韓国時事ニュース

be9a8797-s1:話題のニュース 2018/09/16(日) 20:40:18.57
9月16日 NEWSIS(韓国語)

ムン・ジェイン大統領は16日、「最近、国民の皆様は、特に小商工人や自営業者、仕事を求めている若者たちが困難な時期を過ごしておられる。再び希望を抱いて夢を取り戻すことを願う」と述べた。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=003&aid=0008810309&date=20180916

本文を読む

2018091401838_thumb1:話題のニュース 2018/09/16(日) 05:30:17.28
韓国のコーヒー専門店、注文せずに居座る顧客が増加
朝鮮日報

韓国政府がコーヒー専門店内での使い捨てコップの使用を禁じたことで、個人用タンブラーの使用が増加する中、タンブラーは持ち込むもののコーヒーを注文せずに居座る「ノーオーダー(No order)族」が増えている。

仁川のあるコーヒー専門店でアルバイトをする大学生のファンさん(24)は、最近毎朝タンブラーを持ってきては氷をいっぱい入れるよう要求してくるある顧客のため、頭を悩ませている。顧客に「氷はコーヒーを注文した際に差し上げる」と言うと「そんな規定など見たことがない」とまくし立てるという。ファンさんは「氷水でいっぱいのタンブラーをテーブルの上に置き、何時間も居座るケースもある」と肩を落とす。

家からココアや緑茶、はったい粉を持ってきてコーヒー専門店で飲む「ノーオーダー族」もいる。
ソウル市冠岳区のコーヒー専門店で働くパクさん(26)は「外部から持ち込んだお飲み物を店内で作って飲むのは控えるようお願いしても全く効果がない」とした上で「タンブラーにインスタントコーヒーを入れてきて、カウンターでホイップクリームを載せてくれと要求する顧客もいた」と眉間にしわを寄せる。

一部のノーオーダー族は、店内に置かれてあるミルクとシロップだけを飲んで帰ってしまうケースもあるという。
カウンターでコップをもらい、ミルクを注いで飲むわけだ。釜山市海雲台区のあるコーヒー専門店でアルバイトをしているクォン・ヒリムさん(24)は「数日前に団体客が訪れて、お湯を4杯くれと言うから差し上げた。すると、シロップを入れて『ハチミツ湯』と言いながら飲み始めた。店内のミルクやシロップはもともとコーヒーの濃度や糖度を調整するために備えられているものだ。いくらお客さんだからといっても、これはちょっとやり過ぎという気がした」と話す。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091401838.html

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/15(土) 10:04:09.03
ソウル新聞(韓国語)

今年、我が国に劣らず『猛暑』で喘いだ日本で、韓国のミニ扇風機が爆発的な人気を集めた。特に韓国のあるミニ扇風機メーカーが、日本のミニ扇風機ブームを導いていて話題になっている。

no title

15日、KOTRA(大韓貿易投資振興公社)によれば、韓国のあるミニ扇風機メーカーは日本のクラウドファンディングを通じ、最終的にファンディング目標金額の3839%を上回る767万9559円(約7600万ウォン)を達成した。日本の量販店であるロフト、東急ハンズ、丸井百貨店など様々なオフラインチャンネルにも入店して、3万個以上の販売実績を上げた。

今年の日本の夏は過酷だった。日本気象庁が統計を始めた1946年以降、全国的に史上最高の高温を記録した。去る7月の熱射病(熱中症)による救急車の搬送者は5万4220人、死者は133人で、熱射病が史上最多を記録するなど深刻な社会的問題にまで認識された。

このような暑さで飲み物や冷却シートなど、猛暑対策商品の売り上げが増加して、ミニ扇風機も爆発的な人気を集め始めた。日用品雑貨店である『FranFran』では、韓国のミニ扇風機をベンチマーキングした製品を2018年4月下旬から販売、当初予想を上回る9万2000個を全て販売した。他のデザインの製品10万個も完売した。


本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/15(土) 01:22:41.09
韓国海軍初の3千トン級潜水艦 念頭に北朝鮮?日本?
朝日新聞

韓国南東部、慶尚南道巨済(キョンサンナムドコジェ)で14日、文在寅(ムンジェイン)大統領らが出席して、韓国が独自に開発した最新型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」の進水式があった。韓国初の3千トン級潜水艦で、韓国メディアによれば、射程約500キロ以上の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を装備し、2020年1月に実戦配備される。

▽慶尚南道巨済(キョンサンナムドコジェ)で14日、進水式があった韓国海軍の最新型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」(東亜日報提供)
no title

