慰安婦問題

index1:ななしさん 2018/11/04(日) 07:58:16.57
「元慰安婦女性は被害を誇張している」=韓国大学講師の発言に学生ら怒り
Record china 配信日時:2018年11月3日(土) 22時20分

2018年11月1日、韓国・クッキーニュースはこのほど、ある大学講師が「元慰安婦女性は被害を誇張している」と発言し、物議を醸していると報じた。

記事によると、韓国有名私大の延世(ヨンセ)大学のソウル・新村(シンチョン)キャンパスに掲示されたポスターからこの事実が明らかになった。先月4日、仁川(インチョン)にある同大国際キャンパスでの授業中に、A講師は元慰安婦の証言に対し「人は誰でも自身が遭った被害を誇張しようとする傾向がある。(元慰安婦の)おばあさんたちも例外ではない」と話したという。元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんについては「証言するたびに年齢と被害状況の説明が変わる」とし、慰安婦被害の規模についても「(朝鮮の人口が当時2000万人だったのに)20万人の朝鮮人被害者がいるというのはありえない」と話したという。

これを聞いた学生らは反発。「事実を歪曲し被害者の名誉を傷つけた」などとして、謝罪を求める声が上がっているが、A講師は遺憾の意を示しているという。
先月25日には、自身の授業でプリントを配布し「当該発言は一つの見解だった」と釈明。「非公式的な討論であればあるほど、いかなる発言も受け入れなければならない。もし差別や名誉棄損などに関連した発言が出たら、その場で解決できる」とし、「外部の力でこれを解決しようとすることは、討論に参加した人の権利を侵害することになる」と伝えたという。

なお、大学側は特別な措置を取っていない。
これを受け、ネット上では
「この国の知識人や教育者の中には今なお親日派が多い」

「これが韓国のトップクラスの大学講師のレベル?」

「講師の名前を公開して処罰すべき」

「自分の娘が同じ被害に遭ってもそんなこと言える?」
といった講師への非難が相次ぎ、
「もしかして日本の財団から研究費の支援を受けてるのでは」

「大学側でも特別な措置を取っていないということは、大学側の意見を代弁してるから?」
など日本との関係を疑うコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b658834-s0-c30-d0127.html

本文を読む

1:ななしさん 2018/10/28(日) 11:47:20.74
聯合ニュース 2018-10-28 10:39
 
【水原聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者、ハ・ジョムヨンさん(享年97)が、日本政府による公式の謝罪と賠償を受けられないまま26日に老衰のため死去した。

韓国政府が認定した慰安婦被害者240人のうち、存命者は27人になった。存命者のほとんどは80~90代の高齢で、身動きが不自由な人が多い。平均年齢は91.1歳。85~89歳が8人、90~95歳が17人、95歳以上が2人となっている。


居住地はソウルと隣接する京畿道が9人で最も多い。ソウル市に7人、慶尚南道に4人、大邱市に3人、釜山市、蔚山市、全羅南道、慶尚北道にそれぞれ1人暮らしている。被害者の多くは、慰安婦被害者のための施設や病院で暮らしており、一部は1人で生活している。京畿道広州市にある被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」には7人が暮らしている。

支援団体関係者によると、「アイ・キャン・スピーク」(原題、2017年)や「ハー・ストーリー」(同、18年)など慰安婦被害者の人生を題材にした映画作品などは出てきたものの、世間の目を気にして被害者であることを隠して暮らす人も少なくないという。

 日本が過去の歴史を歪曲(わいきょく)する行為はエスカレートしているが、被害者が望むことは一貫しており、名誉回復のための公式謝罪と法的賠償、また慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に基づき被害者を支援するため韓国に設立された「和解・癒やし財団」の存廃問題解決などだ。だが日本政府は不動の姿勢を保ち、被害者の要求に応じていない。財団設立のために日本政府が拠出した10億円の処理などもあり、慰安婦問題は現在も解決の糸口を見いだせずにいる。

