売国奴・売国マスコミ

1: オリエンタルな名無しさん 2015/02/22(日) 09:30:20.53 ID:3sbdxBOt8e0efa09
首相のヤジ―敵意むき出し華もなし
2015年2月22日(日)付

 先日の衆院予算委員会で、耳を疑う場面があった。


 民主党の玉木雄一郎氏が、砂糖業界団体の関連企業から西川農水相への寄付について、「脱法献金だと言わざるを得ない」と追及していた時のことだ。

 首相が自席からこんなヤジを飛ばした。

 「日教組!」「日教組どうするの、日教組!」

 玉木氏は「総理、ヤジを飛ばさないで」と繰り返し、見かねた大島理森予算委員長が「総理、総理も、ちょっと静かに」とたしなめた。

 NHKやネットで生中継されていた中でのこと。首相がどうしてこんなヤジを飛ばすのか、多くの人が首をひねったに違いない。

 首相の念頭には自民党が野党時代に国会で取り上げた民主党議員と日教組との関係があったようだ。翌日には民主党からの抗議に「今後、静かな討論を心がけたい」と語った。

 ヤジは「議会の華」という。ただし、これは言論を生業とする政治家ならではの絶妙な「突っ込み」をたたえる言葉だ。

 首相はよく、答弁中のヤジに「私が答えているんですから」と顔をしかめる。それなのに閣僚の疑惑を突かれたからといって敵意むき出しで言い返すのでは、行政府の長としての矜恃(きょうじ)や品位を自らおとしめることにしかならない。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/02/21(土) 21:18:50.44 ID:???CI0003
2015年2月21日 東京新聞

 小中高校生が外国人と交流しながら英語を学ぶ体験施設「英語村」の構想を都教育委員会が打ち出した。施設内では日本語を原則禁止とする。二〇二〇年東京五輪を見据え、子どもの英語力強化を目指す。ただ、先進地の韓国では、費用がかかりすぎて立ちゆかなくなった施設もあるといい、都教委は長所と短所を検証しながら具体化する。  (松村裕子)

 「英語村」構想は「東京グローバル・スクエア」という仮称。昨年末に発表した都の長期ビジョンで二〇一八年度開設が明記されている。都の一五年度予算案に検討費千六百万円が盛り込まれた。

 都教委によると、施設では英語を話す外国人とともに生活体験をしたり、触れあったりする。屋外に施設を新設するか、既存の建物などを使った室内施設とするかなど形態は未定。一五年度に有識者を交えて具体的な検討を始め、開設場所や体験プログラムの内容など制度設計を進める。

 都教委は、二四年度までに、高校卒業段階で日常生活に必要な英検準二級程度の英語力を習得する到達目標を掲げている。このため、公立学校の英語科教員を英語圏の国に三カ月程度派遣するなど、二〇年度までに英検準一級などの英語力を持つ教員を中学で60%以上、高校で85%以上に高めるという。

 一方、英語熱の高い韓国では、〇四年に京畿道(キョンギド)が英語村を設置後、自治体の直営や民間への運営委託による英語村が各地に広がった。経済力によって英語教育に格差がある家庭に、海外留学に代わる体験ができるようにする狙いだ。

 各国の英語教育事情に詳しい椙山(すぎやま)女学園大(名古屋市)の木村隆教授は「外国の街並みが再現され、場内に外国人スタッフが住むなど、子どもたちが疑似的な留学を体験できる」と長所を挙げる。

 ただ、視察した韓国の英語村では、ハンバーガーショップ店員と客の会話が韓国語だったといい、「『英語だけ』という原則が形骸化した施設もある」と指摘した。

 舛添要一知事は昨年十二月の会見で「韓国の英語村はコストがかかりすぎて、失敗の面があったと聞いている。プラス、マイナスを研究して、外部の意見も入れたい」と語った。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150221/CK2015022102000122.html?ref=rank


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: Hi everyone! ★ 2015/02/21(土) 12:32:17.57 ID:???
 今回は、特定の民族や人種への憎悪をあおる、ヘイトスピーチについてお伝えします。

 国連の人種差別撤廃委員会が去年8月、人種差別にあたるとして日本に規制するよう勧告するなどして批判が高まり、一時期の激しさはやや収まりつつあります。

 この動きは今後どうなるのか。そしてそもそも、なぜ憎悪を募らせているのか。

 それを知る手がかりとして、ヘイトスピーチを伴ったデモに、3年前から加わったという男性を取材しました。
 
 男性のアパートを訪ねました。年齢は40代。契約社員をしながら、1人暮らしをしています。部屋は6畳一間。テレビはなく、ネットが主な情報源です。
img_14244083064_1

