韓国メディアの異常報道

1: 蚯蚓φ ★2017/12/11(月) 22:57:59.09
韓国日報(韓国語)

日本の象徴的国王アキヒト(明仁)が2019年4月30日退くという。長男のナルヒト(徳仁)王世子が次の日即位すれば日本は30年ぶりに平成年号に終止符を打つ。

日本の天皇制は国王の現実政治への関与を許さない。戦後制定された現日本憲法で国王は憲法が定めた国事行為をするだけで国政に関する権能を持たず、その国事まで内閣の承認を受けるようにしたためだ。直前の国王ヒロヒト(裕仁)の最終決定で帝国主義侵略戦争が起きたことに対する反省からだ。

帝国主義時代の大日本帝国憲法で「天皇「は統治権を有する国家の元帥であり神聖不可侵の存在だった。しかし、7世紀後半の天武期に遡る天皇制の歴史の中で「天皇」が政治的実権を振り回したのは500年余りだ。14世紀以後、武人の勢力拡大が続き、幕府期の国王の役割は将軍に替わった。「天皇」は明治維新後、立憲君主制を骨格とした帝国憲法が制定され戦争が終わるまで約60年間政治の実権を持ったが、戦後再び象徴的な存在に帰ってすでに70年が過ぎた。

実権が有名無実で日本国民が呼ぶ様に彼らを固有名詞で「天皇」と呼ぶことを躊躇する国は殆どない。第二次大戦で日本最大の敵国だった米国など英語圏の公式表記は「Emperor」だ。日本と戦った兵士だけでも500万人近く死傷した中国も「天皇」と呼ぶ。

韓国は少し曖昧だ。公開的には「天皇」の使用を明らかにした金大中(キム・デジュン)政権以後、政府の公式呼称は「天皇」だが、メディアをはじめとする一般はいつのまにか「日王」に変えて呼ぶ。

昨年亡くなった後、韓日協力に努めた功労で大韓民国修交勲章を受けた若宮啓文、朝日新聞主筆がこの様な助言をしたことがある。「日王」という漢字を見るたびに、日本の日清食品が作った日清ラ王というラーメンを思い浮かべるという彼は日王という表現に「ほとんどすべての日本人が侮辱された感じを持つのは間違いない」と言った。

故・若宮啓文氏
AS20160429000233_commL aspx

この前のトランプ訪韓時、独島エビがメニューに上がったことで日本が抗議した時、韓国人なら誰もが聞いた「心が狭い」という感じに似ているか、いやそれ以上であろうか。韓日関係改善のために繰り返し考えるべき問題だ。

キム・ボムス論説委員

http://www.hankookilbo.com/v/a47ee9901ce94b44be2261d09029e609

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

nida1: 蚯蚓φ ★2017/12/09(土) 20:08:23.52
悪い弟の北朝鮮、憎らしい隣りの日本
ヘラルド経済(韓国語) シン・テウォン記者

北朝鮮核・ミサイル脅威を口実にした日本の軍国主義化の歩みが尋常ではない。日本政府は北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するという名分を前に出して野党圏と市民団体の反対の声にもかかわらず、長距離空対地ミサイルと空対艦ミサイル導入計画を押し通している。


また、北朝鮮の核実験と弾道ミサイルなどメガトン級戦略挑発のたびに意図的に韓半島危機論を煽るような姿まで見せる。韓国の立場では日本のこのような歩みが相次ぐ核・ミサイル挑発で国際社会の悩みの種になった北朝鮮が原因を提供したとは言うが、気まずくならざるをえない。 (中略:日本の軍事予算等)

問題は日本のこのような長距離巡航ミサイル保有が事実上敵基地攻撃能力を意味する点で日本憲法が規定している攻撃戦力保有不可および攻撃を受けた場合だけ防衛力を行使するという原則から外れることだ。

直ちに野党圏と市民団体など日本国内でも「日本の安全保障方針を変更するもの」とし、長距離巡航ミサイル導入計画を直ちに中断すべきだという批判が提起される。しかし、安倍晋三総理は先月敵基地攻撃能力と関連して「検討する責任がある」と積極的な立場を見せた。

日本は北朝鮮の核・ミサイル脅威を前に出して意図的に韓半島危機論を煽るような姿も見せる。今年に入ってだけでも、数回ふくらんだ韓半島危機論は大部分、日本が根源地だった。

日本は先月にも長崎県島原半島で史上初めて「武力攻撃事態」発生状況を想定した訓練を行った。訓練は北朝鮮のミサイル2発が落ちて中・軽傷者が発生した状況を仮定して進められた。日本国内で北朝鮮のミサイル落下に備えた訓練でない武力攻撃事態を想定した訓練は今回が初めてだった。

日本はまた、来年初め、東京をはじめとする人口密集地域で事実上北朝鮮の弾道ミサイルなど武力攻撃事態に備えた住民避難訓練も計画中だ。河野太郎外相が議会に出席して韓半島有事の際、「民間航空機で待避できない状況になる場合、政府が保有する航空機と船舶派遣が必要になるだろう」と言及したこととも同じ脈絡といえる。

