韓国メディアの異常報道

1: 蚯蚓φ ★2017/07/09(日) 00:58:23.21 I
日本のテレビ放送が韓米日首脳会談を報道して文在寅(ムン・ジェイン)大統領の顔に字幕をかけて物議をかもしている。

日本テレビの番組NEWS24はドイツで6日(現地時間)、ムン・ジェイン大統領とドナルド・トランプ米国大統領、安倍晋三日本総理の3国首脳が会って北朝鮮の大陸間弾道ミサイル発射を糾弾し、対北朝鮮圧迫の度合いを高めていくと合意した会談内容を詳しく報道した。

放送ではドイツ、ハンブルグ駐在米国総領事館で3国首脳が記念撮影する場面を放送して現地の場所と時間を案内する字幕でムン大統領の顔を隠した。ムン大統領は少しの間顔を見せて消えた。

201707081540_61110011599017_1

201707081540_61110011599017_2

この放送を見たネチズンらは日本の放送会社側がわざとムン大統領の顔に字幕をかぶせたという疑惑を提起した。ムン大統領が就任するやいなや韓日慰安婦合意について再協議の意向を現わしたことに対する報復というものだ。


この日、首脳会談で韓日両首脳は慰安婦合意をめぐり異なる意見を狭めることができなかった。ムン大統領は「両国関係を遮るものがある」として「私たち国民の多数が情緒的に受け入れられずにいる」と話した。しかし、安倍総理は「慰安婦合意は未来指向の韓日関係を構築するための基盤」と強調した。

チョン・ジヨン記者

ソース:国民日報(韓国語) ムン大統領の顔を字幕で隠した日本放送…故意性論議
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?sid1=all&arcid=0011599017&code=61111111


元スレ:・【韓国】 「ワザとか?」「報復だろ」~ムン大統領の顔を字幕で隠した日本のテレビ番組[07/08]

1日1クリックで応援してね
本文を読む

nida1: 蚯蚓φ ★2017/07/07(金) 20:00:24.35
[記者手帳]韓半島緊張を日本だけ楽しむ
民衆の声(韓国語)

4日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星-14型」発射で韓半島の緊張が高まる中、日本の安倍政権だけ快哉を呼んでいるように見える。

日本の軍国化の動きを見せる日本安倍政権が北朝鮮のICBM以後、軍備増強に熱を上げているのだ。これに先立つ2月、ジェームズ・マティス米国防長官が「日本の防衛力増強支援」を約束しながら日本軍国主義に翼をつけて以後、北朝鮮ICBMを契機に軍備増強により一層速度をあげている格好だ。

5日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、日本が米国の弾道ミサイル防御システムを購入することを考慮しているとし、韓国に配備されたサード(THAAD、高高度ミサイル防御システム)やイージス駆逐艦に搭載された迎撃ミサイルシステムの陸上配置型である「イージス・アショアー(Aegis Ashore)」等を検討していると伝えた。

日本はこれまでサードが韓国に配備されることがうらやましかった。これに加えて日本がトマホークなど米国のクルーズ・ミサイルを購入することを米国政府と議論しているとNYTは報じた。トマホークミサイルは遠い距離を飛行して目標物を攻撃する武器で1250~2500キロの射程距離を持つ。

特に「トマホーク」ミサイルは1990年、第一次湾岸戦争から最近のシリア爆撃まで米国が戦争を始めながら一番最初に使う先制攻撃用兵器だ。おかげで「トマホーク」は「戦争の信号弾」というニックネームを持っている。先制攻撃できない自衛隊がクルーズ・ミサイル購入を交渉するということ自体が誤った発想だ。

なにをかいわんや日本憲法改正の声も出ている。6日、日本「読売新聞」は「緊急事態条項、危機管理のための憲法議論を着実に」というタイトルの社説を通じて憲法に「緊急事態条項」新設を強調した。「緊急事態条項」は災難や他国による武力攻撃時、総理の権限を強化することが主要内容で自民党が改憲の最優先項目にしている。韓半島の緊張の高まりを日本の国内政治に活用して安倍政権が推進している憲法改正に力をのせようとする姿だ。

単に韓半島周辺国として北朝鮮のICBMに大げさに騒ぐ程度なら分からないでもないが、日本の意図は他所にあるようだ。日本は今月、長崎県で海外の「武力攻撃事態」を想定して住民待避訓練をする計画だと知らされた。日本は以前にも一部地域で防空待避訓練を実施したが、今回の訓練は海外の武力攻撃事態を仮定した初めての訓練だ。

長崎県は北朝鮮の弾道ミサイルが落ちた東海付近ではなく、韓半島の南海側に位置する。北朝鮮のICBMが日本全域を射程圏に置いてあまりある、というが偶然にも長崎には中国と領土紛争中の尖閣(中国名:釣魚島)列島を管轄する海上保安庁所属警備艇が停泊している。日本の軍備増強と関連した一連の行動が単に北朝鮮だけをねらったものではないことを傍証する。

北朝鮮のICBMで触発された韓半島緊張状況はただ南北韓民だけでなく周辺国にとっても不幸だ。このような韓半島の不幸を言い訳にして軍国化に拍車をかける日本の軽挙妄動が東北アジアにまた他の緊張をもたらさないだろうか憂慮される。


日本の自衛隊
27030510_sssNISI20141026_0010284811

キム・ペクギョム記者

http://www.vop.co.kr/A00001176561.html


元スレ:・【韓国】 韓半島の緊張、日本だけ楽しんでいる~韓半島の不幸を言い訳にして軍国化に拍車をかける日本の軽挙妄動[07/07]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-10-26 10-02-18-7371: 蚯蚓φ ★2017/06/30(金) 20:33:47.40
A級戦犯の孫、安倍の野心
インサイトコリア(韓国語)


日本首相・安倍晋三の野心が露骨化しています。隣国は眼中にもない安倍の横暴な姿を見ると怒りが込み上げてきます。


日本政府は最近、学習指導要領解説書というものに独島(ドクト、日本名:竹島)は自分たちの領土と明記することにしました。学習指導要領は小中高の教育内容について文部科学省が定めた基準として学校はこれに従わなければなりません。解説書の場合、法的拘束力はありませんが、検定規則に「教科書は学習指導要領解説書に従わなくてはいけない」とされているだけに学校教育に大きな影響を及ぼします。

安倍の歴史・領土歪曲は狂気に近いです。ヒットラーがそうしたように安倍は日本社会全体を自身が夢見る軍国主義に染めようとしているようです。安倍は戦争することができる「普通国家」を作るため憲法改正に速度をあげています。このため、彼は来年9月の党総裁任期を2021年まで増やせるよう党規定を変えました。安倍の9年長期政権基盤が用意されたのです。

