韓国経済

1:ななしさん 2019/12/13(金) 00:35:02.00
韓国輸入自動車協会(KAIDA)の資料を見ると、11月に日産、レクサス、インフィニティ、トヨタ、ホンダなど日本車の販売台数は前月に比べ19.2%増加した。1年前より56.3%も急減したものの、底は打ったのではないかという解釈が可能です。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=469&aid=0000448129

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/12(木) 13:39:55.69
【社説】映画を見ながら組み立て作業、国民はこんな車に乗らなければならないのか

 現代自動車の生産ラインで作業員たちがスマートフォンを使って野球やサッカーなどのスポーツ、
さらには映画などを見ながら組み立て作業を行っていたため、会社側が安全確保を理由に作業時間中のWi-Fiを遮断することにした。しかし労働組合の激しい反発を受け措置を撤回した。組合は「弾圧」などと主張して非難声明を出した上に、土曜日の特別勤務を拒否したため会社側が譲歩したのだ。

 これほどまで勤務態度がひどく安全意識が低い工場は海外はもちろん、労働組合が非常に強い韓国国内でも見られないだろう。現代自動車の米国工場では作業員が携帯電話を個人の保管箱にしまってから作業場に入るという。韓国GMではスマートフォンの使用が禁止されており、ルノー・サムスンや双竜自動車でも作業員は自らスマートフォンの使用を自制している。ところが現代自動車の韓国国内にある工場では作業員がベルトコンベアの動く前で5-6台の自動車を一気に組み立てることで時間をつくり、余った時間にスマートフォンで動画を見ているという。コンベアベルトのスピードが遅く、余剰人員が多いためこのようなことが可能になるのだ。

 現代自動車の国内工場で車1台の組み立てに必要な作業時間は28時間で、これはトヨタやGMなどライバル企業に比べて11-25%も長い。100人でできることを200人で行いながら、給与は世界でも最高水準を受け取っている。現代自動車作業員の年収は平均9000万ウォン(約820万円)で、トヨタやフォルクスワーゲンのようなグローバル企業よりもはるかに高い。それでも「給与をもっとくれ」と言ってはストを定期的にほぼ毎年のように行ってきた。今では「車を組み立てながら映画を見ることも邪魔するな」と言っている。組合が権利を主張するのであれば、職業人として最低限の基本は守るべきだ。多くの国民はそれでも国産車であることを理由に現代自動車を利用する。しかし国民はスマートフォンで動画を見ながら組み立てられた車に乗りたいとは考えないだろう。現代自動車労働組合の態度を見ると、この企業が没落する日もそう遠くはないように感じる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/12/2019121280035.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/11(水) 23:42:05.30
11日、韓進グループによると、大韓航空は23日までに50歳以上、15年以上勤続、本人の自発的な意思に基づいて申請した従業員に限り希望退職申請を受ける。

大韓航空が希望退職を実施したのは、過去2013年に約110人規模で断行して以降では初めてだ。

業界では、大韓航空が本格的な人件費削減に乗り出したものと分析している。大韓航空はこれに先立ち、10月にも3ヶ月の短期無給休職を施行した。


大韓航空“業績悪化”日本路線の急減で?|
http://www.news24.jp/articles/2019/10/16/10526956.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/11(水) 13:40:48.95
就業者が4ヶ月連続で30万人台増えたが... 民間部門「冷たい風」
2019.12.11 午前11:27

就業者数が8月以降11月まで、4カ月連続で30万人台以上の大幅増加を持続したが、60代以上と17時間未満の脆弱な仕事を除けば実質的にマイナスを見せるなど失速したことが分かった。

特に製造業の雇用が20カ月連続で減少したことをはじめ、卸小売・金融などの民間部門の雇用がまだ萎縮しており、40代の雇用は11年ぶりに最大幅の減少をした。 中略

就業者の増加を主導したのは10万人レベルの財政の仕事と保健・社会福祉サービス業(+13万5000人)、宿泊飲食店業(+8万2000人)、スポーツ・レジャーサービス業(+8万2000人)などだった。

