韓国経済

0bf6bcf21: 動物園φ ★2017/10/25(水) 12:21:16.00
 「日韓通貨協定再開を」 韓国・全経連副会長に聞く
2017/10/25 6:30 日本経済新聞 電子版

経団連と韓国の全国経済人連合会(全経連)はおよそ1年ぶりの定期会合で、「両国の関係拡大に加え、アジアの発展に寄与する」とした共同声明をまとめた。韓国経済界を束ねる全経連を巡っては、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との溝が深く、距離は遠い。対中国では、政治・外交関係の悪化で韓国企業によるビジネス展開に逆風が吹き荒れる。日韓の定期会合にあわせ来日していた全経連の事務方トップである権泰信(クォン・テシン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22630350U7A021C1000000/


元スレ:・【話題】 「日韓通貨協定再開を」 韓国・全経連副会長

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

png1: ねこ名無し ★2017/10/23(月) 08:56:38.46
中央日報

「メイド・イン・ジャパン」「品質日本」などの神話が揺らいでいる。東芝、富士ゼロックスなどの会計不正に続き、タカタ、三菱自動車、日産自動車、神戸製鋼など日本の製造業を代表する企業で製品の品質不正と関連したスキャンダルが相次いで出ている。


日本メディアが「企業で組織的に強行される『かび型不正』により日本の製造業が腐り崩壊している」と嘆くなど批判があふれている。

特に神戸製鋼事件はその波紋が世界に広がる兆しだ。自動車、鉄道、飛行機などで神戸製鋼の部品を使ってきたグローバル企業は大騒ぎとなった。

米法務省は神戸製鋼に資料提出を要求し、欧州連合(EU)傘下の欧州航空安全機関(EASA)は関連企業に神戸製鋼製品の使用を中断するよう勧告した。外信もまた「日本の製造業の品質に疑問に感じる」として一斉に注視する雰囲気だ。

神話が揺らいでいるのは日本の製造業だけではない。排出ガス不正などいわゆるディーゼルゲートでドイツ車の品質に対する幻想を一挙に崩してしまったフォルクスワーゲンスキャンダルが起きたのはついこの前だ。

これもまた個人の逸脱ではなく組織的な不正だった。「メイド・イン・ジャーマニー」と「品質ドイツ」に同時にひびが入る普通ではない状況が広がっている。

製造業強国と呼ばれた日本とドイツのスキャンダルは韓国としては他人事のようではない。新興国の台頭で長く守ってきた競争優位を維持しにくい環境から来る現実と目標の狭間のために不正が行われているという分析に至ってはさらにそうだ。

一部では中国が反射利益を得るという見通しが出ている。だが、日本とドイツを反面教師とするならばむしろ機会は韓国にあるとみる。韓国は日本とドイツが掌握していた先端製造業の空席を埋める最も良い位置にいる。成功すれば中国の追撃を引き離すと同時に製造業を高度化する絶好の機会だ。


いまこそ企業と労組、政府が「メイド・イン・コリア」「品質韓国」に向けて手を握る時だ。人工知能、ソフトウェアなど製造業のスマート化はさらに言うまでもない。グローバルバリューチェーンで見れば韓国製造業が伸びていく機会はまだ多い。

http://japanese.joins.com/article/650/234650.html


元スレ:・【韓国経済新聞】揺らぐ日本とドイツの製造業神話、韓国には絶好の機会だ[10/23]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

img_f338aba2e2f70bc3904ed7a228a5a98c809381: 荒波φ ★ 2017/10/15(日) 12:20:22.81
【ワシントン聯合ニュース】 2017/10/15 11:18

訪米中の韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官は14日(現地時間)、ワシントンでムニューシン米財務長官と会談し、対北朝鮮政策での連携、米為替報告書、韓米自由貿易協定(FTA)改定に向けた交渉などについて意見交換した。

会談では、北朝鮮の相次ぐ挑発への懸念を共有するとともに、北朝鮮リスクに対する韓米間の連携体制を強化し、隙のない対応体制を維持することで一致した。

韓米FTAに関連しては、両国の経済協力が互いに役立っているとの認識を共有した。金氏は韓米FTA改定に向けた交渉が相互の利益均衡を確保する方向で進められなければならないと強調した。

米国が近く発表する予定の為替報告書も議題にあがった。金氏は、韓国が基本的に為替相場の変動を市場に任せており操作は行っていないため為替操作国に指定される理由がないことを説明した。


