リベラル勢力

1:ななしさん 2019/05/23(木) 17:30:20.83
朝日新聞

6月末に大阪である主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、日本政府が恒例の記念撮影で、背景に大阪城が入る構図を検討している。日韓外交に関わる複数の関係者が明らかにした。

大阪城は朝鮮半島を侵略した豊臣秀吉の居城で韓国の反発が予想され、今後調整が行われる可能性もある。


文在寅大統領は韓国メディアとのインタビューで、G20を機に日韓首脳会談を行うことに意欲を示している。ただ、元徴用工の訴訟をめぐる対応で、両国の溝は埋まっておらず、実現するかは見通せていない。

関係者によると、韓国政府は2004年12月に鹿児島県指宿市であった日韓首脳会談でも、征韓論を唱えた西郷隆盛とのゆかりや、近くに知覧特攻平和会館があることを問題視したことがある。会談は実現したものの、当時の盧武鉉(ノムヒョン)大統領は小泉純一郎首相と指宿温泉名物の「砂むし風呂」に入ることを辞退。着物姿が韓国内で批判される恐れがあったためという。

韓国の元外交官は過去の日本での会談場所などについて、「韓国メディアが問題視して騒ぎになったケースがほとんどだ」とし、韓国世論の冷静な対応を求めている。

韓国各地には、豊臣秀吉が朝鮮半島への侵攻を命じた「文禄慶長の役」の際に、日本軍が築城した「倭城」が残っている。全羅南道順天市にある小西行長軍が立てこもった「順天倭城」の場合、過去に日本の自治体が天守閣復元などで協力する考えを伝えたが、韓国側は世論の反発を恐れて辞退し、独自で石垣だけを復元したという。(ソウル=神谷毅、編集委員・牧野愛博)

no title

https://www.asahi.com/articles/ASM5Q4T8DM5QUHBI01C.html

前スレ
本文を読む

1:ななしさん 2019/05/22(水) 07:26:44.39
戦時中に日本に労務動員された徴用工問題をめぐり、日韓の摩擦が強まっている。歴史問題は双方が神経を注ぐべき難題であるのは論をまたない。

これ以上問題を放置するのは危うい。元徴用工らの弁護団は日本企業の株式の現金化に着手した。実害が生じれば、日本政府が対抗措置をとり、双方の経済活動に打撃を及ぼす。

こんな不毛な報復合戦は、国民感情に深いしこりを残す。

日本政府側もしっかり歴史に向き合い、冷静な対応を尽くすよう心がけねばなるまい。


仲裁委の設置は、確かに日韓協定に定められている。ただし一度も互いに設置を求めなかったのは、過去をめぐる敏感な感情に配慮してのことでもある。

真の解決は当事者間の対話でしか実現しない。半世紀を超えた日韓の国交も、時の政権同士がたゆまず話し合い、克服してきた歩みを思い起こしたい。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14024171.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/18(土) 23:26:03.95
なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
毎日新聞 2019/5/18(土) 7:00

あるパーティーで、60代後半だと思われる初対面の男性に自己紹介したところ、「朝鮮半島が専門だというから聞くんだけど」と切り出されました。「あー、きたきた」という感じです。男性は「韓国はなんだ、あれ? やっぱりおかしいな」と続けました。

議論をする場ではないし、そもそも生産的な話にはならないのですが、単純に同調するわけにもいきません。仕方ないので、冷戦終結からの30年間に日韓関係は根本的に変わってきていること、お互いが変化した関係に適応できずにいるため政治的な摩擦が激化していることなどを説明したのですが、あまり納得してはもらえませんでした

◇ 世代差の激しい韓国への親近感

日本政府が毎年行っている「外交に関する世論調査」というものがあります。米国や中国、韓国について「親しみを感じるか」などと聞く調査です。

昨年末に発表された調査結果では、韓国に親しみを感じるという回答は39.4%でした。2012年の李明博大統領(当時)による島根県・竹島上陸を契機とした日韓関係悪化を受けて14年に31.5%まで落ち込んだものが、少しずつ回復しているという状況です。ただ6割を超えていた09~11年とは比べるべくもありません。

調査結果の詳細なデータを見ていると気がつくことがあります。「韓国に親しみを感じる」という回答が18~29歳では57.4%なのに、70歳以上では28.1%なのです。

まさにダブルスコア。他の年代も見ると、30代51%、40代42.3%、50代42.7%、60代31.3%でした。どこで線を引くべきかは難しいところですが、高年齢層の方が韓国に対して厳しいというのは一目瞭然でしょう。

「嫌韓は高齢者に多い」というのは専門家たちが話題にしていたことなのですが、それを裏付けるような数字です。ヘイトスピーチ対策に取り組んでいる神原元・弁護士は「ヘイトスピーチは若者が憂さばらしでやっているというのは勘違いだ。むしろ、ある程度の社会的地位を持つ50代以上というケースが多い」と指摘しています。直接的なヘイトスピーチというほどではないものの、冒頭に紹介した男性のケースも同じでしょう。

◇ 「昔の韓国」イメージが嫌韓を生んでいる?

