは好きではないが、私にとって好ましくないことがあったし、それが我々に対しての24回のファウルであった。誰がそれを犯したのか、一目瞭然だ。フットボールのために、必要な予防と判断措置がとられることを願う

時にはやむを得ないファウル。失点を防ぐために、どうしても必要なファウルもあるだろうが韓国に関しては初戦のスウェーデン戦でも22個のファウルを数えており、2試合で47のファウルは、出場国中最多の数字だ。

この試合では幸いけが人が出ることはなかったが、メキシコを率いる監督はプレーの改善を心から願っていた。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ザ・ワールド ★2018/06/24(日) 17:25:19.30 ID:CAP
韓国メディア、「最悪のシナリオ」3戦全敗目前で悲嘆。「02年をピークに退化している」【ロシアW杯】
2018年06月24日(Sun)6時26分配信

グループリーグ最終戦・ドイツ戦の結果しだいでは決勝トーナメント進出の可能性もわずかに残されているが、韓国メディアは悲観的だ。『朝鮮日報』は「最悪のシナリオが目の前に迫ってきた」と危機感をあらわにしている。

この「最悪のシナリオ」というのは、「3戦全敗」のことを指す。「2連敗の泥沼」にいる韓国代表がワールドカップでグループリーグ3戦全敗に終われば、1990年イタリア大会以来28年ぶり、史上2度目のこととなる。


9大会連続のワールドカップ出場を果たしている韓国にとって、グループリーグ全敗は屈辱的な失態。ただメキシコ戦に「ハードワークしたが、戦術的な力量が不足しており」敗れ、次の相手がドイツであることを考えると「韓国の勝利の可能性が大きく落ちることは否めない」と『朝鮮日報』は分析している。

韓国は1986年のメキシコ大会で初めてワールドカップに出場し、現在まで途切れることなく4年ごとにその舞台に立ちつづけている。決勝トーナメント進出は2002年の日韓大会と2010年の南アフリカ大会の2度しかないが、先述の1990年イタリア大会以外はグループリーグで最低でも勝ち点1を確保していた。

自国のサッカー史に汚点を残しかねない悲惨な現状を憂う『朝鮮日報』紙は、辛辣な言葉で記事を締めくくっていた。

「今回の(グループリーグの)組み合わせは多少厳しいが、1994年や2002年に比べて非常に厳しかったと見ることは難しい。韓国サッカーが2002年をピークに徐々に退化しているという証拠が、今回のワールドカップで白日の下に晒されている」

韓国代表は27日にグループリーグ最終戦を迎える。前回王者のドイツ代表が相手になるが、結果を残して名誉挽回を果たせるだろうか。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 【B:96 W:56 H:82 (D cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/24(日) 10:36:07.73
イーデイリー(韓国語)

ロシアを国賓訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「会長と初めて会ってワールドカップ南北共同開催を話したが、それはますます現実味を帯びている」と話した。

▼文在寅大統領と夫人の金正淑女史が23日午後(現地時間)、我が国の選手を応援している。
0004133146_001_20180624092112050

文大統領はこの日の午後、ロシアのロストフ・アリーナで行われた2018ロシアワールドカップ・韓国-メキシコのグループ別予選前半戦終了後のハーフタイム中、ジャンニ・インファンティーノ会長と歓談を交わした席でこのように明らかにしたと、書面によるブリーフィングを通じて伝えた。

文大統領は前半戦の試合と関連して、「2~3回チャンスがあったが非常に残念だ」と述べた。 FIFAのインファンティーノ会長は「でも後半がまだ残っている」と述べ、文大統領は「韓国は底力が強い」と笑って話した。

文大統領は続けてワールドカップの南北開催の可能性を取り上げた。インファンティーノ会長は「今から準備しなければならない。大統領が呼べばいつでも駆け付ける」とし、積極的な協力の意思を示した。引き続き、「大統領、南北共同開催を話したのはわずか1年前」と言いながら、「あの時は実感がなかったが、その間に多くの出来事があった。とても多くの事をやりこなした」と話した。

インファンティーノ会長は同時に、「全ての人が大統領を愛している。韓国だけでなく他所の人も愛している。FIFAの関係者だけでなく、サッカーと無関係な人も大統領を愛している」とし、「大統領のその熱誠と執拗さ、そして追求する価値が力を発揮した。韓国にすぐに行く」と明らかにした。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [US]

