歴史問題

1:ななしさん 2019/02/17(日) 10:44:21.78
2月17日 読売新聞

河野外相が日韓外相会談で韓国国会議長の発言に抗議した事実はないと韓国側が説明していることについて、外務省幹部は16日、「憂慮していることをきちんと伝えた。聞こえなかったことにしたいのだろう」と述べ、韓国側の主張を否定した。

日本側の説明によると、河野氏は会談で、議長発言は「不適切で遺憾」とする日本の立場を改めて伝達。韓国の康京和カンギョンファ外相から特に回答はなかったという。


PYH2019021517400001300_P2_20190216023705078
本文を読む

1:ななしさん 2019/02/16(土) 14:52:07.93
天皇陛下を「主犯の息子」扱い 韓国では罪や恨みは子が継ぐもの
2019年2月15日 17時0分 東スポWeb

 またお得意の逆ギレだ! 韓国の文喜相国会議長が、慰安婦問題で天皇陛下の謝罪を求め、「その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか」と侮辱した件で、日本政府は発言撤回と謝罪を求めたものの、文議長は「謝るような事案ではない」と反発している。加えて、韓日議員連盟の姜昌一会長(共に民主党)が14日に、文議長の発言を日本の河野太郎外相が「無礼」と批判したことに対し、ラジオ番組で「逆に非常に無礼な発言をした」と逆ギレして、騒動は拡大の一途だ。韓国の対応に手を焼く日本側はどうすればいいのか?

 そもそもの発端は文議長の発言だ。8日に米ブルームバーグ通信のインタビュー記事が出た当初、文議長のスポークスマンは「そんな趣旨では言っていない」としていたが、ブルームバーグがツイッターにインタビュー音源を公開。菅義偉官房長官、安倍晋三首相が発言撤回を求めると、韓国メディアに「なぜこのように大きな問題になるのか。さらに官房長官が出てきたと思ったら、安倍首相まで出てきて、このようにすることについて到底理解することができない」と論点をずらし、開き直っている。

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「さすがに厚顔の文喜相も、自分のしでかしたことの重大さに気づいているのではありませんか。その上で、発言を撤回することも謝罪することも拒否すると言ってます。韓国では“謝罪=相手の下位になる”ことを意味しますから、基本的にどんなことがあっても謝罪しません。これで分かったと思いますが、日本がこれまで韓国に安易に謝り続けてきたことが、彼をここまで増長させたのです」

 一連の文議長の発言に怒り心頭の声は多いが、その発言からは特異な思考を読み解くことができそうだ。

 文議長は日韓合意で設立された財団に日本が10億円を出資し、「責任を痛感している」と表明したことに関し、「それは法的な謝罪であり、国家間の謝罪では被害者は納得しない」と発言している。

 但馬氏は「国家間の取り決めなどで、元慰安婦の恨み…もっと正確にいえば、民族の恨みは消えないと言っているに等しい。これは成熟した主権国家のとる態度ではありません。合意を受け入れた以上、元慰安婦を納得させるのは、韓国政府の仕事です。韓国では、国家よりも民族が上位の概念なのです」と言う。

 とりわけ日本人の怒りを買ったのは「(天皇陛下は)戦争犯罪の主犯の息子ではないか」という言葉だろう。日本でも時折、「天皇の戦争責任」という言葉を聞くことがあるが、「天皇の戦争犯罪」という言葉はまず聞かない。

 但馬氏は「そもそも文喜相が戦争犯罪という言葉の意味を理解しているとは思えません。戦争犯罪をたとえて言うなら、ベトナム戦争における韓国軍による非戦闘員虐殺やレイプがそうです」と話す。

 さらに興味深いのは「主犯の息子」という言葉だ。

「近代法の概念では、親と子は別の人格権を持ちますが、韓国では、相手の罪はその死後、子が受け継ぐのです。恨みも同じで、親の恨みは子が継がなければいけません。先祖の恨みは水に流し、われわれの代では仲良くしましょう、という考え方は彼らにはありません。なぜなら、それは最大の親不孝だからです。よって、彼らの辞書に“和解”の2文字は、どこにもないということを知るべきです」
と但馬氏。


本文を読む

1:ななしさん 2019/02/15(金) 00:50:11.53
ハンギョレ

 李洛淵(イ・ナギョン)首相は13日、額賀福四郎・日韓議員連盟会長に会い、日本が韓国最高裁(大法院)の日帝強制徴用損害賠償判決に反発していることに対して「裁判に応じておきながら、負けたからと判決を受容できないというのは話にならない」と明らかにした。

