在日コリアン

nida1: 鴉 ★2017/02/11(土) 19:51:16.59
“生きる証を守り抜く”/補助金停止に反対、山口県庁前での座り込み続く

山口初中への補助金停止に反対し、山口朝鮮学園関係者による山口県補助金対策委員会、日本の市民団体及び個人で構成された「朝鮮学校を支援する山口ネットワーク」(15年7月結成、以下、山口ネットワーク)が力を合わせて、地道な抗議活動を繰り広げている。2月9日には同胞、日本市民、県議ら約50人が県庁前での座り込みに参加して差別撤廃を訴えた。

この日は「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪」(以下、連絡会・大阪)の長崎由美子事務局長も駆けつけ、思いをともにした。13年3月から毎週水曜日に行われてきた座り込み。現在は月に1回、抗議の声をあげている。

■点がつながり新たな希望に

当日、参加者たちは抗議メッセージが書かれた手作りの看板やうちわを持ち、拳を突き上げてシュプレヒコールを叫んだ。

「朝鮮学校の子どもたちの笑顔を奪うな!」「子どもの権利条約を遵守せよ」


その後、場所を移して行われた座談会では、「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」(以下、刻む会)の内岡貞雄共同代表の司会のもとで活動報告が行われ、各地での無償化裁判や朝鮮学校での行事などに関する言及もなされた。

つづいて連絡会・大阪の長崎事務局長が1月26日に判決が下された大阪での補助金裁判について報告した。長崎事務局長は、朝鮮学校を支援する活動に取り組むようになった経緯や朝鮮学校で育まれる人間力の素晴らしさについて触れながら、今回の許しがたい不当判決に屈することなく様々な形で世論を喚起していきたいと語った。

カエレと思った方はクリック →  
本文を読む

a0efb4391: イス攻撃(岐阜県) [ニダ]  2017/02/09(木) 23:21:53.53
朝鮮学校への補助金を見送り 神奈川県、当初予算案に計上せず「教科書の改訂が前提」

 神奈川県は8日、県内の朝鮮学校5校を運営する学校法人「神奈川朝鮮学園」(横浜市)の児童・生徒を対象にした学費補助金について、平成29年度当初予算案への計上を見送ることを明らかにした。(略)

 県はこれまで拉致問題の記述を盛り込んだ教科書の改訂を繰り返し要請。同学園は昨年11月上旬、独自の教科書を今年度中に作成すると県に伝えたが、同月中旬に一転して「不可能になった」と県に通知。県は昨年4~8月分に当たる約2100万円の補助金支給を留保していた。

http://www.sankei.com/politics/news/170209/plt1702090005-n1.html


元スレ:・神奈川県、朝鮮学校への補助金を見送り

1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

bandicam 2014-11-01 16-46-05-2701: ダーさん@がんばらない ★ 2017/02/08(水) 12:36:34.88
橋下徹元大阪府知事が補助金交付の条件とした「4要件」を「相応の合理性がある」と認めた大阪補助金裁判判決文を読み、2010年3月に朝鮮学校を視察した際の知事の言葉が想起された。「不法な国家体制とつきあいがあるなら、僕は子どもたちを取り戻し、ちゃんと正常な学校で学ばせる」。

高校無償化制度からの朝鮮学校除外、朝鮮「制裁」の拡大の中で発出された昨年の 「3.29通知」、昨年末、朝鮮からの教育援助費を理由に和歌山初中への補助金不交付を決定した和歌山市の判断。上記の事柄に通底するのは、生徒たちの祖国を「絶対悪」とし展開される議論に右倣いする日本社会の状況だ。メディア全体の「北朝鮮バッシング」の中で形作られてきた土壌が司法の現場にまで浸透していることを、この判決を受け痛感した。


迎春公演に参加した生徒たちの姿を思い出す。初めて祖国の地を踏み、人々の温かさにふれ、旅立ちの朝、「必ず、また祖国に戻ります」と大粒の涙を流し、惜別した生徒たち。小さな胸にしっかり刻んだ「私たちの祖国」。

