その他

no title話題のニュース 2018/08/06(月) 12:57:04.06
山根明会長、夕刊フジ取材に“マル暴”交際認めた「元組長との付き合いは58年」 韓国、家族、村田問題を赤裸々に語る
zakzak

数多くの疑惑が浮上する日本ボクシング連盟をめぐり、渦中の山根明会長(78)は4日、夕刊フジの取材に応じ、元暴力団組長との50年以上にわたる交友関係や生い立ち、ロンドン五輪金メダリスト、村田諒太(32)について赤裸々に語った。「黒い交際」を認めたことで日本オリンピック委員会(JOC)加盟団体のトップとしての資格が問われる事態となるのは避けられず、連盟理事からは「持たないかもしれない」との声も上がる。「山根氏追放」が焦点となってきた。

山根氏については、山口組系暴力団に出入りし、元組長の男性の舎弟となるなど50年以上にわたり交友関係があったと報じられた。2013年に関係者に配布した文書では、1970年代に奈良県アマチュアボクシング連盟に介入していたヤクザ組織を排除、「ヤクザ組織は一切関与することなくなり、逆に一目置かれる存在となっていきました」とも誇っている。

以下は山根氏との一問一答。

(※韓国関連の部分だけ抜粋)

《3日放送の日本テレビ系「スッキリ」に生出演した山根氏は、「元暴力団の組長から脅迫を受けた」と明かして騒然とさせた》

--どんなことを脅されたのか

『山根は俺の舎弟や』ということで、過去をばらすと。山根は幼少期の時に韓国から密航してきたとか、そういうことを世間にばらすということがあったんです。私はあえてテレビから出演の話あっても断わっとったんですけど、元暴力団が連盟に介入したから、それで受けて立ったんですよ。進退はね、僕自身が決める問題であって、元暴力団に脅されて進退を決めることはない」

--韓国メディアでは「釜山に兄弟がいる」と報じられている

ああ、おりますよ。だけど僕は今は日本人ですからね。日の丸を愛し、わしはボクシング連盟を大改革して、メダルも複数取ってきているしね。連盟に所属して僕は満43年ですわ、会員になってね。歴史を持ってますから、自分の判断は自分でします。だけど暴力団から脅迫されて引退とかありません。だから立ち上がって自分の過去を自分から言ってますからね。弱いもんいじめするやくざもんは絶対許さない」

--日韓の架け橋になるという思いは

いやいや、日韓の架け橋なんか何十年前からやってますから

過去のこととはいえ、率直に「黒い交際」を認めた山根氏だが、スポーツ団体のトップとしての適格性を問われることになりそうだ。連日のテレビ出演で疑惑について反論するが、ある連盟理事は「これはちょっと持たないかもしれない」ともらす。山根氏をボクシング界から追放するしか、団体が生き残る道はなくなっているのか。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180806/spo1808060006-n1.html
本文を読む

index話題のニュース 2018/08/05(日) 20:47:15.57
◆飲めばモラルが向上するクスリ「道徳ピル」をご存じか
現代ビジネス 2018/08/03

飲むと他人への信頼感が増す、服用すれば共感能力が向上する、使うと認知能力が改善する……そんな、人間のモラルを向上させるクスリ「道徳ピル」。実験レベルでは効果が実証され、すでに一部では密かに使っている人々もいる。

海外には、誰もがこうしたクスリを服用することを義務化せよ、と主張する論者もいる。これは、人類を救う希望なのか、それともディストピアへの道を開く存在なのか--。

■科学技術で「道徳的」な人間を作り出す

他者への思い遣りや配慮、協調的な関係の構築と維持は、人間が生活を送る上での不可欠の要素だ。私たちは、誰もが健全な社会関係を築く資質を備えている。

とはいえ、それはいつも十分に発揮されるとは限らない。事実、民族紛争や宗教対立、飢餓、内戦、ヘイトクライム、性差別等々、さまざまな問題が山積している。

ルイ・アームストロングは「なんて素晴らしい世界なんだ(What a wonderful world)」と歌ったけれど、残念ながら、現実の世界はそうでもないのだ。こうした現状に対して、いま、「道徳ピル」と呼ばれるクスリを用いて、人間の潜在的な人種的偏見や攻撃衝動、リスク回避の傾向性などを抑制し、協調性や共感を増進させることで社会的な課題に対処すべきだと主張する者たちがいる。