これについて日本国内では「戦争危機をあおりたてる」という批判がある。日本のこのような歩みについては北朝鮮核・ミサイル問題を内部政治用に活用しているという指摘が出ている。

外交消息筋は「韓国と日本は市場経済と自由民主主義という価値を共有し、北朝鮮の核問題という共同戦線も持っているが、心理的・歴史的間隙も大きい」として「この様な状況で日本が北朝鮮の核問題に見せる態度はいくら友邦といっても自国の利益を優先視するほかはない、という国際社会の冷厳な現実を見せる」と話した。

http://heraldk.com/2017/12/08/%EB%98%EC%9C-%EB%8F%EC%9D-%EB%B6%ED%9C-%EC%86-%EC%84%EB%AF%B8%EC%9A%B4-%EC%9D%B4%EC%9B%83-%EC%9D%BC%EB%B3%B8/

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

png1: 動物園φ ★2017/12/09(土) 14:18:30.26
日本国王「2019年4月30日」に退位、王世子が翌日即位
Posted December. 09, 2017 09:40, 東亜日報

日本国王が2019年4月30日に退位し、翌日の5月1日に王世子が新しい国王に即位する。
日本政府は8日、閣議を開き、このような日程を決定・発表した。

これにより1817年の光格天皇以来、202年ぶりに天皇の生前退位が実現する。

日本国王は退位後「上皇」に、王妃は「上皇后」と呼ばれる。

天皇陛下は1989年の即位後、災害現場や太平洋戦争激戦地を訪れて犠牲者を慰めるなど、国民に慕われた。2015年の戦後70年全国戦没者追悼式で、過去の戦争に対する「深い反省」を述べるなど安倍政権とは異なる発言をした。

「天皇一族に百済の血が流れている」という趣旨の発言をするなど韓国に格別の関心を持っていたが、本人の希望にもかかわらず訪韓は実現しなかった。


http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1151406/1

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

png1: 蚯蚓φ ★2017/11/14(火) 23:20:49.25
アジア経済(韓国語)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日(現地時間)、東南アジア国家聨合(ASEAN)関連首脳会議が開かれているフィリピン、マニラでドミトリー・メドベージェフ、ロシア総理と両者会談を持った。

ムン大統領はこの日の昼12時半から約30分間、フィリピン国際コンベンションセンターで(PICC)両者会談を持って両国協力関係発展の方向性と北朝鮮核ミサイル問題などについて意見を交換した。ロシアナンバー2のメドベージェフ総理はこの日午後、マニラで開かれる東アジア(EAS)首脳会議に参加するためフィリピン訪問中だ。

EASはアセアン+3(韓国、中国、日本)にオーストラリア、ニュージーランド、インド、米国、ロシアなど18カ国が参加する対話フォーラムだ。ロシアはEASにウラジミール・プーチン大統領の代わりとしてメドベージェフ総理が参加している。本来予定になかった今回の会談はロシア側の要請で行われたという。ムン大統領は9月にウラジオストックで開かれた東方経済フォーラムでプーチン大統領と首脳会談を持ったのに続き2カ月でロシアの第1、2人者の両方と会談を持ったことになる。

ドナルド・トランプ大統領のアジア歴訪を契機に始まった東北アジア外交「スーパーウィーク」の間、ムン大統領は4強国家のうち日本を除く米国、中国、ロシア指導者と会談を持った。ムン大統領と日本の安倍晋三総理は10~11日、ベトナム・ダナンで開かれたアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議と13日からマニラで開かれているアセアン関連会議に並んで参加している。ダナンに到着した10日からマニラを離れる15日まで6日間、同じ場所で動くが特に会談はしなかった。

大統領府高位関係者は「私たちは日本に会談を提案しなかったし、日本からも提案はなかった」と話した。ムン大統領が中国との関係を意識して日本と意図的に距離をおく「ジャパン・パッシング」をしていると見られる。
日本は中国が警戒心を持つ韓米日3国合同軍事訓練を推進し、中国孤立戦略の「インド、太平洋構想」に韓国の参加を要請している。

 1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 荒波φ ★ 2017/11/11(土) 10:53:01.03
李洛淵首相、「在位中に来られることを願う」と明仁日王の訪韓に期待示す
November. 11, 2017 10:09 東亞日報

 
トランプ米大統領の訪韓と習近平中国主席との首脳会談を通じて、韓米、韓中関係を固めた政府の一部から、「これからは日本との関係改善に乗り出すべきだ」という期待感が出てくる。

これと関連して
李洛淵(イ・ナギョン)首相は今年9月、日本の朝日新聞とのインタビューで、2019年3月に退位予定の明仁日王の訪韓についての質問に対して、「必ずお越しいただければと思う。それも在位中に来られることを願う」と答えた。

