韓流捏造ブーム

1: なまはげ87度 ★ 2015/04/20(月) 13:21:29.03 ID:???.net
韓国のバラエティ番組が「K-POPがインドで流行らない理由」を調べるため、人気グループ・SHINee(シャイニー)のミンホとEXO(エクソ)のリーダー、スホを現地に送り込んだところ、噂以上に冷たい扱いを受けた。19日付で新浪が伝えた。

世界中を席巻し、各地に熱狂的なファンを抱える韓流アイドルだが、インドだけは例外だった
。ミンホとスホが「K-POPがインドで流行らない理由」を調べるため、現地で最もにぎやかだという広場に立ってみたが、見事に誰からも気付かれず。思い切って「私たちが誰だか知っていますか?」と聞いてみたが、「知らない」とそっけなく返されてばかりだった。

そのうち、ようやく声を掛けてくる人が現れたが、「すみません、シャッターを押してもらえますか?」。スホがシャッターを押したものの、上手く撮れなかったようで、あからさまに不満な顔をされた。これにはそばにいたミンホやスタッフたちも唖然とした表情で固まってしまったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000018-xinhua-cn


元スレ:・【韓国】K-POPアイドルがインド人に無視される、知名度ゼロであることが判明―中国メディア

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ロンメル銭湯兵 ★ 2015/04/18(土) 06:34:22.24 ID:???.neta0efb439
 米タイム誌が「影響力のある人物100人」を発表した。ネットでの投票結果では1位がプーチン大統領、2位はK-POPアイドル『2NE1』のシエル、3位レディー・ガガとなっていた。

 韓国メディアはこの途中結果を大々的に取り上げていたが、先ほど発表された最終結果ではなんと『2NE1』のシエルが除外されていることが判明。この「影響力のある人物100人」はネット投票だけでなくタイム誌スタッフの独自選考も考慮される。

 除外された理由はハッキリとはコメントされていないが、影響力が無いことが理由であろうと考えられる。またネットでの投票に何かしらの組織的な投票が行われていた可能性もある。


ゴゴ通信 2015/04/17 18:41:37
http://gogotsu.com/archives/6627

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: すらいむ ★ 2015/04/14(火) 19:25:22.07 ID:???.netk841978316
韓国、「冬のソナタ」2を制作へ 主演未定、同じ作家起用

 韓国の聯合ニュースは14日、日本で大ヒットし韓流ブームの起爆剤となったドラマ「冬のソナタ」の制作会社が「冬ソナ2」を制作する計画を進めていると報じた。前作と同じ作家やプロデューサーが手掛けるが、筋書きや出演俳優は未定。

 制作会社の会長が聯合ニュースに明らかにした。会長は「『冬ソナ』第2編を作ろうとの構想は随分前からあった。そろそろ時機が来たようだ」と述べた。

 「冬のソナタ」はペ・ヨンジュンさんとチェ・ジウさん主演の純愛ドラマで、2002年に韓国で放送された後、03年に日本で放送され韓流ブームのきっかけとなった。

 聯合ニュースは「制作会社は、冷え切った韓日関係にいい影響が出るのではないかと期待している」と伝えた。(共同)

産経ニュース 2015.4.14 19:06更新
http://www.sankei.com/world/news/150414/wor1504140030-n1.html


元スレ:・【韓国】「冬のソナタ」2を制作へ 制作会社は「冷え切った韓日関係にいい影響が出るのではないか」と期待[04/14]

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/04/13(月) 18:08:46.90 ID:???.net
6人組新人ボーイズグループHALO、7月に日本デビューイベント決定!
KSTYLE |2015年04月13日18時02分

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/5/3/5302aeb3.jpg

今年3月、日本で初めてのステージとなるショーケースを大盛況のうちに終えた韓国の6人組ボーイズグループ“HALO(ヘイロー)”。昨年6月に韓国でデビューしたばかりの彼らが、早くも2015年7月に日本デビューが決定。7月18日(土) 東京山野ホール、20日(月・祝) 大阪IMPホールにてデビューを記念したイベント「HALO Japan Debut Special Event」 を開催する。

3月のショーケースでは予想を超える東京公演への申し込みがあり、急遽大阪公演を追加で開催したHALO。しかし、東京公演を希望するファンからの残念がる声が多く届き、今回は東京、大阪2会場、昼夜2公演の計4公演を準備したという。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/04/12(日) 11:55:58.73 ID:???.net20150412095423-1
ガールズグループ2NE1のCLが世界的な人気を再確認した。

