中国

1:ななしさん 2020/07/12(日) 05:47:55.57
        1月 2月  3月  4月  5月  6月
令和元年 1,684 1,615 1,856 1,814 1,853 1,640
令和2年  1,656 1,392 1,701 1,455 1,501 1,502
 
https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/jisatsu.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/07/09(木) 14:10:47.29
東京都で9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに220人以上確認されたことが関係者への取材で分かった。1日当たりの感染者数としては4月7日の206人を超え、これまでで最多となる。

都内では感染者が多く発生している新宿、豊島区が、ホストクラブなど「夜の繁華街」関連の関係者の集中的な検査を進めている。都内では20~30代を中心に夜の街で感染する例が相次いでいるほか、会食や家庭を通じた感染にも経路が広がりつつある。都は夜の街への外出や県境をまたぐ移動を控えるように都民に呼びかけている。

NALJhPl0

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61323380Z00C20A7CC1000
本文を読む

1:ななしさん 2020/07/08(水) 04:39:40.85
アメリカ政府高官は7日、NHKの取材に対して、トランプ政権がWHO=世界保健機関から来年7月6日に脱退することを国連のグテーレス事務総長に正式に通知したことを明らかにしました。トランプ政権は、WHOの新型コロナウイルスへの対応が中国寄りだとして批判し、脱退の意向を示していました。

NHKニュース

s-reizei20150827-thumb-720xauto

本文を読む

index1:ななしさん 2020/07/06(月) 23:31:20.85
中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

<1日の新規感染者数が世界最悪の5万5千人を超えてなお有効な対策をとらず感染拡大中のアメリカを、中国が「世界に感染を広げる」と警告>

中国の国営メディアはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策を誤ったとトランプ政権を酷評し、この病気を「アメリカ病」と形容し、 トランプ積怨の失敗が世界に脅威を与える可能性があると警告した。


中国共産党の機関紙「人民日報」傘下のタブロイド紙「環球時報」は、7月3日の社説で、アメリカにおける新型コロナウイルスの流行は「完全に制御不能だ」と論じた。

アメリカでは7月2日、新型コロナウイルスの1日の新規感染者数が5万5000人を超え、12月に中国中部の武漢市で始まったパンデミック(世界的大流行)の記録を更新した。アメリカでは、トランプ政権が引き続きこのウイルスを甘く見ており、地方の対応もまちまちで、有効な対策が打てていない。

トランプ政権の新型コロナウイルス対策に関わる米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は先ごろ、現在の傾向が逆転しなければ、アメリカの新規感染者は1日10万人増えるかもしれないと語った。


本文を読む

1:ななしさん 2020/07/05(日) 10:47:43.41
第11管区海上保安本部によると、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に侵入した中国船は5日午前8時40分現在、領海内にとどまっており、3日に記録した30時間17分を超えて過去最長となった。


index
 
本文を読む

1:ななしさん 2020/07/04(土) 17:09:29.86
■都知事「他県への不要不急な移動は遠慮を」

東京都の小池百合子知事は4日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに131人報告されたことを受け「他県への不要不急な移動は遠慮してほしい」と都民に対して呼び掛けた。都内で記者団の取材に応じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b776d8d873559884463d4c2ae0078d5e5659f24b
本文を読む

index1:ななしさん 2020/07/03(金) 23:41:56.92
自民党外交部会と外交調査会が3日の役員会で、中国による「香港国家安全維持法」制定に反発し、中国の習近平国家主席の国賓来日中止を求める決議案をまとめたことに対し、二階俊博幹事長サイドが猛反発している。部会側は来週中に党内手続きを終え首相官邸に申し入れる構えだが、中国との太いパイプを持つ二階氏が「待った」をかける可能性もあり、党内で緊張感が高まっている。

岸田文雄政調会長は3日、決議案について、部会側に対して党内全議員が出席できる部会総会で諮るよう指示。6日の総会開催が決まった。二階氏サイドが岸田氏に掛け合い、決議案の文面を外務省と調整するよう求めた。

かつて田中角栄元首相に師事した二階氏は独自の中国人脈を築き、2016年の幹事長就任以降は習氏ら要人との会談を重ねて日中関係の改善を後押ししてきた。だが決議案については事前に報告がなく、二階派関係者は「中国と摩擦を起こしても仕方がない。勝手なことはさせない」と述べた。それに対し、党内の保守系議員で構成する「保守団結の会」(代表世話人・高鳥修一筆頭副幹事長)は3日、決議案の内容を後退させるべきではないとし、会員43人に部会総会への出席を呼びかけた。

https://mainichi.jp/20200703/k00/00m/010/331000c
本文を読む

1:ななしさん 2020/07/02(木) 20:23:34.22
西村経済再生担当大臣は記者会見で、政府の専門家会議の尾身副座長と状況の分析を行ったあと、東京都の小池知事とも協議したことを明らかにしたうえで「高い緊張感を持って警戒すべき状況だということで、認識を共有したところだ。感染者の7割から8割が20代、30代で、これから高齢者や基礎疾患がある人に広がらないよう、二次感染を防止するためのPCR検査を幅広く呼びかけていきたい」と述べました。

また「検査の陽性率などを専門家に分析してもらったところ、市中で感染が広がっているわけではないということだった。まずは感染経路を追いかけていき、二次感染を防ぐことに全力を挙げたい。これまでの政府の方針を直ちに変更することはないと思っているが、状況を見て専門家の分析をしっかり聴きながら、適切に対応したい」と述べました。

そして、西村大臣は「もう誰も緊急事態宣言はやりたくないし休業もしたくないだろう。感染防止策をしっかり取って、何か異常があれば店を休んだり、調子が悪ければ会社にも出ず、
遊びにも行かないなどを徹底していかないとまた同じようなことになる。一人一人の努力をお願いしたい」と呼びかけました。

本文を読む

このページのトップヘ