一方、製造業の就業者数は先月も2万6000人減少し、昨年4月以降20カ月連続の減少傾向を持続したことをはじめ、卸小売(-8万8000人)、建設(-7万人)、金融業(-3万3000人)などの民間部門は大きく萎縮した。

年齢別では60歳以上の就業者が40万8000人増加し、就業者の増加につながった。 60歳以上を除くと、実質的に失速したわけだ。 特に40代の就業者は先月にも17万9000人減り、雇用率も1.1%ポイントも急落した。 40代の雇用率の下げ幅は2008年12月(-1.1%)以来11年ぶりに最大の下げ幅である。 ただし、15-29歳の若年層は、人口が8万7000人減少したが、就業者は6万3000人増加した。

就職時間帯別で見ても、短期バイトをはじめとする、1-17時間の就業者が38万6000人増え、これを除けば中身がなかったわけだ。 高齢者の雇用と短期の就業者が指標の改善に大きな影響を及ぼしたものである。


これに対して企画財政部は、「就業者数と雇用率・失業率の3大雇用の指標の明確な改善の流れが4カ月連続で続き、雇用市場回復がさらに強固になる姿だ」と肯定的に評価した。 以下略

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=016&aid=0001612829&date=20191211&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101

共感 7
非共感 655

本文を読む

857592e11:ななしさん 2019/12/11(水) 08:55:37.55
先月韓国の株式市場と債券市場で39億6000万ドルの外国人資金が流出した。13カ月来の最大規模だ。

韓国経済のファンダメンタルズ(基礎体力)に対する懸念が広がる中で米中貿易対立、北朝鮮の核リスクなどが再浮上すると外国人投資家が韓国金融市場から手を引いているのではないかとの分析が出ている。

韓国銀行が10日に発表した「国際金融・外国為替市場動向」を見ると、先月の外国人の韓国株式・債券投資資金は39億6000万ドルの純流出となった。昨年10月に42億7000万ドルが抜け出てからの1年1カ月で最も多い規模だ。

株式市場で24億4000万ドル、債券市場では15億2000万ドルを売り越した。株式市場では8月から4カ月連続外国人投資家の売り越しが続いた。

外国人投資家が韓国の金融市場で資金を引き上げウォン安も進んでいる。ブルームバーグによると10月末から今月6日まで対ドルでウォンは2.2%下がった。

同じ期間に世界の主要13通貨のうちウォンより下落幅が大きかったのはブラジルのレアルの3.0%だけだった。

外国人投資家は8月から先月まで4カ月連続で株式市場で「売り」の動きを見せた。この期間に有価証券市場・KOSDAQ市場で51億6000万ドル相当の株式を売り越した。

外国人投資家の売り攻勢は時間が過ぎるほど強まっている。先月7日から今月5日まで21日連続で売り優位を見せ4年ぶりに最長売り越し記録を塗り替えた。

金融市場専門家らは最大の理由として韓国の景気鈍化と企業の業績不振への懸念を挙げている。今年の経済成長率が1%台に落ちると予想されているところに輸出が昨年12月から今年10月まで11カ月連続で減少を記録するなど韓国に対する投資リスクが大きくなっているという判断だ。

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)新興市場指数で韓国の割合が減った影響も作用した。MSCI指数は定期指数変更(リバランシング)を通じ今年5月と8月、11月の3回にわたり中国株の割合を増やす代わりに韓国株の割合を減らした。MSCI指数に追従するグローバルファンドもほぼ同じ時期に韓国株を減らした。

https://japanese.joins.com/JArticle/260401?servcode=300&sectcode=300
本文を読む

1:ななしさん 2019/12/10(火) 16:41:40.78
12/10(火) 8:40配信 朝鮮日報

 過去10年間で経済協力開発機構(OECD)加盟国の青年失業者(15-29歳)が13.9%減少したのに対し、韓国では28.3%増加した。特に韓国の青年人口は10年前に比べ減少したが、失業者数は増えるという怪現象が起きた。「雇用政府」を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権で起きている惨事だ。

