韓国メディアの異常報道

4968578i1: ねこ名無し ★ 2016/12/11(日) 00:23:20.70 I
「名誉革命」と韓国紙は自賛するのだが
デモを冷ややかに見る人もいる
鈴置 高史 2016年12月11日(日)

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領を退陣に追い込んだのは毎週土曜日のデモだった。韓国紙は「世界4大革命の1つ」と自画自賛するのだが……。

■世界が驚く平和デモ

――前回は「朴槿恵弾劾は『美し過ぎた自画像』が呼んだ」という話でした。


鈴置:「日本を超え一流国家になった」と韓国人は高揚感に包まれていた。というのに朴大統領の40年来の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏の「国政壟断事件」により、その共同幻想が潰えてしまった。そこで怒りが巻き起こり、弾劾につながったのです。

――高揚感から突然の自信喪失ということですね。


鈴置:指導層は韓国人が自信を失わないかと心配したのでしょう、「政治は3流だが国民は1流だ」キャンペーンに乗り出しました。

 各紙は「巨大なデモでも、警察との衝突が起きない。韓国人の成熟を示すものだ」と強調しています。

 11月26日の「150万人デモ」を受け、中央日報は社説「世界が驚くろうそく革命の力=韓国」(11月27日、日本語版)を掲載しました。書き出しの一部を引用します。
・世界が驚いている。国家元首の退陣を要求する革命的な波がガラス窓1枚壊すことなくこれほど平和的に進められるということに驚いている。国家的暴力性と市民的成熟さが不思議に共存する韓国社会を世界の人たちは驚きの目で眺めている。

 暴力的なデモが当たり前の韓国で、平和的なデモが実施されれば韓国人が驚くのは当然です。しかし「世界が驚く」かは、疑問です。実際、この社説は「驚いた世界」を示す具体例を一切挙げていないのです。

日本メディアに文句

 朝鮮日報も「世界に称賛される一流国民」キャンペーンに加わりました。「『憲政史上最大規模』の第5回ろうそく集会 『平和集会』で終了…外国メディアも感嘆」(11月27日、韓国語版)を載せました。

 見出しに「外国メディアも感嘆」とありますが、本文に「感嘆」を支える事実は記されていません。典型的な「空見出し」です。日本の新聞なら許されません。夕刊紙だって「感嘆か」と、小さくても「か」を付けるでしょう。

 東亜日報は「日本人が羨ましがっている」とまで書きました。「韓国が羨ましい理由」(11月28日、韓国語版)です。

 「(日本の安保法制反対デモの参加者が12万人だったことに比べ)韓国で100万人のデモが開かれたと聞いて驚いた」などの日本の大学教授の談話を引用しています。

 「日本のメディアがデモ参加者数を警察発表ベースで書くのはけしからん」と言う韓国人も出てきました。主催者発表の数字は警察発表の4-6倍です。

 計り方が異なることも、これだけ大きな差が出る原因です。警察は「人出が最大になった時点の人数」で、主催者は「累積人数」で計算します。

 日本のメディアも韓国の保守系紙も両方の数字を載せます。ただ、見出しに関しては日本メディアは警察発表、韓国メディアは主催者発表を取ることが多い。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

4968578i1: ねこ名無し ★ 2016/12/01(木) 20:50:34.73
朴槿恵(パク・クネ)大統領は、国会がその日程や手続きを決め次第退くと述べた。一瞬、下野の要求を受け入れたようにも見えるが、時間稼ぎをしようとの下心が見え隠れしているのも事実だ。その程度の処方で国民の怒りは鎮まるだろうか。

朴大統領と崔順実(チェ・スンシル)が共犯関係なのかどうか、また朴大統領が憲法や法律を違反したのかどうかはもちろん重要だ。だが、多くの国民を憤らせたのは、実は関連者の品格そのものだ。私たちはこれまで、任期末になるたびに歴代大統領の見苦しい姿を目にしてきたが、今のように水準が低級なものは見たことがない。

検察が捜査結果を発表する前までは、人々は今回のことを崔順実の壟断として理解していた。崔順実に振り回されていた大統領を残念に思う国民も多かった。しかし、捜査結果は朴大統領と崔順実が共犯であり、関連者一党が全く同じ水準のグルであることを一つ残らず暴いた。

検察が捜査結果を発表した後に青瓦台(チョンワデ、大統領府)が見せた態度は青瓦台の水準を露呈することになった。大統領弁護人は検察が大統領を共犯として記載したものについて一つも認めることはできないと主張し、「検察の発表は証拠を厳密に確かめることすらせず、想像と推測を繰り返した後に“幻想の家を建てた”ものだ」と一蹴した。青瓦台報道官も同じ論評を出した。大統領は検察の事情聴取に誠実に応じるという約束を破った。その方針は依然として変わりない。一言で言えば崔順実水準だ。

与党や野党の指導部が見せた対応の水準も同じく痛々しい。どこに向かってよいか分からず右往左往している様子は事態が急変を繰り返していたため仕方なかったとしても、その談論の水準はいつも国民の耳を汚す。与党代表自ら過去に述べてもいるが、彼のみならず野党代表までもが「根無し草」のように思える。第2野党の代表が第1野党の代表を指して「予測不可能な人だ」と言ったそうだが、政界全体が観衆の前では物事を「予想不可能に」進めているも同然だ。権力欲は強いが時代的な課題が何であるかも分からず、疎通する術も妥協する術も知らない。赤裸々に現れた上層部の水準そのものが私たちを絶望させる。

しかし、広場に行くと話は変わる。
先月19日の夕方のことだった。この日、光化門(クァンファムン)一帯に60万人が集まった。景福宮(キョンボックン)駅地下出口を通って内資洞(ネジャドン)ロータリーを渡った。青瓦台側に続く紫霞門路(チャハムンノ)一帯には車壁がずらりと並んでいた。狭い歩道を歩いて裏面道路を歩き、新橋洞(シンギョドン)ロータリーを過ぎてようやく車壁の終わりが見えた。警察に尋ねたところ、紫霞門トンネルの外から交通を統制するという回答が返ってきた。トンネルが終わるところまで冷たい風に吹かれながら歩く以外に方法はなかった。

