売国奴・売国マスコミ

1: (^ェ^) ★2018/06/02(土) 14:55:28.73
時の在りか首相と副総理はなぜ笑う=伊藤智永
毎日新聞2018年6月2日 東京朝刊

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル事件にこれほど関心が集まった背景の一つは、モリ・カケ問題でたまった鬱憤をダブらせる人が少なくないからだろう。こじつけではない。

 公明党本部には毎週、全国から電話、メール、ファクス、手紙など総計5000件近い意見が寄せられる。半分以上は党の支持者でない人たちの声だ。

 先週、最も多かったテーマは日大アメフット事件だった。なぜ、スポーツの話題で政党に物申すのかと言えば、まさに今の政治と根は一緒だと思い当たるからである。大半が異口同音に、

 「指導者たちのウソや無理強いがまかり通る光景は、国会と同じではないか。社会のモラル崩壊は、政界からスポーツ界まで底流でつながっている」

 との見方を語るそうだ。

 それを自民党に訴えても、聞き流されるのが落ち。野党に託しても、政権には馬耳東風。そこで、連立与党なら多少とも政権に伝わるのではないかと期待し、支持者でない人たちが公明党に言おうと思い立つらしい。

 立憲民主党の枝野幸男代表が日大アメフット事件を引き合いに

 「直接結びつけるのはいかがかとも思うが、いろいろなところで『安倍化』が進んでいる」

 と発言したところ、ネットの安倍支持者たちは「左派の印象操作だ」と反発したが、公明党の広聴集計を知れば、あながちとっぴとは言い切れまい。

    *    *

 モリ・カケ問題に広がるうんざり感とは何だろう。

 何より常識を壊された無力感がきつい。次々に文書を突きつけられても、首相や政府高官たちに平気で言い逃れと開き直りを続けられると、真面目に関心を持つ方がばからしくなってくる。私たちが政治を観客気分でながめている限り、やじ馬心理の飽きっぽさから逃れるのは難しい。

 安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の、場にそぐわないニヤニヤ顔が発する「負のオーラ」も無視できない。あれを

 「余裕の笑顔」

 と報道するメディアは、人間洞察が甘すぎる。せめて

 「ごまかし笑い」

 と表現すべきだろう。ちょっと想像すれば、本当に余裕があるなら、まともな大人はこういう時に意味もなく笑いはしない。


 昨秋の「平成版黒い霧解散」で一度は雲散霧消させたモリ・カケ問題が再燃した今春、安倍、麻生両氏がいかにうろたえたかについてはいくつもの見聞情報がある。それぞれ荒い言葉を吐き、怒声を上げた場面をここに描写したらドラマチックだろうが、熱しやすく冷めやすい劇場型政治を助長するだけとも思うので控える。2人は間違いなく焦っていた。

 だから、作り笑いを浮かべるのだ。不自然な薄笑いは見ている側を居心地悪くさせる。その呪力は侮れない。不可解な笑顔を見ながら、論理のすり替えや強弁を繰り返し聞かされていると、うんざりを通り越して、もう見たくない、聞きたくないという嫌気に浸されてくるではないか。

no title

 世論調査で内閣を支持する人でも、うち4割は首相の説明を信用できないと答えている。矛盾した政治意識は、悪いワナにはまった羊の群れを連想させる。

 麻生氏が暴言を連発したのも、国際会議や派閥の会合では暴走しないのだから、責任論から関心をそらす時間稼ぎだったに違いない。下手な芝居に見ほうける観客こそ、いい面の皮である。
 
1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

79de0bf41: 動物園φ ★ 2018/06/01(金) 16:54:44.32
【香山リカ氏書評】一部の者によって私物化される国・日本
NEWS ポストセブン

【書評】『私物化される国家 支配と服従の日本政治』/中野晃一・著/角川新書/820円+税

【評者】香山リカ(精神科医)

 森友学園、加計学園の問題が浮上してから、次々に不祥事が明るみに出ている安倍政権。それでも支持率は3割前後を保ち、とくに若い男性の支持率が高いという。

 それはなぜなのか。ひとことで言えば、政治学者である著者が本書で述べる通り、安倍総理が「ポスト冷戦の新自由主義(ネオリベラリズム)グローバル化時代の保守反動の旗手」だからだろう。