CLは11日、米時事週刊誌タイムが選定した「世界で最も影響力ある100人」のオンライン投票で1位となった。

先月24日から行われた投票の候補は158人。このうちCLは6.5%の得票率を得て、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と同率で1位に上がった。

3位にはポップスターのレディー・ガガ(2.6%)、4位にはリアーナ(1.9%)、5位にはテイラー・スウィフト(1.8%)とエマ・ワトソン(1.8%)らの名前が上がった。

CLは現在、米国でソロデビューを控えている。PSYの米国マネジャーのスクーター・ブラウンが強固にサポートしており、アルバムプロデューサーとしてショーン・ギャレット、ディプロ、フローレンス・アンド・ザ・マシーンなどが起用されたという。 (以下略)

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/03/15(日) 18:05:59.23 ID:???.nete5ca1515
人気上昇中の韓国ガールズグループSONAMOO、日本初イベント大成功!

日本で初単独イベントを行った韓国の人気ガールズグループ、SONAMOO=東京・渋谷

 韓国の7人組ガールズグループ、SONAMOO(ソナム)が15日、東京・タワーレコード渋谷店で握手会を開催した。

 SONAMOOは、人気ガールズグループ、Secretと同じ事務所に所属する妹分のグループで、昨年12月に「Deja Vu」でデビュー。グループ名は韓国語で「松の木」を意味し、いつも変わらない松のように「一途に生命力のある音楽を披露する」という思いが込められている。デビュー曲ではパワフルな刀群舞(一糸乱れぬダンス)が話題を呼び、これまでのガールズグループとは一線を画す存在として大きな注目を集めた。後続曲「Just Go!」では、ボーカル、ハイディの超ハイトーンボイス(通称アルプス高音)が話題になるなど人気急上昇中のガールズグループだ。

 まだデビュー3カ月足らずの新人グループにもかかわらず、この日は熱心な日本のファンが集まり、会場の熱気はヒートアップ。
大きな拍手と歓声に迎えられて登場した7人は、笑顔を見せながら「みなさん、こんにちは、松の木、SONAMOOです」と声をそろえてあいさつ。続いて1人ずつの自己紹介を終えると、集まったファンのために30秒のフォトタイムをプレゼント。メンバーは手を振ったり、愛嬌ポーズを見せるなどの大サービスで、アツい声援に応えた。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/03/06(金) 14:59:38.71 ID:???kimjyanhun
キム・ジャンフンが日本公演を計画「民間で文化交流を」

 歌手キム・ジャンフンが日本公演を計画していることが分かった。


 キム・ジャンフンは5日、自身のフェイスブックに「東京はとにかく極右勢力が強く、今はまだ難しそうだ」として「まずは大阪公演を実施する方向で日本のイベント会社と暫定的に話し合った。日本に来て公演の話を進めることができたので、道が少し開けた」と書き込んだ。

 キム・ジャンフンは、日本での公演開催前に現地で記者会見を開く予定だとして「(記者たちから)質問攻めに遭いそうだ。反日だと(認識)されている人物が本陣に乗り込むのだから大きな話題になるだろう」との見方を示した。

 キム・ジャンフンは普段から独島(日本名:竹島)問題に高い関心を見せていることから、日本で要注意人物と
考えられていることを自身も認識しているわけだ。

 だがキム・ジャンフンは「さまざまな心温まるイベントを実施し、独島や慰安婦問題のようなデリケートな問題や両国の政治家によるポピュリズムに関係なく、文化やボランディア分野については民間レベルで交流を行いたい。このように先進国の国民らしい態度を強調しようと思う」との考えを示した。

 さらにキム・ジャンフンは「私のような人間が一般の人々に友人として近づくことで、少しでも嫌韓感情がなくなることに貢献する自信がある」として「今は自国の中で『井の中のかわず』のように叫ぶのではなく、あえて日本と顔を突き合わせ、前に進んでみようと思う」と意欲を見せた。

 ← 自意識過剰と思った方はクリック
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/03/03(火) 16:59:20.68 ID:???4598958i
日本の韓流に対する心配の声は多い。だが、危機すなわち機会だ。今まさに装填を終わらせた3世代韓流アイドルが日本韓流という標的地に向かって引き金を引く準備を終えた。