今年は教育援助費と奨学金が寄せられて60周年になる。60年間、変わらないのは在日の子どもたちを思う祖国の愛、変わったのは朝鮮を見る日本社会の視線だ。同胞社会に対し祖国との「断絶」を迫る風当りはますます強まるだろう。だからこそ、祖国とともに歩んだ民族教育の歴史を再度振り返りたい。(宥)

ソース:朝鮮新報 2017.02.07 (11:22)
http://chosonsinbo.com/jp/2017/02/07ky/


元スレ:・【朝鮮新報】大阪補助金裁判、生徒たちの祖国を「絶対悪」とする土壌が司法にまで浸透していることを痛感した[02/08]

1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

161d3ede1: ◯( ´∀` )◯ ★2017/02/07(火) 15:11:25.52
宇都宮中心部の男性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 宇都宮中央署
2月7日 12:14

 宇都宮市中心部で4日未明、男性が刺され重体となった事件で、宇都宮中央署は7日、殺人未遂の疑いで宇都宮市平出町、韓国籍、無職黄茂男容疑者(68)を逮捕した。黄容疑者は、福田茂男や秋元茂男とも名乗っていたという。

 逮捕容疑は4日午前1時7分から午前2時50分ごろまでの間、宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園北側の歩道上で、殺意を持って同市、無職男性(74)の腹や胸を刺したが、未遂に終わった疑い。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/accident/news/20170207/2594952


元スレ:・【社会】男性を刺した殺人未遂容疑で韓国籍の黄茂男(通名:福田茂男または秋元茂男)容疑者を逮捕 宇都宮

1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

a0efb4391: ダーさん@がんばらない ★ 2017/02/07(火) 08:54:24.96
〈大阪補助金裁判〉「もっと…ひとの心を持って考えろ!」/中村一成
2017.02.06 (14:28)  朝鮮新報

学ぶ権利否定する行政の措置を司法が追認

木で鼻を括った口調で判決骨子が読み上げられる7分間、身じろぎもせず、怒りと落胆、喪失感が混ざった表情で裁判官を見つめていた女子生徒たちの顔が目に焼き付いている。「も、もっと……ひとの心を持って考えろ!」。読み上げ終了後、退出しようとする裁判長に投げつけられた怒号は、廷内に充満していた想いを表していた。


京都朝鮮学校襲撃事件や、朝鮮学校への支援活動を標的にした徳島県教組襲撃事件の歴史的勝訴が最高裁で確定し、それらの司法判断も一つの後押しとなって日本初の反人種差別法(「ヘイトスピーチ解消法」)が施行された。その流れの中での言い渡しだった。

上しか見ない裁判官の作文

前述事件が示すように、民間レイシストが起こした差別事件については人種差別撤廃条約を盛り込み勝訴を導く流れが定着しつつある。問題は国連・人種差別撤廃委員会なども再三、政府に指摘してきた「公」による差別だ。その極である朝鮮学校潰しに対して、司法が如何なる判断をするのか、そして京都事件判決に刻まれた朝鮮学校の歴史や社会的価値について何かしらの言及(判決の継承)がなされるか否か、それが私の注目点だった。

だが判決は、上しか見ないヒラメ裁判官の作文だった。実定法のない朝鮮学校への補助金は「権利」ではなく「恩恵」とし、「行政の裁量」で学校側の主張をことごとく切り捨てる。記されているのは支給要件についての形式論ばかり。弁護団が強調した朝鮮学校の歴史性や社会的役割、民族教育の意味や、学ぶ権利には何一つ言及がなかった。勝ち負け以前に、「不正を正す」「少数者の声を聞く」という裁判官の矜持が皆無なのだ。彼の目を正面から見据えて聞きたい。「貴方は本当に、それでいいのですか?」と。

排外・攘夷を煽る在特会らのヘイトスピーチ(差別扇動)を違法とする一方で、「同化の強制」というレイシズムへの抵抗として生まれ、民族的少数者が自尊感情を育む場として守られてきた場を根絶やしにしようとする。この日本社会の「差別のダブルスタンダード」を「是」としたのである。
これはまさに全国の自治体で最も早くヘイトスピーチ対策に取り組んだ一方で、全国で最も早く補助金廃止の口火を切った橋下徹氏が体現する「捻れ」であり、それが矛盾とされないこの社会の病理だ。差別は「公」の専有物だとでもいうのか?

