韓国サッカー

1:ななしさん 2019/08/01(木) 11:05:48.50
2019.08.01 午前02:54 スポーツ挑戦

ユベントスがプロサッカー連盟(Kリーグ)の抗議公文書について答えた。結論は、自分たちに非はないということ。
ロナウドの欠場については、「メディカルスタッフが、ロナウドは休息を取るべきだと助言した」とだけ答えた。むしろ法務チームを通じて法的対応を示唆した。居直りであった。

スポーツ朝鮮は、ユベントスのアンドレア・アグネリー会長がクォン・オガプ連盟総裁に送った公文書を単独で入手した。中略

連盟は、ユベントスが去る26日、ソウルワールドカップ競技場で開かれたユベントスとチームKリーグ間の親善試合でロナウドが欠場するなど、契約を忠実に履行していないことについて抗議する文書を発送したと29日明らかにした。当時連盟は、文書でユベントスの無責任さと試合時間まで変更してほしいと要求した傲慢さを指摘した。

これに対して、ユベントスが回答した。公文書でユベントスは「元々Kリーグとユベントスの試合は27日に計画されていた。しかし、Kリーグの要求に応じて26日に再調整された」と切り出した。それとともに「交渉期間中、ユベントスのマネージャーは、このようなスケジュールの変化により生じる可能性がある潜在的な危険性について話し続けた」とした。その一方で「韓国ファンに最高レベルのサッカーを見せることを約束し、26日の開催に合意した」と述べた。

ユベントスは韓国の支援がなかったと主張した。「移動の難しさを知っており、飛行機の着陸と入国、チームバスのための警察の護衛などの諸条件について助けてくれることを要求した」と主張したユベントスは、「しかし残念ながら、このような要請は受け入れられず、飛行機から降りるために45分、空港を抜けていくのに1時間50分もかかった」と付け加えた。

ユベントスは「このような過程は、タイトなスケジュール(Kリーグが27日から26日への変更を要請した)に影響を与えながら、午後4時30分にホテルに到着した。 リラックスしたり、試合前に通常の活動をするには時間がなかった」と述べた。その一方で「私たちはユベントスのファンを喜ばせるため、私たちができる最高レベルの対応をした。ワールドチャンピオンであるブッフォンをはじめ(中略)国家代表選手たち、そしてバロンドール受賞であり、副会長のパベル・ネドベドまで(ファンミーティングに)参加した」と恩着せがましかった。

ホテルから競技場への移動の過程も言い訳にした。ユベントスは「関係者からホテルからスタジアムまで通常40分ほどかかると聞いた。しかし、私たちの要求とは異なり、警察の護衛はなく、交通渋滞はすごかった。 私たちのチームバスは2時間も道路に閉じ込められた。世界のどこでも経験したことができなかったこと」とした。それとともに「競技場に行く間、パベル・ネドベド副会長は関係者から迷惑をかけて申し訳ないという電話も受けた」と自分たちのせいではないことを強調した。

ロナウドの欠場については、「メディカルスタッフは、ソウル到着の48時間前に南京で行われた試合を通じて筋肉疲労が生じ、休憩を取るべきだと助言した」と明らかにした。 45分の義務出場規定については、ただの一言もなかった。

それとともにユベントスは「Kリーグが主張した無責任な行動や傲慢さ、ファンを無視したという告発は明らかに拒否する。ユベントスの誰もがKリーグとKFA、そしてAFCから汚名をかぶせられるような行動をしておらず望まない」とした。続いて「Kリーグが提起した告発について、私たち法務チームに対応を検討するよう指示した」とし、法的対応まで示唆した。

ユベントスがプロサッカー連盟に送った公文書の一部

no title

https://sports.news.naver.com/wfootball/news/read.nhn?oid=076&aid=0003448691
本文を読む

1:ななしさん 2019/07/31(水) 19:38:16.00
C・ロナウド欠場騒動、韓国で集団訴訟の請求額は? 「1人あたり9万8000円賠償せよ」
2019/07/31 12:30 Football ZONE web

チケット代や精神的苦痛も含めた慰謝料として、1人あたり107万1000ウォン賠償せよ

26日の韓国Kリーグ選抜戦でロナウドが欠場、1人あたりの損害賠償額に韓国紙が言及

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わり、契約違反という声が上がっている。その一方、韓国ファンが集団訴訟を起こすと報じられるなか、韓国紙「マネートゥデイ」は「チケット代や精神的苦痛も含めた慰謝料として、1人あたり107万1000ウォン(約9万8000円)賠償せよ」と報じている。

