在日コリアン

1: 動物園φ ★2018/04/27(金) 23:22:54.07
4月27日 毎日新聞

 27日の南北首脳会談。東京都新宿区のJR新宿駅前では、在日韓国・朝鮮人の若者たちがともにパレードし、祖国の和平や統一を願ってシュプレヒコールを上げた。


 在日本朝鮮青年同盟や在日韓国青年同盟などが主催し、在日3世の20代の若者を中心に約250人が集まった。参加者の多くは「わが民族に春が来た」とハングルで書かれたシャツを着て、統一旗の色に合わせた水色のペンライトを手にパレード。「チョーグットンイル(祖国統一)」などと声をそろえた。

C_4Oio0B

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000123-mai-soci

帰れと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2018/04/27(金) 21:21:39.00 I
「南北統一に近づいた」=湧く在日コリアン、悲観も

4/27(金) 21:18配信 時事通信

 南北首脳会談を受け、在日コリアンからは歓喜の声が上がる一方、悲観的な見方もあった。
 
 東京・新宿では在日韓国、朝鮮人学生や社会人らの団体が集会を開き、笑顔で喜びを分かち合った。参加者の多くは「わが民族に春が来た」とハングルで書かれたオリジナルTシャツを着用。「板門店宣言」が読み上げられると、歓声と拍手が湧き起こった。

 東京在住の団体職員許松麗さん(27)は「南北統一に近づいた。早く統一した国の国籍がほしい」と高揚した様子だった。

 大阪市生野区のコリアンタウンでは、板門店宣言の映像を流す街頭のテレビに足を止める人の姿が見られた。キムチ販売店の女性従業員(60)は「核のない朝鮮半島を目指すというのはビッグニュース。家族が離散した問題にも心を痛めてきたので解決されてほしい」と期待を込めた。

 別の韓国食材販売店で働く50代女性は「朝鮮半島の非核化はできれば良いが、(北朝鮮は)今回も、もらえるものをもらうだけでは」と冷静に受け止めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000150-jij-soci

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/04/23(月) 13:31:22.21
連載 デルクイ
すべての人は、移住者だ。


 ドイツでの生活は、市役所での住民登録から始まった。

 住民票の記入内容に「宗教」の項目がある。宗教別の税金を納めるためだ。一番高いのはカトリック。私は無宗教なので、もちろん宗教税はなし。

 すべての記入が終わると、役所から地元紹介のパンフレットと、図書館とプールの利用券、バッグやグッズなどを一通りプレゼントされて、「ようこそ(今日からあなたはこの街の住民です)」と言われた。面食らった。私が住民になることを喜んでくれる人がいるんだ、と思った。

 思い起こせば日本の役所は酷かった。長い間晒され続けたあの侮蔑的な眼差しと対応は、心の傷となって今も消えない。たとえば14歳のときの、今はなくなった指紋押捺の体験。

 学校を休んで品川の入国管理事務所まで行き、汚い廊下で待たされ、指を押えられて指紋を取られた。押捺後にわら半紙で指を拭いたときの屈辱感は忘れられない。

 しかも、そんなことを口に出せば「嫌なら出て行け」と言われる。それは、差別者の常套句として今も使われている。


 住民登録が終わって2カ月後、無料の健康診断の案内が来た。これにも驚いた。私には、移住者も住民であるという、ごく当たり前の感覚さえなかったことに気付かされた。

 同じドイツへの移住者の中に、ユダヤ系ハンガリー人のアダム・フィッシャー(69)がいる。ハンガリー国立歌劇場の音楽総監督だったが、右派政権に抗って職を辞した。その彼をドイツが招き、フィッシャーはデュッセルドルフ交響楽団の指揮者に就任した。アダム・フィッシャーの指揮で聴く演奏には、本当にこれが同じ楽団なのかと思ったほど心を揺さぶられた。はにかみながら語る仕草とは対照的なその指揮の熱さ、心の琴線に触れる旋律に涙しながら、拍手し続けた。

