歴史問題

1: ななしさん 2020/07/12(日) 20:08:06.24
去る10日死亡した白善燁(ペク・ソンヨプ)予備役陸軍大将が国立大田(テジョン)顕忠院に安置されることをめぐり、市民団体から反発が出ている。

軍人権センターは12日、声明を出して「親日反民族行為者に規定された故ペク・ソンヨプ氏に、信じ難い国家儀式が提供されている」とした。


同センターは「ペク氏は日帝満州軍間島(カンド)特設隊で中尉として服務し、日帝の侵略戦争に自発的に賦役した」とし「この朝鮮人日本軍は光復(解放)後、大韓民国陸軍参謀総長を経て戦争英雄としてあがめられたが、親日行跡に対して謝罪したことは一度もない」と批判した。

それと共に陸軍がペク将軍の葬儀を5日間、陸軍葬で行い国立大田顕忠院に安置することにしたことを取り消せと促した。

センターは「国防の義務を履行する青年たちに親日派をわが軍の父母と紹介し、腰を下げて参拝させることはありえるのか」として「ペク氏が行く所は顕忠院でなく靖国神社」と指摘した。

▽11日午後ソウル松坡区ソウル牙山(アサン)病院葬儀場で故ペク・ソンヨプ将軍の遺体安置室が用意されている
no title

引き続き「陸軍参謀総長は陸軍葬を中止して、弔旗掲揚で国旗を冒とくすることを直ちに中断し、国家報勲処も大田顕忠院にペク氏を安置する計画を白紙化しなければならない」と要求した。

また「国会はキム・ホンゴル議員などが発議した『国立墓地の設置および運営に関する法律』改正案を早く処理して親日派を国立墓地から全部、破墓して移葬できるようにしなければならない」と付け加えた。(後略:ペク将軍の紹介)

http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=2020071210585721338

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/12(日) 12:00:22.92
no title

no title

no title

深田萌絵@Fukadamoe
【日本沈没2020】
ネットフリックスのアニメが最低アニメでした。
日本人は頭が狂ったカルトが金の為に銃撃、
右翼は日本人だけを助けて外国人を見棄てる。
最後、日本と韓国は海の底に沈んで米軍も自衛隊も来ずに、ロシア軍に主人公が救われる。
https://twitter.com/Fukadamoe/status/1281826930237435904

深田萌絵@Fukadamoe
最後、生き残った主人公ハーフ日本人が日本代表選手として、オリンピックに登場し、その時のセリフは、「別に日本国籍じゃなくてもエストニアでも良かったんだけどね」と。
日本はアーカイブのデータにアクセスすれば楽しめるからよかったね。
みたいな話になってて完全に原作無視。
https://twitter.com/Fukadamoe/status/1281826931034345473

深田萌絵@Fukadamoe
クレジットみたら中国人が「日本沈没」をリメイクして、日本人絶滅シナリオに書き換えてた。
https://twitter.com/Fukadamoe/status/1281826931894190080

深田萌絵@Fukadamoe
酷いプロパガンダ臭いアニメと思いつつ頑張ってみたけど、最後に沈んだのが日本列島と朝鮮半島半分だけ。
韓国が、北朝鮮との国境線あたりからキッチリ沈んでてワザとじゃないと無理な気がした。
共産圏の人が描かないと無理でしょw
日本人が普段から銃持ってて、撃ち殺しあうとか発想ないでしょw
https://twitter.com/Fukadamoe/status/1281831686552997890

深田萌絵@Fukadamoe
弱みに付け込む日本人男性が、少女をレイプしようとするシーンが二回。
日本は不発弾だらけで山芋掘ったら不発弾に当たって死ぬ。
優しいお爺さんに見えた人が、ヤク中で薬がキレたら狂う設定。
カルトが大麻を栽培してヤクやりながら生活。
うーん(;・∀・)設定が・・・みたいな