しかし、文在寅(ムン・ジェイン)政府の韓日慰安婦交渉の遵守を促してきた日本国内では、7日、大統領府が文大統領とトランプ大統領との首脳晩餐に元日本軍慰安婦を招待したり、メニューに独島(トクト=日本名・竹島)エビを盛り込んだことを巡り、反韓の雰囲気が起きている。

DOBL7AHVoAAJIP4

河野太郎外相は10日、この問題に関する追加コメントを避けながら、この問題が拡大するのを警戒した。しかし、8日、韓国側に「北朝鮮の危機の中、特に日米韓の協調が重要な時期なのに非常に残念だ」と抗議したが、10日の記者会見では、「韓国の解釈についてなんだかんだ言いたくない。日韓が前向きに連帯を深めることが重要だ」と一歩下がった。対北朝鮮問題についての韓米日の連携のためにこれ以上の対立は望ましくないと判断したものと解釈される。

しかし、韓国が過去の歴史を打ち出して、韓米日の協力には積極的でないと、不満を漏らす空気があちこちから現れている。「知韓派」と言われている額賀福志郎日韓議員連盟会長も9日、派閥会合で「非常に残念な事態だ」とし、「アジアの不安定を克服することに、日韓、日米の連携が重要な鍵を握っている。韓国国民に向けたパフォーマンスではなく、大人の外交を展開してもらいたい」と述べた。

ソーシャルネットワークサービス(SNS)などにも嫌韓の発言が相次いでいる。

http://japanese.donga.com/List/3/01/27/1123872/1


元スレ:・【韓国首相】「在位中に来られることを願う」と明仁日王の訪韓に期待示す しかし首脳晩餐を巡り反韓の雰囲気が起きている[11/11]

お断りどすと思った方はクリック →
本文を読む

png1: Egg ★ 2017/11/11(土) 09:23:23.82 I
(朝鮮日報日本語版) 「独島エビ」に抗議、相手の立場になって考えられない日本
11/11(土) 9:02配信  朝鮮日報

韓国大統領府が7日、ドナルド・トランプ米大統領を歓迎するための晩さん会のメニューに独島(日本名・竹島)でとれたエビを出したところ、菅義偉官房長官が直ちに「外国が他国の要人をどのように接遇するかについて(日本)政府としてコメントを差し控えるが、どうかとは思う」と述べた。

その翌日には河野太郎外相が「申し上げなければいけないことをしっかり今回伝えたつもりだ」と、韓国側にメッセージを送ったことを明らかにした。

晩さん会で独島のことを出したわけでもないのに、エビをメニューに出したからと言って怒っているのを見ると、非常に気分を害した様子だ。

それならば、35年間にわたり国土全体を奪われた国の人々の気持ちはどうだろうか。「易地思之(相手の立場になって考えること)」の良い例になるだろう。立場を変えて考えてみろと言わなければ駄目そうなので言ってみた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000369-chosun-kr


元スレ:・【韓国】<独島エビ>に抗議、相手の立場になって考えられない日本

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

png1: 蚯蚓φ ★2017/10/20(金) 15:20:56.16
【コラム】トランプ大統領が韓国に来るが
中央日報/中央日報日本語版

トランプ米大統領の11月7、8日の韓国訪問は、その重要性の順位で1952年12月のアイゼンハワー次期大統領の韓国訪問の次ぐ。アイゼンハワーは11月の大統領選挙の遊説で停戦協議が長引いている韓国戦争(朝鮮戦争)を早期に終息させるため就任前に韓国を訪問するという公約をした。彼は汝矣島(ヨイド)空港に到着し、東崇洞(ドンスンドン)第8軍司令部で過ごしながら米軍将軍や兵士から戦争状況について聞き、軍用機で戦線の地形地勢を観察した。

彼は北進統一を叫ぶ李承晩(イ・スンマン)大統領に会うのを避けた。アイゼンハワーは中央庁広場の市民歓迎大会もボイコットした。壇上の閣僚と壇下の数万人の市民は虚しく帰っていった。李承晩はあきらめなかった。彼は12月の酷寒にスーツ姿で光陵(クァンヌン)の韓国軍修道士団を視察中のアイゼンハワーを訪ね、ようやくプライドが高い次期米国大統領にしばらく会うことができた。米軍の将官の一人が寒さに震える李承晩に野戦ジャンパーをかぶせた。 (中略)

李承晩が自分を避けるアイゼンハワーを景武台に招致して会談していなければ、アイゼンハワーの戦争中の訪韓は韓米関係史に大きな一線を刻むことはできなかっただろう。

トランプ大統領は韓米関係が完全に違う状況で韓国に来る。アイゼンハワーは進行中の戦争を終わらせに来たが、トランプ大統領は戦争を防ぎに来る。アイゼンハワーの訪韓の結実である韓米同盟が60年余り守ってきた韓半島の武装平和がいつ壊れるか分からない、戦雲が迫る韓半島がトランプ大統領の訪韓の背景だ。北朝鮮の挑発であれ米国の先制攻撃であれ、韓半島がまた黙示録の現場になるかどうかは、トランプ大統領がソウルで世界に向かって発信するメッセージにかかっている。