では、どうしてなのか。これは、なかなか難しいところです。まだまだ検証が必要なのですが、1980年代末から韓国にかかわってきた私の感覚では、「昔の韓国」のイメージが作用しているのではないかと感じています。80年代までの日本で韓国に持たれていたイメージは「軍事政権」というネガティブなものでした。

それに対して90年代後半以降に成人した世代には、K-POPに代表されるような発展した国という明るいイメージしかありません。90年代末に慶応大の小此木政夫教授から「最近の学生はソウル五輪以降のイメージしか持っていない。我々の時代とは全く感覚が違う」と聞いたことがあるのですが、まさにそうした違いでしょう。

そして「昔の韓国」は、経済的にも、政治的にも、日本とは比べものにならない小さく、弱い存在でした。それなのに、バブル崩壊後に日本がもたついている間に追いついてきて生意気なことを言うようになった。

そうした意識が嫌韓につながっているのではないか。そう考えるのが自然なように思えます。
67年生まれの私と同世代だという神原弁護士も、同じような感覚を持っているそうです。

それ以外にも、さまざまな要因があるのでしょう。もう少し取材を続けてみたいと思います。【毎日新聞外信部長・澤田克己】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000003-mai-soci

本文を読む

d2fb43851:ななしさん 2019/05/06(月) 01:42:51.01
デイリースポーツ

 鳩山由紀夫元首相(72)が5日、ツイートを更新。安倍晋三首相(64)が外交問題で窮地に立たされている現状とその背景、今後の課題、それでも日本国内では支持されている理由について連続投稿で持論を展開した。

 鳩山氏は「北朝鮮問題では完全に蚊帳(かや)の外に置かれていた安倍首相が、金正恩委員長と会談する用意があると言い出した」と切り出し、「なぜ言い出したのか、それは彼は何一つ外交で成果を上げることが出来ず、北方領土問題も簡単に解決できないと分かったからだろう。足許を見られたら、外交は高くつくのではないかと懸念する」と一刀両断。金委員長との会談を掲げる背景には、ロシアとの北方領土問題の解決に見通しが付ず、停滞している苦しい状況があるとした。


 さらに、鳩山氏は「安倍首相が北朝鮮に行って金正恩委員長と会談するとどうなるか。一番喜ぶのはトランプ大統領だろう。俺が言ってやったから会談ができたと。それで安倍首相はトランプ大統領に借りを作ったことになり、日米貿易交渉で日本は借りを返さなければならなくなる。車と農業、危ないのは農業のほうではないか」と指摘。北朝鮮での会談が実現しても、その先に米国からの圧力によって日本の農業が窮地に陥ると予測した。

 鳩山氏は「海外に出て色んな外国人と話すと分かることがある。プーチンやトランプにあれだけ子ども扱いされているのに、なぜ安倍首相は日本で支持されているのかと、良く聞かれる」
と、安倍首相の海外における立ち位置とは反比例して、日本での支持率の高さについて言及。「私は一つは野党の存在感が薄いこと、もっと深刻なことは、メディアが安倍さんを忖度して、真実を報道しないことだと答えている」と理由を説き、報道の在り方に問題提起した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000155-dal-ent

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/04(土) 13:53:05.79

本文を読む

1:ななしさん 2019/04/30(火) 20:48:53.31
4/30(火) 14:36配信 

「平成最後の日」となる2019年4月30日、新聞各紙はこぞって「平成」という時代の歩み、そして天皇・皇后両陛下の足跡を振り返る特集を組んだ。

一見すると似たり寄ったりにも見える紙面だが、首都圏で販売されている全国紙、主要紙の30日付朝刊の1面を比較してみると、各紙のカラーの違いもにじむ。

■朝日のみ「桜の写真」、服装にも差

注目されるのは、使われている写真だ。

毎日、読売、日経、東京の4紙は、「陛下きょう退位」(読売)といった大見出しとともに、いずれも天皇・皇后両陛下の写真をトップに掲載した。産経はサイズこそ小さいものの、やはり両陛下の写真を使い、皇太子さま夫妻の写真と並べる形で載せている。