 韓国経済研究院は9日、2008年から昨年までOECD加盟国の青年雇用指標を分析した結果、平均青年失業率は1.3ポイント低下したが、韓国は2.4ポイント上昇したと指摘した。失業率ランキングではOECD加盟36カ国で11位(08年)から22位(18年)へと11ランクも順位が低下した。

 韓国の青年人口は08年の986万8000人から18年には914万9000人と71万9000人(7.3%)減少した。同じ期間にOECDの青年人口も1.6%減少したが、韓国の減少幅が上回った。一方、青年失業者数は31万8000人から昨年の40万8000人へと28.3%増加した。青年人口が減少したにもかかわらず、青年失業者が増加したのは韓国、ギリシャ、イタリア、フランス、フィンランド、トルコの6カ国だけだった。中でも韓国は失業者の増加が最大だったことが分かった。第4次産業革命時代を迎え、スタートアップブームが起きているイスラエル、米国では青年人口がそれぞれ13.7%、4.6%増加する中でも、青年失業者が34.3%、33.5%減少し、韓国とは対照的だった。

 昨年韓国の青年失業率は9.5%。10年前に比べ2.4ポイント上昇した。OECD加盟国で失業率が2ポイント以上上昇した国は財政危機を経験した国を除けば、韓国、デンマーク、フランスだけだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00080009-chosun-kr

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/09(月) 21:18:14.80
韓経:世界の証券市場がみんな笑っているのに…韓国だけ「疎外」
中央日報

韓国証券市場の世界からの疎外現象が激しくなっている。この1カ月に先進国を中心に世界の証券市場の上昇は明確だが、韓国のKOSPI指数だけ足踏みだ。下がる時はさらに下がり、上がる時はあまり上がらない市場の流れが続き投資家の「脱韓国」の動きが速まっている。

8日の韓国取引所によると、先月以降米中貿易交渉妥結への期待に、主要国の経済指標好転で世界の証券市場が上がる間にKOSPI指数は0.1%下落(6日終値基準)した。同じ期間にMSCI先進市場指数は2.0%上がった。MSCI新興市場指数も0.1%と小幅に上昇した。

今年に範囲を広げてみると、韓国証券市場の疎外は目立つ。サムスン証券によると今年に入り先月末までKOSPI指数上昇率は2.3%で主要20カ国(G20)のうち18位にとどまった。米国の制裁の余波で通貨リラの価値が暴落し経済危機を体験したトルコの17.1%よりも低い成果だ。米国の21.6%、フランスの24.8%など先進国だけでなく、ロシアの34.6%、ブラジルの23.2%など新興国も韓国より多くて10倍以上上がった。韓国より低いのはサウジアラビアの0.4%、インドネシアのマイナス3.0%の2カ国だけだった。同じ期間にKOSDAQ指数は6.3%落ち最悪の成績を出した。

外国人投資家が先月以降5兆ウォンを超える売り攻勢をかけ指数下落を導いた。企業の業績悪化が最大の要因だ。Fnガイドによると今年有価証券市場上場企業の1株当たり純利益(EPS)減少率は33.7%で主要国のうち減少幅が最も大きい。企業の費用負担を増やす政策的要因も投資家離脱をあおっているとの指摘が出ている。

◇企業の利益減り対外変数に「過敏反応」、韓国証券市場に突破口ない

世界の証券市場が年末を迎え勢いに乗っている。最大の悪材料だった米中貿易紛争が緩和局面で、主要国の経済指標も良い。景気好転の傾向が明確な米国の3大指数(ダウジョーンズ、ナスダック、S&P500)は連日祝砲を打つ雰囲気だ。

