歴史問題

1: ねこ名無し ★ 2016/08/11(木) 05:15:52.27 _USER
修学旅行先の韓国で生徒に土下座させた教育…命がけで正常化 教育評論家・中塩秀樹さん
産経新聞

韓国での日本人の土下座といえば、ソウルの西大門刑務所跡地でひざまづいた鳩山由紀夫元首相が思い浮かぶが、かつての広島の高校では修学旅行で生徒がさせられていたという=2015年8月
wst1608110006-p1


 広島県は、かつて「教育県」と呼ばれていました。しかし、私が高校教諭になった頃にはその面影すらなく、学力は全国40番台辺りを低迷する常連県で、学習指導要領無視の教育がまかり通っていました。

 定められた授業時数の7割程度しかしていなかったり、教員が勤務時間中に組合活動をしていたり。「道徳」は大半の学校で行われず、実施している学校でも時間割には「道徳」ではなく「M」と表記するなど、道徳という言葉を知らない生徒も多くいました。

 修学旅行は行き先が海外の場合、韓国が最も多く、出発前に「日本がどんなにひどいことをしたか」という反日教育を行い、行った先で生徒に土下座をさせるところもあったのです。


 学校運営では、教職員が校長の権限を奪い、職員会議ですべてを決める。校長を「校長係」として教職員と同列の業務分担に位置づけた学校も。学校組織の中核として責任ある「主任」という立場を教職員組合が認めず、1~2年生教員を主任にし、主任手当を組合に拠出させるなどという行為も横行していました。

 こうした惨状に対し、私を含めて「何とかしたい」と思う教員もいましたが、どこから手を着ければよいか分からない。そんな平成7年のある日、同僚に誘われて広島で開かれた講演会に参加しました。

 講師は「福岡教育連盟」という福岡県内の教職員団体で委員長を務める佐々木重利先生。当時、がんに侵された体だったにも関わらず、福岡県の教員が命がけで教育正常化に取り組んだ話をしてくださった。「偏向教育はアヘンのように学ぶ者の人生を狂わせる。広島の子供たちのために立ち上がってください」という先生の言葉が忘れられず、私の腹は固まりました。

 それ以降、福岡や文科省の方々から教育正常化の手法を学び、「優先すべきは将来を担う教員を正しく育てること」と考えて生徒指導や進路指導、教育関係法令、道徳教育などの研究会を結成。「教育活性化研究協議会」という研修団体も設立し、若い世代の教員の指導・育成に当たるとともに、広島の教育の問題点を整理して改善策をまとめる作業も手がけたのです。

 さらに私たちの活動を大きく方向付けたのが、産経新聞広島支局の当時の支局長との出会いでした。新聞記事の意見を言おうと支局を訪れたのですが、そこで支局長と意気投合し、やがて「教育再興」という連載記事につながりました。

 12回に及ぶ記事のおかげで、広島県教育の問題点や改善すべき方向が広く認知され、「教育正常化」が県民の総意になったのです。

 そして、賛同してくれた国会議員や県会議員の方々の尽力もあり、ついに平成10年、文部科学省が県教委に対し、「法令の逸脱など不適正な実態がある」として是正を指導しました。示されたのは、「式典での国旗掲揚・国歌斉唱」「道徳の名称・指導内容」「職員会議の運営」「主任の人選」など13項目。いずれも私たちの指摘・提言がベースになっていました。

 文科省の指導を受け、県教委はようやく是正に乗り出します。その後にも、県立世羅高校の校長や、別の学校の民間出身校長が自殺するなどの痛ましい事件がありましたが、それでも「教育正常化」は少しずつ進んでいきました。

 【プロフィル】なかしお・ひでき 昭和28年、広島県呉市生まれ。53年に広島大大学院理学研究科を修了後、民間会社の経営に携わったあと教職に就き、広島県内の公立学校に勤務。理科教育や道徳教育、進路指導、脳科学研究などに従事した。その後、中学校や高校の校長などを歴任し、現在は「30+2分で夢が実現する勉強法」など独自の教育理論を提唱。学力だけでなく「人間力」の向上も説き、全国各地で講演活動に奔走している。松江市在住。

wst1608110006-p2

http://www.sankei.com/west/news/160811/wst1608110006-n1.html


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

imgout1: ねこ名無し ★ 2016/07/25(月) 16:13:04.01 _USER
2016年7月24日、韓国・聯合ニュースによると、在韓日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像を制作したキム・ソギョンさんとキム・ウンソンさん夫妻が、「日本に強制徴用者を象徴する像を建てることが目標」と明らかにした。