 招請を受けた彼は、この楽団で指揮する条件として、年に一度「人権コンサート」を開くことを要望した。チケットの売上げはチャリティとして、人権活動をしている人たちや団体に贈られる。3月22日のチケットも完売だった。

 この演奏会では、人権に携わる人の表彰も行われる。今年は、投資家で、慈善事業家で、ユダヤ系ハンガリー人のジョージ・ソロスが受賞者だった。彼は、米国の大金持ちのトップを走り続けてきた人でもあり、一方、多くの教育事業に寄付してきた人でもある。

 彼への評価はさまざまだが、かつて日本を訪れたとき、靖国神社の遊就館を見て「侵略戦争を正当化している」と断じ、「もし多くの日本の人々が近隣諸国の人々と大きく異なる歴史観を持つようになったら、その違いが将来深刻な問題を生み出すだろう」と語ったことでも有名だ。

 アダム・フッシャーはこの日の演奏会で、「ソロスも私も同じような移住者だが、自分の方が少しだけいい職につけた」と、チャーミングなジョークを飛ばした。

 「すべての人々は移住者(外国人)である。」

 この言葉は、ドイツの排外主義集団であるペギーダとの闘いの現場でよく見かけるコメントだ。

 人間は皆、移住者なのだ。

https://websekai.iwanami.co.jp/posts/522

001_3
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/04/22(日) 06:52:32.10
埼玉、「有志の会」が声明発表/補助金支給再開を求める多種多様な市民による「声」
2018.04.17 (13:40) 朝鮮新報

「誰もが共に生きる埼玉県を目指し、埼玉朝鮮学校への補助金支給を求める有志の会」が16日、埼玉県内の朝鮮学校への補助金支給再開を求める声明を発表した。同日、県庁記者クラブで発表記者会見を行った。

「有志の会」は埼玉にゆかりのある広範な研究者、NPO団体、市民団体、弁護士、学生、市民らで構成されている。発表された声明には、これらに加えて教員やデザイナー、アーティストなどの290の個人と2つの団体が賛同を表明。補助金支給再開を求める多種多様な市民による「声」と言える。

声明発表記者会見が行われた
no title


県は1982年から2009年まで支給してきた補助金を「教育内容」や「財政の健全化」を理由に10年度末に突如打ち切り。今も支給は再開されていない。

記者会見では、経過報告について猪瀬浩平共同代表(明治学院大学教授)、趣旨説明について渡辺雅之共同代表(大東文化大学准教授)が行い、「人権の重さ」は等しく同じであり、補助金打ち切りに至る政治、外交的問題を朝鮮学校に通う子どもたちの民族教育を受ける権利の保障のあり方に安易に結びつけるべきではないと言及した。

続いて、3人の呼びかけ人と保護者代表の発言があった。保護者代表は、学校や家庭の現状と共生社会実現への願いを切実に訴えた。

声明では、「違いこそが豊かさ」であること、朝鮮学校では日本の学校同様に子どもたちの成長と発達に資する生き生きとした教育活動が行われていること、政治問題への安易な結びつけは在日朝鮮人への偏見を助長し地域社会の深刻な対立と分断を悪化させかねないことなどが強調され、県議会で採択された「子どもの権利条約の普及啓発を推進する決議」や「埼玉県人権教育実施方針」に則し、子どもたちの成長と発達は県内に住む全ての子どもたちに例外なく保証されるべきものであることが指摘された。

「有志の会」ではこの日、県議や各政党、学事課などの関係各所をまわり補助金再開を求める活動を精力的に行った。

埼玉初中では長年に渡る公開授業や交流ワークショップなどの活動を通して、地域における草の根友好運動を推進してきた。今回の声明発表は、その活動の結実とも言える。

毎月学事課への地道な要請活動を行ってきた元アボジ会会長の趙成浩さんは、「以前には孤独な思いが募ることもあったが、今は違う。共に子どもたちの未来を考えてくれる仲間が出来て心強い思いだ」と語った。

http://chosonsinbo.com/jp/2018/04/csg0417/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

