売国奴・売国マスコミ

kazuo-ishiguro-file-restricted-super-1691: ねこ名無し ★2017/10/14(土) 06:38:09.27
カズオ・イシグロのノーベル文学賞報道の無邪気さと、二重国籍問題・水原希子・芥川候補作選評との矛盾
wezzy

2017年ノーベル文学賞にイギリス人作家のカズオ・イシグロ氏が選ばれた。カズオ・イシグロ氏は、『日の名残り』『充たされざる者』『わたしを離さないで』『忘れられた巨人』など多くの作品が日本語に翻訳されており、日本でも親しまれてきた作家だ。また、2016年には『わたしを離さないで』がTBS系金曜ドラマ枠にてテレビドラマ化もされている。

カズオ・イシグロ氏は日本人の両親のもと、長崎に生まれ、5歳のときに渡英。その後、イギリス国籍を取得している。日本では二重国籍が認められていないため、現在日本国籍は持っていないことになる。

カズオ・イシグロ氏の受賞には、「日本人として誇らしい」といった感想がネット上に散見され、またメディアでもカズオ・イシグロ氏が日本にルーツを持つことを強調し、喜々として取り上げる報道が数多かった。

確かに、カズオ・イシグロ氏は、受賞後のインタビューで「作風は日本文化が関係している」「川端康成、大江健三郎の後の受賞ということに感謝している」など日本に結びつけた発言も行っている。そうした報道に間違いはないだろう。

また自身と同じルーツを持つ人物が、なんらかの偉業を成し遂げたことに対して、喜びの声を上げることそのものを単純に否定することも出来ない。それぞれの境遇の中で、自身のルーツに強い思い入れを持つことはいろいろな形である。問題はそれが排外的な行動に移るかどうか、だろう。

だからこそ、ネット上の反応や報道を見ていると、賞賛の声ばかりが聞こえる現状に対してもやもやを覚えてしまう。民進党・蓮舫氏が党代表を辞任する前に取り沙汰された二重国籍問題を思い出さずにいられないからだ。

ここで二重国籍問題について詳しくは触れない。蓮舫氏の二重国籍を問題視する声は昨年あたりから起きていた。本格的に報道などで注目されると、蓮舫氏の発言は二転三転する。蓮舫氏の対応に一切問題がなかったとは言えないだろう。

だが、台湾籍の父親と日本人の母親から生まれた蓮舫氏の国籍は、その後、日本の国籍法が改正されたこともあり複雑な経緯がある。複雑な制度上の欠陥も指摘されている。蓮舫氏の個人の問題として取り上げることはフェアではない。

そもそも多くの国が「二重国籍」を認める中、なぜ日本は二重国籍を認めないのか、という問題もある。つまり「二重国籍」自体を問題視すること自体に、問題があるのではないか、ということだ。

残念なことに、「リベラル」を掲げていた民進党の一部にも蓮舫氏を批判する議員がいた。蓮舫氏は代表を辞する際に、二重国籍問題について直接言及していないが、それが原因であるかのようなタイミングであったことは間違いない。つまり当時の民進党は結果的に「二重国籍」が問題であるということを認めてしまったことになる。「リベラル」としての態度として適切だったのだろうか。

メディアも変わらない。当時、保守系のメディアに限らず、蓮舫氏の二重国籍問題は連日取り上げられており、その多くが蓮舫氏の対応や問題を指摘していた。

制度の複雑さや、歴史的背景を紹介することはあっても、「だからこれは問題ではない」あるいは「制度を改善する必要がある」といった報道は、めったに見なかった。蓮舫氏の個人の問題か、あるいは「二重国籍は問題」という態度がほとんどだったのだ。

もやもやの原因は蓮舫氏だけではない。しばらく話題になっているモデル・女優の水原希子氏の芸名問題もそうだ。

アメリカ人の父親と韓国人の母親を持ち、アメリカで生まれ、日本で育った水原氏はアメリカ国籍だ。水原氏がメディアに出ると、おそらく韓国にルーツを持つことが気に食わない排外主義的な人間が、ヘイトスピーチを行う。

しまいには水原氏が日本風の芸名を名乗っていることを「利用している」と批判し、過去に「日本人でないことを強調していた」というデマも流れた。

日本で長く生活を送っている水原氏はおそらく日本になんらかの思い入れがあるだろう(いい思い入れだけとは限らない)。水原氏にとって、「水原希子」という名前は“芸名”と片付けられない意味を持つものかもしれない。


また、本当に「利用」しているのであれば、なぜ「利用」しなければいけないのか、その背景を考えなくてはいけないだろう。なぜ芸能界で活動する際に、本名を名乗るよりも「日本風の名前」がいいのだろうか。

なお、「日本人でないことを強調していた」というデマに基づいた批判はいまだに跋扈し、現在は「芸名」は問題でない、という主張が中心的になっているようだ。事実はどうでもいいのか。