キムさん夫妻は22日から24日まで、ソウルの市庁前広場で展覧会「戦争のない世界のためのAEV」を開催。展覧会には砲弾や薬きょうなどで作られた作品が展示された。キムさん夫妻は「戦争の象徴に『生命』を吹き込みたかった」と述べた。また、今後の計画について、「強制徴用者を象徴する像を制作する」と明らかにした。像は、満足に食事もできず、炭鉱や工場に連れて行かれて奴隷のように働かされたせいでやせ細った青年が、まぶしい太陽に手をかざす姿をイメージするという。

キムさん夫妻はこの「強制徴用者像」を日本に設置することを目標に掲げ、「日本植民地時代に強制徴用された人たちの魂を癒し、二度と他の国から侵略されてはならないというメッセージを韓国国民に伝えたい。また、日本が戦争犯罪を反省するきっかけになることを願う」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「彼らに拍手を送る」
「国会議員らは何をしている?」

「キムさん夫妻の言う通り。北朝鮮も韓国侵略を反省するべき」
「勇敢な真の芸術家だ。尊敬する」
「執着してはいけないが、忘れてもいけないわが国の歴史。彼らの活動がうまくいくことを願っている」

「韓国は政府がするべきことを一般人や外国人がしている」
「他の国から反発を受けそうなことを、わざわざする必要があるだろうか?」

「なぜ日本の神経を逆なでしようとする?」
「韓国に設置すればいいのでは?」(翻訳・編集/堂本)

http://www.recordchina.co.jp/a145761.html


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

5e7461441: 蚯蚓φ ★ 2016/06/28(火) 00:45:33.44 _USER
(天安=聯合ニュース)キム・ヨンユン記者=「彼を銃殺した日本軍は頭を切って釜に入れてゆで、肉を暴いた後、頭蓋骨を日本本土に強制搬出した。軍国主義日本の野獣的属性が最も赤裸々にあらわれた…韓民族の惨憺たる受難の一証左ということができる。」

帝国主義日本が1910年、庚戌国辱に先立ち抗日戦闘を行った義兵長を逮捕して射殺した後、首をはねただけでも足りずに頭を釜に入れてゆでた、という衝撃的な事実が初めて確認された。


パク・ミニョン独立記念館韓国独立運動史研究所首席研究委員は旧韓末、江原道(カンウォンド)高城(コソン)と江陵(カンヌン)襄陽(ヤンヤン)一帯で義兵長として活動した権亨源(クォン・ヒョンウォン、1854~1907)の殉国と事後、日帝によって行われた死体き損蛮行を遺族、村老らの口伝資料と独立有功者褒賞のための多数の根拠資料を土台に明らかにした。

彼は「高城義兵長、権亨源の義兵闘争と断頭」「釜煎受難」のタイトルの論文で日本防衛省防衛研究所所蔵資料の当時「韓国駐車軍参謀長が陸軍次官に報告した文書」などを引用し、権亨源は断髪令(1895年)以後、後期義兵期の1907年10月20日、高城を攻撃して五時間ほどで占領したと伝えた。

引き続き権亨源は日本軍歩兵第51連隊第9中隊分遣隊と激しい戦闘を行った後、退却して潜伏し25日、逮捕されて南江(ナムガン)松林の森で村の指導者12人と共に銃殺されたとパク研究委員は明らかにした。銃殺された死体は完全には埋められず、切られた首はチャン・ジンに移され、釜で煮られて頭蓋骨だけ日本に持っていって事実上3度殺された格好だと主張した。

このような事実は1962年国家再建会の内閣事務局長宛てに送った「殉国義士行跡推薦書」の内容や権亨源の子孫が記録した「殉国義士行状文」の「やつらは頭を切って100度以上グラグラ沸いているお湯でゆでて自国(日本)に送ってしまった」という記録、1982年、権亨源の孫クォン・ヒョクスが村老らの口伝証言記録を集めた「請願書」でも明確に明らかになったと彼は説明した。

