慰安婦問題

no title1:ななしさん 2020/10/14(水) 20:08:40.58
韓国次期大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事(与党「共に民主党」所属)は14日、ドイツ・ベルリンのミッテ区に設置された旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の撤去を地元当局が求めている問題で、ベルリン市長とミッテ区長に撤去要求の撤回を求める書簡を送った。

李氏はフェイスブックに掲載した書簡で、「ベルリン市が最近、韓国とドイツの両国市民の努力により設置された少女像を撤去する方針を明らかにしたことに対し、韓国京畿道を代表する京畿道知事として懸念を表わす」とし、「もし少女像が撤去されれば、戦争犯罪と性暴力の野蛮な歴史を教訓として残し、恒久的な平和を定着させようと願う韓国人や世界の良心的な市民を失望させるだろう」とつづった。

また慰安婦被害者の名誉と人権を回復するために作られた少女像は、ベルリン市の審査を経て公共の場に設置されたものであり、日本の外交圧力によって許可が撤回されるのは、ドイツと長きにわたり親善友好関係を結んできた韓国人に大きな傷跡を残しかねないと指摘した。

李氏は「多くの韓国人から尊敬され、愛されているブラント元独首相は責任を忘れないことこそ誤った歴史を繰り返さない道であることを示してくれた」とし、「回復されていない被害者の人権と少女像の歴史的な重さを熟考し、当局の撤去の立場を公式に撤回することを要請する」と強調した。 

ベルリン市ミッテ区は少女像の設置許可を取り消し、像の設置を主導した韓国系市民団体「コリア協議会」に対し14日までに撤去するよう求めたが、団体が取り消し決定の効力停止を求める仮処分を裁判所に申請したことを受け、像の撤去はいったん見送られた。

李氏は次期大統領選挙(2022年)への出馬が予想される人物の支持率調査で、「共に民主党」代表の李洛淵(イ・ナギョン)前首相氏と並んでトップに立っている。

本文を読む

AJP20200927000200882_07_i_P41:ななしさん 2020/10/14(水) 14:08:35.84
「平和の少女像」がひとまず撤去の危機を乗り越えた。少女像が設置された独ベルリンのミッテ区は13日(現地時間)、公式ホームページに報道資料を出し、「論争の余地がある平和の少女像はしばらくそのまま維持される」と明らかにした。

ミッテ区側は「裁判所に市民団体コリア協議会(Korea Verband)から撤去命令執行停止仮処分申請があった」とし「14日までとしていた撒去命令はもう適用されない」と明らかにした。ミッテ区側は裁判所の判断を待つという立場だ。

ミッテ区のシュテファン・フォン・ダッセル区長は報道資料で「我々は十分に時間をかけて論争の当事者と我々の立場を検討する」とし「コリア協議会と日本側の双方の利益を公正に扱うことができる妥協案を用意したい。みんなが共存できる方式で記念物が設置されることを望む」と明らかにした。続いて「ミッテ区は時間と場所、理由を問わず、女性に対するあらゆる形態の性暴力と武力衝突に反対する」とも強調した。

これに先立ちダッセル区長はミッテ区庁前で開かれた撤去反対集会に予告なく姿を現し、「裁判所に撤去命令中止仮処分申請が出され、時間が生じた。調和が取れた解決策を議論しよう」と述べた。

先月28日にミッテ区は少女像設置を許可したが、日本政府が公式に問題を提起した後、7日に自主撒去命令を出した。撤去命令の理由は、事前に知らせていない碑文を設置してドイツと日本の緊張を高めたということだった。

これに対しコリア協議会側は「設置当時に碑文内容の提出要請がなかったうえ、碑文の内容にも問題はない」とし、ベルリン行政法院に撤去命令執行停止仮処分申請を出した。また、現地同胞と市民の約300人はこの日午後、少女像の前で集会を開き、ミッテ区庁の前まで行進して撤去命令の撤回を求めた。主催側は少女像の趣旨が反日民族主義でなく国際的・普遍的な女性人権問題であることを強調した。