 男性をヘイトスピーチに向かわせた感情、それは在日外国人に対して抱く不公平感だと言います。

「自分がこんなに苦労しているのに『日本のために何をしてくれるのか、こいつら』という思いです」。

 経済的な理由から大学を諦め、専門学校で学んだ男性。卒業後、希望していた仕事には就けず、300万円を超える奨学金の返済のため、アルバイトなどを続けました。今、貯金はほとんどないと言います。

 男性は「パスタで過ごしているので、今月は。今の夢は、今度の給料で米10キロを買うことです」と明かしました。
img_142440830710_1

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2015/02/21(土) 05:14:37.27 ID:???8e0efa09
 真っ青な海のかなたに突然、岩の塊が現れた。

 韓国・鬱陵島(ウルルンド)から高速船で1時間40分。ソウルに留学中の大学生(21)=大阪府出身=は昨秋、竹島(韓国名・独島〈トクト〉)を訪れた。雲一つない青空を背に、四方が断崖絶壁の孤島は、神秘的だった。

 韓国が実効支配する竹島を、日本から訪れる手段はない。日本の外務省は旅行者に、韓国からの渡航も自粛するよう求めている。韓国側の管轄権に服することを認めたという誤解を与えかねないとの理由だが、大学生は「この目で見たい」と韓国側のツアーに参加した。

 韓国人観光客が「独島はわが領土」と記したカードを手に写真を撮り合い、警備隊員が銃を肩にかけていた。悔しさを感じた。

 だが、高ぶった気持ちは同行したインド出身の留学生らの感想を聞いて冷めた。「ほかの国はもっと深刻な問題で悩んでいるのに、なぜ日韓は小さな岩でいがみ合っているんだ」

 隣国と国境地帯の帰属をめぐり、流血が続く国もある。大学生は思う。「関係を台無しにしてまでぶつかる必要があるのか、大きな視野で考えてみたい」

 ← 滅びよ朝日と思った方はクリック
本文を読む

1: Egg ★ 2015/02/20(金) 19:55:24.84 ID:???*afb5ff28
室井佑月「総理がネトウヨみたいなことをいいだした」〈週刊朝日〉
※週刊朝日  2015年2月27日号

エジプトで行われた首相演説について国会で質問を受けた安倍首相。その答弁に、作家の室井佑月氏は驚いたとこういう。

*  *  *
 
先週号で、卑劣なテロ集団の日本人殺害事件における疑問を書いた。この国のこの先がどうなるのか、テロと闘うとは具体的にどのようなことであるのか、というような。

そのことは、「テロと闘う」「罪を償わせる」、そう発言した安倍首相に聞くしかないじゃん。この国の指揮をとっているのは政府であるから、政府に対しての質問になる。が、そういう疑問を少しでも口にすると、「今、政権批判をするのは、イスラム国を利するだけ」などといって非難されてしまう世の中の雰囲気が出来上がっている。

なぜ、そうなるのか。

きっと、一部の声のでかい人がそういいだして、結果、その声に政府は助けられ、そしてそういう政府の立場を慮(おもんばか)ってマスコミが忖度(そんたく)し、巷に変な空気が出来上がってしまった。

この国の国民なら、国がこの先どうなってゆくのか、心配して当たり前じゃないの。それを他国の総理に聞けっていうのか。おかしくないか? ……そう思っていたら、2月3日の参議院予算委員会で共産党の小池晃さんが、質問してくれた。

小池さんはテロは許されないと断言し、中東への支援金についての安倍首相の言葉が、人質の殺害が予告される前と後とで、微妙に違うことを指摘した。殺害予告前のエジプトでおこなったスピーチでは、拘束された日本人に危険がもたらされるとは考えなかったのかと。つまり、この国の代表ならもっと言葉を選ぶべきだった、もちろんそれはこれからも、というような発言をした。

すると、安倍さんは、「小池晃さんのご質問は、まるでISILに対して、批判はしてはならないような印象を受けるわけでありまして、それはまさにテロ集団に屈することになるんだと思いますよ」と答えた。会場はざわついた。委員長により、一旦、審議は止められた。


そりゃあ、そうだ。一国の総理が質問には答えず(いつもこの人は答えないけど)、自分(安倍さん)のやり方に反対する人はイスラム国の味方、というネトウヨみたいなことをいいだしたんだから。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァーφ ★  2015/02/20(金) 13:45:19.86 ID:???*20080924_keizai
産経前支局長公判 自民・二階氏「産経も努力を」 慰安婦問題で新聞批判も
産経新聞 2月20日(金)13時26分配信