001_31: 動物園φ ★ 2018/04/22(日) 02:09:36.19
連載 デルクイ
ドイツへ

 ドイツで集中的に学んでみようと思うきっかけとなった出来事が二つある。

 故金大中元大統領の誘拐事件と、2015年に「のりこえねっと」ドイツを立ち上げるためにドイツに滞在したとき、現地在住の韓国人たちと出会ったことだ。

 1973年、朴正煕の最大のライバルであった金大中氏が当時のKCIAによって千代田区のグランドパレスホテルから拉致され、大きなニュースになった。米国の意向で、その場での殺害は免れたが、その後、金氏は韓国で死刑判決を受けた。日本政府は、自国の主権を侵害されたのに韓国に抗議することもなく、政治決着で片付けた。

 この事件で私は、「日本で朝鮮人が誘拐されても、日本は守ってくれないんだ」という恐怖感を覚えた。韓国政府にとって在日は、必要ならいつでも犯罪者にできる存在だった。

 自分は絶対に拉致されることなどない、という安心感に包まれて金大中救援活動をしている日本の人々と、私は立場が違うのだと認識させられた。

 後に、東京で作曲家の尹伊桑(ユン・イサン)氏(1917-1995)と食事をした時、1967年にユン氏が西ドイツでKCIAに拉致された際、西ドイツ政府は国交を断絶するとまで言って尹氏を奪還したことを聞いた。そこには多くの芸術家や市民たちの力もあった。日本とドイツの、この違いは何なのかと思った。

 そして2015年、反ヘイトの市民団体「のりこえねっと」ドイツを立ち上げるために、私はデュセルドルフに向かった。そこで、1960年代に「輸出商品」として韓国からドイツに送られた男性炭鉱夫と女性看護師に出会った。

 彼らとの会話の中で、ドイツの職場の同僚たちが、「あなたはいくらもらっているの?」と尋ねてきて、「それは低すぎるわ、交渉しましょう」とか「あなたには○○○の権利があるのよ」といった助言をしてくれて、全てが平等に扱われるようになって驚いたというエピソードを聞いた。

 そして彼らは、「私たちは当初、一日でも早く故郷に帰ろうと思っていました。しかし、韓国に降り立った途端、今度は一日でも早くドイツに戻りたいと思うようになったのです」と語った。

 彼らの子どもたちは、それぞれドイツの大学に進学したという。(ちなみに、ドイツは大学も受業料は無料。ただし、卒業するのは難しい。)

 早くドイツに帰りたいと思ったと語る彼らの笑顔に、どんな社会環境ならそんな言葉が出てくるのだろうかと思った。

 2017年の年末、私はデッセルドルフ近郊の役所で住民登録をした。その場で「ようこそ」と言われ、バッグやカレンダー、図書館やプールの割引券など、ワンセットをプレゼントされた。銀行口座を開きに行くと、また「この街にようこそ」と言われて、握手を求める手が目の前に来た。


 そして、私が同行をお願いした通訳者に「彼女は、今少し(あなたの)助けが必要です(了解してくれますねの目配せ)」と。私が一人で手続きするのは大変だから、ちゃんと助けてあげてねという意味だと、すぐにわかった。

 日本とのあまりの違いに面食らった。


 私のドイツ生活は、ここからスタートした。

https://websekai.iwanami.co.jp/posts/344

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: たんぽぽ ★2018/04/20(金) 22:00:22.86
J-CASTニュース

人気ツイッターアカウント「ポメラニアンのコロちゃん」が、在日外国人などへのヘイトスピーチにあたるイラストを公開していたとして、「深く反省し、2度とこのような事が無いよう励みたい」と謝罪した。

問題となったのは、「生活保護で働かずしてA5ランクのステーキを堪能する被保護ポメラニアン」として投稿されたイラストだ。ステーキを食べる犬のセリフが、ハングル文字で表記されていた。