歩いている途中、1台の白い乗用車が近くに来て止まった。ドライバーが車の窓を開けて私に乗るよう言った。ガラス窓に「無料シャトル」と書かれた紙が張ってあった。彼が言った。

「朴大統領が退く時まで、集会が開かれる日は車両統制区間で人を運ぶことだけでも一生懸命しようと思っています」。

このドライバーはあと3人乗せるとトンネルの外まで連れて行ってくれた。交通費を出すと言ったがドライバーは遠慮した。名刺はあるかと尋ねてみた。ドライバーは手を横に振って車をUターンさせた。バスを待っている間、私はこのドライバーが再び4人を乗せてきて降ろし、また車をUターンさせるところを目にした。これが私の目で確認した韓国国民の水準だ。

最近、光化門(クァンファムン)広場は一つの巨大なメディアとなっている。そのメディアを通じて私たち群衆は成熟した市民意識を世界万国に誇示している。群衆は集会を祭りに昇華させた。過激な言説にはヤジを飛ばし、車壁に上った人には言葉で引きずり下ろした。集会が終わった広場はちり紙ひとつ落ちていなかった。国民は革命軍だ。彼らは広場で品格革命を主導している。
>>2以降に続く)

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

dsada1: ねこ名無し ★ 2016/11/11(金) 07:54:32.59
トランプノミクスに日本のアベノミクスが厳しい状況を迎えた。中国は米国との貿易紛争を心配している。日本と中国の悩みが始まった。

ブルームバーグ通信は10日、円安を誘導して輸出企業の利益を増やす「アベノミクス」がトランプ氏の保護貿易政策基調で厳しい状況を迎えると報じた。アベノミクスの脆弱性は市場で如実に表れた。9日の東京外国為替市場で円は対ドルで2%以上も値上がりした。この日、日本最大輸出企業のトヨタ自動車の株価は前日比6.3%下落した。10日現在(午後7時30分基準)、日本円は前日比0.65%ほど値下がりしたが、トランプ氏をめぐる不確実性がまた増幅する場合、いつでも値上がりする可能性がある。

円高はすでに実効性が疑われているアベノミクスに致命的だ。日本輸出企業の利益を減少させるからだ。
ゴールドマンサックスによると、1ドルあたり1円値上がりすれば、日産自動車の営業利益は2.4%、トヨタは3.3%減少する。

今年に入って日本円は日本銀行(日銀)のマイナス金利政策論争、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)、中国経済への懸念などでドルに対して13%近く値上がりしている。「ミスター円」と呼ばれる榊原英資青山学院大学教授はブルームバーグのインタビューで「アベノミクスが新しい局面を迎えることになった」とし「景気浮揚のために今の通貨政策とは違う財政政策を考慮しなければいけないだろう」と述べた。

これまで注力してきた環太平洋経済連携協定(TPP)も壁にぶつかった。日本はその間、大規模な金融緩和にもかかわらず経済が活性化しない状況を反転させるカードとしてTPPを挙げてきた。TPPを通じて世界経済の40%にのぼる世界最大規模の自由貿易圏を確保し、アベノミクスの起爆剤として活用するという腹案だった。しかしTPPに反対する立場を明確にしてきたトランプ氏が当選し、当惑している。米共和党議会指導部は9日(現地時間)、トランプ氏の大統領当選と同時にTPP法案を年内の議会で案件にしないと明らかにした。

中国は為替操作国に指定されるという懸念とともに貿易紛争を心配している。米財務省諮問官と米連邦準備制度理事会(FRB)委員を務めたルイス・アレクサンダー野村ホールディングスアメリカ・チーフエコノミストは9日(現地時間)、ブルームバーグのインタビューで「トランプ氏は大統領選挙運動を始める時から人民元に不満を表してきた」と話した。中国が人民元を低く維持することで米国の製造業が被害を受けたということだ。この日、人民元(域外基準)は一時、1ドル=6.8379元まで値下がりした。域外市場で人民元が6.80線を超えたのは2010年に香港で人民元取引が始まって以来初めて。

http://japanese.joins.com/article/500/222500.html


元スレ:・【中央日報】<トランプの米国>トランプノミクスにアベノミクスが枯死の危機[11/11]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

93ccd047-s1: HONEY MILKφ ★ 2016/10/24(月) 11:19:05.28
マネートゥデー 10月23日

■弁護士「相次ぐ嫌韓事件、法的措置も検討可能

日本・大阪の有名寿司チェーン店が韓国人に過度な量のコチュネンイ(わさび)を入れた寿司を出した事件以降も、韓国人を対象にした、いわゆる嫌韓事件が相次いでいる。日本のバス会社の切符売り場の職員は韓国人に侮辱的な単語を記入してチケットを販売したし、暴行事件まで発生した事が伝えられている。

相次ぐ嫌韓事件に対して寿司店の不買運動がインターネットを中心に起きているが、より積極的に被害者が法的措置を取らなければならないという意見も出ている。

これに対して法律の専門家たちは、事件の発生場所が日本であるため韓国の法院(裁判所)を通じては難しいが、日本の裁判所に慰謝料などの損害賠償のための訴訟を起こすとか、嫌韓犯罪に対する告発は可能であると説明した。


物議を醸しているわさび事件に対してパク・デヨン弁護士(法務法人イヒョン)は、「日本の裁判所に問題になった寿司チェーン店を相手に損害賠償請求をするのが現実的な方法だ」としながら、「ただし損害有無と損害額の立証が容易ではないだろう」と助言した。

イ・ピルウ弁護士(法務法人コンパス)は、「我が国の法律と日本の法律が似たようなシステムのため、我が国の法律を適用して見た場合、食べ物の提供に対する不完全移行で債務不履行の責任が認められるだろう」とし、「食べ物の価格と治療費の一部、そして慰謝料も認められると思わなければならない」と説明した。食べ物を注文した客に大量のわさびを入れた寿司を出すのは正規の契約移行とは見られず、客がそれによって傷害を負ったり精神的な衝撃を受けるなどの治療を要する事になった場合、治療費と慰謝料も請求する事ができるというのである。

