リベラル勢力

1: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/07/04(水) 06:31:49.68
sarah(この国法治国家だったよね?)@lovelovesarah 22:41 - 2018年6月29日
FBからシェア。

これ全国でやらない?
あっちこっちのスーパーやイベントホールにあるよね。
学校や役場にもあるかも。
日本中で、みんなで短冊に「アベは辞めろ」って書き吊るしまくったら、メディアも取り上げるよね。

やろうよ。
日本中で。

no title

以下同参された方達↓

no title

no title

no title

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ]018/07/04(水) 07:36:01.88
田原総一朗「嘘が常識の安倍内閣をなぜ国民は支持するのか」
〈週刊朝日〉7/4(水) 7:00配信

加計学園理事長が先日行った記者会見について、ジャーナリストの田原総一朗氏が矛盾点を指摘する。

*  *  *
重い責任のある人物たちが堂々と嘘を言い、それがまかり通っている。なぜ、日本はこんな国になってしまったのか。

たとえば、6月19日に加計学園の加計孝太郎理事長が記者会見を開いて、“2015年2月25日に、私と安倍首相が面会したというのは嘘で、愛媛県や今治市を騙したのだ”と堂々と言ってのけた。もちろん国民も騙されたわけだ。難航していた獣医学部新設の動きを進めるためにやったのだというのである。しかも、それは事務局長が勝手にやったことで、自分は知らなかったのだという。

しかし、19日の記者会見については、開くことも時間も、地元メディア以外は参加させないことも、すべて理事長が決めているのである。理事長が全権を握っているわけだ。

そんな学園で、安倍首相に会っていないのに会ったという大嘘をついて、国民を騙すということを事務局長が勝手にやる、なんてことがあり得るのか。

しかも、その大虚言を事務局長がいつ理事長に報告したのか。記者の質問に理事長は“覚えていない”と答えている。こんなことは、とても信じられない。記者たちは問うていないのだが、虚言の報告を受けて、理事長は何と反応したのか。よくやった、とほめたのか。それとも怒ったのか。怒ったのならば覚えているはずで、怒ったのではないのだろう。

そして、この大虚言を安倍首相にはどのように報告したのか。そのことを記者が問うと、なんと、“連絡していない”と答えた。これで私は、理事長の言うことが信用できない、というよりも嘘に嘘を重ねている、と思わざるを得なくなった。

加計理事長と安倍首相は、40年来の親友だということだ。それならば、安倍首相に迷惑がかかる嘘をついたということを、誰よりも早く安倍首相に報告すべきである。それをしなければ、安倍・加計の信頼関係は壊れてしまう。当然、安倍首相は怒るはずだ。だから、安倍首相に連絡していないと言ったことで、虚言そのものが嘘だ、と私は確信した。

嘘に嘘を平気で重ねているのである。


しかも、なぜ改ざんをしたのか、と記者に問われて、最高責任者である麻生財務相は“それがわかれば苦労しない。わからないから答えようがない”と言い、“個人がやったことで、そういうことはよくある。財務省に責任はない”と平気で答えている。堂々と嘘をつき、最高責任者が、何の責任もとらないのである。

財務省の元局長も、経産省の元首相秘書官も、平気で嘘をついている。まるで嘘をつくのが常識になってしまったようだ。

それでいて、朝日新聞をはじめ、どの新聞社の世論調査でも、安倍内閣の支持率は、何と上昇している。少なからぬ国民が安倍内閣を是認しているのである。
これは一体どういうことなのか。私は困惑している。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [US]2018/07/01(日) 19:52:01.00
しらべぇ

1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、サッカー日本代表が28日のポーランド戦で「時間稼ぎ」行ったことについて、司会の関口宏が「チームにイエローカードを出せないのか」と発言。

サッカーファンを中心に怒りの声が上がっている。


■張本勲氏は西野監督に喝

番組ではサッカー日本代表が28日にポーランド戦の試合終盤に攻撃せず、パスを回し「時間稼ぎ」に徹したことについて取り上げる。

それを聞いた張本勲氏は「まあサッカーファンとしては、ホッとしてますよ」とギョッとするコメント。そして、時間稼ぎに批判と擁護の声が上がっていることについて、「答えは出ませんわね」と一言。

そのうえで、同氏は西野朗監督の談話に喝を入れ、「不本意だとかね、苦渋の選択とかいうことを言っちゃダメよ、監督は。私が指示しました、それだけでいい」と一喝する。そして秋田豊も「(西野監督が)コロンビアとセネガルの力関係を分析してそういうサッカーをした」と解説した。

