韓国メディアの異常報道

1: 蚯蚓φ ★ 2016/08/17(水) 15:07:58.39 _USER
第125代日王、明仁は二度の大きな外科手術と83才の年齢では天皇の任務をまっとうすることができず生前退位の意思を明らかにした。しかし日本の皇室典範には生前退位に関する規定がなく、特別法でも作って退位決定を下さなければならない状況だ。

私たちは残念ながら華麗だった私たちの古代史資料が今から550年前に本格的な焼却の運命にあった。朝鮮の8代目の王だった世祖は朝鮮8道に観察使を派遣し、私たちの古代史関連資料を個人が所有ないしは保管をできないように除去してしまった。

その除去対象資料には[古朝鮮秘詞][大辯説][朝代記][周南逸士記][志公記][表訓三聖密記]、今日、いわゆる教壇史学者らが偽書とさげすんでいる[桓檀古記]の原本かもしれない[安含董仲三聖紀]などがあった。しかし、これら禁書の古代歴史資料は民間の中に綿々と秘密裏に伝えられたが、途中、壬辰倭乱の渦中で再び日本での強制搬出という受難にあったようだ。各種文化財が日本からの強制搬出という受難の中、私たちの古代史資料は保存の幸運を享受できるたのか。

その後、また私たちの古代史資料は日本の36年支配下で苦難を体験することになった。朝鮮総督、寺内は全国の警察署を動員して私たちの古代史資料中[檀君朝鮮関連古代史]など51種20万冊を焼却してしまった。この措置は私たちの民族精神をすべて抹殺するという妄想から始まったものだ。しかし、生き残った一部資料は幸か不幸か日本の皇室地下倉庫や皇室図書館に保管されたという。

日本東京大学、江上波夫教授の[騎馬民族征服説]の主張を始め、日本古代国家は百済人の作品だと多くの日本歴史家が認めている。例をあげれば古代日本河内王朝をたてた第15代オオジン日王と彼の息子第16代ニントク日王、第29代キンメイ日王。第30代ビタツ日王。第31代ヨウメイ日王。第33代スイコ女王、第34代ジョウメイ日王などは確実に百済人だった。

このように主張される根拠は日本の歴史書物の[日本書紀]。日本仏教史の[扶桑略記]。日本王室・貴族らの家系図の[新撰姓氏録]などの研究から始まった。紆余曲折の末に日本皇室図書館に置かれた私たちの古代史資料を研究した明仁日王としては韓国と日本を一卵性双生児と見たわけであり、韓国と日本の不快な関係に誰より胸を痛めたのだろう。

それで彼は最も節制された表現で2001年、彼の68才の誕生日に記者らに向かって「[続日本記]によれば日本の第50代カンム天皇の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫とあって韓国との特別な縁を感じる」とした。

しかし、彼のこの様な言及は日本メディアに報道されなかった。

彼は王世子の頃から韓国に行ってみたいとしばしば言い、特別に彼の堂叔に百済武寧王陵の参拝をさせた。これは自身の血統に対する帰属意識の発露というものだろう。彼が健康を理由に強いて生前に退位するということは、好戦的な安倍総理が戦争できるよう憲法改正するという動きに対して生前退位という迂迴的な抵抗として対抗したものと解釈される。

▽チャン・セギュン社団法人韓民族対外関係史研究所理事長
1106119_193758_728

ソース:全北日報(韓国語) 退位で対抗する日王明仁の本心
http://www.jjan.kr/news/articleView.html?idxno=1106119


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2016/08/16(火) 07:36:10.40 _USER
日本国王「深い反省」述べるも…安倍首相は4年間「反省」に言及せず
東亜日報 8月16日

15日正午、東京武道館で開かれた全国戦没者追悼式で、日本国王は黙祷した後、追悼の言葉で、「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願う」と述べた。

日本国王は昨年の戦後70年の戦没者追悼式で「深い反省」という表現を初めて使った。日本国王が追悼の言葉で2年続けて同じ表現を盛り込んだことをめぐって、思いが込められているという解釈が出ている。
憲法に禁止された政治介入を避けながらも、過去の美化と憲法改正など右傾化の歩みを見せる安倍晋三首相に間接的に注意を与えたということだ。

さらに日本国王は、「全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈る」と述べた。

一方、これに先立ち式辞を読んだ安倍首相は、過去に対する反省を軽視した。
安倍首相は、1993年の細川護煕首相の時から歴代すべての首相が言及してきた「アジア国家に対する日本の加害と反省」を4年間、省略した。

1471299063600

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2016/08/13(土) 19:51:32.66 _USER
【コラム】韓国は強者に屈しない「オランケ精神」を忘れたのか
朝鮮日報

 経済と安全保障はコインの裏表のようだ。経済力の下支えがない安保は不可能で、安保が不十分な状態では経済発展は意味をなさないためだ。そのため、内需と輸出がそろって減少し、保護貿易主義が広がり、先を争って自国の金融緩和に動いている最近の国内外の状況はただ事ではない。こうした難局を打開するため「オランケ(女真族の蔑称で野蛮人の意)精神」の復活を提案したい。

 「オランケ精神」とは簡単に言うと「強力な相手国や企業のパワーにひるむことなく、根気強く自身を太らせていく生存術」だ。その中核は野生とチャレンジ、実用であり、従順や安住、名分を嫌う。400年ほど前、100万人の人口で1億人を超える明を征服し、中国大陸の主人となった満州民族(女真族)のヌルハチ(清の太祖)と彼の8男のホンタイジ(太宗)が代表的な実践者だ。