いま北東アジアにはトランプ大統領の活用を待つ鼓舞的な変化の兆候が表れている。中国の習近平主席が現在開催中の共産党大会で執権2期目の枠を作り、米中関係と韓半島問題にさらに積極的に接近するだろう。彼の目標は共産党創立100周年の2020年までに中国を全面的な小康社会にすることだ。小康社会とは、衣食住の心配がない国民が若干の文化生活を享受する社会をいう。韓半島周辺地域の安定なく小康社会は作れない。第2の韓国戦争は、中国現代史で毛沢東とトウ小平に並ぼうとする習近平主席の夢をはかない白昼夢として吹っ飛ばしてしまうだろう。したがって中国は今よりも積極的に対北朝鮮制裁と圧力に同調するはずだ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が中国の警告を無視して中国の門前で危険な火遊びを続ければ、習近平主席は中国の独自の圧力を加える可能性が高い。トランプ大統領との会談では北朝鮮問題に関する持続性のある解決策が議論されるとみられる。我々が警戒するのは韓国が抜けた米国・中国間の韓半島ビッグディールだ。キッシンジャー元国務長官を含む米国の親中派現実論者がそのような方向に雰囲気を作っている。

トランプ大統領がソウルで発信するメッセージは最大の圧力と制裁であり、北朝鮮は核・ミサイル挑発をやめて対話のテーブルに出てこいという要求と警告となるだろう。トランプは思いつきでツイートしながら経済的利益を握る、無知だが賢い商売人だ。彼は文在寅(ムン・ジェイン)大統領を相手に韓米FTA(自由貿易協定)と最先端武器で優位に立とうとするはずだ。トランプ大統領の北東アジア訪問がそのように流れれば彼にとって不幸なことだ。今日の北東アジアは、トランプ大統領が米国の利益ばかり考える三流政治家(politician)から、戦争の危機を防いでアジア・太平洋地域国家の共同繁栄の礎石を築いた大政治家(statesman)に飛躍する多くない舞台であり機会だ。深刻に冷え込んだ南北関係の水面下でもわずかに暖流の兆しが見えるのも、トランプ大統領の大政治家づくりにプラスになるだろう。

金永熙(キム・ヨンヒ)/コラムニスト/論説委員

http://japanese.joins.com/article/584/234584.html?servcode=100&sectcode=120


元スレ:・【韓国】 トランプ大統領が韓国に来るが…三流政治家から大政治家に飛躍する舞台であり機会だ/中央日報コラム[10/20]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

novel1: 荒波φ ★ 2017/10/06(金) 15:07:18.61
2017-10-06 14:31:22

ノーベル文学賞の受賞者が韓国時間の5日午後8時に発表され、韓国人詩人の高銀(コ・ウン)氏の受賞は実現しませんでした。

高銀氏は、およそ15年前からノーベル文学賞の発表があるたびに、受賞の可能性が取り沙汰されてきましたが、ことしも受賞は実現しませんでした。

特にことしは、高銀氏が韓国の民主主義を象徴するろうそく集会に積極的に参加し、韓国の民主主義の発展を願う作品を書いてきたことから、受賞への期待が高まっていました。


ことしの受賞者としては、長崎県生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロ氏(62)が選ばれました。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65337&id=Dm


元スレ:・【KBS】韓国人詩人の高銀氏 ノーベル文学賞受賞ならず 特にことしは受賞への期待が高まっていました[10/06]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

novel_medal1: 蚯蚓φ ★ 2017/09/25(月) 15:16:25.79
[キム・ヒョングンコラム]ノーベル平和賞がノーベル科学賞よりはるかに大切だ
アジアタイムズ(韓国語)

我が国は堂々たるノーベル賞受賞国家だ。それもノーベル賞を制定したアルフレッド・ノーベルが本当に最も大切に考えたノーベル平和賞を受賞した国だ。
2000年12月10日ノルウェー、オスロで当時の金大中(キム・デジュン)大統領が韓国人初のノーベル平和賞を受けた。

民主主義と人権に向け40年以上にわたった長い闘争歴と6・15南北共同宣言を引き出して韓半島の緊張緩和に寄与した功労で平和賞部門で世界81番目に受賞した。しかし、この誇らしい過去は歴代政権が変わるにつれ色あせ歪曲されてきた。

いわゆる北朝鮮への「一方的支援」の代価で得たそれこそ「金で買った」ノーベル賞という根拠のない工作に苦しめられた。それだけではない。ノルウェー政府に賄賂を送ってお金でノーベル平和賞を買ったという主張で国際的に恥をかいたこともある。そんな理由からだろうか?我が国がノーベル賞受賞国家ということを知っている学生もそれほど多くないと見られる。もしノーベル物理学賞や生理医学賞のように科学賞を受賞していれば変わったのだろうか?