■関口宏が異論

ところが司会の関口宏は納得できなかったようで、「決勝トーナメントに行くことが目的であるならこの選択は間違いではなかったって意見は多いけど、見てるほうはつまらんわね」と苦言。

張本勲氏は、「どっちも正しいと思います。間違っていないですよ。両方、言い分がありますから。ただ、スポーツは『しかし』、は困るんだよね。勝ったけども『しかし』、負けたけども『しかし』、は困るんですよ」とし、戦術について理解を示す。しかし関口は

「例えば審判がチームに対するイエローカードは出せないのか。そういうのやって、だって(時間稼ぎ)無駄じゃないですか。イエローカードでも出せばいいんだよね」と納得していないような口ぶりを見せた。仮にチームのイエローカードが存在すれば、当然ながら日本は決勝トーナメントに進出できなかった可能性が高い。

チームへのイエローカードは「攻めている、攻めていない」の判断が難しく、審判の裁量に任されるだけに、混乱が予想される。現実的には無理だろう。

■関口に批判の声

西野監督の指示した「時間稼ぎ」については、一部スポーツ紙などから「規範を守らぬ愚策」「攻めるべき」など、厳しい批判が浴びせられている。

その一方で、岡田武史元代表監督など、スポーツ関係者からは「当然の策」という声があり、意見が二分していた。それだけに張本氏の見解が注目されていたが、それはなんと「どっちも正しい」というもの。

炎上の多い張本氏にしては珍しくどちらの意見にも配慮したものだっただけに、ネット民からは「珍しくいいこと言ってる」「まともな解説」など、驚きの声が。

その一方で、「チームにイエローカードを出せ」とまるで日本の決勝トーナメント進出について疑問視するような発言をした関口宏には、批判の声が噴出している。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

Img7220_400x4001: かぜのこ ★ 2018/06/30(土) 18:00:57.53
小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント@konishihiroyuki
日本代表の他力本願に批判。
本当にがっかりは予選敗退確定のポーランドの無気力プレー。
失うものはないのだから、攻撃選手を投入し二点目を奪い、
自らの手で日本を叩き落とす気概があるべきだった。
安倍政権打倒の使命を放棄し、ソロバン弾いて闘うフリだけしている野党議員を見るようで残念だった。

小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント@konishihiroyuki
西野監督、半端ないって。セネガルが得点なら、監督は世界的批判を受け、
永遠に愚将の汚名を受けるリスクがあった。しかし、情勢を冷厳に見透し
予選突破の最良の選択として他力本願作戦を決断。己の損得を完全に超絶した真のリーダーシップ。
決断する気すらなく、責任逃れに終始する政治家に爪の垢を。

https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1012715832718135296
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1012896660261724161

※関連ツイート
安倍晋三 認証済みアカウント@AbeShinzo (18年6月29日)

決勝トーナメント進出、おめでとう!次も、頑張れ、ニッポン!

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

8e0efa091: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ]2018/06/27(水) 08:38:11.66
(社説)ミサイル防衛 陸上イージスは再考を

安倍政権は、このまま北朝鮮の脅威を理由に、防衛力強化を推し進めるつもりなのか。


政府が2023年度の運用開始をめざす陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」もその一つだ。北朝鮮の弾道ミサイルの迎撃を名目に、東西2カ所に配備を予定する。

だが朝鮮半島情勢の緊張は、先の米朝首脳会談を境に緩和の流れに入った。弾道ミサイルの脅威に対しては、自衛隊はすでに、イージス艦が発射する迎撃ミサイル「SM3」と、地対空誘導弾「PAC3」の二段構えの体制をとっている。

そのうえ陸上イージスを導入することが本当に妥当なのか。

先週、小野寺防衛相が配備候補地の山口、秋田両県を訪ねて理解を求めたが、地元からは疑問や不安の声があがった。レーダーが発する電磁波による影響などに加え、攻撃対象になるという懸念も示された。

小野寺氏は「北朝鮮の脅威はなにも変わっていない」と強調したが、この説明には疑問が残る。安全保障分野で脅威とは、相手の「能力」と「意図」のかけ算とされる。北朝鮮にミサイルがあることは事実だが、対話局面に転じた情勢を無視して、「脅威は変わらない」と強弁し続けるのは無理がある。

政府自身、「日本にいつミサイルが向かってくるかわからない状況は明らかになくなった」(菅官房長官)と認め、北朝鮮のミサイル発射を想定した住民避難訓練の当面中止を決めた。陸上イージス計画の方は何事もなかったかのように進めるのでは、つじつまが合わない。