ダッセル区長の立場の変化は、現地同胞と市民の反発に加え、自身が所属する緑の党の内部でも撤去命令を取り消すべきという声が出たからだ。ただ、少女像撤去命令を完全に撤回したというより、今後の裁判所の判断を待って妥協点を見いだそうという意味と解釈される。現地では、少女像の碑文に慰安婦被害者問題の普遍的価値を強調する内容を追加する方向で妥協するという可能性が高いという見方が出ている。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.10.14 14:01
https://s.japanese.joins.com/JArticle/271177?servcode=A00&sectcode=A10

本文を読む

AJP20200927000200882_07_i_P41:ななしさん 2020/10/14(水) 08:09:45.84
ドイツの首都ベルリンのミッテ区に設置された「平和の少女像(慰安婦像)」の撤去が“保留”となった。

13日(現地時間)現地メディア“Berliner Zeitung”によると、ミッテ区長は行政裁判所の判断が下されるまで、少女像の撤去を保留すると伝えた。

去る28日 現地の市民団体“コリア協議会”は、裁判所に少女像撤去命令に対する効力停止の仮処分の申請を提出していた。

ミッテ区が少女像の撤去に関して裁判所に判断を委ねたことにより、14日午後11時59分に設定されていた撤去期限は、その効力を失った。

去る7日 ベルリンのミッテ区庁は、コリア協議会が少女像とともに日本による慰安婦強制動員の事実を叙述した碑文が「設置前に当局にあらかじめ知らせていなかった」という理由で設置許可を取り消し、14日までに撤去するよう、命令していた。

この決定には、茂木敏充外相が去る1日、ハイコ・マース ドイツ外相との電話会談で、少女像の撤去をドイツ政府に要請するなど、日本のロビーが影響を与えているとされている。

WoW!Korea 10/14(水) 7:27
https://news.yahoo.co.jp/articles/f388a4220e06eb380977a56c0a0896fab3b6722b
.

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/14(水) 01:23:45.56
【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリン市ミッテ区当局は13日、設置許可をいったん取り消した従軍慰安婦の被害を象徴する少女像について、設置を「当面の間、認める」と発表した。

https://this.kiji.is/688784084153025633?c=39550187727945729

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/13(火) 12:21:48.22 I
韓国の与野党113人の議員たちは、ドイツ・ベルリンに設置された平和の少女像(慰安婦像)を守ってほしいという内容の書簡を作成し、駐韓ドイツ大使館に伝達した。

no title

彼らは「韓国と日本を越えて、世界市民たちが人権と平和の願いを込めて、被害者たちの苦痛に連帯し成してきた成果が、再び日本政府による外交的圧力の前に挫折してしまったら、これは また別の人権侵害の歴史がベルリンに書き記されるという、悲しいことになる」と憂慮した。

元慰安婦支援団体“正義記憶連帯”の元理事長であるユン・ミヒャン(尹美香)議員を含めた4人の与党“共に民主党”議員は今日(13日)午前、ソウルの駐韓ドイツ大使館を訪れ、与野党議員113人が署名した書簡を伝達し、非公開の面談をもった。この書簡は ハイコ・マース ドイツ外相に送られることになる。

彼らは書簡を通じて、ベルリンのミッテ区で平和の少女像の撤去の動きが起こっている」とし「深い憂慮と遺憾を表す」と伝えた。

また「日本による元慰安婦問題は、すでに90年代から元慰安婦たちの持続的な証言と国連特別報告官たちの調査によって、戦時下の性暴力と究明された」とし「しかし この世界的な女性人権運動が、ミッテ区から日韓両国の利害関係事案とみさなれ、縮小され、卑下されてしまった」と指摘した。

つづけて「これまで歴史的事実を否認し責任を回避してきたことで、被害者たちに一層の苦痛を与えてきた日本政府の立場を代弁することになってしまう」と伝えた。

彼らは書簡を通じて「平和の少女像に込められた平和の人権のメッセージを、普遍的人権ではなく外交的葛藤・紛争としてミッテ区が見つめるならば、これまでドイツ社会が過去を絶えず反省し、国際社会で平和実現において先頭に立ってきた努力と相反するものとなる」と批判した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/415917745d1424257abdd89a826362759d9e1a29 