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/12(日) 17:12:51.37

(略)日本では日帝強占期に日本語を強要したという事実自体も知らない人が大部分だろう。植民地支配の歴史さえ知らない人もいるほどだからだ。

3・1独立運動100周年だった昨年に韓国で公開された映画『マルモイ ことばあつめ』は1940年代に日本語を強要される中で危険を冒して朝鮮語辞典を作ろうとした人たちの話だ。

正直、日本では公開するのが難しいと思いながらも、こうした歴史もあったということを伝えようと日本メディアに『マルモイ』を紹介する記事を書いた。ところが予想ははずれた。いま日本で『マルモイ』が公開され話題になっている。

『マルモイ』の日本のホームページを見ると、俳優佐野史郎のコメントがある。「数年前、韓国の方とドラマで共演した際、韓国語の中に日本語と同じ単語がいくつもあることを知った。けれどそれらは朝鮮半島が日本統治下にあった時代に、強制的に日本語を覚えさせられた結果残った言葉だったのだ」。 
このようにいままで知らなかった事実に衝撃を受けて見る日本の観客もいるようだ。韓国で過ごさなければ接するのが難しいと考えた「日帝の残滓」について、海を渡った映画が代わりに教えてくれている。

成川彩/元朝日新聞記者

https://s.japanese.joins.com/JArticle/267991

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/07(火) 12:26:45.95
【ソウル聯合ニュース】

韓国・誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は7日、日本政府が長崎市の端島炭坑(軍艦島)などを含む「明治日本の産業革命遺産」(23施設)が世界遺産に登録された際、朝鮮半島出身者の強制労働が行われたことを認めるとした約束を守っていないとして、世界約20カ国・50社のニュース通信社とテレビ局に関連報道を求める電子メールを送ったと明らかにした。


日本は産業革命遺産の世界遺産登録が決まった2015年の世界遺産委員会で、朝鮮半島出身者の軍艦島などへの強制徴用があったことを認め、犠牲者を記憶にとどめるための措置として情報センターを設置する方針を表明した。

だが、先月から一般公開された産業遺産情報センター(東京都新宿区)には強制徴用を否定する証言と資料が展示されている。

徐氏は共同通信が「過去の事実を覆い隠し、歴史修正主義を助長するとの批判を招きそうだ」と指摘した報道を紹介し、自国のメディアも歴史の歪曲(わいきょく)に警告を発したことを強調した。

2020.07.07 10:22
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200707001100882?section=news

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 13:07:06.73 I
「韓国が日本企業の資産を現金化して押収すれば、日本政府は2桁台の数の対応措置を取ることを検討している」

産経新聞が4月30日、報じた内容だ。1年近く続いている韓日の経済対立は今後、さらに大きなヤマを迎えることになる。今年8月にも韓国の裁判所が日本製鉄の韓国国内の資産を強制的に差し押さえて売却し、徴用被害者に賠償を行おうとしており、日本がそれに反発し、追加的な報復を予告しているからだ。


韓国産業界は日本による第2次報復が現実となれば、昨年の半導体・ディスプレー素材3品目の輸出規制を上回る影響が生じることを懸念している。

西江大の許允(ホ・ユン)国際大学院長は「韓日問題は両国が常に政治的にばかりアプローチしており、国内産業界が被害を受けている。両国間の対立は結局、韓国と日本のライバル国に利することになる」と指摘した。

no title

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/03(金) 04:45:15.16
金弘傑議員、親日反民族行為者「国立墓地破墓法」を提出

韓国与党・共に民主党の金弘傑(キム・ホンゴル)議員が1日、親日行為で叙勲が取り消された人物を
国立墓地の外に移葬することを定める法改正案を代表として提出した。
4・15総選挙で圧倒的な議席を確保した与党勢力の一部から出ていた「親日破墓論」を法律として制定することを目指すというのだ。

 金議員がこの日提出した「国立墓地設置および運営法改正案」は、「親日反民族行為者真相究明委員会が決定した親日反民族行為者、そして叙勲が取り消された者は国立墓地に埋葬できない」とし、すでに埋葬された人物については、報勲処長が国立墓地の外に移葬を命じるよう定める条項が新たに設けられた。