同艦は全長83・3メートル、幅9・6メートル。韓国はこれまでドイツの技術協力を受け1200トン級と1800トン級の潜水艦を建造してきた。3千トン級潜水艦は通常動力型潜水艦としては大型で、現時点で本格運用しているのは日本などわずかな国にとどまる。

軍事専門家の間では、同艦について、北朝鮮の核・ミサイル攻撃があった際の報復攻撃を担うとの見方が出ている。一方、韓国が近年配備したイージス艦や揚陸艦などと同様、日本の海上自衛隊の装備に対抗したとの声も出ている。
(ソウル=牧野愛博)

https://www.asahi.com/articles/ASL9G55DSL9GUHBI01D.html

本文を読む

179119361:話題のニュース 2018/09/15(土) 00:28:19.55
[寄稿]両手を広げて迎え入れよ
ハンギョレ新聞社 2018-09-14 06:51

徐京植(ソ・ギョンシク) 東京経済大学教授//ハンギョレ新聞社

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の2017年年次報告によると、難民認定数が最も多かった国はドイツの147,671名、認定率は25.7パーセントであった。カナダは認定数13,121名、認定率は最も高い59.7パーセントである。

これに対し、韓国は認定数121名、認定率2.0パーセント。日本は認定数20名、認定率0.2パーセント。韓日両国は世界で1、2の難民に閉鎖的な国である。

いまこそ、韓国はこの恥ずべき状況を抜け出して、東アジアにおいて難民・移民にたいしてももっとも開かれた国、もっとも寛容な国を目指すべきであろう。

全文
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/31629.html

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/14(金) 19:47:58.89
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の3000トン級潜水艦「島山安昌浩」の進水式が14日午後、南部の慶尚南道・巨済にある大宇造船海洋の造船所で行われた。韓国が初めて独自設計した潜水艦だ。

▽島山安昌浩
no title

韓国はこれまでドイツ企業との技術協力で1200トン級と1800トン級の潜水艦を建造してきたが、島山安昌浩により潜水艦を独自設計できる国となった。世界15番目。

同艦は全長83.3メートル、幅9.6メートルで、最大速力は20ノット(約時速37キロ)。定員は約50人。試験を経て2020年12月に海軍に引き渡され、22年1月に実戦配備される。

海軍は「島山安昌浩は海軍に初めて導入される中型級の潜水艦で、最先端の科学技術を集約して建造された」と説明。また、「全方向からの脅威に対応できる国家戦略兵器体系として、海軍の『責任国防』の役割をさらに強化することになる」と評価した。

進水式には文在寅(ムン・ジェイン)大統領や政府と軍、防衛産業企業の関係者らが出席した。文大統領は式で、「力を通じた平和(実現)はわが政府が追求する揺るぎない安保戦略だ。強い軍と国防力が一つになってこそ平和に向かうわれわれの道は途絶えない」と強調した。

艦名は、日本による植民地時代に金九(キム・グ)らと共に中国・上海で韓国独立党を結成した独立運動家、安昌浩(アン・チャンホ、号は島山、1878~1938)から取った。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091402073.html

本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/09/14(金) 13:39:57.63
国民日報(韓国語)

米国外交専門家が北朝鮮非核化交渉方式と関連してムン・ジェイン大統領を「亀」に、ドナルド・トランプ米国大統領を「ウサギ」に各々比喩した。ムン大統領は非核化外交のために着実に力をつくすスタイルである一方、トランプ大統領は速度を重視するということだ。

米NBC放送は11日(現地時間)、韓米首脳の交渉スタイルを比較したジョージ・ロペス(George Lopez)元国連対北制裁委員会専門家パネル委員の発言を伝えた。

ロペスは「トランプ大統領はウサギに例えられる」として「トランプ大統領は不安定な約束と大層な宣言を土台にした速度戦を通じて外交レースで勝利を占めるために努力している」と話した。彼は引き続き「ムン大統領の交渉スタイルは亀と同じだ」とし、「ムン大統領はゆっくり、そして着実に行きながらデテールに注目している」と分析した。

同放送はまた、ムン大統領は非核化交渉初期から「キードライバー(key driver)だった」と高く評価した。それと共にムン大統領はトランプ大統領が北朝鮮非核化の成果でノーベル平和賞候補に推薦されるべきと明らかにしたが、トランプ大統領ではなく他の人が推薦されるならムン大統領だろうと伝えた。


本文を読む

cpd1703150500010-p11:話題のニュース 2018/09/14(金) 10:38:26.18
2018/09/14 10:02/朝鮮日報日本語版

今年6月から8月にかけて韓国政府は43億ウォン(現在のレートで約4億3000万円)相当の物品を北朝鮮に持ち出していたことが13日までに分かった。

保守系野党・自由韓国党の沈在哲(シム・ジェチョル)議員がこの日関税庁から提出を受けた資料によると、6月と7月には20億ウォン(約2億円)相当の物品172トン、8月には23億ウォン(約2億3000万円)相当の166トンが北朝鮮に持ち出されていた。