 ユベントスはアジアツアーを敢行したなか、26日に韓国のKリーグ選抜とプレシーズンマッチを実施。24日に中国で行われたインテル戦でフル出場していたロナウドは疲労を理由に欠場したが、45分間の出場契約があったと韓国では報じられている。

 韓国紙「マネートゥデイ」は「チケット代や精神的苦痛も含めた慰謝料として、1人あたり107万1000ウォン(約9万8000円)賠償せよ」という見出しで報道。「ロナウドへの韓国ファンの怒りが激しくなり、訴訟が本格的に始まった。キム・ミンギ弁護士が主催者ザフェスタを相手に損害賠償訴訟状を30日に提出した」と伝えている。

 記事では「訴訟に向けて2000人以上が参加の意思を明らかにしている」と記しつつ、早急に訴状を提出するため一旦は原告を2人としており、「今後、訴訟に参加する人員はさらに増える見通しだ」と続けている。

 さらに「ロナウドは韓国で予定されていたファンとのミーティングやサイン会もキャンセルし、試合にも出ていない。試合後も6万人の観衆への謝罪もなかった」と言及。韓国ファンの怒りは依然として燻り続けており、その動向を韓国メディアも注視しているようだ。(Football ZONE web編集部)

201907270007917107_1

https://www.football-zone.net/archives/207251
本文を読む

1:ななしさん 2019/07/31(水) 09:30:27.51
「親善試合欠場問題」詐欺容疑捜査着手、C・ロナウド召喚?

・弁護士がユベントスとクリスチアーノ・ロナウドを告発
・捜査手続き上、召喚することになるが警察内部でも可能性に疑問

警察が、韓国で行われた親善試合を欠場したサッカー界のスター、クリスチアーノ・ロナウドの捜査に着手した。

ソウル地方警察庁は「詐欺容疑で告訴状が受理されたロナウドやユベントスなどに対する捜査をソウル水西警察署に配当した」と30日、明らかにした。


法務法人LKBパートナーズのオ・ソクヒョン弁護士がロナウドと所属チームのユベントス、試合を総括した韓国の主催企業「ザ・フェスタ」を詐欺容疑で警察に告発していた。

水西警察署は「ロナウドとユベントスの告発状は受理された。罪になるということであれば、被告発人に対して出席要求書を送るのが通常の捜査手順だ。事件を検討した上で、召喚するかどうかを決定する」と明らかにした。

201907270007917107_1

しかし、出席要求書が発行される可能性は低い。告発容疑がある程度立証されなければならないからだ。警察関係者は「『故意にだました』という客観的な状況がなければ詐欺罪ではなく、民事の問題になるので、警察は介入できなくなる」と話している。

もし、このような状況があったとしても、国内召喚が問題になる。外国人が韓国で犯罪を行った場合、警察は国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に捜査協力を依頼したり、相手国に犯罪人の引き渡しを要求したりすることもある。

しかし、警察庁の内部規則では、「懲役1年以上の刑」の犯罪にのみインターポールに捜査協力を要請できるようになっている。ロナウドが暮らすイタリアに犯罪人引き渡し要求をしようとしても、裁判所が逮捕状を発行するほど犯罪の容疑が相当部分で認められなければならない。

ロナウドが召喚に応じなくてもインターポールの捜査協力要請や犯罪人引き渡し要求をするのは難しいことだ。

今回の刑事訴訟とは別に、ロナウドの欠場と関して集団損害賠償訴訟も起こされる。30日現在、試合を主催したザ・フェスタを相手取った損害賠償訴訟団に約2000人が集まっている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/31/2019073180013.html

本文を読む

1:ななしさん
C・ロナウド、韓国欠場騒動でクラブ関係者が新証言 「出場要請をロナウドが拒否した」
7/30(火) 17:50配信  Football ZONE web

26日のKリーグ選抜戦でロナウドが出場せず、クラブ関係者のコメントを韓国紹介

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わり、韓国で批判が噴出している。そんななか「ファンのために少しでも出場してくれという要請をロナウドが拒否した」というユベントス関係者の新証言を韓国放送局「SBS」が報じている。