イエローカード:韓国4-0メキシコ

ファウル:韓国24-7メキシコ

DgaqiI4VAAAFOZH

関連
【W杯】 連敗に韓国監督「非常に残念」2戦連続PK献上悔やむ…ファウル数24は今大会最多★3 [06/24]   
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529806057/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 豆次郎 ★2018/06/24(日) 01:53:42.41
6/24(日) 1:52配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、韓国代表とメキシコ代表が対戦した。

 27分、チャン・ヒョンスがエリア内でハンドを犯し、メキシコがPKを獲得。これをカルロス・ベラが決めてメキシコが先制した。対する韓国はソン・フンミンがメキシコゴールに迫るも得点は奪えず。メキシコの1点リードで前半を折り返す。

2018062401002064500159901

 後半に入ると、韓国はイ・スンウを投入し得点を狙う。しかし、GKのギジェルモ・オチョアを中心としたメキシコ守備陣を崩せない。すると66分、メキシコは中盤でボールを奪うと、得意のカウンターが発動。パスを受けたハビエル・エルナンデスが追加点をマークし、リードを2点に広げた。なお、このゴールでエルナンデスは同代表の最多得点記録を50点に更新した。

 その後、アディショナルタイムにソン・フンミンが1点を返すも、試合は1-2で終了。メキシコはドイツ戦に続く2連勝で勝ち点を6とし、グループステージ突破へ大きく前進した。一方の韓国は2連敗となった。

 両チームは27日、韓国はドイツ代表と、メキシコはスウェーデン代表と対戦する。

【スコア】
韓国代表 1-2 メキシコ代表

【得点者】
0-1 27分 カルロス・ベラ(メキシコ)
0-2 66分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
1-2 93分 ソン・フンミン(韓国)


試合ハイライト映像


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: Egg ★2018/06/23(土) 23:14:22.53
【2018 ロシアワールドカップ・グループF第2節 韓国対メキシコ】

■韓国代表スターティングメンバー
 

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/f/0/f0a038c6.jpg

▽GK
23 チョ・ヒョヌ(大邸FC)

▽DF
2 イ・ヨン(全北現代)
20 チャン・ヒョンス(FC東京)
19 キム・ヨングォン(広州恒大)
12 キム・ミヌ(尚州尚武)

▽MF
18 ムン・ソンミン(仁川ユナイテッド)
8 チュ・セジョン(牙山ムグンファFC)
16 キ・ソンヨン(スウォンジ―)
11 ファン・ヒチャン(ザルツブルク)

▽FW
17 イ・ジェソン(全北現代)
7 ソン・フンミン (トッテナム)


メキシコ代表スターティングメンバー

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/e/e/ee78487a.jpg

▽GK
13 ギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ)

▽DF
21 エドソン・アルバレス(アメリカ)
3 カルロス・サルセード(フランクフルト)
15 エクトル・モレノ(レアル・ソシエダ)
23 ヘスス・ガジャルド(モンテレー)

▽MF
7 ミゲル・ラユン(セビージャ)
16 エクトル・エレーラ(ポルト)
18 アンドレス・グアルダ―ド(べティス)

▽FW
11 カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)
14 ハビエル・エルナンデス(ウェスト・ハム)
22 イルビング・ロサーノ(PSV)

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 金魚 ★ 2018/06/23(土) 20:12:09.94
日刊スポーツ

韓国-メキシコ◇1次リーグF組・第2戦◇日本時間24日午前0時

後がない韓国(FIFAランク57位)、優勝候補に下克上をして勢いに乗るメキシコ(同24位)と対照的な立場の両国がぶつかる。

韓国は18日の初戦スウェーデン戦に0-1で敗れた。際立ったのは得点力の欠如。シュート数はわずか2本、枠内シュートはなかった。カウンターに鋭さはなく、連係も乏しかった。絶対的エースでアジア最強のFWともされる孫興民頼みは否めず、そこを抑えられると打開策を見いだせなかった。得点差以上に深刻なチーム状況がかいま見えた。