日本にルーツをもつイギリス人作家の受賞は大喜びし、日本にルーツを持ち日本に住む国会議員と、日本に住むアメリカ国籍のモデルは批判する。それぞれ賞賛と批判の意味は違うのだろう。

なぜここまで評価がわかれてしまうのか。ここであげた3名は、おそらく日本に何らかの思い入れを持ち(繰り返すが、それはおそらくポジティブな意味だけではない。到底そうは言えないのが現状だ)、日本への影響を語ったり、日本に住んでいるのだろう(日本から出たくても出られない/出るのが難しい可能性もあるが)。

なぜ自身と同じルーツを持つ、自身と同じ国や土地に住む人間を賞賛するだけに留めず、排外的な言動に出てしまうのだろうか。

第157回芥川賞で、宮本輝選考委員は、候補作の一つである温又柔「真ん中の子どもたち」に対して、こう語っていた。

「これは当事者たちには深刻なアイデンティティと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった」(『文藝春秋』2017年9月号)

温又柔氏は、台湾に生まれ、3歳の頃から日本で過ごしている。作品では言語の越境を問うている。

対岸の火事であるはずがない。日本で、以前からずっと燃え続けている火だ。他人事で、退屈なものなどではない。それに向き合うことなく、かつて日本の国籍を持ち、いまはイギリス人として活躍する作家の偉業を、ただただ賞賛するだけの無邪気さは、無自覚な暴力のようにしか思えない。

http://wezz-y.com/archives/50496

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/10/13(金) 22:24:43.38
有田芳生 認証済みアカウント @aritayoshifu
東京11区の立憲民主党、前田順一郎候補者の応援。各所で「立憲」ブームを実感。池袋へ。久しぶりに不破哲三さんの演説を聞きました。やはり「野党共闘」の理論的根拠だと納得したのは不破『スターリン秘史』のかけらが語られたからでした。夕食に沖縄料理「おもろ」。常連だった山口瞳さんが話題に。

有田芳生 認証済みアカウント @aritayoshifu

枝野船長の船は歓呼の声に送られすでに出航しているのです。
昔風の言葉でいえば「別個に進んで同時に撃て」。この選挙で安倍政権を倒すのが野党の合言葉です。

https://twitter.com/aritayoshifu


bandicam 2014-11-05 21-11-05-845

元スレ:・【話題】有田芳生「各所で立憲ブームを実感する。枝野船長の船は歓呼の声に送られすでに出航しているのです」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/10/13(金) 17:48:39.59
masanorinaito@masanorinaito
NHK昼ニュース。総理が選挙演説で、トランプ訪日の際、
拉致被害者の横田夫妻と会う方向で調整中と報じ、
横田夫妻のにこやかな映像をバックで流した。極めて作為的な報道。
夫妻の言葉がないから過去の映像から切り取ったもの。
総理は頑張り被害者も喜んでいるイメージを造るための選挙目当ての報道

有田芳生 認証済みアカウント @aritayoshifu

拉致問題を政治利用する安倍首相。
いまやるべきことは、ストックホルム合意に基づき、北朝鮮から報告書を受け取り、
警視庁の専門家を中心に厳しい検証に入ることです。
拉致問題解決は日本政府独自の課題。現実から逃げてはなりません。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/918359873938534400


bandicam 2014-11-05 21-11-05-845

元スレ:・【社会】トランプ大統領と横田夫妻が面会の方向で調整 有田芳生「拉致問題を政治利用する安倍首相」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: (^ェ^) ★2017/10/12(木) 22:08:57.05
 民進党の蓮舫前代表(49)は衆院選公示日の10日以降、「希望の党」「立憲民主党」「無所属」の三つ股をかけての応援行脚をしている。12日夜は、東京足立区の東武伊勢崎線西新井駅前で、東京13区から立憲民主党の公認候補として出馬した新人の北條智彦氏(34)を応援。「私が最も一緒にやりたいと思っている若い力!」と絶賛し、約300人の聴衆に支持を呼び掛けた。

 蓮舫氏は「私は今も民進党の国会議員です。今まで私たちが訴えてきた声、掲げてきた思い、ぶれずにこの選挙で応援したいから志を共にする仲間だけを応援する選挙にさせて頂きたい」と自らのスタンスを説明した。

 約15分間の演説の大半は、安倍政権批判に割き、その矛先は森友学園問題に関与した安倍昭恵夫人(55)にも向けられた。「公示日、安倍昭恵さんが総理の代わりにマイクを持って訴えました。『主人にこの国の大きな仕事をさせてもらいたい』と。自分の旦那を支持してもらいたいというのであれば、まず自分が間違えてないと説明することこそが総理夫人の仕事ではないでしょうか!」と訴えた。また安倍首相が「妻はだまされた」と釈明したことに触れて「だまされたのは国民だと私は言いたい!」と声を張り上げ、聴衆から喝采を浴びた。