■生活保護受給の「ポメラニアン」がハングルで喋る


「ポメラニアン―」は、イラストレーターの「タキオちゃん」が運営しているアカウント。可愛らしい見た目の犬が、「腹黒」な物言いで世の中を風刺するギャップで話題を呼んでいた。

Tシャツやトートバッグなどのグッズも製作されているほか、2018年4月4日からは期間限定のコラボカフェを東京・原宿に出店。ツイッターのフォロワー数も6万4000人を超えている(20日昼時点)。

そんな人気アカウントが、19日朝に公開したイラストがインターネット上で物議を醸すことになった。

「フルタイムで働いても生活にならないポメラニアンと、生活保護で働かずしてA5ランクのステーキを堪能する被保護ポメラニアン」

index

こうしたコメントと共に投稿されたのは、求人情報誌の近くに座り込んで発泡酒を飲む犬と、赤ワインとステーキを楽しむ犬を描いた2枚のイラスト。前者の犬は、「フルタイムで働いても生活にならないワン...」と日本語で呟いている。

しかし、ステーキを食べる「被保護ポメラニアン」のセリフは、ハングル文字で表記されていた(日本語で『美味しいワン!』という意)。この表現が、在日韓国・朝鮮人への「ヘイトスピーチ」に当たるのではないか、などと問題視されたのだ。

問題のイラストを掲載した投稿のリプライ(返信)欄などには、

「生活保護受給者と在日コリアンを対象にした差別的表現」
「ハングルを見下しているし、使っている方に失礼」
「悪質なデマと差別扇動。いい加減にしてほしい」

との指摘が殺到。なかには、「ファンだっただけに残念」「好きだったのにショック」と困惑するファンの姿もみられた。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: 荒波φ ★ 2018/04/20(金) 10:49:39.07
南北首脳会談在日コリアン高校生「統一こそ未来」
毎日新聞 2018年4月20日 09時47分

韓国と北朝鮮の南北首脳会談が27日に開かれる。朝鮮半島の非核化や東アジアの平和に向け、大きな転換点になる可能性があるこの会談を、日本で暮らす在日コリアンの若者らはどのようにみているのだろうか。大阪市東成区の東成区民センターで18日夜、10代の高校生7人が南北関係への思いなどについて率直な考えを述べた。

NPO法人「コリアNGOセンター」(大阪市生野区)が開いたシンポジウム「東北アジアの平和と未来を語るつどい」の一環。建国高(同市)▽金剛学園高(同市)▽大阪朝鮮高級学校(東大阪市)▽府立住吉高(大阪市)--の生徒が参加し、「平和・統一に向けた私たちの思い」をテーマに話し合った。

連日流れる朝鮮半島情勢のニュースについて、金剛学園高3年の朴雨蘭(パクウラン)さん(17)は日本と韓国双方のメディアを参考にしていると話し、「論調の違いを感じる。真ん中の目線で見ることが大事だと思う」と強調した。

一方、大阪朝鮮高級学校3年の女子生徒は「日常的に見るニュースは、私たちが『祖国』と呼ぶ国を批判する内容が多い。誰の言葉を信じればいいのか複雑だ」と胸の内を明かした。

小学生の頃に朝鮮学校に通ったことがあるという府立住吉高3年の高志旻(コジミン)さん(18)も「日本のニュースを見ると北朝鮮のことを悪く言っている。でも、政府だけを見て、その国の人を判断しないでほしい」と語った。

会談の結果によっては、南北関係が大きく進展する可能性がある。統一への希望の声も聞かれた。

建国高2年の金甫泳(キムポヨン)さん(16)は「統一すれば朝鮮半島がアジアの中心になっていく。韓国にとっても、北朝鮮にとっても、統一こそ未来」と話した。

金剛学園高3年の金主喜(キムジュヒ)さん(17)も「何よりも早く平和が訪れてほしい。私も偏見を持つことなく、平和につながる行動を取っていきたい」と前向きな言葉を並べた。