 新シーズンに向けてユベントスはアジアツアーを敢行し、今月21日にシンガポールでトットナム、同24日に中国でインテルと対戦。そうして最終地として向かったのが韓国だった。ところがチームの韓国入りが遅れ、急遽キックオフ時間も1時間後ろ倒しになるハプニングが発生。そうしたなかで26日にKリーグ選抜とプレシーズンマッチを行った。

 ただでさえ韓国ファンの不満が溜まっているなか、エースのロナウドは筋肉疲労のためベンチスタートとなり、最後まで出場せずに終了。試合前に予定されていたサイン会も欠席しており、会場に訪れた6万人の怒りは一層膨らんだ。試合後も取材も受け付けずに会場を後にしており、ロナウドに対して批判が集中していた。

 韓国テレビ局「MBC」は「ロナウド騒動に関連し、ユベントスと主催者間の契約の一部をMBCが単独入手した」と報じ、「ロナウド45分出場規定は事実と確認された」と報道。主催者側とユベントスの間でロナウドが少なくとも45分間は出場する契約があったとしている。

 それでもロナウドは最後までピッチに立たなかった。そのなかでユベントス関係者の証言を紹介したのが韓国放送局「SBS」だ。「ファンのために少しでも出場してくれという要請をロナウドが拒否した」とクラブ関係者は語っており、「帰る飛行機の中で、なぜ出場しなかったのか尋ねたが、ロナウドは答えなかった」と明かしたという。

201907270007917107_1

 韓国では訴訟に向けた動きが起きており、事態は収束するどころか、むしろ拡大している。ユベントス関係者は韓国を再び訪れて謝罪するとしているが、どのような決着を見ることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00207075-soccermzw-socc

本文を読む

1:ななしさん 2019/07/30(火) 10:17:38.75
7/30(火) 10:14配信

【AFP=時事】イタリア・セリエAのユベントス(Juventus)が今月26日に韓国・ソウルで親善試合を行った際、チームのスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)がベンチに座り続けたことで、同国ファン2000人以上が主催者を相手に訴訟を検討していることが分かった。地元の法律事務所が29日に明らかにした。

201907270007917107_1

 ポルトガル代表のFWロナウドは、チームがKリーグオールスターと対戦した試合で1秒もプレーせず、スパイクのひもを結べという観客の要求にも応じなかった。これに怒りを募らせた一部ファンは、同選手のライバルでアルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)の名前をチャントする始末だった。

 法律事務所の話によると、試合の開催が最初に発表された際に、主催者はロナウドが最低でも45分間はプレーする契約であると明かし、そのため多くのファンが殺到した。代金が3万ウォン(約2800円)~40万ウォン(約3万7000円)に設定されたチケットは、販売開始からわずか2時間半で売り切れたという。

 法律事務所の弁護士は、AFPの取材に対して、「これまでに2000人以上のファンが、訴訟を求めて当社に連絡してきている」「もし主催者側がチケット所有者への賠償に関する具体策を示さなければ、われわれはファンを代表して来週にも正式に訴訟に踏み切る計画を立てている」と述べた。

 当日はユベントスが中国・南京(Nanjing)からの飛行機が遅れて試合開始予定の5時間前に現地入りしたため、キックオフも約1時間遅れてしまった。

 主催者であるザ・フェスタ(The Festa)の最高経営責任者(CEO)は、韓国の放送局SBSで涙ながらにインタビューに応じ、試合中にユベントスのパベル・ネドベド(Pavel Nedved)副会長にクレームを入れたが、「私もロナウドの出場を望んでいる。しかし、彼はプレーしたくないと言っている。申し訳ないが私にはどうしようもない」と返されたと話した。またCEOは、主催者としてチケット購入者への「補償方法」を模索していくと付け加えている。

 この騒動で、ロナウドはソーシャルメディアで批判の的となっている。試合を観戦した韓国人の一人はインスタグラム(Instagram)に、「彼は6万人の観客を裏切り、軽く扱った」「もう自分はロナウドのファンではない」と投稿した。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190730-00000008-jij_afp-socc&expand_form

本文を読む

1:ななしさん 2019/07/28(日) 14:06:12.53
スポーツソウル

ユベントスは27日午前1時、チャーター機ですぐに戻っていく。
韓国にはわずか12時間の滞在だ。

201907270007917107_1

http://www.sportsseoul.com/news/read/796732

本文を読む

1:ななしさん 2019/07/28(日) 13:35:06.12
解明ないロナウドのSNS映像...傷つくのに十分である
オーマイニュース

筋肉異常があるとして26日、チームKリーグとの試合に出場しなかったクリスチアーノ・ロナウドが、イタリアに戻り、すぐランニングマシンで運動する様子を自分のSNSに公開した。