 東京13区からは自民党前職・鴨下一郎氏(68)、共産党新人・祖父江元希氏(42)も立候補している。

 蓮舫氏が北條氏以外にこれまで応援演説した候補者は以下のとおり。

▽10日 新潟3区・黒岩宇洋氏(51)=無所属=、新潟4区・菊田真紀子氏(47)=無所属=、東京7区・長妻昭氏(57)=立憲民主=

▽11日 滋賀2区・田島一成氏(55)=希望=、京都6区・山井和則氏(55)=希望=、岡山2区・津村啓介氏(45)=希望=

▽12日 愛知8区・伴野豊氏(56)=無所属=、▽千葉10区・谷田川元氏(54)=希望=。

DL7GIoeUIAEa8zr

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000175-sph-soci

元スレ:・民進党・蓮舫、安倍首相が「妻はだまされた」と釈明したことに触れて「だまされたのは国民だと私は言いたい!」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU]
和田 政宗@wadamasamune
12日の報道ステーション、45分間の党首討論は何だったのだろうか。
森友問題、前川問題(加計学園獣医学部新設について)に30分を割き、憲法9条改正について15分で全て終了。何か意図があるのだろうか。9条改正は必要だとしても、北朝鮮問題や経済政策など国民に直結する課題を全く議論させず

171012-004

DAPPI@take_off_dress
TV各局が行った党首討論での論点テーマの割合を調べました。
全体では経済政策が27%と1番多いですが、注目すべきはNews23と報ステの森友・加計の取り扱い方。
他局は論点にすらしてないのにテレ朝とTBSは森友・加計を長時間使い、報ステに至っては番組の半分。
安倍批判が露骨です

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/0/d/0d88ab53.jpg

(※)追記
上のグラフでは報ステの党首討論は51分となっていますが、以下の記事によると42分だそうです。

報ステ42分中26分が「モリ・カケ問題」 「党首討論でないですよね、これ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000013-jct-soci

関連
【テレ朝】報ステ大炎上 冒頭からモリカケありき党首討論 偏向報道指摘されても、まだモリカケ★2 
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507772612/

元スレ:・テレ朝・報ステで行われた45分間の党首討論 なんと森友・加計問題に30分も割いてしまうwwwww

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

CI00031: ねこ名無し ★2017/10/12(木) 05:27:34.07
ビジネスジャーナル

多くのバッシングを受け昨年、東京都知事の地位を退いた舛添要一氏。今年5月には『都知事失格』(小学館)を発刊し、都政時代の回想やポピュリズム政治の危険性を訴えるとともに、ツイッターのアカウントも開設し、希望の党の小池百合子代表の批判を展開している。

舛添氏は知事を退いてからの1年間、雌伏の時を過ごしていたが、言論活動を再開した思いはどこにあるのか。そして小池氏が展開する劇場型政治について、危険性やナチスとの共通点を指摘しているが、その真意などを聞いた。

ナチスの宣伝手法と酷似

--小池氏は、都知事と党代表の二足のわらじは可能だと言っていますが、すでにその弊害は出ています。実際、可能なのでしょうか。

舛添 私は「新党改革」の党首も務め、朝から晩まで多忙な都知事の業務を行いましたが、いずれかに専念しなければ不可能です。

--小池氏の周辺を取材しますと、一様に「小池氏は風を読むのがうまい」と評する声が聞かれます。

舛添 その通りです。小池氏は都知事としての手腕は失格ですが、その場のパフォーマンスはうまいです。小池氏もマスコミ出身ですから、マスコミを操縦することに長けています。自分がマスコミに露出し、サービスすることによって、希望の党の票が上向くと判断しているのでしょう。だから、新聞、テレビ、週刊誌も小池氏のもとにむらがっています。

本来であれば、政治は政策で勝負すべきです。たとえば、今回の選挙では消費税増税の問題がありますが、ほとんどと言っていいほど議論になっていません。「パンとサーカス」理論で言えば、小池氏はサーカス興行主であり、マスコミはそのPR部隊です。しかし、今回に限っては裏目に出た面もあります。

--小池劇場の潮目が変わったのは、小池氏がいわゆる「排除の論理」を持ち出したことと関係していると感じます。


舛添 小池氏の政治手法は、ナチスの宣伝大臣だったヨーゼフ・ゲッベルスにそっくりです。ナチスの宣伝方法をまねたのかと思えるほど似通っています。小池氏は、民進党リベラル派だけではなく岡田克也氏、野田佳彦氏も排除したのは、自分より優秀な人材に来られると、希望の党の運営がやりにくいと判断したためでしょう。

アドルフ・ヒトラーは大変、演説がうまく、聴衆に合わせて演説内容も変化していっています。ヒトラーの「ニュルンベルク演説」も、当時はテレビがなかったので、大衆はラジオで聴き入っていました。その結果として、ナチスの独裁を許してしまった。

