中国ネタ

images1: らむちゃん ★2018/05/26(土) 11:52:24.87
日中韓が同盟を結べば世界最強じゃないか?・・・「だが実現は不可能」=中国
サーチナ2018-05-26 08:12 

 世界最強の国と言ったらどこだろうか。軍事、経済、技術力のどれをとってもやはり米国であることに間違いはないだろう。中国メディアの快資訊は24日、「もし、日中韓の3か国が同盟を結んだら、米国やEUよりも強くなるか」に関する記事を掲載した。これは、米国のネット上で話題になったといい、この質問に対するネットユーザーの回答の一部を紹介している。

 あるネットユーザーは、「日本には強力な技術力があり、韓国は強力な製造業があり、中国には強力な軍隊があるので、もし、この3カ国が合わされば無敵だ」と回答。しかし、あまりに非現実的で、この仮定は無意味であると但し書きをしている。

 また、日中韓同盟が可能だったとしても、政治・軍事面では「EUと同格で、米国よりは弱い」だろうという意見もあった。米国にはやはり世界最大の科学技術があり、それを軍事面に完璧に応用しているからだと分析している。

 しかし、最も多かったのは「実現は不可能」という意見だったようだ。あるユーザーは、この3カ国に本当の意味での信頼関係と協力があれば、非常に強力になるだろうとしながらも、実現はあり得ないと考えているようだ。中国のGDPは米国に次ぐ世界2位となっているものの、それは経済力に限られ、やはり日本や韓国に届かない面があるのを切実に感じているのだろう。

 日本と中国と韓国はそれぞれ近い国でありながらも、政治的には様々な問題があるのが現状で、この3カ国が日米同盟のような関係を結ぶことはやはり難しいと言わざるを得ない。しかし、日中関係については、先日の李克強首相の訪日など、互いの歩み寄りによって改善の兆しが見えているのは確かだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


1がたった日時 2018/05/26(土) 09:42:51.51
前スレ

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

china1: ガーディス ★ 2018/05/04(金) 06:35:00.43
電車に接触し重体の男性が死亡、傷害致死に切り替え捜査へ
5/3(木) 23:43配信 TBS NEWS


 先月29日、東京・JR吉祥寺駅で、中国籍の男が65歳の男性を走行中の電車に接触させ、けがをさせたとして逮捕されていた事件で、被害者の65歳の男性が、2日、死亡しました。


 この事件は、中国籍の調理師・代強容疑者(38)が先月29日午前0時半すぎ、武蔵野市のJR吉祥寺駅のホームで、会社社長の男性(65)に暴行をくわえ、駅を出発した電車に接触させるなどして、けがをさせた疑いで逮捕されたものです。

 2人は同じ電車に乗っていて、会社社長の男性が代容疑者らの話し声がうるさいと注意したため、口論になったということです。

 男性は頭の骨を折るなどして、意識不明の状態で病院に運ばれ、治療を受けていましたが、2日、死亡しました。警視庁は、容疑を傷害から傷害致死に切り替え、捜査を進める方針です。(03日20:01)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180503-00000127-jnn-soci

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

kichijoji_live011: 水星虫 ★ 2018/04/29(日) 17:05:57.15
乗客口論で男性電車に接触し重体
04/29 15:56  NHK

29日未明、JR吉祥寺駅で乗客どうしが口論となり、65歳の男性が電車と接触して意識不明の重体となっています。警察は相手の中国籍の男を傷害の疑いで逮捕し、詳しいいきさつを調べています。


警視庁によりますと、29日午前0時半すぎ、東京・武蔵野市のJR吉祥寺駅のホームで2人の乗客が口論となり、このうち65歳の会社役員の男性が駅を出発した電車に接触しました。 男性は頭などを強く打って病院に運ばれ、意識不明の重体となっています。

警視庁は、相手の埼玉県春日部市に住む会社員で中国籍の代強容疑者(38)を男性の胸ぐらをつかむなどの暴行を加え、電車に接触させたなどとして傷害の疑いで逮捕しました。

調べに対し、代容疑者は「電車の中で男性から『会話がうるさい』と言われて口論になり、一緒に電車を降りてもみ合いになった。男性を押したわけではないが、その時のことはよく覚えていない」などと供述しているということです。

警視庁は詳しいいきさつを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20180429/1000011136.html

 ★1が立った時間:2018/04/29(日) 16:13:42.35
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524986022/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: たんぽぽ ★2018/04/24(火) 06:25:53.46 ID
「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー
2018.4.21 16:36更新

