韓国メディアの異常報道

5088943i1: 動物園φ ★ 2016/10/13(木) 11:04:30.29
【コラム】科学技術でリードするロシアと戦略的協力拡大すべき=韓国
2016年10月13日10時52分 [ 中央日報/中央日報日本語版]

ロシアは世界で最も広い、韓半島(朝鮮半島)の面積の78倍に達する1708万平方キロメートルの土地に石油と天然ガス、ウランなどの天然資源が豊富に埋蔵されている。朴槿恵(パク・クネ)大統領は9月3日にウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでロシアのプーチン大統領との会談を通じてユーラシア経済連合(EAEU)と自由貿易協定(FTA)を本格推進することで合意した。EAEUはロシア主導でカザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタンなど旧ソ連諸国が参加する一種の関税同盟だ。両国はまた、24件の了解覚書(MOU)を締結し、これを通じて人工知能など先端技術分野と宇宙分野に対する協力を強化していくことにした。

ロシアは世界初の人工衛星「スプートニク」、世界初の有人宇宙船「ボストーク」を打ち上げた国で、ロケット技術、発射体技術、有人宇宙船などの分野で西側先進国を上回る技術を持っている。それだけでなく、1954年に世界で初めて原子力発電所を稼動し、世界1位の原子力発電所建設受注を誇る。分子物理、原子分子物理、放射物理、プラズマ物理、有機化学、無機化学など基礎科学分野も強固だ。2015年までにノーベル物理学賞受賞者12人、ノーベル化学賞受賞者3人を輩出した。

1990年12月に始まった韓ロ科学技術協力センターはこれまでフォーラムとセミナー開催、研究者交流と情報交流などをしてきたが、今年下半期からはさらに進んで技術事業化まで業務領域を拡大していく予定だ。これを通じ韓国の技術基盤スタートアップ企業がロシア進出の機会を得られるだけでなく、ロシアの優秀な技術基盤企業の韓国進出が活発になり、韓国企業の開放型革新も図れると期待される。また、両国の技術を融合し第3世界技術市場に進出する機会も確保できるものとみられる。

ロシアは国内の研究開発減少と研究者の社会的地位低下で新進研究者が減少している。こうした点を考慮し、韓国研究財団は未来創造科学部とともにロシアが強い分野の夏季研修プログラムに韓国新進人材が参加できる機会を提供するなど戦略的協力案をまとめることにより両国が科学技術の発展に寄与するよう努力する予定だ。

プーチン大統領は2012年の再執権以降、革新と研究開発の強化、特に技術集約型産業育成政策を展開している。また、大学の競争力強化に向けたグローバル化に積極的に投資している。世界ランキング100位のうち大学5校を入れるといういわゆる「5/100政策」が代表的だ。これは韓国とロシアが強い科学技術分野を中心に協力を活性化できる条件が成熟していきつつあることを示唆する。経済・産業分野だけでなく科学技術分野でも協力を拡大していくならば、韓国の創造経済領土をロシア、さらには宇宙まで広げられることができる踏み台になるだろう。

趙武済(チョ・ムジェ)韓国研究財団理事長

http://japanese.joins.com/article/627/221627.html


元スレ:・【韓国】ロシアとの技術協力を拡大し、韓国の創造経済領土をロシア、宇宙まで広げよ

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

3164d22f-s1: 蚯蚓φ ★ 2016/10/10(月) 16:12:14.31
イータイムス(韓国語)

  今日の日本人は1万2千年前、海水面上昇で日本が島として孤立する時、陸地から渡ってきた3-4の人種の子孫だ。韓半島から移動したモンゴル系人種、シベリアから南下したアイヌ族、そしてポリネシアと中国から渡ってきた南方海洋族と中国人などだ。これらが日本人の先祖になったが、支配種族は韓半島から渡ったモンゴル系渡来人だった。今、日本人の血の半分近くはモンゴル系だ。

その後、1万年余りが流れたBC3世紀-AD1世紀、弥生文化時代の時に韓半島から渡来人が大挙して日本に渡っていった。そしてAD4世紀に第二陣の渡来人が日本へ渡った。この渡来人が奈良に大和政権をたててそこに定着した土着人という一種の民族意識を持つようになった。

AD6-9世紀に入って彼らは渡来人ではなく日本人という認識を持つようになった。この時期に彼らは彼らの本土である高句麗、百済、新羅三国から文物を積極的に受け入れた。同時に彼らは三国を克服しようとする競争意識も持った。そのため、日本という独自の国名を持ちながらも本土との従属関係を否定しようとする新しい動きが生じた。

彼らは本土との従属関係を否定する新しい歴史が必要だった。日王ゲンメイ(元明)はAD711年、百済人二世、アン・マンリョ(安万侶)に口伝された日本古代史を本にまとめるよう命じた。それで作られたのがAD720年、テンム(天武)時に完成した日本書紀だ。神話時代からAD697年までの日本古代史を記述した歴史書だ。

問題はこの日本書紀に記述された内容があまりに事実と符合せず虚構的な内容が多い点だ。韓半島南部の任那日本府説がそれで、神功王后の新羅征服説がそれだ。この様な虚構的内容はアン・マンリョが意図的に歴史を歪曲したためだ。百済滅亡(AD678)後、父について日本へ渡ったアン・マンリョは本土、特に新羅に対し深い怨みを持っていた。

アン・マンリョは歴史の記述を通じて韓半島に勝ちたかったし、歴史と文化面で日本が先んじた国と強弁したかった。それで彼は日本書紀の記述で歪曲と虚偽、操作を日常的に行った。姑息な日本人たちはアン・マンリョのこの様な歴史記述が事実と符合しないことを明らかに知りながらもその内容を事実であるかのように受け入れた。

その結果、壬辰倭乱(AD1592)以後、日本指導層の間で征韓論という新しい風潮が生じた。この風潮が一層発展したのが19世紀、福沢諭吉の征韓論だった。ユキチの征韓論は日本の韓半島植民統治を正当化する理論的後押しとして作用した。韓国の歴史を抹殺しようとする植民史観もやはりこの征韓論に基づいて作られた。通史的側面から見れば日本人の本土コンプレックス→アン・マンリョの日本書紀歴史歪曲→征韓論と植民史観に結びついた日本人の集団的対韓コンプレックスが1千年を軽く越えて続いてきたわけだ。