いま、小池氏がテレビを活用することによって劇場型政治を行っているところは、ナチスのプロパガンダを再現しているのです。ですから、小池氏の宣伝手法に決して騙されてはならないと心より忠告したいのです。

ただし、やや悲観的なのは、若い人は新聞も購読していません。ネットからのニュースかテレビで情報を得ています。ドイツのワイマール共和国時代の人々は、新聞をよく読んでいました。そこに大きな違いがあり、ナチスのとき以上に小池劇場の台頭を許してしまう下地が整っている環境があるのです。

『都知事失格』を読めば、小池劇場がおかしいというのは理解できるはずですが、今の人は本を読まないので大変、心配しています。劇場型政治は今や「パンとサーカス」の源になっています。

--都民ファーストの会の音喜多駿、上田令子両都議が離党しました。

舛添 両都議は、都民ファーストの運営方針を「言論・行動統制」だと批判していますが、小池氏と最初から行動を共にした都議が、ナチスと比較する私の論考の正しさを証明してくれたと考えています。

--ナチスはユダヤ人を虐殺しました。一方、小池氏の施策では在日コリアンをはじめとする外国人に対して、自民党よりも厳しい姿勢で臨んでいるようにも見えます。

舛添 小池氏は聞き心地の良いメッセージを発信します。かつては在日コリアンを排斥する活動家とも付き合いもあり、さすがに具合が悪いということでホームページから削除しましたが、右翼にとって都合の良い政策であれば、それも受け入れるという姿勢です。

http://biz-journal.jp/2017/10/post_20884.html

>>2以降に続く)

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

s-DKu_UzHVAAAKEMw1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU]2017/10/12(木) 00:50:09.24
民進党系の希望の党候補 「明らかに失速」と困惑 改憲の「踏み絵」に反旗も
産経新聞

 衆院選で民進党を離党し、希望の党から出馬した候補に戸惑いが広がっている。選挙戦の看板と期待した小池百合子代表(東京都知事)が衆院選に出馬しなかったこともあって党の支持が広がらず、苦戦を強いられているからだ。
「反希望」を旗印にした立憲民主党と競り合う選挙区も多く、失速する党勢に各候補は焦りを募らせている。

 「ドタバタして目も当てられない恥ずかしいところもお見せしたかもしれない。だからこそ希望の党も育ててほしいんです」

 東京都内の選挙区で希望の党公認で出馬した民進党系候補は10日夜、駅頭でこう声を張り上げ、頭を下げ続けた。この候補は小池氏が民進党左派系の「排除」宣言をしたあたりから風向きが変わったと語る。小池氏の不出馬も重なり「ここ数日、ビラの受け取り具合をみても明らかに失速している」と肩を落とした。

 希望の党の公約には憲法9条改正議論の進展が明記されたが、民進党は「安倍晋三政権下での憲法9条改正反対」と訴えてきた。忸(じく)怩(じ)たる思いを抱える民進党系候補も少なくない。

 四国地方の選挙区から出馬した前職は、希望の党への合流を説明したホームページに「憲法9条の改悪については明確に反対」と書き込んだ。改憲議論の容認は希望の党公認の「踏み絵」だったが、さっそく反旗を翻した。この選挙区は立憲民主党や共産党が擁立を見送り、有権者に分かりづらい構図となっている。

 さらに多くの選挙区で立憲民主党と希望の党の候補が戦う構図となった誤算は、想像以上に民進党系候補を苦しめている。南関東地方で立候補した前職は「『筋を通す』の一点で立憲民主党の候補に勢いを奪われ、自民党候補を喜ばせるだけに終わりそうだ」と頭を抱えた。(奥原慎平)

http://www.sankei.com/politics/news/171011/plt1710110064-n1.html


元スレ:・【悲報】希望の党に移籍した民進党議員、頭を抱える 「明らかに失速してる…どうしてこうなった…」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/10/12(木) 00:36:01.53
有田芳生 認証済みアカウント @aritayoshifu 10月4日
「週刊文春」の「全選挙区完全予測」を読んだ。希望の党の名簿で変更があったり、
立憲民主党の正式な発表がない段階での分析だが、自民党が激減する傾向は変わらないだろう。
いま必要なことは安倍政権打倒をめざし、野党共闘(「共闘」という言葉を使わなくとも実質があればいい)を盛り上げることだ。
https://twitter.com/aritayoshifu/status/915484639791259648

bandicam 2014-11-05 21-11-05-845


2: 動物園φ ★
>>1
自民、単独過半数を大きく上回る勢い
10/11(水) 23:45配信 日テレNEWS24

 衆議院選挙を今月22日に控え日本テレビと読売新聞は10日、11日と2日にわたり公示直後の情勢調査を行った。その結果、自民党は単独で衆議院の過半数233議席を大きく上回る勢いであることが分かった。