 安倍政権がこだわる「日本らしい日本」などのイメージは国家主義的でいかにも復古調であるが、同時に「アベノミクス」は新自由主義的で“小さな政府”を目指しているようにも見える。それじたいが矛盾しており、また都合のよいときだけ政府が強権を発動し、困っている人には「自助の精神でなんとかして」ではいかにも無責任なのだが、それが若い層の目には、頼もしくまた新しく映って見えてしまっているのだ。

 それだけにとどまらず、さらに大きな問題はタイトルにもなっている「私物化」である。かつての保守政治家も「バラマキ」と呼ばれる利益誘導にいそしんで問題になっていたが、安倍政権下で便宜を図られたり利益を手にしたりしているのは、「『お友だち』という特権的な地位にあるごく一部の業界関係者」だけなのだ。さらに本書では、メディアにまでその「私物化」の手が伸びようとしていることが浮き彫りにされる。

 本書を読んでいると、日本はもはや、まるである一族とその関係者で作る上流階級が権力を牛耳り、利益をほしいままにしているようにさえ見えてくる。「私は民主主義の国に住んでいたのではなかったのか」と愕然とする。

 国の内外からそんなあり方に疑問や怒りの声が上がっている。
遅ればせながらとはいえ、安倍政権への抗議集会が毎週のように全国のあちこちで開かれ、「お友だち」に支配されていた放送局でも心ある人たちが政権を批判する視点での報道を行なうようになってきた。行間から伝わってくる「自由が危うくなる前に」という著者の切迫感を共有してもらいたい。

※週刊ポスト2018年5月25日号


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

8e0efa091: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/05/31(木) 22:26:40.61
なお疑惑、幕引き許されない 森友問題、佐川氏ら不起訴
2018年5月31日22時13分  朝日新聞 大阪社会部長 杉林浩典

1年以上にわたって国政を揺るがせた森友学園問題で、大阪地検は財務省前理財局長の佐川宣寿(のぶひさ)氏ら国側の当時の関係者をいずれも刑事罰に問わないと判断した。8億円に及ぶ国有地の値引き、国会をだました悪質な文書改ざんと意図的な廃棄。どれもが何ら罪にあたらないことに、正直、釈然としない思いを禁じ得ない。

財務省は不起訴処分を受け、週明けに調査結果を公表する。政権はこれで一連の問題に区切りをつけたい構えだ。だが現段階で言えるのは、検察は現行法の枠内で犯罪にしないとしただけであり、社会の良識や公務員倫理に照らして問題がなかったとの免罪符まで与えたものではないことだ。

最も重要なのは、9割近い金額がどのような経緯で差し引かれたのか、文書の改ざんと廃棄はだれ
の指示でなぜ行われたのか、そのプロセスの解明にある。国の会計経理を監督する会計検査院も昨秋、地中ごみの積算根拠の不十分さを指摘したが、文書廃棄を理由に調査を阻まれていた。検察も不起訴を理由に経緯の詳細を明らかにしておらず、さまざまな疑惑はなお解消されないままだ。

国権の最高機関である国会は財務省の隠蔽(いんぺい)行為に翻弄(ほんろう)され続けてきた。今こそ党派の枠を超え、調査の先頭に立つべきではないか。地検に資料提供を求め、捜査を理由に証人喚問で核心部分の答弁を避けた佐川氏らを再招致する。重要法案を審議する通常の委員会とは別の場を立ち上げる方法もある。過去にはロッキード事件で調査特別委員会が設けられた例もある。

国有地売却で過大な値引きが行われたのなら、被害者は税金を負担する国民だ。公文書の改ざん・廃棄は民主主義への明らかな背信行為である。政治と官僚組織への信頼を回復させるためには、中途半端な幕引きは許されない。


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

81: 名無しさん@涙目です。(京都府) [IT]2018/05/31(木) 20:50:16.87
「謝ったら死ぬ病」まん延? 政界

政界やスポーツ界に新たな病がまん延しているらしい。その名は「謝ったら死ぬ病」。自らの非を認めたら、その瞬間に死が訪れると信じているような「病」の原因と処方箋を探った。
【油井雅和】

もちろん「謝ったら死ぬ病」があるわけではない。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で使われる言葉だ。その症状は、すぐ謝れば解決するかもしれないのに、過ちをかたくなに認めない▽問題点を追及されると、ごまかしたり無視したりする--。なんともたちの悪い「患者」だ。