ノーベル科学賞が平和賞よりさらに重要でさらに誇らしい賞だろうか?違う。科学的進歩は重要だ。しかし、決して人類最高の徳性である平和の上席に君臨することはできない。
(中略:イ・ミョンバクが大統領候補だったころ、「科学立国」政策の思い出)

ノーベル賞の季節が帰ってきた。10月2日のノーベル生理医学賞を始めとして10日まで合計6個の受賞者が発表される。殺人的なダイナマイトを開発して数億ドルを稼ぎ、金の座布団に座った「武器商売人」ノーベルが晩年、ノーベル賞を制定したのは戦争と殺戮がない平和を望んだためだ。

私たちの韓半島が一寸先も分からない最悪の戦争危機局面に直面している。場合によっては小さい飛び火が飛ぶだけでも破局を招きかねない危険千万な局面に追いこまれている。だからこそノーベル平和賞がより一層大切に感じられる今だ。平和は科学の進歩よりはるかに重要だ。

キム・ヒョングン論説委員・科学コラムニスト 

ソース:アジアタイムズ(韓国語) [キム・ヒョングンコラム]ノーベル平和賞がノーベル科学賞よりはるかに大切だ
http://www.asiatime.co.kr/news/articleView.html?idxno=155811


元スレ:・【ノーベル賞】 韓国は堂々たるノーベル賞受賞国、平和賞は科学賞よりはるかに重要だ[09/25]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

png1 :蚯蚓φ ★2017/09/22(金) 20:06:56.91
<明仁天皇の「訪韓の夢」>

東亜日報日本語版 9月22日

記者注:同記事の韓国語版では「天皇」は「日王」表記

1975年7月17日、戦没者戦災犠牲者を追悼する沖縄の「ひめゆりの塔」。皇太子明仁親王(当時)が訪問した時、火炎瓶が飛んできた。洞窟に潜伏して1週間待っていた2人の青年の犯行だった。第2次世界大戦当時、玉砕作戦で12万人以上の沖縄の住民が犠牲になった。戦争責任がある天皇の長男の訪問が許せなかったのだ。事件の収拾後、皇太子は訪問を終えた。

◆天皇が20日、埼玉県日高市の高麗神社を初めて訪れた。高句麗最後の王である宝蔵王の息子若光と遊民1799人が亡国の恨みを抱いて1307年前にここに定着し、子孫は若光を称えて神社を建てた。参拝すれば出世するという俗説もある。参拝後、首相や大臣になった政治家だけでも斎藤実をはじめ6人。「捜査が解決する」という噂も一時広まり、検事たちもここを訪れて祈った。地元料理に高麗鍋がある。白菜に韓国式の味噌・醤油を入れて煮込んだ高句麗の料理だ。

◆桓武天皇は日本の第50代天皇で、第49代の光仁天皇と百済人の高野新笠の息子だ。天皇は、「続日本紀」を根拠に二度にわたってこのことに言及した。2001年12月23日、誕生日を控えた記者会見と2010年に奈良県で開かれた第1回東アジア地方政府会合でだ。「桓武天皇の生母が百済の武寧(ムリョン)王を始祖とする渡来人の子孫」という趣旨だった。それで「深いゆかりを感じる」と述べた。韓国に対する深い関心も、高麗神社を訪れたのもそのような理由からだ。

◆天皇が健康を理由に生前退位を宣言した昨年、日本社会は騒然とした。天皇は第2次世界大戦の戦没者慰霊碑を訪れ、懺悔の思いを続けた。安倍首相をはじめとする右派を牽制する「静かな反対者」の役割も果たした。韓国訪問を希望するという意向も数回示した。在位中の訪韓は、両国国民の感情に触れる敏感な問題であるため、実現は難しい。しかし、来年の退位後なら…。故郷を訪問するように訪韓が実現すれば、韓日関係は急速に正常化できる。天皇もそのような夢を見ているのかもしれない。

ソース
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1069660/1

元スレ:【韓国】 明仁天皇の「訪韓の夢」~退位後、故郷を訪問するように訪韓すれば、韓日関係は急速に正常化できる[09/22]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

png1: 蚯蚓φ ★ 2017/09/19(火) 23:28:37.99
日王夫婦、日本国内高句麗の村「高麗神社」初めての参拝
KBSニュース(韓国語)

アキヒト(明仁)日王夫婦が20日、日本国内の高句麗村、埼玉県日高市にある高麗(コマ)神社を参拝する。歴代日王夫婦の中で高麗神社を参拝するのは今回が初めてだ。

高麗神社関係者は日王夫婦が20日、神社を訪問する予定とし歴代日王の中で高麗神社を参拝するのは明仁日王が初めてだと話した。

同関係者は明仁日王の高麗神社参拝の背景などについては把握できていないと伝えた。しかし、政界内外では彼が先月15日、第二次大戦敗戦日の犠牲者追悼式で「過去を顧みて深い反省と共にこれから戦争の惨禍が再び繰り返されないことを願う」と3年連続で「反省」に言及したことと無関係ではないと見ている。