 衆議院選挙は今回から定数が10減り、小選挙区289、比例代表176の465議席をめぐって争われる。調査はすべての小選挙区で行い、約7万8000人から回答を得た。

 その結果、自民党は現段階で小選挙区、比例代表共に優勢に戦いを進めていて、公示前の284議席は下回るものの単独で過半数の233議席を大きく上回る勢い。

 また公明党も公示前の34議席に迫る堅調な戦い。このため自民、公明の与党で安倍首相が勝敗ラインに掲げていた過半数をはるかに上回り300議席に迫る勢い。

 これに対して希望の党は伸び悩んでいて、公示前の57議席を確保できるかどうか微妙な情勢。小池代表が当初目指していた政権交代からはほど遠い状況となっているが、かろうじて野党第1党となる見通し。

 一方、立憲民主党は比例代表を中心に躍進していて公示前の15議席から大きく議席を伸ばし40議席を上回る勢い。

 共産党は立憲民主党が躍進するあおりを受けて厳しい戦いを強いられていて、公示前の21議席の維持は難しい情勢。

 日本維新の会も苦戦していて公示前の14議席を維持できるかは微妙。社民党は公示前の2議席確保に向けて堅調に戦いを進めている一方、日本のこころは、議席獲得に向けて苦しい戦いとなっている。

 また今回は無所属での候補者が20議席以上を確保する情勢。

 さらに今回の争点の一つ、憲法改正に前向きな勢力として、希望の党、日本維新の会、日本のこころの議席を与党とあわせると、憲法改正を国会で発議するのに必要な310議席を大きく上回る勢い。

 しかし、まだ投票の態度を決めていない人が小選挙区で約3割、比例代表では約2割いるため、今後、情勢が変化する可能性もある。衆議院選挙は今月22日投開票。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171011-00000106-nnn-pol


元スレ:・有田芳生「自民が激減する傾向は変わらないだろう」 → 自民、単独過半数を大きく上回る勢い

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: ストラト ★2017/10/11(水) 21:15:48.48
2017年10月11日 17時42分J-CASTニュース

小学館の小学生向けマンガ雑誌「小学8年生」の最新号で安倍晋三首相の人物伝を掲載したところ、「一国の総理を貶めている」「難病を茶化している」と激しい批判の声が上がった。

この騒ぎに驚いた同誌の編集長が公式ツイッターで弁明をしたのだが、火に油を注ぐ形になりツイッターは「大炎上」を続けている。


「じつは おなかが イタくて...」

問題のマンガは2017年9月28日発売の「小学8年生」第4号に掲載された「まんがで読む人物伝」。子供の頃の首相が「プリーン プリンくれ~」などと叫び声を上げる描写から始まり、刑事ドラマを見て刑事になりたいという普通の少年だった、といった説明が付いた。最も問題となったのは07年7月に参院選で大敗してほどなくの話。

「突然ですが総理ヤメます」と語り、入院しベッドに横たわっている首相が、「じつは おなかが イタくて...」と口にするシーンが描かれた。

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/5/f/5f04bd49.png

そのシーンの説明は、1年後に潰瘍性大腸炎という難病にかかっていたことを告白した、となっている。マンガを担当したのは藤波俊彦さんで、アメコミ風のド派手なギャグマンガタッチになっている。

これに対しネット上で批判が殺到し、

「子持ちの主婦です。これは過度な個人攻撃であり、完全なイジメマンガです。こんなひどいもの載せて心が痛みませんか?」

「子供に教育の延長で読ませるものじゃないですよね 病気の人を軽く見てたり......それが、真実なら良いのか?それでイジメになっても構わないのか?って話にもなりますよね」

「息子に買い与えた小学8年生を見て愕然としてしまいました。 韓国の反日教育の教科書を見ているようでした」

「普通は発売しませんよ。今から回収するべきです」

などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれた。

同誌の齋藤慎編集長は同誌の公式ツイッターに署名入りで17年10月10日に弁明を載せた。たくさんの意見が寄せられているけれども、衆議院議員選挙とは関係がなく、解散の報道が出始めたのは9月18日ごろで、編集作業は9月14日に終えていること。難病に苦しんでいる方を揶揄する表現は一切していないし、安倍首相に病気があったことを告白したことを、あくまで事実として紹介した、とし、「ご了承賜りますようお願い申し上げます」と書いた。

しかしこれが火に油を注ぐ形となり、公式ツイッターが「大炎上」することになってしまった。


■「上から目線の言い訳だけ...」と反発も

コメント欄には、

「上から目線の言い訳だけで、難病を抱えて闘っている人への配慮が皆無とは...」

「衆院選がどうのとかそういう問題じゃあないでしょ。 ただただ安倍叩きの内容ばかりのプロパガンダ漫画を子供向け雑誌に載せたことが問題。パヨクによる洗脳工作と言われても文句言えないレベルだよ」

