その他

index1:ななしさん 2020/01/08(水) 17:03:08.02
1/8(水) 17:00配信
AERA dot.

ジム・ロジャーズ/1942年、米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住。現在も投資活動および啓蒙活動をおこなう ...

「世界3大投資家」の一人とされるジム・ロジャーズ氏(77)は、かつてジョージ・ソロス氏とともに伝説のヘッジファンドを運営、10年間で約4000%という驚異的な数字をたたき出し、世界中にその名を轟かせた。そのレジェンドが本誌で連載「世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言 2020年、お金と世界はこう動く」を開始。2020年、世界のお金はどう動くのか?

*  *  *
 新年、あけましておめでとう。日本は元号が「令和」になって初めての正月で、多くの読者が人生の成功へ向けて、決意を新たにしていると思う。2020年、世界経済はどう動くのか。それを考えるとき、最も大事なことは、私たちが大きな時代の変化の中にいると意識することだ。今起きていること、これから起きようとしていることも、歴史をひもとけば、おのずと見えてくる。

 2020年、私も決意したことがある。それは、すべて売ってしまった日本株を買い戻す検討に入ったこと。まだ、決めたわけではないが、日本株を買うとすれば、成長が期待できるセクターの銘柄を選ぶつもりだ。


 まずは農業だ。日本の農業は農業従事者の高齢化と担い手不足という課題を抱えている。しかし、担い手さえ見つかれば、競争がない日本の農業には明るい未来が待っている。ライバルが少ない今、農業を始めておけば、15年後には大儲けできるかもしれない。

 日本政府も、半世紀続いた減反政策を廃止し、法改正によって農業への参入の障壁が低くなっている。実際に農業を効率化させるICTやAI、ドローンなどの最新テクノロジーを活用する動きも加速していると聞く。

 また、歴史的な観光資源を持ち、世界中の一流料理が味わえる日本に来たいと考える外国人は増えるだろう。インバウンド(訪日外国人客)需要を見込んだ観光関連株も有望だ。

 菅義偉官房長官が外国人観光客誘致のため、全国に高級ホテルを50カ所新設する構想をぶち上げたようだが、これからも長期滞在型の宿泊施設などどんどん増えてくるだろう。高齢化に対応するヘルスケア関連などにも注目している。


本文を読む

1:ななしさん 2019/10/09(水) 18:50:22.21
10/9(水) 18:48配信
京都新聞

EGbYQMpU0AALmRf

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈る、と発表した。吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となるとともに自動車や住宅にも利用が広がり、エネルギーの効率利用による環境負荷の低減が期待されている。

 他の受賞者は、●東芝リサーチ・コンサルティング・シニアーフェローの水島公一氏(78)、●テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)。両氏はリチウムイオン電池に使われたコバルト酸リチウムを発見した。
 日本のノーベル賞受賞は27人目。化学賞は2010年の鈴木章氏らに次いで8人目。出身や大学の在籍など京都にゆかりのある受賞者は15人になった。授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に計賞金900万クローナ(約1億万円)が贈られる。

 充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。しかし充放電を繰り返すと性能が低下し、熱暴走という安全性の課題もあり、実用化は難しかった。

 吉野氏はノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見した導電性高分子のポリアセチレンに着目、2次電池に用いる研究を1981年から始めた。コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を83年に試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池を85年に完成させた。

 リチウムイオン電池の登場によって、これまで1・5ボルトが限界だった起電力を4ボルト以上まで上げることができ、小型軽量化も実現。91年には量産化され、95年の「ウィンドウズ95」の登場とともに情報通信機器の電源として一気に普及した。電解質にポリマーを用いるリチウムイオンポリマー電池など改良が進み、電気自動車や住宅用蓄電池システムへの利用も進んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00010001-kyt-soci

本文を読む

1:ななしさん 2019/06/13(木) 17:16:54.89
経産相 “ホルムズ海峡付近 日本関係の積み荷積んだ2隻攻撃”
2019年6月13日 17時07分

世耕経済産業大臣は、「中東のホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃を受けたという情報が入ってきた」と明らかにしました。経済産業省が情報収集を進めています。

世耕経済産業大臣は13日午後4時ごろ、日本ガス協会の会長らとの面会の冒頭で、「ホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船が2隻、攻撃をされたという情報が入ってきた。先ほどから省内の緊急連絡会議を開いて、状況の報告を受けたところだ」と明らかにしました。

そのうえで世耕大臣は「引き続き徹底した情報収集に努めるとともに、関係事業者への注意喚起やエネルギー供給体制の再確認を行い、必要な指示をした」と述べました。

経済産業省によりますと、1隻は石油製品の原料となる「ナフサ」を積んで日本向けに輸送していた可能性があるということです。

もう1隻は、シンガポールとタイ向けの船舶だという情報が入っているということです。

また、現時点では、国内の大手石油会社による原油の輸入には影響はでていないとしています。

■1隻は日本の海運会社運航の外国籍船舶

海運会社でつくる「日本船主協会」によりますと、攻撃されたという情報がある2隻のうち1隻は日本の海運会社が運航する外国籍の船舶だということです。

海運会社からの報告では、詳しい被害状況は分かっていないものの、乗組員に日本人はおらず、けが人もいないという連絡が入っているとしています。

日本船主協会は、情報収集を進めるとともに、会員の海運会社126社に対して注意喚起をしているということです。


本文を読む

1:ななしさん 2019/06/13(木) 11:09:00.62
香港メディアによると、衝突による負傷者は70人超で、うち2人が重傷になった。

https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4600605012062019EA1001-PN1-5