 2人は当代の朝鮮よりも貧しく、寒くて土地のやせた満州にいながら、その環境に屈するどころか自らの強みを最大化することに集中した。人参栽培による銀の大量流入、機動力の高い鉄騎軍の育成、困窮に耐えて倹約する精神の普及…。彼らは旧習にとらわれない、柔軟かつ豪胆なリーダーシップとスピードで不可能を可能にした。

 1960年初めから本格化した韓国の経済成長も「オランケ精神」の産物に近い。事大(弱者が強者に従う)の名分に縛られ、中華崇拝と士農工商の観念にとらわれていた500年余りの朱子学的な世界観を捨て、世界の舞台に飛び込み、体当たりの挑戦を繰り返して勝ち取った結果なのだ。

 69年1月、従業員わずか36人の三流会社としてスタートし、43年にして年間売上高200兆ウォン(約18兆5000億円)を超える世界トップの総合IT(情報技術)企業に成長したサムスン電子は、「韓国版オランケ精神」の無限の可能性を象徴している。サムスングループの年間売上高は、米大企業のボーイングとマイクロソフト、スターバックスの売上高を足したものよりも多い。

 多くの専門家は「韓国がサムスン電子のような企業をあと5社ほど持てれば、世界2位、3位の大国である中国と日本が経済はもちろん安保面でも韓国を軽視できなくなるだろう」と指摘する。

 だが残念なことに、数年前から私たちの「オランケ精神」は急速に衰退し、朱子学的な思考の亡霊が再び現れている。1人当たりの年間所得が3万ドル(約310万円)にも満たない状況で「成長より分配に尽力して二極化のない平等な社会を築こう」と主張する経済民主化論がそれだ。これにより企業家精神は薄らぎ、公務員や公企業、医大が若者の間で大人気となっている。安定や順応、排他にこだわり亡国に至った朝鮮王朝時代を思い起こさせる。

 こうした風潮が続けば韓国経済の成長は確実に閉ざされ、善戦してきたいくつかの企業さえも、息が詰まりそうな国内規制や干渉と海外ライバルの攻勢の挟み撃ちに遭って衰退していく可能性が高い。中国や日本は自動運転車、ドローン(小型無人機)、次世代半導体など将来有望な分野でベンチャー精神を発揮し、韓国への反撃や追い上げに乗り出している。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」をめぐる中国の圧力が強まっていることも脅威的だ。

 ホンタイジは言った。「国の大きさや人口で上下が決まるのではない。ひるまない意志と実力があれば、小さいものも大きいものに十分対抗できる」。安保はもちろん、経済においても、私たちは今こそ「オランケ精神」を持たねばならない。

宋義達(ソン・ウィダル)朝鮮ビズ代表
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/13/2016081300596.html


元スレ:・【朝鮮日報】韓国は強者に屈しない「オランケ精神」を忘れたのか[8/13]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2016/08/11(木) 00:16:49.16 _USER
【アンカーコメント】平和と和合の象徴であるオリンピックで日本は帝国主義を象徴する戦犯旗を応援道具やユニフォームに使って物議をかもしてきました。今回は最初から広報道具に使いました。ブラジル、リオからイ・トソン記者の単独報道です。

【記者】リオ、オリンピック選手村から遠くないところに席を占めたある日本企業の広報館です。歴代オリンピックで使われたユニフォームや履き物などが時代別に整理されており、種目別ユニフォームも展示されています。この企業はすべての訪問者に日本戦犯旗を象徴する形の記念品を配ったことがMBNの取材の結果、確認されました。

イ・トソン/記者(リオデジャネイロ)
 「私の手に乗せているのがその記念品です。リオオリンピックを訪れた人々は、この記念品を見てどう思うのか訊ねてみます。

▽戦犯旗を使用した記念品(別ソース:ソウル新聞)
SSI_20160810083615_V

インタビュー:パブリシオ/ブラジル、リオデジャネイロ
 「美しいですね。次のオリンピック開催地の東京のようで、私も一度行ってみたいですね。」

インタビュー:モリス/米国、シカゴ
 「本当に良く見えます。多くの文化を含んでいて、気に入りましたね。本当に素晴らしいです。」

しかし、辛い歴史を経験して戦犯旗の意味を知るアジア圏の人々の反応は激昂したものでした。


インタビュー:チャンマン・ウィアン/中国北京
 「どうしてこんなことができますか。戦犯旗を使うなんて。今は戦争中ではないでしょう。オリンピックは平和を象徴するのに。」

地球村の和合の場にまかれた日本帝国主義の産物がオリンピックの真の意味を色あせさせています。MBNニュース、イ・トソンでした。

ソース:MBNニュース(韓国語) [単独]精神整えられなかった日本…オリンピックにまた、戦犯旗を?
http://mbn.mk.co.kr/pages/news/newsView.php?news_seq_no=2974931&page=1


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

1: ねこ名無し ★ 2016/08/10(水) 08:47:05.29 _USER
世界的な人気アウトドアブランド「THE NORTH FACE」の一部製品のデザインで、東海が「Sea of Japan(日本海)」と表記されていることが分かり、騒動になっている。