視野を韓国に向ければ全く異なる状況だ。KOSPI指数は足踏みで、KOSDAQ指数は下落傾向だ。経済のファンダメンタルズ(基礎体力)である企業利益が急減しているのが最大の理由だ。外部変数に敏感に反応し変動幅も最も大きかった。韓国証券市場がいつの間にか外国人が最も嫌がる「後進国型証券市場」に転落しているとの懸念が出ている。サムスン証券リサーチセンター長のオ・ヒョンソク氏は「時間が過ぎれば良くなるだろうという希望が見えないというのが最も大きな問題」と話す。

◇急速に悪化する証券市場ファンダメンタルズ

金融情報会社Fnガイドによると、有価証券市場上場企業のうちコンセンサス(証券会社推定値平均)がある200社の今年の年間営業利益は128兆8060億ウォンで昨年の178兆8974億ウォンより28.4%減ると推定される。株価が振るわない間に利益が急減し、今年の有価証券上場企業の平均1株当たり純利益(EPS)減少幅はさらに大きくなり33.7%に達すると予想される。主要国のうち最悪の数値だ。だが中国は21.7%、インドは18.3%、フィリピンは14.4%、ブラジルは9.9%、メキシコは8.6%など主要新興国のEPSは増加すると推定される。SK証券リサーチセンター長のチェ・ソクウォン氏は「半導体景気沈滞の直撃弾を受け証券市場ブルーチップの業績が悪化したことが最も大きな理由」と分析した。

代表企業の競争力も落ちている。金融情報会社レフィニティブによると、韓国証券市場代表株であるサムスン電子の今年の営業利益は53.7%急減すると予想されるが、エヌビディア(18.5%)、アップル(マイナス9.8%)、インテル(マイナス1.8%)など主要競合企業の業績は善戦した水準を見せると推定された。ポスコの営業利益も23.4%減り競合企業である日本製鉄の9.0%増などに比べ悪化した業績を出すと予想された。

教保証券リサーチセンター長のキム・ヒョンリョル氏は「証券市場をめぐる外部環境が悪化しても企業業績が支えれば証券市場は耐え抜く。最近韓国証券市場は否定的な外部変数よりも経済ファンダメンタルズが打つ手もなく崩れているというのが最大の悪材料要因」と話した。

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/09(月) 20:20:23.95
世界経済学者であるロバート・バロー米国ハーバード大学教授(写真)は、「韓国政府がポピュリズム政策に過去の成功を無駄にして(squander)いる」とし「最低賃金引き上げ、労働時間の短縮など、既存のすべてのポリシーを戻すのが最善」と診断した。 彼は「(そのような方針は)「所得主導の成長(income-led growth)」と呼ぶよりは「所得主導の貧困(income-led poverty)」と呼ぶべきだろう」と強く批判した。

船教授は8日(現地時間)、韓国経済新聞に「所得主導の成長のために考え(Thoughts on income-led growth)」というタイトルの特別寄稿を送信する "韓国経済が脆弱で景気後退に陥っている」と述べ明らかにした。 船教授は毎年ノーベル経済学賞を受賞候補に挙げられている碩学で、過去韓国の経済発展を研究しており、2003年にソウル大で講義を務めた知韓派学者だ。

彼は韓国、中国、日本、タイなどアジア10カ国と比較して、投資と成長がない理由で輸出の減少ではなく、韓国政府のポピュリズム政策を挙げた。 ポピュリズム政策的には、最低賃金の引き上げ、労働時間の短縮、短期公共雇用用意等のための財政支出の拡大、企業や高所得層の税率引き上げなどをすべて指定した。

船教授は「韓国が1950年代後半から貧困から脱却することができた原動力は、所得再分配ではなく、全体的な経済成長であった」とし「このような(ポピュリズム)政策が施行されている現状が全く残念だ」と吐露した。 彼は韓国政府に「最善の策を実行したすべてのポリシーを戻すだろうが、政治的に困難な場合がある」とし「最低の最低賃金引き上げを中止し、企業等の税率引き上げはキャンセルしなければならない」と助言した。

また、最近、政府が景気刺激のための500兆ウォンを超える予算を組んでいることも、「商品の総需要を高めるために設計された政策、つまり一種の巨大な「ケインジオン実験」をしている」とし「誤った分析に基づいたもので失敗するしかない」と予想した。


