韓流捏造ブーム

5088943i1: ダース・シコリアン卿 ★2017/05/22(月) 19:26:13.57
Record china 配信日時:2017年5月22日

2017年5月19~21日の3日間にわたって幕張メッセ(千葉市)で開催された世界最大級の韓流フェスティバル「KCON 2017 JAPAN」の大盛況ぶりを、韓国日報が報じた。

記事によると、同フェスティバルには延べ4万8500人以上の来場者があり、ここ数年冷え切っていた日韓関係を経て、日本における韓流ブームが再び息を吹き返したとの評価が出ているという。


特に20日夕方には1万人以上のファンが公演会場の客席を埋め尽くし、Apink、Babylon、Tiger JK、ユン・ミレ、CNBLUE、GOT7、MONSTA Xなど韓国有名歌手らがステージに立つたびに、あちこちから「かわいい」「ヤバい」「めっちゃかっこいい」など黄色い声援が2時間の公演の間中、響きわたったそうだ。

イベントを主催した韓国のメディアコンテンツ企業CJ E&Mによると、昨年に比べ今年の観客は若年層の割合が高まっているといい、関係者は「『日本のおばさん部隊』の限界が指摘された過去とは異なり、10代から大学生、社会人、壮年層と、年齢層が広がったことが大きな収穫だった」と話す。

また今年は、韓国のライフスタイルを総体的に体験できるさまざまなイベントが用意されたことも特徴の一つ。K-POPのほか、韓国の料理、コスメ、ドラマ、ファッションなど韓国人の生活を実際に体験できるようにし、韓国中小企業庁、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)、韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院などの政府機関も参加してイベントを展開、来年に迫った平昌(ピョンチャン)五輪を宣伝したという。

CJ E&M音楽コンテンツ部門長で総括担当のシン・ヒョングァン氏は、「韓流は音楽・ドラマを超えて、韓国の食やファッションなど韓国のライフスタイル全体に広がっている。KCONを継続的に開催して、韓国文化が世界の主流文化に跳躍していけるようサポートしたい」と話している。

これを受け、韓国のネットユーザーからは
 「これでまた韓流の存在感が高まるぞ!」
 「韓流の世界化、日本の韓国化が進むね」

 「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の当選が国家イメージの改善に大きく寄与したことは間違いない」
など喜びの声が上がっている。

一方で、日本在住というユーザーからは
 「日本にいるけど、韓流ブームというほどのものはない。一部マニアはいるかもしれないけど」
という声が上がり、

 「韓国でもクラスに2?3人は日本や米国マニアがいる。日本もそれと同じケースでは?」
 「韓国で無名なバンドが日本進出しても人気になる。それだけマニア層が多いということ」
との声も。

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

nida1: 蚯蚓φ ★2017/05/20(土) 21:23:04.49
Driver's High(ラルク・アン・シエル)、Endless Rain(エックス・ジャパン)のような日本のロック音楽をラジオで聞きたかった。何度もリクエストしたが一度もDJに選ばれなかった。そういえば日本音楽をラジオで聞いたことがなかった!ある読者が次の様な取材依頼を送ってきた。「なぜラジオでは日本の音楽が流れないのですか?」

■日本語歌詞がタブー?


ラジオや放送で日本の音楽が問題になるのは日本語の歌詞のためだ。KBS審議部は日本語歌詞が含まれた曲を「不適格」処理する。
日本の音楽でも歌詞がなかったり英語なら関係ない。同じ理由で我が国の歌でも歌詞に日本語式表現があればKBSの電波に乗ることはできない。2014年、ガールグループ・クレヨンポップの「オイ(Uh-ee)」はサビに登場する「ピカポンチョク」が日本語式表現という理由で事前審議で放送不適格の判定を受けた。「ぴかっ」という日本語副詞から始まる言葉で光るという意味だ。SBSとMBCも同じだ。ある地上波ラジオPDは「明け方の時間帯に、こっそりとおよそ二曲ほど流してしまうPDもいると聞いている」と耳打ちした。

近くて遠い日本文化

放送会社が日本大衆文化に閂をかけたのは本来、政府方針のためだった。政府は国民の反日感情を考慮し、私たちの文化を保護するという趣旨で日本大衆文化の浸透を防いだ。そうするうちに1998年10月20日、一部の日本映画・ビデオコンテンツの開放を許容した。この時から日本文化に対する壁が崩れ始めた。99年9月10日、映画と公演、出版物に門戸が開かれ2000年6月27日には開放範囲が大幅に拡大した。