韓国の消費者やネットユーザーたちは「THE NORTH FACEの製品を買うのをやめよう」と不買運動を展開し始めた。

問題になっている製品は、日本のTHE NORTH FACEと米国のファッション企業「SUPREME」がコラボレーションして作られたもので2014年4月に発売、米国・日本・英国の3地域で販売された。ジャケットやバッグなどに世界地図がプリントされているが、この地図に東海が「Sea of Japan」と表記されているのだ。

2016081000708_0

これが6日、インターネットのコミュニティーサイトやソーシャル・メディアを中心に急速に広まり、不買運動につながっている。
一部ネットユーザーたちは「THE NORTH FACEは韓国人で人気があり、よく購入するので『国民NORTH』という言葉もあるほどだが、裏切られたような気になった」と書き込んだ。

これに対してTHE NORTH FACEの製品を韓国で販売している「ヨンウォン・アウトドア」は日本のTHE NORTH FACEと一線を画し、「その製品は韓国で一度も販売されたことがなく、製品のデザインは米国のSUPREME社が企画したものだ。THE NORTH FACEの韓国における版権を持つ当社とは無関係だ」とコメントした。

米国に拠点を置くTHE NORTH FACEグローバルは、各国のパートナーと版権契約を結んでいる。韓国ではヨンウォン・アウトドアがTHE NORTH FACE本社に版権料を支払い、独自に商品を企画・販売している。

ヨンウォン・アウトドア側は「問題になっている製品を販売した日本など関係国の関連会社に対し、表記に誤りがあることを正式に抗議する。外国で該当製品を買った韓国の消費者には、同じ価格帯の別製品との交換を実施する予定だ」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/10/2016081000754.html


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

4968578i1: ねこ名無し ★ 2016/08/09(火) 20:24:21.92 _USER
 8日午後3時、NHKが通常放送を中断した。明仁天皇(82)が国民に向けたメッセージをはっきりした言葉で読み始めた。その前日、東京都内にある皇居内の御所(住居)で撮影された動画メッセージだった。明仁天皇は「私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました」と語り始めた。

 それから約10分間続いたメッセージの内容は、大きく分けて3つだ。まず、「二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった」ことを告白、次に「摂政を置くことや、公務を減らすのも無理がある」とし、最後に「天皇が健康を損なえば、国民の暮らしにさまざまな影響を及び、(現天皇が崩御すれば)喪儀(そうぎ)に関連する行事が1年間続き、こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが胸に去来する」という内容だった。

 明仁天皇はこのメッセージの始めに「現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したい」と述べた。明仁天皇がこのように慎重なのは、日本の憲法が「天皇は国政に関する権能を有しない」と定めているからだ。天皇はこれまで徹底的に「法の通りに」行動するという原則を守ってきた。宮内庁を10年以上取材した日本のある記者は「天皇が自身の去就について意思を表明すること自体が政治的行為ではないかという論議が起こるかもしれない」と言った。

 明仁天皇はまた、「憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しない」と述べ、天皇が象徴的存在であることを強調する「象徴」という言葉を8回使った。安倍晋三首相を支持する極右政治団体「日本会議」が「天皇を国家元首と見なすべきだ」として現在の平和憲法の改憲を主張していることに対して遠回しにクギを刺したものだ。このため、明仁天皇の生前退位意向の表明は安倍首相にとって政治的打撃になるだろうという見方もある。

 明仁天皇は日本の近代化を切り開いた明治天皇(1852-1912年)のひ孫で、これまでの天皇とは違い、「最初の」という記録をいくつも作ってきた。明治時代に日本の皇族・華族のための教育機関として発足した学習院で大学まで終えた。近代的な教室で民間の人々と共に学び、育った最初の天皇だ。皇室の反対を押し切ってテニスをして知り合った美智子さん(現皇后、81)と結婚、皇族出身でも華族出身でもない平民出身の妃を迎えた近代で最初の天皇になった。美智子皇后は日清製粉創業者三男の娘だ。

 明仁天皇が先代と決定的に異なるのは、軍国主義の亡霊から自由だったということだ。父の昭和天皇が生涯にわたり戦争責任論にさいなまれたのとは違い、明仁天皇は第二次世界大戦時に小学生だった。曽祖父の明治天皇から父の昭和天皇まで先の3代の天皇が旧日本軍の統帥として君臨したのとは違い、日本の近現代史で一度も軍籍を持ったことがない唯一の天皇でもある。

 明仁天皇はこれまでずっと「戦争について反省する」という立場を固く守ってきた。1975年、皇太子として第二次世界大戦時に民間人が10万人以上犠牲になった沖縄を訪問した際、過激団体のメンバーが火炎瓶を投げた。しかし、明仁天皇は当時、「(沖縄)県民の傷跡を深く省みる」という談話で逆に民心を鎮めた。

 明仁天皇は高宗の孫である李玖(イ・グ)氏(1931-2005年)と幼少期に近しかったともいう。学年は違うが学習院で共に学び、皇室の集まりでもよく会った。宮内庁の専門家らは「天皇は私的な場で韓国に対する親近感や申し訳ないという気持ちを何度か表現した」「天皇が『ヨーロッパも米国も行けるが、韓国には行けない』と残念がっていた」と語った。
>>2以降に続く)
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/09/2016080900738.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/09/2016080900738_2.html

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 動物園φ ★ 2016/08/09(火) 17:47:50.34 _USER
【噴水台】慰安婦少女像と安倍首相の錯覚