共感 2715
非共感 100

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/08(日) 21:54:39.37
止まらぬ「セルコリア」…韓国経済にレッドアラームが点滅し始めた!
文在寅が迎える「最悪のクリスマス」…
現代ビジネス 砂川 洋介

止まらない「セルコリア」の惨状


韓国経済への警戒感がいよいよ高まってきた。

韓国株式市場では「セルコリア(韓国売り)」が止まらない状況になっており、マーケット関係者の警戒感がピークに達してきた。

実際、「セルコリア」の現状は目を覆うばかりだ。

すでに外国人投資家たちの売りが止まらない状況になっており、11月7日から始まった外国人投資家の韓国株売りは約1ヵ月にわたって続いたという惨状だ。しかも、この間に外国人投資家が売り越した累積額はじつに「5兆ウォン」を超えるというから、尋常ではない。

「韓国総合株価指数(KOSPI)は今年春には2200を超えていたのが、直近では2080くらいまで落ちている。さらなる売り浴びせを受ければ、2000割れしてもおかしくない。このままいけば米巨大企業アップルの時価総額が、韓国の有価証券市場全体の時価総額を抜くこともあり得ると警鐘を鳴らす韓国メディアも出てきた」(アナリスト)

背景にあるのは韓国経済の失速ぶりにあるのは間違いない。

輸出がGDPの4割以上を占める「輸出主導型」の韓国経済だが、その肝心の輸出が12ヵ月連続で前年同期比割れするなど惨憺たる状況なのだ。

12月5日、文在寅大統領は記念式典に出席すると、「貿易が我々の最も強い力」「貿易があるから未来を楽観できる」などと強気に語ったが、むしろ輸出低迷から抜け出せない現状への焦りを隠せない姿を露呈したかたちである。

こうした事態を受けて、ここへきて世界各国から韓国経済や文在寅政権に対する辛辣な見方が次々に出始めているのも注目に値する。

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/07(土) 21:11:13.20
[アンカー] 韓国に打撃を与えようと日本が始めた輸出規制が日本にブーメランになって、より大きな打撃を受けていることが明らかになっています。日本の対韓輸出も、貿易黒字も急速に減っているのです。日本通商当局者も問題解決の必要性に共感しているといいます。キム・ジス記者です。

[記者] 10月、日本の対韓輸出額は35億ドル線、2005年以降ずっと日本の第3位輸出対象国だった韓国は14年ぶりに4位に一段降りました。全輸出額のうち韓国の比重も2001年以来18年半ぶりに初めて6%が崩壊しました。大々的不買運動と日本産製品代替確保の動きが対韓輸出に打撃を与えたのです。

ビールを含む対韓食品輸出は58%以上急減し、日本産乗用車販売は58%以上減りました。反面、我が国の対日貿易赤字は11億ドル台で、17年6カ月ぶりに最小値に落ちました。輸出規制が始まった7月から11月まで累計73億ドル、2010年以降最も少ないです。輸出規制が日本にかえってブーメランになっただけで、特に効果がなかったことを見せる証拠です。

<チョン・インギョ/仁荷(インハ)大学国際通商学科教授>「日本もやはり我が国の不買運動を憂慮しているので、この部分を直接的、間接的に強調して日本政策当局が動くように…」

このような事情を見ると16日、通商当局間政策対話に先立ちオーストリア・ウィーンで開かれた事前会議で日本も懸案解決努力が必要ということに共感した、と政府関係者が明らかにしました。

<イ・ホヒョン/産業通商資源部貿易政策観> 「懸案解決のために努力が必要という認識を共有しました。今後、協力しなければならない部分について集中的に議論したので大きな見解の相違はありませんでした。」

今回の政策対話が年内輸出規制の最終撤回をもたらす契機になるのか注目されます。

聯合ニュースTVキム・ジスでした。

ソース:聯合ニュースTV(韓国語)貿易ブーメラン合った日…"懸案解決努力必要共感"
https://yonhapnewstv.co.kr/news/MYH20191206018600038

