事件・事故

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/12(木) 10:26:10.82
ソウル経済(韓国語)

江原道(カンウォンド)太白市(テベクシ)のある特殊学校の教師が障害者の女子生徒を数年間性的暴行したという申告があり、警察が捜査に乗り出した。

JTBC放送によれば、去る5年間性暴行が頻繁に行われ、さらには授業中にも行われたという。
 
0003346287_001_20180712084705773

当時中学1年生だったAさん(女)は、教師のパク氏が学校から約15分離れた職業教育センターに連れて行くと車に乗せて、その時から性醜行(わいせつ行為)が始まったと供述した。

寄宿学校にいたAさんは、夜にも頻繁に呼ばれて性暴行を受けたと話した。平日クラスメートがいる教室でも性暴行を受けたという供述があって衝撃を加えた。

Aさんの供述によれば、授業中に生徒たちがコンピュータなど別の事をしていれば、個別に呼んで教師の席で性暴行を受けたという。

この学校では生徒の相談のうち、B教師(前出のパク氏だと思う)が2014年から知的障害がある女子生徒2人を数回性暴行したという供述を聞き、去る9日に警察と性暴行相談センターにAさんを申告した事が分かった。

教師のB氏は現在、職位を解除されて容疑を全面否認している事が分かった。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: シャチ ★ 2018/06/25(月) 13:39:09.90
産経新聞

 「韓デリ」と称して自身が経営する派遣型風俗店の女性従業員に売春させたとして、警視庁保安課は売春防止法違反容疑で、東京都杉並区上荻の派遣型風俗店経営、土屋雅幸容疑者(56)=同容疑で逮捕=を再逮捕した。おおむね容疑を認めている。

 再逮捕容疑は今月1日、八王子市内のホテルに韓国籍の女性従業員(36)を派遣し、利用客の男性(46)に売春の周旋をしたとしている。

 同課によると、土屋容疑者は平成28年4月ごろから、「キャンディー」「IRIS」など9つの店名を使って集客。ホームページ上では、20人前後の10~20代女性が勤務しているように装っていたが、実際には36歳と39歳の韓国籍の女性従業員2人しかいなかったという。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

4582682i1: かばほ~るφ ★ 2018/06/22(金) 12:40:31.52
【福岡】韓国の出会い系アプリで知り合い淫行
6/21(木) 20:15配信 九州朝日放送

韓国人と知り合えることを売りにした出会い系アプリを使い、女子高校生とわいせつな行為をしたとして韓国籍の男が逮捕されました。
福岡市博多区那珂に住む韓国籍の自称・アルバイトカン・ジウオン容疑者(27)は今年4月、自宅で当時15歳の女子高校生に対しわいせつな行為をした疑いが持たれています。

警察によりますと女子高校生は韓国のアイドルが好きで「韓国語を習うつもりで会った」と話しているということです。2人に金銭のやりとりはなく、カン容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。警察はカン容疑者のスマートフォンを押収し余罪を慎重に調べる方針です。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★2018/03/17(土) 14:32:31.63
米州中央日報(韓国語)

韓人(コリアン)の女性を含む売春組織の一党5人が、大量に検察に逮捕された。

マサチューセッツ州検察は15日、報道資料を通じてボストンやバージニア、アトランタなどの東部一帯で活動していた韓人(コリアン)の売春組織を一網打尽にし、連邦裁判所に送ったと発表した。

逮捕された容疑者はキム・ユンイ(Yoon I. Kim=36歳)、キム・ヒョンスク(Hyunsook Kim=46歳)、キム・ジンオク(Jineok Kim=38歳)、ソン・ギョン(Kyung Song=52歳)、スーザン・レドモンド(Susan Redmon=41歳)などの5人である。

これらは2015年11月から3件の売春Webサイトを運営して、ボストンと東部バージニアやアトランタなどで売春を斡旋した疑いを受けている。

これらは主に自身が運営するWebサイトに、「アジアの女性に会える」という広告を出して買春者を集めた。マサチューセッツ・ケンブリッジの高級マンションなどを売春場所に使用して、現金で取り引きをした。

これらが受けている容疑は人身売買をした女性を説得したり、騙して抑圧して売春をさせた事で、最高5年の懲役刑や3年以下の保護観察、25万ドルの罰金などが下される見込みである。

事件は連邦裁判所の陪審員団が引き受けた。

http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6064928

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