チョン・ヒョンウ弁護士(法律事務所ヒョンウル)は、「精神的損害に関する慰謝料請求が可能かもしれないが、実際に訴訟を進行するには加害行為の立証問題など現実的な障壁が高いため、消費者の不買運動が最も確実な代案になるだろう」と指摘した。

同時に弁護士は、韓国人の客に食べられない寿司を出し、従業員同士が誹謗中傷発言をした場合には、侮辱罪などの適用が可能だろうと見ている。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

5088943i1: ダース・シコリアン卿 ★ 2016/10/22(土) 19:56:27.58
【寄稿】韓国ウォンのリデノミネーション、日本との協調も重要だ
朝鮮日報 2016/10/22 08:28 

韓国の政界を中心に、リデノミネーション(通貨単位の変更、リデノミ)に対する議論が再び持ち上がっている。
リデノミの必要性については筆者も同意する。現在の通貨単位は1962年に定められたものだ。

この間に消費者物価は約53倍になった。当時は1000ウォンで買えていたものが、今は5万ウォン(約4600円)出しても買えないのだ。

そのせいで、私たちの日常生活で計算単位が大きくなりすぎ、複雑になることがたびたびある。米国の大卒者の初年収が5万ドル(約510万円)だとすれば、韓国は2500万ウォン(約230万円)だ。

米国のそこそこの住宅が50万ドル(約5100万円)なら、韓国は5億ウォン(約4600万円)だ。5億ウォンを500,000,000と書いてみれば、韓国の計算単位がいかに大きいかよく分かる。

また、2015年における韓国の国富(国民純資産)は1京2359兆ウォン(約1150兆円)で、金融資産総額は1京4599兆ウォン(約1360兆円)だ。「兆」単位にとどまらず「京」単位を使っている状況だ。

結果的に、為替の面でも数字が複雑になっている。最近のウォンの対ドル相場は1ドル=1100ウォン(約102円)ほどだ。イタリアの対ドル相場は2002年末基準で1ドル=1850リラだったが、その後、ユーロに統合されたため、今では経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち1ドルが1000単位を超える国は韓国しかない。

世界10位程度の経済力を持つ韓国としては、為替の面で通貨単位が高すぎると言わざるを得ない。

ならば、どんな方法でリデノミを進めるべきか。一部では1000分の1にすべきとの主張があるが、100分の1にするのが適切だ。

100分の1にすれば、現在の通貨単位である「ウォン」を「チョン」に下げてそのまま使用することができる。
米国のドルとセントのようにすればいいのだ。これは国民の使用の不便を減らす方法でもある。

そして日本との協調も必要だ。韓国経済は米国、中国、そして日本と緊密に関わっている。この先、これらの国との経済関係がさらに密接になり、経済統合や通貨統合をめぐる議論が始まることも考えられる。今、リデノミを進めるならこうした状況を考慮せねばならない。

仮に日本と一緒に100分の1に切り下げた場合「米国1ドル:日本1円:中国6人民元:韓国11ウォン」となる。その上で、韓国は将来的に「1ドル:1円:1ウォン」になるよう韓国経済を成長させ、政治・社会を十分に発展させねばならない。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

mig1: ねこ名無し ★ 2016/10/14(金) 20:25:55.11
ついに「“韓国人推薦者”を増やすべきだ」とまで主張するようになった韓国ノーベル賞コンプレックスの今
2016年10月14日 S-KOREA


今年もノーベル賞受賞者がゼロだった韓国。「なぜ韓国人はノーベル賞が取れないのか」という思いが強いからか、ノーベル賞候補者の選定作業がどのように行われているかを徹底分析する記事まで出ている。

『JTBCニュース』の「韓国人がいない“ノーベル賞選定手続き”…候補推薦も難しい」という記事がそれだ。

“推薦者”を増やすべき!?


同記事によると、ノーベル委員会は毎年9月から10月の間にノーベル賞の候補者を推す“推薦者”の資格を世界3000人に与えているらしい。

推薦者に選定される人たちは、各国の科学アカデミーの会員や歴代ノーベル賞受賞者、また世界100大機関の科学者たちだ。


JTBC取材陣は、実際にノーベル賞の推薦者を務めたことのある大韓民国学術院イ・ホワン元会長に、具体的な推薦方法を聞いている。

イ元会長によれば、ノーベル委員会は推薦者たちにネットを通じてメールを送り、推薦者であることを伝えてくるという。推薦者は他人に自分が今年の推薦者であることを明かしてはならないそうだ。

また、推薦状についてもイ元会長が答えている。

推薦者たちには本人だけがログインできるページと暗号を使うそうで、推薦状の様式も一人ひとり違うという。その推薦状に候補者を書いて署名し、ノーベル委員会に郵送で送るというのが具体的な作業となる。

JTBCは報じている。「韓国人の推薦者が増えれば、ノーベル賞候補者として韓国人を推薦する可能性が高まります」と。

しかし現実として、世界的な科学学会に所属する韓国人は少ないようだ。

アメリカ国立科学アカデミーには日本人が31人、中国人が19人所属しているそうだが、韓国人はわずか4人だけ。イギリス王立協会にいたっては、韓国人が一人もいない。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

s-1280C397800_bigbang282291: ねこ名無し ★ 2016/10/14(金) 18:38:47.79
2016年10月14日、米国のシンガーソングライター、ボブ・ディラン氏が今年のノーベル文学賞受賞者に決まったことを受け、韓国メディア・デイリーアンは、韓国のあるアーティストの文学賞受賞の可能性について論じる記事を報じた。

記事はまず、100年を超えるノーベル賞の長い歴史上初めてとなる歌手の受賞は「どのビッグデータも人工知能も予測できなかったこと」であり、「冗談のようなことが現実に起こった」と表現した。そして、これには文学界などから反発も少なくないとしながらも、「重要なのは、これで一つの事例がつくられたという点だ」とし、シンガーソングライターがノーベル賞をもらえるという希望が生まれた今、世界で「韓流現象」を巻き起こしている韓国の音楽界も一考の余地があるのではないかと指摘した。