安倍は国内で支持率が落ちたり窮地に追い込まれるたび、とんでもない言いがかりを作って私たちを刺激します。独島・慰安婦・北核が常連メニューです。危機感を増幅させて世論を結集させようとする思惑です。この前は「韓半島で戦争が起きれば避難民を審査して受け入れる」と言って私たちを仮想難民にしてしまいました。

安倍の姿勢を見れば卑劣なサムライのようです。日本ではサムライを美化していますが、実際は強者に卑屈で弱者を踏みにじる三流屠殺人です。米国のトランプに会った時、彼はプードルのように愛嬌をふるいました。私たちには乱暴な無頼の輩のようにふるまいます。強者にはぺこぺこして弱者は容赦なく踏みにじるサムライの典型です。

安倍の身体には侵略の血が流れているようです。そうでなければ憲法を変えて戦争国家に行こうと焦りはしないでしょう。安倍を見ればA級戦犯で首相まで経験した岸信介が浮かび上がります。
知られているように岸は安倍の母方の祖父です。安倍は母方の祖父を最も尊敬すると口癖のように言っています。安倍が推進する平和憲法改正と軍事大国化はどちらも岸が主張しました。

岸は「現行憲法は占領下の占領軍最高司令官から強要されたもの」とし、侵略を謝る必要がないといいました。「国家間の侵略はどちら側から見るかにより変わる」という安倍。おじいさんと孫の厚顔無恥は似ていました。侵略を正当化するのは人類の普遍的価値の平和を否定することです。経済・文化大国を自任する国の指導者がこの様な野蛮な考えを持っているとは情けないばかりです。

軍隊を保有し、戦争できる国にするのは安倍の一生の課題です。それは母方の祖父、岸の遺訓です。安倍は今、精巧なプランにより自身と祖父の念願を成し遂げようとしているのです。安倍の暴走を見ると、壬辰倭乱と日帝侵略を思い出させます。彼のからだに流れる「侵略DNA」を歴史を通じてみるためです。

壬辰倭乱の時、そうしたように韓半島の混乱を機会に利用して日本軍が独島に上陸する?安倍は夜ごとこの様な想像をしながら決起を準備しているのかも知れません。私たちは何をしているのか。内部で銃を撃つのに忙しいです。報道機関と政治家は分かれて目隠しして戦う野良犬の群れのようにお互いをかみちぎっています。

かつて豊臣秀吉の野心を直視した西涯リュ・ソンニョン先生が後世の愚かな姿を見たら嘆くでしょう。誰かが再び血の涙で懲毖録を書くことがあってはなりません。安倍がどんなことを準備しているのか二つの目を開いて監視することが今、私たちみんながすべきことです。

ユン・キルジュ発行人
14235_10463_1431
http://www.insightkorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=14235


元スレ:・【韓国】 A級戦犯の孫、安倍の野心~隣国は眼中にもない安倍の横暴な姿を見ると怒りが込み上げてくる[06/30]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →  
本文を読む

4968578i1: 動物園φ ★2017/06/28(水) 20:39:24.32
【中央時評】トランプ氏と取り引きする「大韓民国の価値」
2017年06月28日10時23分 [中央日報/中央日報日本語版]

建国以来、63回目になる韓米首脳会談。文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領の初ワシントン会合(29~30日)は韓半島(朝鮮半島)運命の分岐点と言える会合だ。北朝鮮の核保有が差し迫っている中で危機は極めて高まっている。しかも、相手は生前13回の決闘を繰り広げた、気難しい扇動家のアンドリュー・ジャクソン氏(7代)以来、どこに跳ねるか分からないラクビーボールのような米大統領だ。あまり相性が合わない彼と向かい合って韓半島の平和と未来を粘り強く説得しなければならない文大統領の負担も少なくないだろう。

トランプ氏は商売人だ。土地・建物とその不動産の未来価値を見る目が大したものだ。大きな取引で利益を設けることに通達している彼を「ビッグシンキング(Big Thinking)」と表現して誇示してきた。トランプ氏が成功の象徴とするニューヨーク・マンハッタンのグランドハイアットホテルは1970年代末、スラム街のみすぼらしいコモドホテルを買って再開発したものだ。彼の父は「そのホテルを買うのは沈没したタイタニック号のチケットを買うこと」と引き止めた。だが、トランプ氏の目に入ったのはホテルのそばにある地下鉄の駅から身ぎれいな通勤者数千人が毎日のようにあふれている光景だった。ホテルの未来に彼は思い切ってベッティングした。赤字だらけのそのホテルは年間3000万ドル(約33億6000万円)の営業利益を出したマンハッタンの名所に様変わりした。

ハーレム街の若者たちの人生を描いた名作『ウエスト・サイド・ストーリー』の舞台であるマンハッタンの使い道のない川辺の鉄道敷地を安価で買い入れた人もトランプ氏だった。その上には今、高層建物16軒のトランプ・プレイスが両側に並んでいる。3つのホールが海に崩れ落ちて破産したカリフォルニアの風景の良い浜辺ゴルフ場を2700万ドルで買収した彼は10倍を再び投資した。その結果であるトランプナショナルゴルフコースは「ペブルビーチのライバル」として広く知られている。

「私が判断を下す時に頼っているのは直観と握手」とトランプ氏は話す。「人に初めて会う時、なぜかことがうまくいくようなその予感を信じている」とした。自身が参加して人気を博したNBCのリアリティー番組『アプレンティス(Apprentice)』の製作者であるマーク・バーネット氏との初出会いがその事例だ。「ビジネス・ショーはお金を儲けたことがない」という周りの引き止めにも「私は彼とかたい握手を交わした」とし、そのまま推し進めた。このような「トランプ氏の目」に向かい合う文大統領の初対面は「大韓民国の価値」をセールスして好感を得るのに焦点を合わせるべきだ。米国の参戦で誕生した国家のうち韓国は最高の成功モデルだ。米国が伝えてきた民主主義と市場経済価値の最前線に立っている。北朝鮮・ロシア・中国など社会主義陣営と向かい合っている戦略要衝地だ。「韓国の戦略的価値がない」として米国が「アチソン・ライン」を引いてこの土地を捨てたところ、それはまもなく「共産主義への招待状」につながった。韓国の価値を立証した歴史だ。トルコ・ウクライナ・パキスタン・アフガニスタン・フィリピンなど、戦略的急所以上の価値がある所は大韓民国だ。