自民党の二階俊博総務会長は20日の記者会見で、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止状態が続いている問題について「産経側も努力していただかなきゃならないが、自民党としても今後引き続きしっかりやっていきたい」と述べた。二階氏は今月訪問した韓国で朴槿恵大統領らと会談した際、「日本国民は皆心配している」などとこの問題を提起していた。

また、両国間の関係悪化の要因の慰安婦問題に関し「気に入らない新聞がいらんことを書いているが、おかしい。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえなければ」と指摘。
さらに「われわれは一生懸命解決の糸口をつかもうと努力している。日本のマスコミならマスコミらしく、協力をある程度してもらわなければならない」と主張した。

また、5月半ばに予定している自身の訪中の同行者数について「ほぼ3千人ぐらいを考えている」と明かした。二階氏は韓国には観光業界関係者ら約1400人を引き連れて訪問した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000529-san-pol


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 影のたけし軍団ρ ★  2015/02/20(金) 07:11:39.90 ID:???*e52c432336ed2bafa66a766db3ab2856
古賀茂明「日本再生に挑む」
国民を戦争に巻き込む安倍総理の言動は異常であることを発信すべき

(中略)2月9日、報道関係者や学者らが記者会見を開き、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。


インターネットなどを通じて名を連ねたのは、是枝裕和、坂本龍一、香山リカ、内田樹、吉田照美、福岡政行、森永卓郎、前泊博盛、青木理、今井一氏ら各界で活躍する人々。現職のNHKや民放のプロデューサー、ディレクターや新聞記者も名を連ねた。

声明を起草したのは、映画監督の是枝裕和さん、コーディネート役はジャーナリストの今井一さんだ。私の1月23日の報道ステーションのコメントI am not ABEが大反響を呼び、ネットだけでなくラジオで辛抱次郎さんが私を中傷するような発言をしたり、産経新聞が名指しで私を批判したりする事態にまで発展し、神奈川県警が私の家に巡査部長二人を派遣して注意喚起するなど、どんどんきな臭さが増しているという状況を見て、これは何とかしなければならないと私も思いを同じくして、一緒に立ち上がることにした。

声明では、「現政権を批判することを自粛する空気が国会議員、マスメディアから日本社会までをも支配しつつある」「「非常時」であることを理由に政権批判を自粛すべきだという理屈を認めてしまうなら、あらゆる「非常時」に政権批判ができなくなる」などと警鐘を鳴らしている。

私の発言に限らず、最近、政権批判をすると激しいバッシングが起きる。「バカ」「極左」など単なる誹謗中傷にとどまらず、「死ね」「次はお前だ」など生命の危険を感じるような言葉も浴びせられる。こうなると人権侵害、さらには「脅迫罪」という犯罪が成立する可能性すらある。

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/02/19(木) 17:23:58.95 ID:???B-CXbemCEAIdZ9W
 志位和夫委員長は17日の代表質問で、安倍晋三首相が今年発表するとしている「戦後70年談話」に関し、首相が「村山談話」にある「植民地支配と侵略」への「痛切な反省と心からのおわび」という核心的内容をあいまいにし、事実上否定する姿勢を示していることを厳しく批判しました。

 そのうえで、「『村山談話』の核心的内容を継承する」「首相や閣僚による靖国参拝は行わない」など日本共産党が提唱する「日本とアジア諸国との和解と友好に向けた日本の政治がとるべき五つの基本姿勢」を提起し、安倍首相の見解をただしました。

日本とアジア諸国との「和解と友好」へ「五つの基本姿勢」

 (1)「村山談話」「河野談話」の核心的内容を継承し、談話の精神にふさわしい行動をとり、談話を否定する動きに対してきっぱりと反論する。

 (2)日本軍「慰安婦」問題について、被害者への謝罪と賠償など、人間としての尊厳が回復される解決に踏み出す。

 (3)国政の場にある政治家が靖国神社を参拝することは、侵略戦争肯定の意思表示を意味するものであり、少なくとも首相や閣僚による靖国参拝は行わないことを日本の政治のルールとして確立する。

 (4)民族差別をあおるヘイトスピーチを根絶するために、立法措置を含めて、政治が断固たる立場にたつ。

 (5)「村山談話」「河野談話」で政府が表明してきた過去の誤りへの反省の立場を、学校の教科書に誠実かつ真剣に反映させる努力をつくす。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-18/2015021801_02_1.html