今回の会談で双方は韓米同盟関係を基盤とする緊密な経済・金融分野の協力関係を再確認し、今後も主要懸案を巡り頻繁に意思疎通を図り、連携を強化する方針で一致した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/10/15/0500000000AJP20171015000900882.HTML


元スレ:・【米韓】韓国副首相「為替操作はない」 米財務長官と会談[10/15]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

a1: ダーさん@がんばらない ★2017/10/13(金) 11:27:57.50
[速報]韓国と中国 通貨スワップ協定を延長

ソース:聯合ニュース 2017年10月13日 10時40分
http://news.livedoor.com/article/detail/13741829/


元スレ:・【速報】韓国と中国、通貨スワップ協定を延長[10/13]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

0bf6bcf21: ダーさん@がんばらない★2017/10/12(木) 16:30:11.76
韓中通貨スワップ期限切れ
課題多く、望まれる日米との協議

統一日報 2017年10月12日 00:00

北韓と国際社会の緊張が高まるなか、投資家による「韓国売り」が懸念されている。通貨下落や資本流出が現実的になった際の命綱の一つが各国との通貨スワップだ。中国とのスワップ協定が今月10日、満期を迎えた。国際情勢が流動化するなか、専門家は「3度目の通貨危機を招きかねない」と警告する。

韓中間の通貨スワップ協定の延長交渉に注目が集まっている。中国との通貨スワップ協定は10日、満了を迎えた。昨年4月、20カ国・地域(G20)首脳会議時点では、韓国は中国との通貨スワップの延長に原則的に合意していた。しかし、THAAD配備などによる韓中間対立の影響で延長交渉が進まなかった。

一転、期日の10日に一部メディアが、「北京の消息筋が、韓国銀行と中国人民銀行関係者が協議、協定を維持することで合意した」と報じた。ただし「習近平国家主席ら中国指導部による最終承認には至っていない」とし、完全合意には不透明な要素が残っているとしている。合意が事実であるならば、韓中通貨スワップ協定解消という危機は乗り越えた形だ。

韓国はこれまで2度の大きな通貨危機を経験している。1997年、韓国経済は、アジア通貨危機の影響を直接受け、国際通貨基金(IMF)の救済を受けた。続いてリーマン・ショックが起きた2008~09年にかけて2度目の通貨危機を迎えた。

当時は、米国からの通貨スワップで国家財政の破綻を回避した。現在、韓国の外貨準備高は3837億6000万ドル(8月末時点)。通貨危機時と比べて増加しているが、それでもウォンの対ドル変動性は新興国通貨の中でも大きく、ウォンの脆弱性が韓国経済の弱点となっている。そのため他国とのスワップ協定は韓国経済の命綱ともいえる。

数カ国と結んでいるスワップ協定のなかでも韓中通貨スワップの規模は大きく3600億元(約6兆1000億円)に達する。これは韓国が他国と結んでいる全通貨スワップの45・8%を占めており、協定が解消された場合、通貨危機時に利用できる外貨資金が、現在の約半分に減ることになる。そのため韓中スワップ協定の延長交渉が注目されてきた。

しかし、中国一国に依存するスワップ協定の在り方に異を唱える専門家も多い。シンクタンクの韓国金融研究院は、10年に終了した米国とのスワップを再開するため「米国を説得する必要がある」と提言している。日本に対しても交渉すべきだとして、対中依存の協定から方向転換するべきだとの声があがっている。

スワップ協定のなかで、韓中スワップの占める割合はあまりにも大きく、また現在までの中国の外交姿勢を見たときに、通貨危機時に協定が実行されるかどうかも疑念がもたれるからだ。他にも問題点がある。韓中スワップが実行された場合、韓国は基軸通貨である米ドルを直接受け取ることはできず、中国人民元で受け取ることになる。近年、人民元で貿易決済が可能な国も増えてきているが、国際基軸通貨としては、ドル、ユーロ、円などよりも弱い。また肝心の対中貿易はドルで決済される場合が多いため、通貨危機時の人民元の使い道は限定される。

文政権は、中国との交渉の動向にかかわらず、米国および日本とのスワップ協定締結に向けて働きかけが必要ではないか。


http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=83638&thread=01r03

元スレ:・【統一日報】韓中通貨スワップ期限切れ、日本とのスワップ協定が必要ではないか[10/12]