しかも、米国は東シナ海・南シナ海など東アジアで新興強大国の中国と激しく対立している。世界最大の米国前哨基地である444万坪の韓国平沢(ピョンテク)の「価値」とは強調する必要すらなかった。万一、韓国の防御と平和に問題が生じれば、最前線になる日本国内では核武装論が浮上する可能性もある。米国のNPT(核拡散防止条約)体制はドミノのように瓦解する可能性もある。世界貿易機関(WTO)とともに米国の世界秩序管理の2本柱の一つであるNPT体制が崩れれば、トランプ大統領の「America First(米国優先主義)」も滑稽な論理になってしまう。

昨年末、米シカゴ・カウンシル国際問題協議会の世論調査結果、米国民の64%が韓国を守る在韓米軍の駐留に賛成した。米国民の韓国に対する好感度も昨年、過去最高となった。3万6000人の若者の韓国戦犠牲と引き換えに守った大韓民国は米国民の自負心になってきた。歴史上、米国の最も成功した投資であり、今後ともその政治経済的価値が拡大する韓国こそ、自由民主陣営にそびえ立った「平和と繁栄」の象徴として管理されるべき土地だ。まるでトランプ氏の最高のプライドであるマンハッタンの「トランプタワー」のように。(続く)


http://japanese.joins.com/article/623/230623.html?servcode=100&sectcode=120

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

dsada1: Ttongsulian ★ 2017/06/25(日) 22:19:39.41
2017/06/22 08:11 聯合ニュース

2004年に公開された映画『ラストサムライ』や日本の漫画などでは、サムライが国家や主君のために喜んで命を捧げる正義の使徒として描写されている。名誉を重視する上に切腹も躊躇しない志高い武士として美化されたりもする。

しかし実際のサムライの姿はそうではなかった。強い敵に出会えば命を懸けて最後まで戦うのではなく、早めに投降したり主君を裏切ったりする事例が多かった。
真剣勝負を好んだ宮本武蔵(1584~1645年)が日本最高のサムライと崇められているのは、
武蔵と真正面に戦う度胸のある武士がそれだけいなかったという反証である。

大半のサムライは相手が油断した時に不意打ちで殺すことを好んだ。手段と方法を選ばずに勝つことが重要だったからだ。正座してから飛虎のように刀を抜いて突いたり斬る動作を随時学び、孫子の兵法を勉強したのも先制攻撃能力を伸ばすためだった。

孫子の兵法の中の「敵を知り己を知れば百戦危うからず」(知彼知己 百戰不殆)という句を行動綱領にした。相手を徹底的に把握し、勝算があると判断すれば先制攻撃を躊躇うことなく敢行したのだ。明成皇后殺害、清日戦争、露日戦争、中日戦争、真珠湾空襲、太平洋戦争などは一様に卑怯な奇襲攻撃だった。

力の弱い所を選んで集中的に叩くのもサムライの特徴だ。弱者を群衆で苦しめる集団仲間外れ(イジメ)が日本社会に蔓延しているのも卑劣なサムライの伝統と無関係ではない。

サムライ精神で武装した日本軍が、国家と民族のために喜んで命を捧げたという宣伝は虚構だった。戦地で玉のように砕けるという玉砕作戦を口癖のように叫んでいたが、1945年の日王降伏以後、自殺した日本軍将校の数はドイツ・ナチの将校と似ていたという。ソ連の強制収用所では卑怯なサムライの実体がそのまま明らかになる。捕虜になった日本関東軍の約60万人は、命乞いをするためソ連に先を争って忠誠を誓ったのだ。

弱者に対する配慮や同情はサムライの遺伝子には無かった。
1970年代、ベトナムのボートピープル約10万人が東海で漂流しながら必死に救助を要求した時、残酷な冷血漢が姿を現した。日本政府は彼らを救わずに全て死の海に送り返したのだ。南方の海などで死闘を繰り広げたベトナム難民を韓国が受け入れたのとは対照的だ。

第二次大戦が終わった時にはサムライ精神で武装していた指導者たちの仮面が剥がれ落ちた。サムライどころか町内のチンピラにも劣る三流の殺し屋が彼らの本来の姿だった。

カミカゼ(自殺攻撃)を強要した東条英機総理は死にたくないと足掻き、戦争責任を日王などに押し付ける醜態を見せた。東部憲兵司令官の大谷敬二郎はニセの遺書を残して自殺を偽装し、家族と共に地方に逃走したが逮捕される。生体実験を主導した石井四郎731部隊司令官は実験資料をアメリカに全て引き渡して処罰を逃れる醜い裏取引をする。

日本人は普段親切で穏やかでも、ひとたび国家権威の下で団結すれば野獣に急変するのは卑怯な刀文化の影響が大きい。
安倍総理が交戦権を否定する平和憲法第9条を変えようと改憲の雰囲気を粘り強く造成しているのは、このような国民性をよく知っているからだ。

我が国が壬辰倭乱や植民支配のような惨事を再び経験しないためには、悲憤慷慨(※社会や運命などに憤慨して嘆き悲しむこと)だけではダメで、日本の明るい笑顔の中に隠されたゾッとするような刀を見付け出さなければならない。

日本のサムライたちが行動綱領にした『知彼知己 百戰不殆』の戦略を我が国もベンチマーキングしなければならない。

http://www.yonhapnews.co.kr/digital/2017/06/21/4907000000AKR20170621122400797.HTML


元スレ:・【聯合ニュース】日本のサムライ伝説はフィクション…その実体は裏切りに明け暮れる三流の殺し屋[06/22]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-36-04-7351: 蚯蚓φ ★ 2017/06/18(日) 01:16:30.50
日本崩壊後、米国が韓国に入ってきた時、最後の降伏文書に署名して大韓民国を離れた日本の総督、阿部信行が残した有名な言葉がある。「私たちは負けたが、朝鮮が勝ったわけではない。自信を持って言うが、朝鮮人が正気に返って昔の栄光を取り戻すには100年以上かかるだろう。私たち日本は朝鮮人に銃や大砲よりも恐ろしい植民地教育を植え付けた。彼らは仲たがいして奴隷生活を送るだろう。見よ!朝鮮は実に偉大で絢爛としていたが、朝鮮は結局、植民教育の奴隷に転落するだろう。そして私、阿部信行は再び戻ってくるだろう。」。

このような恐ろしい思考を持った阿部信行は1944年、日帝強制占領期最後の朝鮮総督になって、5カ月で寿命が終わったが、その短い期間に彼は朝鮮人に対する植民地教育を徹底して断行した。韓民族に拭えない傷を与えた阿部ノブスキ総督、彼の孫がすなわち日本の現首相の安倍晋三だ。ノブスキの血をそっくり受け継いだ安倍首相が果たして韓国に対し、どんな政策で一貫するかは幾度も説明せずともあまりある。