本文を読む

cpd1703150500010-p11:ななしさん 2020/10/12(月) 15:51:22.53
ベトナム戦争で韓国軍に家族を虐殺され、自分は銃傷を負ったとして韓国政府を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした60代のベトナム人女性に対して、韓国政府は韓国軍による被害であることが証明されていないとして反論しました。

政府の代理人を務める政府法務公団は12日、ソウル中央司法裁判所で行われた損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論で、「原告が韓国軍によって被害を受けたかどうかの事実が証明されていない」と反論しました。

また「被害者の主張だけでは、被害があったことは信じ難い。また、原告は韓国駐留アメリカ軍の監察報告書を根拠として挙げているが、自分に有利な部分だけを抜粋して提出した」と主張しました。

さらに、外国人が韓国政府からの賠償を受けるためには、該当国との相互保証が必要だが、こうした要件を満たすかの確認も必要だと話しました。

相互保証は、韓国国民がある国を相手取って賠償訴訟を起こした際、認められる余地がある場合にだけ、その国の国民が韓国で訴訟を起こした際にも認めるというものです。

弁護を担当する「民主社会のための弁護士会」はことし4月にこの女性の代理として、韓国政府を相手取って3000万ウォンの損害賠償を請求する訴訟を起こしています。

この女性は8歳だった1968年2月12日に韓国軍の銃撃によって腹部にけがを負い、1年間病院で入院治療を受け、家族も殺害されたり、負傷したと主張しています。

2020-10-12 15:23:04
http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=77138

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/12(月) 12:49:01.95
独当局、14日までの撤去を要請 韓日独が絡む外交問題に飛び火

 慰安婦被害者をたたえるため、ドイツ・ベルリン市ミッテ区に設置された「平和の少女像」が撤去の危機にさらされている中、シュレーダー元ドイツ首相夫妻が当局に撤去決定の撤回を要求する手紙を送っていたことが12日、確認された。


 本紙の取材を総合すると、ゲアハルト・シュレーダー、ソヨン・シュレーダー・キム夫妻はこのほど、平和の少女像撤去決定を下したベルリン市ミッテ区のシュテファン・フォン・ダセル区長あてに手紙を送り、「決定は絶対に理解しがたい」「暴力の犠牲者として苦痛を受けた、いわゆる慰安婦ハルモニ(おばあさん)たちの痛みを見捨てる反歴史的決定」と批判したことが分かった。

 シュレーダー夫妻は「ドイツはナチスの歴史を清算して世界中から尊敬されている。ドイツの官庁は日本の戦争犯罪隠ぺいに加担してはならない」「ドイツ外務省の指示を受けているものと見られる圧力に屈しないよう願う」としている。

no title

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/12(月) 08:13:15.06
日本軍「慰安婦」被害者を偲ぶためにドイツのベルリン市ミッテ区に立てられた「平和の少女像」が撤去の危機に瀕すると、韓国に続きドイツ現地の市民も撤去反対の請願運動を始めた。

11日、「ベルリン平和の少女像撤去反対請願」が投稿されたドイツ語の署名運動ウェブサイト(www.petitionen.com)によると、同日午後までに1555人が撤去反対の請願に署名した。韓国とオーストラリア、米国から署名した70人を除くと、全てドイツとオーストリアに在住する市民の署名だ。
請願人は「反日運動ではなく平和共存という明確な意図にもかかわらず、日本政府は外務省、ベルリン上院およびミッテ区庁に銅像を除去するよう圧力をかけた」と指摘した。

この日、正義記憶連帯(正義連)も声明を出し、「日本政府と右翼団体の少女像撤去の圧力とドイツのベルリン市ミッテ区の撤去公文書が、日本軍性奴隷制問題を記憶するための努力をさげすみ、表現の自由を侵害した」と糾弾した。正義連は「市民の合意の中で建立された少女像に対する日本政府と右翼団体の撤去要求は、ベルリン市民の努力をさげすむこと」だとしながら、「国連の表現の自由・女性暴力・文化圏特別報告官に書簡を送った」と明らかにした。また、正義連はミッテ区庁の住所とメールアドレスを公開し、「少女像撤去反対」の手紙とEメールを送る運動をしている。