また、偶然にも14親等の兄弟のクォン・ジュンウォン(元江陵関東病院院長)が日本の岩手医科大学に留学した時、ある神社で「江原道(カンウォンド)権亨源」という字が彫られた頭蓋骨を目撃したという証言もあったが、神社の位置など具体的な情報はまだ確認されずにいる。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/06/25(土) 11:15:37.26 _USER
バラク・オバマ米国大統領の5月広島訪問は謝罪のためではなかった。広島の人々も謝罪を要求しなかった。圧倒的多数の広島市民は原子爆弾を投下した国の大統領が犠牲者を追悼して核のない世界の実現を約束することで満足した。米日和解や同盟の深化さえ副次的なことに過ぎなかった。

韓国と中国では広島原爆投下が話題にあがり侵略と戦争に対する日本の責任が免除されるのではないかという批判があったが、それはオバマ大統領と広島住民が意図したことではなかった。意外に感じるかも知れないが、広島住民は死者に対する追悼以上に核兵器廃棄を強力に望んだ。

オバマ大統領も演説初めの部分で「71年前の晴れたのどかな朝、空から死神が降りてきて世界が変わった。」と話して核兵器を人類が自らを破滅させる手段と表現した。その後、オバマ大統領は10万人を越える日本人、数多くの韓国人犠牲者そして12人の米国人捕虜に言及してすべての死者を哀悼するために祈った。

オバマ大統領は数千人の韓国人犠牲者と表現したが、これは英語表現の問題で数万人を内包する数千人だ。実際に広島での韓国人死亡者は約3万人と推定される。

しかし、彼と全く異なる観点から私は原爆開発という軍事技術革命の最大犠牲者は広島市民でも日本人でもなく、韓国人ではなかったかと考える時がある。もちろん韓国に原爆が投下されたことはない。そのような意味で直接的な被害者数は限定されている。だが、原爆が韓国現代史、特に分断と戦争の根源に及ぼした圧倒的な影響力は推し量ることができない。その被害も莫大なのだ。


1941年12月太平洋戦争開戦後、少なくとも最初の1年間、米国は太平洋・極東地域で長期的な対日軍事戦略を構想できなかった。日本軍が迅速に南西太平洋地域に進出し米軍の接近を拒否する防御線を構築したためだ。しかし、1943年末まで二種類の軍事技術革命が進められた。

一つは新型高速航空母艦を中心にした米艦隊の再編成で他の一つは大型B-29長距離爆撃機の開発だった。この二つの技術革命が結合しながら米国が中部太平洋の島々を占領してそこから日本本土を爆撃するという新しい戦略が誕生したのだ。それが戦争の帰結を決めた。

一方、初めに構想した米合同参謀本部の軍事戦略は台湾とその向い側の廈門を占領して日本本土と南西太平洋方面を断絶させることだった。そして中国沿岸にそって北上し中国大陸の航空基地で日本本土を爆撃しようとしたものだ。これとは違ってダグラス・マッカーサー将軍はフィリピン・沖縄・南九州に上陸する戦略を推進した。

しかし、結果的に見る時、この二つの戦略以上に日本を追い詰めたのは中部太平洋の島々を北上する新しい戦略であったし第3の軍事技術革命、すなわち原爆の開発だった。サイパンから飛来したB-29大規模飛行機編隊が3月10日、東京を焦土化し、テニアン島(北マリアナ諸島の島)から飛んできたB-29が8月6日と9日に広島と長崎に原爆を投下した。

もし原爆完成が1、2カ月早ければソ連が参戦する前に戦争が終結し韓半島全体が米軍によって占領されただろう。反面その完成が1、2カ月遅れていれば韓半島はソ連の占領下に入っただろう。どちらでも分断は避けられたし5年後の朝鮮戦争勃発もなかっただろう。


しかし、この仮定は日本軍事指導者らの重大な責任も示唆している。東京大空襲と沖縄陥落以後彼らが本土決戦に執着しなかったとすれば広島と長崎の悲劇も、韓国の分断もなかったはずだからだ。

小此木政夫、慶応大名誉教授・東西(トンソ)大客員教授
1

ソース:東亜日報(韓国語) [世界の目/小此木マサオ]原子爆弾と韓国現代史
http://news.donga.com/Inter/3/02/20160624/78836417/1


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 動物園φ ★ 2016/06/24(金) 22:11:55.07 _USER
Record china
配信日時:2016年6月24日(金) 19時50分