異彩を放つのが、朝日だ。唯一トップを「元号案 首相指示で追加」と退位がらみ以外の記事とし、「退位」記事は2番手扱いのいわゆる「肩」(左上)に。またこちらの記事でも、陛下の写真は使っていない。

index


本文を読む

1:ななしさん   2019/04/29(月) 15:03:25.31
韓国へのメッセージの送り方(石田純一)
デイリー新潮

個人的にはきわめて残念というしかない。被災地の方々の復興への思いを考えると心が痛む。

東京電力福島第一原発事故が起きてから、韓国は被災地からの水産物の輸入規制をだんだん強化して、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県で水揚げ、または加工された水産物は全面的に輸入禁止にしている。日本政府はこれを必要以上に差別的だとして世界貿易機関(WTO)に提訴し、一審に当たる紛争処理小委員会は、日本の主張を全面的に認めた。ところが、ご存じの方も多いと思うが、このたび上級委員会は一転して韓国側の主張を認め、日本は逆転敗訴してしまった。WTOは二審制なので、これで判決は確定してしまったのだ。

ただ、敗訴を受けての日本側の反応にも、少し思うところがあった。会見した吉川貴盛農林水産大臣は、「日本の主張が受け入れられなかったのは遺憾だ」と言って、引き続き韓国などに輸入規制の撤廃を求める姿勢を示したけど、ちょっと高圧的なところがイヤだなぁ、と。また、菅義緯官房長官は「わが国が敗訴したとの指摘は当たらない」と言ったけど、この問題を「勝った」「負けた」だけで判断するのもどうかなぁ、と。

この8県の水産物が科学的に検証しても危険とはいえないことは、今回、上級委員会も認めている。しかし、いくら科学的に問題なくても、食べる気になるかどうかは主観に委ねられるという点に、問題の難しさがあると思うのだ。

韓国の禁輸について、WTOは一審では「必要以上に厳しい」と断じたが、二審では「主張も一応は理解できる」と言っている。食品を口にする際、安全と感じられるか、安心できるか、という点に主観が影響する以上、各国に委ねるしかない。WTOもそう判断したのだろう。それに対して、「禁輸をやめて輸入しなさい」と迫るのは、少し乱暴だという気がする。紛争解決機関に裁定を委ね、結論が出てしまった以上、韓国に「規制撤廃を求める」という強い姿勢で迫るより、もっと真摯な姿勢を示したほうがいいと思うのだ。

ちなみに、日本の被災地からの水産物輸入を規制している国は、以前は54カ国あったのが23カ国に半減している。もっとも、まだ23カ国もあるという言い方もできる。放射性物質の数値についても隠さず公開しつつ、理解してもらえるように地道に説明していくしかないだろう。

それにしても、福島県の漁獲量や水産物の売り上げは、いまも原発事故が起きる以前の20%しかない。漁業関係者や水産物加工業者のことを思うと、ほんとうに心が痛む。だからこそ、政治家の高圧的なメッセージは避けるべきなのだ。

もちろん、韓国の日ごろのけんか腰の態度に接していれば、日本側も自然とそうなってしまうのは、理解できないわけではない。しかし、そういう態度はおたがい様だといっていては、物事は前に進まない。

禁輸を解いてもらうのも外交だ。高圧的な態度では相手の懐を開けないことくらい、政府の面々だったら百も承知のはずなのに。「遺憾だ」といい、「勝った」「負けだ」だけで判断するのは、政府側のプライドに根差している気がするが、本当に困っているのは漁業や水産業に携わっている人たちだ。彼らが不在のままメッセージを送るのは、やめようじゃないか。

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/04280555/?all=1

関連スレ
【石田純一】 日韓相互不信に言いたい。本当の“敵”はほかにいるでしょ!~安倍サン!文大統領としっかり話し合って[02/06]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549464085/
本文を読む

dbd7b098b5b50963bac4ea52d517b757-m1:ななしさん 2019/04/28(日) 11:35:36.63
週刊朝日  2019年5月3日‐10日合併号 2019.4.25 07:00

 作家・室井佑月氏は、忖度が横行するこの国のあり方について、民主主義とはいえないと苦言を呈する。

*  *  *
 関門海峡を結ぶ「下関北九州道路」事業をめぐり、塚田一郎・前国土交通副大臣が、安倍晋三首相と麻生太郎副総理の意向を「忖度した」と発言した問題。塚田氏が責任を取って辞任した。えっ、それで終わり?