中央日報日本語版 8月9日(火)7時49分配信

誰かに何かをするなと圧力を加えたとしよう。選択の自由を奪われたと感じる場合、相手はしゃくに障ってそれをもっとしようとする。米国の心理学者ジャック・ブレームが説明した「ブーメラン効果」だ。

最近、慰安婦少女像問題に対する安倍政権の政策がまさにそれだ。安倍首相の側近は韓国政府に向かって日本大使館前の少女像を移転するべきだと連日、攻勢を見せている。それだけでなく1月には安倍首相の最側近の補佐官がワシントンに行き、「米国内に少女像が広まるのを防いでほしい」と注文したという。

安倍政権は韓米政府を動かせば少女像の移転が可能になったり設置を防げるものと信じているようだ。錯覚中の錯覚だ。国内の記念物はすべて民間の主導で設置されている。国民の感情上、政府としては協力を訴えること以外に方法がない。

米国の場合、グレンデール市に設置された少女像を撤去してほしいという訴訟が4日のカリフォルニア連邦抗訴裁判所でまた棄却された。さらに裁判所はグレンデール市がした戦略的スラップ訴訟禁止申請までも受け入れた。スラップ訴訟とは、社会的利益を追求する個人または団体の参加を排除するために意図的に起こす裁判をいう。結局、最高裁で判決が覆らない限り、米国内の少女像設置に法的是非を論じることができなくなったのだ。

このため安倍政権が防げば防ぐほど逆効果が発生し、少女像の設置は速く広まるしかない。6日に豪シドニーで海外では3件目となる少女像が設置されたのも同じ脈絡だ。また今月、中国内の9カ所で新しい少女像が姿を現し、20カ所ほどで設立が推進中という。


20世紀の2大反倫理犯罪はユダヤ人、アルメニア人大虐殺だ。ナチスによって殺害されたユダヤ人700万人の追悼碑や記念館は20カ国・65カ所、20世紀初めに200万人がオスマン帝国で犠牲になったアルメニア人大虐殺に関連する施設は15カ国・33カ所にのぼる。ほとんどが海外同胞の力で建設されたものだ。約700万人の韓国の海外同胞の底力も決してこれに劣らない。

安倍政権が少女像の拡散を願わないのなら方法はただ一つ。「もういい」という声が出るまで謝罪を繰り返すことだ。そうでなければ3件の海外の少女像はあっという間に数十件に増え、日本の顔に墨を塗ることになるだろう。
今日、ソウルで韓日外交当局局長級会議が開かれる。この席でこのような共感があることを願う。

ナム・ジョンホ論説委員
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000004-cnippou-kr


元スレ:・【中央日報】少女像の拡散を願わないなら「もういい」という声が出るまで謝罪を繰り返すことだ

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

AS20160808002220_commL1: 動物園φ ★ 2016/08/09(火) 11:59:03.96 _USER
天皇陛下お気持ち、海外も速報 「異例の演説」「論争再燃も」
2016年8月9日05時00分

 海外メディアは8日、天皇陛下のビデオメッセージ公表を相次いで速報した。女性・女系天皇容認をめぐる論争が再び高まる可能性や、安倍晋三首相が掲げる憲法改正との関わりへの指摘が目立った。

 米CNNは「日本の天皇が異例の演説」との見出しで速報。スペインのエルムンド紙や仏ルモンド紙は、第2次大戦終戦時の昭和天皇の「玉音放送」や、東日本大震災直後のメッセージなどを引き合いに、極めて異例なものだと強調した。

 またイタリアのコリエレ・デラ・セラ紙(電子版)は、「力の衰え」を理由に、2013年に約600年ぶりに生前退位した前ローマ法王ベネディクト16世を思い起こさせると伝えた。

 ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、皇室典範改正などで退位が実現すれば「皇室にとって戦後の大きな転換となる」とし、「女性への皇位継承容認をめぐる論争が再燃する可能性がある」と指摘。10年前の皇室典範改正論議の際に安倍首相を含む自民党保守派が強く反対したとも伝えた。

 ベルギーのルソワール紙(電子版)は、「天皇の生前退位を巡って、安倍首相がジレンマに直面する」との解説を掲載した。生前退位を認める方向に動けば保守層の支持を失いかねず、そうでなければ人気が高い今の天皇の意向に反するとして国民の支持を失うと分析。ただ、生前退位を今の陛下だけに認める特別法を制定すれば、保守層の反発を招く女性天皇の議論を回避しながらジレンマを解消し、政権の課題である憲法改正に取り組めるとも指摘した。

 中国でも、国営メディアが速報した。国営新華社通信は、天皇陛下の歩みを伝える中で、戦後70年の節目となる15年の元日に「満州事変に始まるこの戦争の歴史」を学ぶ大切さを述べたことなどを紹介。「日本国のシンボルとして、誇りに感じる源泉となっている」と強調した。

 中国外務省は朝日新聞の取材に対し、「日本の内政であり、コメントはしない」と述べた。ただ中国政府は、安倍政権の歴史認識や、憲法改正の動きを強く警戒。生前退位の意向が今後の憲法改正論議にどう影響するのか注視している。