陸上イージスは米国製で、本体1基あたり1千億円弱。計2基で2千億円といえば、海上保安庁の年間予算に匹敵する規模だ。この巨額の計画を、政府が導入ありきで進める背景には、トランプ米大統領から強く米国製兵器の購入を求められていることもあるだろう。

安倍政権はこれまで、北朝鮮の脅威を追い風として防衛予算を増額してきた。だが真の狙いは、中国への対応にあるとされる。陸上イージスの導入によって、中国の巡航ミサイルへの対処や、米国本土に向かう弾道ミサイルの追尾情報の提供まで担うとすれば、導入コストはさらにふくらみ、対中関係の緊張も招きかねない。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US]2018/06/26(火) 23:44:26.80
RADWIMPS公演に抗議の男逮捕
共同通信2018/6/26 23:40 

人気ロックバンド「RADWIMPS」のコンサート会場周辺の交差点内に駐車したとして兵庫県警は26日、道交法違反の疑いで、男を現行犯逮捕した。バンドの曲の歌詞が不適切だと主張し、公演中止を求める抗議活動中だった。


CnjfwQ

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/06/26(火) 18:48:35.41




1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

8e0efa091: 名無しさん@涙目です。(タイ) [US]2018/06/26(火) 10:27:49.87 I
(社説)延長国会 政権の都合むきだしだ
2018年6月26日05時00分 朝日新聞

 延長国会最初の本格論戦だというのに、加計・森友問題の真相解明は全く進まず、重要法案や当面の政策課題をめぐる議論も深まらなかった。残る1カ月の会期を、政権が疑惑にフタをしたまま、問題の多い法案を強引に成立させる舞台にしてはいけない。

 きのう参院予算委員会の集中審議があった。獣医学部新設をめぐり、加計学園の加計孝太郎理事長が記者会見して以降、初めて安倍首相が答弁に臨んだ。

 加計氏は愛媛県文書に記された2015年2月の首相との面会を否定、学園事務局長がウソを伝えたと説明したが、説得力のある根拠は示されなかった。

 首相は改めて、加計氏との面会を否定。加計氏の会見内容については「政府としてコメントする立場にない」と繰り返した。一国のトップの言動が「捏造(ねつぞう)」されたというのに、このひとごとぶりには驚く。野党が求める加計氏の証人喚問にも、「国会でお決めになること」と、取り合わなかった。

 森友問題でも、政権の後ろ向きな姿勢が際立った。

 先週の参院決算委員会で、共産党議員が独自に入手した内部文書を明らかにした。財務省と国土交通省のすり合わせを記したもので、学園との国有地取引をめぐるやりとりを「最高裁まで争う覚悟で非公表とする」、大阪地検の刑事処分について「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」などの記載があった。事実なら、見過ごせない大問題だ。

 集中審議で石井国土交通相は、指摘から既に1週間がたっているというのに「出所不明で、体裁も行政文書とは思えない」などと答えるだけで、文書が本物かどうかの調査を確約することすらも避けた。首相がしばしば口にする「ウミを出す覚悟」はどこに行ったのか。

 一方で、きょうにも参院厚生労働委員会で与党が採決を強行しようとしている働き方改革法案について、首相は「多様で柔軟な労働制度へと抜本的に改革する70年ぶりの大改革」と自賛した。長時間労働を招かないか、高度プロフェッショナル制度の妥当性が問われていることなど、全く眼中にないようだ。

 政権・与党は、数々の問題点が指摘される「カジノ法案」や、与党の党利党略もあらわな参院選挙制度改革法案も、会期内に成立させる構えをみせる。

 熟議を通じ国民の懸念に応える。法案に問題があれば立ち止まり、必要なら修正を施す。それが会期を延長した政権・与党の責任だ。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

AS20170724004133_commL1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/06/26(火) 02:30:35.52
時事通信

福田康夫元首相が24日、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪問していたことが25日、分かった。中国メディアが報じた。日本の首相経験者では海部俊樹、村山富市、鳩山由紀夫各氏に続いて4人目。

中国メディアによると、福田氏は犠牲者に献花し、黙とう。記者団に対し「最も大切なのは平和で、戦争の悲劇は再び起こしてはならない。ただ、すでに発生した事実は進んで直視する必要がある」と述べた。

同時に「日本人は記念館を訪問し歴史を理解すべきだ」と指摘した。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

2: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/06/25(月) 15:28:55.60
水無月直 @Kinoa198764 6月23日

【拡.散希望】

今日、日比谷線の北千住方面に乗っていたところ、車内広告にこのようなシールが貼られていました。

政治がどうこうつぶやくつもりはないのでこの内容については言及しませんが公共機関の広告にこのようなことをされていたことに憤りを感じます

no title


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [JP]2018/06/24(日) 14:21:40.04
DgYV9NDVQAIMdXr