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

a1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/10/10(火) 09:44:25.35
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2017年10月10日 07時18分

韓国銀行と中国人民銀行がきょう10日で満期を迎える韓中通貨スワップ延長に事実上合意したと、北京の消息筋が9日、明らかにした。匿名を求めたこの消息筋は「韓国銀行と企画財政部関係者が韓中両国の連休前である先月下旬に訪中し、中国の中央銀行である人民銀行と通貨スワップ問題をめぐって協議した結果、現行の協定を維持することで合意した」とし「満期当日である10日にも両国金融当局間チャンネルを通じて最終手続きと日程を話し合う予定」と伝えた。 

この関係者は「金融当局者間の合意にもかかわらず、習近平国家主席ら中国指導部による最終承認までにはまだ不透明な要素が残っている」と述べた。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁もこの日、「新規交渉か再延長かは重要ではない」とし「(通貨スワップに関連して)個別に言及するのは不適切」と述べた。与党の高位関係者は「韓中通貨スワップ断絶という危機は越えた状況」と述べた。 

韓中通貨スワップは議会の批准などの手続きが必要な自由貿易協定(FTA)とは違い、両国中央銀行長の署名で効力が発生する。北京消息筋は「中国内部の事情から見た場合、署名式などの行事は行わず、中央銀行長の署名手続きだけで発効する見込み」と述べた。 

通貨スワップは、契約締結国間で特定の日や期間(満期)を決め、期間内にあらかじめ約束した為替レートで互いの通貨を融通し合う外国為替取引だ。重要な通貨危機予防手段に挙げられる。2014年に発効した現行の韓中通貨スワップ規模は3600億人民元(約560億ドル)で、韓国の全体通貨スワップ契約締結額(1222億ドル)の46%を占める。 

政府当局者は「朴槿恵(パク・クネ)政権時期の昨年4月、柳一鎬(ユ・イルホ)企画財政部長官と周小川・人民銀行総裁が通貨スワップ延長に口頭で合意したが、その後高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題をめぐる葛藤で後続の協議が中断されることもあった」とし「THAAD葛藤とは別に、政経分離原則により、通貨スワップを維持することにしたのには意義がある」と述べた。 

韓国と中国は、ことし6月に通貨スワップ満期延長交渉を開始し、可能な限り経済事案では接近することで合意したという。金融協力と貿易の増進という目的だけに焦点を合わせた。それでもTHAADに関連した両国の葛藤が持続し、そのとばっちりを受けないように両国はできるだけ低姿勢で交渉を続けてきた。 

人民元の国際化を推し進めている中国の立場でも、香港(4000億人民元)に続いて規模が2番目に大きい韓中通貨スワップを中断するのは負担になったという分析もある。 

韓中通貨スワップは世界金融危機当時の2008年12月に1800億人民元(約300億ドル)規模で締結された。その後、2011年に規模が現在の水準まで拡大し、2014年10月には3年間延長された。

http://s.japanese.joins.com/article/175/234175.html?servcode=A00&sectcode=A30


元スレ:・【中央日報】韓中通貨スワップ、事実上延長に合意[10/10]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 荒波φ ★ 2017/10/09(月) 08:53:41.29
韓経:【社説】米国・日本に続いて中国との通貨スワップまで終われば…
2017年10月09日07時54分 中央日報

10日に満期を迎える韓中通貨スワップの延長が危機という。韓国と中国は金融危機直後の2008年12月に3600億元(約560億ドル、約6兆円)規模のウォン・人民元通貨スワップ契約を締結し、その後2回延長している。しかし今回はTHAAD(高高度防衛ミサイル)をめぐる両国間の問題で追加の延長が不透明になっている。

通貨スワップはそれぞれ異なる通貨をあらかじめ約定された為替レートで交換できる協定だ。通貨スワップが外貨準備高と共に外国為替市場の2大安全弁に挙げられる理由だ。現在、韓国が他国と締結した通貨スワップ規模は米ドル換算基準で約1220億ドル。韓中通貨スワップはこの半分を占めるほど規模が大きい。

さらに最近の中国経済の地位まで考えると、通貨スワップが延長されない場合、衝撃は予想以上に大きくなるおそれがある。

両国は昨年、通貨スワップ延長に原則的に合意したが、今年に入ってTHAAD問題で状況が変わった。深刻なのは中国との通貨スワップが終了する場合、韓国は米国、日本、中国のどの国とも通貨スワップを結んでいない状況になるという点だ。