 李首相はこの日、ソウル三清洞(サムチョンドン)の首相公館で額賀会長と韓日議員連盟会長のカン・チャンイル共に民主党議員と朝食会をし、「韓国最高裁(大法院)の日帝強制徴用損害賠償判決を尊重する」としてこのように話したとカン議員が伝えた。最高裁は昨年11月、日帝強制占領期間に強制徴用された被害者が日本の三菱重工業を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、三菱の責任を認めた。

 李首相のこの日の発言は、額賀会長が「両国のすべての請求権問題は最終的に解決されるということを確認する」という字句の入った1965年「韓日請求権・経済協力に関する協定」(韓日請求権協定)に言及して「(当時の)国家対国家の約束なので、守らざるをえないのではないか」と話したことに伴うものだ。李首相は「協定文のどこにも企業に対する個人の請求権問題は言及されていない」という点を明確にしたという。

 李首相はまた「今回の事案は、ヤン・スンテ元最高裁長官の司法壟断事件とも絡まっている複雑な事案」と言及したという。2013年1月当時、三菱重工業の顧問だった武藤正敏元駐韓日本大使と朴槿恵(パク・クネ)大統領当選者引継委員だったユン・ビョンセ元外交部長官が会い、三菱の賠償責任を認めた2012年5月の最高裁判決に対する対応方案を協議し、その後“ヤン・スンテ最高裁”が強制徴用判決を覆す裁判介入過程にユン元長官がかかわった疑惑などを説明したということだ。ユン元長官は、外交部長官に任命される以前の2012年、三菱と新日鉄住金(旧新日本製鉄)など日本戦犯企業を代理した「キム&チャン法律事務所」の顧問として在職し「強制徴用裁判対応タスクフォース(TF)」に参加もした。李首相はこれと関連して「日本がキム&チャンまで押し立てて裁判に臨まれた以上、結果を受け入れるべきで、負けたからと受け入れられないというのはつじつまが合わない」と話したとカン議員が伝えた。

 この席で額賀会長は、「韓日強制徴用判決をめぐる論議を終わらせるために、国連国際司法裁判所(ICJ)で解決しなければならないのではないか」という意見も提示したという。これに対して李首相は「国家間の問題ではなく、個人と企業間の問題なのに、どうして国際司法裁判所で扱うというのか」と話した。

 今回の朝食会は、最高裁の日帝強制徴用判決以後、日本政府が反発して韓日関係が梗塞し、これを解消する方案を共に探してみようとの趣旨で代表的な知韓派議員の額賀会長が訪韓して実現した。カン議員は「3・1運動100周年と(2回目の)朝米首脳会談などの懸案が多いだけに、当分は両国が冷却期間を持って解決法を模索しようという話を交わした」と話した。この席では、6月に韓日首脳が参加する主要20カ国・地域(G20)会談が日本の大阪で開かれるだけに、それ以前までに水面下で両国の関係回復努力がなされなければならないという意見も出てきたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00032788-hankyoreh-kr

本文を読む

1:ななしさん 2019/02/14(木) 12:56:32.10
https://this.kiji.is/468624362347365473?c=39546741839462401

韓国で新日鉄住金に賠償を命じる判決が確定した元徴用工訴訟の原告側代理人弁護士は14日、新日鉄住金が協議に応じない場合、既に差し押さえた同社の韓国内の資産を現金化する手続きに、早ければ月内にも踏み切る意向を示した。ソウルで開いた集会や記者団の取材に対し述べた。

別の被告企業、不二越の資産差し押さえの仮執行手続きに着手する可能性にも言及した。不二越が被告の訴訟は、一、二審で敗訴した同社が上告し韓国最高裁で係争中だが、上告審で判決が覆る可能性は低く、原告側は判決確定前に資産確保に動く方針だ。

本文を読む

1:ななしさん 2019/02/14(木) 00:28:51.40
福山哲郎幹事長は12日夜、国会内で定例会見を開きました。
(中略:池江璃花子選手が白血病、予算委員会での審議)