明仁日王はすでに生前退位の意思を明らかにし、来年末ころ、ナルヒト(徳仁)王世子に王位を譲る予定だけに、退位前に日本国内で韓半島を象徴する意味がある高麗神社を訪問することによって反省と和解のメッセージを送ろうとするのではないかということだ。


高麗神社は高句麗最後の宝蔵王の息子である高麗若光がたてた高麗(高句麗の意味)郡(現日高市)に立てられた。羅唐聨合軍の攻撃で高句麗が滅亡するとすぐに日本に亡命した若光は日本各地に散らばっていた遊民を集めて716年、高麗郡を創設し首長を引き受けたという。

高麗神社は730年、高麗若光の死後、彼を祀るために設置された。日本では「出世したければ高麗神社にお参りしろ」という俗説があるほど名が知られている。高麗郡は創設後1千年以上維持され、1868年、明治維新後、郡が廃止されて名前だけ維持され1955年、行政区域名から完全に消えたが高麗神社は相変らず席を守っている。(後略)

イ・スンチョル記者 

http://d.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3550383


元スレ:・【国内】 日王夫婦、日本国内で韓半島を象徴する「高麗神社」に初めて参拝~退位前に反省と和解のメッセージか[09/19]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★017/09/15(金) 22:14:55.65
ソウル新聞(韓国語) 東京イ・ソクウ特派員

アキヒト(明仁)日王を含む全19人に過ぎない王族の中で50才以下の男性は11才のヒサヒトただひとりだ。明仁日王の次男の秋篠宮(フミヒト)の息子だ。王女らは平民と結婚すれば王族の地位を失うことになる王室制度により、このまま何十年か過ぎれば日本王室には日王の席を継承するヒサヒト一人だけが残るかも知れないという憂慮が現実に近づいている。

∇明仁日王の孫ヒサヒト
SSI_20170915195526_V


このため、制度を変えて結婚後も王女らの王族の地位を認める「女性宮家」制度を認めるべきだ、という声が大きくなっている。「宮家」とは結婚を通じて王室から分家・独立して分かれた王族をいう。

しかし、安倍晋三総理を中心にした国粋的色彩の保守陣営と執権自民党では「前例がない」、「女性が日王になる傍系継承の道を開くかもしれない」と反対している。反面、第一野党の民進党など野党側からは結婚後も公主らが王族の地位を維持できるようにこれを制度化すべきだと対抗している。ただし「女性宮家の子孫に王位継承資格を許容するかは未来の世代の判断に任せよう」として留保の立場だ。

王族の中で男性はたった5人で、30代以下の王族8人の中でヒサヒト以外は未婚女性だ。彼女たちが結婚すれば王族を外れ、30代以下の王族ではヒサヒトだけ残ることになる。この様な状況で去る3日、秋篠宮王子の長女、マコ王女の婚約予定発表は日本王室の維持問題を国家的心配事で新たに飛火させた。

●安倍「女性も日王可能に」発言ばっさり

王室専門家、ハラ・タケシ放送大教授は「このままなら日王制の変質は避けられない」と診断した。王室メンバーが減り、日王は現在のように象徴的に国家を代表する対外活動をするのも難しくなって、各種の伝統行事も維持が不可能になるということだ。

明仁日王の退位のための特例法が去る6月通過して来年初め頃、退位の可能性が高い中、安倍総理など保守陣営では「女性宮家」を制度的と認定する代わりに王室法規を直して1947年当時、占領軍(米軍)の圧力で王室籍から離脱した11人の宮家と、その子らを王室に復帰させる方案を推進している。しかし多数の王室専門家たちは「これら70才以下の全員が王族でない一般国民に生まれて育ったし、現明仁日王一族と共通する先祖を探すには600年近く遡らなければならない」とし、否定的な立場だ。

ソース:ソウル新聞(韓国語) [特派員生き生きリポート]11才少年が日王族19人中50才以下唯一の男
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170916017002


元スレ:・【天皇家】 日王族19人中、50才以下の唯一の男は11才の少年~日王室代断絶の危機に列島が不安/ソウル新聞特派員[09/15]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

20170602-058967011: 動物園φ ★2017/09/02(土) 07:25:10.95
[歴史と現実]日本に接する方法
(京郷新聞 韓国語 2017/08/23)

パク・フン,ソウル大教授 東アジア史

世界で日本を無視するのは韓国の人々だけだという話がある。実際、ヨーロッパ人は日本の社会を若干おかしいと見ても無視はせず、中国人はとても嫌いながらも、それでも見下しはしない。私が20年余り前、日本留学に出るというので親戚の大人たちは「日本の歴史(時々、倭Xの歴史という方々も)で何を学ぶことがあるんだ、留学に行くにしてもよりによって…」といいながら舌打ちした。それに対し私は「知彼知己ならば百戦百勝」と言ってみたがそれほど効果はなかったものと記憶する。