一時700億ドル規模だった韓日通貨スワップは両国間の問題で2015年に終了した後、再開交渉も中断した。300億ドル規模だった韓米通貨スワップは歴史の中に消えて久しい。

北朝鮮の相次ぐ挑発とトランプ米大統領の「嵐の前の静けさ」発言などで韓半島(朝鮮半島)リスクがいつよりも高まっている。今まで国内の金融市場や実物経済に大きな衝撃がなかったのは、韓半島危機が最悪の状況にはならないという一種の「学習効果」のためだった。

しかし、あるきっかけで資金の離脱が始まれば、金融および為替市場に大きな混乱を招くだろう。秋夕(チュソク、中秋)連休直前に外国人が債券を売ったのもこのためだ。米国発の緊縮ムードはこうした状況をさらに悪化させる可能性もある。

この場合、外貨準備高3800億ドルでは十分でないかもしれない。政府と韓国銀行(韓銀)が追加で金融安全網を急いで構築しなければいけない理由だ。為替市場への対応はいくら強調してもしすぎることはない。

http://japanese.joins.com/article/156/234156.html?servcode=100§code=110
 
元スレ:・【中央日報/社説】米国・日本に続いて中国との通貨スワップまで終われば…衝撃は予想以上に大きくなるおそれ[10/09]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

s-few1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/08(日) 04:49:44.86 Ip
韓中通貨スワップ霧散の危機...政府・韓国銀行「プランB」検討か
マネートゥデイ 2017.10.05 10:00(韓国語)

両国の連休期間を考慮すると、交渉期限は9日のたった一日...専門家たちは霧散の可能性に備えるよう注文

サード(高高度ミサイル防衛システム)配置による韓・中両国の外交的対立が経済協力関係も揺るがしている。両国の金融安定網の象徴だった通貨スワップ契約延長交渉が霧散する危機に立たされた。

5日、政府と韓国銀行によると、総額560億ドル(3600億元/62兆ウォン)規模の韓中通貨スワップ契約は、来る10日に満期を迎える。この期間内に延長交渉が成立しない場合は、グローバル金融危機後の2008年12月に締結された両国通貨スワップは、9年ぶりに幕を下ろすことになる。

今週、韓国はお盆、中国は国慶節連休だ。これを考慮すると、実質的な交渉期限は9日のたった一日だけだ。これさえも韓国銀行の行員が休日を返上して交渉に臨むという仮定だ。韓国銀行関係者は、「人民銀行との連絡が取れたら、最後まで協議を進める計画だ」とした。

通貨スワップは、異なる通貨をあらかじめ約定した為替レートに基づいて交換することができる協定である。契約期間中に外貨流動性危機が発生した場合、韓国は人民元を、中国はウォンを契約限度まで借りることができます。

現在、韓国が他国と締結した通貨スワップの規模は、米国ドル換算時1220億ドル水準である。このうち多国間で締結された、チェンマイイニシアティブ(CMIM)のみ384億ドル限度で直接ドルを融通することができる。残りの通貨スワップは、契約当事国間の通貨のみ交換が可能である。

直接ドルを調達する契約ではありませんが、韓中通貨スワップは、個々の交渉の規模では最大のうえ、それ自体が両国の経済協力の象徴であり、今回の延長が失敗に終わった場合、国内経済に否定的な影響が懸念される。
(続きます)

http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2017100110142727739&MNF

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

4602488i1: 荒波φ ★ 2017/10/07(土) 09:58:10.92
2017年10月07日09時45分

韓国が中国と締結した通貨スワップ協定が10日に満期を迎える。韓国政府は韓中通貨スワップ協定の延長に向けて実務協議を進めてきたが、まだ延長されるかどうかは伝えられていない。

グローバル金融危機直後の2008年12月に締結した後、2回延長された韓中通貨スワップは約560億ドル規模。韓国が他国と締結した通貨スワップ(1222億ドル)の45.8%、自国通貨(LC)スワップの67%を占める。

通貨スワップは普通、両国があらかじめ交渉を通じて延長契約を締結するが、今回は状況がよくない。THAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題で両国関係が冷え込み、中国が事実上交渉に応じていないからだ。さらに両国ともに連休中であることを勘案すると交渉が可能な日は9日だけだが、可能性は高くないという声が多い。