最近、韓国人客に提供するすしにワサビを過度に入れた大阪のすしチェーン店「市場ずし」の'ワサビテロ'が広く知られた。続いて韓国人乗客に発給したバス切符に‘キム・チョン’と表記した大阪阪急バスも物議を醸した。

韓国人に対してこの様な差別行動をした人々は平凡な日本人たちだ。彼らがこの様な差別的行動をした動機は大きく二種類ある。一つは日本人の間に広範囲に広まっている歴史的コンプレックスが誤った形で表現されている点だ。二つめは彼らがちょっと良い暮らしをすることになるとすぐに隣国を見下す成金根性が底辺に敷かれているためといえる。

従って最近の事件は社会心理学的に対韓コンプレックス+成金の自惚れ、ということが一つに重なって現れた集団コンプレックス現象と見なければならない。歴史的に隣国は日本を倭(ウェ)と呼んだ。ちびで浅はかな者たちが暮らす国と蔑視して呼んだ名前だ。ワサビテロと同じ正常ではない行為に接したら、なぜ古人たちが彼らを倭と呼んだのか分かってあまりある。恐らく倭という名前はこれから千年過ぎてもなくならないようだ。


チェ・ジェワン主筆
s-20161010_10823435

ソース:イータイムス(韓国語) 集団コンプレックス
http://www.etimes.net/service/etimes_2011/ShellView.asp?ArticleID=2016101010285800749


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/10/07(金) 19:30:51.47 ID:CAP_USER
<天才と変人たちの日本科学史>侵略戦争のおかげ…「ノーベル科学賞常連」日本の不都合な真実
ソウル経済(韓国語)

「天才と変人たちの日本科学史」後藤秀機著1万8,000ウォン
1L2LOCMQOQ_6

大隅良典、東工大栄誉教授が今年、ノーベル医学・生理学賞を受けて日本科学がまた注目されている。日本のノーベル賞受賞者は合計25人で、科学分野では22人にもなる(他に文学賞2人、平和賞1人)。このうち京都大学出身が6人で最も多い(東京大学は5人)。

人材の蓄積や物的支援では地方の京都が首都東京に適いそうもないのに逆転している。日本科学界では「京都出身はノーベル賞を多くとっているのに東京はなぜとれないのか」という問いが相変わらず話題だ。

私たちの立場では次の様な質問が可能だ。日本はノーベル賞をとれるのになぜ私たちはとれないのか。新しい本「天才と変人たちの日本科学史」(邦題:天才と異才の日本科学史)は1854年の「開国」後、160年間以上のノーベル賞受賞者をテーマに日本近現代科学を整理した。

この本で目を引く部分は日本近代化過程の影響だ。強制されて門戸を開放した日本は必死に西洋追跡に出る。そして西洋勢力をまねて東アジア侵略戦争をする。日本の科学はこれを通じて発展した。


「東洋にないものが二種類ある。有形では数理学、無形では独立心だ。」開花期の思想家、福沢諭吉の言葉だ。日本は西洋に留学生を送って近代学問を受け入れたが彼らの専攻は主に医学と化学だった。福沢が基礎を築いた科学は日本軍の侵略戦争で武器となって力を育てた。

ワックスを混ぜて爆発力を大幅に高めた「下瀬火薬」は露日戦争の対馬海戦で効果をみせた。生理学分野では天人共に怒る731部隊の悪行を省くことができない。研究者1,000人余りが細菌戦と人体実験に投入された。石川太刀雄丸(いしかわ たちおまる)という細菌学者は戦争直後、標本をこっそり隠して帰国後、研究に使うほど執拗な冷血だった。

京都の科学的成果はこの様な近代化の情熱と悪行が入り乱れて蓄積したものだった。また、近代化の初期科学者らは規制が厳しい東京を捨てて京都と大阪に集まった。自由な雰囲気によりこれら大学が成果を出し、この様な傾向は今も続く。ともあれ日帝の韓半島侵略と科学発展が結びついていることは私たちにとって不都合な真実だ。


http://www.sedaily.com/NewsView/1L2LOCMQOQ


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2016/10/07(金) 15:58:26.48
[現場から]日本の嫌韓、韓国の反日
ハンギョレ新聞(韓国語)

3年前、日本に赴任後しばらくしてのことだ。知人の紹介で日本のある地方紙に勤める日本人記者と夕方を共にすることになった。日本に赴任した2013年9月、日本国内の嫌韓熱風が頂点に達した時だった。東京の‘韓流の中心’だった新大久保では毎日のように「チョン(韓国人を侮辱して呼ぶ言葉)は日本から出て行け」という在特会(在日特権を許さない市民の会)の嫌韓集会が続いていた。

自然に‘日本の嫌韓’と‘韓国の反日’が酒席の主題に上がった。当時、彼は「今、見える‘嫌韓集会’は葉っぱに過ぎない。日本人には骨の隋まで韓国・朝鮮に対する差別意識がある」という話をした。日本に到着してまだ1カ月にもならない私にとって彼が投げたその言葉は心の傷になり、それでできるだけそのような事実を意識しないで生きるよう努力してきた。

最近、日本国内の嫌韓の流れに敏感にならざるを得ない不快な話を相次いで聞いた。
一つは韓国人観光客が多く訪れる大阪の‘市場ずし’難波店で「韓国人観光客が日本語を出来ない気配が見えたら店員どうしで‘チョン’とあざ笑いながら食べ物を作る。ワサビをたくさん入れて苦痛の表情を浮かべ辛くて涙を流す客を見て、自分たちどうし‘あの表情見たか?’といいながらあざ笑う」という内容だった。

それにしても毎日毎日息をする瞬間瞬間が苦しみの連続なのに急速な疲労感が感じられてこれを
記事にしなかった。また何日か後には関西地域の大型バス会社である‘阪急バス’の職員が4月19日、大阪梅田で兵庫県有馬温泉に向かう韓国人のバス切符に‘キム・チョン’という名前を書いたという報せに接した。キム・チョンを日本語に変えれば多分‘鈴木チョッパリ’程度になるだろう。 バス会社側は6日、日本メディアの取材に「聞こえたまま入力したので、悪意はなかったと考えている」と釈明したが、その話を誰が信じるだろうか。