2016年6月23日、第2次世界大戦で敵対したドイツとポーランドが共同で歴史教科書を発刊したことについて、聯合ニュースなど韓国の複数のメディアが大きく報じた。

独外務省の公式サイトなどによると、ドイツ・ポーランド両国外相は22日、ドイツ・ベルリンの高校で両国が共同編さんした歴史教科書「ヨーロッパ?私たちの歴史」第1巻を発表した。今秋始まる新学期から両国の学校で使用されるという教科書は、ドイツ用・ポーランド用で表記言語が異なるのみで内容は同一だ。

両国は08年から共同教科書の製作を進めており、今後、欧州の現代史までを網羅した同書4巻までを製作する計画。ドイツは06年にもフランスとの共同歴史教科書を発刊している。

これについて一部のメディアが「歴史教科書問題でたびたび摩擦を繰り返している韓日関係の手本となるとみられる」(文化日報)と伝えるなど韓国では日韓関係と結び付けて注目されており、ネットユーザーからはドイツ・ポーランドの事例をうらやむ声が数多く寄せられている。

「何も言えない。ただうらやましいだけだ」

「日本よ、見てるか?まあ日本も日本だが、韓国政府も問題だ」

「韓国だって共同歴史教科書みたいなもんだよ。親日派が親日の歴史を記してるからね」

「ドイツはやはり真の先進国だ」

「こんなことが現実にあるのか」

「これぞ模範的。日本との間でこういうことはないだろうけど」

「日本には絶対にできないこと。日本はドイツとは比べ物にならないよ」

「ドイツは徹底して反省してるね」

「うちの教育部も先進国ドイツみたいになりたくてそのうちまねするんじゃないかな」

「カッコいい。これなら本当の意味での隣国になれる」


「朝鮮時代を除けばちゃんとした歴史書すらないこの国で、共同教科書なんて話をしてもねえ」(翻訳・編集/吉金)

http://www.recordchina.co.jp/a134665.html


お断りどすと思った方はクリック → 
本文を読む

s-few1: トペ スイシーダ(茨城県) 2016/06/15(水) 22:36:07.21 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
【ソウル聯合ニュース】韓国・誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が14日、日本による植民地時代に強制徴用された朝鮮半島出身者とその子孫が暮らすウトロ地区(京都府宇治市)への歴史記念館建設に対する協力を呼びかけた。

ウトロ地区は戦時中に飛行場建設のため徴用された労働者らが暮らし始めたエリア。徐氏は今月末に同地区の建物が撤去されることに言及し、「住民を少しでも慰め、強制徴用された朝鮮半島出身者がどう生きてきたかを後世に伝える道は、歴史館を立てることだ」と訴えた。また、「日本政府と長崎市が端島炭坑(軍艦島、長崎市)を美化する広報を始めた。日本が強制徴用の歴史の痕跡を消そうとするのに対抗する意味でも、ウトロの歴史記念館の建設は象徴性がある」と述べた。

韓国の放送局MBCのバラエティー番組は昨年徐氏と共に、朝鮮人の強制徴用があった端島炭坑と高島炭鉱(長崎市)、ウトロ地区を紹介し、反響を呼んだ。 徐氏はこの時、高島の供養塔に続く道を整備するために募金を提案。 インターネットを通じた「クラウドファンディング」で集まった1800万ウォン(約163万円)のうち半分が供養塔の道の整備に用いられた。 残りは先週、徐氏がウトロ地区の同胞生活センターに届けた。

歴史記念館建設計画の概要は年内にまとまる見通しだ。 徐氏は計画と費用が確定すれば国民にあらためて募金を呼びかける考えだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/14/2016061401176.html


元スレ:・韓国人が京都のウトロ地区に歴史記念館を建設しようと計画中 韓国人教授が募金呼びかけ

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/06/11(土) 19:32:53.61 _USER
(東京=聯合ニュース)チョ・ジュンヒョン特派員=韓日両国が歴史認識問題を解くと同時に韓半島統一と東北アジア平和安定のための共助方案を探さなければなければならないと両国の専門家が指摘した。

両国の専門家は10日、東京学士会館で開かれた東アジア国際シンポジウムでこの様な意見を出した。この席でパク・チョルヒ、ソウル大日本研究所所長は「韓日両国が軍慰安婦合意(昨年12月28日)で歴史認識問題をある程度、管理できるようにしたことは大きな成果」として「歴史に捕われていた両国が少しずつ歴史の輪を緩めながら安保協力を中心とした方向に切り替えていく状況」と診断した。

パク所長は「歴史問題がすべての問題の前途を防ぐのは韓日両国のどちらにも不幸なこと」と前提にした後「両国は歴史に捕らわれていては両方とも損をすることが多いが、歴史問題を放置したまま前に進こともできない」として「歴史(問題)を克服しながら前進しなければならない」と強調した。