関連スレ:【朝日新聞】韓国側には日本との関係改善に向けて歩み寄ろうとする動きが出ている[12/6]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575611884/

本文を読む

857592e11:ななしさん 2019/12/06(金) 11:21:36.60
記事入力2019.12.06  午前8:51

今年、米国ドル基準での1人当たりの国民所得が4年ぶりに減少する見通しだ。 低成長と低物価にウォン安が重なった影響である。

6日、金融界によると、今年の1人当たりの国民所得は3万2000ドル前後で、昨年(3万3400ドル)よりも減少すると予想される。 1人当たりの国民所得は、名目国民総所得に統計庁の推計人口とウォン/ドル為替レートを反映して求めた値で、通常一国の国民の生活水準を示す指標である。

今年は成長率と物価上昇率が低く、国民総所得の増加率が通貨危機以降で最低である上、ウォン安だ。 今年の1~3四半期の国民総所得(1441兆4400億ウォン)は、前年同期比で1.56%増加した。

第4四半期にも国民総所得がこの速度で増えたら、今年の1人当たりの国民所得は約3万2000ドルに減少すると分析される。 年間の国民総所得の推定値を統計庁中尉推計上の人口(5179万9000人)に分けて、1月から5日までの平均ウォン/ドル為替レート(ドル= 1,165.06ウォン)を反映して計算した値である。 ドルに比べ、ウォンの価値は昨年の平均(ドル= 1,100.3ウォン)より5.9%下落した。

韓国は2017年に1人当たりの国民所得が3万1700ドルを記録し、人口が5000万人以上で国民所得が3万ドルを超えた国を意味する「30-50クラブ」に属した。

世界銀行の資料によると、1人当たりの国民所得が3万ドルを達成してから4万ドルに至るまでの期間は、米国は8年、ドイツは11年だった。 日本は1990年代初め、円高で3年後に4万ドルを越えた後、減少に転じた。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=005&aid=0001266034&date=20191206&type=1&rankingSeq=3&rankingSectionId=101

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/06(金) 01:17:29.99
外国人投資家が5日にも韓国株式を売却を続けている中で、世界の主要国の証券市場の中で韓国だけ株価が下落した。

先月初旬から一ヶ月近く続く外国人の「歴代級」の売り越し行進がいつまで続くのか、市場の関心が集中している。

韓国取引所によると、外国人はこの日、有価証券市場で660億ウォン分を純売りしたものと暫定集計された。外国人は、この日の前半には、最大560億ウォン以上の買い越したが、午後に入って売り越しに転じた。

先月7日以降、この日までに21取引日連続で売り越し行進を続けながら、累積売り越し額を5兆678億ウォン(暫定値)に増やした。これは期間基準では、過去2015年12月2日~2016年1月5日の22営業日連続の売り越し以降最長であり、金額的には、過去2015年8月5日~9月15日の約5兆5千432億売り越し(29営業日連続)以来、最大規模だ。

これにより、コスピも午前一時的に2,084.29まで上昇したが、外国人が「売り」に転じ、2,060.74(-0.39%)となったまま取引を終えた。

この日のコスピ時価総額は1千384兆4千20億ウォンにまで減り、米国企業アップル(4日の終値為替レート基準1兆3千88兆9千472億ウォン)の時価総額さえ下回った。


一方、米国と中国が近いうちに段階的な貿易合意を締結するという見通しに支えられ、この日、日本の日経平均株価は0.71%、中国の上海総合指数は0.74%、それぞれ上昇した。

先立って4日(現地時間)、米国ダウ平均指数(0.53%)・スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)指数(0.63%)・ナスダック指数(0.54%)と欧州ユーロストックス指数(1.36%)と一斉に上昇したものと比較すると、最終的にこの日、世界の主要国の証券市場の中で韓国だけほぼ唯一の株価が下がったわけだ。

https://toku-log.com/2019/12/06/post-3686/

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/05(木) 12:11:46.14
来年の業況が今年よりも改善すると予想される業種が一つもなかったことが分かった。韓国政府は「来年は今年より良くなる」と言っているが、どの業種も改善するとは言いにくい状況にあることを示している。