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/02/19(木) 11:39:17.85 ID:???3f04bb504813a8cc0126d16eab2b9389
日本と韓国が国交を正常化して、今年で50年となる。戦後70年とともに歴史の大きな節目である。

韓国は最も近い隣国で、歴史的にも結び付きは強い。しかし、外交関係は「厳冬期」といわれる状況だ。安倍晋三首相と朴槿恵(パククネ)大統領の首脳会談は実現のめどが立たない。

竹島は韓国が実効支配している。従軍慰安婦問題など歴史認識の対立でも双方の隔たりは大きい。

とはいえ、両国間を年間500万人が行き来する。不協和音が双方の利益にならないことは明らかだ。


安倍首相は、施政方針演説で「韓国は最も重要な隣国」と述べた。日韓議員連盟の会合では「対話をスタートさせることが大事だ」とも語った。「未来志向」に転換するためには、首相が先頭に立って関係改善への行動を起こす必要がある。

日本と韓国は、1998年に「パートナーシップ宣言」を行った。時の小渕恵三首相と金大中(キムデジュン)大統領で合意した結果で、それを受けて日本の大衆文化が韓国で開放され、日本でも「韓流」が大ブームとなった。

それに先立つ関係改善の努力があったことを思い起こすべきだろう。従軍慰安婦問題で「旧日本軍の関与」を認めた河野談話(93年)や、植民地支配と侵略に言及した村山談話(95年)などはその象徴だ。

談話への批判や不満は日韓両国にある。だが、内閣府の調査では、3年前まで韓国に「親しみを感じる」という人がそうでない人を上回っていた。

今は「親しみを感じない」が6割超と逆転したが、民間レベルの交流は以前より深まっている。

 ← お断りどすと思った方はクリック
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/02/18(水) 00:11:31.96 ID:???150217
二階訪韓団の国交正常化50周年ツアー大成功

宣言に調印した二階、ビョン両氏(左から)
交流の夕べで日韓要人が笑顔で記念撮影

 日韓国交正常化50周年を記念した社団法人全国旅行業協会(会長・二階俊博自民党総務会長)主催の日韓友好交流ツアーは14日から16日まで行われ、和歌山県内の120人をはじめ全国各地から観光業界関係者ら民間人1400人が参加。二階会長がツアー共催の韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)と日韓観光交流拡大宣言を調印し、様々な交流事業に積極的に参加し、双方向の友好・交流を拡大することなどを誓い合った。冷え込んでいる日韓関係改善に向けて大きなきっかけになると期待される。

 ロッテワールドホテルで行われた日韓観光交流拡大会議で二階会長とビョン社長が日韓交流拡大宣言に署名捺印。全国旅行業協会と韓国観光公社が日韓の絆を深め、両国間の人的交流を促進するため(1)両国観光当局、観光団体、企業と密接に連携して最大の平和産業である観光が先頭に立って双方向の友好・交流を積極的に推進する(2)両国で開催されるイベント、博覧会、文化・芸術交流、青少年交流、スポーツ交流、自治体交流など様々な交流事業に積極的に参加し、双方向の観光交流拡大を促進する(3)地方都市で開催される民間交流と連携して両国の地方交流活性化事業を積極的に推進し、地方の観光資源の魅力を伝えるとともに、地域経済の活性化に貢献する(4)2018年ピョンヤン冬季五輪・パラリンピック、2020東京五輪・パラリンピックの成功に向け、情報を共有し、双方向および諸外国からの来訪を促進する、ことを約束した。

 調印後、韓国旅行業協会主催の日韓友好交流夕べの集いがあり、日本側から二階会長、久保成人観光庁長官、別所浩郎駐韓日本大使、韓国側からヤン・ムスン韓国旅行業協会長、キム・ジョンドク文化体育観光部長官ら要人があいさつ。くす玉わり、日韓伝統芸能公演、キム・ヨンジャ祝賀公演などで親睦を深めたほか、朝食勉強会ではキム・ギムン中小企業中央会長が二階会長に感謝杯を贈った。二階会長は「いがみ合ってののしりあう時代は終わらせなければいけない。正常化50周年を契機に本当に仲良くなったと思える時代をみんなで築いていこう」と呼びかけた。日韓の中小企業代表者が定期的に交流し意見交換するよう提案したことも報告し「スポーツ界、文化など同じような交流活動は100や200はできる。つまらないケンカをやる前にこういうことをやるべき」と強く訴えた。あわせて5月中旬に中国を3000人規模で訪れることも報告した。