大阪朝鮮高級学校の女子生徒は「日本にいると平和が当たり前に感じる。でも決してそうではない。自分の問題として統一を考え、実現する日が来れば朝鮮半島にいる人たちと共に喜び合いたい」と期待を語った。

https://mainichi.jp/articles/20180420/k00/00e/040/188000c
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

4582682i1: ニライカナイφ ★ 2018/04/19(木) 22:05:03.41
◆母親の生存偽装、遺族年金を受給 詐欺容疑などで韓国籍の男逮捕
産経WEST 2018.4.19 20:58

死亡した実母が生きていると装い遺族年金を不正に受給したとして、京都府警西京署は19日、詐欺と有印私文書偽造・同行使容疑で、韓国籍の不動産賃貸業、孔時雄(こう・じゆう)容疑者(66)=京都市西京区=を逮捕した。「覚えていません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は平成26年10月、18年6月に死亡した実母が生きているとする偽の年金受給者現況届を作成し、日本年金機構に提出。翌月から27年4月ごろにかけ、計4回にわたり遺族年金計61万4千円を入金させたとしている。

府警によると、年金機構京都西事務所が27年4月に年金受給者の居住実態を調べたところ、孔容疑者の実母の死亡を確認。同署に相談した。実母の生存を偽装していた約9年間に、54回にわたり約845万円を受給していたという。

http://www.sankei.com/west/news/180419/wst1804190078-n1.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/04/17(火) 13:30:22.00
4/17(火) 6:03配信 カナロコ by 神奈川新聞

【時代の正体取材班=石橋 学】神奈川県をはじめ各自治体が朝鮮学校への補助金を停止している問題で、埼玉県の市民団体は16日、埼玉朝鮮初中級学校(さいたま市)の補助金再開を同県に求める声明を発表した。すべての子どもに保障される学ぶ権利が侵害されている現状は「私たちの社会のあり方を問うている」と指摘。差別を容認している日本社会の問題として解決すべきだと提起している。

▼補助金再開を求める声明を発表する渡辺准教授(左から2人目)ら=埼玉県庁
s-index


「誰もが共に生きる埼玉県を目指し、埼玉朝鮮学校への補助金支給を求める有志の会」は同県で人権や障害者支援、貧困問題、多文化共生の実現などに取り組む多様で幅広い292の個人・団体で結成。声明は、拉致問題などを理由にした補助金停止を「朝鮮学校の子どもたちとは何ら関係のない外交政治上の理由を持ち出す不当な差別」と非難。「互いの違いを認め合い、誰もが差別されることなく共に生きられる魅力的な埼玉県にするため」補助の再開を求めている。

埼玉県庁で会見した共同代表の渡辺雅之・大東文化大准教授は2010年から続く補助金停止という公の差別が「朝鮮半島にルーツを持つ人は差別されても仕方がないという差別を市民レベルでも後押ししている」と指摘した。09年に同県蕨市でフィリピン人一家の排斥を叫ぶヘイトデモを「原点」に差別扇動を主導してきた桜井誠氏が今年3月、相模原市内の講演で極右政治団体「日本第一党」党首として在日コリアンの虐殺を公言したことにも言及。「差別が繰り返されるうち、障害者、女性、生活保護受給者へと差別が拡大し、誰もが暮らしやすい公平な社会が破壊される。迫害までが公然と語られる社会情勢にあって、差別を見過ごしているこの社会の全ての人が当事者となっている問題だ」と訴えた。

呼び掛け人の一人で生活困窮者支援に取り組むNPO法人ほっとプラスの藤田孝典代表理事も、横行する生活保護受給者へのバッシングに「一つの差別を許せば、別の人も差別してよい、命を軽視してよいと、差別が拡大再生産されていく。貧困問題にかかわってきた立場からも、差別を許容する社会の風潮に危機感を持つ」と警鐘を鳴らす。県民の一人として「誰もが教育を受ける権利や生存権が脅かされることのない埼玉県を一緒に実現したい。同じ社会に暮らす子どもが国籍の違いや多様な生き方を選択した結果、不遇を受けることのない社会をつくるのは大人の社会的責任だ」と強調した。