日本大衆文化開放は日本の歴史教科書歪曲が問題になった2001年7月に中断され、2004年1月1日再開された。この時、映画・レコード・ゲームが全面開放された。ただし地上波放送で日本大衆歌謡を流す時は但し書きがついた。日本の歌手が国内公演や放送に出演した場合だけ放映できた。現在はこの規制が放送通信委員会の議決事項だけに残っている。強制力はないが地上波放送3社すべてが自発的に遵守する事項だ。

大衆音楽評論家イム・ジンモ氏は「文化は双方向コミュニケーションであるべきだが、韓日間文化交流はそうでない」として「日帝強制支配期から時間が多く流れたにもかかわらず(日本大衆歌謡の地上波放送禁止は)相変らず友好的でない国民感情が反映されたもの」と説明した。

時代によって認識も変わったか

「韓流」が証明するように私たちの大衆文化は爆発的に成長した。私たちの文化が日本文化に蚕食されかねないというのは取越苦労に近い。ただし慰安婦問題などで反日感情が深刻化しており、地上波放送で日本大衆歌謡が登場するまでは相変らず行く道が遠く見える。

大衆文化評論家チョン・トクヒョン氏は「反日感情にもかかわらず、アニメ映画『君の名は』のようにコンテンツだけで良いならば、十分に受容できる」としつつも「しかし、商業論理だけでは見られない敏感な懸案であるだけに、用心深く接近しなければならない」と話した。

ソース:国民日報(韓国語) 地上波で日本歌謡はなぜ出てこないだろうか?
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0011480099&code=61121111&sid1=all


元スレ:・【韓国】 地上波で日本の歌が流れないのはなぜ?~日本語の歌詞がタブー、韓国の歌でも日本語含めば「不適格」[05/20]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県)[US] 2017/05/19(金) 06:49:12.17
BIGBANG、PSY、WINNER、iKON等全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁する韓国YG ENTERTAINMENTに所属し、全世界が注目するガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク) が、今年遂にファン待望の日本デビューを果たすことが決定!

8月9日(水) の日本オリジナルCDリリースと、7月20日(木)に「TOKYO GIRLS COLLECTION」とタッグを組んだ来日初公演となるデビューショーケース「BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE」を日本武道館で開催することを発表しました。

“大型新人”の日本デビューとして注目が集まる、このデビューショーケースに抽選で5組10名様をご招待いたします。

【応募方法】
Step1: Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォローしてください。
Step2: 上記の「Twitterで応募する」ボタンからツイートしてください。

【応募期間】
2017年5月18日(木) 18:00 ~ 5月22日(月) 11:00まで

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2070199
 

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/05/07(日) 16:12:48.59
日テレ「TWICEデビュー前、女子中高生の間で認知度80%」
2017/04/28(Fri) 18:30

TWICEが日本デビュー前にもかかわらず現地女子中高生から80%の認知度があると伝えた。

今日(28日)、放送された日テレ『ZIP!』では、現在のエンターテインメント業界の話題の人物を集中紹介する“SHOWBIZ BRAVO”コーナーで、TWICEを紹介しながらこのような事実を伝えた。

この番組は「日本デビュー目前の韓国9人組ガールズグループTWICEに現地女子中高生はなぜ熱狂するのか調べてみる」とし「2015年メジャーデビュー後、1年で9か国のiTunes総合アルバムチャート1位になり、20本以上のCMに出演している世界が注目するグループ」と紹介した。続けて、渋谷の真ん中に大規模な広告を掲げた様子や地元女子中高生を対象に認知度調査をした結果を紹介したが、TWICEは日本正式デビュー前にもかかわらず80%の認知度を示した。TWICEが好きだと答えた女子学生は「TWICEの中に1人も可愛くないメンバーがいない」「ツウィを見て女神だと思った」と熱狂した。

232602_l

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=232602


元スレ:・【K-POP】日テレ「TWICEに日本の女子中高生が熱狂 デビュー前だが認知度80%」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

5088943i1: HONEY MILKφ ★ 2017/05/04(木) 10:57:33.20
中国の韓流コンテンツ禁止令、いわゆる『限韓令』によって、韓流が危機に瀕しているという報道が盛んでした。ところが意外にも日本では、韓流ブームが再点火する雰囲気です。