 韓国では、朝鮮日報が、メッセージの発表から約2時間後に韓国語訳の全文をサイトに掲載。関心の高さをうかがわせた。

 文化日報(電子版)は「平和を強調してきた日王(韓国での天皇の呼称)が、安倍政権の改憲議論を阻止、遅延させるために生前退位問題を作り出したのではないかという分析も出ている」と伝えた。


http://digital.asahi.com/articles/DA3S12503004.html?rm=150


元スレ:・【韓国】日王は安倍政権の改憲議論を阻止するために生前退位問題を作り出したのではないか

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

5093430i1: もろ禿HINE! ★ 2016/08/08(月) 19:50:47.77 _USER
【天皇陛下「お気持ち」】高い関心も「日王」と表記し続ける韓国メディア “王位から退く”との見出しも
産経ニュース

 【ソウル=藤本欣也】天皇陛下のビデオメッセージについて、韓国では多くのメディアが速報で伝えるなど高い関心を見せた。

 聯合ニュースは8日午後3時(日本時間同)すぎ、ビデオメッセージの開始とほぼ同時に、日本メディアを引用する形で「明仁日王、生前退位の思いを込めた映像公表」と速報した。

 朝鮮日報(電子版)は、「明仁日王、“王位から退く”と発表」との見出しで速報。ビデオメッセージを通じて「退位の意思を明らかにした」などと伝えた。


 中央日報(電子版)は「“2度の手術 体力低下で限界”早期の退位希望」と速報、メッセージの韓国語訳を掲載した。

 聯合ニュースは解説記事も配信し、「呼称や新たな日王との関係をどうするのかなど課題が山積している」などと伝えた。

 韓国メディアは天皇陛下を「日王」と表記している。


http://www.sankei.com/world/news/160808/wor1608080024-n1.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

4968578i1: 蚯蚓φ ★ 2016/08/08(月) 15:20:05.70 _USER
日本第1野党民進党の岡田克也代表はアキヒト(明仁)日王の生前退位意思を明らかにしたという報道が出た翌日、「(憲法)9条を改正しない条件での改憲議論」に応じることができると明らかにした。当時、岡田代表が改憲議論の主導権を狙って安倍晋三総理に先制攻撃をしたのではないかという分析があった。

日王の生前退位は日本の政治に直接的影響を及ぼしにくい。戦後、米軍信託統治によって確立した日本憲法は日王の政治介入を禁止しているからだ。しかし、日本王室の機能などを規定した王室典範改正と憲法改正をめぐる議論に間接的に影響を及ぼす恐れがある。

読売新聞は「王室典範を改正して生前退位を制度化する場合、未来の日王が政治の圧力で廃位される可能性と日王が恣意的に退位する可能性を無くす必要がある」と指摘している。このように明仁日王の生前退位は、完全に日本政界と分離した懸案ではない。

明仁日王の生前退位をめぐる初めての報道が出た13日の翌日、民進党の岡田代表が改憲議論について立場を明らかにした背景もここにある。彼は当時「納得できることが提示されれば議論できる」として改憲議論自体を拒否してきた既存の立場を変えた。

これに毎日新聞と共同通信は改憲勢力が衆参両院の3分の2を占めたので葛藤するより有利な議論を引き出すためと解釈した。条件付き交渉を通じて迂回的に日本の武力行使を禁止する憲法9条改正を犯す狙う可能性があるという分析だ。

明仁日王の生前委譲が実現すれば王世子のナルヒト(徳仁)が王位に上がることになる。公式的な韓日外交関係には大きな変化はないが、徳仁王世子が日本国の象徴として戦犯および植民支配に対する謝罪を強調する可能性が高いと見られる。


徳仁王世子は昨年2月「先の戦争で日本を含む世界各国で多くの人々が大切な命を失い、多くの人々が苦痛と大きな悲しみを体験したことを非常に苦しく思う」として「戦争の残酷さをもう二度と繰り返すことがないように過去の歴史を深く認識し平和を愛する心を育てることが重要だ」と話した。

徳仁王世子は王室伝統を破って現職外交官を夫人に迎えるほど改革的で気さくな人物だ。徳仁王世子は去る2014年「今の日本は戦後日本憲法を基礎に積み上げられ、平和と繁栄を享有している」として「今後も憲法を守る立場で必要な助言を得ながら仕事に臨むことが重要だと考える」と明らかにした。  ムン・ジェヨン記者

ソース:ヘラルド経済(韓国語) [日王生前譲位]徳仁皇太子植民支配謝罪するようだ
http://heraldk.com/2016/08/07/일왕-생전-양위-나루히토-왕세자-식민지배-사죄할-듯/

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 

本文を読む

dsada1: TwilightSparkle ★ 2016/08/08(月) 09:19:04.20 _USER
安倍首相の右傾化牽制する「百済系の天皇」…退位までは山また山
2016年08月08日09時09分  [中央SUNDAY/中央日報日本語版]

 明仁天皇(82)が8日「生前退位」の意向を直接明らかにすると日本メディアが最近一斉に報道した。これに伴い明仁天皇が存命中に徳仁皇太子(56)に譲位する手続きが後に従う可能性が議論されている。生前委譲が実現される場合、1817年の光格天皇以来約200年ぶりの事例となる。

  即位をはじめ天皇と皇室についての諸般規定は、憲法ではなく皇室典範に含まれている。現行の皇室典範には譲位に関する条文がないため、これを実現するには典範の改正が必須だ。専門家会議の諮問を経て改正案を用意するまでに1~2年ほどかかるという。