誰がこの病にかかっているのか? 落語家、立川談四楼さんに尋ねると、すぐさま安倍晋三首相と麻生…

この記事は有料記事です。

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

1: ガーディス ★ 2018/05/31(木) 15:36:55.63
ヘイト動画を消滅させた「ネトウヨ春のBAN祭り」はネット上の革命だったのか?
5/31(木) 8:50配信 ハーバー・ビジネス・オンライン

「YouTubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ」。

 ことの始まりは、5月15日、掲示板サイト「5ちゃんねる」に立ち上がったスレッドだった。


 当初は、ネット掲示板でよく見かける「匿名投稿者」たちの「悪ふざけ」の域を超える事はなかった。しかし5月18日「新潟女児殺害事件の犯人は在日だった」というデマ動画がYouTubeから削除された。YouTubeの運営サイドが、彼らの通報によって動画を削除したのだ。

 本稿では、「彼ら」の事を「なんJ民」と呼ぶことにする。

 ネット上のスラングに詳しくない人のために説明をするのであれば、「5ちゃんねる」(旧:「2ちゃんねる」)という掲示板集合サイトの中に「なんでも実況J」という掲示板があり、そこに書き込んでいる匿名投稿者たちの総称を「なんJ民」と呼ぶ。今回の一件においては、「ハンJ民」という呼称もあるが、その説明はあえて省く。

 この「なんJ民」らは、YouTubeに無数にアップされている「ネトウヨ動画」の削除に向けた行動を開始する。

 そして5月19日には、チャンネル登録者5万人以上、投稿動画数900本を超えるアカウントが、YouTubeによって凍結された。これが「なんJ民」の初めての戦果となる。

「5ちゃんねる」の掲示板には、次々と「ネトウヨ動画」が報告され、それを見た「なんJ民」の通報によって、動画投稿者らは、アカウント停止や自主削除へと追い込まれていく。


 「なんJ民」が標的にしているYouTube動画は、人種差別やヘイトを助長しているものや悪質なデマだ。

 そもそもYouTubeでは、その「コミュニティガイドライン」において「悪意のある表現に関するポリシー」を明記している。

 曰く、「YouTubeでは表現の自由を支持し、あまり一般的でない意見でも自由に表現できるように努めていますが、悪意のある表現は許可されません。悪意のある表現とは、次のような特性に基づいて個人や集団に対する暴力を助長したり差別を扇動したりするようなコンテンツを指します」としながら、「人種又は民族的出自、宗教、身体障がい、性別、年齢、性的指向性/性同一性」等を明記している。

 最終的な動画削除の判断は、YouTubeがする。「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが、このポリシーに反して「レイシズムや悪質なデマを含む動画」をアップしていることを、「なんJ民」はYouTube運営者に通報し続けただけだ。

◆ネトウヨ動画10万本が削除

 ちなみにYouTubeでは、同一アカウントの動画は2本削除されれば、2週間動画投稿禁止のペナルティが与えられ、3本削除された時点でアカウントは停止される。

「なんJ民」らの活動は加速する。Twitter上には「#ネトウヨ春のBAN祭り」(※「BAN」とはアカウントがサイト運営側によって停止されること)というハッシュタグが躍った。


 多くの「なんJ民」がこの活動に参加しはじめると、今度は活動の効率化が図られた。始めは目につく違反動画を無作為に通報していたが、投稿数が多いチャンネル動画を優先して通報するようになった。

 また動画タイトルやサムネイルがYouTubeのポリシーに反すると通報していたものの、動画内のどの部分(何分何秒の時点の動画)がポリシーに違反しているのか具体的に通報するようにもなった。

 「5ちゃんねる」のネット掲示板「YouTubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ」にも5万件(50スレ)以上のコメントが付き、「なんJ民」の活動は完全に「祭り」となった。

 本稿を執筆している5月30日の段階で、「なんJ民」らが確認したところによると、YouTubeから「ネトウヨ動画」がアップされている62チャンネルがアカウント停止や自主削除となり、動画数にして10万本以上が削除された。


 そのような数々の動画をアップしていた投稿者側からは「言論の自由に対する侵害だ」、「言論弾圧だ」との声も上がるが、「言論の自由」と、他者を傷つける「表現による暴力」は明らかに違う。