韓日関係が悪化した去る2012年から日本では途方もない嫌韓熱風が吹いた。当時、日本書店に行けば<愚韓論(愚かな韓国論)><韓国人による恥韓論(恥ずかしい韓国論)>等嫌韓論が本棚を占領していた。韓国を蔑視し、ばかにして結局は韓国は3流国家に墜落して滅びてしまうだろうと呪う内容だ。毎日あふれる嫌韓ニュースに心が傷だらけになりこのままではうつ病になるかも知れないと考えたこともある。

多くの日本人たちが韓国には‘反日’があるではないかと反論するだろうが、韓国の反日には日本の嫌韓の様な他民族に対する差別・蔑視・呪いの感じはない。韓国人の大部分が日本人の誠実さ、勤勉さを尊敬し毎年ノーベル賞受賞者を出す日本の基礎科学の底辺と底力を驚嘆の目で眺めている。反日感情が噴出するのは日本が過去に犯した植民支配と侵略の歴史について正しく謝罪する姿を見せないような印象を与える時ぐらいだ。


過去の歴史的経緯を見ても韓国は日本を侵略して植民支配したことはなく、言語と文化を奪おうとしたこともない。首都圏に大地震が発生した時、‘15円50銭’を発音してみろといって、答えられなかった人々を虐殺したこともない。韓国人が日本をどれくらい好きか見せる統計がある。過去3~4年の間の途方もない関係悪化にもかかわらず日本を訪問した韓国人数は2012年204万人、2013年245万人、2014年275万人、2015年400万人と急増する傾向だ。今年に入ってから8月まで、すでに328万人が日本を訪れた。この傾向なら今年、日本を訪れる韓国観光客数は500万人を越えるかも知れない。これに比べて韓国を訪問する日本人観光客は2012年351万人、2013年274万人、2014228万万人、2015年183万人と急速に減った。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/10/02(日) 20:07:19.54 ID:CAP_USER
京畿日報(韓国語)

日本軍慰安婦被害者を嘲笑する文句が入った日本ゲームの韓国国内正式発売が確定し、ゲームファンたちの反発をかっている。
外国製ゲームの国内正式発売承認手続きが容易でハングル化発売に特別な制裁がないせいだ。

2日、ゲーム流通会社ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント・コリアによれば同社は日本コンソールゲーム6種をハングル化して国内で発売することに決めた。この中でアトラス社が開発した有名ゲームシリーズ「ペルソナ5」をめぐり論議が盛んだ。

現代日本の通りを背景に現実で起きそうな体験をしながら不思議なうわさや都市伝説の様な事件を解決していくロールプレイング・ゲーム(RPG・Role Playing Game)、シリーズ物のペルソナシリーズは国内はもちろん全世界的に人気が高い。

しかし、今回発売されたペルソナ5はゲームのあちこちに日本軍国主義を象徴する戦犯旗が登場するだけでなく、韓国慰安婦被害者らをばかにする文句まで挿入された。ゲームのあらすじの中間に「謝罪と弁償を要求する」というセリフが出てくるが、これは日本極右インターネット・コミュニティなどで慰安婦問題などを材料に韓国人を嘲笑したり非難する時しばしば使う文句だ。


問題は外国製ゲームの国内正式発売承認手続きが過度に簡素で国民感情に反するゲームでも難なく発売できる点だ。ゲーム産業振興に関する法律上、国産ゲームと外国製ゲームのどちらも利用年齢等級分類だけ受ければ正式発売が可能だ。ペルソナ5もやはり‘全体利用可’等級に分類されて来年、国内発売が確定した。

▼来年、韓国正式発売を控えた日本アトラス社のコンソールゲーム「ペルソナ5」のスチールカット
1245548_1149213_3146

1245548_1149214_3147

報せに接したゲームファンたちは「右翼指向が強いゲームの国内正式発売を決めたことは慰安婦被害者らを無視する行為」として「国民として容赦できないのに正式発売決定が下された事実にはあきれる」と非難している。

一部、ネチズンらは発売反対署名運動も始めた。これについて流通会社は「ゲームファンたちが反発する内容について確認できる部分がない」として沈黙しており、当分、議論は続く展望だ。


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/09/28(水) 00:45:01.77 ID:CAP_USER
世界で最も権威のある文学賞はノーベル文学賞だ。韓国の詩人、高銀(コ・ウン)は2002年から何と14年間も毎年ノーベル文学賞受賞候補者に嘱望され今年も国民が多くの期待をかけている。

ところが英国ベッティング会社ラドブロークスの発表によれば今月19日時点で日本の村上春樹が配当率5対1でノーベル文学賞受賞1位に浮上し、コ・ウン詩人は共同11位に終わって今年もノーベル文学賞受賞の可能性は低いという。

コ・ウン詩人は朗読会や講演会など海外行事に積極的に参加してきた。僧侶出身の詩人の仏教的詩世界も西欧社会では話題になった。ノーベル文学賞が作家の政治的履歴も勘案する点から民主化闘争をした人生も充分条件になった。

詩人は70冊余りの詩集に数千編の市を上梓したが、国民の多数が暗唱する詩は「灯台守」「秋の手紙」「矢」等少数に終わっている(訳注:韓国では勝承夫の詩「灯台守」がコ・ウン作とされている)。彼の詩は詩の特徴である含蓄性が不足していると一部で評価されているとも言う。

詩人がノーベル文学賞を受賞するには多作を止め、節制された象徴的な言語で韓民族の情緒と民族の魂が込められた名詩をさらに多く創作する必要がある。
そして政治的に偏向してはならない。政権の肩を持ったり野党だけに傾倒せず、中立を守らなければならない。もちろん独裁政権や人権抹殺、弾圧には明らかな声をあげなければならないが、その様な場合を除いて文学自体に忠実で国民の愛をさらに多く受けなければならない。

また、彼の作品の中から名詩を厳選してさらに多く、スウェーデン語や英語などで翻訳出版して各国に広く普及しなければならない。またもっと旺盛な作品活動をして村上春樹の作品水準を凌駕する傑作をたくさん創作することを期待する。


一方、詩人は民族文学的思考の代わりに人類普遍の命題と感情に立った文学を指向しなければならない。韓国政府もコ・ウン詩人の詩がスウェーデンなど海外にさらに広く知られるように外交的努力を傾注しなければならない。