日本の韓流は明らかに危機だ。政界から反韓流気流が巻き起こり、K-POP歌手の日本国内放送活動に制約が生まれた。KARAなど最上級アイドルでない以上、放送出演は夢のまた夢だ。

巨大なファンダムでその地位を占めていたK-POPが隈に追いやられているという感じまで受ける。日本の韓流にも危機が訪れた。

韓流専門家も「明らかに日本国内の韓流熱気に対する体感温度が落ちた」と、その立場を一つにしている。だが、「韓流の火種まで消えたのではない」と伝える。先輩歌手の光栄再現をねらう後輩の悪戦苦闘のおかげだ。

現在、日本市場の門を叩いているのは3世代アイドルだ。良好なコンテンツと浸透戦略だけで装着されたとすれば、韓流はいつでも再び燃え上がる可能性があるという分析だ。


その主人公であり適任者ではVIXXと防弾少年団が挙げられている。実際にVIXXと防弾少年団は3世代韓流スターとしての可能性を見せている。VIXXは昨年、日本でコンサートを開催して全席完売し、1万人余りの観客を動員した。そして、今年4月には横浜と神戸で2回目単独コンサートを開催する予定。

 ← お断りどすと思った方はクリック
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/03/01(日) 21:27:42.38 ID:???*20120806215756e62
TVreport.co.kr 2015-03-01 14:23:31

少女時代サニーが3.1節を迎え掲載した個人SNS文に日本ネチズンが非難を浴びせている。

サニーは1日午前、自身のインスタグラムに「歴史を忘れた民族に未来はない」という文と一緒に太極旗を掲載した。サニーの正しい心が載ったこの記事には現在10万人を遥かに越えた人々が「いいね」をクリックし、彼女の歴史意識を共有している。

ただし、一部のネチズンたちはサニーの個人SNSに訪ねてきて悪質な書き込みをして彼女の行動を非難している。日本で熱い愛を受けている少女時代のメンバーがこのような行動をするのは理解できないということだ。日本ネチズンと推定される彼らは「反日発言ではないか」「こんな気持ちで日本での活動していたのか」「二度と日本に来るな」と激しい反応を見せた。以下略

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=664075


元スレ:・【K-POP】少女時代メンバーが反日メッセージを発表「歴史を忘れた民族に未来はない」 日本ファンから批判殺到

 ← 二度と日本に来るなと思った方はクリック
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/02/13(金) 15:32:45.20 ID:???
大人が知らない、「新・韓流ブーム」の真相
韓流は、日常生活に溶け込むステージへ
原田 曜平 :博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー2015年02月13日

筆者は日本とアジアにおいて、若者の価値観やライフスタイルの研究を行っていますが、ここ数年、強く感じることがあります。それは、日本以外のアジア各国で、「韓流」が『ブーム』から『定着』に完全に移った、ということです。

日本では日韓関係のこじれも影響してか、以前よりは韓流ドラマや韓流アーティストをメディアで目にしなくなっているので、韓流ブームを一過性のもの、過去のものととらえている方も多いと思います。

ところが、アジア各国で若者たちとインタビューすると、たとえば、超親日エリア・国である台湾やタイでも、意外な声を聞くようになりました。筆者はアジア各国で現地の若者たちを現場研究員として組織し、彼らと協同して若者研究を行っているのですが、彼らからじかに聞く日本、また韓国の印象が以前とは大きく変わっているのです。

たとえば、台湾の女子高生に「日本ファンと韓国ファン、あなたのクラスではどちらが多い?」と聞くと、「日本ファンってママの世代の話でしょ?」などと切り返されてしまったりします。

また、バンコクの女子大生に「知っている日本人は?」と聞いてみると、「知っている日本人はいませんが、知ってる韓国人だったらたくさんいます。私は韓流は好きじゃないけど、イ・ミンホと少女時代と東方神起だったら皆が知っていますよ」と言われる……といった具合です。

より親日度合いが低い他のエリアや国であれば、なおさらこうした傾向が強く出ることが多くなっています。

もちろん、アニメや車、日本食といったのように、いまだに大きな存在感を保っているものもたくさんあります。しかし、日本が掛け声にしている「クールジャパン」はさほど浸透しておらず、少なくともアジア全域の若者の間では、「クール」という言葉は「韓流」にとられかけてしまっているのが実情です。