安倍は表面では韓国に対し最も近い隣国であることをあげて親善外交を強調している。しかし、彼が果たして韓国と一緒の平和共存と繁栄を心より願っているだろうか。彼が真にそれを望んでいるなら、まず両国間の和解と共存関係の樹立にとって最大の障害物である慰安婦問題からきれいに清算しなければならない。

安倍は最近、韓国に新政府がスタートするとすぐに両国が新しい協力関係を模索していこうとし、経済界者360人余りを同行した日本の特使、二階俊博、自民党幹事長を韓国に派遣した。しかし、韓国人が真に望むのは何だろうか。年端もゆかない女の子たちを強制動員して従軍慰安婦の役割をさせた天人共怒する蛮行に対する日本の真心に充ちた謝罪と許しを請うことだ。

これは一生治癒できない苦痛と傷の中に住んできた慰安婦ハルモニたちの恨みをはらし、死んだ慰安婦たちの魂を救うことでもある。ところが今回、訪韓した特使は慰安婦再協議に対する記者らの質問に「そのような愚かな話は国際的に通用しない」と一言で一蹴した。これでも日本が両国間の密接な関係確立のために訪問したといえるだろうか。

日本は相変らず韓国とは距離が遠い国であることをはっきりと見せる。全世界70余カ国の在外公館ウェブに独島(ドクト、日本名:竹島)や東海を表記した地図や刊行物が発見されれば申告して欲しいと要請する掲示物ものせられた。これは全面的に安倍の覇権主義、軍国主義から始まったことだ。

これを正すには韓国社会が絶え間なく歴史を正しく広報し、正しい歴史教育をすることだけで可能だ。ニューヨークやロサンゼルスなどアメリカの大都市では韓人たちがキリム碑設立、少女像建設などを推進しながら日本の蛮行を天下に知らせているが、日本はかえって自分たちの歩みに障害物になるという反応だ。

韓国人は安倍からあどけない女性たちを従軍慰安婦にした蛮行を犯した歴史的事実に対する認定および謝罪を必ず受け取らなければならない。アメリカのあちこちに慰安婦キリム碑建設、今回のニューヨーク韓人会移民博物館内少女像建設募金運動などはこのために強力な推進動力になるだろう。

ドイツは歴史的に600万人のユダヤ人を虐殺した事件を重ねて謝って許しを請うており、ベトナム戦争とインディアンらに蛮行を犯した米国は教育を通じて反省している。それでもずっと日本が同じ態度で出てくれば、全世界から孤立することは火を見るより明らかだ。
すでにこれを見通した日本国内の良心勢力の発言は絶えることなく続いている。安倍首相は彼らのきびしい発言に耳をそばだて聞かなければならない。

中塚明(なかつか あきら)日本奈良女子大名誉教授は「安倍晋三首相の歩みは日本を全世界から孤立させるだろう。そのような形に進んでは日本の未来はない。」と批判した。彼は日本の蛮行に慰安婦ハルモニらに深いおわび申し上げるといった。しかし、安倍は決してこれに耳を傾けないだろう。安倍の口から、謝罪と許しという単語を聞ける日ははるかに遠い。

<ヨ・チュヨン/ニューヨーク支社主筆>

ソース:コリアタイムズ(韓国語) 真実に沈黙する安倍
http://www.koreatimes.com/article/20170615/1061253


元スレ:・【韓国】 真実に沈黙する安倍~このままでは日本が世界から孤立するのは火を見るより明らかだ[06/16]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

s-36593400-Waving-flag-of-South-Korea-and-Germany-Stock-Photo1: ダース・シコリアン卿 ★2017/05/25(木) 15:08:26.86
【コラム】セクハラに寛大なドイツの法律…厳格な韓国で見習うべき
2017年05月25日13時54分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

先日、撮影のためにドイツに行ってきた。現地でのスケジュールをこなして友人と飲みに行こうと市内に出た。中間にちょっとトイレに行こうと席を立ったが、ある女性が近づいてきて私の尻を触ってすばやく自分の一行に戻った。それから何事もなかったかのように騒いで笑った。

私はどうしたらよいか分からずに慌ててそのままトイレに向かった。ところが後で落ち着いて考えてみると、どうやらセクハラを受けたのだという事実に気がついた。セクハラは男女問わず誰でも受ける可能性がある。

こうした事件に遭遇し、2015年12月31日から翌日の未明にかけてドイツ・ケルン中央駅で起きた集団セクハラ事件を思いだした。ドイツの文化と法をよく知らない1000人余りの男性が互いに約束でもしたように駅を往来していた女性数十人に対してセクハラを行った。

警察は現場で誰も逮捕することができず、問題が大きくなった。この事件はほぼ1年間、ドイツで熱い論争を呼ぶことになった。このため、私がもし問題のその女性を申告していたら、警察がどのように対応するかも気になった。

そこで関連法を検索してみたところ興味深い事実が明らかになった。ドイツでは職場でのセクハラや強制性を伴った関係は当然処罰の対象になる。

だが、職場ではないところで起きるセクハラ、例えば身体の一部を触ったり無理やりキスをしたりする場合には処罰基準がややあいまいだ。暴行や脅迫が伴ってこそ処罰することができるためだ。

異性が服を着替えていたりシャワーをしていたりするところをこっそりのぞき見しても、脅迫や暴力がなければ処罰が難しい。ただ、ドイツは侮辱や悪意のある発言に対しては処罰が厳格なほうだ。

異性の名誉を傷つけるような性的発言をすれば処罰を受ける。それでも身体部位の接触は侮辱や名誉毀損に該当しないという。

セクハラに関する限り、韓国はドイツに比べて厳格だ。刑法第298条は強制わいせつを「暴行または、脅迫を利用した性的羞恥心や嫌悪感をもよおす身体接触行為」と規定している。


セクハラは「被害者の立場で性的羞恥心を感じる場合」という成立要件があるところがドイツとは決定的に違う。このためにサウナやバス・地下鉄など公共の場所で意図せず身体に接触してしまったと主張しても、セクハラを受けた当人が羞恥心を感じたとすればこの規定に沿って処罰を受けることがあるという。

韓国の法規定は被害者の個人的な感覚、すなわち被害者の羞恥心を考慮したという点でドイツよりも合理的だと評価することができる。ドイツもこのような韓国の法律からインスピレーションを得て、もっと厳格なセクハラ規定を作るべきではないかと思う。