沈議員は「政府は鉄鋼、金属、機械、電気、車両などの関連物品を北朝鮮に追加で持ち出した」とした上で「政府は開城の南北共同連絡事務所で使用すると説明しているが、米国務省は制裁決議に違反していないか検討するとしている」と指摘した。

沈議員が提出を受けた資料は国連安保理が作成した制裁対象物品搬出の現状に関する報告書。

一方で米国の自由アジア放送(RFA)は「北朝鮮政府は今年8月、南北離散家族再会行事に参加した住民が韓国に住む親戚などから受け取った現金を『忠誠資金』の名目で徴収した」と報じた。

複数の消息筋によると、北朝鮮政府は離散家族再会行事が終了した直後、参加者に思想教育や総和事業を実施したという。総和事業とは韓国に住む親戚などから受け取った贈り物などを申告させ、その上で北朝鮮当局の指示を受けた一部の参加者らが忠誠資金の献金を提案し、これに他の参加者らも従わせるというものだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091400907.html

本文を読む

images1:話題のニュース 2018/09/13(木) 20:54:49.44
中道日報(韓国語)

チョン・ムンヒョン忠南大学教授

今回のジャカルタ-パレンバン、アジア大会で我が国は3位だった。わずか4年前、仁川(インチョン)アジア大会では2位だったのに今回は負けた。ところが大韓民国国民みながこの結果に満足している表情だ。血が逆流し、亡くなった金九(キム・グ)先生が墓からむくっと起きられるだろう。

我が国は24年前、1994年、広島アジア大会で日本に金メダル一つ差で2位を渡した以外は1986年ソウル、1990年北京、1998年バンコク、2002年釜山、2006年ドーハ、2010年広州、2014仁川の全てで中国に続き28年間2位を占めた。

日本は50-60年代の敗戦の痛みを癒して国家の復興を宣伝するため、エリート体育に大々的に投資をし、1951年インドのニューデリー、アジア大会から1978年タイ、バンコク、アジア大会まで28年間アジア大会で1位だった。

1964年、東京オリンピック以後、生活体育中心の政策を進めてきた日本は生活体育を通した選手育成を志向しながら体育のすそ野を広げたが、それ以前まで維持したエリート体育に対する支援と関心が急速に弱まり、オリンピックなど国際大会での成績がずっと落ちた。

初めはずっと上位圏(64年~84年20年間3位~7位)を維持し、生活体育がよく定着した。しかし1982年からアジア大会で1位を中国に奪われ、1988年、ソウル五輪からは我が国に押されながら10位圏外に押し出されることになった。

生活体育を通じてエリート選手を養成する計画は見事に外れ、日本は30年間オリンピック、アジア大会などの国際大会で大韓民国に押されて低調な成績をおさめた。

国際大会の成績が韓国にずっと遅れをとるとすぐに自尊心に大きな傷を受けた日本は自らのエリートスポーツ選手育成システムについて疑い始め、長考のあげく得た結論が韓国の選手育成システムを習おうだった。

2000年代中盤から韓国をベンチマーキングした日本は2008年、泰陵(テルン)選手村をまねた味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を建設して最高の選手育成システムを定着させ、2015年にはスポーツ庁(長官級)を新設して大々的に予算を投じてエリートスポーツを通した日本の世界化を進行している。これを通じて日本はオリンピックとアジア大会でいよいよ韓国を圧倒しエリートスポーツ強国として復活した。

大韓民国のスポーツは総体的な危機に陥っている。学齢人口低下で非人気種目はやっと命脈を維持し、大学は定員縮小にともなう予算不足、地方自治体と企業が保有している実業チームは運動部の効用切り下げなどを理由にチーム解体を進めている。

国家を代表して他国と競争する他はないエリート体育の価値は相変らず有効だ。スポーツを通じて得られる国民的士気や自負心などの精神的な価値は何より崇高で私たちの先祖がそうだったように私たちが守らなければならない私たち民族の偉大な自尊心だ。

世界的な選手は一日で作れない。スポーツはそういうものだ。国家代表選手たちの兵役問題が連日「話題」だ。しかし、再び日本と戦うために出場しなければならない選手たちの士気を落としてしまって大韓民国の自尊心が踏みにじられる様なことが起きてはならない。