さて、今回は、筆者が主催する若者研究所の日本の現場研究員たちが、日本の若者の間で起こっている「新たな韓流ブーム」についてレポートしてくれます。アジア全域のみならず、日本でも新たな韓流ブームが起こりつつあると言うのです。

ソース:東洋経済オンライン‎ 2015年02月13日
http://toyokeizai.net/articles/-/60106


 ← 寝言は寝て言えと思った方はクリック
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/02/12(木) 13:45:19.51 ID:???2015021201298_1
ソウル麻浦区上岩洞(マポグ・サンアムドン)のCJE&Mセンターに、「文化創造融合センター」が11日、オープンした。文化コンテンツの企画開発を担う同センターは、コンテンツを制作する文化創造ベンチャー団地(来年末に開所)や文化人材を育成する文化創造アカデミー(2016年末に開所)、公演スペースや韓流コンテンツパークが建設されるK-カルチャーバレー(2017年末に開所)を一つにまとめて、文化創造融合ベルトとして育成される。

大統領府は、2兆ウォンが投資されるK-カルチャーバレーが完成すれば、今後10年間、約25兆ウォンの経済効果や17万人の雇用創出効果が期待されると明らかにした。

朴槿恵(パク・クンへ)大統領は同日、CJE&Mセンターで行われた文化創造融合ベルトの発足式て、「文化コンテンツ産業は、想像力やアイデアがすぐ商品になる創造経済の代表産業であり、新たな付加価値を創出する『21世紀の錬金術』だ」と強調した。さらに、「文化創造融合ベルトは、文化隆盛と創造経済とを同時に実現するフラットフォームだ」と語った。

文化創造融合ベルトには、映画や音楽、ファッション、食べ物、ゲームなど、文化コンテンツの代表的企業や機関64社が参加した。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/01/19(月) 17:32:13.62 ID:???k841978316
日本から、近くて遠い国とも称される韓国。隣国でありながら、政治レベルから国民レベルまでお互いの意見がすれ違い、友好ムードとは真逆の状態に陥っている。

また、かつては韓流ブームに便乗し来日していた韓流アイドルや韓流歌手たちは、連日連夜のようにメディアで取り上げられていたが、最近ではめっきり姿を見なくなった。一連のブームを作り上げた張本人であるテレビなどの各種メディアで働く人々は、今の“嫌韓”の流れをどのように見ているのだろうか?業界人にこれまでの流れと現状、さらには今後について話を伺った。

「韓流なんて懐かしさを感じる言葉ですね。今現在、韓国のタレントを使うことはほとんどないですよ。シンプルに需要がなくなっていますからね。嫌韓とも関係無いです」(テレビ番組の放送作家)


需要がないとのことだが、彼らの飛躍の一因には、フジテレビに代表される “ゴリ押し”があったとも言われている。当時から需要がなかったとの声も一部にはあるが、ゴリ押しの実態はどうなっていたのか?


正直、あの話は眉唾物です。あらゆる番組の会議に出ていましたが、上から『使え』という指示はありませんでした。当時はドラマ内の小道具にまでクレームが入りましたけど、『たまたま』としか言いようがないです。嫌韓派の人たちは局の上層部から圧力があったと思いたいのかもしれませんが、韓国に限らず上の人間は番組内容にはほとんど何も言いませんからね。デモが起こったときも戸惑っていた人が多かったんです」(同・テレビ番組の放送作家)

ゴリ押しがなかったとすれば、現場スタッフの判断でそれぞれがキャスティングしていたのだろうか。この疑問には、とある制作会社のプロデューサーが答えてくれた。

「実際、需要があったのは間違いありません。30代や40代の女性たちが熱狂したのは確かですから、それぞれの番組の判断で呼んでいました。日本では政治は政治、テレビはテレビという考え方なので、視聴率が取れそうならば現場判断で出しますし、逆なら出さないというシンプルな構造です。仮にゴリ押しをされても『需要がない』と現場が判断すれば無視しますからね」(テレビ番組制作会社プロデューサー)

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2015/01/18(日) 17:15:41.87 ID:???4598958i
【議政府聯合ニュース】韓国・ソウル郊外の京畿道と同道の議政府市、人気グループBIGBANG(ビッグバン)らが所属する大手芸能事務所、YGエンターテインメントは16日、K―POPクラスター建設に関する覚書を締結した。覚書により、YGはクラスター建設に1000億ウォン(約108億円)を投資する。