ダニエル・リンデマン/ドイツ人・JTBC『非首脳会談』前出演者

http://japanese.joins.com/article/463/229463.html


元スレ:・【中央日報】セクハラに寛大なドイツの法律…ドイツはセクハラに厳格な韓国を見習うべき[5/25]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

dsada1: 動物園φ ★ 2017/05/08(月) 12:14:30.85
(※)日本語版では「天皇」表記ですが、韓国語の原文では「日王」表記のためこういうスレタイにしました

明仁天皇「戦争できる日本」に座を投げ打ち警告
2017年05月08日10時05分[中央日報/中央日報日本語版]

今年5月は日本の未来に決定的に重要な時期だ。3日は日本平和憲法が公布されて70周年になる日だった。安倍晋三首相はこの日読売新聞とのインタビューで、「東京五輪が開催される2020年を『新しい憲法』が施行される年にしたい」と述べ初めて憲法改正スケジュールを具体的に示した。一生の目標である憲法改正を本格始動するという宣言だ。安倍首相は明治維新150周年を迎える2018年を前後して平和憲法を改正し、日本を「戦争のできる普通の国」に変えようと長い間準備してきた。

安倍首相が狙う「第2の明治維新」には3つが必要だ。戦争禁止を明示した平和憲法第9条の無力化と自衛隊の正式軍隊化、そして天皇の国家元首化だ。安倍首相は今回のインタビューで、「新しい憲法に自衛隊関連規定を新たに盛り込み自衛隊を合憲化する」という意志も隠さなかった。1954年に創設された自衛隊はイージス艦に準空母に至る強大な戦力を保有し、世界で派兵活動を行い実質的な「普通の軍隊」として活動中だ。それでも憲法に何の規定もなく存在と活動が「違憲」という指摘を受けてきた。したがってひとまず自衛隊を合憲化した後、機会を見てそっと正式な軍隊に転換し「戦争できる日本」を公式化するというのが安倍首相の本音と読まれる。

安倍首相を中心にした日本の右翼は天皇の地位も「象徴的存在」から「国家元首」に変えるという意図を示してきた。だが安倍首相は昨年8月8日不意の一撃を食らった。明仁天皇がこの日ビデオメッセージを通じ譲位の意志を直接明らかにしたのだ。天皇を頂点に全国民がひとつに総意を集め侵略戦争に出た「軍国主義の追憶」を再演しようとする安倍首相の構想が巨大な伏兵に会った格好だ。

安倍首相は3月の国会で明仁天皇一代に限り譲位できるようにする特例法を制定しようという意見が出てくると、「厳粛に受け止めただちに法案立案に着手する」と明らかにするほかなかった。その一方で安倍首相は「国民の総意」で退位を実現しようと国会で満場一致または圧倒的多数で法案を可決することを目標にしているとし余韻を残した。「国民の総意」という用語で軍国主義の悪夢を思い出させる。

◇帝国憲法では国家元首、平和憲法では国の象徴

特例法は早ければ5月19日の閣議でこれを決定する方針だ。日本政府は明仁天皇が即位30年になる年であり、85歳の誕生日を迎える来年12月23日を期して譲位手続きを終わらせ、2019年1月1日から現在の平成ではない新しい元号を使うことを検討中だ。皇位は徳仁皇太子が受け継ぐことになる見通しだ。英オックスフォード大学で学んだ留学派である徳仁皇太子は父親と同じように平和主義者として知られている。譲位がなされれば明仁天皇は現在の徳仁皇太子夫妻が暮らす東宮御所に移住するという話が出ている。 (続く)

http://japanese.joins.com/article/840/228840.html?servcode=A00&sectcode=A00


1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-11-01 16-46-05-2701: ろこもこ ★2017/05/05(金) 10:05:00.67
【コラム】中国よ、米国よ、韓国が屈すると思うのか
2017年05月05日09時02分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

弱者を苦しめる強者は卑劣だ。この世は汚く、卑劣なものだ。選挙の前後にはなおさらそうだ。冬の聴聞会で正義の使徒のふりをした14人もそうであり、高高度防衛ミサイル(THAAD)をめぐる米中の動きは見苦しい。人生でも外交でもやはり永遠の敵や同志はいない。


もともと見出しに米国はなかった。トランプ米大統領のあきれるような発言リレーを見て入れることになった。THAAD論争はもうつまらない。異例に機敏に動いた韓米政府のおかげで配備は既成事実化した。トランプ大統領がTHAAD配備費用分担を実際に要求してくればどうなるのか。持って帰れと言えばよいことだ。撤収費用は私の税金でも負担する用意がある。中国の韓国たたきはすでに度を過ぎているし、トランプ大統領の大統領でなく商売人のような発言はもう驚くことでもない。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長(トランプ大統領によれば「かなり賢い奴」)だけが笑って計算機をたたいているはずだ。

韓国内の反中情緒助長に熱心な中国政府はこれを読んで私を入国禁止にするかもしれない。勝手にすればいい。大韓民国の国民であるため幸せな私は、中国が真の大国になるまでは自分の意志で訪中しないつもりだ。世の中は広く、行くところは多い。平壌(ピョンヤン)に行ってみるのが希望だが、直航搭乗を望む。誤解しないでほしい。私は反中ではなく用中派だ。中国といつかは関係を回復しなければいけない。海の向こうには私たちに36年間も屈辱感を与えた日本という国もある。中国との焼けた橋は再建しなければいけない。しかし忘れてはいけない。中国は私たちにどんなことをしただろうか。

韓国に中国がここまでするのは、韓国はもう無視してもかまわない弱小国ではなく強小国に成長したという傍証でもある。
私たちはIMF危機も金集め運動などで乗り越えた。中国当局のため優秀な韓国製品を購入できなければ中国の消費者には不幸だ。もし韓国化粧品を中国に輸出できず在庫が積もれば、私が買いだめして米国・日本・台湾の友人にプレゼントする。

振り返ってみれば、これはすべてリーダーの選択を間違えた私たちのせいだ。今度はしっかりと選ぼう。
度々コメントに「若いくせに何を知っているのか」という方がいるので言いたい。写真記者が素晴らしいので童顔に写っているだけで、数年後には記者生活20年を迎える。そのようなコメントを書く時間に誰に投票すれば韓半島(朝鮮半島)が平和なのか、よく考えてほしい。投票所の開所まで(5日0時基準)102時間。胸がときめく。
http://japanese.joins.com/article/798/228798.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp

元スレ:・【中央日報/コラム】中国よ、米国よ、韓国が屈すると思うのか THAADをめぐる米中の動きは見苦しい[05/05]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