また、岡田議員のロシアとの交渉についての質問は「非常に歴史の歩みを踏まえた、重厚ないい質疑だった」と語り、「歯舞・色丹2島だけで国境線をひくつもりはあるのかという質問に、(安倍総理が)何も明言しなかったのは非常に含みがあった」と指摘、「日本国として、それでいいのかという思いだ」と述べました。(中略:悪夢のような民主党政権、沖縄県民投票)

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が慰安婦問題に関して天皇陛下の謝罪があれば解決するという発言をしたことについての受け止めと、立憲民主党として慰安婦問題についてどのような認識かを問われると、「両国政府なり両国の政治家がお互いエスカレートしていくと、適切な外交関係が維持できなくなる」と指摘、「陛下に謝罪を求めるなどという言葉は不適切だ」と語りました。

また、「両国の政治家は日韓関係の重要性を鑑み、それぞれが一定の節度と抑制をもって両国関係について語らないとエスカレーションするいっぽうだと外交は出口が見えなくなる」と述べました。


従軍慰安婦問題については、「枝野代表も私も、官房長官・副長官として韓国と従軍慰安婦の問題について交渉をしていたので、そこについてはもともと日韓請求権協定の中で解決済みの問題」だと日本政府の認識と変わらないと説明しました。さらに「村山談話の後に基金を作り、日本政府として一定の誠意を示したことも含め、その歴史の流れについては我々も理解をしており、その方向でいる」と語りました。

a

https://blogos.com/article/357445/

関連スレ
【立憲民主党】レーダー照射に福山氏も沈黙…なぜ「韓国」を避け続けるのか? 識者「日本守る覚悟感じられない」[2/4]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549275798/
本文を読む

1:ななしさん 2019/02/13(水) 13:05:51.34
中央日報日本語版

韓国与党「共に民主党」の洪永杓(ホン・ヨンピョ)院内代表が文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の「天皇謝罪」発言に対して「極めて当を得た(※道理にかなっている)指摘」と明らかにした。

no title

洪氏は13日午前、党拡大幹部会議で「日本の指導層は21世紀にも依然として20世紀の偏狭な歴史認識から抜け出せずにいる」とし「文議長の発言は慰安婦おばあさんの傷を癒やすために日本側が誠意ある姿勢を見せることを呼びかけたものだ。日本が慰安婦問題に対してただの一度も謝罪らしい謝罪をしなかったという点で、極めて当を得た指摘」と述べた。

洪氏は続いて「いくら否定しても日本の植民地犯罪の事実がなくなるわけではない」と話した。また「東アジアの未来のために協力しなければならない時期に日本の反省のない時代錯誤的な歴史認識が障害物になってはいけない」と強調した。

これに先立ち、文議長は米ブルームバーグ通信とのインタビューで「戦争犯罪の主犯の息子である天皇が慰安婦おばあさんに謝るべきだ」と述べた。これに対して、安倍首相は遺憾の意を表し、発言の撤回を要求した。

https://japanese.joins.com/article/176/250176.html
本文を読む

1:ななしさん 2019/02/12(火) 13:10:27.54
痛みを与えたとすれば?
慶南日報(韓国語)

痛惜の念。去る1990年、日王アキヒト(明仁)が当時の盧泰愚(ノ・テウ)大統領訪日の際、日本の植民地支配と関連して言った言葉だ。「痛惜の念を禁じえない」とは謝罪なのかどうか、曖昧な発言をめぐり韓国内では少なからぬ反発が起きた。

痛惜は辞典で「大変残念で惜しい」と解説している。痛惜に「念」や「禁じ得ない」のようなどんな修飾語を付けても痛惜は痛惜であるだけに謝罪でないのは明らかだ。

日本は植民地支配や太平洋戦争、日本軍「慰安婦」問題と関連してその被害者らが納得するほどの謝罪をした場合が殆どない。謝罪はしたようでも、その後、日本が見せた姿勢を見れば謝罪を謝罪として受け入れるのは難しい。

1993年、河野官房長官は慰安婦に対する日本軍の強制性を認めた談話すなわち「河野談話」を、2年後、村山総理は植民地支配と侵略に対する痛切な反省の意を表わして心より謝罪するという「村山談話」を出した。河野談話と村山談話を見れば日本が過去を反省し、その被害者らに謝罪したと見なされるが、それだけだった。

慰安婦問題をめぐり韓国と日本が現在の尖鋭な葛藤を生じさせている。その中心には安倍総理がいる。安倍は2015年、米国ハーバード大講演で日本軍慰安婦は人身売買の被害者で、言葉では言いようのない苦痛にあった人身売買犠牲者を考えると胸が痛むと言った。それと共に慰安婦強制動員を認めた河野談話を維持するといった。しかし謝罪はしなかった。