 クラスターは特定分野の関連企業、機関、研究所、各種支援施設などが集まった団地。K―POPクラスターは2018年の完工を目標に、議政府市内に造成される。敷地は4万9600平方メートル。 

 同クラスターには、大規模音楽ホールやアジアの大衆音楽をテーマとする常設展示体験場、レジデンス型ホテル、スタジオ、ファッションや化粧品などの店舗、野外スポーツと音楽を体験できる休息空間などが設けられる。
ソウル市内からだけでなく、仁川国際空港からのアクセスも良い。

 国会未来創造科学放送通信委員会の洪文鐘(ホン・ムンジョン)委員長は「資源が貧弱なわが国で創造経済を先導できる分野は、クリエイティブな文化コンテンツ産業」とした上で、「議政府は米国のラスベガスを凌駕(りょうが)するMICE(マイス=国際会議、報奨旅行、展示会などの総称)産業をリードする都市になるだろう」と述べた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/01/16/0500000000AJP20150116003000882.HTML


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/01/07(水) 15:23:36.30 ID:???.netbandicam 2014-11-01 16-46-24-413
日本では韓流ブームは去ったと言われて久しい。一時盛況だった東京・新大久保の韓流ショップも閉店する店が相次ぎ、テレビでも韓流ドラマの放映は減った。一方で、昨年末行われた少女時代の東京ドームコンサートは盛況だったようだ。この状況を韓国メディアはどう報じているのだろうか。

【日本の韓流ブームは終わったのか?】

2013年11月時点で既に、NHKの「時論公論」が、「韓流ブームは終わったのか?」というテーマの放送を行っている。韓流ドラマのDVD売り上げ低迷や両国間の人の往来の減少について取り上げ、その背景には日本国内の「嫌韓」現象があるとしている。

一方、韓流ブームの韓国への影響についても取り上げ、人や文化の往来で、日本に対する警戒感が少なくなった韓国人もいることや、日本の批判一辺倒から徐々に「政治に振り回されるべきではない」と変化を見せるようになった韓国メディアにも言及する。互いに必要としあうパートナーとなれるか、決めるのは国民ひとりひとりであることを忘れてはならない、と結んでいる。

日本の韓流ブームに対する韓国メディアの見方はどうであろうか。昨年7月に、「韓国日報」のある記事が日本の韓流ブームが終わったのかどうか検証を行っている。アンケートに回答した韓流コンテンツの日本人利用者の半数は「韓流は既に終わった」とし、飛ぶように売れていた韓流コンテンツの不振が顕著になっていることを報じている。専門家たちは、この最大の原因を右傾化した日本の「反抗気流」とし、さらに続いてコンテンツのクオリティが落ちたことや円安によるコンテンツの価格上昇を原因に挙げている、と言及する。

しかし、東方神起やビッグバンのツアー動員数やアルバムのヒットチャート入りを例に挙げ、韓国アイドルたちの活躍は続いているとし、強力なファンが存在していること、依然として日本市場が魅力的であることに触れる。今までのような爆発的な成長は見込めないものの、新たなファン層獲得のためのキラーコンテンツの開発が必要であると結んでいる。
続きます)

ソース:NewSphere 2015年1月7日
http://newsphere.jp/entertainment/20150107-2/


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/01/01(木) 18:48:32.56 ID:???.nete5ca1515
統一日報 : 韓流熱、落ち着いたのは日本だけ?(上) 世界規模での人気は拡大中

韓国ドラマ「冬のソナタ」が日本の地上波で放映されてから10年がすぎた。韓流ブームは今やアジアはもちろん、米国、欧州、アフリカ、中東まで広がり、世界中の人々から注目されている。
ただ、日本では地上波から一時期韓国ドラマ枠が消えるなど、ブームはすっかり下火となっている。それどころか、政治的・感情的な摩擦の深まりで、反韓・嫌韓のムードが強まっている。

ドラマ「冬のソナタ」をきっかけに始まった韓流ブームは今や日本のみならず、世界中に広がり、韓国を代表する一つのキーワードになっている。

韓国国際交流財団によると、歌手や俳優など韓国スターのファンクラブに加入している韓流ファンは2013年現在、928万人に達した。内訳をみると、アジア地域が680万人、アメリカ地域が125万人、欧州地域が117万人、アフリカ・中東地域が6万人だった。2012年の670万人から258万人増加したもので、特に欧州地域などでの増加が目立った。

 ← お断りどすと思った方はクリック
本文を読む


このページのトップヘ