  第125代明仁天皇は高齢だ。2002年の前立腺がん手術、2012年の心臓手術など何度も健康問題が浮上するたびに公務負担を減らすべきだという話が出てきた。これによって2011年、次男である文仁皇太子は激務に苦しめられる天皇にも定年制が必要だと主張した。譲位の最初の理由は健康問題かもしれないが、皇室典範の議論過程では明らかに天皇の過去と現在、未来に関する争論が展開するだろう。その波紋はもしかしたら日本の平和憲法改憲問題に次ぐものかもしれない。

  小学生の感受性で戦争を目撃した明仁皇太子は、象徴天皇制のもとで天皇としての道を歩んだ。特に注目する部分は家庭教師をつとめた米国人女流作家エリザベス・ヴァイニング氏との出会いだ。1946年から4年間、皇太子は絶対平和主義を信奉するクエーカー教徒から英語とともに平和憲法の大切さを体得したという。「大衆天皇」に向かう最初のイベントは53年英国エリザベス女王の戴冠式の前後に推進された欧米14カ国歴訪の形式を借りて用意された。随行記者団は若い皇太子の動静を実況中継のように報道し、日本国民は半年以上にわたり洪水のようにあふれる記事に魅了された。

  第2弾は皇太子の自由恋愛と結婚だった。58年から翌年まで製粉企業オーナーの娘である美智子氏との交際と結婚をめぐりあらゆるマスコミが激しい取材競争を繰り広げた。いわゆる「ミッチーブーム」だ。テニス場でデートを楽しむ「庶民」美智子氏と皇太子は大衆の愛を受ける「スター」と同じだった。結婚式後に挙行されたパレードを見ようと沿道には何と53万人が殺到した。

  89年1月、大帝国から敗戦、経済大国などローラーコースターのようだった裕仁天皇の治世が幕を下ろした。56歳の新たな明仁天皇は「国民と共に日本国憲法を守って国運の進展と世界平和、人類福祉の増進を切実に希望する」」というメッセージを朗読して登場した。そして27年間、彼は機会があるたびに憲法と平和を叫んだ。2013年末の記者会見では「戦後の連合軍の占領下にあった日本は平和と民主主義を大切に思い、日本国憲法を作ってさまざまな改革を行って今の日本を積み重ねてきた」と話し、敗戦70周年である2015年1月には「満州事変から始まったこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本の姿を展望することが今非常に重要だ」と言及した。歴史修正主義を露骨化して改憲を成功させようとする現安倍政権下での発言だったという点を思い出す必要がある。インターネットでは「日本で最も現行憲法を尊重する護憲派の1人」という賛辞があふれ出ている。

  平和主義者の天皇は韓国に対しても非常に友好的だ。皇国臣民の誓詞暗唱を強制した大日本帝国の裕仁天皇は84年「両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾」という程度でとどまった。だが息子の明仁天皇は90年に「我が国によってもたらされた不幸な時期に貴国の人々が味わわれた苦しみを思い、私は痛惜の念を禁じえない」という言葉を残した。加害の主体が明示された。痛惜は遺憾よりも進展した表現だ。2001年韓日ワールドカップを前にしては「1300年前の天皇の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫だった」として「韓国との縁を感じている」と話して右翼の怒りを買った。2005年のサイパン訪問時には電撃的に韓国人の慰霊塔を訪れた。安倍首相の右傾化を牽制する「百済系の天皇」、これが韓国で共有されている評価だ。


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 動物園φ ★ 2016/08/08(月) 09:15:18.17 _USER
日本の日王、来る8日午後3時公式「退位」
2016.08.06 15:25:05

日本のアキヒト日王が来る8日午後3時、日王の席で公式退位する。


日本の公営放送NHKなど日本マスコミ報道は、アキヒト日王は日本国民統合の象徴として退位後の公的業務をどのようにして行くかに対する自分の考えを明らかにするものと見込んだ。

日王が出すことになる10分の映像メッセージは、国内外の皆に伝えたいという日王の意によって日本語、英語で宮内庁ホームページにも載せられる見込みである。

アキヒト日王は去る1989年、父親に引き続き第125代日王に即位した。

一方、読売新聞が実施した最近世論調査によると、日本人の84%は日王の「生前退位」が許容されるように規定が変わらなければならないと考えていると明らかになった。

http://www.newstown.co.kr/news/articleView.html?idxno=259305


元スレ:・【韓国】「日王が8日の午後3時に公式退位」 韓国報道

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: 蚯蚓φ ★ 2016/08/06(土) 17:33:14.82 _USER
この前、日本の東京で会った企業家Aは韓流ブームが冷めて韓国企業も苦戦をまぬがれなくなっていると、ため息をついた。金泳三(キム・ヨンサム)政権の時に悪化した韓日関係は李明博(イ・ミョンバク=MB)政権の時、MBの独島(ドクト、日本名:竹島)訪問と後に続いた‘日王謝罪発言’のために最悪に駆け上がった。談笑中「いつまで天皇を日王と呼ぶのか」と彼が訊いてきた。

Aの会社は韓国企業の中で日本国内の現地化に最も成功した事例の一つに選ばれる。日本の「非関税障壁」をどこかの国が問題にすると、この企業の事例を日本政府が取り上げ論じるほどだ。世界化と現地化を同時に駆使した‘グローカル(glocal)戦略’で業界10位圏に名前を上げた。しかし、うまく行っている、そのような企業まで成長が鈍化している。