ナヌムの家の安信権(アン・シングォン)所長は、旧日本軍の蛮行は世界中で知られているが、日本政府だけが口を閉ざしているとし、存命する被害者がいる間に一日も早く名誉回復される日がきてほしいと話した。


http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20181026004700882

本文を読む

index1:ななしさん 2018/10/26(金) 16:47:34.11
10/26(金) 16:38配信 時事通信

【ソウル時事】韓国の康京和外相は26日、国会の国政監査で答弁し、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった日韓政府間合意について「破棄や再交渉はしないが、日本側から元慰安婦に対する誠意ある措置が必要だという点を引き続き強調している」と述べた。

合意では問題を解決できないとの認識を改めて強調した形だ。

また、合意に基づき元慰安婦らへの現金支給を行っていた「和解・癒やし財団」に関し、「もはや機能していない」と指摘、政府内部で解散を検討していることを認めた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000091-jij-kr

本文を読む

1:ななしさん  2018/10/26(金) 11:48:21.26
慰安婦被害者が死去 認定者1人増え生存者27人に=韓国
2018/10/26 11:17

【広州聯合ニュース】

旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は26日、被害者のハ・ジョムヨンさんが老衰のため、同日午前に死去したと発表した。

1922年生まれのハさんは1936年から台湾や中国、インドネシアなどに連れていかれ慰安婦としての生活を強いられた。 1946年に帰国。2016年からナヌムの家で生活してきた。2男2女をもうけた。

韓国政府が認定した慰安婦被害者240人のうち、存命者は27人になった。存命者は今年7月1日、被害者1人が死去し27人となっていたが、同月4日に新たに1人が認定され、認定者数が239人から240人に増えた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/10/26/0400000000AJP20181026001200882.HTML

本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/14(日) 08:27:53.93
apioさんのツイート

その当時 日本の電気椅子や電流を流す設備があったという事実はありません。

これは断言します!
嘘つきも大概にしろ!💢

no title
本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/14(日) 10:58:25.13
YTN(韓国語)

昨年9月22日、米国・サンフランシスコに建てられた日本軍『慰安婦』キリム(称える)碑は、韓人(コリアン)の同胞など市民団体が一丸となって建立した事情があります。

1年が過ぎた現在、サンフランシスコでは痛切な歴史を記憶するための共感がさらに拡散しています。
チェ・ウンミ記者がレポートします。

<記者>

サンフランシスコの『慰安婦』キリム碑の建立1周年を迎え、都心に市民の喚声が続いています。

「(英語)日本は謝罪せよ、日本は謝罪せよ!あなたの本当に願いを言ってください。正義!」


米国の大都市で初めて建てられた『慰安婦』キリム碑建立を記念するための行進です。

bandicam 2018-10-14 12-10-39-649

本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/12(金) 11:53:53.39
「慰安婦」映画後援 茅ケ崎市と市教委に抗議殺到

16日に神奈川県茅ケ崎市の市民文化会館で予定されているドキュメンタリー映画「沈黙-立ち上がる慰安婦」(朴壽南(パク・スナム)監督)の上映会を市と市教育委員会が後援していることに対して、市と市教委に170件を超える抗議が殺到していることが11日、関係者への取材で分かった。

市によると、6月1日に上映会の主催者側から後援名義の使用承認申請が出され、市と市教委は同映画が過去に一般上映された際のチラシの文面などをもとに協議し、後援を承認した。

同映画は、平成6年に来日して日本政府に謝罪と個人補償を求めて直接交渉を開始した女性たちの姿を、昭和10年生まれの在日朝鮮人2世で市在住の女性監督が追った作品。

http://www.sankei.com/world/news/181011/wor1810110025-n1.html

本文を読む

d2fb43851:話題のニュース 2018/10/10(水) 08:38:53.86
イ・ファヨン京畿平和副知事、南北合意…翌月中旬に開催へ 
玉流館の京畿道誘致も推進…イ・ジェミョン知事の訪朝は年内に

ハンギョレ 2018-10-07 21:42

 太平洋戦争当時、日本の戦争犯罪被害をこうむった南北と東アジア国家の代表が参加する国際学術会議が、来月京畿道で開かれる。北朝鮮の代表的な冷麺料理店の玉流館(オクリュグァン)の京畿道支店設置も推進される。