たとえば、オックスフォード大学の哲学者Ingmar Persson や 同大学の生命倫理学者Julian Savulescuは、人類全体が道徳的に進歩してきたことを認めつつも、いま私たちが直面している危機を取り除くには、そうした進歩は十分ではないという。というのも、各地で起こっている内戦やテロ行為では、化学兵器や生物兵器が使用され、サイバーテロなどによっても、非常に多くの生命が簡単に奪われる可能性が増しているが、反対に、貧困や紛争、差別といった諸問題を取り除き、そうした損害と同程度に社会に幸福をもたらすのは、はるかに困難になって現状があるからだ。

そこで、彼らが注目するのが「道徳ピル」だ。社会への損害を減らし、便益を向上させるには、私たち人間の道徳的な性向を向上させる必要がある。

これまで、私たち人間は、教育によって道徳的な性向の向上を目指してきた。しかし、それには時間がかかり、その効果も限定的だ。

そのため、Persson やSavulescuなどの科学者たちは、科学技術の力を借りて、道徳性や知性といった人間本性(Human Nature)を「改造」「改善」することで、そのような教育の目的を底上げしようというのだ。こうした考えは「モラル・(バイオ)エンハンスメント」と呼ばれ、すでにいくつかの具体的な方法が提示されている。

不和よりも協力を志向する遺伝子を持つ胚を選別する方法、あるいは、そのような遺伝子を含む人工染色体を胚に組み込む方法などだ。もちろん、「道徳ピル」もその一つだ。

本文を読む

s-bandicam 2018-07-31 21-02-29-517話題のニュース 2018/08/01(水) 20:18:18.36
身代金は150万ドルから50万ドルに値下げ?安田さん換金を急ぐ武装勢力の狙いとは
2018年8月1日 水曜 午後5:30

・フリージャーナリスト安田純平さんの映像公開はここ1か月で3回目
・イスラム国支配地域をほぼ奪還しているシリア政府軍が狙っているのがイドリブ県
・安田さんを拘束している武装勢力が拠点とするのがイドリブ県だ

シリアで3年前から行方不明となっているフリージャーナリスト安田純平さんの新たな映像がネット上に公開された。

映像中で安田さんは、「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は2018年7月25日、とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」と日本語で語っている。(略)

安田さんの消息を知るとされ、日本メディアにしばしば接触してくるシリア人活動家(仮にAとしておく)によると、現在安田さんを拘束しているのは後者、即ちフッラース・ディーンのようだ。

Aは同組織が安田さん解放と引き換えに要求しているのは身代金であり、要求額は150万ドルであると述べた。そしてAは同組織に伝手があるため、身代金を50万ドルにまで値下げさせることができるとも述べた。

■人質を換金して逃亡

政府軍によるイドリブ総攻撃を前に、同組織は外国人人質を早急に金に替えて、逃亡を図る狙いがあるのだろう。


その証左として、安田さんの動画公開と同じタイミングで、もう一人イタリア人のアレッサンドロ・サンドリーニさんの動画も公開されている。

2016年にトルコで拘束されシリアに移送されたとみられるサンドリーニさんはこの動画の中で、撮影日は7月19日であり、「我々は耐え難い状況におかれている」とした上で、これがイタリア政府に対する最後の懇願だと述べている。

イスラム国やアルカイダといったイスラム過激派武装組織は、自らの支配地域が敵の手に堕ちそうになると一部のメンバーだけを現地に残し、指導層を中心とする他の多くのメンバーは逃走できるうちに逃走して別の場所で再起を図ろうとするのが常である。

安田さんとサンドリーニさんを拘束している武装組織も、逃走の足手まといになる二人の「換金」を焦っているのであろう。

既出のアルカイダ系武装組織ヌスラ戦線は、過去にイタリア人の人質を解放した前例が少なくとも数回ある。いずれの件についてもイタリア政府は詳細を明らかにはしていないが、間違いなく「誰か」がなんらかの形でヌスラ戦線と人質解放の交渉を行い、取引を成立させたのだ、と言うことはできよう。

シリア政府軍によるイドリブ奪還作戦の開始は近い。Aは、「身代金を払わないと彼は死ぬことになると思う」とも述べている。

残された時間はもう長くはない。

(執筆:イスラム思想研究者 飯山陽)
https://www.fnn.jp/posts/00344810HDK


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

reuters20160805122613-thumb-720xauto話題のニュース  2018/08/01(水) 17:43:48.85
2018年8月1日 11時59分 NHK