補助金不交付の連絡後に要綱を改訂、朝鮮学校を排除した大阪市の、高校無償化排除を巡る規則(ハ)号の削除を思わせる措置を是とする。橋下氏の「北朝鮮と暴力団は基本的に一緒」発言に端を発し、「公安調査庁による調査の対象となっている団体」とのかかわりを理由にした府の打ち切りを「(朝鮮学校に対する)狙い撃ちではない」とまで庇う。


1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

dsada1: 鴉 ★2017/02/05(日) 14:28:24.88
〈人・サラム・HUMAN〉総聯福岡・福岡支部和白分会長

「生き様」を受け継ぐために

朝鮮人部落が形成されていた通称「金平団地」(福岡市東区)に40年間近く暮らした。1963年に併設された福岡初級附属幼稚園の第1期卒園生。「同胞たちは子どもにご飯を食べさせるのに精一杯なのに、なけなしの金をはたいて学校を運営していた」。父も同校に惜しみない支援を注いでいた。

民族的アイデンティティーは自然と育まれていった。「朝鮮人は死ぬまで朝鮮人。生き方に信念を持っている。目は常にウリナラを向いている」。


福岡地域青商会の初代会長、同校教育会の会長として子どもたちの明るい未来のために精力的に活動。6年前に和白分会の分会長に就いてからも志は変わらない。「朝鮮学校は先代の同胞たちの『生き様』。どんなことがあっても民族の灯火を消してはならない。専従も非専従も関係なく誰もが必死に取り組まないと」。

今年で還暦を迎えるが情熱が体を突き動かす。子どもたちも通った母校のために、古紙やアルミ缶のリサイクル運動、学校美化活動、遊具の設置などに率先して励み、有志たちを募った財政支援活動や1口千円運動への協力を広く呼びかけている。同分会は「総聯分会代表者大会2016」では総合模範分会に表彰された。

金平団地ではいつも一つの場所に同胞たちが集まっていた。時代の流れにより同胞間の距離は広がりつつあるが「同胞たちが集まり、気持ちが一つに寄り添う場所、それが分会であり学校だ」。 (徳)
 
http://chosonsinbo.com/jp/2017/02/il-1105/


元スレ:・【話題】在日コリアン「朝鮮人は死ぬまで朝鮮人。生き方に信念を持っている。目は常にウリナラだ」

帰れと思った方はクリック →  
本文を読む

20160808b1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/02/05(日) 12:00:47.37
【時代の正体取材班=石橋 学】ヘイトスピーチ(差別扇動表現)の被害にさらされてきた川崎市で4日、市民参加による人種差別撤廃条例の制定を求める集会が開かれた。

「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」が結成1周年記念を兼ねて主催。与野党の国会議員、市議、県議が政党・党派を超えて列席し、国と地方行政、議会と市民が連携した「オール川崎」による差別の根絶への道筋が示された。 

最初に登壇したのは元自民党参院議員で川崎市日韓親善協会会長の斎藤文夫氏。「多文化共生の時代にヘイトスピーチは日本の恥。市議会には根絶のため条例を作るようお願いしているが、今日の皆さんの姿を市長や関係者に伝え、善処を求めていく」。保守の立場から示された見識と良心に300人近い参加者で埋まった会場は大きな拍手に包まれた。

市内では2013年からヘイトデモが繰り返されてきた。被害当事者の訴えから始まった同ネットワークの反対運動はヘイトスピーチ解消法の成立を後押しし、昨年5月、ヘイトデモ主催者に公園を貸さないという福田紀彦市長の判断につながった。

自民党国際局長の田中和徳氏は「法律ができヘイトスピーチはいけないと明確になった。自治体で条例をつくるなどして解決していくのは私たちの使命。川崎は歴史的に在日コリアンが暮らし、街や歴史をつくってきた地域だと重く考えながら、努力していく」と明言。

市議からも「運動に勇気をもらった。日本初となる差別撤廃条例の制定へ働いていく」(公明・沼沢和明氏)、「多文化共生は川崎市の伝統で、人権平和施策は基本理念。市議会の意志として超党派で取り組む」(民進みらい・織田勝久氏)といった決意表明が相次いだ。