Aは独立闘士の子孫で民族意識が強い。意図的嫌韓記事を相次いで掲載した有数の日本新聞に意図的に広告を出さなかったこともある。「天皇を日王と呼んで気がすむ狭量」を恨む彼の発言に少し驚いた。天皇制に反対するごく少数はいるが、絶対多数の日本人は天皇を崇拝する。本紙もやはり天皇を日王と表記する。例外的に直接引用した発言や文書に天皇とされていたり‘天皇制’を説明する時だけ天皇を使う。

しかし、「大きな国・米国の大統領も大統領で小さな国・韓国も大統領なのは話にならない」といって日本の極右メディアが韓国は「小統領」と言ったら…。不快だがどうすることもできない。私たちも「天皇」を日王に格下げして呼ぶから。

「天皇は日本国の象徴で日本国民統合の象徴であり、この地位は主権を有する日本国民の総意に基づく。」日本憲法第1条だ。この国の最高の法の冒頭に天皇制を規定したことが端的に見せる。‘テンノヘイカ(天皇陛下)’と呼ばれる天皇は相変らず日本人たちの脳裏に‘生きている神’に他ならないということを。

現行日本憲法に基づいて初めて即位したアキヒト(明仁)日王が生前に退位を示唆した。今年、満82才の日王が「王位を王世子に譲る」ということだ。明仁は8日、退位の意志を公表する計画だ。来年かその翌年、長男、ナルヒト(徳仁)王世子が継承すれば200年ぶりの生前退位を記録することになる。

明仁は父親ヒロヒト(裕仁)と違った。1975年7月17日、第二次世界大戦犠牲者らを賛える‘ひめゆりの塔’参拝のために沖縄に行った。二人の青年が彼に向かって火炎瓶を投げて抵抗した。23万人を犠牲にした戦犯の子供を容認できないというのが犯行動機であった。当時、25才の大学生だった知念功は「天皇は戦犯であり、犯罪を謝罪すべきだということを知らせようとした」と明らかにした。

明仁は現場が収拾した後、落ち着いて参拝を終えた。明仁は1992年、中国を初めて訪問して翌年、沖縄を訪問したのに続き、太平洋戦争の激戦地を相次いで訪問した。‘慰霊の旅’だった。2005年サイパンの韓国平和記念塔も参拝した。2001年12月の誕生日会見時は「桓武天皇の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫だと続日本記に書いてあるので韓国との縁を感じている」と話して日本列島に大きな波紋を起こした。

明仁は4年前「私たち(日王夫婦)が韓国を訪問できれば良いだろう」と話したことがある。生前退位がなされれば明仁夫婦の訪韓が必ずなされるように願う。
こちんこちんに凍りついた韓日関係が解氷期をむかえる契機になることを心より祈る。

チェ・ヨンフン首席論説委員
2

ソース:東亜日報(韓国語) [チェ・ヨンフンの法と人]「天皇を必ず‘日王’といわなければならないのか」
http://news.donga.com/BestClick/3/all/20160806/79586531/1
 

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

5e7461441: 蚯蚓φ ★ 2016/08/05(金) 21:33:45.32 _USER
独島(ドクト)の日本式名称「タケシマ(竹島)」を逆から読めば「マシケダ(おいしい)」になる。時をわきまえずワンワンほえる日本人たちの野蛮な騒々しさを遠回しに表現した笑えない話だ。

今年も日本は相変らず独島を自らの領土と主張する防衛白書を発行した。このような一方的で良心のない主張は2005年、小泉純一郎内閣以来今年で12年目だ。彼らは防衛白書に添付された地図にも独島を日本の領海と領空で明示した。

今年の夏はとりわけ熱くていらいらするが、「私たちの土地独島」を自国地図に堂々とのせて自分の土地だと言い張る日本人たちを見ればさらにかんしゃくがおきる。
日本人たちは中国と領有権争いをしている「釣魚島(日本名:尖閣列島)」も自分の土地とし「君のものも私のもの、私のものも私のもの、みな私のもの」と我を通す。

大東亜共栄の美名の下に大韓民国と中国、東南アジア諸国に及ぼした蛮行を悔いるどころか、相変らず領土拡張の亡霊に捕われて独島に対する紛争を絶えず起こす彼らを見れば自ずと吐き気がする。

1900年、高宗(コジョン)は「大韓帝国勅令第41号」を通じて独島が大韓帝国の領土という事実を宣言したことがある。それよりはるかに先んじた1696年1月、日本徳川幕府も政府文書(朝鮮通交大紀)を通じて「(独島は)かつてその国(大韓民国)の地であることを疑うことはできない」と記録した。1877年、明治政府もやはり「独島は私たちと関係ない(本邦関係無之)」と認めた。

日本が独島問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴すると、いくら嘘をついても独島は明確に私たちの領土という反証だ。独島は過去にもそうしたし、今でもそうであって、今後も永遠の大韓民国の領土だ。日帝治下36年間、独島を占領したというとんでもない妄想に捕われてうわごとを言ってみても、島国日本は21世紀、最も未開な癌のような存在という事実を自ら認めるだけだ。野蛮な歴史を反省せず、時代錯誤的姿勢を継続する限り、自らチョッパリ(日本人の蔑称)という事実を認めるようなものだ。