最近、コ・ウン詩人の故郷の全北(チョンブク)群山(クンサン)に萬人譜彫刻公園が造成され、萬人譜文学祭が開催されている。詩人の自宅がある京畿(キョンギ)安城市(アンソンシ)ではコウン文学研究所と萬人譜アカデミーが創立された。この様な研究の会と行事がノーベル賞受賞に弾みを与えることを望む。

シン・サング文学評論家、忠清(チュンチョン)文化歴史研究所長
1

ソース:東亜日報(韓国語) [開かれた視線/シン・サング]コ・ウン詩人のノーベル賞受賞条件
http://news.donga.com/3/04/20160927/80489332/1

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★4968578i
ウェブトゥーン(ウェブ漫画)は韓流と何の相関関係もない文化ジャンルから始まった。発端は漫画本をはじめとする図書出版文化の衰退だった。これは漫画本の出版がまだ活発な日本や米国のようなところではウェブトゥーンが勃興する理由がないという意味でもある。韓国は日本や米国とは違い、市場規模が非常に小さい関係で外圧や内的変化の要因に敏感な社会だ。貸し漫画屋で漫画本を楽しんでいた世代が消え、今やスマートフォンでコンテンツを楽しむ新しい世代へと急激に入れ替わるにつれ韓国の漫画家たちが生きていける唯一の方法は漫画本をデジタル化する苦肉の策だけだった。

◆未来険しく見えた漫画のデジタル化

もともと本になった漫画をデジタル化する作業、いわゆる漫画の変換媒体化(intermedia-lization)作業はハリウッドのディズニーが大規模に始めた。いちいち手で描いた漫画をアナログフィルムで撮って漫画映画あるいはアニメーション作業を行ってきたディズニーとしては、10年から20年もかかっていたアナログ作業を1年以内で終えられる画期的な技術が必要だったのだ。そのような技術を米国のアニメーション・ソフトウェア会社がもたらした。アドビが開発したフォトショップ、映画『アバター』のアニメーション作業に使われたマリ(MARI)、そしてビデオゲーム会社が主に使うユニティプロのようなプログラムがまさにその例だ。

米国のように大型映画会社やゲーム会社が主軸になって開発されたデジタル漫画のジャンルを貧弱な市場構造を持つ貧しい韓国の漫画家が受け入れるには手にあまる険しい選択肢だった。新しいデジタル技術を学ばなければならず、機械に対する投資も行わなければならず、たとえ作品が完成したといっても読者がお金を出してデジタル漫画を買うという保障はどこにもなかった。こうした険しい未来を予告したデジタル漫画ジャンルの可能性を切り開いたのが、まさに韓国だけが持っていたポータルサイト文化であった。韓国のポータルサイトはニュースダイジェストというPCフォーマットを超えて総合エンターテインメントと情報検索サービスを追求する新しいモバイルベースのポータルサービスへと進化しながら全世界で唯一の無料デジタル漫画、すなわちウェブトゥーンサービスを始めた。もちろん無料でコンテンツを提供しなくてはいけない劣悪な国内の漫画市場があったが、無料でデジタル漫画をポータルにアップロードさせなければ生き残れなかった貧しい漫画家たちは泣く泣く、ひとまず自分たちの名声を知らせるつもりで史上最悪のデジタル漫画市場の生態系に参入した。

一瞬聞くとデジタル漫画が無料だという話はそのまま漫画出版会社にとってはがん宣告とも同じに聞こえるかもしれない。有料で漫画を借りたり買ったりしていた読者がいくらもしないうちに誰もが無料ウェブトゥーンをサービスするポータルサイトに乗り換えることは明らかだったからだ。これまでの出版漫画市場は急速な衰退が避けられない状況だったし、無料漫画市場を開いたポータルサイト業者はウェブトゥーン作家に原稿料を支払う必要がなかったために近い将来、韓国のすべての漫画も消えると予想された最悪の現象が、まさに韓国型漫画のそのデジタル化であった。したがって無料で自身のウェブトゥーンを国内ポータルで出版するのは自殺と同じ愚かな行動と解釈されるかもしれなかった。さらに1クリックあたりの収入が保障されない状況なのでなおさらだ。

しかし最近ウェブトゥーンを通じて大ヒットを出した事例を見ると、ポータルサイトに上げられたウェブトゥーンはまず公式に自身の作品に対する著作権を取得し、漫画市場で実質的な読者を相手にテストしてみるという非常に興味深い作業でその正体が徐々に明らかになっている。獲得された著作権に対する実質的な収入は前で述べた変化媒体化を通じて保障されるのだ。
>>2以降に続く)

http://japanese.joins.com/article/713/220713.html
 

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★
【寄稿】日本はいくら侮辱し続けても韓国の友好国であり続けるのか
国際社会を自らの希望・期待で眺める韓国人
2016/9/11
 朝鮮日報

 韓国は国際情勢に対して非常に敏感にならざるを得ない宿命を抱えている。米国、中国、日本、ロシアなどの大国に囲まれた地政学的な位置はもちろん、経済的にも海外市場に大きく依存するしかない地経学的な状況から考えてもそうだ。そのため国際情勢に対する客観的かつ現実的な理解はもちろん、困難を乗り越える優れた外交政策がどの国よりも必須になるのだ。ところが実際は韓国人ほど周辺国についての理解が乏しく、また国が直面する現実から顔を背ける国もない。「韓国人がどれほど裕福か韓国人が最も理解していない」「北朝鮮の危険性を気にしないのは韓国人だけ」「大国の日本を無視する国は世界で韓国しかない」といった冗談めいた言葉も単なる冗談には聞こえないのだ。

 しかし本当に深刻な問題は、国際社会と周辺国に対する韓国人の独特な理解の仕方が完全に固まっており、簡単には変わらないという点にある。
国際情勢に対する客観的理解や分析は後回しにして、われわれの希望や期待を前面に出すものの見方に完全にはまり切る傾向が非常に強いのだ。時には相手国の政策を何か「陰謀」のように受け取り、これに簡単に納得してしまうこともある。現実と懸け離れた非常に偏った考え方で周辺国を理解しようとするわけだ。