201705020012625071: 蚯蚓φ ★ 2017/05/03(水) 18:19:04.55
松は新生代に我が国に出現して我が民族と今まで一緒にある。長い長い時間、喜怒哀楽を共にしながら私たちのそばから一度も離れたことがない民族の木だ。

松は韓国の木の中で唯一、誕生説話を持っている。我が国では松(ソナム)を略して「ソル」と呼ぶ。「一番上」という意味だ。松を意味する漢字の「松」は木と公を合わせた形成文字だ。中国の秦の時代に作られた。中国初の皇帝である秦始皇帝はある日、山東にある泰山に上がって夕立ちに会い、雨を避ける場所がなく近隣の木の下に入って雨やどりした。夕立ちがやむとすぐに秦始皇帝は有り難さを示すために、その木に「五大夫」の位をさずけた。それが松だ。松は十長生の一つで長寿を現わし、屈しない節操と意志を象徴する。

松は民族と痛みを共有し、その代価として消せない傷を受けることもあった。日本は日帝強制占領期末期(1941-1945)に韓半島全域で松脂を強制的に採取した。日本は強制的に村の住民たちに松の根本を傷つけて片っ端から松脂を取らせた。日帝強制占領期の戦争物資である松炭油を作るために民族の木にV字形の消せない傷痕を残した。韓民族の精神を無惨に踏みにじったのだ。


このような歴史の傷を後世に伝えるために山林庁国立山林科学院は我が国全域の松脂採取跡が残っている松棲息地の山林文化資産登録推進と、松脂採取被害木の歴史的価値を記録文化に残す予定だ。全国34地方自治体40カ所に分布している松脂採取被害木が体験した知られなかった痛みを今からでも知らせるためだ。

民族の魂の身代わりになった松。愛国歌の2節にも「南山(ナムサン)の上のあの松」という一節が出てくる。歴史の過酷な試練を力強く耐え抜いた不屈の精神と気性を表現したものだ。ウィンストン・チャーチル元英国総理は「歴史を忘れた民族に未来はない」という明言を残した。今日まで、全国40カ所の松の森には日本の収奪した跡がそっくり残っている。その日の民族の痛みと傷を松は記憶しているだろう。

ファン・ジンヒョン天安牙山取材本部次長

ソース:大田日報(韓国語) [余白]松
http://www.daejonilbo.com/news/newsitem.asp?pk_no=1262507

関連スレ
【韓国】 山林庁、日帝の松脂(まつやに)強制採取被害樹を調査し歴史記録に残す~地元住民「解放後も採取してた」[03/08]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488976531/


元スレ:・【韓国】 日帝が松脂(まつやに)を取るため傷つけた松脂採取被害木の傷跡~韓民族の精神を無惨に踏みにじった[05/02]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

_SX342_1: 蚯蚓φ ★ 2017/05/02(火) 15:18:38.29
日本軍国主義の象徴である旭日旗応援論議がまたふくらんだ。

最近、水原(スウォン)ワールドカップ競技場で開かれた水原サムスンと日本の川崎フロンターレの試合途中、日本サッカーファンが旭日旗を開いて持って応援したのが発端だ。旭日旗は押収され、川崎サポーター側は水原サポーター側に謝った。ここで終わっていれば、過激ファンの突出行動と見なされて一段落していただろう。ところが日本サッカー協会長が論議に油をそそいだ。

田嶋幸三サッカー協会長はこれと関連して「旭日旗に政治的な意図はない」と言ったという。とんでもない。旭日旗は過日、韓国と中国など東アジアの様々な国を侵奪した日本軍部を象徴する戦犯旗だ。ナチスドイツのハーケンクロイツと違わない。知りながら言ったなら侵略の歴史を否定するゆがんだ歴史認識で、知らずに言ったとすれば歴史に対して無礼だ。

日本サッカーファンが試合場でこの旗を振りまくったのは初めてではない。2012年、東京国立試合場で開かれた20才以下女子ワールドカップ韓日戦、2013年蚕室(チャムシル)総合運動場での東アジアカップなど国家代表やプロ試合を選ばず韓日戦で何回も登場した。日本Jリーグでは極右ファンたちが旭日旗はもちろん、ヒットラーのナチ親衛隊模様と似た旗まで持ち出して騒動が起きたこともあった。

日本では旭日旗とそのデザインがスポーツ試合場や大衆文化、商品などに広く使われているという。自衛隊も旭日旗を使っている。極右デモでは日章旗とともにもれなく登場する。侵略戦争を起こしたことに反省や特別な問題意識なしに日常的に使われているのだ。旭日旗が周辺国国民からなぜ排斥されるかをきちんと教えなかった歪曲された歴史教育のせいだ。

日本がいくら否定しても旭日旗は戦犯旗という事実は変わらない。スポーツの現場で被害と抑圧の歴史を思い出させる政治的行為は消えるのが当然だ。試合場だけでなく日常でも規制することが望ましい。ドイツはハーケンクロイツが描かれた旗はもちろん徽章・バッジ・ユニフォームなどを法で禁止している。日本も侵略の歴史を本当に悔いるなら、分別のない旭日旗の使用を厳しく禁じるのが当然だ。

ソース:イーデイリー(韓国語) [社説]侵略の旗「旭日旗」応援禁止してこそ
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=SA77&DCD=A302&newsid=01305446615924984

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★ 2017/04/26(水) 11:34:57.17
聯合ニュース(韓国語)
 
日本軍慰安婦被害者中最高齢(99才)だったイ・スンドク、ハルモニが4月4日亡くなった。ハルモニはこれまで「認めなさい、謝罪しなさい、補償しなさい」と声を限りに叫んだが、これと言った成果もなしに亡くなった。日本は慰安婦真相究明と損害賠償に誠意がない態度で一貫した。安倍晋三総理が2015年発表した戦後70年談話も真心からの謝罪ではなかった。安倍は一層強硬に最近では少女像撤去を要求した。厚顔無恥な外交姿勢はかなりの間、持続する可能性が大きい。

1891年の大津事件は日本の2つの顔をよく見せる。ロシア皇太子ニコライ2世はその年5月、日本で切りつけられた。 (中略:大津事件の概要)

日本は迅速かつ全方向的な対応に入った。民官総動員で王まで合流し、事態の収拾に乗り出したのだ。明治日王は息子3人を連れて皇太子が泊まるホテルに急訪して頭を下げる。全国民は一糸乱れず謝罪する姿になった。全国の学校がいっせいに休校に入った。強力な謹慎意志を見せるためだ。神社や寺院、教会は回復を祈る祈祷を継続した。ニコライに送った見舞い電報だけで1万通を越えた。慶応大学の学生たちはフランス語で謝罪の手紙を書いた。一部地域では「津田」姓及び「三蔵」の命名を禁ずる規定をした。犯人の警察官・津田三蔵を思い出させるという理由からだ。ある女性は「死んで謝罪する」という遺言を残して自殺しようとした。