守備面でも主力のDF朴柱昊が右足を痛めてスウェーデン戦の前半で退き、この試合も欠場するなど、不安要素は募る。メキシコにも敗れ2敗となれば1次リーグ敗退がほぼ決まる瀬戸際に、申台龍監督は「背水の陣を敷いて最高の結果を得られるよう準備している」と強調した。

文在寅大統領が初めて海外で観戦する後押しも受け、必勝を期す。

メキシコは17日の前回覇者ドイツ戦で1-0と番狂わせを起こした。優勝候補国から23年ぶりの勝利をもぎとり、出場国中でも最も飛ぶ鳥を落とす勢い。緻密な相手封じでドイツを敗北に追い込んだオソリオ監督は、
前日会見で「偉大なチャレンジに向けて準備は整っている」と落ち着き払った様子。勝ち点3を取りに来る韓国に対し、すでに多用な対策を練っている模様だ。

23-june-2018-south-korea-vs-maxico-match-2

https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806230000524.html

前スレ

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

daikansoccer_160217_21: Egg ★2018/06/23(土) 08:41:05.69
Record China / 2018年6月22日 23時20分

2018年6月19日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で黒星スタートとなった韓国代表について、環球網は「前代表監督が3戦全敗を断言」と報じた。

グループFの韓国は18日の初戦でスウェーデンに0-1で敗れており、23日の第2戦は格上のメキシコとぶつかる。そして次に待ち受けているのは前大会王者ドイツとの戦いだ。

記事によると、17年6月まで韓国の代表監督を務めたウリ・シュティーリケ氏はドイツメディアの取材に「現監督はソン・フンミンの存在感を引き出していない」と話し、グループリーグ3戦全敗を「断言」したという。

記事は「韓国サッカーに自信たっぷりの韓国のネットユーザーも『全敗という事態に直面してしまう』との認識を持っている」と指摘し、ネット上には「分かってるから。もう言わないで…」

「(それは)事実です」「発言は間違っていないと思うけど、シュティーリケ氏から聞くような話ではないと思う」などのコメントが寄せられていることを伝えた。(翻訳・編集/野谷)


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ザ・ワールド ★ 2018/06/22(金) 13:06:20.44
レコードチャイナ

2018年6月21日、新浪体育は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ(GL)第2節に臨む韓国代表が記者会見で「日本とイランに刺激された。残り2試合に勝ってベスト16進出果たす」と豪語したと伝えた。

韓国は初戦のスウェーデン戦に0-1で敗れている。GL突破には強豪のメキシコ、ドイツに勝つ必要があり、極めて厳しい状況だ。

背番号10をつける20歳の李承佑は「私たちはコーチを信じる。残りの2試合で結果を出せば、まだベスト16に入れる。韓国代表としてW杯に出るのが小さいころからの夢だった。初戦は負けたがチームとしては意気消沈していない。チームメートとコーチ陣を信じたい」と語った。

また、Jリーグのヴィッセル神戸所属の鄭又榮は「アジア勢で、イランと日本が勝利した。だから、私たちはアジア勢の実力を疑うことはない。彼らにできることは、自分たちにもできるはず。彼らの戦いぶりが刺激になり、勝利への信念が一層強まった」とコメントしている。

韓国代表の発言に対して中国のネットユーザーからは
「どうして韓国人はいつも根拠のない自信を持てるのか」
「自分が三段跳びで火星まで飛べる可能性の方が、韓国がドイツに勝つ可能性より大きい」
「ドイツにはけちょんけちょんにしてもらいたい」
「韓国は今がまだ2002年だと思っているのか」
「平昌五輪の続きだと思っているのか」
など、手厳しいコメントが非常に多く寄せられた。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: ろこもこ ★ 2018/06/21(木) 07:19:35.17
韓国16強入りに自信、アジア勢の奮闘は「刺激になった」
6/21(木) 2:34配信  時事通信

【AFP=時事】2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場している韓国代表は、16強入りをまだ諦めておらず、23日に行われるメキシコとの大一番を前にアジアのライバルチームから刺激を受けた。

 韓国はW杯初戦でスウェーデンに敗れたが、とりわけこの試合の前にはメキシコがドイツを下すという衝撃をみせていたこともあり、グループFでの遅れを取り戻すことに必死である。