「表現による暴力」は駆逐されて然るべきである。その点において、最終的なアカウント停止や動画削除の判断はYouTubeがしているという「なんJ民」の主張は至極正しく、その判断を下しているYouTubeに筆者は賛意を示したい。

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

1: (^ェ^) ★ 2018/05/30(水) 19:35:49.22
弁護士神原元 @kambara7
大量懲戒請求。 人によって怒りの沸点が違うから北さんのような怒りがあっていい。弁護士層にはこちらの方がウケがいいだろう。 大切なことは「国民」対「弁護士」という図式を作らせないことだ。かつて公務員バッシングに成功した橋下はそこを狙っている。 それは弁護士自治攻撃につながるだろう。

弁護士神原元 @kambara7 
そのためには、懲戒請求者を孤立させること。 普通に考えて、彼らは「ネットを信じただけの善良な一般市民」ではありえない。「朝鮮人と日本人の戦いが始まった」等と記載されたブログに興奮する人、それは、明らかな「レイシスト」である。そこを社会にちゃんと訴えること。


弁護士神原元 @kambara7 
対して、朝鮮学校の子どもたちに、日本人の子どもと同等の配慮を求める弁護士会の声明は、どう考えても道理にかなっている。これを理由に弁護士がバッシングを受けるのは、国民感情からしてもおかしいだろう。そこをキチンと説明する。 懲戒制度の良し悪しという議論にしないことだ。


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

bandicam 2014-11-01 16-46-13-5941: らむちゃん ★2018/05/28(月) 20:32:03.02
産経ニュース2018.5.28 20:10更新 

朝日新聞社が28日発表した2018年3月期の連結売上高は前期比2・9%減の3894億円となり、6年連続で減収だった。発行部数の減少に伴う広告収入の下落が響いた。


 最終利益は35・9%増の120億円で、増益は2年連続となった。前年は早期退職制度の割増退職金で特別損失を計上していたが、その影響がなくなったため。


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

8e0efa091: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/05/27(日) 07:23:35.38
(社説)新元号の公表 「1カ月前」のおかしさ
2018年5月27日05時00分

(前略)そもそも保守派の論者の多くは退位に否定的だった。公務に支障があるのなら摂政を立てればよいと主張し、政権内にも同調する声があった。天皇と摂政が並び立つ姿を当時は容認・支持していたのに、一転して二重権威の弊害を唱える。そうして行き着いた先が「慌ただしい」はずの来年4月の新元号公表だ。ご都合主義で場当たり的な説明は、国民を愚弄(ぐろう)するものと言わざるを得ない。

改元のつどシステムを手直しする負担をなくすため、政府は今後、データを西暦で統一して連携を図るという。それをわざわざ元号に変換して公的文書に記載するのだから手間のかかる話である。元号を用いるにしても、利用者の便宜を考えて西暦の併記を進めるべきだ。

権力者による時の支配を表す元号は中国から広まった。日本でだけ続いていることを、最近はやりの「すごい日本」の例に引く言説もあるが、裏を返せば国際化時代にそぐわない、使い勝手の悪い制度ともいえる。

退位特例法の成立にあたり、国会は「改元に伴って国民生活に支障が生ずることがないように」との付帯決議をした。その趣旨を確実に履行するのが、政府に課せられた責務である。


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [IN]2018/05/26(土) 16:10:54.70
柚木みちよし@yunoki_m
衆議院本会議での趣旨説明の場面が報道されています。日大監督・コーチ会見が国民の批判を受けてるのは、選手に責任を押し付けて自分たちは保身図っていると見えるから。
もりかけ問題で安倍総理が現場にあらゆる責任転嫁してるのと同じ構図と本会議で指摘しました。
「そもそも膿のもとは総理ご自身」野党が追及強める(2018/05/24 18:47)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000127973.html
国民民主党・柚木衆院議員:「安倍総理は膿(うみ)をすべて出し切ると言われましたが、そもそも膿のもとは安倍総理ご自身ではないでしょうか。文書改ざんの目的が『昭恵夫人隠し』、つまりは『安倍総理隠し』であることがより鮮明となりました」

野党が○○すぎて日本が停滞@AlWtMa9U8LBkPCf

国会の膿が言うことではない。

錯乱坊@nagatobimaru_11
野党のみなさんの方が「膿」だと思われてますよ。

きゅう@border_sw20
お前がウミじゃ!