「潰瘍性大腸炎を患ってる者です。基本的に不治の病であり、指定難病として重く扱われているこの病気が揶揄され続けているのにはウンザリしています」

「事実だから問題ないと言う方について、悪い印象を与える事実(?)のみを取り上げ、明らかに悪意ある書き方で表現することを、善悪の判断困難な小学生向けの雑誌で描く事が問題だと私は思っています」

などといった批判が大量に書き込まれた。こうした批判について、同誌の公式ツイッターでは10月11日17時現在、反論は出していない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13734061/

元スレ:・【小学館】安倍首相や難病を揶揄?「小学8年生」が炎上、弁明ツイッターも大炎上

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [EU]2017/10/11(水) 16:50:33.59
鳩山由紀夫さんがリツイート
矢部宏治@yabekoji 10月7日

今回の奇怪な「前原民進党・解党事件」は、決して個人の軽挙妄動ではなく、
米軍による日本支配の最終段階として起きたものです。

非常に厳しい状況ですが、民主主義の原則を守って戦えば
充分逆転のチャンスはあります。キーワードは「沖縄との連帯」です

https://twitter.com/hatoyamayukio

d2fb4385

元スレ:・鳩山元首相がRT「今回の民進党解党は米軍の陰謀」

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

234376ae7cd38cfde2e444262c1d320f-m1: Egg ★ 07:48:33.07 ID
室井佑月「2人とも倒れてしまえ」〈週刊朝日〉
10/11(水) 7:00配信 

※週刊朝日 2017年10月20日号

 現政権を批判してきた作家の室井佑月氏。「希望の党」小池百合子代表についてはこういう。

*  *  *
 権力の私物化をする、国民に嘘ばかりつく、傲慢な安倍政権が嫌いだ。

 トランプさんに右へ倣えの、危なっかしい外交も怖い。

 この政権は、国民の財産を、海外やお友達にバラまいてきた。この政権にとって、自衛隊員の命も、アメリカさんに請われたら、簡単に差し出せる物資みたいなものである。

 天皇陛下に、信じられないような意地悪するしさ。

 だいたい応援団が悪いよな。政権の悪口をいうと、『売国奴』だの『反日』だの、『日本人じゃない』などと罵られる。

 はあ? この国の良いところを変えてしまったのは、安倍政権じゃないのか?

 安倍さんなんて、勇ましいのは口だけじゃ。モリ・カケ問題について、丁寧に説明するといっていたのに、国会の審議から逃げたじゃん。

 その口だって、ほんとうに強そうなトランプさんやプーチンさんとは、きちんと対峙し交渉しようともしない。

 一日も早く、安倍さんじゃない人が首相になってくれよ、と思ってた。だけど、安倍さんに取って代わる芽が出てきたのが、安倍さんみたいな人だとは思わなかった。いいや、それ以上かもしれん。

 安倍さんは口だけ勇ましいかもしれないが、小池百合子さんは本気で根っから勇ましそうだ。

 なにしろ、女一匹、自民党、現権力に喧嘩売るんだもんな。

 ほら見てみ? 小池さんが率いる希望の党に、民進党が食われてしまった。

 小池さんは党の性質を『寛容な保守』といっているが、ぜんぜん寛容じゃないでやんの。民進党の人間を全員受け入れるつもりはさらさらないんだって。リベラル派は排除だって。

 ま、歴史修正主義、極右の中山夫妻がこの党に加わると知ったとき、安倍さん以上なのだこの党は、と思った。

 そういうことを、テレビを観ているどれだけの国民がわかっているのか? テレビだけ観ていると、今までのオッサン政治から脱却し、この国のトップが女性になるのは、良いことのような気がしてしまう。しかし、小池百合子さんの強さは、あたしから見ると、男の強さなんだと思う。

 大きな鉈のように、バッサバッサと邪魔なものを切っていく。邪魔者は情け容赦なく排除し、つねに自分が上を目指そうとする強さだ。

 あたしが熱望する、トップになって欲しい女性像とは違っている。

 あたしが熱望する女性のトップ像とは、この国の母となれるような人。誰とでも横繋がりで仲良く出来、包み込むみたいな温かい愛情を持った人。そして、踏まれても踏まれても、雑草みたいに強く、信念を曲げない人。

 安倍さんと小池さん、派手な、凄まじい戦いになってきた。もちろん、あたしはどっちの応援もする気はない。いっそ、2人とも倒れてしまえ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00000083-sasahi-pol


元スレ:・【コラム】<室井佑月>だいたい応援団が悪いよな。政権の悪口をいうと『売国奴』だの『反日』だの『日本人じゃない』などと罵られる

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2017/10/11(水) 11:26:43.02
山本太郎自由党共同代表が事実と異なる主張 安倍晋三首相の対立候補を応援 後にFBで訂正
産経新聞