 まず中国に対するわれわれの見方はぶれてばかりだ。今や大国となった中国は、韓半島(朝鮮半島)では北朝鮮と共に韓国を自分たちの側に引き入れようとしており、また東シナ海では日本の優位を脅かそうとしている。さらに南シナ海では人工島を建設してまで勢力を伸ばそうとしている。このように中国は周辺国に対して非常に攻撃的であるにもかかわらず、われわれは中国を好意的に見る傾向が非常に強い。これは北朝鮮との関係ばかりを軸に中国を理解しようとするからだ。そのため米中関係という観点から米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を理解する中国の反発に、韓国は非常に当惑している。「中国は北朝鮮側ではなく韓国側」という期待ばかりが先立ち、結局は裏切られた形だ。国際情勢に対する中国の認識の根底には「米国との戦略的競争」という発想があり、その緩衝地帯となる北朝鮮を簡単に捨て去ることなどあり得ない。ところが韓国人はこのような現実的な利害関係に対する認識よりも、自分勝手な期待ばかりが先立っているのだ。

 日本に対する見方も非常に単純だ。日本を幅広い観点から理解するのではなく、歴史の延長線上でばかり考えることに完全に慣れ切ってしまっているのだ。韓国人は「日本は韓国に対する加害者だから、韓国は日本に対して何を言ってもやっても問題ない」と考えている。また「韓国と日本が現在、あるいは未来に何をどのように協力できるか」といった考えも最初から後回しだ。日本なしには韓国の安全保障や経済が動かないという現実には最初から思いが至らない。
韓国は人口動態や社会・経済的状況など、あらゆる面においておよそ20年遅れで日本とほぼ同じ状況になっているが、この事実についても韓国は顔を背けている。日本が韓国にとって協力者であり、また反面教師でもあることを理解するにはまだ多くの訓練が必要なのだ。

 米国に対する認識も非常に偏向している。米国と自由貿易協定を締結する際には「米国の牛肉を食べれば狂牛病(牛海綿状脳症、BSE)にかかる」と誰もが考えた。しかし米国産牛肉を口にして健康を害したという話はまだ聞いたことがない。科学的な根拠などほとんどないにもかかわらず、THAADと共に配備されるレーダーの影響で農作物に害が及ぶという見方も定着している。「米国が国を守ってくれるのは当然」と考える一方で、同盟を強化するための方策には最初から反対する。反米を高らかに叫ぶ市民団体も、中国の圧力に対してはなぜか声を上げないし、また北朝鮮の核開発や人権じゅうりんに対しても抗議行動などは全くやらない。

 国際社会の流れを正確に読み取り、周辺国の考え方をしっかりと把握できなければ、韓国の運命は風前のともしびのようになってしまうだろう。米国が未来永劫(えいごう)われわれを守るという期待も、また日本はわれわれがいくら侮辱しても友好国であり続けるという仮定も、さらには中国はいつか北朝鮮を捨てわれわれの側につくという期待も、全て一度立ち止まって考え直さねばならない。国際社会はわれわれの希望どおりには動いてはくれないのだ。

 国内問題ばかりに没頭し、自分たちの利益ばかりを追い求めていられるほど、韓国が直面する状況は安易なものではなく、むしろ非常に危険で厳しいのが現実だ。米国と中国、中国と日本が厳しく対立する転換期に、韓国は自らの生存と繁栄をより確実なものとするため、今後いかなる戦略を取るべきだろうか。これは国際社会の動きを冷静に見据えた上で判断しなければならないのだ。
 
パク・チョルヒ(ソウル大学日本研究所長、国際大学院教授)
 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/09/2016090901844.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

dsada1: 蚯蚓φ ★ 2016/09/05(月) 16:23:25.06 _USER
[デスクから]日王と安倍
朝鮮日報(韓国語) 2016/9/04

1868年の明治維新政府スタート前、日本人は日王に熱狂していなかった。彼らが日王を敬うことになったのは明治政府が権力維持のために選んだ政策のためだった。維新の主役は下級武士だったため、藩主や自分たちより身分が高いサムライを推して政府の権威を立てる象徴が必要だった。明治日王は1867年即位当時、満14才の柔弱な少年に過ぎなかったが、維新の主役らは自分たちさえ崇拝しなかった幼い王を現人神と褒め称えて国家支配のための道具に利用した。

「天皇は神国日本を統治する現人神だ。日本人は神の子孫だ。天皇のために喜んで死ぬべきだ」という論理が開発された。日本の大衆は明治末期を経て大正・昭和時代になって「天皇制」が作った民族的ナルシシズムに陶酔した。当時、日本の実質的支配者は軍部と財閥だった。軍部は日王の手足になって働く忠臣を自任し、王の権威に寄り添って国民の上に君臨した。財閥はそのような軍部と手を握って力を育てた。

雁屋哲著「日本人と天皇」では「天皇について不敬な話をするのは基本的に禁止され、近代天皇制はこの様な恐怖によって維持された」と批判した。軍部と財閥は日王の権威を前に出して国民を支配し戦争に向かって暴走した。象徴としての日王の存在は戦後作られた日本平和憲法1条にも「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴でありこのような地位は主権を有する日本国民の総意による」という文章に残っている。

安倍総理など日本保守勢力は憲法を直してこの様な「象徴天皇制」をさらに強化しようとしている。国家の象徴から国家元首に昇格させようとする。日王を国家元首と規定した昔の明治憲法体制に近い形態に戻そうとしているのだ。昔、軍部がそうだったように日王の権威を絶対的なものとして国民を支配するという意図でありうる。

安倍の意図の通りになれば日王は何の言葉もなく、ただ存在するだけでなければならない。ところが最近、明仁日王が象徴としての役割を止めると爆弾宣言をした。安倍の表情が固まり、一部の右翼勢力は日王が'自身の声'を出したことに慌てた。日本社会の一部ではこの事件を日王が憲法改正に断固たる反対意思を明らかにしたという見方もある。


憲法改正に賛成する側の日本経済新聞は最近の報道で先月9~11日、自社で実施した世論調査の結果、安倍内閣支持率が直前調査より4%ポイント高い62%になり2年ぶりに60%台にのぼったと明らかにした。安倍が2020年東京オリンピックまで総理職を継続することを願うかとの質問にも59%が'そうだ'とした。

この様な支持が安倍の国政運営方向に白紙委任状を与えたわけではないだろう。日王が委任状を与えなかった。彼の生前退位意志は平和憲法改正後、あるかもしれない歴史の退行に参加しないという意思を込めたとも見られるからだ。