 10・4首脳宣言11周年記念式に参加するために4~6日北朝鮮の平壌を訪問し帰ってきたイ・ファヨン京畿道平和副知事は7日、記者会見を行い「アジア太平洋の平和繁栄のための国際大会」開催など、6つの交流協力事業を推進することで北側と合意したと明らかにした。京畿道と北朝鮮側高位関係者が合意した「アジア太平洋の平和繁栄のための国際大会」は、京畿道で来月15日頃に開く予定であり、場所は高陽(コヤン)のキンテックスが有力だ。この行事には南北の専門家と「慰安婦」被害者など戦争犯罪の被害者をはじめ中国、ミャンマー、フィリピンなど東アジアの戦争被害当事国の関係者が参加し、日本の鳩山由紀夫元首相を招請する方案も検討されている。イ副知事は「今回確定した学術大会は、南側が主催し北側が参加する初の学術大会になるだろう」としながら「北側から高位級関係者が来ると期待する」と話した。

 イ副知事の訪朝期間に玉流館の南側支店を設置する方案も論議された。イ副知事は「玉流館の誘致は、今回の訪朝期間に即席で話したのではなく、就任以後中国で北側高位関係者と数回会って議論してきた問題」と紹介した。同時に「単純な支店水準ではないだけに、現地の人と現地の食材料が来なければならず、宿泊の問題もある。北側が考える最高の立地は京畿道」だとして「玉流館韓国1号店」の誘致に強い意志を示した。ただし、大規模な現金投資が必要なだけに、対北朝鮮経済制裁対象に含まれることがあり、今のところは“協議”の水準で進めているとイ副知事は付け加えた。

 京畿道はこれと共に、黄海道地域の一つの農場を農林複合型(スマートファーム)のモデル農場に指定して施設を改善し、京畿道が2007年に作ったがその後に交流が途絶えた開豊(ケプン)養苗場も復元事業を進めることにした。これらの事業が再開されれば、2010年5・24措置以後に中断された南北交流協力事業が8年ぶりに再開されることになる。

 この他に、国際プロボクシング大会南北単一チーム構成と開城(ケソン)-坡州(パジュ)平和マラソン大会など、体育・文化・観光での相互協力▽MERS・鳥インフルエンザなど超国家伝染病と結核および駆虫予防事業などの保健衛生防疫事業▽障がい者団体との協力事業も推進される。

 イ平和副知事は、これら6つの合意事項の具体的実践方案と個別的事案に対する書面合意などのため、イ・ジェミョン京畿道知事と京畿道基礎自治団体長、京畿道議会などが年内に北朝鮮を訪問することも推進されていると明らかにした。イ平和副知事は「今回の合意は、地方自治体レベルで南北交流協力事業を画期的に増進し、ひいては朝鮮半島の平和と繁栄に貢献するという点で大変重要な成果だと自負する」と話した。

http://www.hani.co.kr/arti/society/area/864759.html

本文を読む

1:話題のニュース  2018/10/10(水) 03:39:02.18
ロサンゼルス=聯合ニュース(韓国語)

アメリカ大都市に初めて建てられたサンフランシスコの慰安婦キリム碑(称える碑)を知らせる広報バナー(広報のぼり)がサンフランシスコ市内の随所に設置された。

日本の大阪市が姉妹都市であるサンフランシスコ市に対し、キリム碑を維持すれば縁組みを破棄するという立場を最近送った事に対抗して、現地の慰安婦被害者支援団体と韓人(コリアン)団体がキリム碑の守護に乗り出したのである。


▽サンフランシスコのジャパンタウンに設置された慰安婦キリム碑広報バナー
no title

8日(現地時間)、キリム碑建立に参加したキム・ジンドク&チョン・ギョンシク財団などによれば、慰安婦キリム碑広報バナーはクインシーストリートのセントメリー広場周辺とカリフォルニアストリートとスタックトン・カーニー、ポストストリートとウェブスター・ラグナなど、合計40か所に設置された。

特にポストストリートはカリフォルニア北部最大の日系ショッピングエリアであるジャパンタウンがある場所である。

キム・ジンドク&チョン・ギョンシク財団のキム・ハンイル代表は、「反省と謝罪を知らない日本政府に対し、歴史を直視して歪曲するなというメッセージを伝えたかった」とし、「キリム碑毀損のような事件が起きる恐れがあるため、損傷されたバナーを見つければ直ちに連絡して欲しい」と述べた。