韓国の信用格付け会社、ナイス信用評価
が4日に発表した「2020年産業見通し・産業リスク評価結果」によると、評価対象40業種のうち、来年の業況が今年よりも改善すると予測される産業はゼロだった。

32業種が今年並み、8業種は今年よりも悪化すると予想された。石油化学、小売り・流通、ディスプレーパネル、総合建設、住宅建設業、セメント、不動産信託、割賦・リースの各業種では今年よりも厳しい業況が見込まれる。昨年発表された見通しではメモリー半導体、石油精製などで業況の改善が予想されていた。

ナイス信用評価は、自動車部品、小売り・流通、ディスプレーパネル、生命保険の4業種で来年は格付けの下方修正が増えると予想。その他産業は今年並みの格付けを維持するとの見通しを示した。格付けの上方修正が予想される業種は皆無だった。同社がこうした分析を作成し始めて以降、翌年に格付けの上方修正が予想される業種が全くなかったのは昨年と今年だけだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/05/2019120580002.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/05(木) 13:52:10.30
【韓国】JT、韓国たばこのKT&G株売却へ

日本たばこ産業(JT)が、韓国同業のKT&Gの株式を売却することが分かった。JTの広報担当者はNNAの取材に「売却するのは事実だが、詳細についてはコメントを差し控える」とした。

韓国メディアの報道によると、売却額は最大で2,729億ウォン(約248億円)に上る見通し。証券会社の仲介でまとまった株数を取引する「ブロックトレード」と呼ぶ時間外取引の手法で、保有株2.1%の全てを売却する計画だという。

売却の背景については、「JTが2年前から委託生産先を韓国からフィリピンに切り替えたことで、KT&Gとの資本提携を維持する価値が薄れたためだ」と伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000011-nna_kyodo-kr

本文を読む

1:ななしさん 2019/12/05(木) 12:22:33.01
記事入力2019.12.05 午前11:34

ムン・ジェイン大統領が5日、「私たちは、企業と科学技術、国民が団結して日本の輸出規制も勝ち抜いている」と述べた。

ドア大統領はこの日、第56回貿易の日記念式に出席し、「素材・部品・機器の国産化と輸入の多様化を達成しながら、むしろ我々の業界の競争力を高める機会としている」と述べた。 この日の行事は先月22日、政府が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了条件猶予の決定を発表した後、ドア大統領が初めて参加する経済のより。

ドア大統領は「素材・部品・機器産業の育成は、技術自立を実現する道」と経済分野の克日基調を再度明らかにした。 ドア大統領は「素材・部品・機器の特別法の改正が国会で通過さ支援対策・推進システムが法制化された」とし「多くの企業が国産化を超えて、世界市場に進出することになるだろう」と述べた。

ドア大統領は「米中貿易紛争と世界経済の減速困難の中で、世界の10大輸出国のすべての輸出の減少を経験しているが、我々は今年「3年連続の貿易1兆ドル」を達成し'11年連続の貿易黒字「?は貴重な成果を成し遂げた」と評価した。 続いてドア大統領は「貿易1兆ドル以上を達成国の製造業をベースに黒字を達成した国は、韓国とドイツ・中国、三国に過ぎない」とし「それだけ韓国経済の基礎が丈夫であるということだ」と述べた。

ドア大統領は「幸いなことに、あちこちで底力が発揮されている」と主力産業の競争力の回復、新規輸出動力成長、貿易市場の多様化、中小企業躍進などを、その証拠として打ち出した。 続いてドア大統領は、「自由貿易と規制改革は、新産業の競争力強化のために必要である」とし「規制サンドボックスと規制の自由特区を通じて新技術革新と新製品の成功の基盤を広げていくだろう」と明らかにした。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=032&aid=0002978877

本文を読む

このページのトップヘ