魑魅魍魎猫@fbidecia

あ!うみが喋った(笑)

ゆっか@yuccaintheshell

国の最高機関で一個人を膿と侮辱してドヤ顔。
カメラの前で気持ち良いですか?
ところで朝日新聞社で上司が女性記者にセクハラ行為を行ったとの記事がありましたが、朝日新聞には #Metoo パフォーマンスしに行かないんですか?

TAKA a.k.a狂蜂@TAKA79451768

あなたは膿の塊

柚木みちよし@yunoki_m

それでは、あなたが国会議員になられて立派に働かれてはいかがでしょうか。

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

8e0efa091: 荒波φ ★ 2018/05/26(土) 17:05:52.84 I
スティムソン・センターの辰巳由紀東アジア共同部長(安全保障政策)
朝日新聞 2018年5月26日16時11分

(聞き手・青山直篤)

米国として、北朝鮮の非核化は譲れない一線だった。ここ1~2週間の北朝鮮のメッセージからは、北朝鮮が非核化に取り組む気があるのか、米国側にみえなくなっていた。この段階で首脳会談をして不用意な合意をするより、米国にとっては健全な判断だったといえるだろう。

米国は初期の段階で韓国から、北朝鮮の非核化に前向きな情報を得ていたものの、会談に向けた具体的な準備を進める段階で、「話が違う」ということになったのもしれない。米朝の仲立ちをしてきた韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、厳しい立場に置かれるだろう。ただ、「6月12日に会談はしない」というだけのことで、トランプ政権にも協議を続ける意思はあるのではないか。

日本は今後も、米国に合わせて制裁強化を訴えるのが一番楽だ。だが、このまま米朝間の緊張がエスカレートすれば、必ずしも日本のためにならない。

日本は会談の再開に向け、北朝鮮の誠意を試すためにはどのような道筋がありうるのか、米側に提言していくべきだ。
北朝鮮が誠意を見せた時には、米国の後押しをする用意がある、と米国にも示していく必要がある。(聞き手・青山直篤)
 
1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

index1: 動物園φ ★2018/05/26(土) 00:32:35.71
「色々なところで『安倍化』が進んでいる」立憲・枝野氏
2018年5月24日17時22分

20歳を追い込んだ指導者たち 日大アメフト部の特殊性

 この間の安倍政権の状況は、国会や行政府の問題を超えている。証拠があっても開き直れば通用するという、こんな社会に日本の社会をしてしまっていいのか。安倍さんが言っていた「美しい国」というのは、証拠があっても開き直ったらそれでごまかしがきいてしまう、それが美しい国なのか。

 直接結びつけるのはいかがなものかと思うけれども、例えば日大のアメリカンフットボールの問題など、本当に色々なところで「安倍化」が進んでいる。こんな社会にしてはいけない。
その強い思いで私たちは街頭に出て、国民のみなさんに呼びかけて、共に安倍政権を倒していく。自民党を追い込んでいくということを進めていかなければならないというふうに思っている。(党会合でのあいさつ)


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [IN] 2018/05/25(金) 19:46:54.51 I
朝日新聞記者 VS ホリエモン「日大アメフト部よりひどいのが安倍政権」「こいつ狂ってるな」
netgeek

ホリエモンこと堀江貴文氏が朝日新聞記者に噛み付いた。ホリエモンはいつも通り端的な言葉で相手を攻撃する。

まずは朝日新聞・高橋真理子記者のツイートから。

no title

朝日新聞という肩書を背負いながらこんな投稿をしたら非難轟々の嵐になるに決まっているのに堂々と投稿。「百万倍ひどい」という小学生レベルの表現も飛び出した。プロフィールを見ると「朝日新聞科学コーディネーター」「WEBRONZAに寄稿中」「朝日小学生新聞に執筆」などと書かれている。

  no title

さてここからがホリエモンのツイート。言葉が短くて強烈すぎる。

hC353WO

あなたはどちらを支持するだろうか?いずれもファンもアンチも多い存在。もちろん考え方は人それぞれ自由なので、この記事では結論は出さないことにする。

ツイートが消されてしまうかもしれないので念のためにキャプチャ画像も載せておこう


1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む


このページのトップヘ