これに先立ち9日、大統領府の国民請願掲示板にも「日本政府の外圧により撤去の危機に瀕しているベルリンの平和の少女像」という題名の請願が、100人の事前同意を得て投稿された。請願人は「純粋な民間団体の活動により、地域の自治機関と様々な女性人権団体が連帯し、ドイツで初の公共場所にようやく立てられた少女像が、日本政府の外交力により弾圧されている」とし、「韓国も政府レベルで出る時です。これは単なる外交的問題ではなく、『国の品格』の問題」だと政府の措置を促した。現在、この請願は管理者が内容を検討中のため掲示板に表示されていないが、外部リンクから流入した者を含め、この日までに3511人の同意を得た。

ベルリンのミッテ区庁は7日、ベルリンの少女像設置を主管した韓国系市民団体のコリア協議会(Korea Verband)に、14日までに少女像を撤去せよという内容の公文書を送った。この公文書には「ミッテ区が韓国と日本の間に対立を起こし、日本に反対する印象を与える。一方的な公共場所の道具化を拒否する」という内容が記された。ミッテ区の少女像撤去の公文書発送は、日本政府がドイツ政府にベルリンの少女像を撤去するよう要請した後、幾日もたたず行われたことが分かった。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/7742bf3779ca709e0f558c22ba270a6c030fc185


本文を読む

1:ななしさん 2020/10/11(日) 23:54:35.66 I
ドイツ当局によって撤去命令が下されたベルリンの『平和の少女像』を守るために、法的対応が開始されます。

少女像の設置を主管する現地の韓国関連市民団体であるコリア協議会は12日(現地時間)、ベルリンの行政裁判所に撤去命令執行停止仮処分申請をする予定です。

これに先立ち、日本軍慰安婦被害者を称える少女像は管轄であるミッテ区の許可を得て、先月末に公共の場に設置されましたが、日本政府が公式に問題を提起して、今月7日に撤去命令が下されました。

ミッテ区は少女像の撤去命令の根拠として、碑文の内容を前もって知らせなかったという点を挙げています。

ミッテ区は、碑文の内容が韓国側の立場で日本を狙っていると指摘して、ドイツと日本との関係に緊張が生まれたと説明しました。

しかし、コリア協議会側は、碑文内容に対する提出要請が最初からなく、碑文の内容も問題がないという立場です。

no title

https://www.ytn.co.kr/_ln/0104_202010112244259625
本文を読む

1:ななしさん 2020/10/11(日) 21:23:50.96
ドイツベルリン当局が「平和の少女像」撤去命令と期間内未撤去時、強制執行すると脅す中、消息を聞いた我が国のネチズンが「ドイツ自動車不買しよう」と悔しさをさく烈させている。

ドイツ・ベルリンミッテ区に設置された「平和の少女像」は先月末、現地市民団体「コリア協議会」が設置したものだ。ドイツでは初めて公共場所に設置されたもので、難しい手順を踏んだ末、去る7月、官庁から承認を受けた。

銅像を設置するためには作品の芸術性と社会的意味がなければならず、地域住民の同意も必要だ。市民団体コリア協議会(Korea Verband)は昨年から少女像設立を推進してきた。もし日本大使館が知れば邪魔をするかと思って計画は徹底的に秘密が保たれた。しかし、ドイツミッテ区庁は去る7日、突然少女像を撤去せよ、という内容の行政命令公文書を送った。

申請当時、知らせなかった説明文を設置してドイツと日本の間を緊張させたという理由であった。初めからミッテ区では少女像を政治的に中立的な芸術作品と考えて1年間の設置を許可したが、そうではないという事実を一歩遅れて確認し、撤去の決定を下したのだ。

シュテファン・フォン・ダセル、ミッテ区庁長は「ミッテ区は寛大で開放的で平和を尊重する態度で相対する100ヶ国出身の人々が暮らしており、このような団結性を害しないため、歴史的葛藤で一方の肩を持つことは避けるべきだ」として「一方的な公共場所の道具化を拒否する」と明らかにした。
(中略:日本政府側の対応)

少女像設置を主導した協議会のハン・ジョンファ代表は「協議会はドイツで慰安婦問題など戦時女性性暴力問題を知らせるために熱心に活動してきたが、『公共場所を道具化した』という指摘には胸が痛む」として50余りの市民団体と共同対応を模索する方針だと伝えた。