報勲処長による移葬命令に応じない場合には、別に案内標識を設置するという内容も含まれている。金議員は「国家有功者と共に、親日反民族行為をした者が共に国立墓地にいるなどあり得ないことだ」と主張した。与党勢力からは「国立墓地に対する破墓主張」が続いてきた。

民主党の李壽珍(イ・スジン)議員は今年5月24日、ソウル市銅雀洞の国立ソウル顕忠院で「親日派の墓を破墓しよう」と訴えた。李議員は「親日派を顕忠院から破墓するのは当然のこと」「(21代国会で)親日派破墓法を制定する」との考えを示していた。

李議員は顕忠日だった先月6日にも「抗日運動家の近くに置かれた親日派の墓を見ていると、われわれの子供たちにどうやって護国と報勲について話ができるのか」として上記のように主張した。李議員は金議員による法案提出にも名を連ねた。

https://toku-log.com/2020/07/03/post-13673/
本文を読む

1:ななしさん 2020/07/01(水) 12:06:49.80
「日本企業、現金化前に和解始めるべき…歴史は判決で解決できない」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.01 10:55

年7月1日、日本政府が韓国に対する輸出規制措置に踏み切ると、日本の知識人は「韓国は『敵』なのか」というタイトルの声明を発表した。元外交官、弁護士、市民社会活動家ら78人が主軸となって発表したこの声明は、韓日両国で大きな反響を呼んだ。当時、この声明が掲載されたホームページ(https://peace3appeal.jimdo.com)は「韓国は『敵』なのか」だったが、現在は「韓国は敵じゃない」に変わった。

署名を主導した内田雅敏弁護士と先月29日に約1年ぶりに再会した。内田氏は「歴史問題は判決だけでは解決できない」としながら「差し押さえ資産の現金化が行われる前に日本企業が被害者と和解に動かなければならない」と語った。続いて「1965年日韓基本協定ではなく、歴史に対する認識を日韓が初めて共有した1998年金大中(キム・デジュン)・小渕宣言が問題解決の出発点にならなければならない」とも話した。次はインタビュー全文。

--昨年7月「韓国は『敵』なのか」という署名運動を主導した。その後の状況を教えてほしい。

「1万人程度が署名に参加した。その後、日韓の法律家が共同声明を出すなど政府とは別途で解決策を模索してきた。今後は経済界や政界、元外交官の参加も呼びかけていく考えだ」

--日本政府の輸出規制措置を評価するなら。

「歴史問題を経済問題に絡めた間違った政策だった。日本企業にとっても決して良い決定ではなかった」

--日本輸出企業も不満があるはずだが、なぜ表面に表わさないのか。

「『1965年日韓請求権協定ですべて解決済み』という日本政府の論理が大きな影響を及ぼしている。一般人の間でも『徴用工』という単語がかなり知られるようになったが、依然として日本政府の論理が広く浸透している。請求権問題が解決されなかったということは日本政府自らも認めた問題だ。1991年8月27日、参議院予算委員会で柳井俊二・外務省条約局長が『個人の請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたというものではない』と答弁した。安倍政権だけが『すべて解決済み』と主張している」

--2016年三菱マテリアルが中国の強制徴用被害者と和解した時は日本政府は反発しなかった。

「日中関係は1972年日中共同声明に侵略戦争に対する認識が共有されている。反面、1965年日韓基本条約には植民支配に対する共通認識が反映されていない。この問題に初めて言及したのは、1998年金大中大統領と小渕恵三首相の『21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ』だった。すなわち、1998年になってようやく日中共同声明水準の認識に至ったといえる。この宣言を出発点とするべきだが、日本政府はいまだに1965年協定に留まっている」

--昨年のインタビュー時、「輸出規制措置が日韓関係を悪化させて危機を大きくし、安倍政権が憲法改正をやりやすくしようとする狙いがある」と指摘した。その考えは変わらないか。