寄せられたメッセージも読み上げられ、自民党川崎市議団からは「ヘイトスピーチ根絶へ、着実に歩みを進めていきたい」との考えが示された。

政党・党派を問わず12人の国会、地方議員からそろって語られた「根絶」の二文字。川崎市は現在、公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するガイドラインづくりに着手し、福田市長は条例制定に向け「オール川崎で議論する」と表明している。被害を訴え、対策を求めてきた在日3世の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(43)はあいさつに立つと「私たちの街を守ってもらおうと『オール川崎』を呼び掛けた闘いが1年たって『オール議会』『オール社会』に広がった。行政も一緒に壇上に立ち、胸を張ってヘイトスピーチ対策を報告する日は遠くないと感じている」と感慨を込めて話した。

ソース:神奈川新聞 2017年02月05日 06時01分
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12152-229304/
 
1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/02/05(日) 00:44:18.55
辛淑玉 @shinsugok
「韓国人が、なぜ、日本の政治に口をだすのか」って言う人。ケント・ギルバードには言わないよね。
それに、この言葉の一番の問題は、あなたが、それを決める権利など無い、ということがわかっていないこと。
大体、在日と韓国を一括りにしているところが、もう、アウトだろ。
https://twitter.com/shinsugok/status/827813502878261248


001_3

寝言は寝て言えと思った方はクリック →  
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/02/03(金) 23:41:48.31
辛淑玉@shinsugok 2月3日
BPOから連絡が来た。まずは当人同士で話し合ってくれと。
酷いことをされた側が、どこまでも努力を強いられる。
これ、ハラスメントの被害者が三ヶ月以内に、自分で
まとめて申請をし、書類が通ったら、まずは、当事者同士でと言われる。何のための人権救済なの?
https://twitter.com/shinsugok/status/827526566309556227

001_3

カエレと思った方はクリック →  
本文を読む

1: 動物園φ ★ 001_32017/02/03(金) 12:50:43.61
ニュース女子:報道全体の信用失墜、副主幹の懲戒解雇を 「のりこえねっと」共同代表・辛淑玉さん
沖縄タイムス+プラス 2017年2月3日 07:13

 東京MXの番組「ニュース女子」で司会を務める東京新聞・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏の罪は深く重い。

 一番の問題は、副主幹という肩書を持つジャーナリストがデマを出したということだ。これは、企業の管理監督責任だけで収まらない。ジャーナリズム全体の信用を失墜させたという意味では、懲戒解雇しか考えられない。


 東京新聞の謝罪記事(url)については、ジャーナリズムの良心が一歩前進したのかなと思う。ただ、抗議文を送っている長谷川氏自身からは何の返答もない。

 番組放送以降、ネット上では過激な言葉が止まらず、デマはすさまじい勢いで広がっている。あの番組は差別を扇動するものであり、出てしまったデマを国として社会として訂正していかないといけない。

 これはデマなんだ。デマは社会的に裁かれるということを見せていかなければ。
付いてしまった火をどうやって消すのか、本気で考えないといけない。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/82573


1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

1: エクスプロイダー(岐阜県)  [US]
(リンク先に動画)
https://twitter.com/i/videos/827085153751048192 

1分13秒~
現場で彼ら二人がね、20何台も止めた。それでも一日止められるのが15分。でもあと3人行ったらね、16分止められるかもしれないんです。もう一人行ったら20分止められるかもしれないんです。だから送りたいんです。

そして私たちは、私もねはっきり言います、一生懸命これから稼ぎます。なぜならばあたしもう体力ない。あとは若い子に死んでもらう。若い子にはお国のために頑張ってもらうってのは稲田朋美も言ってるわけですから。稲田が言うならあたしも言おうじゃないかと。

でそれから爺さん婆さんたちはですね、向こうに行ったらただ座って止まって、なにしろ嫌がらせをしてみんな捕まって下さい。
70以上がみんな捕まったらそしたらもう刑務所入れませんから、若い子が次頑張ってくれますので、ですから、なにしろ山城博治はもうボロボロです。