チェ・ウォンソク国際部次長
2016090402125_0

[出処]本記事は朝鮮ドットコムで作成された記事です

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/09/04/2016090402128.html

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

4968578i1: 鴉 ★ 2016/09/05(月) 19:59:53.82 _USER
<Wコラム>連続性、韓国のプライド、あなたは本当に「韓国」を知っている?
WoW!Korea 9月5日(月)17時52分配信

 小倉紀蔵『韓国は一個の哲学である』に「朝鮮半島は常に北と南からの侵略の脅威にさらされてきた。外圧と儒教〈朱子学〉の影響で道徳的理を追い求めてきた」という内容のことが書かれています。

 韓国は大きくて喧嘩の強い相手に力では勝てないので、その存在を抹殺されないために一生懸命勉強して身を守ったという見方もできます。

 「武」がなければ「文」を極め、たとえ小さくとも悠久の歴史を育んで来たというプライドが独自の存在を維持してきました。


 世界地図を見てもユーラシア大陸東のちょこっとした半島に韓民族が独立国として持ちこたえているばかりか、その小さい国土(日本の四分の一)でG20に入る経済力を持ち、「民主主義」制度を取り入れるまでになりました。

 このユーラシア大陸北東地域は蒙古、女真、契丹、遼、韃靼など幾多の民族が攻防を繰り広げましたが、残ったのは韓民族と蒙古民族だけです。

 代わる代わる台頭する国からの侵略によくもこれまで持ちこたえたと誇りに思います。大陸から海へ、島から大陸への道すがらであるこの国の地政学的位置は一言で「過酷」だったと言わざるを得ません。

 この驚異的な粘りは神代の昔から脈々と育んで来た由緒ある血統つきの民族であるという自負心です。

 ややもすれば折れてしまう心を持ちこたえさせたのは「あんな過酷な状況の中でも先祖たちは持ちこたえたのだから、これしきのことは」という歴史を教訓としたからであり、それを受け継いでいくという歴史意識と連続性へのこだわりでした。

文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00000068-wow-asent


元スレ:・【話題】神代の昔から脈々と育んで来た由緒ある血統つきの民族であるという韓国のプライド、あなたは本当に「韓国」を知っている?

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

bandicam 2014-11-01 16-46-05-2701: 蚯蚓φ ★ 2016/09/05(月) 13:28:13.43 _USER
[特派員リポート]‘安倍・マリオ’は敗戦の自尊心を救うため?
世界日報(韓国語)

先月、リオオリンピック閉会式のびっくりスターは安倍晋三(62)日本総理だった。日本のゲームキャラクターであるスーパーマリオに扮装して舞台に上がってスポットライトをあびた。体面を重視する日本の感情を考えれば安倍総理のスーパーマリオ変身は破格だ。「安倍・マリオ・晋三」という別称もできた。日本ではこれについて裏話があふれる。

オリンピック開催は都市単位でなされる。国家支援がなければ困るが公式には開催都市の役割が重要だ。従ってオリンピック閉会式で注目されるべき人は次の開催都市の首長である小池百合子(64)東京都知事であった。閉幕式の時、オリンピックの旗を渡される小池知事の顔に苦笑いがにじみ出ているように感じたのは私だけだろうか。

安倍総理が舞台に登場するやいなや直ちに帽子を取ってしまったのも自然ではなかった。パフォーマンスを見る人々がスーパーマリオということを十分に認識した後、ゆっくり脱ぐ方が良かったようだ。赤い帽子には‘TOKYO’(東京)と記されていた。彼は閉会式を見る観衆と全世界の視聴者に次の大会が東京で開かれるという事実より「スーパーマリオ=安倍」ということを一刻もはやく知らせたかったのかもしれない。

スーパーマリオというゲームは怪物に連れて行かれた王女を救うため主人公が冒険に出発するというあらすじだ。ゲームをしたことのある人は自分が主人公になって冒険に発つ姿を想像したようだ。そのためか小さい頃、経験したこのゲームと安倍総理の現実が度々重なった。

安倍総理は聨合軍(怪物)に奪われた日本の自尊心(王女)を取り戻すのに自身の政治人生を注ぎ込んでいるような印象だ。敗戦で日本が担うことになったくびきを脱ぐといういわゆる‘戦後体制脱皮’だ。
戦争と軍隊の保有を禁止した‘憲法9条’改正が代表的な目標だ。ロシアからの北方領土(クリル4島)返還も同じ脈絡に見える。国連安全保障理事会改革を叫んで常任理事国進出を推進するのも‘戦勝国の集まり’を無力化して敗戦国というレッテルを外そうとすることでないかと思う。

安倍総理はゲーム機に一度コインを入れてゲームをしたことがあるが、実力不足で‘ゲームオーバー’(総理職辞退)した経験がある。それで5年間、切歯腐心してゲームのこつを覚えてコインをまた入れて再挑戦(第二次執権)した。しかし、時間制限(自民党総裁任期3年)がある。コインは連続2度まで入れることができるという規則もある。彼はすでに2回目のコインを入れた状況だ。ところがゲーム進行速度を見ると最後の敵を倒すには時間不足のようだ。それでコインをもう一つ入れられるように規則を変えようとしている。周辺の人々に「安倍でなければ終わらせられないだろう」という話を流して雰囲気を作り始めた。

安倍総理が任期を増やしてでも成し遂げたい具体的な目標は何か。敗戦後、軍事分野に使うお金を経済分野に注ぎ込んで経済を起こした日本が今になってあえて憲法9条を直して‘戦争できる普通国家’を作って何をするというのだろうか。最近、軍事力増強に出るのも不安だ。場合により北朝鮮を先制攻撃できるとし‘専守防衛’概念を堂々と否定する安倍政権の人々の言葉もそのまま聞き流すには重い。過去の栄光を再現するとし、戦争でも起こすということだろうか。「侵略の定義は決まっていない」などの安倍総理発言も歴史を上書きしようとするのではないかという疑いを持たせる。

もちろんすべての日本国民が安倍総理を支持しているのではない。平和主義者として知られたアキヒト(明仁)日王も軍事大国化を指向する安倍総理の歩みに数回否定的な見解を表わした。安倍総理は中国、杭州で開かれるG20(主要20カ国)首脳会議出席のために出国しながら「韓国および中国と未来指向的関係を発展させたい」と話した。そうしたいならやはり過去問題の清算が出発点になるほかはない。