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲げる「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーが参加し、日本政府は固有の文化を持つ沖縄の人々を「先住民」と認めるべきだと主張、在日米軍基地が沖縄に集中している問題の解決を訴えた。

 会議は毎年開催される「先住民問題常設フォーラム」。今年は16~27日の日程で開かれ、世界中の先住民や支援団体が参加。学会理事で沖縄大非常勤講師の親川志奈子さん(37)は「多くの人から『もっと知りたい』と声を掛けられ大きな手応えがあった」と話した。


20日、ニューヨークの国連本部で取材に応じる親川志奈子さん(共同)
index


https://www.sankei.com/west/news/180421/wst1804210044-n1.html


沖縄の団体が国連で琉球独立主張、中国ネット「支持する」「古くは中国の土地」

Record china 2018年4月24日(火) 1時40分

2018年4月22日、澎湃新聞は沖縄の団体が国連に対して「琉球独立」を主張したと報じた。

記事は、日本メディアの報道として「琉球民族独立総合研究学会が米ニューヨークの国連本部で開かれた先住民問題会議に参加し、固有文化を持つ沖縄人を『先住民』と認めるよう日本政府に求めるとともに、在日米軍基地が沖縄に集中している問題についても解決を呼びかけた」と伝えた。

また、台湾のテレビ局・東森電視は22日、同学会が「沖縄の日本からの独立も要求した」と報じたことを紹介。「米軍と日本政府は過去にそれぞれこの土地を占領して軍事基地に変え、武器の開発や戦争を行ってきた。先住民は自分たちの土地を取り戻すことを願い続けているが、その声は長きにわたり無視されてきた」とする同学会の親川志奈子理事のコメントを伝えている。

さらに、同学会の発起人である龍谷大学の松島泰勝教授が以前「琉球国独立宣言」を発表し、日本メディアに対して「日米政府による『植民政策』が、琉球人の日本に対する不満と絶望を引き起こした」と発言したことも合わせて紹介した。

中国のネットユーザーからは「琉球はもともと独立国家だったのだから支持する」など、「琉球独立」を支持する声が多く寄せられた。
また、「琉球人民の正義による民族独立運動を支持する」「琉球人民が立ちあがった」との感想も見られた。

また、独立の是非については「英国に学んで住民投票してみれば」とするユーザーがいたほか、「琉球諸島は古くは中国の土地だったのは知っているのだろうか」との意見も。「琉球は中国のもの」との考えを持つ者もいるようだ。(翻訳・編集/川尻)

http://www.recordchina.co.jp/b594221-s0-c10.html

 1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

s-img_d3da7f2148611a73a141a986385c296b3748931: たんぽぽ ★2018/04/16(月) 06:30:53.33
日本が中国との関係を改善したいなら「行動で誠意を示してくれ」=中国メディア
2018-04-16 05:12

2018年は日中平和友好条約締結40周年の節目の年だが、日中関係は徐々に改善の兆しが見られている。しかし、日中ともに相手がどれだけ関係改善に本気か探りたいのが本当のところだろう。中国メディアの新聞晨報は12日、日本が中国の信用を得るには、誠意を行動で示さなければならないとする記事を掲載した。

記事はまず、日本が中国との関係改善に向けて、前向きな姿勢であることを評価。17年は日本が中国の「一帯一路」構想に肯定的な態度を見せ、会談にも前向きであるとし、日本は中国との関係改善に非常に積極的だと主張する一方で、「重要なのは行動」であり、中国の信用を得るには「誠意を見せる」のが必要だとくぎを刺した。

李克強首相は日中関係について、「肯定的な面も増えているが、不確定要素も依然抱えており、寒暖が入り交じっている」との見方を示している。記事によると、中国が特に問題視しているのは「インド太平洋戦略」だという。今は日米が主導しているこの戦略は、中国をけん制する狙いがあると言われており、日米関係は日中関係改善に影響を与えると指摘した。日本は、グローバル経済を逆行して日本に圧力をかけている米国とともにインド太平洋戦略に力を入れるよりも、中国との関係を改善させて一帯一路に協力するほうが、米国の貿易保護がもたらす害を減らせると論じた。