自由党の山本太郎共同代表は10日、安倍晋三首相(自民党総裁)の対立候補の支援で訪れた山口4区(下関市、長門市)で、事実と異なる内容を街頭演説で訴えたとして同日中に自身のフェイスブック(FB)で訂正した。

山本氏は下関市内で応援演説した際、「安倍総理は選挙区で落ちたとしても比例で必ず復活します」と発言した。だが、首相は比例代表との重複立候補を辞退しており、選挙区で落選すれば比例での復活はない。

index

山本氏のFBは10日午後、「山口4区での応援演説で、選挙区で安倍さんは落ちても比例復活できる、お灸を据えましょうと発言しましたが、誤りでした。安倍さんは比例との重複立候補ではありませんので、選挙区で落ちたら議員じゃなくなります。訂正します。選挙区で落としてユックリしてもらいましょう」とする訂正文を掲載した。

http://www.sankei.com/politics/news/171010/plt1710100192-n1.html


元スレ:・山本太郎が姑息な応援演説「安倍は選挙区で落ちても比例で必ず復活します」←安倍は選挙区のみだボケ

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/10/10(火) 18:22:37.05
特集ワイド
アウシュビッツのガイド、中谷剛さんに聞く ヘイトとガス室は一本の線 「今の日本は黄信号」
毎日新聞2017年10月6日 東京夕刊

 ナチス・ドイツのアウシュビッツ強制収容所の跡地にあるポーランド国立博物館(オシフィエンチム)で、唯一の日本人公式ガイドを務める中谷剛(なかたにたけし)さん(51)を訪ねた。ぜひ聞いてみたかったからだ。戦後72年。戦争の記憶が薄れ、排外主義が台頭する中、「負の歴史」を繰り返してしまう懸念があるのか、と。
【鈴木美穂】

<ヘイトスピーチ 「失うものばかり」後悔の元「突撃隊長」>
<心は殺された>ヘイトスピーチ被害者が語ったこと
<「これがヘイトスピーチ」法務省が典型例>
<ヘイトスピーチ対策法1年、限界も 表現替え続く差別>
<朝鮮人虐殺事件 小池氏発言 「ヘイト」に拍車>

 9月17日午後。アウシュビッツ強制収容所跡に降り立つと、朝から降り続く雨で視界はかすみ、赤レンガの建物群は、陰気な空気を漂わせていた。

 日本語での見学ツアーの参加者は記者を含め25人。博物館として公開されている、アウシュビッツ第1収容所(20ヘクタール)と、3キロ先のビルケナウ(140ヘクタール)の両収容所跡を3時間かけて歩いて回る。

 中谷さんは大学卒業後、ベッドメーカーに就職。転機は1991年だった。学生時代に旅したポーランドで出会った若者と再会するため、仕事を辞めて再訪した。永住権を取り、働いていたワルシャワの日本料理店で、同僚のポーランド人から「アウシュビッツに収容されていた」と打ち明けられ、壮絶な実体験に衝撃を受けた。「歴史に関わろう」と一念発起し、ガイドを目指した。日本人初の公式ガイドとなって20年。昨年は年間430組を案内した。

 アウシュビッツは、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中の40年、占領下のポーランドで政治犯を収容するため開設、後にユダヤ人らを大量虐殺する「絶滅収容所」となった。130万人以上が連行され、ユダヤ人がその9割を占めた。

 「ここは、博物館であると同時に犠牲者を追悼する場でもある。どうか忘れないで」と中谷さん。

 「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」と書かれた収容棟の正門前ではこう語った。「収容者は毎日、この門を通って十数時間の労働に出ました。逃亡を防ぐ有刺鉄線が敷地を囲み、電流が通っていました。少ない食事で重労働を強いられ、餓死する人も少なくなかった」

 正門をくぐると、赤れんがの収容棟が整然と並んでいた。ポプラの緑が目に染みる。大学のキャンパスを歩いているかのようだ。心中を察したのだろうか。中谷さんが口を開く。「水たまりに気をつけて。水はけの悪い道がなぜこのままか。収容者がローラーを引き、地ならしした道だからです」

▼説明する中谷剛さん。写真は、ビルケナウに停車した列車から降り立つ人々。1車両あたり約70人がトランクとともに詰め込まれ、数百キロ以上も離れたところから、運ばれた=ポーランド・オシフィエンチムで2017年9月17日午後3時8分、鈴木美穂撮影

9

https://mainichi.jp/articles/20171006/dde/012/030/025000c

 1日1クリックで応援してね →
本文を読む

8e0efa091: ねこ名無し ★2017/10/10(火) 02:10:45.50
北朝鮮を「正しく恐れる」には
『山田厚史の地球は丸くない』第101回

山田厚史(やまだ・あつし)
ジャーナリスト。元朝日新聞編集委員。「ニュース屋台村」編集主幹。

「武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域に当該市町村が含まれる場合には、原則としてサイレンを使用して注意喚起が図られることとなっています」