例に挙げられたのは、韓国でトップクラスの人気を誇り、海外でも活躍する男性グループ「BIGBANG」だ。記事は、「少なくとも歌手がノーベル賞を受賞する夢も妄想ではなくなった」のだから、BIGBANGのように自ら作詞作曲のできるミュージシャンは、「世界の人を共感させ、変化をもたらすことのできる活動を目指すべきだ」と助言した。

また、韓国で毎年のように文学賞有力候補と騒がれながら受賞がならない詩人・高銀(コ・ウン)氏を例に、「アジア圏のミュージシャンが受賞者に選ばれるかどうかは疑いもある」としながらも、ノーベル賞獲得のためには、K-POPが世界において「文化芸術的に普遍性と共感という実践的な成果を得る」ことが大事だとした。

この記事について韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられているが、多くは「韓流」やK?POPのノーベル賞の可能性に懐疑的な声だ。

「BIGBANGとボブ・ディランが比較になる?」
「比べるべきものを比べてくださいよ」
「酔っ払ってます?」
「記者はBIGBANGファンクラブの役員かな」

「韓流アイドルごときをボブ・ディランと比べるなんて、記者のレベルが分かるってもの」
「記者はこれを書きながら、自分はピューリッツァー賞をもらえるとでも思ってるんだろう」
「グラミー賞にもとうてい届かないK-POPにノーベル賞とは…」

「BIGBANGの歌詞のどの部分に文学的な価値を発見できるんだろう?」
「『ブンシャカラカ』(BIGBANGの代表曲『FANTASTIC BABY』の歌詞)に文学性を見出したということ?」
「ノーベル賞も終わったな。候補にアイドルを持って来られるなんて」(翻訳・編集/吉金)

http://www.recordchina.co.jp/a152720.html


元スレ:・【韓国】歌手がノーベル賞をもらえるならBIGBANGも!韓国でにわかに注目の文学賞候補=韓国ネット「比較になる?」[10/14]

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

5088943i1: 動物園φ ★ 2016/10/13(木) 11:04:30.29
【コラム】科学技術でリードするロシアと戦略的協力拡大すべき=韓国
2016年10月13日10時52分 [ 中央日報/中央日報日本語版]

ロシアは世界で最も広い、韓半島(朝鮮半島)の面積の78倍に達する1708万平方キロメートルの土地に石油と天然ガス、ウランなどの天然資源が豊富に埋蔵されている。朴槿恵(パク・クネ)大統領は9月3日にウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでロシアのプーチン大統領との会談を通じてユーラシア経済連合(EAEU)と自由貿易協定(FTA)を本格推進することで合意した。EAEUはロシア主導でカザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタンなど旧ソ連諸国が参加する一種の関税同盟だ。両国はまた、24件の了解覚書(MOU)を締結し、これを通じて人工知能など先端技術分野と宇宙分野に対する協力を強化していくことにした。

ロシアは世界初の人工衛星「スプートニク」、世界初の有人宇宙船「ボストーク」を打ち上げた国で、ロケット技術、発射体技術、有人宇宙船などの分野で西側先進国を上回る技術を持っている。それだけでなく、1954年に世界で初めて原子力発電所を稼動し、世界1位の原子力発電所建設受注を誇る。分子物理、原子分子物理、放射物理、プラズマ物理、有機化学、無機化学など基礎科学分野も強固だ。2015年までにノーベル物理学賞受賞者12人、ノーベル化学賞受賞者3人を輩出した。

1990年12月に始まった韓ロ科学技術協力センターはこれまでフォーラムとセミナー開催、研究者交流と情報交流などをしてきたが、今年下半期からはさらに進んで技術事業化まで業務領域を拡大していく予定だ。これを通じ韓国の技術基盤スタートアップ企業がロシア進出の機会を得られるだけでなく、ロシアの優秀な技術基盤企業の韓国進出が活発になり、韓国企業の開放型革新も図れると期待される。また、両国の技術を融合し第3世界技術市場に進出する機会も確保できるものとみられる。

ロシアは国内の研究開発減少と研究者の社会的地位低下で新進研究者が減少している。こうした点を考慮し、韓国研究財団は未来創造科学部とともにロシアが強い分野の夏季研修プログラムに韓国新進人材が参加できる機会を提供するなど戦略的協力案をまとめることにより両国が科学技術の発展に寄与するよう努力する予定だ。

プーチン大統領は2012年の再執権以降、革新と研究開発の強化、特に技術集約型産業育成政策を展開している。また、大学の競争力強化に向けたグローバル化に積極的に投資している。世界ランキング100位のうち大学5校を入れるといういわゆる「5/100政策」が代表的だ。これは韓国とロシアが強い科学技術分野を中心に協力を活性化できる条件が成熟していきつつあることを示唆する。経済・産業分野だけでなく科学技術分野でも協力を拡大していくならば、韓国の創造経済領土をロシア、さらには宇宙まで広げられることができる踏み台になるだろう。

趙武済(チョ・ムジェ)韓国研究財団理事長

http://japanese.joins.com/article/627/221627.html


元スレ:・【韓国】ロシアとの技術協力を拡大し、韓国の創造経済領土をロシア、宇宙まで広げよ

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

3164d22f-s1: 蚯蚓φ ★ 2016/10/10(月) 16:12:14.31
イータイムス(韓国語)

  今日の日本人は1万2千年前、海水面上昇で日本が島として孤立する時、陸地から渡ってきた3-4の人種の子孫だ。韓半島から移動したモンゴル系人種、シベリアから南下したアイヌ族、そしてポリネシアと中国から渡ってきた南方海洋族と中国人などだ。これらが日本人の先祖になったが、支配種族は韓半島から渡ったモンゴル系渡来人だった。今、日本人の血の半分近くはモンゴル系だ。

その後、1万年余りが流れたBC3世紀-AD1世紀、弥生文化時代の時に韓半島から渡来人が大挙して日本に渡っていった。そしてAD4世紀に第二陣の渡来人が日本へ渡った。この渡来人が奈良に大和政権をたててそこに定着した土着人という一種の民族意識を持つようになった。