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ガーディス ★2018/04/08(日) 13:55:42.79
毎日新聞 4月7日

中原署は5日、南武朝鮮初級学校(川崎市高津区)校長、梁瑞鳳容疑者(53)=横浜市保土ケ谷区=を県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕した。


逮捕容疑は5日午後0時40分ごろ、川崎市中原区の武蔵小杉駅の連絡通路に設置された上りエスカレーターで、高校2年の女子生徒(16)のスカートの中をスマートフォンで撮影したとしている。

同署によると、梁容疑者は「好奇心で撮ろうとした」などと供述。警戒中の警察官が盗撮行為を目撃し、現行犯逮捕した。【杉山雄飛】

11_img01

https://mainichi.jp/articles/20180407/ddl/k14/040/086000c

 1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US]2018/04/05(木) 11:14:13.59
パチンコホール、1年間で420店も減少。先行きも暗い…
4/5(木) 8:05配信ニュースイッチ

射幸性の低下でさらなる集客力の低下も

 パチンコ業界の先行きは厳しいものになりそうだ。矢野経済研究所(東京都中野区)によると、2017年12月末の全国パチンコホール経営企業数は、前年12月末比で177社減少し3244社、店舗数は420店舗減少し1万258店舗となった。


 娯楽の多様化と、ここ数年のパチンコ産業に対する規制の強化などが影響し、同産業の事業環境の厳しさが分かった。今後もその傾向は、継続すると見られる。

 駅前の好立地でにぎわっていたホールも、いつの間にか閉店しており、業界環境の厳しさがうかがえる。こうしたなか、パチンコホール経営業者の倒産件数も増加に転じた。

 東京商工リサーチによると、2017年の「パチンコホール」倒産は29件(前年比141.6%増)で、前年の2.4倍増と急増した。倒産が前年を上回ったのは3年ぶり。

 16年12月は非適合機種の撤去期限とされたほか、17年9月は5・9号機への切り替えが義務付けられた。余力があれば問題にならないのだが、現在のパチンコ業界にそこまでの余力はない。

 18年2月には、出玉規制が導入された。平均の遊戯時間を4時間と想定して、1日の出玉上限を従来の3分の2の5万円分とするものだ。射幸性の低下でさらなる集客力の低下が懸念されている。

▼駅前の好立地でにぎわっていたホールもいつの間にか閉店(写真はイメージ)
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00010000-newswitch-ind

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

0050146100323224s1: 荒波φ ★ 2018/03/30(金) 08:59:53.57
新潟朝鮮学校、4月から休校状態児童・生徒数ゼロに
【社会】 2018/03/30 08:31

新潟県内で唯一の外国人学校、新潟朝鮮初中級学校(新潟市東区)が4月から休校状態になる。中級部に在籍していた生徒1人が今春卒業し、児童生徒がゼロになったため。ただ、県に児童生徒の募集停止届は出さず、希望者がいれば途中からでも入学できるようにする。

新潟朝鮮初中級学校は父母らの寄付金によって1968年に開校。ことしで50年の節目を迎える。小学1年から中学3年に当たる在日朝鮮人の子どもたちに母国語や文化を教えてきた。

70年代のピーク時には約150人が学んでいたが、少子化や、授業料などの経済的負担の重さから年々減少。日朝関係の悪化の影響もあるとみられ、朝鮮、韓国籍を持っていても日本の学校に通う子どもが増えている。近年、児童生徒数は10人未満で、昨年4月から1人になった。