韓国内でシンドロームに近いブームを起こしたドラマ『トッケビ(お化け)』!去る3月から日本の某チャンネルで、人気の下で放映されています。1話当たり20万ドル、韓国ウォンで約2億3千万ウォン以上の金額で販売された事が分かっています。

ドラマ『商売の神』も韓国ドラマでは異例的に、日本の地上派チャンネルで放送されています。このような呼応に後押しされてソ・ジソブ、パク・ボゴム、キム・ウビンさんなど、スターの日本ファンミーティングも盛況を成しています。

これまで沈滞していた日本の韓流の再燃は、タイや南米など全世界で拡張している韓流が日本に再流入されて、影響を及ぼしているという分析が多くあります。


<チェ・ヨンイル(文化評論家)>
「(韓流)1.0は日本市場にだけ依存したのです。2.0はあまりにも中国に偏向的に依存すると、3.0の時代には非常に国際的な形態で展開される可能性が高く、少しバランスを取って多彩に伸びて行く可能性があり、このように診断する事が出来ます」

嫌韓で最近まで萎縮していた日本の韓流が、再び全盛期を迎えられるのか関心が寄せられています。

ソース:NAVER/KBS(韓国語)
http://entertain.naver.com/read?oid=056&aid=0010451739


元スレ:・【韓流】「日本で韓流ブーム再点火」・・・ドラマ輸出・ファンミーティング相次ぐ[05/04]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/05/01(月) 23:22:00.06 I
韓国最大手の映画会社CJエンタテインメントと日本企業との合弁会社として、2010年(平22)4月に設立したCJエンタテイメントジャパンが1日、業務の終了を発表した。

19日公開の韓国映画「あの日、兄貴が灯した光」(クォン・スギョン)が、全国約30の劇場で順次、公開されることが決まっており、各地での上映が終了後、業務を終了するという。

CJエンタテイメントジャパンは、CJエンタテインメントが韓国映画の共同製作、配給を目的に、日本のシネコン大手ティ・ジョイのグループ会社アマゾンラテルナと共同出資して設立。

初年度の10年度に11作品を配給したほか、松嶋菜々子が主演し、同11月に公開された「ゴースト もういちど抱きしめたい」にも製作出資した。

12年にはオダギリジョーとチャン・ドンゴンがダブル主演した映画「マイウェイ 12000キロの真実」を、日本全国で約300館規模で拡大するなど韓国映画の大作、良作を中心に積極的に製作、配給してきた。

一方で、竹島問題などで日韓関係が深刻化した影響などを受け、「マイウェイ-」をはじめ配給作品が、公開規模ほどの興行収入を挙げられなかったこともあり、12年に会社の規模を縮小。その後は、イ・ビョンホン主演の13年「王になった男」はじめ、韓国の本社が製作した良作の配給を地道に展開してきた。

その中で、14年には韓国国内で大ヒットした映画「怪しい彼女」を配給し、話題を呼んだ。同作品は16年に、多部未華子主演で日本でリメークされた。

CJエンタテイメントジャパンの劉永敏社長は、リリースの中で「諸般の事情により、来る5月19日公開作『あの日、兄貴が灯した光』の上映を最後に業務を終了する運びとなりました。創業以来変わらぬご支援、ご協力を賜りまして、皆様に衷心より御礼申し上げます」とコメントした。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1816551.html

【調査】「アンチ韓流」が新たなブームに?海外で韓流に陰り[05/01] ★5
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1493642302/


元スレ:・【国内】 韓国映画の配給会社CJジャパンが業務終了を発表

1日1クリックで応援してね→
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: たんぽぽ ★2017/05/01(月) 14:24:56.28
2017年5月1日、新華社はこのほど、韓国の流行文化に反感を抱く海外消費者の割合が増えており、韓流関連の消費意欲が萎縮傾向にあると報じた。

韓国文化産業交流財団が4月に発表した報告書「グローバル韓流実態調査」(2016年)から明らかになった。

報告書における調査は、16年10~12月に米国や中国、日本、英国など15カ国で実施され、7200人がネットを通じてアンケートに回答する形式で行われた。

その結果、今後1年で韓流関連消費の支出を増やす可能性のある消費者は31%で、前年調査よりも10ポイント低下。とりわけ米国と中国、英国、アラブ首長国連邦(UAE)などの国で消費意欲が大幅に落ち込んでいることが分かった。