一方、韓中通貨スワップを関係改善の最初の分岐点という見方もある。

中国側は先月29日まで延長するかどうか明らかにしなかったが、韓国の文大統領は先月27日の与野党代表会合で「韓中通貨スワップ問題は両国の公式発表前に一方で発表するのは難しいが、通貨スワップの延長が関係改善のサインという点には共感する」と述べ、交渉妥結の可能性を示唆した。

http://japanese.joins.com/article/138/234138.html?servcode=A00&sectcode=A30


元スレ:・【中央日報】韓中通貨スワップ満期D-3…「延長白紙」vs「劇的妥結」[10/07]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 荒波φ ★ 2017/10/04(水) 14:39:28.90 
2017年10月04日14時18分 中央日報

今月10日に満期を迎える韓国と中国の間の通貨スワップの延長はまだ不透明だ。特に、秋夕(チュソク、中秋)連休で満期前まで営業日がない韓国としては、9月末に中国から確答をもらわなければならなかったが結局中国側からは何の反応もなかったことが分かった。

韓国銀行によると、韓中通貨スワップは3600億人民元(約6兆840億円)に達する。これは韓国が現在結んでいる通貨スワップ全体規模の45.8%、自国通貨(LC)スワップの67%で最大だ。したがって韓中通貨スワップの満期延長が失敗に終わった場合、通貨危機の時に使える外貨資金が半減することになる。

先月29日、李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は記者団に対し「韓国も中国人民銀行も過度な関心は負担」とし「これまで協議を進めてきたが、双方ともにできるだけ早期に結論を出したいと思っている」と明らかにした。

対外経済政策研究院のユン・ドクリョン上級研究委員は「中国と韓国が人民元とウォンで決済すれば、ドル需要が大幅に減少する」としながら「ドルの依存度を減らすことができるため通貨スワップは必要」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/085/234085.html

元スレ:・【中央日報】10月10日に満期を迎える韓中通貨スワップ、結局このまま延長なし?[10/04]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 動物園φ ★ 2017/10/02(月) 20:40:03.26
韓国で3度目の通貨危機 北危機で株・国債・為替がトリプル安、野党は文政権切り捨て「本当にバカ政権」
2017.10.2

 韓国経済にとっての最大のリスクは、もちろん北朝鮮の「核・ミサイル危機」である。とはいえ、それに輪をかけて危険なのは、このタイミングで明らかな「親北派」である文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領職にあることである。

 韓国政府は9月21日、国連児童基金(ユニセフ)や世界食糧計画(WFP)を通じ、北朝鮮に800万ドル(約9億円)相当の人道支援を実施することを決定した。文政権の対北支援決定は韓国国内でも評判が悪く、野党の自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表は、文政権について「本当にバカ政権」と切り捨て、「世界的に北を制裁しようというのに傾向に逆行している」と、述べた。

 もっとも、何しろ国連安全保障理事会が、対北朝鮮の新たな制裁を決議した直後である。さすがの文政権も、支援の時期については明言を避けている。

 北朝鮮危機の深刻化を受け、韓国ではすでに外国人による債権の売り越しが始まっており、株・国債・為替がトリプル安となっている。

 9月28日時点で、ソウルの株式市場は7週間ぶりの安値となり、外国人投資家による韓国国債の売り越し額は、26、27日だけで約3兆ウォン(約2940億円)に達した。同時に、韓国の通貨ウォンの為替レートは7週間ぶりの安値を付けている。

 外国人投資家が、韓国で国債、株式を売却し、外貨に両替する動きが始まっているのだ。

 韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)企画財政相は28日、記者団に対し、昨今の韓国金融市場におけるトリプル安について、「売りは利益確定を目的とした一時的なものとみられる」と説明し、北朝鮮危機との関連性を否定した。

 とはいえ、外国人による3兆ウォンの国債売り越しは、今年8月の1カ月間の売り越し額に匹敵するのだ。これまでの1カ月分の売り越しが、26、27日の2日間のみで達成されてしまったのである。これを「利益確定を目的とした一時的なもの」と解釈するのは、無理がありすぎる。