では、日本はどのように「中国に誠意」を見せるべきなのか。記事は、安倍政権がトップ会談を重視していることで一定の誠意を見せていると認めてはいるものの、これまで長期にわたって非友好的な政策をとってきたのも事実と指摘。
たとえば、平和憲法の改正を目指していることや、中国を仮想敵国としていること、米国との同盟関係の強化、中国の海洋進出を阻害するセキュリティダイヤモンド構想、日本の対台湾窓口機関である「公益財団法人交流協会」の名称を「公益財団法人日本台湾交流協会」と変更したことなどを挙げた。

そのため、「中国が日本のことを再び信頼するためには、行動を見る必要がある。共通の利益を拡大させると同時に、歴史の否定や靖国神社への参拝、米国と共に地政学的敵意を示していることには警戒しておくべきだ」と主張した。


米中関係は「貿易戦争」と言われるほど摩擦が激化しており、中国としては日米関係が気になるところのようだ。記事は、「中国の信用を得るためには誠意が必要」としているが、日中友好の実現を目指すならお互いさまで、中国軍による挑発問題に悩まされる日本も中国の誠意を見たいところだろう。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1657357?page=1


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 動物園φ ★2018/04/14(土) 10:34:58.29
4/14(土) 9:11配信 読売新聞

【ジュネーブ=笹沢教一】日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国が日本政府の同意を得ずに海底調査し、豊富な資源を含む「海底熱水鉱床」やレアアース(希土類)、希少な深海生物などの海底資源類を採取していたことが明らかになった。

中国の研究者が2007年以降、少なくとも30本の学術論文で調査内容に言及していた。

中国の海洋調査船がEEZ内に進入し、日本の同意なしに調査を繰り返してきたことは海上保安庁などが確認していたが、具体的な調査内容は明らかになっていなかった。中国側は調査内容を論文にすることで、学問上の優先権(先取権)を得ることや、大陸棚に関する自国の主張を補強して海洋権益を拡大することを、狙っているとみられる。

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00050037-yom-int

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

images1: ばーど ★ 2018/04/06(金) 08:50:12.91
2018/4/6 8:16 日本経済新聞

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は5日、中国の知的財産侵害に対する制裁関税について1000億ドル(10兆7000億円)の積み増しを検討すると発表した。

3日に500億ドルに相当する中国からの輸入品1300品目に25%の関税を課す原案を公表しており、大幅な追加措置を米通商代表部(USTR)に指示した。中国が同規模の報復関税を課すと表明したことに対抗する。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29078870W8A400C1000000/?nf=1

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

china1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ]2018/04/04(水) 06:35:30.03
サーチナ

東京では桜の花の満開を迎えたが、すでに散ってしまった場所も多いだろう。桜の花見をするために訪日する中国人は非常に多く、桜といえば日本を連想する外国人も多いと思われるが、中国メディアの今日頭条は1日、中国の桜の美しさが世界で絶賛されていると伝え、「日本では外国人の花見客が中国に流れる可能性を危惧する声がある」と紹介する記事を掲載した。

日本の桜は世界的に有名で、咲き誇る桜を見るために毎年3ー4月になると世界各地から多くの外国人が訪日している。桜の名所で外国人を見かける機会が年々増えていると実感している人は少なくないだろう。

記事は、桜の起源は中国であることを強調し、春を迎えれば中国の桜の名所では美しい光景が見られると指摘したうえで、中国国内にある桜の名所の写真を複数掲載した。
その写真を見て見ると、小高い丘一面に桜の木が植えてあり、花が咲き乱れていて、確かに日本の桜に劣らず美しい。

続けて、英国メディアなど世界の大手メディアがこぞって中国の桜の美しさを報じており、動画共有サイトでも中国の桜を撮影した動画が人気を集めたと紹介し、海外のネット上の声として「中国にこんなすばらしい桜があるとは知らなかった」、「これまでに見た桜で一番美しく、現地に行って見てみたい」といった声が寄せられていることを紹介した。

さらに記事は、もともと日本への花見旅行を計画していた中国人が、中国国内の花見旅行に変更するケースが増えていることを伝え、「桜」や「花見」という日本ならではものと思われていた観光資源が中国にもあることに対し、日本では外国人客を奪われるかもしれないと危惧する声もあると伝えた。

桜はヒマラヤ一帯に起源を持つとされており、中国にも桜の名所は確かに各地に存在する。だが、中国では日本のように桜の花の下で食事をしたりお酒を飲んだりする習慣は一般的にはなく、中国に桜があるからといっても、桜を見たいと思った外国人客はやはり日本の桜を選ぶのではないだろうか。

http://news.searchina.net/id/1656574?page=1

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

20180403-0545105071: たんぽぽ ★2018/04/03(火) 18:59:41.16
日本料理はおいしくない?中国ネットで議論沸騰
Record china 2018年4月3日(火) 18時50分