ロナウドは27日(以下韓国時間)SNSに「家に帰れて嬉しい」(Nice to back home)というコメントと一緒にランニングマシンの上で走る映像を公開した。中略

ロナウドが長時間飛行直後、自分の運動姿をSNSに投稿したのは、彼の筋肉には大きな問題がない傍証でもある。これに韓国のファンたちは再び怒っている。現在まで、ユベントスとロナウドは「ノーショー」について謝罪もコメントもしていない。

no title

https://sports.news.naver.com/wfootball/news/read.nhn?oid=047&aid=0002235007

本文を読む

1:ななしさん 019/07/28(日) 10:37:56.31
損害賠償推進まで… C.ロナウド欠場に韓国物議、地元紙「ボイコット運動展開の兆し」
THE ANSWER 7月28日

Kリーグ選抜の試合に出場せず、波紋拡大「少しずつ大きくなるロナウドノーショー事態」
 
海外サッカー、イタリア1部セリエAのユベントスは26日、韓国でKリーグ選抜と親善試合を行って3-3で引き分けたが、期待されたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが出場せず。

詰めかけた韓国人ファンからブーイングが飛び、物議を醸していたが、主催者側はファンに謝罪するとともにユベントス側に抗議する予定という。韓国メディアが報じている。

「苛立つファンたち…少しずつ大きくなるロナウドノーショー事態」と報じたのは、韓国紙「スポーツワールド」だ。「事態が徐々に大きくなっている」と報じた記事では、チームが1時間遅刻したこと、ロナウドが試合のほか、サイン会にも参加しなかったと紹介。

201907270007917107_1

「世界的スターを見るために25~40万ウォンの高いお金を出して訪れたファンたちは怒りを露わにした」と報じた。

試合ではファンから大きなブーイングも沸き起こったが、新たな動きを見せているという。

「ファンたちが集団で動き始めた」とし、27日にSNS上では韓国の法律事務所がユベントス戦のチケットの払い戻しや訴訟を推進するというブログが広まり、当該事務所は「払い戻しだけでなく損害賠償を請求することもできる」と説明しているという。


また「試合主催者及び代表を処罰して欲しい」といった内容を大統領府国民請願掲示板に書き込みがされ、「ユベントスボイコット運動も展開される兆しだ」と紹介。


「韓国サッカーファンたちは欺いたユベントスの試合を観たり、競技場に足を運んだりしないという意味だ」としており、韓国ファンのユベントス側に対する不信感が大きくなっているようだ。

記事によると、主催者側はユベントス側との契約でロナウドが最低45分以上出場することが明示されていたと強調。

例外はアップ中に負傷したり、試合中に怪我をしたりした場合のみに制限されていたとも主張したほか、26日に行うという試合日程についても、事前にユベントス側と合意されたものだったとも説明したという。

記事では「主催者はサッカーファンたちに謝罪すると同時に、ユベントス側を強く抗議する意思を伝えた」としている。

https://the-ans.jp/news/68626/

本文を読む

1:ななしさん 2019/07/27(土) 08:17:48.57
マイデイリー 2019-07-27 00:09

45分の出場契約を無視した「サッカースター」クリスチアーノ・ロナウド(34、ユベントス)がミックスゾーンのインタビューも拒否したまま競技場を去った。

201907270007917107_1

ユベントスは26日、ソウルワールドカップ競技場でチームKリーグとの親善試合で3-3で引き分けた。中略

ユベントスの訪韓試合はロナウドの韓国訪問で話題を集めた。2007年、マンチェスター・ユナイテッド所属で韓国を訪れたロナウドは、12年ぶりにソウルワールドカップ競技場に姿を現した。

しかし、最初から事態がもつれた。当初この日の試合は、8時にキックオフされる予定だったが、ユベントスの選手団の遅刻で50分遅れ、8時50分になってようやく行われた。

ファンをより失望させたのはロナウドの欠場であった。ロナウドは親善試合に無条件45分を走らなければならない条項があった。選抜から除外された時には、後半から出てくるものと予想された。しかし後半になってもロナウドはずっとベンチに座っていた。