彼は引き続き、韓日両国が「どんな協力をしなければならないかとのビジョンが必要で、それは未来指向的でなければならない。安保・経済・社会・文化の領域で互いに利益になる問題を探して推進しなければならない」と話した。

イ・ウォンドク国民大日本学研究所所長は「南北関係を見れば、統一プロセスに入っている」として「韓国が主導する韓半島平和統一推進で日本の協力が軽視されるのは心配だ」と指摘した。

イ所長はそれと共に「統一と関連した日本変数は絶対小さくない」として「日本は韓国と一緒に北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対する共通の利害当事国であり、(北日請求権交渉が妥結する場合)100億ドル(約11兆7千億ウォン)水準と推定される日本の対北朝鮮請求権資金提供は北朝鮮インフラ構築に重要な役割を果たす」と話した。

また「韓半島統一が韓半島の自由民主主義と非核化、人権および法治を保障する統一ならば日本は韓国統一に反対したり阻止しようとはしないだろうと思う」と付け加えた。

▼10日、東京学士会館で東アジア国際シンポジウムが開かれた。イ・ウォンドク国民大日本学研究所所長(右側から2番目)、パク・チョルヒ、ソウル大日本研究所所長(右側から3番目)、木宮正史、東大教授(右側から5番目)等が参加した。(東京聯合ニュース)
AKR20160610154200073_01_i

お断りどすと思った方はクリック → 
本文を読む

5e7461441: 荒波φ ★ 2016/06/01(水) 11:31:06.45 _USER
1944年12月7日に熊野灘で発生した東南海地震の際、徴用で死亡した勤労挺身(ていしん)隊の女性二人を、「三菱の航空機の製品増産」のため仕事をしていて亡くなったかのように偽って報じた当時の新聞が発見された。

「勤労挺身隊のおばあさんと共に歩む市民の会」(以下、市民の会)によると、植民地時代に名古屋の航空機製作所へ強制動員された勤労挺身隊員6人が東南海地震で命を落としたが、最近、これを「日本のために死んだ」かのように装った新聞が発見された。亡くなったのは光州・全羅南道出身の女性で、いずれも10代。

当時総督府の機関紙だった『毎日申報』は、1944年12月24日付の紙面で、6人の少女のうち二人について地震発生当日も製品の増産のため仕事をしていて殉職したかのように紹介している。

記事は「(光州で)国民学校を卒業した若い少女たちからなる女子挺身隊(中略)一同は、去る6月12日に勇躍光州駅を出発した」という内容で始まる。

続いて「(二人は)三菱航空機○○工場にて『飛行機』増産に昼夜の別なく奮闘していたところ、去る7日に思いもかけぬ事故のため作業場にて殉職した」、「(二人は)隊員の中でも模範的で、第4分隊長として責任感の強い少女と評判だった」と報じた。

さらに同紙は「(二人は)国民学校を優秀な成績で卒業し、女子挺身隊員に志願して加わった」、「二人は殉職するその瞬間までも、飛行機増産のためもっと活動できないことを悔しがり、旋盤の前を離れなかった」と伝えた。

当時、工場では強制動員された朝鮮の女性勤労挺身隊員6人が逃げ遅れ、建物の下敷きになって命を落とした。

『毎日申報』は12月23日から二日間、二人の死を宣伝のために活用した。

「市民の会」の関係者は「二人の少女は、地震が発生した当日まで現場で強制労働させられていたことが証明されたにもかかわらず、当時日本の新聞は、二人の死を『日本のために働いて殉職した』かのように装っている」と語った。

さらに「紙面を通して朝鮮の少女たちが地震で犠牲になったことが証明されたが、日本は『当時、厚生省の年金に加入していなかった』という理由で、いまだに補償はおろか一言の謝罪もない。日本の謝罪と韓国政府の強力な対処を求める記者会見を6月1日に開く予定」と付け加えた。

2016/06/01 11:03
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/01/2016060101261.html

お断りどすと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2016/05/28(土) 16:21:22.39 _USER
【ソウルからヨボセヨ】韓国人被爆者への支援、実に40億円も 「冷淡」と言われヤル気うせる 