「同時に韓国世論を分裂させようとする狙いもあったと思う。だが、そのような安倍政権の狙いは成功しなかった。安倍政権下では(徴用工問題)解決は容易ではないが、最低限、これ以上日韓関係が悪化しないようにする方法を探らなくてはならない」

--日本企業の資産現金化が進めば関係悪化が予想される。

歴史問題解決は法律的な解決ではない。判決執行だけでは解決しない。真の解決は事実を認めて、責任を認めて、謝罪しなければならない。現金化は半分の勝利にすぎず、完全な解決にはならない。日本企業が差し押さえ資産の現金化が行われる前に、まず被害者側と和解のための動きを具体的に示さなくてはならない。そうでなければ現金化の動きを中断させることはできないだろう

--和解による解決をもう少し具体的に教えてほしい。

まず加害の事実を認めて責任を認めて謝罪するのが第一歩だ。第二に、責任を認めるなら、その証票として和解金を支給する。第三に、同じ過ちを繰り返さないために、この問題を歴史の鏡として歴史教育を行うようにする必要がある。このためには、歴史と真摯(しんし)に向き合わなければならない。1998年、金大中・小渕宣言の『過去を直視する』という共通の認識を大前提に、問題を解決しなければならない」

https://japanese.joins.com/JArticle/267624


本文を読む

1:ななしさん 2020/06/27(土) 12:37:07.66
┃『金曜行動』・・・13年間、毎週金曜日の午前に集会
┃『大法院の判決から1年半、賠償の履行がないと批判
┃三菱株主総会の日・・・一部の右翼が集会を妨害
┃来月19日にシンポジウム準備・・・社会的議論本格化

<アンカー>
強制動員賠償判決の履行を求める日本の集会、『金曜行動』がコロナ19でしばらく中断されていましたが、4か月ぶりに再開となりました。

この問題の解決策を探っている市民社会の議論も、企業資産の現金化を控えて本格化する見通しです。

東京からイ・ギョンア特派員が報道します。

「三菱重工業がきちんと謝罪と賠償をしなければ、三菱重工の未来はない!」


東京の心臓部である丸ノ内に、旧戦犯企業の責任を問う声が響き渡ります。強制動員問題解決のための良心的市民の集会、『金曜行動』です。


コロナ19によって4か月近くに開けなかった『金曜行動』は、三菱本社前で賠償判決の履行を求める集会を今日から再開しました。今回の集会には、『名古屋勤労挺身隊(訴訟)を支援する会』など15人が参加しました。

これらは韓国大法院(最高裁)の判決から1年半が経った今も、何の責任も負っていない企業を一斉に批判しました。


本文を読む

1:ななしさん 2020/06/27(土) 01:25:57.49 I
韓国のユネスコ大使 産業革命遺産巡り日本を批判=「委員国に説明」
産業革命遺産巡り日本を批判=「委員国に説明」

【パリ聯合ニュース】国連教育科学文化機関(ユネスコ)韓国代表部の金東起(キム・ドンギ)大使は25日、現地の韓国メディア特派員と懇談し、2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(23施設)に関連し、「日本は人類共同の文化遺産に関して公の場で約束した内容を順守しなければならないということを、世界遺産委員会の21の委員国に伝えている」と述べ、世界遺産委員会が開催されれば韓国政府が要求した内容が正式に議論されるとの見方を示した。

 産業革命遺産には、長崎市の端島炭坑(軍艦島)など日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が労働を強いられた7施設が含まれている。世界遺産登録の際に日本は、朝鮮半島出身者などが意思に反して一部の施設に連れて来られ、厳しい環境で働かされたとしながら、犠牲者を記憶するための情報センター設置などを進めると表明した。

 しかし、今月15日に一般公開が始まった産業革命遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)は、強制徴用を否定する証言や資料を展示している。韓国政府は日本が約束した措置を履行していないとして強く抗議した。

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日にユネスコのアズレ事務局長に宛てた書簡で、産業革命遺産の世界遺産登録取り消しの可能性を含め、世界遺産委員会が日本に忠実な措置の履行を促す決定文を採択するよう、積極的な協力と支持を要請した。