AD6-9世紀に入って彼らは渡来人ではなく日本人という認識を持つようになった。この時期に彼らは彼らの本土である高句麗、百済、新羅三国から文物を積極的に受け入れた。同時に彼らは三国を克服しようとする競争意識も持った。そのため、日本という独自の国名を持ちながらも本土との従属関係を否定しようとする新しい動きが生じた。

彼らは本土との従属関係を否定する新しい歴史が必要だった。日王ゲンメイ(元明)はAD711年、百済人二世、アン・マンリョ(安万侶)に口伝された日本古代史を本にまとめるよう命じた。それで作られたのがAD720年、テンム(天武)時に完成した日本書紀だ。神話時代からAD697年までの日本古代史を記述した歴史書だ。

問題はこの日本書紀に記述された内容があまりに事実と符合せず虚構的な内容が多い点だ。韓半島南部の任那日本府説がそれで、神功王后の新羅征服説がそれだ。この様な虚構的内容はアン・マンリョが意図的に歴史を歪曲したためだ。百済滅亡(AD678)後、父について日本へ渡ったアン・マンリョは本土、特に新羅に対し深い怨みを持っていた。

アン・マンリョは歴史の記述を通じて韓半島に勝ちたかったし、歴史と文化面で日本が先んじた国と強弁したかった。それで彼は日本書紀の記述で歪曲と虚偽、操作を日常的に行った。姑息な日本人たちはアン・マンリョのこの様な歴史記述が事実と符合しないことを明らかに知りながらもその内容を事実であるかのように受け入れた。

その結果、壬辰倭乱(AD1592)以後、日本指導層の間で征韓論という新しい風潮が生じた。この風潮が一層発展したのが19世紀、福沢諭吉の征韓論だった。ユキチの征韓論は日本の韓半島植民統治を正当化する理論的後押しとして作用した。韓国の歴史を抹殺しようとする植民史観もやはりこの征韓論に基づいて作られた。通史的側面から見れば日本人の本土コンプレックス→アン・マンリョの日本書紀歴史歪曲→征韓論と植民史観に結びついた日本人の集団的対韓コンプレックスが1千年を軽く越えて続いてきたわけだ。

最近、韓国人客に提供するすしにワサビを過度に入れた大阪のすしチェーン店「市場ずし」の'ワサビテロ'が広く知られた。続いて韓国人乗客に発給したバス切符に‘キム・チョン’と表記した大阪阪急バスも物議を醸した。

韓国人に対してこの様な差別行動をした人々は平凡な日本人たちだ。彼らがこの様な差別的行動をした動機は大きく二種類ある。一つは日本人の間に広範囲に広まっている歴史的コンプレックスが誤った形で表現されている点だ。二つめは彼らがちょっと良い暮らしをすることになるとすぐに隣国を見下す成金根性が底辺に敷かれているためといえる。

従って最近の事件は社会心理学的に対韓コンプレックス+成金の自惚れ、ということが一つに重なって現れた集団コンプレックス現象と見なければならない。歴史的に隣国は日本を倭(ウェ)と呼んだ。ちびで浅はかな者たちが暮らす国と蔑視して呼んだ名前だ。ワサビテロと同じ正常ではない行為に接したら、なぜ古人たちが彼らを倭と呼んだのか分かってあまりある。恐らく倭という名前はこれから千年過ぎてもなくならないようだ。


チェ・ジェワン主筆
s-20161010_10823435

ソース:イータイムス(韓国語) 集団コンプレックス
http://www.etimes.net/service/etimes_2011/ShellView.asp?ArticleID=2016101010285800749


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/10/07(金) 19:30:51.47 ID:CAP_USER
<天才と変人たちの日本科学史>侵略戦争のおかげ…「ノーベル科学賞常連」日本の不都合な真実
ソウル経済(韓国語)

「天才と変人たちの日本科学史」後藤秀機著1万8,000ウォン
1L2LOCMQOQ_6

大隅良典、東工大栄誉教授が今年、ノーベル医学・生理学賞を受けて日本科学がまた注目されている。日本のノーベル賞受賞者は合計25人で、科学分野では22人にもなる(他に文学賞2人、平和賞1人)。このうち京都大学出身が6人で最も多い(東京大学は5人)。

人材の蓄積や物的支援では地方の京都が首都東京に適いそうもないのに逆転している。日本科学界では「京都出身はノーベル賞を多くとっているのに東京はなぜとれないのか」という問いが相変わらず話題だ。

私たちの立場では次の様な質問が可能だ。日本はノーベル賞をとれるのになぜ私たちはとれないのか。新しい本「天才と変人たちの日本科学史」(邦題:天才と異才の日本科学史)は1854年の「開国」後、160年間以上のノーベル賞受賞者をテーマに日本近現代科学を整理した。

この本で目を引く部分は日本近代化過程の影響だ。強制されて門戸を開放した日本は必死に西洋追跡に出る。そして西洋勢力をまねて東アジア侵略戦争をする。日本の科学はこれを通じて発展した。


「東洋にないものが二種類ある。有形では数理学、無形では独立心だ。」開花期の思想家、福沢諭吉の言葉だ。日本は西洋に留学生を送って近代学問を受け入れたが彼らの専攻は主に医学と化学だった。福沢が基礎を築いた科学は日本軍の侵略戦争で武器となって力を育てた。

ワックスを混ぜて爆発力を大幅に高めた「下瀬火薬」は露日戦争の対馬海戦で効果をみせた。生理学分野では天人共に怒る731部隊の悪行を省くことができない。研究者1,000人余りが細菌戦と人体実験に投入された。石川太刀雄丸(いしかわ たちおまる)という細菌学者は戦争直後、標本をこっそり隠して帰国後、研究に使うほど執拗な冷血だった。

京都の科学的成果はこの様な近代化の情熱と悪行が入り乱れて蓄積したものだった。また、近代化の初期科学者らは規制が厳しい東京を捨てて京都と大阪に集まった。自由な雰囲気によりこれら大学が成果を出し、この様な傾向は今も続く。ともあれ日帝の韓半島侵略と科学発展が結びついていることは私たちにとって不都合な真実だ。


http://www.sedaily.com/NewsView/1L2LOCMQOQ


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2016/10/07(金) 15:58:26.48
[現場から]日本の嫌韓、韓国の反日
ハンギョレ新聞(韓国語)