一方、消息を聞いたネチズンは「正面からドイツに対応しなければならない。ドイツ自動車不買しよう!」という多少強い反応を見せる一方、「政府は静かにしてたらバカにされる」「政府が出て戦ってくれたら良い」「残念だ」等政府の対処が残念など多様な反応を見せている。

no title

https://www.asiae.co.kr/article/2020101012171444698 
本文を読む

1:ななしさん 2020/10/11(日) 16:36:24.63
韓国の慰安婦団体「ベルリン少女像の撤去は不当」 国連に書簡

旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」は11日、ドイツの首都ベルリンの中心部にあるミッテ区が同区内に設置された慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の撤去を指示したことに抗議し、国連特別報告者などに書簡を送った。(略)
本文を読む

no title1:ななしさん 2020/10/10(土) 23:27:48.71
2020年10月9日、韓国・ハンギョレは「先月末にドイツの首都ベルリン市ミッテ区の公道に設置された慰安婦像に対し、区庁当局が撤去命令を出した」とし、「改善の兆しが見えない日韓関係への影響が懸念される」と伝えた。

記事によると、ミッテ区はドイツの韓国系市民団体「韓国協会」に、慰安婦像を14日までに撤去するよう要請する公文書を送った。団体側は「芸術と表現の自由に対する根本的な侵害」として方針の撤回を求めているという。

記事は「ベルリン市当局が慰安婦像設置から10日もしないうちに撤去決定を下したのは、日本の外交当局の全方位的な抗議があったためとみられる」としている。

ミッテ区は公文書で「日本の各地域とベルリン市の間に緊張関係をもたらした」と説明した。ミッテ区区長も「日韓の歴史問題でどちらか一方の肩を持つことは避けたい」と話したという。

これについて記事は「慰安婦像を政治的に中立の芸術作品と考え1年間の設置を許可したが、そうでない事実を確認したため撤去決定を出したという趣旨の説明だ」とし、「慰安婦像を日本軍慰安婦制度を通じて蹂躙された女性の人権を象徴する記念物として見ず、日韓の歴史対立の象徴物として認識したということ」と指摘している。

また、「日本政府の積極的な外交攻勢により慰安婦像が撤去の危機を迎え、韓国政府は苦しい立場に立たされている」とも伝えている。文在寅大統領は先月16日に菅義偉官首相に就任を祝うメッセージを送り、「対話の窓はいつでも開かれている」と述べて日韓関係改善に意欲を見せた。そのためか韓国外交部報道官は、慰安婦像設置に対する日本政府の抗議に関して「民間の自発的な動きに政府が外交的に関与することは望ましくない」とあいまいな態度を示したという。

これに韓国のネットユーザーからは
「韓国政府は情けない」

「まだまだ国力が弱い証拠だ」

「韓国外交の負け」

「日本は国レベルで対応するのに、韓国政府は『民間のことに介入できない』と変な言い訳をして日本の目を気にしてばかり」


「ドイツに失望した。当然、日本の要請を拒否すると思っていたのに」

「他国の歴史の痛みはどうでもいいということ?」
など、韓国政府やベルリン市への不満の声が上がっている。一方で
「なぜ関係ない国に設置する?」

「尹美香議員(※韓国の慰安婦支援団体の前代表で支援金流用などの疑惑で起訴されている)のうわさがドイツまで伝わったのでは」
などと指摘する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b841546-s0-c10-d0058.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/09(金) 17:55:20.14
2020年10月9日、韓国・ハンギョレは「先月末にドイツの首都ベルリン市ミッテ区の公道に設置された慰安婦像に対し、区庁当局が撤去命令を出した」とし、「改善の兆しが見えない日韓関係への影響が懸念される」と伝えた。

記事によると、ミッテ区はドイツの韓国系市民団体「韓国協会」に、慰安婦像を14日までに撤去するよう要請する公文書を送った。団体側は「芸術と表現の自由に対する根本的な侵害」として方針の撤回を求めているという。