韓流に反感を抱く人の割合は平均21.1%で、15年は16.2%だった。反感を抱く人が最も多かったのはインドで、33.7%。次いで日本が28.3%、以下中国、アラブ首長国連邦と続いた。


反感を抱く背景には、韓流商品がどれも似たような内容で、過剰にセンセーショナルであったり、コマーシャライズされていたりすることに加え、韓国との政治・外交上の摩擦などが影響しているとみられている。


http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176814&ph=0


元スレ:・【調査】「アンチ韓流」が新たなブームに?海外で韓流に陰り[05/01]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

town206315_pho021: HONEY MILKφ ★2017/04/06(木) 07:25:47.96
東京のコリアンタウン、韓国店舗40%減少...「韓日葛藤・嫌韓デモ」が影響
NAVER/東京=聯合ニュース(韓国語)

日本・東京の代表的なコリアタウンである新大久保近隣の韓国商業エリアが、最近4年間で40%近く減少した事が分かった。

5日、新宿韓国商人連合会によれば、去る3月に新大久保近隣の韓国店鋪数を調査した結果、384件と集計された。

新宿商人連合会は、「これは、日本地理学会の学術誌論文に掲載された2013年時点の628件より244件(38.8%)減少している」と説明した。

単純に比較するのは難しいが、2012年8月から始まった韓流の沈滞と両国の不便な外交問題、嫌韓デモなどによって店鋪数が下落傾向を見せたと連合会は分析した。

今回の調査結果を具体的に見れば、飲食店185件、雑貨34件、美容分野32件などの順に多かった。

2013年と比べると飲食店の数が100件以上減り、最大の差を見せた。

新大久保の繁華街は2002年韓日ワールドカップを前後して活気を帯び、2010年のK-POPの人気で全盛期を迎えたが、その後韓国店鋪が減少して他のアジアの国の店鋪が増えた事が分かった。

連合会は、「新大久保外郭にある店鋪の売上げが大幅に減り、耐えられなくなった店は中国やベトナム、ミャンマーなどの他の国の店に変わって行っている」とし、「2015年から運行中のシャトルバスの追加運営と象徴物の設置など、活性化方案を準備中だ」と話した。

現在、近隣の電車利用客のうち25%が新大久保の訪問者であり、コリアンタウンの訪問観光客数は年間900万人以上に推定されている。

ソース:NAVER/東京=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=001&aid=0009165622


元スレ:・【聯合】東京のコリアンタウン、韓国店舗40%減少・・・『韓日葛藤・嫌韓デモ』が影響[04/08]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

dsada1: 鴉 ★2017/03/16(木) 18:06:05.33
世界は中国だけじゃない…韓流、新天地求めて進撃
「再び日本へ」…列島に向かう企画事務所

中央日報

芸能企画事務所は中国の代わりに日本進出の動きが活発になった。

昨年、特定の人種や民族を社会から排除することを目的とする表現活動を防止する「ヘイトスピーチ抑止条例」が日本で施行され、「嫌韓流」に対する負担が軽くなったのも要因だ。

その最先端を走っているのはJYPエンターテインメントだ。デビュー1年で国民ガールズグループに成長したTWICE(トゥワイス)は、6月の日本進出を控えて先月末にデジタルアルバムを先行発売した。

9人のメンバーのうち、日本人メンバーが3人(モモ・ミナ・サナ)含まれている事実が現地メディアの関心を引く中、本格的な活動はまだにもかかわらず「TT」ポーズなど人気要因の分析などが登場している。

2PMも活発な日本活動を続けている。昨年10月、東京ドームで2日間で10万人の観客を動員したのに続き、12月にはメンバーのJun.K(ジュンケイ)、1月にはテギョンがそれぞれソロコンサートを開いた。来月にはウヨンがソロアルバムを発売する。公演需要の高い日本は、アイドルメンバーがソロ活動するために適した舞台でもある。

T.O.P(トップ)の軍入隊で完全体活動が当面見られなくなったBIGBANGだが、メンバーのD-LITE(ディライト)はソロとして、来月日本ドームツアーで20万人の観客に会う予定だ。

YGのWINNER(ウィナー)やiKON(アイコン)はデビュー直後から日本活動を併行するなどリスクを分散させてきた。特に、ことし下半期は一部のメンバーの軍入隊で空白があったSMエンターテインメントの東方神起、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)の日本カムバックも予定されていてファンの大きな関心を引いている。