3年前、日本に赴任後しばらくしてのことだ。知人の紹介で日本のある地方紙に勤める日本人記者と夕方を共にすることになった。日本に赴任した2013年9月、日本国内の嫌韓熱風が頂点に達した時だった。東京の‘韓流の中心’だった新大久保では毎日のように「チョン(韓国人を侮辱して呼ぶ言葉)は日本から出て行け」という在特会(在日特権を許さない市民の会)の嫌韓集会が続いていた。

自然に‘日本の嫌韓’と‘韓国の反日’が酒席の主題に上がった。当時、彼は「今、見える‘嫌韓集会’は葉っぱに過ぎない。日本人には骨の隋まで韓国・朝鮮に対する差別意識がある」という話をした。日本に到着してまだ1カ月にもならない私にとって彼が投げたその言葉は心の傷になり、それでできるだけそのような事実を意識しないで生きるよう努力してきた。

最近、日本国内の嫌韓の流れに敏感にならざるを得ない不快な話を相次いで聞いた。
一つは韓国人観光客が多く訪れる大阪の‘市場ずし’難波店で「韓国人観光客が日本語を出来ない気配が見えたら店員どうしで‘チョン’とあざ笑いながら食べ物を作る。ワサビをたくさん入れて苦痛の表情を浮かべ辛くて涙を流す客を見て、自分たちどうし‘あの表情見たか?’といいながらあざ笑う」という内容だった。

それにしても毎日毎日息をする瞬間瞬間が苦しみの連続なのに急速な疲労感が感じられてこれを
記事にしなかった。また何日か後には関西地域の大型バス会社である‘阪急バス’の職員が4月19日、大阪梅田で兵庫県有馬温泉に向かう韓国人のバス切符に‘キム・チョン’という名前を書いたという報せに接した。キム・チョンを日本語に変えれば多分‘鈴木チョッパリ’程度になるだろう。 バス会社側は6日、日本メディアの取材に「聞こえたまま入力したので、悪意はなかったと考えている」と釈明したが、その話を誰が信じるだろうか。

韓日関係が悪化した去る2012年から日本では途方もない嫌韓熱風が吹いた。当時、日本書店に行けば<愚韓論(愚かな韓国論)><韓国人による恥韓論(恥ずかしい韓国論)>等嫌韓論が本棚を占領していた。韓国を蔑視し、ばかにして結局は韓国は3流国家に墜落して滅びてしまうだろうと呪う内容だ。毎日あふれる嫌韓ニュースに心が傷だらけになりこのままではうつ病になるかも知れないと考えたこともある。

多くの日本人たちが韓国には‘反日’があるではないかと反論するだろうが、韓国の反日には日本の嫌韓の様な他民族に対する差別・蔑視・呪いの感じはない。韓国人の大部分が日本人の誠実さ、勤勉さを尊敬し毎年ノーベル賞受賞者を出す日本の基礎科学の底辺と底力を驚嘆の目で眺めている。反日感情が噴出するのは日本が過去に犯した植民支配と侵略の歴史について正しく謝罪する姿を見せないような印象を与える時ぐらいだ。


過去の歴史的経緯を見ても韓国は日本を侵略して植民支配したことはなく、言語と文化を奪おうとしたこともない。首都圏に大地震が発生した時、‘15円50銭’を発音してみろといって、答えられなかった人々を虐殺したこともない。韓国人が日本をどれくらい好きか見せる統計がある。過去3~4年の間の途方もない関係悪化にもかかわらず日本を訪問した韓国人数は2012年204万人、2013年245万人、2014年275万人、2015年400万人と急増する傾向だ。今年に入ってから8月まで、すでに328万人が日本を訪れた。この傾向なら今年、日本を訪れる韓国観光客数は500万人を越えるかも知れない。これに比べて韓国を訪問する日本人観光客は2012年351万人、2013年274万人、2014228万万人、2015年183万人と急速に減った。

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/10/02(日) 20:07:19.54 ID:CAP_USER
京畿日報(韓国語)

日本軍慰安婦被害者を嘲笑する文句が入った日本ゲームの韓国国内正式発売が確定し、ゲームファンたちの反発をかっている。
外国製ゲームの国内正式発売承認手続きが容易でハングル化発売に特別な制裁がないせいだ。

2日、ゲーム流通会社ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント・コリアによれば同社は日本コンソールゲーム6種をハングル化して国内で発売することに決めた。この中でアトラス社が開発した有名ゲームシリーズ「ペルソナ5」をめぐり論議が盛んだ。

現代日本の通りを背景に現実で起きそうな体験をしながら不思議なうわさや都市伝説の様な事件を解決していくロールプレイング・ゲーム(RPG・Role Playing Game)、シリーズ物のペルソナシリーズは国内はもちろん全世界的に人気が高い。

しかし、今回発売されたペルソナ5はゲームのあちこちに日本軍国主義を象徴する戦犯旗が登場するだけでなく、韓国慰安婦被害者らをばかにする文句まで挿入された。ゲームのあらすじの中間に「謝罪と弁償を要求する」というセリフが出てくるが、これは日本極右インターネット・コミュニティなどで慰安婦問題などを材料に韓国人を嘲笑したり非難する時しばしば使う文句だ。


問題は外国製ゲームの国内正式発売承認手続きが過度に簡素で国民感情に反するゲームでも難なく発売できる点だ。ゲーム産業振興に関する法律上、国産ゲームと外国製ゲームのどちらも利用年齢等級分類だけ受ければ正式発売が可能だ。ペルソナ5もやはり‘全体利用可’等級に分類されて来年、国内発売が確定した。

▼来年、韓国正式発売を控えた日本アトラス社のコンソールゲーム「ペルソナ5」のスチールカット
1245548_1149213_3146

1245548_1149214_3147

報せに接したゲームファンたちは「右翼指向が強いゲームの国内正式発売を決めたことは慰安婦被害者らを無視する行為」として「国民として容赦できないのに正式発売決定が下された事実にはあきれる」と非難している。