オバマ米大統領の広島訪問で韓国では、被爆当時、広島や長崎に居住していた韓国人被爆者のことが思い出したように話題になった。

被爆者の約1割が韓国人だったといわれ、そのうち戦後、韓国に引き揚げた人々に対する日本からの支援運動は1970年代以降、本格化した。日韓国交正常化が1965年だから、それまではいわば「見捨てられた在韓被爆者」で、その存在を訴えた同じタイトルの本が日本で70年に初めて出版されている。

問題が韓国や米国に関わるものだったため当初は、歴史的贖罪(しょくざい)意識が強くかつ反米・反日的な左派・リベラル勢力に関心が強かった。

その後、官民双方で支援が続けられ、90年には日本政府が「人道医療支援基金40億円」を提供している。昨年末、日韓で合意した新たな慰安婦支援が10億円だから、四半世紀前の40億円は相当大きい。


この基金は韓国側で医療支援や福祉会館建設などに使われたが、結果的には長期的かつ効果的な運用に失敗し、「食いつぶされた」といわれる。

そのあげく韓国マスコミには「日本は何もやっていない」「冷淡だ」といった非難がいつもの“日本たたき”として出る。

何をやっても評価されず、文句ばかり言われ続けたのではヤル気はうせます。

2016.5.28 15:30 (黒田勝弘)
http://www.sankei.com/world/news/160528/wor1605280058-n2.html


元スレ:・【日韓】韓国人被爆者への支援、実に40億円も「冷淡」と言われヤル気うせる [05/28]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2016/05/26(木) 13:38:14.55 _USER
オバマ米大統領の広島訪問を前に、韓国の被爆者と被爆2世の計6人が26日、ソウルの米国大使館前で記者会見し、オバマ氏に対し原爆投下の謝罪や賠償を要求した。

広島の平和記念公園内にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れることも求めた。6人と支援者は26日午後、大阪経由で広島入りし、同慰霊碑に献花、27日にオバマ氏に直接要求を伝えたいとしている。

広島で被爆し、韓国原爆被害者協会の陜川支部長を務める沈鎮泰さん(73)は「被爆から約71年たったが、私たちは原爆を投下した米国からも、戦争を起こした日本からも一度も謝罪を受けていない」と述べ「核はなくさねばならず、被害者は謝罪を受けなければならない。オバマ氏と安倍晋三首相に必ずそう伝える」と話した。

 6人と支援者は当初、米大使館にオバマ氏への手紙を託そうとした。しかしリッパート駐韓米大使が面談を拒んだため、オバマ氏に直接渡すとした。(共同)

▽広島への米の原爆投下で犠牲になった韓国人に対してオバマ大統領が謝罪するよう求め、抗議する人々=26日、ソウルの米大使館前(AP)
wor1605260029-p1

wor1605260029-p4

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2016/05/20(金) 08:58:19.37 _USER
「在韓被爆者にも謝罪を」 韓国の被害者団体、広島でアピールへ
05/20 07:00

ソウルの韓国原爆平和資料館で、オバマ氏の謝罪を求める韓国原爆被害者協会の元さん(松本創一撮影)
99decfc6c2f5c2bc893a393f35d7c1fa

 【ソウル松本創一】27日に予定されるオバマ米大統領の被爆地・広島訪問について、韓国の被爆者からは歓迎の声とともに、原爆投下で被害を受けた朝鮮半島出身者に対する謝罪を求める声が強まっている。27日には、韓国原爆被害者協会が広島に30人規模の代表団を派遣し、原爆で多くの朝鮮半島出身者が犠牲になったことを訴える方針だ。

 大韓赤十字社の推定によると、広島では5万人、長崎では2万人の朝鮮半島出身者が被爆し、被爆直後に計約4万人が死亡した。現在、韓国には約2500人が生存し、平均年齢は77・5歳になっている。


 原爆被害者協会ソウル支部長の元貞夫(ウォンチョンブ)さん(77)は「原爆投下は歴史的な罪。米国の大統領が責任を認め、広島で追悼することは必要なことだ」と強調する。一方で、日本人だけでなくたくさんの朝鮮半島出身者が被害を受けたことから、「広島の平和公園にある韓国人被爆者の慰霊碑に献花するなど、朝鮮半島出身者への謝罪や追悼を示してほしい」と語った。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0272133.html


元スレ:・【話題】韓国の被害者団体が30人を広島に派遣し被害をアピールへ

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/05/18(水) 21:25:53.85 _USER
1910年8月、国権剥奪と共に大韓帝国は滅亡した。そして1945年8月15日、光復に至るまで35年間、日本は韓国を植民地統治した。今の'ソウル'ではなく'京城'と呼ばれた時期、日本は植民首都京城をどのように作ろうとしたのだろうか?