 何しろ、国債のデフォルトリスクを意味するクレジット・デフォルト・スワップを見ても、韓国国債のプレミアム(上乗せ金利)は19カ月ぶりの高水準となっているのである。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が独裁者としての地位を維持する限り、北朝鮮危機は今後も深刻化していかざるを得ない。危機の深まりを受け、文政権が「親北」の姿勢を見せるたびに、日米との信頼関係は崩れ、危機が一層深刻化するという悪循環に突っ込むだろう。

 安全保障の瓦解(がかい)は、金融市場に波及し、韓国を「3度目の通貨危機」へと追い込む。グローバリズムの優等生たる韓国は、グローバル資本から見捨てられた際の抵抗力があまりにも脆弱(ぜいじゃく)であることを、韓国国民は改めて知ることになる。
=おわり

 ■三橋貴明(みつはし・たかあき) 1969年、熊本県生まれ。経済評論家、中小企業診断士。大学卒業後、外資系IT業界数社に勤務。現在は「経世論研究所」所長。著書に『中国不要論』(小学館新書)、『今や世界5位「移民受け入れ大国」日本の末路』(徳間書店)など多数。


http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171002/soc1710020013-n1.html

元スレ:・【話題】韓国で3度目の通貨危機 北危機で株・国債・為替がトリプル安、野党は文政権切り捨て「本当にバカ政権」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

0bf6bcf21: 荒波φ ★2017/10/02(月) 08:44:01.54
2017年10月02日08時03分  中央日報

朝鮮戦争(韓国戦争)後の最大の国難という通貨危機から20年経過した。当時、我々はドルのような基軸通貨を持たない国がどれほど脆弱かを痛感した。外国人資金は一気に流出し、外債は満期が延長されなかった。当時、我々は日本や米国に支援を求めた。しかし米国のクリントン政権は金泳三(キム・ヨンサム)政権に「国際通貨基金(IMF)で解決策を見いだすべき」として一線を画した。

日本系の金融機関は韓国から真っ先に資金を引き上げた。林昌烈(イム・チャンヨル)副首相は玄海灘を渡って三塚大蔵相に支援を頼んだが、門前払いされた。


ついに韓国はIMF救済金融を使うことにしたが、外国人の離脱は止まらなかった。当時、金大中(キム・デジュン)次期大統領が大統領選挙直後に報告を受けた年末の外貨準備高推定額はマイナス6億ドルからプラス9億ドル、デフォルト(国家政府の債務不履行)の一歩手前だった。

金大中次期大統領はデービッド・リプトン米財務次官の前で「面接試験」を受け、整理解雇や敵対的M&A(企業の合併・買収)などの「IMFプラス」改革を約束した。するとようやく米国はIMFと西側12カ国を動かして100億ドルの早期支援を決めた。12月24日深夜に発表されたこの決定は、ドルを確保しようと必死だった韓国にとってまさに「クリスマスプレゼント」だった。

当時、韓国を助けたもう一つのラインがあった。ウィリアム・コーエン財務次官(テロ・金融犯罪担当)国防長官とマドリン・オルブライト国務長官だった。2人は韓国が数万人の米兵が駐留する同盟である点を前に出し、財務省を説得して資金支援を行うことにしたという。

それから10年ほど経過した2008年秋、米国発のグローバル金融危機が韓国を襲った。振り返ると、水面下の状況は通貨危機当時に比べて良くなっていなかった。同年9月以降、ロールオーバー(外債満期延長)はすぐに凍結し、韓国ウォンは1ドル=1500ウォン台に暴落した。当時、韓国には2000億ドル以上の外貨準備高があったが、実際、国際金融市場に危機が発生すると効果はなかった。外国投資家は容赦なく資金を引き上げた。

当時、韓国経済を通貨危機から救ったのは米国との通貨スワップだった。通貨スワップ規模は300億ドルだったが、危機に米ドルを使えるという「マイナス通帳」の心理的安定効果は相当なものだった。外国人の離脱はすぐに落ち着いた。

結局、過去20年間の2回の大きな経済危機克服には基軸通貨国の支援と協力が絶対的だった。考えたくもないが、もしまた危機を迎えれば、韓国はその危機を乗り越える万全の準備ができているのだろうか。8月末現在の外貨準備高は3848億ドル。20年前とは比較にならない金額だ。しかし国際金融専門家の間では「実際に金融危機に直面すればその程度では十分でない」という懸念が少なくない。危機が早期に収まらない新興市場からは無条件に資金を引き上げるのが国際金融の属性であるからだ。