一部、ネチズンらは発売反対署名運動も始めた。これについて流通会社は「ゲームファンたちが反発する内容について確認できる部分がない」として沈黙しており、当分、議論は続く展望だ。


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/09/28(水) 00:45:01.77 ID:CAP_USER
世界で最も権威のある文学賞はノーベル文学賞だ。韓国の詩人、高銀(コ・ウン)は2002年から何と14年間も毎年ノーベル文学賞受賞候補者に嘱望され今年も国民が多くの期待をかけている。

ところが英国ベッティング会社ラドブロークスの発表によれば今月19日時点で日本の村上春樹が配当率5対1でノーベル文学賞受賞1位に浮上し、コ・ウン詩人は共同11位に終わって今年もノーベル文学賞受賞の可能性は低いという。

コ・ウン詩人は朗読会や講演会など海外行事に積極的に参加してきた。僧侶出身の詩人の仏教的詩世界も西欧社会では話題になった。ノーベル文学賞が作家の政治的履歴も勘案する点から民主化闘争をした人生も充分条件になった。

詩人は70冊余りの詩集に数千編の市を上梓したが、国民の多数が暗唱する詩は「灯台守」「秋の手紙」「矢」等少数に終わっている(訳注:韓国では勝承夫の詩「灯台守」がコ・ウン作とされている)。彼の詩は詩の特徴である含蓄性が不足していると一部で評価されているとも言う。

詩人がノーベル文学賞を受賞するには多作を止め、節制された象徴的な言語で韓民族の情緒と民族の魂が込められた名詩をさらに多く創作する必要がある。
そして政治的に偏向してはならない。政権の肩を持ったり野党だけに傾倒せず、中立を守らなければならない。もちろん独裁政権や人権抹殺、弾圧には明らかな声をあげなければならないが、その様な場合を除いて文学自体に忠実で国民の愛をさらに多く受けなければならない。

また、彼の作品の中から名詩を厳選してさらに多く、スウェーデン語や英語などで翻訳出版して各国に広く普及しなければならない。またもっと旺盛な作品活動をして村上春樹の作品水準を凌駕する傑作をたくさん創作することを期待する。


一方、詩人は民族文学的思考の代わりに人類普遍の命題と感情に立った文学を指向しなければならない。韓国政府もコ・ウン詩人の詩がスウェーデンなど海外にさらに広く知られるように外交的努力を傾注しなければならない。

最近、コ・ウン詩人の故郷の全北(チョンブク)群山(クンサン)に萬人譜彫刻公園が造成され、萬人譜文学祭が開催されている。詩人の自宅がある京畿(キョンギ)安城市(アンソンシ)ではコウン文学研究所と萬人譜アカデミーが創立された。この様な研究の会と行事がノーベル賞受賞に弾みを与えることを望む。

シン・サング文学評論家、忠清(チュンチョン)文化歴史研究所長
1

ソース:東亜日報(韓国語) [開かれた視線/シン・サング]コ・ウン詩人のノーベル賞受賞条件
http://news.donga.com/3/04/20160927/80489332/1

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★4968578i
ウェブトゥーン(ウェブ漫画)は韓流と何の相関関係もない文化ジャンルから始まった。発端は漫画本をはじめとする図書出版文化の衰退だった。これは漫画本の出版がまだ活発な日本や米国のようなところではウェブトゥーンが勃興する理由がないという意味でもある。韓国は日本や米国とは違い、市場規模が非常に小さい関係で外圧や内的変化の要因に敏感な社会だ。貸し漫画屋で漫画本を楽しんでいた世代が消え、今やスマートフォンでコンテンツを楽しむ新しい世代へと急激に入れ替わるにつれ韓国の漫画家たちが生きていける唯一の方法は漫画本をデジタル化する苦肉の策だけだった。

◆未来険しく見えた漫画のデジタル化

もともと本になった漫画をデジタル化する作業、いわゆる漫画の変換媒体化(intermedia-lization)作業はハリウッドのディズニーが大規模に始めた。いちいち手で描いた漫画をアナログフィルムで撮って漫画映画あるいはアニメーション作業を行ってきたディズニーとしては、10年から20年もかかっていたアナログ作業を1年以内で終えられる画期的な技術が必要だったのだ。そのような技術を米国のアニメーション・ソフトウェア会社がもたらした。アドビが開発したフォトショップ、映画『アバター』のアニメーション作業に使われたマリ(MARI)、そしてビデオゲーム会社が主に使うユニティプロのようなプログラムがまさにその例だ。

米国のように大型映画会社やゲーム会社が主軸になって開発されたデジタル漫画のジャンルを貧弱な市場構造を持つ貧しい韓国の漫画家が受け入れるには手にあまる険しい選択肢だった。新しいデジタル技術を学ばなければならず、機械に対する投資も行わなければならず、たとえ作品が完成したといっても読者がお金を出してデジタル漫画を買うという保障はどこにもなかった。こうした険しい未来を予告したデジタル漫画ジャンルの可能性を切り開いたのが、まさに韓国だけが持っていたポータルサイト文化であった。韓国のポータルサイトはニュースダイジェストというPCフォーマットを超えて総合エンターテインメントと情報検索サービスを追求する新しいモバイルベースのポータルサービスへと進化しながら全世界で唯一の無料デジタル漫画、すなわちウェブトゥーンサービスを始めた。もちろん無料でコンテンツを提供しなくてはいけない劣悪な国内の漫画市場があったが、無料でデジタル漫画をポータルにアップロードさせなければ生き残れなかった貧しい漫画家たちは泣く泣く、ひとまず自分たちの名声を知らせるつもりで史上最悪のデジタル漫画市場の生態系に参入した。