18日、ソウル歴史編纂委員会は京城府(現ソウル市)が発行した都市計画書「京城都市計画調査書」を翻訳した「国訳京城都市計画調査書」を発行した。去る1928年、京城府が発行したこの本は朝鮮総督府新庁舎を景福宮(キョンボックン)の内側に移転後、日帝の都市計画の推進方向がそっくり含まれている。

第1章は京城府人口増加率予想と都市計画の概要を説明している。
第2章は各地域の商業・工場・公園地区に対する情報が表で整理されている。
第3章は電車路線と道路網構成と共に当時の交通量現況の調査がされている。
第4章は植民本国都市である大阪の例をあげながら区画整理に関する内容が記述されている。
第5章は都市計画に必要な財源の用意について書いており
第6章では電車と電気など都市インフラ施設に対する内容が含まれている。
第7章には都市計画関連法令が記述されている。

しかし、この本には都市の美観と交通の流れを円滑にすることにだけに焦点を合わせ、開発によって外部に押し出される住民たちの生活問題にはほとんど言及していない。

ソウル歴史編纂院は「彼らの構想を通じて植民当局の都市計画が住民たちの福利ではなく、開発と効率だけを重視する姿勢をのぞくことができる。窮極的に日帝強制占領期間、各種の弾圧と収奪が都市計画的な側面でも作動していることを見せる」と説明した。

この本はソウル新庁舎地下1階にある'ソウル本屋'で購入でき、上半期中にソウル歴史編纂院ホームページで電子ブックで閲覧できる。

1900年度光化門(クァンファムン).<出処=ソウル市>
art_1463502917


ソース:環境TV(韓国語) 1920年代日本が夢見たソウルの姿は?
http://www.greenpostkorea.co.kr/news/article.html?no=61059


1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: LingLing ★ 2016/05/13(金) 21:23:27.67 _USER
■AOA ソリョンとジミン、歴史知識不足で議論…SNSに謝罪文を投稿

 バラエティ番組のクイズコーナーで独立運動家の安重根(アン・ジュングン)のことを「豊臣秀吉」「きんとかん」 (金斗漢:政治家、独立運動家・金佐鎮の息子)と発言したガールズグループAOAのソリョンとジミンが議論を巻き起こしているなか、本人たちがSNSに謝罪文を掲載した。

12日午後、ソリョンはInstagramに、「AOAの番組で歴史に対する私の認識不足で不快感を覚えられたすべての方に心より謝罪のことばを申し上げます。大韓民国の国民として歴史について慎重な態度をみせるべきでしたが、そうしなかったことについてたくさんのことに気づき、反省しています。今回のことと関連して恥ずかしく思っており、また、不快感を覚えられた方々に、心より深く申し訳ない気持ちを感じています。これまで私に送ってくださったことばを心にしっかり刻んでおき、これからはもっと慎重な姿をみせられるように努力します。もう一度深く謝罪申し上げます」という書き込みを投稿した。

参考画像:番組の様子
 2016051110230147380_1_99_20160513180103

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/05/13(金) 00:28:10.14 _USER
【広島聯合ニュース】平岡敬・元広島市長は12日、広島市内のホテルで聯合ニュースのインタビューに応じ、27日に米オバマ大統領が広島を訪問することが決まったことを受け、韓国人原爆被害者の問題などについて意見を述べた。

 平岡氏は、韓国人被爆者は米国が落とした原爆の犠牲者であると同時に、日本による植民地支配の犠牲者でもある「二重の犠牲者」とした上で、オバマ大統領が韓国人慰霊碑に献花するならば核による被害は日米の問題ではなく、人類の問題であることを明確にすると話した。

 平岡氏は1991年から99年まで市長を務め、在任中、広島平和記念公園の外にあった韓国人原爆犠牲者慰霊碑を平和公園内に移すことを決めた。 

 平岡氏は広島内で約2万人の韓国人が原爆により犠牲になったことについて、米国だけでなく日本にも責任があるとの考えを示した。徴用されて広島で働かされた人のほかに、自発的に日本に来た人もいたが、植民地支配により生活が苦しくなり来日した人たちだったと述べた。