鈴木 耕@kou_1970 6月23日
私は昼のNHK「沖縄の式典」を見た。
安倍首相への批判の声が、NHKの努力にもかかわらず、かなり聞こえていた。
つまりNHKの技術をもってしても、中継では批判のヤジを消せなかったわけだ。
あとのNHKニュースでは消すでしょうけどね…。

有田芳生 認証済みアカウント @aritayoshifu 6月23日
まず、大きな声がありました。「モリカケー!」。

BARANEKO@BARANEKO0409 6月23日
沖縄戦全戦没者追悼式
安倍晋三の「挨拶」が始まった
会場の参列者から「安倍、帰れ」のヤジが飛んだ

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [BR]2018/06/23(土) 18:06:51.07
「韓国人になりたい」日本男児(ナムオル)いつの間にか増殖中の怪
K-POPへの偏愛とストイックな生態
現代ビジネス 6月22日
桑畑 優香

■K-POPアイドルに「寄せる」男子たち

2枚の写真を見比べてみていただきたい。1枚目は、ある日本の青年が自身のインスタグラムに載せたものだ。明るい色の髪、力強い目線を強調したメイク。コメントには「ゆんぎメイク練習中なり」。ゆんぎとは、K-POPアイドルグループ・防弾少年団のメンバー、SUGAの本名だ。確かに、SUGAの写真(2枚目)を彷彿とさせる。
no titleno title

最近、韓国好き女子の間で、彼らは韓国語の「ナム(男)」と「オルチャン(顔がきれい)」の省略形を合わせ、「ナムオル」と呼ばれている。
(ちなみに本場韓国では「ナムオル」という言葉は存在せず、日本オリジナルの造語)。

『インスタ女子の間で「#韓国人になりたい」流行中の意外と深イイ理由』という記事を書いてから半年。今、原宿や表参道などのオシャレスポットには韓国人っぽいメイクや服装の女の子が普通に闊歩し、コリアンタウン・新大久保は駅に入場規制がかかるほどの活気を帯びている。

そんな中、新たな異変を感じたのは、今年2月のことだった。「K-POPアイドルグループのメンバーがこんなところに!?」東京・渋谷マルイの前を歩いていたとき、ひときわ目を引く男子2人組とすれ違った。年齢は10代後半から20代前半ぐらい。明るい色に染めたマッシュルームカットの髪、アイシャドウや赤いティントでメイクした顔、黒いロングコートにスキニーパンツ。来日したK-POPアイドルが、東京でオフの時間に行きたい場所の筆頭として挙げるのが渋谷、原宿界隈だ。「もしや、K-POPグループのメンバー!?」と、こっそりマジマジと眺めるも……該当者ナシ。どうやら一般人のようだった。

ふと見渡すと、街にちらほら点在する「韓国人になりたい」風の男子たち。なぜ今、ナムオルが増えているのだろうか。そして、彼らが目指しているものとは? 彼らに話を聞いてみた。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

peo_tuda_1-thumb-600x600-1151: (^ェ^) ★2018/06/23(土) 08:46:53.86
津田大介「日本にも波及した広告引き揚げの動き」〈週刊朝日〉
6/22(金) 7:00配信

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。企業がまとめサイト「保守速報」に掲載された広告を取り下げる動きについて解説する。

*  *  *
 ヘイトスピーチやフェイクニュースなどを発信するウェブサイトに広告が掲載されることが企業イメージを毀損(きそん)させるとして、欧米では企業がそうしたサイトから広告を引き揚げる動きが活発化している。その動きが日本にも波及しつつあるようだ。

 6月初旬、プリンター大手・セイコーエプソンの子会社のエプソン販売は、まとめサイト「保守速報」に広告が掲載されているとの一般ユーザーからの問い合わせに、サイトへの広告配信を停止すると回答した。このユーザーが同社の回答をツイッター上で公開したことで、一躍注目を集めることとなった。

 保守速報は、「嫌中・嫌韓」にもとづく差別的な記事や、左派を中傷する記事を多数投稿する5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のまとめサイト。多数あるまとめサイトの中でも攻撃的、扇動的で、ヘイトスピーチやデマの温床、拡散元ともなっている。


 昨年11月には、保守速報の記事が在日朝鮮人の女性ライターに対する人種差別や名誉毀損にあたるとして、大阪地裁から賠償命令が下されている。

 このような問題のあるサイトに、自社の広告を掲載したいという企業はほとんどないだろう。しかし実際には、エプソンを始め、多数の1部上場企業の広告が掲載されていた。もちろん、そのほとんどは意図した掲載ではない。背後には、広告テクノロジーが高度化、複雑化したことで、広告主がどの媒体に広告が掲載されるか事前に把握できないという事情がある。