 韓国は第2戦でメキシコと対戦するが、この試合に敗れると3度目となるベスト16進出の可能性がついえると見込まれる。

 李承佑(Seung-Woo Lee、イ・スンウ)は「監督のことを信じ、残りの2試合をうまく進めることができればベスト16に進出できる」と話している。

「韓国代表としてW杯の舞台でプレーすることを、子どものころからずっと夢見てきた。負けたからといって、チームはまだ諦めていない」

「選手たちはやれると信じている。私はチームメート、コーチ陣のことを信じきっている」

 今大会ではサウジアラビアのグループAでの敗退が決まった一方、イランがモロッコに勝利し、日本も10人のコロンビアを破るなど、アジア勢はここまである程度の成功を収めている。

 MFの鄭又榮(Woo-Young Jung、チョン・ウヨン)は、「われわれアジア勢では、すでにイランと日本が勝利している」と語る。

「私はこのW杯でアジア勢が成功することに疑いの気持ちを持っていたが、われわれも同じアジアのチームとしてうまくやれるとも考えている」

「同じアジア勢の奮闘はわれわれにとって刺激になったとともに、われわれのやれるという信念をより強くしている」 【翻訳編集】 AFPBB News



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/20(水) 18:28:45.95
Record china 2018年6月20日(水) 17時50分

2018年6月20日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本対コロンビア戦を実況した韓国の解説者の発言が物議を醸している。

韓国メディア・月刊スポーツによると、アン・ジョンファン解説員は19日、日本対コロンビア戦の実況を行った。前半開始早々に日本が相手の反則で得たPKを香川が決めると、アン解説員は「日本、これはなんという棚ぼたか!」と驚いたという。前半39分にはコロンビアのキンテロが直接FKからゴールを決めて同点に。GK川島が懸命にセーブするも、ボールはわずかにゴールラインを越えた。この時、川島は主審にノーゴールを猛アピールしていたが、アン解説員は「ゴールとボールの間に高速道路を敷けそうだ」と表現し、コロンビアのゴールを確信していたという。

試合は結局、日本が2-1で勝利。アジアで初めてW杯で南米勢を破り、16強進出に大きく前進した。後半に大迫が勝ち越しゴールを決めた際、アン解説員は「韓国と比較されることは明らかだが、元サッカー選手としてはとても悔しい。(韓国代表を)侮辱するファンが増えそうでとても心配だ」と懸念を示したという。

アン解説員は“センスある言葉選び”に定評があり、韓国では人気の解説者だというが、今回の発言には韓国のネットユーザーから批判的な声が寄せられている。「解説者があからさまにコロンビアを応援していいの?」「日韓戦なら分かるけど、コロンビアと戦っているのになぜそんな発言を?同じ韓国人として恥ずかしい」「愛国心の強過ぎる解説者はいらない」「スポーツと国同士の関係は分けて考えるべき」「彼は日本に批判的な解説をすることで有名。ライバル心むき出しで情けない」「誰がどう見ても日本がうまかったのに、なぜ皮肉ばかり言うの?」など、中立性を指摘する声が目立った。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/06/20(水) 15:39:18.70
日本金星は「韓国ファンの自尊心傷つけた」 “明暗の初戦”に韓国メディア「予想外」
2018年6月20日 11時31分
THE ANSWER

アジア勢初の快挙を手にしたサッカー日本代表【写真:Getty Images】
index

初戦黒星の韓国、日本と明暗分かれる結果に「韓国にも大きな影響を与えるだろう」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアを2-1で破る大金星を挙げた。FW大迫勇也が1-1の後半28分に決勝ゴール。アジア勢が南米勢に勝つのは史上初の快挙となった。お隣の韓国メディアは自国が敗れ、日本が勝った“明暗の初戦”に対し、「誰も予想していなかったこと。これだけでも韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」と報じている。

 世界を驚かせた金星は韓国も予想外だったようだ。「日本初勝利、韓日のどちらが先に本戦行きを決めるか?」と報じたのは、韓国サッカー専門メディア「Best Eleven」だった。

 記事では、前評判の低かった日本が南米の強豪コロンビア相手に番狂わせを演じたことを紹介。「メキシコがドイツに勝利した波乱と同等の価値があるといえる」と評している。

 さらに「今回の日本の勝利は韓国にも大きな影響を与えるだろう」とし、両国は98年フランス大会から6大会連続出場しているが、ほとんどが韓国の方が成績が良いと説明している。

