中国ネタ

1:2014/04/04(金)09:35:24 ID: 2014.04.03images
 中国海軍が4月下旬に開催する国際観艦式の招待状を海上自衛隊に送っていない問題で、米国防総省は2日、米軍艦船を派遣しない方針を発表した。歴史認識問題で反日宣伝を続ける中国は軍事交流でも「日本外し」を狙っ たが、日米同盟の結束の前にあえなく失敗。習近平国家主席は、とんだ大恥をかく結果になった。

← 人気ブログランキングに参加中。クリックで応援してね
本文を読む

1:2014/03/23(日)13:17:31 ID:
慰安婦問題で謝罪拒否 中韓を激怒させる安倍氏images

安倍晋三首相は再び、アジア諸国の民族的対立と歴史的な憎しみを引き起こした。安倍首相はこのほど歴史学者によって構成される委員会に対して、1993年の河野談話の正式な謝罪について再検証することを指示した。最近のさまざまな発言は、安倍首相と腹心が、この謝罪が非合理的だと考えていることを示している。ゆえに同委員会は日本が公式に慰安婦強制連行に加わっていなかったことを確認し、「心から反省する」という謝罪を撤回すべきとする可能性がある。シンガポール華字紙『聯合早報』が伝えた。

← 黙れシナチクと思った方はクリック
本文を読む

1:2014/03/02(日) 01:57:03.24 ID: gれgg
中国、駅で無差別切りつけで109人負傷3人死亡 雲南省昆明  【北京=川越一】

中国国営新華社通信などによると、中国雲南省の省都、昆明市の昆明駅で1日夜、刃物を持った集団が通行人らを襲撃する無差別殺傷事件が発生し、少なくとも3人が死亡、100人以上が負傷したもようだ。公安当局が、犯人5人を射殺したとの目撃情報もある。 本文を読む

【中国】習近平の反日工作がドイツで大失敗 ホロコースト施設の視察を打診もドイツが即座に拒否 [2/28] images

1:2014/02/28(金) 17:06:33.61 ID: 2014.02.27
ドイツで反日外交をもくろむも、トホホな状態の習国家主席(ロイター)

 中国の習近平国家主席による「反日工作」が大失敗した。来月末のドイツ訪問の際、ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)記念施設を視察したいと打診したが、ドイツ政府は即座に拒否したのだ。
反日で連携する韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領をまねた“告げ口外交”を展開しようとしたが、ドイツは習氏のたくらみを嫌ったようだ。

← 人気ブログランキングに参加中。クリックで応援してね
本文を読む

1:2014/02/05(水) 18:34:15.05 ID: s189df0a5ec521710e00d7d3f387658e2

中国が友も敵もつくらない既存の外交政策から脱却し、韓国を「友」、日本を「敵」として、明確に区別し始めたとの分析が示された。

 4日付香港紙・星島日報は、中国の習近平国家主席が韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に誕生日を祝う直筆の手紙を送ったことを「連韓制日」(韓国と組んで、日本を制する)という意味で解釈する記事を掲載した。

← 人気ブログランキングに参加中。クリックで応援してね
本文を読む

← 人気ブログランキングに参加中。クリックで応援してね

1:2014/01/24(金) 16:49:04.26 ID:2013-11-16_162436
日本人キャスター「靖国参拝についての安倍首相の釈明は全くでたらめ」

日本の安倍晋三首相が22日夜にダボス会議で行った演説と靖国神社参拝についての弁解は、安倍首相がダボスを発った後の23日になってもまだ、会議現場の日本メディアの記者たちの間で激論の的となっていた。 本文を読む


  ←1日1回のクリックで応援してね

1:2014/01/18(土) 09:48:18.55 ID:index

◆<靖国参拝>ドイツで日中外交官が舌戦、勝利の中国に拍手「日本は落胆して退場」―香港紙

2014年1月17日、香港・文匯報によると、独ミュンヘンでこのほど開かれた国際会議の席上、日中の駐独外交官が安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐって舌戦を展開した。同紙は「中国側は満場の拍手を浴び、日本側は落胆して退場した」と伝えた。
本文を読む


  ← またはじまったと思った方はクリック

1
:2014/01/07(火) 21:19:39.02 ID:images
2014年1月7日、新華網によると、中国吉林省の歴史資料館でこのほど、旧日本軍が残した南京大虐殺の関連資料が見つかった。それによると、虐殺の前後で南京の人口は113万人から34万5000人に激減したという。

資料は1938年2月19~28日、旧日本軍憲兵隊の大木繁司令官が、上司の関東軍司令部に送った2通。「南京憲兵隊管轄区内の治安回復状況報告」と題されている。中には「事変前後の人口対比」の項目があり、虐殺前は113万人だった人口が、事件後は34万5000人に激減していた。 本文を読む


このページのトップヘ