記事は「ベルリン市当局が慰安婦像設置から10日もしないうちに撤去決定を下したのは、日本の外交当局の全方位的な抗議があったためとみられる」としている。

ミッテ区は公文書で「日本の各地域とベルリン市の間に緊張関係をもたらした」と説明した。ミッテ区区長も「日韓の歴史問題でどちらか一方の肩を持つことは避けたい」と話したという。

これについて記事は「慰安婦像を政治的に中立の芸術作品と考え1年間の設置を許可したが、そうでない事実を確認したため撤去決定を出したという趣旨の説明だ」とし、「慰安婦像を日本軍慰安婦制度を通じて蹂躙された女性の人権を象徴する記念物として見ず、日韓の歴史対立の象徴物として認識したということ」と指摘している。

また、「日本政府の積極的な外交攻勢により慰安婦像が撤去の危機を迎え、韓国政府は苦しい立場に立たされている」とも伝えている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月16日に菅義偉官首相に就任を祝うメッセージを送り、「対話の窓はいつでも開かれている」と述べて日韓関係改善に意欲を見せた。

そのためか韓国外交部報道官は、慰安婦像設置に対する日本政府の抗議に関して「民間の自発的な動きに政府が外交的に関与することは望ましくない」とあいまいな態度を示したという。


これに韓国のネットユーザーからは

「韓国政府は情けない」
「まだまだ国力が弱い証拠だ」
「韓国外交の負け」
「日本は国レベルで対応するのに、韓国政府は『民間のことに介入できない』と変な言い訳をして日本の目を気にしてばかり」
「ドイツに失望した。当然、日本の要請を拒否すると思っていたのに」
「他国の歴史の痛みはどうでもいいということ?」

など、韓国政府やベルリン市への不満の声が上がっている。一方で

「なぜ関係ない国に設置する?」
「尹美香(ユン・ミヒャン)議員(※韓国の慰安婦支援団体の前代表で支援金流用などの疑惑で起訴されている)のうわさがドイツまで伝わったのでは」

などと指摘する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b841546-s0-c10-d0058.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/09(金) 08:20:03.87
ドイツのベルリン市当局が都心に建てられた「平和の少女像」(少女像)に対し、撤去を命令した。

ベルリンのミッテ区は7日(現地時間)、少女像の設置を主管する韓国関連市民団体のコリア協議会に、14日までに少女像を撤去するよう求める内容の公文書を送ったと、コリア協議会のハン・ジョンファ会長が明らかにした。ミッテ区は自主的に撤去しない場合、強制執行を行い、コリア協議会に費用を請求すると付け加えた。

ミッテ区は撤去命令の背景として、事前通知もなく碑文を設置し、ドイツと日本の関係に緊張が造成されたことを挙げた。「ミッテ区が韓国と日本の間に対立を起こし、日本に反対する印象を与える」とし、「一方的な公共場所の道具化を拒否する」と説明した。碑文には第二次世界大戦当時、日本軍がアジア太平洋全域で女性を性的奴隷として強制的に連れて行ったなどの説明が書かれている。ハン会長は「まずミッテ区との対話を通じて説得する」とし、現地で連帯してきた50の市民団体と協力して対応する意向を明らかにした。

コリア協議会は先月28日、ドイツの女性人権団体と力を合わせ、ベルリン市ミッテ区の公共敷地に平和の少女像を設置した。ドイツで少女像が設置されたのは今回が3回目だが、公共の場に設置されたのは初めてで、さらに注目を集めた。これに対し、当時欧州歴訪中だった茂木敏光外相は1日、ドイツのハイコ・マース外相と40分間にわたってテレビ会談を開き、これに対応する動きを見せた。茂木外相は6日の定例記者会見で、当時、少女像の撤去を要求したという事実を明らかにした。

外交部のキム・インチョル報道官は8日の定例ブリーフィングで、日本政府の少女像撤去の圧力について質問を受け、「少女像は厳然たる歴史的事実に関する追悼・教育のため、民間が自発的に設置した造形物だ。これを人為的に撤去しようと政府が関与することは決して問題解決の助けにならず、日本自ら明らかにした責任の痛感と謝罪・反省の精神にも逆行する行動だ」と批判した。

no title

ハンギョレ新聞 10/9(金) 6:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b0c608f62416ab00ed996f242991c1fd5b8ef93



本文を読む

このページのトップヘ