2018年4月3日、中国の質問投稿サイトにこのほど、「日本料理はどれほどまずいのか」という質問が投稿され、それに寄せられた回答が中国版ツイッターのウェイボーにも転載され話題となっている。

ある回答者は、中国では家で朝食を食べず外食する習慣があるが、日本にはこうした中国式の朝食文化がないことを指摘した。

別の回答者は、日本で食べた「最も悪夢的な」食べ物としてクジラの刺し身を挙げ、「割り箸の先が血で真っ赤に染まった」などと写真付きで伝えた。

日本でステーキや焼き肉などをレアに近い状態で食べることに抵抗を覚えるという意見もあった。

また、東京大学の留学生と思われる中国人男性は、「日本の朝食は選択肢が少ない」とし、コンビニでサンドイッチやおにぎりを買うほかなく、講義も学内の食堂も朝の8時半に始まるので、ゆっくり朝食をとることはできないと不満をつづっている。

ほかにも「日本の定食屋に入ると、選べる料理はいくつかだけ。中国国内の四川料理店なら200~300種類の料理がメニューに載っている」など、種類の少なさを嘆く人がいた。

こうした回答を見たウェイボーユーザーからは、「日本人が痩せていると言われる理由が分かった」「日本へ行けばダイエットに成功しそう」などの声が多く寄せられていた。

また、「日本には中国式の外で食べる朝食文化がないことが欠点」とする意見に同意を示す人が多かった。

一方で「偏った意見ばかりだ。中国料理も外国人には良しあしがある」「四川人や湖南人が広東省で暮らせば、その料理の何百もの欠点を挙げるだろう。要は、味が口に合わないというだけ」と冷静な意見を述べるユーザーもいた。(翻訳・編集/柳川)


http://www.recordchina.co.jp/b589247-s0-c60.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: 蚯蚓φ ★2018/03/30(金) 17:02:59.85
レコードチャイナ

2018年3月28日、複数の中国メディアは、北海道の雪山で遭難して救助された中国人男性が中国領事館に感謝の手紙を送ったと伝えた。しかし、その内容に中国のネットユーザーから批判の声が上がっている。

3月19日、旭岳のロープウエー職員から「中国人スノーボーダーが行方不明」との連絡が地元警察にあり、8時間に及ぶ捜索活動の末に男性は発見、救助された。記事は「札幌の中国領事館が速やかに日本と連絡を取り、救助要請を出した。救助された男性はその後、領事館に感謝の手紙を送った」と伝えた。

男性は手紙の中で「途中でコースを間違えた事に気付いた。軽装備のために身体はすっかり冷え切って、夜には身体が震え出して眠くなった。もはやこれまでと遺言を録音し始めたときに、救援の笛の音が聞こえた。叫んだが気づいてもらえず絶望したが、程なくして再び笛の音が聞こえ、一筋の光が見えた。大声で叫ぶと反応があり、ついに救助された!」などと経緯を説明した。

そして「われわれの背後には偉大な祖国があり、人の救助を第一にすべしと日本の警察に圧力をかけてくれました。救助隊の到着があと30分遅かったら、彼らは遺体を見ることになったでしょう。札幌の中国領事館には最も誠意ある感謝を示します。もし領事館が私のために貴重な救助の時間を勝ち取ってくれなかったら、私はもうこの世にいなかった。1人の中国人として、国を誇りに思います」と記したという。

しかし、この手紙の内容が伝えられると、中国のネットユーザーからは批判の声が上がった。
「何だよこれ。何が中国政府の圧力で日本の警察が救助しただよ。(日本の)警察が全力で救助してくれたからあんたは生きて帰れたんだろう」

「中国に誇りを感じるのはいいが、救助してくれた日本の当局に対する感謝の言葉が一つもないのが実に残念。同じ中国人として恥ずかしい」
といった声が寄せられた。他にも
「領事館の功績は確かにあるが、どう考えたってあなたを救ったのは日本人。そもそも圧力なんかじゃなくて、人道主義的見地から頑張って助けてくれたのに」