日本が真に慰安婦問題などについて反省しているならば、機会があるごとに謝ってまた反省していることを行動で見せてこそ正しい。それでこそ被害者らが謝罪として受け入れられる。しかし、日本は河野談話を維持する、いついつ謝罪したという言葉だけ繰り返す。


しかも14人のA級戦犯を合祀した靖国神社を総理をはじめとする閣僚らが公式参拝している。歴史教科書にも植民地支配と侵略戦争などを単純に羅列だけしながら蛮行を隠す。第一次世界大戦と第二次世界大戦を加減なしに教科書にのせ、アウシュビッツ収容所に修学旅行して学生たちに祖父世代の誤りを繰り返さないよう教えるドイツと比較される部分だ。(後略:韓国議員の謝罪について)

ソ・ヨンフン(社会部長・副局長)

http://m.knnews.co.kr/mView.php?idxno=1276804&gubun=#_enliple
本文を読む

1:ななしさん 2019/02/12(火) 09:29:13.02
慰安婦:天皇に謝罪求めた韓国国会議長、発言の趣旨を説明
2019/02/12 08:54 朝鮮日報

 文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長が、従軍慰安婦問題で「天皇(原文は日王)謝罪するのが)望ましいと思う」と発言して騒動になっていることについて、「責任ある指導者の真摯(しんし)な謝罪が(重要だという)趣旨だった。韓日両国間の不必要な論争を望んでいないし、起こってもいけない」と11日(現地時間)に語った。

 訪米中の文喜相議長は同日午前、ワシントンD.C.のホテルで記者らに「韓日のネットユーザーの間でも舌戦になり広がっているようだが、望ましい現象ではない」と述べた。

 また、文喜相議長は「(明仁)天皇は戦争犯罪の主犯の息子」という言及について、「戦争時の日本の国王の息子だという意味だ。重要な地位にいる指導者の心からの謝罪を強調する脈絡から出た表現だ。慰安婦問題は被害者たちが納得できるだけの真摯な謝罪が優先されなければならない。日本側は数十回謝罪したと言うが、私は見るに、そのようなことはない」と言った。

a

http://www.chosunonline.com/m/svc/photoview.html?contid=2019021280006
 

関連記事:
「天皇に謝罪求めた韓国国会議長、発言の趣旨を説明」記事への韓国読者コメント
2019/02/12 08:55 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019021280007

本文を読む

TSNdpRO1:ななしさん2019/02/09(土) 19:20:15.70
和田春樹氏「三・一精神、日本人もきちんと知れば変わるだろう」
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/02/09 10:39

和田春樹東京大学名誉教授インタビュー

「植民地支配謝罪をもとに協力」日本の知識人226人の声明主導

 韓日関係が悪化し続けている中、日本の知識人226人が6日、三・一運動(1919年3月1日)の精神に基づいて両国が和解し、北東アジアの平和のため協力することを勧告する声明を発表した。和田春樹東京大学名誉教授=写真=をはじめとする日本の知識人たちは、日本の国会で発表した声明で、「今年は三・一独立宣言が発表されてから100周年になる記念碑的な年」「(韓国人たちは)日本に併合され、10年間の苦痛を味わいながらも、日本のためにも朝鮮が独立しなければならないと説得しようとした」と述べた。

 和田教授をはじめ、田中宏一橋大学名誉教授、内田雅敏弁護士、小田川興・在韓被爆者問題市民会議代表らはこの声明で、「(今は)朝鮮民族の偉大な説得の声に耳を傾け、北東アジアの平和のため、植民地支配に対する反省と謝罪をもとに日韓、日朝間の相互理解と協力の道を進むべきだ」との見解を明らかにした。7日、今回の声明を主導した和田名誉教授に会い、声明を出すことになった背景と韓日関係の行方についてインタビューした。

-今回の声明を出したきっかけは?

「安倍首相が先日の国会施政方針演説で韓国について一言も言及しなかったことに衝撃を受けた。最も重要な隣国との関係がこのようなことになってはならないと考えて声明の準備に取りかかった」

-主にどのような人々が参加した?