申し訳ないけどね、
山城博治に言いました。病気で死ぬな。それから米兵に殺されるな。日本の警察に殺されるな。お前が死ぬときはあたしが殺してやるからって言ってますから。だから、彼は今あそこにいるだけでいい。

s-bandicam 2017-02-02 23-58-46-789

寝言は寝て言えと思った方はクリック →  
本文を読む

1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/02/01(水) 20:04:00.41
togetter 香山リカ、在日ドクター金剛先生に論破される
https://togetter.com/li/1076718

登場人物
KangKim@SleipnirAtNet  在日韓国人三世の医者(専門は神経内科)。
https://twitter.com/SleipnirAtNet

香山リカ 精神科医。立教大学教授(現代心理学部)。
https://twitter.com/rkayama
香山リカ@rkayama
あえて「狂人」という単語を使う。診察室で会うような疾患の方々ではない。「狂人」が巨大権力を手にしてしまったとき、精神医療は何をすべきか。「治療を求めてない人に関与すべきではない」という従前の倫理にこだわっている場合ではない。"彼"を止められるのはもはや精神医療だけなのではないか。

KangKim@SleipnirAtNet
適切な方法で診察もせずに生身の人間を狂人と断定するのは医療ではない。その仕事を請け負うのは医者ではなく、思想警察だということを知れ。

香山リカ@rkayama
もともと「狂人」なんて診断名はわれわれの診断ガイドラインにありませんよ、先生…。その従来のガイドラインや倫理が通用しない未曾有の事態云々が起きている、と言ってるわけでして。

KangKim@SleipnirAtNet
貴方は医師として「精神医療は何をすべきか」と述べた。ガイドラインにも記載されていないなら答えは簡単、「精神科医としては何もできず、何もすべきではない」ということになる。繰り返すが、貴方の言い草は医者のものではなく、思想警察による拷問や逮捕拘禁の口実と同じ。

香山リカ@rkayama
もちろん基本はそう。ただ職能や知識を生かして社会で積極的に発言し、コミットすることもいま大学人や専門家に求められているのではないでしょうか。今年の日本精神神経学会では「ヘイトクライム」がテーマのシンポジウムあり、私も「ネトウヨ」について語るように求められてます。先生もお越しを!

KangKim@SleipnirAtNet
ガイドラインにも記載されていないと認めながら、自分の職能や知識を活かす?それは専門家の肩書の「悪用」に他ならないのだが。精神科医師を標榜する者が、生身の人間を「狂人」と断定することのおぞましさくらい自覚したらいかがか。

KangKim@SleipnirAtNet
70年代に北朝鮮に渡った私の祖母と叔父は、ほどなくして消息が判らなくなり、その後ある筋から「精神病院」に入院したという消息が伝えられた。その「精神病院」にはきっと貴方のような「精神科医」がいたのだろうなと想像されるね。

>>2につづく

1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

hqdefault1: ◯( ´∀` )◯ ★ 2017/01/31(火) 11:18:59.02
2017.01.28
by 李信恵

1月2日に放送されたTOKYO MXの「ニュース女子」91。この日は「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった? 過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」と題した沖縄・高江の報告がなされた。ひとことで言えば、デマばっかり。最初に観た時は、絶句した。そして残ったのは怒りしかなかった。原稿を書くのに再度視聴したが、今度はすごく辛く、悲しくなって涙がこぼれそうになった。自分が受けたヘイトスピーチと重なって、フラッシュバックを起こした。

沖縄県東村高江では、米軍のヘリパッド建設に反対する市民が抗議行動を行っている。私も沖縄には昨年の9月と12月に訪れた。9月は台風の影響もあったため、名護まで。12月には高江での抗議集会に参加した。車がなければ不便ではあるけど、現地の友人の車に同乗させてもらって現地まで何事もなく行けた。

集会が開催される前には参加者の歌などもあり、とても和やかなものだった。運動は怒りだけでは続かないものだから、そう云った笑いも取り入れることってとても大切だ。集会では女性議員が「私たちは戦後70年間、沖縄でずっと闘ってきた。2か月、3か月の話ではない」というスピーチをした。その言葉が、胸に刺さった。沖縄の市民がヘリパット建設に反対するのは、自分たちの尊厳が踏みにじられているからだ。戦後70年、ずっとだ。沖縄も、在日も。マイノリティの中では、戦争はまだ終わってないと思う。