 金氏はこの日の懇談会で、産業遺産情報センターが強制徴用の事実を記載していないことについて、「日本は本人たちの言ったことを守らず、世界遺産委員会の権威も無視した」「日本のイメージを自ら失墜させている」などと強く批判した上で、「日本は直ちに措置の履行に乗り出すべきだ」と求めた。こうした立場で世界遺産委員会の委員国の大使たちと接触しているという。

 世界遺産委員会は世界遺産条約に基づき設置された政府間委員会で、21カ国からなる。韓国と日本は委員国ではない。今年の委員会開催は6月29~7月9日を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期された。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/26/2020062680055.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/06/26(金) 17:23:53.16
ユネスコ世界遺産センターのメヒチルト・ロスラー所長は25日、韓国政府が最近、ユネスコに日本の近代産業施設遺産登録の解除検討を要請したことに関連して「指定解除の決定は、世界遺産委員会独自の権限だ」とし「(解除の基準は)完全性や真正性など”卓越した普遍的価値”が消えた時」と明らかにした。

ロスラー所長はこの日、京郷新聞とのeメールのインタビューで、「韓国政府は、日本が世界遺産委員会の決定を遵守したかどうかについての検討(examination)を要求してきた」と述べた。

これに先立ち22日、康京(カン・ギョンファ)外交部長官はユネスコ側に書簡を送り、日本が近代産業施設遺産登録当時の約束を履行せずいるとして、登載解除が可能かどうかを検討するように要請した。

ロスラー所長の返答は、世界遺産登録の解除権限はユネスコ事務局ではなく、世界遺産条約履行最高議事機構の世界遺産委員会にある点を明らかにしながらも、韓国政府が理由として提示している「約束不履行」は、登録解除基準に該当していないことを明らかにしたものと解釈される。

日本が今月初めに東京でオープンした「産業遺産情報センター」から強制徴用の歴史を歪曲した事実が確認された後、ユネスコが韓国メディアに対して直接立場を明らかにしたのは初めてだ。

ロスラー所長は登録解除の基準は、卓越した普遍的価値(OUV)がもはやないと判明した時だと明らかにし、「(1972年から)世界遺産条約の歴史の中で、登録された世界遺産がリストから除外(delisted)されたケースは二度だけだ」と述べた。

2007年、オマーンのアラビアオリックス保護地域、2009年ドイツのドレスデン・エルベ渓谷がそれぞれ世界遺産登録解除決定処分を受けたことがある。彼は登載解除手続きと関連して「世界遺産委員会は、すべての情報をもとにOUVはいまだにあるかどうかを決定することが重要だ」と述べた。


本文を読む

index1:ななしさん 2020/06/26(金) 09:31:20.38
最近、日本の「歴史歪曲」批判が続いているユネスコ世界遺産「端島(軍艦島)」について、韓国政府が登録の「抹消」を進めることが報道されました。登録抹消。可能なのでしょうか? 結論から言います。「簡単ではない」と思われます。

「抹消カード」を真っ先に切ったのはパク・ヤンウ文化体育観光部長官でした。パク長官は18日、国会文化体育観光委員会所属の共に民主党議員との懇談会の業務報告で、ユネスコに対し、「登録抹消を要求する」という趣旨の発言をしたことが確認できます。

すると文体部は22日に報道釈明資料を出します。「政府は(端島に関する歴史歪曲情報を展示している)産業遺産情報センターに関し、ユネスコ世界遺産の取り消し要求は公式発表していない」とし、「外交部などと協議し、日本が約束を履行するよう多角的な対応策を講じている」と明らかにしました。

パク長官の発言から2歩ほど後退したような内容です。

文体部が一歩先に出ると、外交部も立場を表明せざるを得なくなりました。キム・インチョル報道官は23日、「前日にユネスコ事務局長宛の書簡を通じ、登録抹消の可能性の検討を含め、世界遺産委員会で日本に充実した後続措置の履行を求める決定文が採択されるよう、協力と支持を要請した」ことを明かします。