当時、日本と韓国の格差は大きかった。『倭X』(ウェノム : 倭奴、倭野郎)云々言う親戚の大人たちも「物は日本製が最高」と言って東芝の扇風機の前を離れようとは思わなかったし、デパートでも橋でも崩れると「倭Xが日帝時代に作ったのは今でもびくともしない!」と言いながら、突然、日本の報道官になってしまったりした。日本に観光に来た韓国人は秋葉原で最新の電子製品を買うことに余念がなかったし、私たちととても異なる通りの秩序と清潔に吐こうとした唾を再び飲み込んだ時期だった。放送は日本のテレビ番組をコピーしまくりながらも口を開けば反日、反日し、独立志士のような新聞記者の口からも「ヨコ(横)、ダテ(縦)」、「ミダシ(題名)」、「サスマワリ(警察署出入り)」のような一般市民は分からない日本製専門用語がすらすら出てきた。

私が1990年代に留学生として成田に降り立った日は、きめの細かい霧雨が降っていた。そこでリムジンバスに乗って留学生寮に向かう間、気持ちが楽ではなかった。寮に向かう車窓の外に広がった“先進国”の姿を眺めながら、日帝治下で〈民族改造論〉を書いたイ・グァンス(李光洙)、そして70年代初めに日本に直面したキム・ユンシク先生(<私が読んで会った日本>グリンビ)の心思を混乱させた“格差の壁”が浮び上がった。私もその延長線上にともあれ立ってしまったことを直感した。

ところが、去る20年間、信じがたいことが起こった。政治、経済、社会、文化など各方面で韓国が日本のあご下まで追いついたのだ。1997年、キム・デジュン(金大中)大統領が当選した日には、日本最高のアンカー筑紫哲也が明洞聖堂の前で「キンダイチュウ(キム・デジュンの名前はこの日本発音で広く知られている)が大統領になりました、皆さん信じられますか?」とし、韓国民主主義の躍動性に賛辞を送りながら日本政治を猛非難した。アジア大会でもオリンピックでも日本を抜いた。私は去る3年間に3度にわたり、日本の東京大・早稲田大、中国の復旦大とともに『韓中日青年歴史家セミナー』を開催してきた。東アジア史を専攻する40歳前後の若い歴史学者の学問的交流のためのものだった。私が勉強を始めた80~90年代、東洋史の最高峰は日本であったし、私はその巨大な壁の前で息がつまった。しかし、このセミナーに提出された韓国側の論文は日本側の論文に全く遜色がなかった。

これまでの奮闘のおかげで、最近の若者たちは日本コンプレックスが殆どないようだ。学生たちに韓国が日本と対等だと考えるか問えば、ほとんどが当然であることをなぜ聞くのかという反応だ。隔世の感、天地開闢だ。

しかし、私は不安だ。私たちが日本をあまりにも早く過小評価していると思うからだ。
実のところ、韓国社会の中枢である50~60代は日本と最も隔絶された世代だ。彼らは日帝を経験した上の世代や、日本文化を通じて日本社会を継続して接してきた若い世代と比較すると、日本をよく知らない世代に属する。皆がそうではないが、アメリカの博士号所持者が圧倒的に多いこの世代のオピニオンリーダーらと話してみると、アメリカが見る視角で日本を見下ろすという感じをしばしば受ける。このようなことが影響を及ぼすためか? 日本は全盛期を過ぎた国だと公然と話す学者がいるかと思えば、日本史の授業でも日本語テキストでの授業が不可能なほど日本語は‘辺境語’になってしまった。

私たちはまだ、挑戦者の姿勢で日本をもっと知らなければならない。知っても熟知しなければならない。


http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201708231054001&code=990100
元スレ:・【韓国】韓国は経済や文化など各分野で日本に追いついたが、日本を過小評価せず熟知せねばならない

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 蚯蚓φ ★2017/08/27(日) 21:05:09.33
中央日報(韓国語)

プレイステーション4のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」の声優が韓国人を侮辱する発言をして物議をかもしている。

27日、世界日報によれば、前日日本で開かれた最新シリーズ「龍が如く 極2」の新作発表会で声優を引き受けた日本の俳優・寺島進が韓国人を「朝鮮人」と表現した。寺島は「今日ステージに上がっている何人かは『朝鮮人』なんで、ホント、朝鮮からミサイルが飛んでこないよう願ってる」と話したと伝えられた。

∇寺島進と彼が演じたゲーム中のキャラクター
f6ddf59b-6baa-4aee-9d20-1354678effce


当時、在日同胞関係者2人が一緒に舞台に上がったが、彼らを指して「朝鮮人」と言ったと見られる。「朝鮮人」は韓国人を侮辱する時使う言葉だ。

他の関係者たちは寺島の発言に「やめて」と言って彼を止めようとしたが、インターネットを通じて該当発言は生放送で中継された。

「龍が如く」は日本のヤクザの話を扱った独特の世界観のゲームで、最新版「龍が如く 極2」は来る12月、韓国語バージョンが発売される予定だ。該当ゲームは昨年、韓国語版発売が突然中断されたことがある。