12月に沖縄に行くすこし前に、たまたま辛淑玉オンニ(朝鮮語でお姉さんの意味)と電話で話した。のりこえネットが沖縄の高江へ市民特派員を派遣しており、交通費として5万円を支給するという告知を見ていたこともあって、「のりこえネットの市民特派員、フリーライターじゃだめ?」と尋ねた。書くことを職業にしているから、プロでも市民特派員になれるのかなと思ったからだ。淑玉オンニは「どうだろう。一度のりこえネットに問い合わせてみたら?」と返事があった。なので、市民特派員に応募した。フリーランスなので、取材は交通費との闘いでもある。いつもこの戦いには負けている。

結果は無事に合格で、2泊3日で沖縄に滞在した。大阪からで、さらにLCCを利用。初日は名護のゲストハウス、翌日は沖縄の友人宅に泊めて貰ったので若干安く行けたとはいえ、名護から那覇まで長距離バスにも乗ったし、食費もかかる。


しかし「ニュース女子」は、「反対派は日当を貰っている!?」「反対派を扇動する黒幕の正体は!?」として、外国人である辛淑玉がお金を集めて、日当を払って運動員を沖縄に送り込んでいる、と報道した。嘘ばっかり。私はまた2月上旬にも沖縄に再度行く予定なので、交通費だけですでに5万円以上。日当どころではなく大赤字だ。

沖縄のことはこれまで内地ではほとんど報道されてこなかった。だから「のりこえネット」は2016年11月に沖縄の状況を報告する市民特派員を募った。また、市民特派員を応援するために募金を呼びかけた。結果的に17人がのりこえネットに集められた市民からのお金で沖縄に行った。私もその内の一人だ。

反差別、反ヘイトスピーチの活動に参加してきた人たちは、いち早く沖縄の問題にも目を向けた。そして、沖縄へと向かった。それは、沖縄で起こっていることもまた差別であり、この日本の社会で立ち向かわなければいけない自分自身の問題であると感じたからだ。「ニュース女子」は、そんな普通の市民の思いも踏みにじった。

以下ソース
http://www.lovepiececlub.com/news/mobile/rishine/2017/01/28/entry_006483.html


元スレ
【沖縄】李信恵さん、沖縄遠征で5万円支給されていた
【沖縄】李信恵さん、沖縄遠征で5万円支給されていた ★2

1日1クリックで応援してね →  
本文を読む

1: ◯( ´∀` )◯ ★ 2017/01/29(日) 12:53:13.79
J-CASTニュース1月28日(土)19時13分

沖縄の米軍ヘリパッド建設に抗議活動をする人々は「日当をもらっている」などと報道したテレビ番組「ニュース女子」に人権を侵害されたとして、「日当を払っている団体」として名指しされた市民団体「のりこえねっと」が2017年1月27日、会見を開き、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てをしたと発表した。

同団体の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表は会見で、「(番組によって)一方的に攻撃されました。公開処刑です」と怒りをにじませた。

番組では「のりこえねっとが反対派に日当を支払っている」と報道


17年1月2日にTOKYO MXで放送された「ニュース女子」は、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設について取り上げ、「過激な反対派の実情を現地取材」との触れ込みで放送された。その中で、反対派を「テロリスト」と表現したほか、「のりこえねっとが建設反対派の人々に日当2万円を支払っている」などと指摘した。

放送後の5日、のりこえねっとはウェブサイトで番組に対して抗議声明を発表。番組内容を「虚偽報道」とし、「私たち『のりこえねっと』関係者は同テレビ局から事前にまったく取材を受けておらず、意見の聴取はおろか単純な事実確認すらされていません」「同番組によって傷つけられた人権と名誉の回復と補償を求めるため、必要なあらゆる手段を講じます」と表明した。

news_20170128190454-thumb-645xauto-104263

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0128/jc_170128_4597693055.html

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む


このページのトップヘ