「日本の素早い反応、正確な測位、救助技術に対する感謝はないのか」

「なんで税金でこんなヤツの救助をしなきゃいけないのか。捜索と救助にかかった費用は自分で払え」
など、批判の声が寄せられている。(翻訳・編集/川尻)

http://www.recordchina.co.jp/b588144-s0-c30.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ばーど ★ 2018/03/19(月) 21:26:24.87
500万人分の個人情報が中国業者に 年金情報入力を再委託
3月19日 19時05  NHK NEWS WEB

日本年金機構からデータ入力の業務を委託された東京の会社が、契約に違反しておよそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたことが厚生労働省などへの取材でわかりました。

日本年金機構は、去年8月、東京・豊島区にある情報処理会社におよそ500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報の入力業務を委託していました。

ところが、厚生労働省などによりますと、この会社は、中国の業者にデータの一部を渡し、入力業務を任せていたということです。

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/0/2/0280b46f.jpg

これらの個人情報は、公的年金の受給者が所得税の控除を受けるために日本年金機構に提出したもので、年金機構とこの情報処理会社が交わした契約では、個人情報を保護するため、別の業者への再委託を禁止していました。

厚生労働省によりますと、中国の業者から個人情報が外部に流出した事実は今のところ確認されていないということです。

この情報処理会社については、データの入力が進まず、少なくとも6万7000人の受給者が所得税控除が受けられず、本来よりも少ない年金しか受け取れない事態となっていて、日本年金機構が、中国の業者への再委託との関連など詳しいいきさつを調べています。

情報処理会社は、NHKの取材に対し「コメントできない」としています。

一方、日本年金機構は「現在調査中でコメントを差し控えたい」としています。

■「委託先の業者を厳格にチェックへ」

個人情報の保護に詳しい立命館大学情報理工学部の上原哲太郎教授は「国が集めた個人情報は本来、厳格に管理する必要があり、業者に委託する場合は入力が終わればデータを消去するなど細かい決まりが設けられているが、再委託をすると、こうした厳格なルールが及ばなくなるおそれがある。国や日本年金機構などは、委託先の業者が適正に個人情報を扱っているのか厳格にチェックしていくことが強く求められている」と指摘しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180319/k10011371391000.html

★1が立った時間 2018/03/19(月) 19:20:51.36
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521459720/

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: Boo ★ 2018/03/12(月) 19:27:38.90
産経新聞

中国江蘇省南京市の警察当局は12日までに、インターネット上で「もう一度、日本人に(南京で)虐殺をさせるべきだ」などと投稿したとして、公共秩序を乱した疑いで、中国人の男(27)を刑事拘留処分にした。


警察当局によると、男は南京市で職を探していたが、給料が低いことに腹を立て、8日に通信アプリ微信(ウェイシン)を通じて投稿。ネット上で拡散して発覚した。当局は「民族感情を傷つける違法な言論」と批判した。

中国では最近、ネット上で南京大虐殺に関する投稿を巡り、中国人が処分されるケースが相次いでいる。旧日本軍の軍服を着たコスプレ姿で写真を撮ってネットに投稿するなどした中国人もおり、王毅外相が8日の記者会見後に「中国人のくず」と非難した。
(共同)

o0640046014145613753

http://www.sankei.com/smp/world/news/180312/wor1803120041-s1.html
 

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

china1: ニライカナイφ ★2018/03/07(水) 22:28:51.04
◆中国で相次ぐ「精神日本人」問題、全人代代表から法整備求める声―中国紙
Record china 2018年3月7日(水) 19時30分

2018年3月6日、現代快報によると、中国で開催中の「両会」(全国人民代表大会・全国政治協商会議)で「精神日本人(精日)」問題に厳しい声が相次いだ。
「精神日本人」とは「自分は中国人だが精神的には日本人」と考える人々を指す言葉で、オンライン百科事典・百度百科は「極端な人には自分が属する民族を恨んで日本を崇拝、自身が中国人であることを恥じる特徴も見られる」と説明している。

中国では先月、日中戦争の戦場跡で旧日本軍に扮した写真をネットに投稿した男性2人が15日間の行政拘留処分になったのに続き、「南京大虐殺の死者はたったの30万人。少なすぎた」と投稿した男性が同じく5日間の処分を受けるという問題が起きた。記事は「精日分子は民族にとって超えてはならない一線に繰り返し戦いを挑んでくる」と指摘し、一連の出来事が両会出席者の注意を引いていると説明。

このうち、「精日分子、精日思潮は民族感情に対する重大な挑戦」と話す全人代代表の熊思東(シオン・スードン)氏は「15日間の行政拘留処分と道徳上の非難だけでは足りない」として早急の法整備による「民族感情保護」の必要性に言及、他の出席者からも教育の見直しなどを呼び掛ける声が上がったという。

http://www.recordchina.co.jp/b163596-s0-c10.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