 エプソンの広報担当者は、広告停止の理由を尋ねたJ‐CASTニュースの取材に対して「中立性を維持するという社内規定に反するため」と回答。代理店側が提案する配信先に含まれていたことに気づかずに誤って出稿してしまったという。

 エプソンは「広告の掲載方針を改めて徹底する」としているが、企業ブランドを毀損しうる媒体を提示した代理店の責任も重い。このような倫理なき広告業界の一部が、ヘイトスピーチやフェイクニュース発信サイトの「ビジネス化」を促進させているからだ。

 エプソンの対応については、おおむね好意的な評価を得ているようだ。メディアに批判的に取り上げられ、やむなく対応を迫られたわけではなく、一人のユーザーからの問い合わせに真摯に、そして即座に対応したことに称賛の声が上がっている。

 さらに、保守速報に広告が掲載された別の企業への問い合わせを促す運動も活気づき、複数の企業が広告停止に踏み切っているという。保守速報に掲載される広告は目に見えて減少し、6月12日にはすべての広告が消えた。

 欧米では不適切なサイトやコンテンツに広告が掲載されることで、企業や製品のブランド価値が損なわれるのではないかという「ブランドセーフティー」への懸念が高まっている。広告業界も掲載媒体を限定するホワイトリストや、掲載禁止媒体を設定するブラックリストを提供するなどの対策を進めている。

 こうした動きを対岸の火事と見てきた日本の広告業界も、今後は対応を迫られることは必至。日本でもこの議論や対応が活発化することを期待したい。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: (^ェ^) ★ 2018/06/22(金) 21:27:49.40
3日同じ質問で怒られるの巻

東京新聞・望月衣塑子
「森友で菅さんが佐川氏らとやり取りした記録がないと言う国会答弁。手控えもないのは問題だ」

菅義偉官房長官
「この場は政府の見解を述べる場、貴方の要求を受ける場ではない」

望月衣塑子
「個人的と言うより国民にとって重要な声。イージスアショアが~」 (略)

index

▼ネット上のコメント

・何処の国民の事を言ってるんだろ?

・本物の記者さんも、楽しみだよね!偽物記者が、どんなトンチンカンな質問するか!

・うるさい 溜まってんだな(-。-

・is子の言う国民に私が入っていない事を祈るばかりである。

・私は新聞記者さんは頭のよろしい方ばかりだと思ってたけど、違うのかしら😰

・違うことをすれば、資金がでなくなるんですよ。彼女の唯一の与えられた任務なんでしょう。気の毒に。

・日本政府はやさしいなあw

・東京新聞の社会部記者が国民の代表?? 勘違いもいい加減にしてくれと。

・イージスアショアは配置まで何年もかかるのに今から備えないといざという時またあたふたしなければならないのでは?ほんとくだらない質問ばかりの望月記者。

・イージスアショアが〜〜国民は一日も早く欲しいと思っております。確かに大切な質問ですね😁

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [KR] 2018/06/22(金) 21:56:07.99
ゴゴ通信 2018/06/22 21:50:35

朝日新聞長岡支局記者の伊丹和弘さんは「産経さん、記事中に出る広告は少し選んでほしい」として該当記事のリンクと画像を貼り指摘。二次元の女の子の少しエッチな画像が出稿されていたという。
no title
https://twitter.com/itami_k/status/1010113707567771650

どうやらこの朝日新聞記者は直前にこういったたぐいのゲームサイトを閲覧していたものと思われる。実際に私が見たところ「東急リバブル」の広告が表示されたのが確認できた。
2

この広告は閲覧履歴だけでなく記事の単語からも拾ってきており、多くの人が不動産の広告が表示されているという報告が挙がっている。

朝日新聞記者のツイートに対して
「オールドメディアの人って、ほんとにネットに疎いんですね。そりゃ時代遅れにもなります」
「閲覧者の日頃の行いが…(苦笑)」
「なんで貴殿のにはそんなのが出たんでしょうねぇw」
「えっと、これは貴方の閲覧履歴から最適な広告が出されるんですよ(^_^;)
という指摘がリプライされている。

それに対して朝日新聞記者は「ちなみに僕の広告が出たのは会社のスマホ。そっち系の広告が出るような履歴はありませんw」と切り返した。会社のスマホでこの広告が出るのも問題だと思うのだが……。
no title
https://twitter.com/itami_k/status/1010125830196883457

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