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46033130T10C19A6EAF000/

関連
【速報】 香港革命、警官隊が武力行使による制圧を開始
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1560390987/

本文を読む

1:ななしさん 2019/06/09(日) 07:24:00.09
現在、日本のアイスショーに出演中の、フィギュアスケート女子平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=が、「日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!」などと英語で書かれた中傷の手紙を受け取っていたことが8日、分かった。

同じくアイスショーに参加しているジョニー・ウィアー氏が手紙の内容に憤り、ツイッターなどに投稿。手紙には「DEVIL(悪魔) 日本から出て行け。日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!日本から出て行け!TCCから出て行け!」などと見るに堪えない言葉が並んでいた。ロシアの国営通信社タス通信によると、TCCは練習拠点のトロントクリケットクラブだという。ウィアー氏は「私たちのスケート仲間の一人が今日、“ファン”からこのメッセージを受け取りました。長くフィギュアスケートに携わる者として、この振る舞いは受け入れられるものではない。選手すべてのファンにはならなくても、選手全員を尊重しなければいけない」と、怒りをつづった。

ウィアー氏は選手の名前は公表していなかったが、メドベージェワ自身が自身のインスタグラムのストーリーズ機能を更新し、「サポートと優しい言葉をありがとう。私は全然気にしてないわ。この手紙は私を傷つけるものではなかった。こんなことは一度や、二度、三度目でもない。今日のショーは関係なく素晴らしかった。楽しんでくれることを願ってます。PSジョニー・ウィアーのような最高の友達は私にはもったいないわ。大好きです」とつづった。

日本でも人気のスケーターへの誹謗中傷に、ロシアメディアも一斉に報じた。


本文を読む

1:ななしさん 2019/05/01(水) 21:55:36.67
中央社フォーカス台湾 2019/05/01 11:55

(台北 1日 中央社)蔡英文総統は日本の元号が平成から令和に変わった日本時間1日午前0時(台湾時間30日午後11時)にツイッターを投稿し、新たな時代を迎えた日本に向けたメッセージを日本語でつづった。「#令和もよろしく」「#台日友好」とハッシュタグ(検索目印)を添え、友好関係の継続を願った。 

20190501120621

蔡総統はツイッターで、「5月1日は私たちの大切な友人である日本にとって重要な日です」と切り出した上で、「平成が終わり、新たな時代が始まりました」と言及。「30余年続いた平成の時代、台湾と日本は相手を思いやりながら、最良の関係を築いてきました」と平成の時代における日台関係の醸成に触れ、「令和の時代も、台日が互いに最高のパートナーであり続けられますように!」と期待を寄せた。 

この投稿には、1日正午までに4万件以上の「いいね」が集まり、1万5000回以上リツイートされている。中国語でも同様の内容がツイートされた。 

(葉素萍/編集:名切千絵)

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201905010001.aspx

本文を読む

1:ななしさん 2019/04/18(木) 15:02:57.50
台湾・花蓮でM6.1地震
毎日新聞 2019年4月18日 14時51分(最終更新 4月18日 14時52分)

台湾の中央気象局によると、18日午後1時(日本時間同2時)ごろ、台湾の東岸・花蓮県近くでマグニチュード6.1(※その後6.7に修正)の地震が発生した。震源の深さは18キロ。現地の震度で最大7。詳しい被害状況は明らかになっていない。


D4aU3d8UEAUSlgS
本文を読む

1:ななしさん 2019/04/02(火) 12:05:57.71
NHK

新元号の選定作業で、政府が示した6つの原案すべてが明らかになりました。

新元号の選定にあたって政府は、考案を委嘱した専門家から提出された候補名を、読みやすく、書きやすいなどの「元号選定手続」に定められた留意点に沿って絞り込み、1日、「元号に関する懇談会」などに6つの原案として示しました。

関係者によりますと、新元号に決まった「令和」以外の原案は、
▽「英弘」、
▽「久化」、
▽「広至」、
▽「万和」、
▽「万保」の5つの案でした。

「英弘」は日本の古典を、また「広至」は日本と中国の古典の両方を典拠、いわゆる出典にしているということです。

D3HduM-UYAId_mk


本文を読む

1:ななしさん 2019/04/02(火) 02:20:45.21
朝日新聞デジタル

 新元号「令和(れいわ)」を決めるにあたり、政府は1日、六つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した。政府は原案の数も含めて公表していないが、「令和」のほか、「英弘(えいこう)」「広至(こうじ)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほ)」などがあったことがわかった。複数の政府関係者が1日夜、朝日新聞の取材に明らかにした。

 6案の典拠は国書と漢籍が三つずつで、国書は「令和」の万葉集に加え、日本書紀、古事記だった。

 「万和」は、6世紀に中国で成立した全30巻の詩文集「文選(もんぜん)」が典拠。漢詩研究の第一人者として知られる石川忠久・元二松学舎大学長(86)が政府に提出した13案の一つだったことも判明した。

MMyzpdII

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM4201XCM41UTFK02T.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/01/27(日) 19:02:32.56
日本経済新聞

日本経済新聞社とテレビ東京による25~27日の世論調査で、安倍内閣の支持率は53%と昨年12月の前回調査から6ポイント上昇した。不支持率は7ポイント低下し37%だった。

厚生労働省による毎月勤労統計の不適切調査問題を受け、政府統計の信頼性を聞いたところ「信用できない」が79%で「信用できる」は14%だった。

s-安倍晋三氏

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4053728027012019MM8000/
本文を読む

このページのトップヘ