「登録抹消」についても言及していますが、強調されていることは「日本に充実した後続措置の履行を求める決定文の採択」を進めるという後ろの部分です。

専門家の間からは、同じ書簡を文体部と外交部がそれぞれ出すなど、「省庁間の勢力争い」をしているという声も聞かれます。

ユネスコが世界遺産制度を運営し始めたのは1972年です。それ以降の48年間で抹消は2例しかありません。1例目は2007年のオマーンの「アラビアオリックスの保護区」、2例目はドイツの「ドレスデン・エルベ渓谷」です。

両ケースとも、当該国政府は「遺産の保護」より「開発」を望んでいました。オマーン政府はこの地域で油田を開発しようとし、ドイツは渓谷に景観を損なう橋梁を建設しました。

実際、「世界遺産条約履行のための作業指針」によると、指定の取消しは「登録を決定づけた資産の特徴が失われるほど資産の状態が悪化していた場合」と「(ユネスコが要求する、遺産の物理的保護に関する)改善措置が実施されなかった場合」に限られます。


本文を読む

index1:ななしさん 2020/06/23(火) 07:50:30.45
<アンカー>
日本が最近、朝鮮人の強制動員を美化する産業遺産情報センターと呼ばれるものを開館して公憤を買っています。特に日本は、幼い頃に軍艦島で可愛がられて育ったという一人の在日僑胞のインタビューを掲げ、歴史を歪曲しています。

今は故人となるその在日同胞の証言が、実際にはどのような内容なのかを検証しました。FACT WHY、コ・ハンソク記者です。

<記者>
今月15日に一般に公開された産業遺産情報センター。日本は2015年に軍艦島などを世界文化遺産、ユネスコに登録した後、過去の帝国主義の暴力についてもこの場を通じて伝えると約束しました。しかし、言葉だけでした。

産業遺産情報センターが制作した、在日僑胞である鈴木文雄さんの映像です。昨年に86歳で亡くなった彼は、軍艦島で生まれて10歳まで暮らしていましたが、その頃に差別はなく、むしろ可愛がられたと話しています。

<故・鈴木文雄(在日僑胞)>
「周囲の人々から可愛がられたことはあるけど、後ろ指を差して “あいつ朝鮮人だ”(とか、言われたことはありません)」

長崎の原爆投下など、戦争の惨状を全身で受けた彼の話に偽りはないように見えます。しかし、鈴木氏の経験が、強制動員された朝鮮人の苦痛に満ちあふれた軍艦島の真実を否定することはできません。

1937年、日中戦争。1941年、太平洋戦争。国家総動員法による徴用が始まったのは1939年で、日帝はこの時から徴用、割り当て、募集など、合法の仮面をつけた暴力によって朝鮮人を強制動員し始めました。

ところが鈴木氏は、これよりも6年前の1933年に軍艦島で生まれました。彼の親は強制動員ではなく、お金を稼ぐために自ら軍艦島の炭鉱に向かい、早くから定着していたいわゆる『既住朝鮮人』だったのです。


本文を読む

4f8c87251:ななしさん 2020/06/22(月) 23:34:37.29
最悪の葛藤の中、韓日修交55周年…安倍政府の正しい歴史観が出口だ
毎日経済(韓国語)

政府が「軍艦島」(ハシマ・端島)等、日本近代産業施設23ヶ所に対する世界遺産登録抹消をユネスコに公式要求することにした。パク・ヤンウ文化体育部長官名義の書簡を今月中に発送するという。日本政府が先週公開したユネスコ産業遺産情報センター内の軍艦島関連展示で約束と異なり強制動員事実を記載せず、かえって近代産業化を美化したからだ。

登録当時の約束を遠慮なく無視した行為はとうてい見過ごすことはできない。日本の極悪非道な歴史歪曲は昨日今日のことではないが、国際社会を相手にも嘘をついたことが衝撃的だ。22日、韓日国交正常化55周年をむかえたのに日本の歴史認識水準と韓日関係の現住所はこの有り様だ。