さらに体も動かさなかった。ベストを着て体を動かし交換の準備をする他の選手たちとは異なり、ずっとベンチにとどまった。

歓声はブーイングに変わった。前半だけでもロナウドの姿が電光掲示板に映し出されると熱い歓声を送ったファンは、後半になっても出てこないロナウドに向かってブーイングを送った。

2019072703442743012_1

試合前には手を振ってファンサービスをしていたロナウドも、ブーイングが殺到すると固い表情で試合を見守った。

ロナウドは出場時間45分どころかたった1秒も走らず、12年ぶりの訪韓を終えた。 プロ連盟の説明通りなら、ロナウドの欠場でユベントスは違約金を支払わなければならない。正確な金額は明らかにされなかったが、状況の説明が求められる。

試合後もロナウドはミックスゾーンで取材陣のインタビュー要請を拒否した。警護員に囲まれたロナウドは、固い表情で選手団のバスに向かった。


本文を読む

1:ななしさん 2019/06/11(火) 13:32:26.25
<サッカー>豪州戦になぜ?韓国サポーターが「抗日英雄」の横断幕を掲げて物議

2019年6月7日、韓国・インターフットボールによると、釜山アジアド主競技場で行われた韓国対豪州の親善試合に、安重根(アン・ジュングン)と李舜臣(イ・スンシン)の横断幕が登場した。


301648_266648_47

301648_266645_5050

パウロ・ベント監督率いる韓国代表(FIFAランキング37位)は同日午後8時に豪州(同ランキング41位)と親善試合を行い、ガンバ大阪のFWファン・ウィジョの決勝ゴールで1‐0で勝利した。

この試合では、前日に64回目を迎えた「顕忠日(国のために犠牲になった人を弔う祝日)」を記念するため、伊藤博文を旧満州のハルピン駅構内で暗殺した独立運動家の安重根と、文禄・慶長の役で朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされている李舜臣の横断幕が掲げられた。記事はこれを「意味深いパフォーマンス」と伝えている。

これに対し、大韓サッカー協会関係者は「今回の横断幕は(韓国代表の公式サポーター集団の)プルグンアンマ釜山支部が製作したと聞いている」と説明した。

この様子は韓国のインターネット掲示板でも話題になっているが、
「顕忠日は反日だけの日じゃない。北朝鮮などからこの国を守るために犠牲になった方を称える日でもある」

「朝鮮時代の話じゃなくて、『大韓民国』の顕忠日。だから朝鮮戦争や西海海戦の勇士らを称えるパフォーマンスをすべき」

「スポーツに政治を持ち込むなって言うくせに…。日本が同じことをしたらどう?絶対たたきまくるでしょ」
など、「顕忠日」の意義に疑問を投じるコメントが目立つ。この他
「なんか自分が恥ずかしくなってくる」

「そもそも安重根と豪州に何の関係があるの?」

「これだもん。日本の嫌韓も理解できる」
などため息が聞こえてきそうなコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b719761-s0-c50-d0127.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/06/03(月) 15:20:59.53
Record China 2019/06/03 12:00

2019年6月1日、騰訊体育は、中国で開かれたユースサッカー国際大会で韓国人選手が優勝カップを踏みつけた問題で、韓国メディアから「劣等感を持つ中国による批判が激しすぎる」との不満が出ていると報じた。

記事は、韓国のテレビ局MBNの報道を紹介。連日中国メディアが批判を繰り返しているが、いささかやりすぎな感が否めない。中国サッカーが韓国に対して抱いている劣等感が爆発したとさえ感じさせるほどだ」などと伝えている。


中国メディアの韓国サッカーに対する批判の内容が、道徳やスポーツマンシップの欠如に集中していることに言及し、「U-18の監督や選手たちはすでに現地で記者会見まで開いて謝罪した。当事者の選手が所属する蔚山現代も謝罪声明を出している。それなのに、中国側は優勝カップを剥奪した。誠意ある謝罪を受け入れない中国の態度は、大国としてしかるべきものではない」と論じた。

no title

https://www.recordchina.co.jp/b717621-s0-c50-d0135.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/06/03(月) 16:35:55.24
リアルライブ 2019年06月03日 12時00分

 2日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)「週刊御意見番」の内容に、一部視聴者から怒りの声が上がっている。