それで日本に訊ねたい。過去の過ちについてまともに謝って和解したのか、相変らず誤りはないと言い張っているのではないのか。


ウ・サンギュ東京特派員
k

http://www.segye.com/content/html/2016/09/04/20160904001692.html


元スレ:・【リオ五輪】 「安倍・マリオ」は敗戦の自尊心救うため?~安倍、戦後体制脱皮に必死のあがき-韓国メディア[09/04]

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 動物園φ ★ 2016/08/29(月) 08:24:49.11 _USER
【社説】韓日通貨スワップ再開、危機への防波堤は高いほどよい
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 韓国と日本が27日の財務相会談で昨年2月から中断していた通貨スワップ協定の再開で合意した。柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相は「韓国が(通貨スワップ再開を)提案を行い、日本が同意した」と述べた。国家間の通貨スワップは銀行預金の当座貸越のように、非常時に相手国の通貨を借り入れる制度だ。韓国は8年前の金融危機に際し、米国と300億ドル規模の通貨スワップ協定を結び、ドル資金の不足を補った。今回の合意は韓国政府が金融危機に備え、あらかじめ防波堤を築いておく意味がある。

 通貨スワップは韓日両国にとって必要で再開されたものだ。
韓国はさまざまな外貨の供給元を確保する必要があり、日本は急激な円高を抑えるために、国際金融市場に少しでも多く円資金を供給する必要がある。このため、両国は政経分離の原則を守り、他の解釈が介入する余地をなくすべきだ。両国は2001年から14年続いた韓日通貨スワップ協定が中断した理由が独島(日本名・竹島)問題や慰安婦問題をめぐる政治的対立とプライド争いだった事実を覚えておくべきだ。今回の合意について、日本国内で「韓国がプライドを捨て、実利を得た」という声が出ることは望ましくない。

 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が先週末、「利上げの可能性が高まったと信じる」と述べ、世界の金融市場に再び不安感が漂っている。米国が年内に政策金利を引き上げれば、ドル需要が急増し、韓国をはじめとする新興国から再び急激なドル資金流出が起きかねない。中国の景気後退、英国の欧州連合(EU)離脱など潜在的不安要因も解消していない。韓国の外貨準備高は3700億ドルに達し、経常収支も3年以上黒字を記録している。当面衝撃を受ける可能性は低いとの認識だが、油断は禁物だ。政府は今回、日本との通貨スワップ再開を契機として、米中など主要国と通貨スワップなど為替分野での協力を速やかに強化していく必要がある。

北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/29/2016082900560.html


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 動物園φ ★ 2016/08/23(火) 09:31:08.24 _USER
リオ五輪:戦争加害国・日本、憎たらしいほど楽しく平和を演出
「安倍マリオ」登場でサプライズ、閉会式でも勝負に出た日本
安倍首相がスーパーマリオに変身、3時間の閉幕式に8分間の強烈インパクト

 リオ五輪で日本は韓国だけでなく全世界を何度も驚かせた。リオ五輪で、日本はこれまでの五輪最多メダル記録だった合計38個(2012年ロンドン五輪)を塗り替えた。金12個・銀8個・銅21個、合計41個のメダルを獲得し、8位の韓国を上回ってメダル獲得数総合ランキング6位に浮上した。中でも印象的だったのは、陸上男子400mリレーで「稲妻」ウサイン・ボルトが出場したジャマイカの次にゴールし、銀メダルを手にしたことだ。「陸上強国」米国も日本に追い付かなかった。

 2020年に東京五輪を開催する日本は、22日にマラカナン競技場で行われたリオ五輪閉会式でも世界の注目を集めた。日本に与えられた時間はわずか8分間。だが、その短い時間でフレームが光る六面体を使ったダンサーたちの印象的なパフォーマンスを行った。これだけではない。マラカナン競技場に設置された電光掲示板には、東京五輪のPR映像が映し出された。右傾化や平和憲法改憲推進などで周辺国との確執が深刻になっている状況だが、日本はそうした面を見せることなく、憎らしいほど楽しく平和のメッセージを伝えた。

 日本は漫画やゲームのキャラクターなど全世界の人々が気軽に楽しめ、身近に感じているポップカルチャー(大衆文化)をキーワードにPR映像を作った。映像にはサッカー漫画の主人公「キャプテン翼」、漫画キャラクター「ドラえもん」、グッズ・キャラクター「ハローキティ」、ゲーム・キャラクター「パックマン」が相次いで登場。大衆文化を通じて日本の「ソフトパワー」を強調しようという戦略だった。PR映像のハイライトは、人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクター「マリオ」だった。1985年に初めて登場して以来、200以上のテレビゲームに登場しているマリオは、PR映像で日の丸を象徴する赤いボールをリオに届ける役割を担った。

 映像で日本にいたマリオは地球の反対側のブラジル・リオまで貫通している土管に入る。そして土管を通り抜けると、マラカナン競技場に設置された実際の土管状のステージから飛び出したのは安倍晋三首相だった。これまで光復節(8月15日、日本による植民地支配からの解放を記念する日)を含め、在任の4年間に一度も戦争加害国として謝罪していない安倍首相が、漫画やゲームのキャラクターのように明るく、マリオの象徴である赤い帽子をかぶって現れたのだ。その帽子には東京(TOKYO)という文字が刻まれていた。

 安倍首相は「日本政府は最善を尽くして東京五輪を最高の大会にする」と言った。ややこっけいにも見えたが、マラカナン競技場を埋め尽くした観客は熱狂した。第二次世界大戦の日本の被害国だった韓国・中国などアジアの報道陣だけが沈黙を守った。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 蚯蚓φ ★ 2016/08/22(月) 00:44:38.97 _USER
中都日報(韓国語)

今月8日、セヌリ党イ・ジョンミョン議員などが国会議員会館3セミナー室で開催した東海表記関連セミナーを見て感想を表明しようと思う。

セミナー発表者キム・サンフン教授は尹奉吉(ユン・ボンギル)義士が義挙前に私たちに教えた東海と義挙を通じて知らせた日本海軍の陰謀、そして李舜臣(イ・スンシン)将軍が命がけで守った釜山(プサン)近海と鳴梁(ミョンニャン)海峡は、決して日本海と東海の併記で国際公認されないと主張した。

また、日本は1876年朝鮮と江華島(カンファド)条約締結時に作成した日本総理訓令と指針、そして1883年、漢文と日本語の二つの言語で作成された国際条約に朝鮮海の名称とその領域を明確に表記し、同年9月27日、日本王の允準を受けて当時、日本の最高国家機関だった太政官の布告文34号にも同一に表記していたと明らかにした。