極度の被害意識は極度の妄想を呼ぶものと決まっている。36年の血塗られた歳月に終止符を打った原子爆弾二発をくらってもなお、さまよっている彼らのみすぼらしい姿を見ながら「棒が薬」という言葉が浮かび上がる。安倍晋三政権のこのような妄動は「独島=領土紛争地域」という認識を広めて今後、国際司法裁判所に提訴するという計算と戦略が隠れている。

韓国政府も日本の厚顔無恥な歴史歪曲攻勢に地味に対応するのではなく、そのレベルを高める時がきた。いつまで日本大使館の下っ端を招致して警告文を渡して声明書だけ朗読するのだろうか。

倭奴(ウェノム)侮辱に対する読者らの厳重な問責を押し切って今朝は必ず一言伝えたい。

「チョッパリどもよ!妄想から目を覚ませ。おまえらがすべき事は絶えず独島侵奪野心を表わすのではなく、慰安婦強制動員など過去の戦争犯罪に対する真の反省と謝罪だ。映画「日本沈没(Sinking of Japan)」が現実になる前に(エラ ペッペッ)。」


ナ・インムン忠北本社編集局長
995182_349145_4659

ソース:忠清(チュンチョン)トゥデイ(韓国語) ‘日本沈没’
http://www.cctoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=995182


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

dsada1: ねこ名無し ★ 2016/07/25(月) 09:42:43.66 _USER
 今年83歳になる明仁日王(日王=天皇の韓国側呼称)が「生前に退位する」と表明した。これを伝える記事を書いていて手が一瞬、止まった。「天皇と書くべきだろうか、それとも日王と書くべきだろうか」。結局、日王と書いた。

 私たち韓国人はいろいろな理由から日王と呼んでいる。皇帝と王の違いに境界線を設けるのは容易ではない。洋の東西では異なり、歴史的な文脈でも違う。単純に考えて、王や諸侯を率いる場合に皇帝と言うとしたら、日本の君主(原文ママ)はただの王だ。日本人が「天皇」と呼ぶからと言って、韓国人がその通りにする必要はない。日本の帝国主義により支配された35年間は韓国人にとって地獄だった。被害国が満足できるだけの反省もしていないのに、皇帝だなんて我々が思い及ぶはずもない。

 このような論理に共感しながらも、日王の記事を書くたびに妙な引っ掛かりがある。日王を日王と呼べば、小さな矛盾が生じるからだ。例えば、日王が暮らす宮殿の名前は「皇居」、王族に関する法律の名前は「皇室典範」だ。韓国の新聞は、読者が分かりやすいようにこうした言葉を漢字で書く。「日王が皇居でオバマ大統領と会い…」「日王が退位するには皇室典範から手を付けなければ…」。こうした時、記者の頭の中の「校閲機」には赤信号がともる。皇居も「王居」と書き換えた方がいいのか、それともそのままの方がいいのか…。

 このような文脈で、日本による植民地時代を身をもって経験した先輩方が何という言葉を使っていたのか、気になった。解放空間(1945年-48年)の記者たちはそのまま天皇と書いた。1950年代、60年代、70年代もずっとそうだった。日王を天皇と書いても、その時代の言葉や文には韓国人を粛然とさせる実感や気概がある。1961年3月1日付の朝鮮日報4面に載った記事を紹介しよう。三・一運動(1919年3月1日の独立運動)の時、10代だった小学校の先生へのインタビューだ。

 「三・一運動後、最初の音楽の授業の時、日本人の先生が歌を歌わせようとしたら、誰も声を出さなかった。先生が『なぜ歌わないんだ』と聞くと、1人の生徒が『あなたの国の天皇が死んだ時は歌舞を禁じながら、私たちの王様が亡くなったのに歌を歌えと言うのですか!』と怒鳴った」

 1989年までに日王を日王と書いた朝鮮日報の記事は4件だけだった。あとは天皇と書いていた。東亜日報も京郷新聞も同じだ。ハンギョレも創刊初期は天皇と書いていた。1988-89年を基点に、マスコミと国民は日王表記に変わった。日本の教科書の歴史歪曲(わいきょく)問題(86年)や在日韓国人指紋押なつ事件(89年)が相次ぎ、89年に昭和天皇が息を引き取ったことから戦争責任問題が浮き彫りになったころだ。

 政府は明確な見解もないまま、どちらを使用するかあいまいになっていたが、98年に朴智元(パク・チウォン)大統領府報道官が線引きをした。「相手国の呼称をそのまま使うのが外交慣例だ。政府は天皇と呼ぶ」。その後、金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)両大統領が日王に会った時、2人とも相手を「天皇陛下」と呼んだ。2016年の外交部(省に相当)文書も天皇と書いている。

 日王を日王と呼んだからと言って、韓国人が強くなるわけではない。日王を天皇と呼んだからと言って、韓国人が低くなるわけではないのと同じだ。

 ちなみに、米国では「エンペラー(emperor)」、中国では「天皇」、台湾では「天皇・日王」の両方を使う。太平洋戦争時に焼け野原となったベトナムの外交官は「昔のことは分からないが、今は政府もマスコミも『ニャブアニャットバーン(日本皇帝)』と言う」と言った。マレーシアの外交官は「マレーシアでも『マハラジャ・ジュポン』と言う。『マハラジャ』は皇帝、『ジュポン』は日本だ。タイは王だからそのまま『ラジャ(王)』だ」

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/25/2016072500790.html


寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む


このページのトップヘ