 塚田氏は北九州市の集会で、吉田博美自民党参院幹事長から「塚田、わかってるな、これは総理と副総理の地元事業なんだよ」「俺がなんで来たかわかる?」といわれたとして、「国直轄の調査に引き上げた。私が忖度した」といったんだ。

 吉田参院幹事長に同行していたのが大家敏志・参院議員。福岡県の政治家だ。

 実際、大家氏は昨年の10月25日、吉田参院幹事長と一緒に、安倍首相と首相官邸で面会した。そのときのことを自分のFacebookやブログに、こう書いている。

「山口県下関市のご出身である安倍総理からは『早期建設に向けた活動をしっかりと取り組むように』とお言葉を頂きました」

 この大家議員は、昨年おこなわれた北九州市での講演で、「総理と副総理の地元なので、2人がやるとぐちゃぐちゃ言われるから、参議院の吉田博美幹事長を引っ張り出した」といっていた。

 これで、森友や加計や勤労統計調査手法変更問題でうっすらと見えてきた“ワル”の構図がはっきりした。
しかも、これまでそんなもんはない、といってきたワル側が失敗し、自らその姿をさらした形。

 新聞報道などを簡単な言葉にしていえば──安倍首相、麻生副総理が自分の地元に道路を造りたがった。これまでもその案はでてきたが、その道路を造るには2千億円から2700億円もの費用がかかり、絶対に必要なものではないと判断され、凍結されてきた。

 が、今は安倍政権。私が国家という安倍氏がトップ。なぜ私が望む道路が造れない?ってとこだろう。

『私が国家』の御大将が家来Aと家来Bに道路が欲しい旨を伝えた。家来BはそのことをFacebookやブログに書き、家来Aはそのまた家来のCに伝えた。

 家来Bと家来Cは、自分の支持者に御大将の寵愛自慢をしたかった。が、ちょっと思慮が浅かった。御大将は『私が国家』といってはばからないが、この国はまだ独裁国家ではない。家来たちもそのことを忘れているみたいだけど。御大将の独断でなにかを決めていいわけがない(となっている)──。

 森友、加計、統計問題もおなじこと。けど、今回は家来たちがついうっかり親玉を暴露してしまった。塚田氏の辞任で終わり? この問題はこの問題だけのことじゃない。この国のあり方という大きな問題だ。

 考えてみ。塚田氏の辞任で終わりになるって怖くない? この国では御大将を傷つける「ついうっかり」の罪がいちばん重いってことになる。

 これだけ忖度が横行する国家は民主主義とはいえないのではないか。

 この国を、北朝鮮みたいにしたいんか?


https://dot.asahi.com/wa/2019042400009.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/04/10(水) 13:48:44.62
鮫島浩@SamejimaH
一万円札と千円札が男性で五千円札が女性。いかにもセクハラ事務次官を輩出した
財務省らしい選択だ。一万円札を女性にして新時代を切り拓くという発想は思いも
つかないのだろう。男尊女卑が骨の髄まで染み込む体質で予算編成するからいつ
までも「人よりコンクリート」なのだ。

https://twitter.com/SamejimaH/status/1115453395458904064?ref_src=twsrc%5Etfw

本文を読む

1:ななしさん 2019/04/10(水) 13:21:21.14
読み、題材…「令和」に違和感 専門家「りょうわでは」
2019年4月10日11時00分 

 新しい元号となる「令和(れいわ)」は、1300年以上ある日本の元号の歴史の中で初めて「国書」が典拠とされた。出典から外れた中国古典の専門家はどう受け止めているのか。中国思想史が専門の小島毅・東京大教授は、いくつもの違和感を指摘する。

 政府は新元号の出典を『万葉集』巻五「梅花(うめのはな)の歌三十二首并(あわ)せて序」の「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、(後略)」と発表した。小島さんが最初に違和感を指摘するのが、新元号の読み方だ。「令」を漢音で読めば「れい」だが、比較的古い呉音(ごおん)なら「りょう」だ。小島さんは「当時の法制度は『律令(りつりょう)』。皇太子や皇后の出す文書は『令旨(りょうじ)』。大宰府で『万葉集』の観梅の宴を主催した大伴旅人(おおとものたびと)が想定したのは呉音だっただろうから、『りょうわ』でもよいのでは」という。アルファベット表記についても「Reiwaより実際の発音に近いLeiwaにしたらどうだろう」という意見だ。

 小島さんは、漢字2字の組み合わせにも異を唱える。「初春令月、気淑風和」から意味をなす2字を選ぶなら「淑和」もしくは「和淑」だという。「令」は「よい、めでたい」という意味で「月」を修飾する。「和」は「(風が)穏やかになる」という意味。「令と和には直接の関係がなく、結びつけるのは無理がある」。『書経』の「百姓昭明、協和万邦(百姓〈ひゃくせい〉昭明にして、万邦〈ばんぽう〉を協和し、〈後略〉)」に基づく昭和も二つの句にまたがるが、国内を意味する「百姓」と外国を意味する「万邦」が対になっているので意味は通る。これに対して「令和は無理やりくっつけている感じがする」という。

幕末の元号である慶応は『文選…

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

8e0efa09

本文を読む

このページのトップヘ