「2010年の韓日併合100周年で『日本の植民地支配は間違っていた』という声明に参加した人が約3分の2だ」

-声明では三・一運動の宣言を引用した部分が目にとまるが。


「1919年の三・一運動宣言を読み直して感銘を受けた。三・一運動は非暴力的かつ平和的に侵略者を説得しようとした。中国の五・四運動(1919年5月4日)にも影響を及ぼしたという点で大きな意義がある」

-日本には最近、韓国の三・一運動100周年記念について懸念しているムードがあるのでは?

「日本のテレビでそのように放送しているのを見た。日本人が三・一運動の精神をきちんと知れば変わるだろう。100年前は日本人たちが三・一運動についてきちんと知るのは難しかった。しかし、今はそうではない。日本人たちは今、これに答えなければならない」


本文を読む

1:ななしさん 2019/02/07(木) 15:58:21.44 I
  元徴用工訴訟めぐる日本の2国間協議の要請 韓国は応じない見通し
2019-02-07 KBS WORLD Radio 

元徴用工訴訟をめぐって日本政府が求めていた2国間協議の要請から今月8日で30日となりますが、韓国政府は協議には応じず、通常の外交ルートを通じた協議を続けていく方針のもようです。


外交部の当局者が7日、明らかにしたところによりますと、「日本の要請に応じるか、もろもろの要素を考慮して、綿密に検討している」ということです。また別の当局者は、「日本政府が2国間協議の開催要請への返答を30日以内に出すよう求めているが、韓国政府としては、それに拘らない方針だ」と話しました。

これは、日本の協議要請には、「紛争解決手続きを踏んだにもかかわらず、解決策が見出せなかった」と主張して、この問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴しようとする思惑があると判断したためとされます。 中略

日本外務省は先月9日、李洙勲(イ・スフン)日本駐在韓国大使を呼んで、韓国の裁判所が新日鉄住金の資産の差し押さえを認めたことに抗議し、韓国政府に対して、1965年の請求権協定にもとづいて、2国間協議を求めています。

1


本文を読む

1:ななしさん 2019/02/06(水) 19:41:22.97
日本の知識人が声明 「反省と謝罪に基づき歴史問題解決を」=韓日の対立懸念
2019.02.06 16:54 聯合通信 

【東京聯合ニュース】和田春樹・東京大名誉教授ら6人が6日午後、東京の衆院第2議員会館で「日本市民知識人の声明」を発表し、日本による植民地支配への謝罪を盛り込んだ1995年の村山富市首相談話などに基づいて韓国と北朝鮮に関連した歴史問題を解決していくべきだと日本政府に促した。

声明には歴史家103人や学者・研究者58人、作家、弁護士、社会活動家など日本の知識人計226人が署名した。

和田氏らは、現在の韓日の非正常的な対立と緊張関係を懸念し、声明を発表することになったと説明。村山談話と2010年の菅直人首相談話に基づき植民地支配を反省・謝罪することこそ、韓日、朝日(日朝)関係を持続的に発展させる鍵だと強調した。

no title

本文を読む

1:ななしさん 2019/01/25(金) 10:49:38.01 I

 国防の活動において最も肝要なのは冷静な思考である。この隣国間の不毛なあつれきを、ただちに収束させるべきだ。

 日韓防衛当局間の摩擦が止まらない。海上自衛隊機へのレーダー照射問題に続き、今度は韓国側が新たな抗議を発表した。海自機が韓国の艦艇に繰り返し威嚇飛行をしたとしている。

 日本政府は否定しており、やはり双方の主張は食い違う。

 懸念する事案が発生したというのなら、相手に伝え、事実関係を調べるのは当然だ。ところが今の両国当局間では、そのための対話も円滑に進まない。

 その憂うべき事態のなかでも今回の韓国側の発表は、明らかに穏当さを欠いている。国防相が記者団の前で、海自機への実力行使までをも示唆したのは極めて不用意な発言である。

 これに先立つレーダー問題での協議は平行線をたどった。日本側は批判の応酬を避けるためとして、協議を打ち切った。

 後味の悪さは残るものの、今後の関係を考えるとやむを得ない判断と言うべきだろう。だが韓国側は納得せず、協議の継続を求めている。

 両防衛当局はこれまで、北朝鮮問題の緊張が高まるたびに、米軍と共に協力を深めてきた。2016年には、曲折の末に日韓の協力を明文化した軍事情報包括保護協定を結んだ。

 遅々としながらも前進してきた防衛協力を、無為に損ねてはならない。最近の朝鮮半島での緊張緩和を背景に、韓国側で万一、対日協力への関心が薄らいでいるとすれば、未来志向の信頼関係は築けまい。