先立って先月にはキリム碑建立1周年を迎え、通行量が多いサンフランシスコとオークランド間のベイブリッジに慰安婦キリム碑ビルボード(広告看板)を設置した。

サンフランシスコの慰安婦キリム碑は2015年9月にサンフランシスコ市議会で決議案が通過され、日本の様々な妨害工作をくぐり抜けて2年余りの募金運動とデザイン公募、作品製作などを経て、昨年9月にアメリカ国内の公共敷地で8番目、大都市では初めて建立されたのである。

3人の韓国・中国・フィリピンの少女がお互いに手を取り合い、これを慰安婦問題を世界に初めて公論化した慰安婦被害者のキム・ハクスンさんが眺める形状のこのキリム碑は、カリフォルニア州キャメルで活動する有名彫刻家のスティーブン・ホワイトが『女性の強さの柱』というタイトルで製作した。

このキリム碑は最近、キム・ハクスンさんの銅像に緑と白のペンキが塗られるなど、一部毀損された。

▽サンフランシスコのベイブリッジに設置された慰安婦キリム碑広告看板
no title

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0010387638

本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/08(月) 22:11:59.58
池内さおり@ikeuchi_saori 10月6日
「兵士たちは私の身体になんでもやりたいことをした」という日本軍「慰安婦」の
被害女性の証言を聞いたムクウェゲ医師は、「コンゴでも、その言葉を被害者から
何度も聞いた」と述べ、加害者が誰であるかをはっきりさせ国家の責任を問うことが
重要だと指摘したという。

池内さおり@ikeuchi_saori
 10月6日
ノーベル賞委員会のベリト・レイス=アンデルセン委員長は「 #MeToo と戦争犯罪(との闘い)は
異なるが、共通点もある。それは虐待の実態と女性の苦しみに目を向け、性被害が恥だ
という概念から女性を解放し声を上げることの重要性だ」性暴力根絶に向け様々な立場の
者が連帯し取り組む必要性を訴えた。

池内さおり@ikeuchi_saori 10月6日
コンゴで起こっている女性に対する性暴力も、日本軍による「慰安婦」問題も、同じ戦時下の
性暴力。国家の責任が問われている。ムクウェゲ医師やナディアさんの言葉は、我々日本の
姿勢をも問うていると感じる。過去に目を閉ざし、どこへ行こというのか。被害者の立場に立ちきれない政治に怒りしかない



▽池内さおり。日本共産党所属の前衆議院議員(1期)。
no title

本文を読む

index1:話題のニュース 2018/10/08(月) 12:33:12.18
中央日報

日本政府が米国内の自国民のために大使館と総領事館に相談窓口を運営中だと東京新聞が8日に報道した。

同紙によると、日本政府はワシントンの日本大使館とニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴの総領事館に「歴史問題に起因する法人に対するいじめ相談窓口」を運営している。

日本政府は慰安婦問題により米国など海外の日本人がいじめにあっていると判断し相談窓口を運営中だ。この相談窓口は歴史問題でいじめ被害を受けたりそのような被害に対して聞いたことがある人たちの相談を受け付ける。


これは慰安婦問題に対する誤った報道で在外日本人が被害を受けているという極右団体の認識と似ている。

特に日本政府はニューヨークの相談窓口を慰安婦像設置に反対する極右団体「ひまわりJAPAN」に委託して運営している。

この団体はホームページに「慰安婦問題などの過去の歴史問題に関わることであれば、些細なことでも結構です」と書き相談を積極的に誘導している。

ひまわりJAPANは「朝日新聞の慰安婦報道で在米日本人がいじめにあっている」と主張し謝罪広告を要求する民事訴訟を起こした団体でもある。

ニューヨークとニュージャージーに居住する日本人女性らが作ったこの団体は、「米国に正しい歴史を伝え子どもたちが日本人として誇りを持って暮らせるように支援すること」を目標に掲げている。