SMの東南アジア行きも目立つ。14日、インドネシア・ジャカルタを訪問したイ・スマン総括プロデューサーは「現地オーディションを開催してNCTインドネシアチームをはじめ、NCTアジアチームを設ける」としながら「韓国とインドネシア・中国・日本などアジアが力を合わせれば『東洋のハリウッド』を作ることができる」と明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000041-cnippou-kr


元スレ:・【韓国紙】「ヘイトスピーチ抑止条例」が日本で施行され、「嫌韓」に対する負担が軽くなった。韓流は「再び日本へ」

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/03/26(日) 02:24:04.00 I
リアルサウンド 3/25(土) 13:00配信

 K-POPシーンに、また新たなムーヴメントが巻き起こっている。5人が韓国出身、3人が日本出身、1人がCHINA-Tainan出身の9人組・TWICEは、これまでのK-POPの潮流を受け継ぎつつ、ポストEDMへと向かう最新型のダンスミュージックともリンクし、さらにはアイドルポップスの在り様までも更新している、期待の大型新人グループだ。すでに日本の女子高生の間で、彼女たちの振り付け「TTポーズ」が人気になっていることで、彼女達の存在を知っている方も少なくないだろう。6月28日の日本デビューに先駆けて、K-POPの最終兵器・TWICEの音楽的魅力を改めて紹介していきたい。

d142a40f437b73c6dc0ffb3d370b1fcb

 K-POPは近年、日本の音楽シーンにも大きな足跡を残してきた。少女時代とKARAは、2011年『第62回NHK紅白歌合戦』への出演を果たすなど、日本中に一大ムーブメントを巻き起こし、iKONは2016年の『第58回日本レコード大賞』で新人賞を受賞、EXOは女性ファッション誌『non-no』と『RAY』の表紙をダブルで飾る人気ぶりで、BIGBANGのコンサート動員力はもはや国内トップクラスだ。その華やかでスタイリッシュなパフォーマンスは、多くの若者、特に女性たちから熱心な支持を集めてきた。

 しかし、筆者も含めたポップミュージックを愛する者にとって、K-POPがもたらした最大の衝撃は、実はそのサウンドにおける「音圧」だった。山下達郎氏も言及していたが、K-POPのマスタリングは革新的で、少女時代が2009年に発表した「Genie」は多くのリスナーを驚かせた。彼女たちは、アイドル的な魅力を保ちながら、音の鳴り方が命と言える最新のダンスミュージックと同じ音圧を手に入れてしまったのだ。まさに、K-POPが“世界水準”のポップミュージックとなった瞬間だった。そして、この度のTWICEの登場によってK-POPはさらに驚くべき進化を遂げたのである。

 TWICEは、2015年に新しいガールズグループをデビューさせるというTVのオーディション番組『SIXTEEN』から誕生、多国籍でありながら自然体のキャラクターが大受けし、同年10月にタイトル曲「Like OOH-AHH」含む1stミニアルバム『THE STORY BEGINS』で韓国デビュー、新人女性歌手の中でアルバム売上枚数1位を記録し、各種ストリーミングでも圧倒的な再生数を誇った。そして2016年4月に満を持してリリースされた2ndミニアルバム『PAGE TWO』も大ヒットし、タイトル曲「CHEER UP」のMVは、K-POP史上最短でYouTubeの再生回数一億回を記録、その年の韓国で最も聴かれた楽曲となった。その勢いのまま、同年10月に発表された最新ミニアルバム『TWICEcoaster : LANE 1』のタイトル曲「TT」も、音楽チャートの一位を総ナメし、自らのYouTube再生記録をまたまた塗り替えてしまう。インターネットの爆発力も味方に付けたTWICEは、たった一年でモンスター級の国民的アイドルグループになったのだ。

以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010008-realsound-musi


元スレ:・【韓国】K-POP最終兵器「TWICE」、6月日本デビュー

1日1クリックで応援してね
本文を読む

98edc2b9e26c05c8f5491871865c2ad91: Egg ★2017/03/25(土) 21:57:35.88
24日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、韓国の女性アイドルグループ・KARAのメンバーだった知英(ジヨン)が、日本で芸能活動する苦悩を語った。