 また米国は日本に非があったために原爆を落としたと主張しているが、そこに朝鮮半島から来た人もいたと知れば、核兵器をむやみに使用してはいけないという考えにつながると説明。被害者は日本人だけではなかったことをオバマ大統領に知ってほしいと強調した。

 オバマ大統領が広島で謝罪しないとの予想について平岡氏は遺憾の意を示し、オバマ氏は原爆投下が誤りであったという点を認め、核兵器を使用しないというメッセージを出すべきだと主張した。

 また平岡氏は安倍晋三首相の安保政策について、広島が求める平和は対話と相互理解によるものだとした上で、各国と親しくするのが平和の根源だが安倍首相はそのような政策を行っていないと指摘した。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-10-26 10-02-18-7371: 蚯蚓φ ★ 2016/05/09(月) 13:12:50.71 _USER
(済州=聯合ニュース)ピョン・ジチョル記者=1923年関東大地震当時、日本の人々によって虐殺された朝鮮人が含まれた死亡者名簿が日本の公式文書で発見された。この71人の名簿には韓国政府が昨年末公式確認した関東朝鮮人大虐殺事件被害者の一部と当時の虐殺証言内容と一致する朝鮮人名が含まれている。

これは高野宏康、北海道小樽商科大学教授と朝鮮人虐殺の真相究明に半生を捧げた日本人、西崎雅夫氏、呉充功ドキュメンタリー監督などによって9日公開された。これらの研究結果によれば大地震翌年の1924年から日本東京市震災救援事務局が申告を受けて作成した被害者記録カードの「地震災難臨時死亡者名簿」に朝鮮人の記録が含まれることを2008年、高野教授が東京墨田区横網町公園東京都慰霊塔納骨堂倉庫で発見した。

高野教授は当時、東京都慰霊協会が保管する日本人犠牲者カードを調査している時、偶然に朝鮮人カードが混ざっていることを知った。その後、西崎氏は朝鮮人名簿をこつこつと整理した。5万枚に達する死亡者名簿調査票の中で西崎氏が現在まで選び出した朝鮮人は71人だ。中国人など外国人まで合わせれば全100人余りになる。調査がさらに進めば朝鮮人数はもっと増えるものと見られる。

この死亡者名簿は日本政府の指示を受けた東京市震災援助事務局が補償金を与えるために被害者申告を受けて作成したものだ。死亡者の名前と生年月日、本籍、死亡住所などが記されている。特に、東京の駐日韓国大使館移転過程で発見された1950年代韓国政府作成の関東大地震当時、朝鮮人虐殺被害者名簿中、国務総理所属'対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会(以下支援委員会)'が公式確認した被害者も一部含まれていた。

韓国と日本の記録で全部確認された虐殺推定者は慶尚北道義城郡出身のパク・ドクス、パク・ミョンス氏などだ。その他にも関東朝鮮人大虐殺の時、東京江東区亀戸警察署で強行された虐殺を記録した証言に出てくる犠牲者の済州道大静邑仁城里出身の趙卯松(1891~1923・当時32才)氏家族も含まれた。当時の証言とその後なされた聯合ニュース追跡調査を通じてチョ氏一家族5人が抹殺されたことが分かったが。今回の資料には趙卯松氏と彼の妻、文戊連(1885~1923・38才)、彼の弟、趙正昭(1900~1923・23才)の3人の名前だけが含まれていた。

証言は「日本軍人らがいっせいに刀を抜いて朝鮮人83人を一度に殺し、この時、身ごもった夫人もひとりいたが、その婦人の腹を切って腹から幼い赤ん坊が出てきた。その赤ん坊まで刺殺した」と伝えている。
臨月で虐殺された夫人は趙卯松の妻、文氏であった。

チョン・ヘギョン元支援委員会調査課長は「当時、地震が発生した場所は東京中心部であり朝鮮人は主に東京郊外周辺に集団で居住しながら大量虐殺されたので朝鮮人の場合、純粋に地震により死亡した人は多くない」と話した。チョン課長は「日本政府から補償金を出すと申告を受けたが朝鮮人の場合、虐殺による恐れが大きくて多くの人が申告しなかったことはあり得る」と説明した。


ソン・ジュヒョン、チョンアム大教授は「資料を直接見ていないので正確に言うのは難しいが、この名簿に地震で犠牲になった朝鮮人と虐殺された朝鮮人が混ざっているかもしれない」として「資料に対するもう少し綿密な分析と調査をしなければならない」と話した。(中略)


1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