しかし、日本はこのようにすでに国際条約で定めた朝鮮海とその領域を日帝強制占領期間、国際水路局に名称だけ日本海に変えて提出する陰湿で凶悪なことを犯したとキム教授は強調した。

また、1928年発行された国際水路機構の彩色地図に日本海とその領域として現れるように陰謀を企てた者たちは日本海軍、野村吉三郎中将一党だったと明らかにして尹奉吉義士の中国上海虹口公園義挙で報復されて右目を失明した者と説明した。従って尹奉吉義士の義挙は結果的に日本海表記を図った核心謀議者を懲らしめた快挙としての大きな意味もあると強調した。

尹奉吉義士の義挙は中国もあえて出来なかった大事件として蒋介石総統が急いで朝鮮の臨時政府を助け、独立運動に拍車を加える起爆剤にもなった。尹奉吉義士は義挙後、自決する拳銃を持っていたが、自決をあきらめて日帝のごり押し裁判を通じて天下に立証する、固い意思を確かめたが、結局8カ月後、大阪で惨事(銃殺)にあった。(中略:重光公使など)

また一つ東海表記と独島領有権について日本政府は自己矛盾の失敗を犯した。当時、日本総理で全権をふるった伊藤博文が乙巳条約を締結して帰国したが、ちょうど島根県知事から上疏文が出された。上疏文には「日本政府は朝鮮海の表記を日本海に変え、独島(ドクト、日本名:竹島)を日本領土に迎え入れる措置を取って欲しい」という要旨であった。

伊藤博文は日本最高統治司令部格である太政官の責任者だったが、すぐに島根県知事に「島根県知事は国政の是非を論じるな。日本政府は今まで朝鮮海の表記と独島を朝鮮領土と認定してきた基調を変えることはできない」と回答して、叱ったという。そしてその公文書を総理府、外務省、島根県などに配布させた。


筆者は10余年前にこの話を聞いて日本の親韓派国会議員と会って相談した。その議員は私を同行して議会図書館を訪れ3日間の調査の末、その公文書を探してはじめて手に入れることができた。カメラでその公文書(本物)を撮影してきた。この前、また閲覧しようとしたが議会担当者も知らずその公文書は消えてしまったということだ。島根県でも一緒に保管したその公文書が消えてしまったという。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 蚯蚓φ ★ 2016/08/20(土) 22:08:51.87 _USER
【ソウル=ニューシス】キム・ジョンファン記者=昨年1270万人を動員した映画「暗殺」。10日封切られて10日間で444万人以上を集めた「徳恵(トクヘ)翁主」等、日帝強制支配期を背景にしたこの頃の映画は例外なしに独立活動家が日本帝国主義要人や親日派を相手に武装闘争する話が描かれる。映画を通じて烈士らの抗日独立武装闘争に接した観客のうち、ごく少数は次の様な'疑問'を持つ。

1909年、満州ハルビン駅で伊藤博文を撃殺した安重根(アン・ジュングン)義士、1932年、中国上海虹口公園で開かれた日王誕生祝い兼戦勝祝賀式に爆弾を投擲して日本軍・白川司令官などを爆死させた尹奉吉(ユン・ボンギル)義士など日帝強制支配期の独立活動家の'偉業'とイスラム極端主義武装団体IS(イスラム国)、アルカイダなどが犯す各種の'テロ'はどこが違うのかだ。

結論から言えば180度違う。

その時代、日帝や親日派の視点から見れば祖国と民族のための義に徹した行動も社会秩序に正面から挑戦する一部の「不逞鮮人」が犯すテロに過ぎないだろう。しかし、百歩譲っても、烈士らの抗日闘争は最近の国際テロ組織が世界のあちこちで行っているテロとは明確に違う。最も大きな差は非武装民間人を殺傷対象をするかしないかだ。

ISやアルカイダなどテロ集団は敵対国の政府機関や公的機関、すなわち'ハードターゲット'だけでなく非武装民間人、すなわち'ソフトターゲット'にもはばからずにテロを加える。いや、むしろ民間人が多く集まりながらも即防御と反撃は事実上相対的に不可能なところをわざわざ選んで大規模人命殺傷行為を行う。彼らはこれを通じて直接的な人的・物的損失を誘発するのはもちろん、恐怖心の助長・景気萎縮など間接的な被害まで負わせる戦略を使う。

アルカイダが2001年、米国ニューヨークで起こした9・11テロ、ISが昨年11月13日(現地時間)に犯したフランス、パリテロのようにテロ集団は高層ビル、旅客機、劇場、カフェ、空港、地下鉄の駅、クラブ、休養地、祭り現場など場所を選ばず攻撃する。というより、わざわざそういう場所を候補地にする。

独立活動家らは朝鮮総督府、警察署、東洋拓殖会社など日帝統治機関とその従事者、親日派に一撃を加えて私たち民族の独立意志を世界万国に誇示し、墜落した民族自尊心を再び建てようとした。そのような渦中でも、独立活動家が日本の民間人に直接危害を加えたことはなかったし、被害を受けた日本民間人も殆どいなかったと当時の資料は伝える。これは独立活動家らがそのすべての作戦で日本人でも民間人ならターゲットに定めなかったので可能だった。

当時の独立運動団体のうち最初から'暴力闘争'を標ぼうしたことで良く知られた'義烈団'さえも'殺すべき七人の対象'を意味する'七可殺'から日本民間人を除き、攻撃候補地に選んだ'五破壊'にも民間機関をあげなかったほどだ。映画'暗殺'の中で義烈団団長「金元鳳(キム・ウォンボン)が死地に旅立つ暗殺団に「日本人でも民間人を害してはいけない。すべての民間人には罪がない。弾丸にも目があると考えよう」と頼んだ場面を思い出させば良い。

万一、独立活動家らがハードターゲット、ソフトターゲットを分けず、むちゃくちゃに日本人を攻撃したなら、安重根、尹奉吉義士を尊敬する日本人がどうして生まれただろうか。1910年、庚戌国辱後から1945年8・15光復まで数十年間、独立闘争をそのように粘り強く展開しながらも、すべきこととすべきでないことを徹底的に分けたのは人類史でも類例がないことであろう。(中略)


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む


このページのトップヘ