番組では、知英がゲストとして登場。知英はKARA脱退後、2年半前に日本で女優活動をスタートした。理由は「日本の作品がすごく好きだった」から。

現在では、言葉の壁を乗り越え、連続ドラマで日本人役に抜擢されるなど、活躍している。

しかし知英は、ここまでの道のりを「自分が思ったより簡単なことじゃなかった」と回想。「日本語のセリフひとつでも、イントネーションひとつ直すのも、すごく大変」と、夢と現実のギャップに苦しんだという。

さらに、知英は「自分で言うのも嫌なんですけど、日本側と韓国側両方(から批判が)あったんですよね」と明かしたのだ。

日本では、人気のあるキャラクター役を演じる際に「なんで韓国人がやらなきゃいけないんだ」「なんで、この人なのか?」といった批判があり、「私じゃダメなのかな?」と思ったそう。また、韓国からは「なんで、日本で活動しようとするんだ?」との声があり、
日韓を取り巻く環境に翻弄され、「やっぱりダメなのかな…」と、ホームシックになったこともあったそうだ

2017年3月25日 17時30分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12846657/

1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: きのこ記者φ ★2017/03/23(木) 19:00:31.95
韓国の女性4人グループ「GFRIEND」(韓国名、ヨジャチング)のメンバーが新曲のミュージックビデオ関連動画で、「反日」替え歌を歌い、日本のKPOPファンたちに波紋が広がっている。

「GFRIEND」は2015年1月に「GLASS BEADS」でデビュー。同年7月に2作目「ME GUSTAS TU」を発表。11月にメンバーがステージ上で「七転び八起き」する動画が話題を呼び人気が本格化。16年1月発表された「ROUGH」で音楽番組1位を初めて獲得後、この曲で番組1位「15冠」を達成。さらに7月には「NAVILLERA」で「14冠」を獲得し、KPOPの女性トップグループにのし上がった。

今回、問題になっているのは3月6日にリリースされた「FINGERTIP」のMVのビハインドカット動画。韓国の芸能動画サイト「VLIVE」で7日に公開された。動画は全部で13分あるが、7分15秒あたりで、メンバーのオムジ(18)が「トクト ヌン ウリ タンタンタン!(独島=日本名・竹島=は我が領土タンタン)」と銃を撃つマネをしながら、うれしそうに歌っている。

wst1703230006-p1

これは「FINGERTIP」のサビ部分をもじったもの。銃を撃つ擬音の「タン!」を使った「タンタンタン FINGERTIP」となっており、「タン」が韓国語で「土地」を表すことから、この替え歌を歌ったようだ。もともと「独島は我が領土」という歌があり、韓国では広く知られているらしい。動画で横にいた最年長のリーダー、ソウォン(21)もためらっていたが、仕方なく一緒に歌った感じだ。

日本の竹島(韓国名・独島)周辺では、昭和27(1952)年、韓国による一方的な「李承晩ライン」の設定から、昭和40(1965)年の日韓基本条約締結でラインが廃止されるまで、多くの日本漁船が拿捕、船員が抑留された。死傷者も出ている。つまり「独島は我が領土タンタン!」と銃を撃つしぐさをしたということは「日本人を撃つ」いうことになってしまう。

この動画を見て、GFRIENDのファンはツイッターなどで、オムジやソウォンに対して「これから日本で活動していくのに、なぜ反日をみせるのか」という内容の投稿をしている。
やはり、GFRIENDのファンも「反日」をあからさまにされては応援しづらいのだ。

実は、このグループ、昨年9月に来日しており、大阪と東京でイベントを行っている。筆者も大阪のイベントを見に行ったが、2000人以上が集まり、9割が若い女性ですごい人気だった。GFRIENDは所属事務所が小規模で、日本での活動はあまりしないとされていたため、プレミアム感もあったと思われる。特にユジュ(19)の歌唱力、シンビ(18)のダンスは女性KPOPのなかでもトップクラスであり、会場のファンも熱狂していた。

イベントでは、たどたどしくも日本語でしゃべろうとしていたし、サイン会でも丁寧にファンに対応するなど好感の持てるグループだった。

今後、同グループは、この問題にどう対応するのか。おそらく近い将来、来日すると推測されるが、そのときファンは複雑な感情を抱かざるを得ないだろう。

http://www.sankei.com/west/news/170323/wst1703230006-n1.html


元スレ:・【K-POP】「独島は我が領土 タンタン!(銃を撃つ仕草)」…ガールズユニット「GFRIEND」メンバーが「反日替え歌」を歌う

1日1クリックで応援してね
本文を読む

0bf6bcf21: 動物園φ ★2017/03/22(水) 02:16:56.00
K-POP市場再び…日本で精力的に活動している韓国アイドル
TVREPORT |2017年03月14日10時07分