校内行事もできないため、今春卒業した生徒は昨年4月から同校に籍を置いたまま主に茨城県の朝鮮学校で授業を受けていた。

新潟朝鮮初中級学校の金鐘海校長は「同胞たちの思いが詰まった学校。休校という形は取らずにいつでも門戸を開いている状態にしておきたい」と強調。

同校は現在、日本の学校に通う在日朝鮮人の子どもたちを対象に、朝鮮語や朝鮮の遊びなどを教える児童教室を開催しており、「今後も子どもたちに言語、文化を伝える役割を担っていきたい」と話している。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180330383635.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: ひろし ★2018/03/20(火) 21:29:14.83
朝鮮学校が敗訴、二審も補助金認めず=大阪高裁
3月20日 時事通信

大阪府と大阪市が朝鮮学校に補助金を交付しないのは違法として、大阪朝鮮学園が府と市に不交付決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が20日、大阪高裁であった。

松田亨裁判長は訴えを退けた一審大阪地裁判決を支持し、学園側の控訴を棄却した。学園側は最高裁に上告する方針。

判決によると、府は2012年3月、補助金の要綱に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係を絶つことなど4要件を追加。学園が要件を満たさないとして、大阪朝鮮学園の初・中級学校に11年度分の補助金約8000万円を交付せず、市も約2600万円の補助金を打ち切った。

松田裁判長は一審に続き、4要件追加は裁量の範囲内と判断。学園側は学校の自主性の侵害だと主張したが、「教育活動に制限を加えるものではない」と退けた。

学園の玄英昭理事長は記者会見で「教育の場に政治、外交問題を持ち込んだことに対する憤慨は消えない。あってはならないことだ」と訴えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000152-jij-soci

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2018/03/19(月) 02:32:46.61
弁護士ドットコム

ツイッター上で「工作員」や「スリーパーセル」といった言葉を使って、名誉を傷つけられたとして、市民団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シン・スゴ)さんが3月16日、ジャーナリストの石井孝明さんを相手取り、慰謝料550万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状などによると、石井さんはツイッター上で、「工作員」や「スリーパーセル」などの表現を使って、あたかも辛さんが、北朝鮮など外国政府から指示や資金提供を受けて、日本国内で違法な諜報活動をおこなうスパイやテロリストであるという印象を一般ユーザーに与えて、社会的評価を低下させたとしている。

提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた辛さんは「他国からお金をもらってテロ行為をしていることはまったくありえない」「彼が言っていることはデマだ。これ以上、デマを許すことはできない」と述べた。また、差別扇動にあたるとして、「この社会で一緒に生きている人すべてに対する恐怖だ」とうったえた。

001_3

1日1クリックで応援してね → 

本文を読む

1: ザ・ワールド ★2018/03/16(金) 18:04:17.04
「工作員と中傷された」 辛淑玉氏がジャーナリスト提訴
2018年3月16日14時17分  朝日新聞

ツイッターで「スリーパーセル(潜伏工作員)」「北朝鮮のパシリ」などと中傷されて名誉を傷つけられたとして、人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)氏(59)が16日、
フリージャーナリストの石井孝明氏に550万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。


▼提訴後に会見する辛淑玉さん=東京・霞が関の司法記者クラブ
index

訴状によると、辛氏は2016年11月~18年2月、ツイッターで多数回にわたり、石井氏から名指しで「縁もゆかりもない、沖縄で、総連の裏金使って訪問して踊っている」「総連?の使う工作員」などと言及された。

17年10月には、ツイッターで「日本人への罵声を繰り返す外国人辛淑玉」「極右が焼き討ちしかねない」などと発言され、安心して生活する権利を侵害されたと主張している。

提訴後に会見した辛氏は「私が黙っていたら、ほかの人も黙らざるをえない。これ以上、デマを許すわけにはいかない」と語った。

石井氏は「(ツイッター発言の)大半は削除しており、社会的影響はない。スリーパーセルの言及は一種の冗談で 訴訟を起こすのは理解に苦しむ。言論の自由をおびやかすものだ」などとコメントした。

https://www.asahi.com/articles/ASL3J3FGJL3JUTIL00F.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