 番組には、ロッテオリオンズ~中日ドラゴンズ~読売ジャイアンツ~日本ハムファイターズを渡り歩き、中日ドラゴンズの監督・GMを務めた落合博満氏が登場。そして、張本勲氏は広島県廿日市で開催された「ドリームベースボール」参加のため、バーチャル出演となった。

 そんな2日の放送で、一部視聴者が注目していたのが、中国成都で開催された国際サッカー男子-18「パンダカップ2019」の話題。

 韓国・中国・タイ・ニュージランドが参加した同大会で、優勝した韓国の選手が受け取ったトロフィーの上に足を載せ踏みつける、排尿ポーズをするなど著しく非礼な態度を見せ、中国のサッカー関係者を激怒させ、優勝を取り消したのだ。この件について、張本氏がどのようなコメントを行うか、注目されていた。

no title

 その理由は、張本氏が2017年にアジア・チャンピオンズリーグ・浦和レッズ対済州戦で、済州の選手が浦和の選手を暴行し、乱闘に発展した件について、敗色濃厚だった済州選手の非礼な振る舞いに一切触れず、「浦和の選手の態度が悪かった」「扇動するようなガッツポーズが悪い」などと、関口宏とともに「浦和の選手が悪い」というような見方をして炎上したこと。韓国国内でも「済州が悪い」と報じられていたにもかかわらず、反日的な見方をした番組に、厳しい批判が浴びせられていた。

 その件もあり、張本氏や関口が今回どのようなコメントをするのか注目されたが、結果はなんと「取り上げない」というまさかの取り扱い。これに「なぜ取り上げないのか」「擁護できないとスルーするの?」「報道しない自由が酷すぎる」と批判が噴出する。

 それどころか、コーナー前の世界のプラスチックゴミを取り扱った話題では、手作りと思われるフリップの日本の位置が不自然な場所にあり、「竹島を韓国領としているのではないか?」「この番組は韓国を擁護したいのか?」と不満の声が上がった。

 『サンデーモーニング』については、『御意見番』コーナーを含め、その報道姿勢が中立でなく、「反日的」「韓国寄り」との批判がある。そのような中で、韓国チームの不祥事を糾弾せず、取り上げもしないという姿勢は、「反日・韓国寄り」の印象をさらに強めることになった。

https://npn.co.jp/sp/article/detail/00974561/

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/31(金) 12:06:13.43 I
「日本人の助太刀に感謝!」と中国メディア、韓国選手の中国での“愚行”で
  レコードチャイナ

no title

中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップで優勝した韓国選手に不適切な行為があったことについて、中国メディアの中国経済網は30日付の記事で「日本のネットユーザーが怒りをあらわにしている」と伝えた。

この騒動について、中国経済網の記事は「中韓の試合の数時間後には、韓国選手がカップを踏みつけたニュースは日本にも伝わり、大きな話題になった」「中国で起こったこの問題を、日本のネットユーザーまでもが見ていられなくなった」などとし、日本のネット上で「国際大会への出場を禁止すべき」「韓国には常識というものがないのか」といった辛辣(しんらつ)な批判や皮肉が寄せられていると紹介した。

同記事を執筆した記者は、「一人のサッカーファンとして、日本のネットユーザーの『助太刀』に感謝する」とし、「こうした道徳に反する品がない行為は、相応の処分を受けてしかるべき。しかし、ピッチの中において、中国代表にはさらに努力を重ね、実力をもってその能力を示してもらいたいと心から思う」とつづっている。(翻訳・編集/北田)

本文を読む

1 荒波φ ★ 2019/05/31(金) 17:01:40.29
2019年5月31日 16時17分スポーツ報知

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が31日、自身のツイッターを更新。サッカーのU-18韓国代表が中国四川省で行われた大会「パンダカップ」で優勝し、トロフィーを踏みつけた問題に言及した。

トロフィーを踏みつけた韓国代表に対し、侮辱行為だとする批判が殺到。韓国側は謝罪し、トロフィーは剥奪されることになった。

村本はこの問題に関するネット記事をツイッターに貼り付けた上で、「『だから韓国は』ってすぐに韓国批判にすり替えるやついるけどただの無自覚で調子に乗っちゃった子供の話。自分のイデオロギーに、その国の子供の失敗を利用しちゃダメよ」と自身の見解を示した。

index

https://hochi.news/articles/20190531-OHT1T50132.html



本文を読む

このページのトップヘ