日本でK-POP市場が再び活気を帯びている。そのおかげでアイドルグループにも弾みがついている。


UP10TION(アップテンション) は、日本デビューアルバム「ID」が、タワーレコードで全国店舗1位とオリコンデイリーチャート3位を獲得した。注目すべき韓国アイドルとして取り上げられているのだ。UP10TIONは今月8日、東京で「ID」のデビューショーケースを開催。東京、福岡、名古屋、大阪など日本のあらゆる地域を周り、UP10TIONを知らせることにまい進している。

ガールズグループのDal★Shabet(ダルシャーベット) は今月10日と11日、東京・渋谷のDDD青山クロスシアターでライブコンサート「DAL★Shabet Live 2017 ~Happy White Day~」を行い、ホワイトデーを前に日本のファンと特別な時間を過ごした。彼女たちは2015年11月、日本デビューアルバム「Hard 2 Love」を発表し、活動を続けている。

SNUPER(スヌーパー) は今月22日、日本2ndシングル「Oh yeah!!」を発売する。すでに2月に日本でプロモーション活動を行った彼らだが、韓国活動もしっかりしている。ソウル西部警察署の広報大使に委嘱、3大反則行為の根絶、および学校内暴力予防など、さまざまな広報活動に参加していく。

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2065194


元スレ:・【K-POP】日本でK-POP市場が再び活気

お断りどすと思った方はクリック
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/03/14(火) 07:18:12
K-POPビジュアル系のVIXX 日本に支社、活動強化へ K-POP新世代ファイル(11)
2017/3/8

 ボーイズグループの人気者が続々と登場しているK-POP市場で、VIXX(ヴィックス)がファンの期待を高めている。今年は、日本での活動に重きを置く計画を打ち出しているからだ。
彼らは2012年に韓国のオーディション番組で選抜され、6人組としてデビュー。平均年齢は23.8歳と若い。日本では14年から活動を始め、人気若手グループの一角として知名度を上げている。

▽写真右からヒョギ(ダンス、ボーカル・95年生)、ケン(メインボーカル、92年生)、リーダーのエン(ダンス、ボーカル、90年生)、ホンビン(ボーカル、ラップ、93年生)、レオ(メインボーカル、90年生)、ラビ(ダンス、ラップ、93年生)
r

 日本と同様、韓国でも年末年始の音楽授賞式は、今の音楽界の人気者を知る格好の機会になる。例えば、2017年1月14日に開催された「第31回ゴールデンディスクアワード」で、アルバムのセールスが好調だったアーティストに贈られる「アルバム賞」に選ばれたのは次の顔ぶれ。大賞がEXO、それに続く本賞が、INFINITE、EXO、GOT7、SHINee、テミン(SHINee)、防弾少年団、MONSTA X、SEVENTEEN、VIXXと、いずれも日本に活動領域を広げ、多くのファンを抱えている男性グループだ。

 ここで1つ問題となるのは、受賞を目指して韓国での活動に比重を置くと、日本での活動が減り、ファンの心離れが進むこと。グローバル化目覚ましいK-POP界では、どのグループも国内外での人気の両立を求められるが、アーティストの時間も体力も限られている。

 そんな熱い生き残り競争のなかで、日本での活動により力を入れようとしているのがVIXXだ。
16年10月には、所属事務所のジェリーフィッシュエンターテイメントが日本支社を開設。これまでのレーベルだったCJビクターとの契約も年末で満了し、新たなレーベルへの移籍準備を進めている。

 新設した日本支社で音楽事業部長を務めるパク・ギョンヒョン氏によると、日本に拠点を設けたことは、VIXXの日本活動のさらなる強化を示す。メンバーは3月開催のファンミーティング(東京・幕張メッセイベントホールのほか、大阪、愛知)に向けて、趣向を凝らした催しを準備中で、8カ月ぶりのイベントになる。さらに下半期には新曲のリリースとライブを計画中だ。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO12976650W7A210C1000000?channel=DF280120166614

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