この団体のホームページは、韓国系と中国系アメリカ人により米国に慰安婦像が設置されることを「歴史戦」「情報戦」と表現し、日本の子供たちを巻き込んで「偏向教育、嫌がらせ、いじめ」が現れていると書かれている。

東京新聞は、こうした相談窓口の運営と関連し批判世論が激しいとし、ニューヨークで15年以上暮らしたが歴史問題によるいじめは聞いたこともないというある在米日本人の指摘を伝えた。

実際に相談窓口に寄せられた事例があるのかも明確でない。

日本外務省関係者は東京新聞に「相談事例がある」としながらも、プライバシー保護のため相談件数は明らかにできないと話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000019-cnippou-kr

本文を読む

de1:話題のニュース 2018/10/08(月) 10:32:05.68
読売新聞

韓国の康京和(カンギョンファ)外相が今年9月、日本との政府間合意に基づき元慰安婦を支援するために設立された「和解・癒やし財団」を年内に解散すると河野外相に伝えていたことが分かった。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意が形骸化することになる。

複数の日韓関係筋が明らかにした。韓国政府は財団の解散を示唆してきたが、正式に解散を通告したことが分かったのは初めて。

通告があったのは9月11日にハノイで開かれた日韓外相会談で、康氏は「財団を年内に解散する」と明言した。その上で、日本側が要請している文在寅(ムンジェイン)大統領の来日について「財団解散後になる」と語った。

これに対し、河野氏は「財団解散は受け入れられない」と主張し、文氏の早期来日を改めて求めた。康氏は財団解散の具体的な時期は明らかにしなかった。


ここまでの大まかな流れ

・2015年、韓国政府が元慰安婦支援のため設立する「和解・癒やし財団」に日本政府が10億円を拠出することを約束し、日韓両政府が「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認」することで合意。

・多数の元慰安婦が財団を通じて支給金を受け取る。

・朴政権の崩壊と文政権の誕生にともない、韓国国内で慰安婦合意の破棄や再交渉を求める声が高まる。文政権は「破棄、再交渉する問題ではない」としつつ、慰安婦合意を形骸化する戦略を取る。2018年、韓国政府が自国の政府予算で10億円を肩代わりすることを決定。日本政府の拠出した10億円が宙に浮く。財団も2018年内に解散へ。
本文を読む

8e0efa091:話題のニュース 2018/10/08(月) 11:53:36.24 I
■過去直視と未来志向

例えば3年前に政府間で合意した慰安婦問題がそうだ。合意に基づき、日本政府の資金をもとに韓国政府が作った、元慰安婦らの支援にあたる財団は今、存続の危機にある。韓国政府は合意の破棄を否定しつつも、前政権の失政だとして事実上の形骸化を図り、責任を果たそうとしない。日本政府も問題は「解決済み」の一点張りで、その硬直した姿勢が韓国側を刺激するという悪循環。共同宣言の核心である「過去の直視」を日本が怠り、韓国が「未来志向の関係」を渇望しないのならば、いつまでたっても接点は見つからない。

日韓はさらに、核保有国を自任する北朝鮮とどう向き合うかという懸案にも直面している。
非核化という最終目標は共有している。だが、それをどう達成するかという考えは、日韓で大きく隔たる。早急に認識を詰める必要がある。日韓関係を長年研究してきた小此木政夫・慶応大名誉教授は中国の台頭や日韓の国力の差の接近などを挙げ、「この20年で両国をとりまくシステムが大きく変化した。地域の安定のためにも互いに不可欠なパートナーだと認識する必要性が、むしろ強まってきた」と指摘する。だが現状はと言うと、首脳同士の定期往来であるシャトル外交に合意しながらも、軌道に乗る兆しが見えない。

■大局見据えた決断

シャトル外交の復活がそれほど難しいのであれば、共同宣言後に韓国の国務総理(首相)と日本の首相らが、格式張らない往来を重ねた閣僚懇談会からでも再開すべきではないか。現在の韓国の首相は、日本通で言葉も堪能な李洛淵(イナギョン)氏。政治の対話チャンネルを機能させるため、双方があらゆる工夫をこらさねばならない。後世に責任を持つ政治指導者として、大局を見据え、隣国との信を交わす。地域のリーダー国である日韓はどんな関係を築くべきなのか。国際社会で両国が担うべき役割は何か――。