内閣官房が設けたホームページに、そう書かれていた。「サイレン音の再生」という表記がある。クリックしてみた。

突然、ジェットエンジンの唸(うな)りみたいな鈍い金属音。音程は次第に上がり、やがて尻すぼみになり14秒間つづいた。

◆「北朝鮮はコワい国」を刷り込む警報

8月29日の朝、北海道や青森の街に、この警報が鳴り響いた。

Jアラート。「全国瞬時警報システム」という現代の空襲警報である。

サイレンが鳴ると爆弾が落ちて来る。差し迫った危機を知らせるのが空襲警報だった。

Jアラートは「武力攻撃が迫り、発生したと認められる地域」に発せられる。鳴ったということは「武力攻撃があった」ということだ。果たしてそうだろうか。

29日午前5時58分、北朝鮮の平壌空港近くから発射された火星12号は、6時14分、襟裳(えりも)岬東方約1100キロの太平洋に落下した。日本通過は高度5500キロの大気圏外を数分だけ。爆薬は装てんされていない。飛翔体が、航空機が飛び交う高度のはるか50倍上空を横切った程度のことだ。

「武力攻撃あり」と警報を鳴らし、人々を驚かせ、新幹線を止めたり、NHKの朝の連続ドラマを中止したりするほどのことだろうか。

Jアラートが発動されるようになったのは2年前だ。ミサイル警戒システムの進化で米国の軍事衛星が発射を探知するようになった。それを日本への武力攻撃とむすびつけて警報を鳴らすことが妥当なのか。

政府が警報システムを作れば、自治体も対応を迫られる。対応は避難である。小学校や役場など公共機関は、避難計画を作る。差し迫った危機を感じていないのに、「もしものことが起こった時はどうする」という殺し文句に勝てない。皆がやっていることだからと、事なかれ主義の対応が日本列島各地で展開されている。

「物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭を護(まも)ってください」と政府は呼びかける。異様ではないか。大気圏の上を通り越したあとになって避難訓練さながらに、手順通りに演じて見せる従順さ。警報が発せられたのは12道県618市町村。本当にこれほどの広域が武力攻撃の危険に晒(さら)されていたのか。

北朝鮮は、これからも太平洋に向けて試射を繰り返すという。そのたびにJアラートが鳴り、右往左往すればいいのか。警報は「北朝鮮はコワい国」という思いを、日常生活を通じて人々の刷り込む狙いかもしれない。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

CfKV3CdVAAEfKcs1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2017/10/09(月) 17:25:59.00
玉川徹氏 安倍晋三首相の「日程隠し作戦」を猛批判「野次ぐらい受ければいい」
2017年10月9日 13時40分 トピックニュース

9日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、テレビ朝日のコメンテーター・玉川徹氏が、安倍晋三首相の野次に対する態度を批判した。


番組では、22日投開票となった衆議院の選挙戦にあたって、安倍首相がとった演説の「日程隠し作戦」を取り上げた。5日、安倍首相は神奈川県・新百合ヶ丘駅前で街頭演説を行うはずが、直前になって約7km離れた向ヶ丘遊園駅前に急きょ場所を移した。安倍首相の遊説日程は5日以降公表されず、こうした動きはレーダーに感知されないステルス戦闘機にちなんで「ステルス作戦」とも称されているという。

なお、演説場所変更の理由については、自民党神奈川県連の幹部は「党本部側から『邪魔が来るから場所を変えられないか』と連絡があった」からだと明かしている。

この動きをめぐっては東京都議選における秋葉原での演説中、安倍首相が「安倍やめろ」コールに対して「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかない!」と応じたことが問題となったことがある。どうやら、そのような野次の声を警戒しての対策のようだ。

玉川氏は呆れた顔で「多くの人に聞いてほしいから街頭で演説するんでしょ? それなのにステルスやったら意味がないじゃないですか」「別に国会だって野次があれだけあるんだから、野次ぐらい受ければいいじゃないですか」と、安倍首相の対応に苦言を呈する。

続けて玉川氏は、安倍首相が「野次に弱い」とも指摘。安倍首相が国会で野次を受けるたび、答弁を止める姿を、「(野次をやめてくれと)言わないじゃないですか、ほかの総理!」と強い調子で批判した。続けて玉川氏は、街頭演説で野次を受けた場合、安倍首相が再び失言しかねないため、周囲が「ステルス作戦」と取らざるを得ないのではないかと推測している。

玉川氏は、誰でも街頭演説に行ける以上、野次は「選挙妨害」といえないと持論を展開。そして、組織動員での妨害ならば疑問だとしながらも、安倍首相の考えに反対する一般人が本人に向かって「おかしいじゃないか!」と声を上げるのは自然な成り行きだと力説していた。


http://news.livedoor.com/article/detail/13724120/


元スレ:・テレ朝・玉川徹「安倍は野次ぐらい受けろ」 演説の日程隠しを批判

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