一瞬聞くとデジタル漫画が無料だという話はそのまま漫画出版会社にとってはがん宣告とも同じに聞こえるかもしれない。有料で漫画を借りたり買ったりしていた読者がいくらもしないうちに誰もが無料ウェブトゥーンをサービスするポータルサイトに乗り換えることは明らかだったからだ。これまでの出版漫画市場は急速な衰退が避けられない状況だったし、無料漫画市場を開いたポータルサイト業者はウェブトゥーン作家に原稿料を支払う必要がなかったために近い将来、韓国のすべての漫画も消えると予想された最悪の現象が、まさに韓国型漫画のそのデジタル化であった。したがって無料で自身のウェブトゥーンを国内ポータルで出版するのは自殺と同じ愚かな行動と解釈されるかもしれなかった。さらに1クリックあたりの収入が保障されない状況なのでなおさらだ。

しかし最近ウェブトゥーンを通じて大ヒットを出した事例を見ると、ポータルサイトに上げられたウェブトゥーンはまず公式に自身の作品に対する著作権を取得し、漫画市場で実質的な読者を相手にテストしてみるという非常に興味深い作業でその正体が徐々に明らかになっている。獲得された著作権に対する実質的な収入は前で述べた変化媒体化を通じて保障されるのだ。
>>2以降に続く)

http://japanese.joins.com/article/713/220713.html
 

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★
【寄稿】日本はいくら侮辱し続けても韓国の友好国であり続けるのか
国際社会を自らの希望・期待で眺める韓国人
2016/9/11
 朝鮮日報

 韓国は国際情勢に対して非常に敏感にならざるを得ない宿命を抱えている。米国、中国、日本、ロシアなどの大国に囲まれた地政学的な位置はもちろん、経済的にも海外市場に大きく依存するしかない地経学的な状況から考えてもそうだ。そのため国際情勢に対する客観的かつ現実的な理解はもちろん、困難を乗り越える優れた外交政策がどの国よりも必須になるのだ。ところが実際は韓国人ほど周辺国についての理解が乏しく、また国が直面する現実から顔を背ける国もない。「韓国人がどれほど裕福か韓国人が最も理解していない」「北朝鮮の危険性を気にしないのは韓国人だけ」「大国の日本を無視する国は世界で韓国しかない」といった冗談めいた言葉も単なる冗談には聞こえないのだ。

 しかし本当に深刻な問題は、国際社会と周辺国に対する韓国人の独特な理解の仕方が完全に固まっており、簡単には変わらないという点にある。
国際情勢に対する客観的理解や分析は後回しにして、われわれの希望や期待を前面に出すものの見方に完全にはまり切る傾向が非常に強いのだ。時には相手国の政策を何か「陰謀」のように受け取り、これに簡単に納得してしまうこともある。現実と懸け離れた非常に偏った考え方で周辺国を理解しようとするわけだ。

 まず中国に対するわれわれの見方はぶれてばかりだ。今や大国となった中国は、韓半島(朝鮮半島)では北朝鮮と共に韓国を自分たちの側に引き入れようとしており、また東シナ海では日本の優位を脅かそうとしている。さらに南シナ海では人工島を建設してまで勢力を伸ばそうとしている。このように中国は周辺国に対して非常に攻撃的であるにもかかわらず、われわれは中国を好意的に見る傾向が非常に強い。これは北朝鮮との関係ばかりを軸に中国を理解しようとするからだ。そのため米中関係という観点から米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を理解する中国の反発に、韓国は非常に当惑している。「中国は北朝鮮側ではなく韓国側」という期待ばかりが先立ち、結局は裏切られた形だ。国際情勢に対する中国の認識の根底には「米国との戦略的競争」という発想があり、その緩衝地帯となる北朝鮮を簡単に捨て去ることなどあり得ない。ところが韓国人はこのような現実的な利害関係に対する認識よりも、自分勝手な期待ばかりが先立っているのだ。

 日本に対する見方も非常に単純だ。日本を幅広い観点から理解するのではなく、歴史の延長線上でばかり考えることに完全に慣れ切ってしまっているのだ。韓国人は「日本は韓国に対する加害者だから、韓国は日本に対して何を言ってもやっても問題ない」と考えている。また「韓国と日本が現在、あるいは未来に何をどのように協力できるか」といった考えも最初から後回しだ。日本なしには韓国の安全保障や経済が動かないという現実には最初から思いが至らない。
韓国は人口動態や社会・経済的状況など、あらゆる面においておよそ20年遅れで日本とほぼ同じ状況になっているが、この事実についても韓国は顔を背けている。日本が韓国にとって協力者であり、また反面教師でもあることを理解するにはまだ多くの訓練が必要なのだ。

 米国に対する認識も非常に偏向している。米国と自由貿易協定を締結する際には「米国の牛肉を食べれば狂牛病(牛海綿状脳症、BSE)にかかる」と誰もが考えた。しかし米国産牛肉を口にして健康を害したという話はまだ聞いたことがない。科学的な根拠などほとんどないにもかかわらず、THAADと共に配備されるレーダーの影響で農作物に害が及ぶという見方も定着している。「米国が国を守ってくれるのは当然」と考える一方で、同盟を強化するための方策には最初から反対する。反米を高らかに叫ぶ市民団体も、中国の圧力に対してはなぜか声を上げないし、また北朝鮮の核開発や人権じゅうりんに対しても抗議行動などは全くやらない。

 国際社会の流れを正確に読み取り、周辺国の考え方をしっかりと把握できなければ、韓国の運命は風前のともしびのようになってしまうだろう。米国が未来永劫(えいごう)われわれを守るという期待も、また日本はわれわれがいくら侮辱しても友好国であり続けるという仮定も、さらには中国はいつか北朝鮮を捨てわれわれの側につくという期待も、全て一度立ち止まって考え直さねばならない。国際社会はわれわれの希望どおりには動いてはくれないのだ。

 国内問題ばかりに没頭し、自分たちの利益ばかりを追い求めていられるほど、韓国が直面する状況は安易なものではなく、むしろ非常に危険で厳しいのが現実だ。米国と中国、中国と日本が厳しく対立する転換期に、韓国は自らの生存と繁栄をより確実なものとするため、今後いかなる戦略を取るべきだろうか。これは国際社会の動きを冷静に見据えた上で判断しなければならないのだ。
 
パク・チョルヒ(ソウル大学日本研究所長、国際大学院教授)
 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/09/2016090901844.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