ひとりが犯した偶発事件に全国が大げさに騒いで恥辱を自覚したのだ。韓国人慰安婦問題にとぼけるのと全く違う状況だ。

事件の動機は単純だった。王を謁見しないまま観光することに腹が立ってこらしめてくれようとしただけで殺害の意図はなかったという。日本政府は犯人を処刑しようとありったけの力をふりしぼる。韓半島侵略元凶の伊藤博文が最も強硬だった。法の不備で死刑宣告にならなければ戒厳令をしいて処刑しろと圧力を加えた。犯人を拉致して拳銃で暗殺しようという意見も出た。

ロシアも死刑を強く求めて圧迫した。駐日ロシア公使館は殺さなければどんな事態が起きるか分からない脅迫した。大法院だけは違った。実定法上殺人を宣告する方法がなかったからだ。日本王や王族に危害を加えた犯罪だけが死刑可能だった。戒厳令宣言で裁判権を回収するという法務部の脅しにも大法院はよく持ちこたえた。結局、事件発生16日後、殺人未遂容疑で無期懲役判決をする。

ロシアの反応は意外に穏やかだった。戦争どころか賠償要求もしなかった。日本は13年後、ロシアに恩を仇で返した。1904年、日本が宣戦布告もなしにロシア極東艦隊を奇襲攻撃して戦争に突入したのだ。津田を検挙する時助けた人力車屋は露日戦争を契機に青天の霹靂をむかえる。国民の英雄から売国奴に変わって集団いじめにあった。

1937年中日戦争当時発生したパナイ号事件でも日本の偽善があらわれた。日本航空隊が民間人を乗せた米国艦艇パナイ号を撃沈した。日本は中国軍艦と誤認したと釈明した。それでも急いで謝って賠償した。日本艦隊司令官が現場で謝罪し本国政府も謝罪声明を発表した。当時としては巨額の221万ドル余りを賠償して航空隊司令官は更迭した。

米国も15年後、日本から背中に刃物を刺される。1941年、日本戦闘機がハワイ真珠湾米軍基地を攻撃したのだ。そのような日本が今は急変した。安倍総理が米国大統領選挙後、外国首脳の中で初めてドナルド・トランプ大統領に会って無限の信頼を約束した。世界最強大国、米国の前でぺたっとうつ伏せになったのだ。

強きを恐れ弱きを蔑視するという吐剛茹柔の典型だ。植民地の痛みを越えて正常関係にリセットしようとする私たちの努力がいつも失敗に終わったのはこの様な悪習が大きな影響を及ぼした。次期政府が日本の賤民根性をはっきり認識せず、外交戦略を立てれば失敗はずっと繰り返されるだろう。


▽ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世は1891年、日本で切りつけられた。
AKR20170424143800797_04_i

ファン・テイル記者

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/04/24/0200000000AKR20170424143800797.HTML


元スレ:・【韓国】 強者にへつらい弱者を踏みにじる日本…次の大統領はこの様な日本の賤民根性を認識せよ[04/26]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2017/04/25(火) 23:53:09.08
「日立の木」 ハワイの木についた日本企業の名前
新韓国文化新聞(韓国語)

ハワイのホノルル市内の真ん中に「日立の樹」というものがあって先週見てきた。
表面をちょっと見ると巨大な王陵の様に見えるこの木を現地の人々はモンキーツリー(猿の木)と呼ぶ。さらに正確な名前はモンキーポッド(MONKEY POD)でやはり猿と関連がある。巨大な木の下に行って幹を見上げれば猿が飛び回るにおあつらえなように見えた。

この猿の木は現在、日本の会社・日立グループの名前を取って「日立の樹」と呼ばれて日本人たちのハワイ観光コースから外せない場所だ。
筆者が訪問した4月14日にも駐車場には日本の団体観光客を乗せたバスが列をなしていた。

ホノルル市内公園にある日本の日立グループの「日立の樹」
art_14930736225984_cdd0c8

公園入り口のお土産店で無料で配っている「日立の木」案内パンフレット
art_14930736223327_4eb5ff

日立の樹はホノルル市内にあるモアナルア・ガーデン(2850 A Moanalua Road、Honolulu、HI 96819)にある木で、公園にはこのような木が幾本もあるが、その中で樹齢130年になる最も威厳のある樹一つを選んで日本の日立で自らの社木としている。この公園は現地でも「日立の樹公園」で通じるほどだ。

日立グループは1970年代初め、このモンキーポッド(MONKEY POD)をアニメでCMソングに活用して以来、1975年からはハワイ現地の実物をCMソングに登場させた。もちろんこれを活用するためには途方もない広告費が必要だっただろうことは明らかな道理だが、その金額は知られていない。

この木が日本全域に知られるとすぐにこの木を見にハワイに来る人々が増え始めた。ちょうどこの木がある場所は公園なので、ここは日本の新婚夫婦の野外撮影地としても人気だ。筆者が行った14日も、一組の日本人新婚夫婦の撮影が行われていたが、筆者が近寄るとマネジャーのような女性が「こちらは費用を支払って撮影をしている。ラインの外に出てくれ」と注文をつけた。(中略:公園と日立の説明)

韓国では見られない特異な形態の「モンキーポッド(MONKEY POD)」の木ひと株がイメージを新しくする現場を見て日本企業家らの「マインド」を新たに振り返ることになった。日立グループがこの公園を後援するお金がどの程度の規模なのかは分からないが、ハワイの土地にある木の名前を自身の企業の名前を付けて広報しているだけでなく、ハワイ観光にも一助となる姿が印象的だ。

権力のある実力者が幼い娘のために数十億ウォンの馬を買うお金があれば(訳注:チェ・スンシル容疑者のことか)外国に視線を転じて「日立の樹」のような名所を作ることはできないものか、「日立の樹(モンキーツリー、元の名前モンキーポッド)」を背景に楽しくカメラのシャッターを押す日本人団体観光客を見れば万感がかすめる。それでも、「日立の樹」と名付けた日本企業の姿勢はうらやましくはない。

こちらで偶然に会った韓国観光客ソ・インヨン(47)氏は「いくら資本を投資したと言っても、現地の木の名前に企業の名前を付けたことはあまり愉快ではない。『日立の樹』を見ながら、何でも自分のものにしなければ気がすまない日本人の乳児的思考の現場を見る様で苦々しい。世界のどこに『日立の樹』のようなものが他にあるか!」と言った。