 もちろん、日本側にも関係の悪循環を断つ責任はある。現場での国際規定を守るのは当然として、韓国側の訴えにも配慮する方策を考えるべきだろう。

 日韓は排他的経済水域が重なるほど距離が近い。偶発的な事故や誤解を生まないためにも、平素から独自のルールを定め、認識を共有する防衛交流を深めることが有効ではないか。

 スイスでの外相会談では、この問題や徴用工問題などを話しあい、意思疎通を緊密にすることを確認した。いまの大半の問題は、背景に政府間の風通しの悪さに伴う不和がある。

 来月下旬には米朝の首脳会談が計画されている。結果がどうあれ、日韓が結束してあたる必要性が高まるのは自明だ。

 隣国関係を大局的に見据える政治のかじ取りが必要だ。こじれる諸問題を座視してはならない。安倍首相と文在寅(ムンジェイン)大統領は今こそ直接対話し、両国民に協調の価値を説くべきである。

2019年1月25日05時00分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/DA3S13863591.html?ref=editorial_backnumber

本文を読む

8e0efa091:ななしさん 2019/01/21(月) 23:49:13.81
世論調査―質問と回答〈1月19、20日実施〉
1/21(月) 23:30配信 朝日新聞デジタル

◆日韓関係についてうかがいます。元徴用工の問題や、自衛隊機へのレーダー照射をめぐる問題など最近の日本と韓国の関係を見て、安倍政権の韓国に対する姿勢を評価しますか。評価しませんか。

 評価する  38

 評価しない 48

全文はソースで
本文を読む

1:ななしさん 2019/01/18(金) 07:24:12.58
産経新聞

【ロンドン=岡部伸】ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士による現地女性への性的暴行などで生まれた「ライダイハン」と呼ばれる混血児の問題を追及する英民間団体「ライダイハンのための正義」は16日、英議会内で集会を開いた。

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発してノーベル平和賞を受賞したクルド民族少数派ヤジド教徒、ナディア・ムラド氏(25)は「性暴力に対して団結し、正義の実現まで行動を」と訴え、韓国の戦争性犯罪である同問題への連携した取り組みを訴えた。

「ライダイハン」の男性、トラン・ダイ・ナットさんは「学校で『犬の子』といじめられ続け、就職もできなかった。韓国政府は謝罪はもちろん母をレイプしたことも一切認めない」と憤り、「慰安婦問題で日本を攻撃する韓国政府は、韓国人がベトナム人女性に行った行為(性暴力)に頬被りするのは許せない。日本政府に助けていただきたい」と述べた。

ナットさんの母親で、77歳になるトラン・ティ・ンガイさんは、「24歳から3人の韓国兵士に3度も性的暴行を受けた。ライダイハンは現在も苦しみ続けている。韓国政府はベトナムの女性にしたこと全てに謝罪すべきだ」と涙ながらに語った。

16日、英議会ストレンジャー・ダイニングルームで開かれた韓国のベトナム戦争性犯罪「ライダイハン」問題を追及する集会でライダイハン像を持つストロー元英外相(中央)と、ノーベル平和賞受賞者、ナディア・ムラド氏(右)=岡部伸撮影
no title
本文を読む

1:ななしさん 2019/01/17(木) 23:49:42.73
韓国外相、日本企業の差し押さえ「尊重」元徴用工訴訟で
1/17(木) 17:13配信

 韓国の康京和(カンギョンファ)外相は16日の記者会見で、元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国大法院(最高裁)判決について、「司法プロセスを尊重することが、政府の基本的立場だ」と述べた。日本企業の資産差し押さえを司法が認めたことも尊重する必要があるとの考え方を示した形だ。

 資産差し押さえは3日付で、日本政府はこれに抗議し、日韓請求権協定に基づく協議を韓国政府に要請している。康氏は要請に応じるかについて「多様な要素を検討して立場を整理する」と述べるにとどめた。

 康氏は慰安婦問題に関連し、今年の上半期に「慰安婦のつらい歴史的な経験が忘れられないための措置」を国際社会で進めると語った。(ソウル=武田肇)

朝日新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000068-asahi-pol

本文を読む

このページのトップヘ