当時、ソニー側は「『龍が如く6』の内容を考慮して決定された」とだけ理由を説明した。ユーザーの間では日本のヤクザと中国三合会、韓国組織暴力団が登場する該当ゲーム内容に、日本帝国主義称賛や韓国人侮辱要素があるのではないかと推測した。

イ・カヨン記者

http://news.joins.com/article/21878949


元スレ:・【ゲーム】 日本のゲーム「龍が如く」の声優・寺島進、「朝鮮人」発言で物議~「朝鮮人」は韓国人を侮辱する時使う言葉[08/27]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

20170804140645-11: ねこ名無し ★ 2017/08/04(金) 19:57:31.98
大韓帝国は無気力に滅びたのではない
2017年08月04日14時06分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

黄台淵・東国大学校教授(写真=中央フォト)

大韓帝国に対する新たな研究は2000年ごろに始まった。以前はさげすむばかりだった。亡国の責任をすべて押し付けられた高宗(コジョン)と彼の時代は嫌悪の対象だった。恥ずかしく頭の痛い過去だと思い込み、振り返ってみようとさえ思わなかった。

2000年、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大名誉教授が出した『高宗時代の再照明』が新たな突破口を開いた。その後、韓永愚(ハン・ヨンウ)ソウル大名誉教授、徐栄姫(ソ・ヨンヒ)韓国産業技術大教授などが相次いで大韓帝国関連の新しい研究の流れを継承していった。

黄台淵(ファン・テヨン)東国(トングク)大教授(62)の新刊『百姓の国 大韓帝国』『甲辰倭乱と国民戦争』は、そのような流れに乗ってはいるが、研究の量と質で従来の作業を圧倒している。

著者はこれに先立ち、昨年『大韓民国国号の由来と民国の意味』を、ことし1月には『甲午倭乱と俄館亡命』を出した。ともに大韓帝国関連の本だ。執筆中の『韓国近代化と政治思想』も来年出版する予定だ。

これらの本を通じて、大韓帝国に対する誤解とさげすみはこれ以上幅を利かせることはできなくなると著者は自信を持つ。

これまで、私たちが大韓帝国時代を振り返ることさえ忌み嫌っていた理由は何か。全く同感できず、前後がかみあわない事件だけが羅列してあったからだ。韓国の近代的な歴史叙述は、日本の学者の手で始まったという点が悲しい。

どうしたらこのように無気力に滅びえたのか、このような感情を誰もが一度は持ったことだろう。黄教授はその点に執拗に掘り下げている。日帝植民史学者が脱落させ、解放以降の韓国学者が気づけなかった2つの事件を復元させた。

1894年の甲午倭乱(東学党の乱)と1904年の甲辰倭乱(日露戦争)だ。漢文・英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語など外国語に精通している長所を活かした。

「朝鮮は1894年の甲午倭乱で滅亡し、大韓帝国は1904年の甲辰倭乱で滅亡しました。この2つの倭乱がこれまでの歴史から跡形もなく消えてしまいました。その間、2回の滅亡だけが目に映るだけで、義兵戦争と光復(解放)戦争を通して激しく抵抗して勝利した2回の復活は目に入ってきませんでした」

1894年6月、甲午倭乱の時に侵入してきたが、明成(ミョンソン)皇后殺害に怒った百姓(ペクソン)の武装蜂起と、高宗(コジョン)の俄館亡命で一時退却した日本軍は、1904年(甲辰年)2月に再び侵入して韓半島(朝鮮半島)全域を占領した。

日帝の全面侵攻に国軍と民軍(義兵)が力を合わせ、全国各地で6年間にわたってすさまじい「国民戦争」を繰り広げて抵抗した。その時敗北したからと言って、大韓帝国国軍をただの烏合の衆だと下に見るべきではない、と著者は言う。


1901年、すでに韓国軍は日帝以外のアジアのどの国も持てなかった3万大軍の「新式軍隊」であり、乙巳勒約(第二次日韓協約、1905年)以降、3万国軍と民軍が合わさって組織された国民軍は14万1815人に達した。

清軍とロシア軍に勝った日本軍に戦いを挑み、戦いらしい戦いをした軍隊は、その後米軍を除いては大韓帝国の国民軍しかなかったが、このような事実を私たちは知らずにいる。

黄教授の本は知的な喜びと道徳的意味とともに、私たちの近代史の隠蔽された世界へ読者を誘う。大韓帝国は無気力などころか、かえって当代アジア2位の経済強国として急浮上していたことを国内外の記録と統計資料を基に立証する。
>>2以降に続く)

http://japanese.joins.com/article/035/232035.html

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む


このページのトップヘ