イ・ユンオク記者

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

nida1: 蚯蚓φ ★2017/04/21(金) 21:54:55.69
ハンギョレ新聞 2017-04-20 18:29

 「朝鮮半島危機説」は不安の兆候があるたびに繰り返されてきた。分断された朝鮮半島で生きる人々の避けがたい宿命として受け入れるには、私たちが危機説に露出する頻度が高すぎる。特に、今回の「朝鮮半島4月危機説」は、韓国の政治・経済的体力が弱っているときに周辺勢力がどのように動くのかを赤裸々に見せたという点で反芻することが必要だ。

 まず、以前は主に北朝鮮核関連交渉が難関にぶつかったり、金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の死亡など、北朝鮮に事故があった時「北朝鮮崩壊論」を根拠に危機論が登場した。ところが今回の危機説は「主演」と「震源地」がドナルド・トランプ政権であった。米国の航空母艦カールビンソン号が8日にシンガポールを出発し朝鮮半島方向に突然針路を変更したという「嘘の発表」がなされて危機説が触発された。もちろん、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席の誕生日である4月15日「太陽節」に北朝鮮が核実験などをするだろうという見通しは多かった。だが、こうした可能性は北朝鮮の内部行事があるたびに常連のように出てきており、今回だけが特別だとは言えない。

 トランプ政権が朝鮮半島危機説が急速に拡散しているのを知らなかったはずはない。トランプ政権は朝鮮半島危機説をほう助した。それどころかトランプ大統領までが直接乗り出して、国内政治用にこれを活用してみせた。同盟国の国民の安全や不安は、彼らの考えの中には入り込む余地がないように見えた。トランプ政権が大統領の交渉戦略に従って「予測不可能性」を通じて相手の恐怖を最大化しようとする意図だったならば、それは成功したということもできる。北朝鮮や中国の激烈だった反応を基準として見ればそうだ。

 だが、同盟国でもこうした戦略的曖昧性の刃先が自分たちに向かうのではないかと憂慮の目で見つめているという事実を、トランプ政権は肝に銘じなければならない。「羊飼いの少年」の戦略は長くは効かない。そのうえトランプ政権には内政でも外交でも掌を返すように変える傾向がある。これに対して別に責任を感じているようでもない。最も大きな外交資産である信頼を失ってしまえば、いくら筋肉質を自慢しても張り子の虎に転落するだけだ。

 朝鮮半島危機説の「助演」を挙げるなら、何といっても日本だ。韓国政府の不在状態を最大限に活用したような日本の動きは「ハイエナ」だった。
日本の外務省がホームページに韓国に滞留する日本人たちに朝鮮半島情勢に常に留意しろという警告メッセージを上げたかと思えば、安倍晋三首相までが自ら乗り出して、危機論を煽り立てた。米国政府が航空母艦カールビンソンの他にも空母ニミッツ号を西太平洋海域に追加配置するという「誤報」も日本側から出た。政府とマスコミがあたかも口を合わせたように、デマ情報を流して韓国の危機を高めさせる姿は衝撃的だった。

 朝鮮半島危機説のまた別の助演は、米国のマスコミと韓国のマスコミだ。NBC放送が13日、米国が対北朝鮮先制攻撃作戦を遂行しうるトマホーク巡航ミサイルを装着した駆逐艦2隻を朝鮮半島近隣地域に配置したという「誤報」で、朝鮮半島危機説は極に達した。米国政府が故意に誤った情報を記者に提供した可能性が高いが、自分たちの報道がどのような破局を引き起こしうるか真剣に考えたかを訊ねたい。

 実際、米国のマスコミだけを叱ることはできない。この10日間の韓国の各新聞1面のタイトルと放送のタイトルに目を通すことを薦めたい。ワシントンのあるシンクタンク関係者は、朝鮮半島危機説の本質を「米国と韓国のマスコミの大騒ぎの相乗作用」と皮肉りもした。10日間、私たちは朝鮮半島で偶発的衝突が起きるかも知れないという、あまりにも厳重な現実と向き合った。2017年4月危機説の助演と主演を忘れずにおこう。

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

nida1: 動物園φ ★ 2017/04/19(水) 12:33:18.86
【社説】韓半島の不安感あおる日本、自制するべき
2017年04月19日07時38分 [中央日報/中央日報日本語版]

最近、日本が韓半島(朝鮮半島)危機を利用し、度が過ぎる姿を見せている。
韓国外交部の報道官は昨日、「仮想状況を前提に誤解を引き起こしたり韓半島の平和と安定にマイナスの影響を及ぼす言及は自制しなければいけない」と指摘した。外交部が韓半島有事の際の過度な対応を示唆した日本側の発言に遺憾を表明したのは当然のことだ。

日本が自国民の保護のために必要なことをするのは当然だ。韓国に滞留中の日本人が5万7000人を超えるため、安倍政権が避難対策を立てるのも正しい。しかし右翼メディアならともかく、内閣のナンバー2という菅義偉官房長官に続き、安倍晋三首相までが危機状況を大げさに騒ぐのは、韓半島の不安感をあおるだけだ。必要な対策なら静かに立てて徹底的に遂行すればよいことだ。

特に安倍首相の度重なる発言は、ある種の意図があるのではという疑いまでもたらす。安倍首相は12日、「さまざまな事態が起こった際、拉致被害者の救出に向けて米側の協力を要請中」と述べた。他人の不幸を利用して実益を得ようという話として聞こえる。安倍首相は翌日、「北朝鮮がミサイル弾頭にサリンを装着して発射する可能性もある」と主張した。確認されていないことを話して軍事力増強を合理化しようということではないのか疑いを招く発言だ。

さらに韓半島有事に関連し「上陸手続き、収容施設の設置および運営、 わが国が庇護すべきものにあたるか否かのスクリーニングといった一連の対応を想定している」と述べた。戦争勃発を前提に韓国人が難民になって押し寄せる状況を想像したのだ。隣国の国民の自尊心に触れる発言だ。

そうでなくとも少女像の問題で帰国した日本大使が帰任し、韓日関係がようやく回復に向かおうとしている時期だ。日本は韓日米同盟の一つの軸を担う友邦だ。なら、韓半島をめぐる行き過ぎた不安感が形成されないよう積極的に助けても足りない状況ではないのか。もう安倍政権は事態の深刻さを悟り、言動に慎重になることを望む。

http://japanese.joins.com/article/206/228206.html


元スレ:・【社説】日本は友邦の韓国を積極的に助けても足りない状況 韓半島の不安感を煽るのは自制するべき

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む


このページのトップヘ