紀州新聞
http://www1.ocn.ne.jp/~ks-press/150217.html


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/02/18(水) 09:44:02.04 ID:???ref_l
 中国中央テレビ(CCTV)は13日朝のニュースで、安倍晋三首相が12日の衆参両院本会議で行った施政方針演説について、日本共産党の小池晃副委員長のインタビューを交えて報じました。

 ニュースは、安倍首相が演説の多くの時間を経済政策について割く一方で、安全保障や改憲については多くを語らなかったと指摘。安倍首相の手法は、国民の反発を恐れ、安保法制の改定など自らが重視する課題を意図的に避けたものだとの分析を示しつつ、野党から厳しい批判があがっていることを紹介しました。

 続いて、小池氏が録画で登場し次のように語りました。

 「彼(安倍氏)のやり方というのは、経済政策で支持を勝ち取って、それをバックにして安保政策を変えていくというものです。平和のためだというのであれば、いままでどおり、日本は“集団的自衛権は行使しません”“海外で武力行使しません”という原則でいくべきです。ようするに、全体としてやっていることは、『積極的平和主義』どころか“積極的軍事路線”にほかならないと思いますし、これはアジアの平和と安定にとって大変な脅威になってくるのではないかと思います

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-14/2015021402_04_1.html?_tptb=089


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★@ 2015/02/17(火) 23:30:17.74 ID:???bandicam 2014-11-05 21-11-05-845
有田芳生 @aritayoshifu ・ 11時間 11時間前
慰安婦問題にしても南京大虐殺についても「あった」ことを「なかった」ことにしようとする邪悪な試みは、歴史に対する重大な犯罪行為だ。そこでは被害者も加害者も消滅させられる。人間存在の圧殺。事実捏造の行き着く先は日本のディストピア化だ。いまわたしたちはそうした時代に生きている。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/567531849501528064


元スレ:・【話題】有田芳生「慰安婦問題や南京大虐殺などあったことをなかったことにしようとする邪悪な試みは歴史への重大な犯罪行為だ」

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2015/02/18(水) 00:24:36.76 ID:???8e0efa09
「素粒子」―2月17日
2015年2月17日15時39分

 足元で広がる格差には気づかず。遠くホルムズ海峡でありやなしやの機雷封鎖はまざまざと見え。われらが首相。

    ☆

 同じ数字がいかようにも読め。足踏みか回復の兆しか。GDPわずかにプラス。いずれにしても遠い事に思えて。

    ☆

 昔はしょうゆだって借りたもの。隣近所のつきあいは薄くなり。日韓のお金の融通協定おわる。ああ金の切れ目。

http://www.asahi.com/articles/ASH2J3PHFH2JUSPT003.html


 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: シャチ ★  2015/02/17(火) 19:58:26.08 ID:???*af4c0d4fa08282770b841183f8422bc1
 共産党の志位和夫委員長が17日の衆院本会議で代表質問した際、議場から「テロ政党」とのやじが飛んだ。共産党は問題視し、林幹雄衆院議院運営委員長に事実関係の究明を申し入れた。

 問題のやじは、志位氏が過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件に関する認識や、テロ組織をどう解体に追い込むかを安倍晋三首相にただした際に飛んだ。「さすがテロ政党」との内容だった。

 共産党によると、どの位置から声がしたか、はっきりしなかったという。やじが聞こえなかった共産党議員もいるといい、議場は一瞬ざわついたが、混乱は起きなかった。(共同)

 [2015年2月17日19時23分]
http://www.nikkansports.com/general/news/1435751.html

元スレ:・【政治】「さすがテロ政党」 共産・志位委員長の代表質問の際に何者かがヤジを飛ばす

 ← 1日1クリックで応援してね
本文を読む

1: ダーティプア ★ 2015/02/17(火) 16:38:53.16 ID:???3f04bb504813a8cc0126d16eab2b9389
1900年代初め、日本の外交官として両国の共益に尽くした若山兎三郎がいる。どのような人物であったのか、永野慎一郎・大東文化大学名誉教授の「明治期外交官・若松兎三郎と韓国:共生のための苦悩」を今号から連載する。

◆熱心なキリスト教信者として人道主義に基づく「共生」追求◆


韓国が日本の植民地支配から解放されて70年、日韓国交正常化から50年の節目の年である。歴史を振り返り、過ちを繰り返すことなく、両国民が共有できる未来志向の関係構築が重要である。

そのためには、歴史を直視し、認め合い、赦し合い、協力し合うことが大事である。価値観を共にする両国は協力して「共生への道」を切り開くべきである。

 ← お断りどすと思った方はクリック
本文を読む


このページのトップヘ