「誰も予想していなかったこと。韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」

 しかし、今大会、韓国はスウェーデンを相手に0-1で敗戦。ドイツ、メキシコと強豪ひしめく「死の組」で、初戦で勝ち点を落とし、1次リーグ突破へ、厳しい見通しとなっていた。

「ロシアW杯では韓国はスウェーデンに敗れた一方で日本はコロンビアに勝利した。これは誰も予想していなかったこと。これだけでも韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」

 このようにつづり、日本と韓国が対照的な船出となったことを“予想外”と受け止め、日本にライバル心を燃やすサポーターのプライドが傷ついてしまったと言及している。

 アジア勢が南米勢に勝つのはW杯史上初の快挙。首位発進となった日本だが、まだ1次リーグ突破が決まったわけではない。勝って兜の緒を締め、次戦に集中していくだけだ。(THE ANSWER編集部)


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 豆次郎 ★ 2018/06/19(火) 22:52:43.58 
2018 ワールドカップ ロシア大会
6/19(火)21:00~ グループH
モルドヴィアアリーナ

【結果】
日本代表 2-1 コロンビア

【得点者】
香川真司 (前半6分) PK
tag reuters.com,2018 newsml_RC1CCF9D1FA0 1464888923_768x432

フアン キンテーロ (前半39分)
tag reuters.com,2018 newsml_RC144CF06F90 1926568402_768x432

大迫勇也 (後半28分)
tag reuters.com,2018 newsml_RC12FA88D430 1276522315_768x432

tag reuters.com,2018 newsml_RC132329A410 1363034274_768x432


試合ハイライト映像

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 【B:82 W:92 H:99 (C cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★2018/06/19(火) 20:04:46.02
インサイト(韓国語)

『2018ロシアワールドカップ』F組初戦のスウェーデン戦で痛恨の敗北を喫した韓国に対し、中国と日本ネチズンが嘲弄した。

去る18日にスウェーデンと対戦した韓国は、ペナルティーキックの失点でスウェーデンに決勝ゴールを許して0対1で敗れた。

これを見た中国と日本ネチズンは、「韓国は去る2002年の日韓W杯ベスト16、イタリア戦での誤審に対する罰を受けた」と言いながら、「全ては“因果応報”」と非難した。

▼「天道輪廻(因果応報)だ!韓国人は結局報いを受ける事になった。もし02年にVARがあったなら・・・」(上海熱線)。
no title

韓国-イタリアのベスト16の試合で延長前半、トッティーはペナルティーエリアの中で倒れた。

韓国の選手が近付いてはいたが身体接触が一切なかったため、トッティーは『ハリウッドアクション』で警告を受けた。先立って肘を使って受けた警告が累積して、トッティーは退場となった。

この判定を巡って物議を醸したが、おおむね妥当な判定だったという意見が多数だった。しかし退場当事国のイタリアは根強く『誤審』と主張した。

そして何の関係もないが韓国が上手く行っている事がけしからんとし、中国と日本まで力を合わせて「誤審だ。不公平な判定だ」と韓国を批判した。

こうして中国と日本ネチズンが再びこの事を取り上げ、韓国の敗北を嘲弄した。

韓国の敗北に『審判』の影響があったとしても、そのような審判に当たったのは2002韓日ワールドカップ当時の誤審のツケが『因果応報』として現れたというのだ。

中国のポータルサイトには、「韓国人は結局報いを受けた事になる」という、露骨なタイトルの非難記事まで出てきた。

この記事を見た中国ネチズンは、「我が中国チームは強くはないが汚くはない」や、「これは全て韓国が自ら招いた事でアル」。非常に痛快でアル」と皮肉った。

日本ネチズンの反応も中国ネチズンと特に変わらなかった。

日本ネチズンは、「審判買収で勝利を拾ったら、今回にはビデオ判定に首を絞められる立場になったた」、「結果は妥当だ」と言いながら、韓国の敗北は当然で審判判定は問題ないと反応した。

no title

一方これを見た韓国のネチズンは、「ネチズンはそうだとしても、マスコミがこんな記事を書くのか」、「中国はワールドカップも出れなかったくせに」、「日本も同じようなものでは」など、不快だという反応を見せている。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