韓日関係は過去の歴史衝突から始まって経済、安保分野に至るまで出口がなかなか見えない最悪の水準に直面した。葛藤の根本原因は右傾化の道を歩く安倍晋三総理政権の過去史否定と責任回避だ。
韓半島植民支配が合法的だった、という認識と共に強制労働など帝国主義強圧統治の歴史を認めず、かえって助けになったと居直りに出てくる態度だ。

昨年、両国の葛藤を高めた韓国に対する日本の輸出規制発表も来月1日で1年になる。韓国の輸出管理が不十分だという理由を上げたが、根本背景には韓国大法院の日帝強制労働賠償判決がある。安倍政府は韓日請求権協定で賠償問題が終結した、と主張するが、韓国大法院の判断は被害者個人の慰謝料請求権は請求権協定適用対象外ということだ。

過去、日本高位当局者も認めた「個人請求権有効」を無視する安倍政府の認識のせいで最近、韓国裁判所は大法院判決に基づいて差し押さえた日本企業の韓国内資産を強制売却する手続きを再開した。少しでも接点を求めるどころか両国の立場が平行線を走る局面だ。

昨年、ムン・ヒサン当時の国会議長が早稲田大特講でいわゆる'1+1+α'(韓国企業・日本企業・国民の自発的寄付)方案を提示するなど被害国の韓国でかえって積極的に仲裁案を出した。たとえ日本側から説得力ある仲裁案が提示されても歴史観を正しく確立しない限り、対症療法に過ぎないだろう。

安倍政府が今からでも歴史を直視する態度を見せれば、解寃(恨みを晴らすこと)と容赦の道ははるかに広くなる。
中略


本文を読む

index1:ななしさん 2020/06/18(木) 15:24:08.11
岡田直樹/日本官房副長官(去る15日):日本政府としては世界文化遺産委員会の決議、勧告を誠実に履行していると考えます。

[記者] 世界文化遺産に登録された「軍艦島」などを広報する日本の「産業遺産情報センター」が最近オープンしました。強制動員の歴史も一緒に明らかにするという約束は守られず、歪曲・美化論議を育てています。世界遺産登録取り消しが可能なのか確認してみました。

[アンカー] イ・カヒョク記者、一度世界遺産登録されたものを、再び取り消すことはできますか?

[記者] 可能です。ユネスコ運営指針に登録取り消し条件が出ています。116項、192項です。「等材申請国が登録当時提案した是正措置が期限内に履行されなかった場合、委員会は登録目録から削除を検討」です。「是正措置が勧告事項なら強制し難い」という報道もあるが、ユネスコ決定は本質的に全て勧告です。あまり同じ前例はないが、結局、委員国が日本の履行状況をどのように判断するのかにより取り消しの可能性が変わってくるといえます。


本文を読む

1:ななしさん 2020/06/17(水) 19:47:42.29
2020.06.17 10:33

日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」を紹介する展示で、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制徴用された事実をきちんと知らせるという約束を守っていない問題で、インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKがこれを批判するポスターを制作して17日からSNS(交流サイト)で拡散させている。

no title

2015年に世界遺産に登録された明治日本の産業革命遺産(23施設)には、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者などが労働を強いられた、長崎県の端島炭坑(軍艦島)をはじめとする施設が含まれている。登録の際に日本は、朝鮮半島出身者などが意思に反して一部の施設に連れて来られ、厳しい環境で働かされたとしながら、犠牲者を記憶するための情報センター設置などを進めると表明した。

しかし、今月15日から一般公開が始まった同遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)の展示は主に日本の産業化の成果を自画自賛するもので、強制徴用の被害に関することを紹介していない。特に端島炭坑について、徴用被害そのものを否定する証言や資料を展示している。

VANKはこれを受け、世界に向けてうそを繰り返している日本の政府と安倍晋三首相を「ピノキオ」に例えたポスターを英語版、日本語版、韓国語版で用意し、フェイスブックなどで拡散させている。


本文を読む

このページのトップヘ