シリアで武装組織に拘束されていると見られる、フリージャーナリストの安田純平さんと見られる映像が投稿されたことについて、菅官房長官は記者会見で、安田さん本人と見られるという認識を示し、解放に向け引き続き全力を尽くす考えを示しました。

内戦が続くシリアで武装組織に拘束されていると見られる、フリージャーナリストの安田純平さんと見られる男性が、およそ20秒間、日本語で話す様子を撮影した新たな映像が30日、インターネット上に投稿されました。

これについて菅官房長官は、午前の記者会見で、記者団が「映像の男性は安田さん本人と見ているか」と質問したのに対し、「そのように思っている」と述べ、映像の男性は安田さん本人と見られるという認識を示しました。

そのうえで菅官房長官は、「政府としては、邦人の安全確保は最大の責務で、こうした認識の下に、引き続きさまざま情報網を駆使して全力で対応に努めている」と述べ、解放に向け引き続き全力を尽くす考えを示しました。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1 : 話題のニュース 2018/07/28(土) 07:49:40.44
スポニチ 7/28(土) 7:46配信

4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららMAX」(芳文社)で連載中だった漫画「本日わたしは炎上しました」が8月号分の掲載をもって最終回となることが27日、同誌編集部の公式ツイッターで発表された。同作品の作者である、どげざ氏は過去のヘイト発言が問題視され、自身のツイッターで謝罪していた。

9c9e17e25fd0122b7168c34e38693b75

編集部はツイッターで「まんがタイムきららMAX連載作品『本日わたしは炎上しました』に関しまして、連載再開を予定しておりましたが、先生との協議の結果、8月号の掲載分を以って最終回とさせていただきます」と発表し、「作品を楽しみにしていただいていた皆様には大変申し訳ございません」と謝罪した。

作者のどげざ氏は、過去のツイッター投稿がヘイト発言にあたると指摘を受け、6月25日に「私どげざの過去のツイートにて特定の人種への蔑称を使用しヘイトスピーチだと思われてしまう表現、及び特定の方々を不快にさせる表現を使用しご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪していた。


6月にも原作者の過去の発言が原因で、10月から放送予定だったテレビアニメ「二度目の人生を異世界で」の放送と製作が中止になっている。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1:話題のニュース 2018/07/27(金) 11:32:57.26
TBS

国連のグテーレス事務総長は、加盟国に分担金の速やかな支払いを求める異例の書簡を出し、「破産寸前」だと資金難を訴えました。アメリカの支払いの遅れが最大の原因です。

これは、JNNが入手した国連のグテーレス事務総長が加盟国に宛てた書簡です。事務総長は、「“あなた方の”国連です」と存在意義を強調し、「国連は“破産寸前”に追い込まれるべきではない」と分担金の速やかな支払いを求めました。

加盟193か国中、日本を含む112か国は今年の支払いを済ませましたが、最大の拠出国アメリカがまだ分担金を払っておらず、これが資金難を招いています。アメリカの支払いが遅れている背景には、トランプ政権の「国連軽視」の姿勢があるとみられています。

このままでは、国連の人道支援や紛争予防などの活動に影響が出かねず、事務総長は、
職員に対しても書簡を出し、「間もなく現金が底をつく」「それぞれが節約しないといけない」と訴えています。事務総長がこのように窮状を訴えるのは極めて異例です。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:話題のニュース 2018/07/23(月) 23:47:13.19
2018年7月23日放送 クローズアップ現代+

「日本の保険証が狙われる  ~外国人急増の影で~」

Fmi5WhM


ちな、一ヶ月前に難民差別の前科あり
2018年6月6日放送 クローズアップ現代+

「自称“難民”が急増!?超人手不足でいま何が・・・?」

no title

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

s-a1:話題のニュース  2018/07/22(日) 23:06:59.29
米紙ワシントン・ポスト電子版は21日、非核化をめぐる北朝鮮との交渉が進展していないことに関し、トランプ大統領が最近、側近らに、いらだちを示し始めたと報じた。トランプ氏はこれまで米朝交渉の不調を報じるメディアや、攻撃する民主党関係者らを批判。「協議は非常にうまくいっている」などとして表向きは楽観姿勢を貫いていた。

同紙は複数のホワイトハウス当局者などへの取材から、トランプ氏が数日前の補佐官らとの会議で、交渉に前向きな進展がないことにいらだちを見せたと指摘。政権内部での議論に通じた関係者は、トランプ氏と政権高官らは完全な非核化の目標を「全面的には諦めていない」ものの、実現を心配していると話した。