結局、冷酷な投資家に「絶対にデフォルトはない」という確信を与えられるかどうかが市場安定のカギとなる。それが20年前には13カ国による100億ドル支援というクリスマスプレゼントであり、9年前には米国との通貨スワップだった。

しかし為替レート防御のこうした最終安全装置はいま状況が良くない。米国との通貨スワップは2010年に中断して以来、再開の兆候が見えない。韓日間の通貨スワップは終了から2年半経過した。10日が満期の中国との通貨スワップ(560億ドル規模)の延長も昨今の韓中関係を勘案するとどうなるか分からない。

基軸通貨国でない韓国のような小規模開放経済にとって経済同盟の重要性はいくら強調しても十分でない。しかし米国との関係はなぜか以前とは違うように見え、日本との溝は深まっている。今後、危機が訪れれば自力で克服しなければいけない切迫した状況になるかもしれない。


外貨準備高を相当積み上げているからといって過信する時ではない。経済であれ安保であれ「根拠のない自信」が危機を招く。

http://japanese.joins.com/article/005/234005.html


お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

0bf6bcf21: 動物園φ ★ 2017/09/27(水) 11:42:26.26
韓経:韓国・日本の経済人「両国の長所結合した共存だけが生きる道」

9/27(水) 11:23配信
中央日報日本語版

金ユン韓日経済協会会長(三養ホールディングス会長)は26日、ソウル市内のホテルで開かれた第49回韓日経済人会議の開会あいさつを通じ、「韓日経済人の長所を結合し共存の道を模索しなければならない」と強調した。金会長は「両国が地形的に隣り合っているという事実は1000年前も、1000年後も変わることがないだろう。互いに協力し善意で競争する共存だけが答であり、進むべき道だ」と話した。

金会長は少子化と高齢化、青年失業など両国が体験している問題も協力を通じて対策を求められると強調した。彼は「韓国は青年失業率が高まっているのに比べ日本は高齢化で人材不足を体験している。足りない部分を補完して人材交流を活性化し協力的な関係を築き上げよう」と促した。金会長はまた「医療・ヘルスケア産業協力など新産業での協力を強化すれば青年失業と高齢化問題を解決できるだろう」と述べた。

今回の会議には白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官、李熙範(イ・ヒボム)平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック大会・パラリンピック大会組織委員長、許昌秀(ホ・チャンス)全国経済人連合会会長、趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)暁星(ヒョソン)グループ会長、佐々木幹夫日韓経済協会会長ら両国の財界関係者300人ほどが参加した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000018-cnippou-kr
元スレ:・【経済】キム会長「韓日両国の長所結合した共存だけが生きる道」「両国が隣り合う事実は1000年後も変わらない」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

0bf6bcf21: 動物園φ ★2017/09/26(火) 19:47:50.44
日韓経済人会議
協力の領域拡大を 韓国産業相
毎日新聞 2017年9月26日 18時31分(最終更新 9月26日 18時31分)

日韓の企業トップが集まる49回目の「日韓経済人会議」が26日、ソウルで開幕し、韓国政府を代表しあいさつした白雲揆・産業通商資源相は「両国の経済協力を新たな産業やエネルギー分野にも拡大していくべきだ」と述べた。

同会議は1969年にソウルで始まり、日韓関係が悪化した時期にも途切れず続いてきた。韓国の文在寅政権発足後の開催は初めてで、白氏は文政権が日本との経済交流拡大を希望していることを強調した。

白氏は、就職難が深刻な韓国の若者の雇用が人材不足の日本で促されれば、両国の問題解消に寄与するだけでなく相互理解も深まるとも指摘した。また中国を含む3カ国の自由貿易協定(FTA)締結など、北東アジアの経済圏の一体化へ向けた日韓の協力を訴えた。

会議には約300人の経済人が参加した。日韓経済協会会長の佐々木幹夫・三菱商事特別顧問は、安倍晋三首相と文在寅大統領が首脳会談で、両国関係を発展させるため歴史問題の安定的な管理を打ち出したと指摘し「大いに歓迎したい」と話した。(共同)

https://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/020/038000c


元スレ:・【韓国】ペク大臣「韓日両国の経済協力を新たな産業やエネルギー分野にも拡大していくべきだ」

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む


このページのトップヘ