20年前、日韓の首脳が自ら決断し、ともに歩み寄り、新時代を切り開こうとした意味は大きい。宣言の精神は少しも色あせてはいない。

https://www.asahi.com/articles/DA3S13714287.html
本文を読む

1:話題のニュース 2018/10/07(日) 18:35:44
中央日報(韓国語)

今年のノーベル平和賞受賞者で「戦争性犯罪」に対抗したコンゴのデニ・ムクウェゲとイラクのナディア・ムラドが選ばれ、日本軍慰安婦問題が今一度言及されている。

ワシントンポスト(WP)は5日(現地時間)、コンゴ内戦で性暴行にあった女性を治療したムクウェゲと「イスラム国(IS)」の性暴行蛮行を告発したムラドの受賞ニュースを伝えて日本軍慰安婦問題に言及した。

同メディアは「第二次世界大戦の間、日本軍の人々は自分たちが占領した領土で数十万人の女性たちを拉致し売春を強要した」と報道した。20世紀に起きた日本軍慰安婦問題の深刻性を過小評価したことが今日の戦争性犯罪にずっと続いているというのがWPの分析だ。

▽2018年ノーベル平和賞受賞者を受賞したデニ・ムクウェゲ医師と女性活動家ナディア・ムラド氏[ノーベル委員会ホームページ]
no title

本文を読む

201810071320070495_d1: 話題のニュース 2018/10/07(日) 18:21:05.44 I
YTNニュース(韓国語)

ユン・ミヒャン正義記憶連帯代表がノーベル平和賞にキム・ボクトン、ハルモニを推薦した事実を明らかにした。

今年のノーベル平和賞は紛争地域の性暴行蛮行を知らせ被害者を助けることに献身したデニス・ムクウェゲ医師とナディア・ムラド女性活動家が受賞した。ベリト・レイス=アンデルセン、ノーベル委員会委員長は「二人の受賞者はこのような(性暴行)戦争犯罪に関心を集め、これと戦うことに重大な貢献をした」と背景を説明した。

こうした中、ユン・ミヒャン代表が去る6日、自身のフェイスブックに慰安婦被害者のキム・ボクトン、ハルモニを推薦したことを公開した。彼女は「今公開する。今は不可能だと分かったので公開する」として「数年間、蝶々運動の最先頭に立って活動しておられるキム・ボクトン、ハルモニをノーベル平和賞に推薦した」と話した。

それと共に「ヨーロッパ聨合議員が推薦の手紙を送ったり、日本女性学者が送ったり、韓国の国会議長が送ったり...しかし結局だめだった」として「ムクゥェゲ、ヤジディ教生存者、キム・ボクトン...このように三人が受賞者になれば、その意味が世界女性人権運動史にあたえる力は、すごかっただろう」と話した。

ユン代表は「最終的にコンゴとイラクは選択したが、日本は隠した。戦時性暴行被害者の人権運動の世界で最も大きな貢献をした方々は誰が何と言っても日本軍慰安婦被害者らだ」と強調した。

また「始めて世界に戦時性暴行を人権問題、平和問題と認識させ、国連など国際基準で戦時性暴行被害者の人権回復基準を作るなど顕著な功績をあげた方々はまさにハルモニたちだ。国際社会で日本の壁は本当にひどい」と吐露した。

ユン代表は「ダイナマイトの武器を通じて稼いだお金でノーベル賞を与えており、その意味は我々のハルモニたちの崇高な活動と脈が異なるけれども、現実的にノーベル賞が世界に、特に平和領域にあたえる意味は大きい...だからノーベル平和賞委員会がとてもきれいには見えない」と空しさを表わした。

ユン代表は7日YTNPLUSとの電話通話で「ノーベル平和賞推薦と関連して裏話をさらに聞けるか」という質問に「より大きな話題になればハルモニが傷つくかと思って用心深い」とし、本人がSNSにあげた文の他にもうこれ以上の話すことを敬遠した。

http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201810071320070495

本文を読む

このページのトップヘ