同紙は「トランプ氏が長く複雑な交渉にしびれを切らし、軍事的な選択肢を真剣に考えるような状況に逆戻りすることを心配する」と話す専門家の声も伝えた。(共同)

https://www.sankei.com/world/news/180722/wor1807220011-n1.html

関連スレ
【韓国】 「トランプも何もできない…金正恩にだまされた」→トランプは北朝鮮をよく知る韓国人の支援を受ける必要がある[07/19]


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:ななし 2018/07/20(金) 23:42:04.92
MX、辛淑玉さんに謝罪 ニュース女子問題「深く反省」
朝日新聞

東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の伊達寛社長は20日、人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんに会い、昨年1月に放送した「ニュース女子」で真実性や人種、民族に関する配慮を欠いた表現があったとして謝罪した。「深く傷つけたことを深く反省し、おわびいたします」と伝えたという。

面会後に辛さんは弁護士らと記者会見を開き「謝罪は受けましたが、和解ではありません。」と述べた。

▼記者会見する辛淑玉さん(右端)=2018年7月20日、国会内、北野隆一撮影
no title



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

001_31:ななし 2018/07/20(金) 20:57:51.42
7/20(金) 20:55配信 毎日新聞

 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が放送したバラエティー・情報番組「ニュース女子」で名誉を傷つけられたと抗議していた市民団体共同代表の辛淑玉(シン・スゴ)さん(59)は20日、東京都内で記者会見し、制作したDHCテレビジョン(当時はDHCシアター)などに損害賠償を求め、今月にも提訴すると発表した。


 問題となったのは昨年1月、沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた回。辛さんを「反対運動の黒幕」と表現し、参加者に5万円の日当を出しているなどと紹介。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は今年3月、名誉毀損(きそん)の人権侵害が成立するとして、MXに再発防止の努力を促すよう勧告していた。

 MXの伊達寛社長らは同日、辛さんと会い、「番組の放送によって傷つけたことを深く反省する」と謝罪した。会見で辛さんは、放送から約1年半後の謝罪に「あまりにも長い時間がかかった」と振り返った。【屋代尚則】



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:ななし 2018/07/17(火) 16:43:44.66
「なぜこうなるまで…理解できない」 金正恩氏が激怒
7/17(火) 12:02配信 朝日新聞デジタル

清津のカバン工場で現地指導する金正恩氏(中央)=「わが民族同士」ホームページから

http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/c/5/c57e24f9.jpg

 北朝鮮の労働新聞(電子版)は17日付で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が北東部、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の経済部門8カ所を視察した様子を報道した。成果が上がっていないダムやカバン工場の実態に正恩氏が激怒し、責任を追及するよう指示したと報じた。

 北朝鮮メディアは2日の報道でも、正恩氏が平安北道の紡織工場などを視察した際に関係者を叱責(しっせき)したと伝えた。正恩氏は最近、経済を重視した新政策を強調しており、経済部門の担当者らの一層の奮起を促す狙いがあるとみられる。

 17日付の労働新聞は通常の6ページを12ページに増やし、9ページにわたって正恩氏の視察の模様を伝えた。正恩氏は漁郎川発電所の建設現場で、「30年以上経っても工事が完了していない」と指摘。「なぜこうなるまで内閣が対策を立てなかったのか理解できない、言葉が出ない」と激怒した。

 また清津のカバン工場の視察では、施設がみすぼらしいとして「革命的気風がなく、主人らしい仕事ぶりではない」と指摘。当該部門の責任を追及し、調査するよう指示した。


 正恩氏は、4月の党中央委員会総会や5月の党中央軍事委拡大会議で、経済建設に総力を挙げるという新戦略を強調した。2016年5月の党大会でも、「国家経済発展5カ年戦略」の方針を示し、遂行するよう指示している。(ソウル=牧野愛博)


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: プティフランスパン ★2018/07/13(金) 16:50:26.14
zakzak

トランプ米大統領は12日、ツイッターで北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長からの親書(原本と英訳)を公開した。金氏は、米朝関係の強化に期待を表明する一方、非核化には全く言及していない。

no title

 親書はポンペオ国務長官が平壌を訪問した7月6日付で、6~7日の米朝高官協議の際に北朝鮮側からポンペオ氏に手渡された。

 金氏は、6月12日に行われた史上初の米朝首脳会談を「意義ある旅路の始まりだ」と指摘。トランプ氏による「2国間関係の改善と、首脳会談の共同声明(での合意内容)の誠実な履行に向けた精力的かつ並外れた取り組みに感謝する」と表明した。