K10011350091_1803030935_1803030959_01_021: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [FR] 2018/03/04(日) 17:50:07.42
中国高官 関係改善には日本側の対応が重要
3月3日 4時44分 NHK

中国で全人代=全国人民代表大会が始まるのを前に中国の高官は、日本と中国の間での首脳の相互訪問の実現に期待感を示しつつも、関係のさらなる改善には日本側の対応が重要だという考えを強調しました。

中国政府の重要な人事や政策を決める全人代が5日から北京で始まるのを前に、国政への助言機関、政治協商会議の王国慶報道官が2日、記者会見しました。

この中で王報道官は、日中関係について「最近、日本が両国関係をめぐって前向きなシグナルを発し、明るい兆しが出ている」と指摘しました。

その一方で「一部の日本の政治家は、中国を戦略的ライバルとみなす狭い考え方にとらわれている」と批判するとともに、「歴史を直視しない国は尊重されないし、隣国を常に戦略的ライバルと見なす国に未来はない」とも述べました。

そのうえで王報道官は「できるだけ早く正常な軌道に戻し、ハイレベルの交流のために適切な雰囲気が生み出されてほしい」と述べて、首脳の相互訪問の実現に期待感を示しつつも、関係のさらなる改善には日本側の対応が重要だという考えを改めて強調しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180303/k10011350091000.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

china1: 荒波φ ★ 2018/02/04(日) 14:32:58.31
レコードチャイナ 2018-02-04 12:12

中国メディア・今日頭条は1日、「日本には神戸牛があり、韓国には韓牛がある。まさか中国は良質な牛肉が生産できないとでも言うのか」とする記事を掲載した。

記事は「牛肉と言うと、様々な美食が目の前に浮かんでくる。牛肉は、中国人にとっては非常におなじみの食材だ。しかし、中国の肉牛の品種となると、多くの人があまりよく理解していない。われわれは、日本の神戸牛が非常に高価でしかもおいしいという話をしばしば聞く。その肉には全体に霜が降ったようなサシが入っているのだ。また、韓国の韓牛も自然の摂理に近い環境で飼育されるこだわりの牛肉だが、それゆえ生産量は非常に少なく、なかなか庶民の手には届かないという」とした。

そのうえで「広い国土を持つわが国は様々なタイプの地形を持っているので、牛の品種も実はとても多いのである。例えば南方の水牛、北方の黄牛、チベットのヤクなどが代表的な品種だ。しかし、これらの牛肉はいずれも品質的にやや劣る部分がある。

なぜなら、中国は古くより食べるためではなく農耕のために牛を育ててきたからだ。では、中国には食用に適した肉牛はいないのか、と言うと、それもまた違うのである」と説明し、優れた肉質を持つ品種を紹介している。

最初は「魯西牛」だ。魯西牛は又の名を山東牛といい、食用にも農耕用にも適した黄牛の品種だという。穏やかな性格で育てやすく、程よく油も入り、肉質も良好とのことだ。続いては、「三河牛」である。

当然ながら日本の「三河」ではなく、内モンゴル自治区フルンボイルにある三河地区の地名が付けられた品種である。乳牛としても肉牛としても優れており、耐寒性や耐病性に強く放牧に適しているという。

記事はまた、本土の品種以外にも中国ではシンメンタール、シャロレーといった世界的に有名な肉牛の品種も輸入して飼育していると説明した。

中国のネットユーザーは中国の肉牛に対して様々な見方を持っているようだ。「われわれの黄牛はとても有名だ」「黄牛肉はとてもおいしいぞ」「中国の肉は水を注射して重さをごまかしているから」「黄牛はおいしい。神戸牛は非常においしい」「和牛とは比べ物にならないよ」といったコメントが寄せられた。

また「品種というよりも育て方を考えないといけないのではないか」との声も見られる。

品種が良くても飼育方法や飼育環境が悪ければ、その良さは半減してしまう。逆に、いい環境で育てたとしても肉質が硬いなどの品種ではやはり限界がある。

優れた品種を開発するとともに、そのポテンシャルを最大限に発揮できるような飼育環境と育て方の研究、この両方が噛み合ってこそ、食通をもうならせる高級ブランド牛肉が生まれるのではないだろうか。

http://news.searchina.net/id/1652898?page=1
 

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