 その上で、両首脳による「米朝の新たな未来を切り開くための比類のない取り組み」は「必ず結実すると強く信じている」とし、2回目の首脳会談の実現に期待を示した。

 首脳会談を受けた米朝の実務交渉の高官協議では、北朝鮮の非核化に向けた具体的な進展は確認されていない。また、先の米朝協議でポンペオ氏が金氏と面会できなかったことなどを理由に「首脳会談での米朝の蜜月は早くも終了した」(ラッセル元国務次官補)との見方も出ており、親書公開は米朝交渉への一連の懐疑論を一掃する狙いがあるとみられる。(産経新聞)


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ばーど ★ 2018/07/12(木) 08:03:19.28 I
7/12(木) 1:26 カナロコ by 神奈川新聞

【時代の正体取材班=石橋学】西日本豪雨で被災者の避難や救助活動が続くさなか、川崎市宮前区の男性(55)が人種差別をあおるデマをツイッター上に投稿していたことが11日、分かった。特定の外国人が被災地で犯罪を計画していると記し、被災者の不安を無用にかき立てる悪質な内容。ツイートは削除されたが、市は人権侵犯事案として横浜地方法務局川崎支局に通報した。

投稿は8日未明。河川が氾濫した愛媛県南部の窮状を訴える投稿をリツイートした上で「火事場泥棒の中国人、韓国人、在日朝鮮人たちが避難所に居る間に狙ってますのでご注意下さい、それと女性は単独行動は危険です、奴らは日本国民浄化計画で災害時に実行しますので」とデマを用い、特定の国籍・民族の人々をおとしめるヘイトスピーチを書き込んだ。

no title

愛媛県警は「外国人犯罪の通報や被害届の提出はない。常識的に犯罪の計画も考えられない」としている。

ツイッター上では「災害に乗じた悪質なヘイトデマ」「デマのせいで生じる無意味な問い合わせ電話に対応する手間が、今も誰かの命を削っている」といった非難が相次いだ。男性は神奈川新聞社の取材に「インターネットで得た情報を基に書いた」とし、当該の投稿は「批判がうるさいので削除した」と話した。

ネット上のヘイトスピーチのモニタリングを行っている川崎市人権・男女共同参画室は9日にツイートを確認し、「特定の外国人についてのデマである上、災害時にはとりわけ適切でない」と問題視。法務局に通報した上で対応を検討している。

災害時の差別扇動デマがわけても許されないのは、命にかかわる危険を生じさせるからだ。

2016年の熊本地震では「朝鮮人が井戸に毒を入れた」とのデマがネット上で広がった。1923年の関東大震災ではこのデマが基で官憲や市井の人々が多くの朝鮮人、中国人を虐殺している。

東北学院大の郭基煥教授の調査では、2011年の東日本大震災直後に流れた「外国人犯罪が横行している」というデマを聞いた仙台市民の8割が事実だと信じたという結果が出た。実際に自警団を組織した被災者もおり、被災地で外国人が迫害にさらされる恐れは過去の話ではない。

また、関東大震災に関する政府の中央防災会議報告書は「流言が殺傷事件を招くとともに救護にあてるべき資源と時間を空費させた」と指摘。救えたはずの命が失われるという災害対応の側面からも教訓を説く。

ここ数年、災害のたびに会員制交流サイト(SNS)がヘイトとデマの「拡声器」として悪用されている。ツイッター社は利用規約でヘイト行為を禁じるが、違反投稿の削除などの対応は全く不十分。西日本豪雨でも「朝鮮人が暴動を起こすぞ。気をつけろ」「空き家とか崩れた家に入って窃盗しています。たぶん中国人です。見つけたら殺しましょう」と殺害を呼び掛けるツイートまでが放置され、拡散している。企業としての社会的責任の欠如は再三批判されても一向に改まらない。

6月の大阪府北部地震では法務省人権擁護局が「災害発生時には、インターネット上に、差別や偏見をあおる意図で虚偽の情報が投稿されている可能性もあり得ます」と注意喚起のツイートを初めて行ったが、根本的な解決にはほど遠い。

川崎市の男性は名前と顔写真、町内会の肩書を明示したアカウントでヘイトデマを投稿。「後ろめたさはない」と臆面もなく言い切る。害悪の重大さと匿名に限らない確信的な差別が横行する危機的状況を踏まえ、国はネット上のヘイト規制を、市は差別禁止条例の制定を急ぐべきだ。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