独島(ドクト、日本名:竹島)を自らの土地だと言い張って、私たちの先祖をじゅうりんし韓民族を抹殺しようとしたあの人たちがスポーツを前面に出して日章旗を持って出ている。スポーツを通した国威宣揚を防ぐ者!日本に負けても憤慨しない者!日帝時代の親日派と異ならない。

 
http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/13(木) 14:41:45.61
日本沈没
韓国毎日新聞(韓国語)

「日本の敦賀だけで大地震が発生する。東京をはじめとする全域に地震と津波が相次ぎ、日本列島が未曾有の恐怖に包まれることになる。ある地質学者の調査の結果、途方もない事実が明らかになる。日本の完全沈没まで残った時間はせいぜい338日。びっくり驚天した閣僚らは海外に逃げるのに忙しく、国民も避難道を探して全国が血なまぐさい場所に変わる…。」

2006年、日本で封切られた超大型スペクタクル災害映画「日本沈没」はこのように展開する。たとえフィクションであっても地震が頻繁におきる島国の特性上、実現の可能性がないこともなく日本国民の恐怖感は当然だった。

問題は「日本列島沈没」という仮定の前で私たちが感じる複雑微妙な感情だ。映画でも数多くの難民が発生して私たちは彼らの韓半島上陸を拒否する。他の周辺国家の態度もまた同じだ。これが実際の状況だったら私たちはどのような立場だったか。歴史的な怨恨関係でなくても、難民処理問題が国際社会のホットな問題になっていることだけ見てもそう簡単な懸案ではないだろう。

とにかく映画の場面で韓国と隣国が難民受け入れを拒否するのは過去の悪業に対する自己嫌悪という分析もある。

韓国は日本にとってオモニ(お母さん)のような国だ。韓半島から人々が渡来し文物が伝来した。そうしたところに暇さえあれば攻め込んで乱暴と凌辱を日常的に行ったのが日本だ。それでも反省どころか居直りの悪行だけ繰り返している。


私たちにとって日本右翼勢力は非人間的行為的集団で日本列島は悪の枢軸に他ならない。そこが沈没すると私たちはどんな表情をするべきだろうか?日本の悲劇は私たちに反射利益を持ってくるだろうか?

そうではないようだ。日本沈没の余波で韓半島にも巨大な津波が迫るだろう。放射能による大災難と経済的な大混乱も予想される。日本列島が歴代級の台風と強震後遺症で大きく疲弊している。今も余震が続きながら日本沈没説まで出回っているという。大災害の恐怖が日本の悪い根性をちょっとなおしたら良いだろう。

チョ・ヨンレ論説委員
no title

http://mnews.imaeil.com/NewestOpinion/2018091218115655560#cb

本文を読む

index1:話題のニュース 2018/09/12(水) 21:19:23.80
ニュースピム(韓国語)

ノーベル賞シーズンを控えた中、韓国科学界の「ノーベル賞0」は常連メニューだ。しかし、ノーベル科学賞は必ずしも1等に与えられる賞ではないとする「ノーベル賞受賞の公平性問題」を本格提起した韓国研究財団(NRF)報告書が出て注目を集めている。

12日、「科学史から見たノーベル科学賞」というタイトルの研究財団発行政策研究報告書は、「ノーベル賞の公平性」を取り上げ、ノーベル科学賞選定過程の政治社会学的分析を通じてノーベル科学賞受賞の意味を展望した。

報告書は、「ノーベル科学賞受賞に対する国内の関心と努力が大きくなると同時に、韓国人ノーベル科学賞受賞に集中する科学技術政策に対する批判も国内外で提起されている」と韓国の「ノーベル科学賞コンプレックス」を指摘した。続けて報告書は、海外の大学者からも「韓国のノーベル賞ノイローゼ」という指摘が出るほどノーベル賞に過度に没頭する姿は、かえって国内科学界の品位を落とすと批判した。

報告書は、「韓国のノーベル科学賞コンプレックスは韓国科学技術水準に対する韓国社会内部の自信欠如が表われており、ノーベル科学賞という外部的認定を通じてそれを確認しようと思う社会的欲求が反映されている」と分析した。

特に報告書は、「ノーベル科学賞は良い研究に与えられる多くの報償と認定の中の一つなのに、それ自体を政府科学技術政策の目標に設定するのは適切でない」と指摘した。

報告書は、実際に科学史の事例を中心にノーベル科学賞の研究方式、受賞国家と機関、ジェンダーなどに現れる受賞トレンドとノーベル科学賞をめぐる論争を見れば、ノーベル科学賞に傾向性があって「公平性問題」が自然に導き出されると強調した。  (中略)

また、これまでのノーベル科学賞受賞国を見ると、米国、英国、ドイツの3カ国に集中してきたという。2015年までの3カ国のノーベル科学賞受賞者が全体の70パーセントを占めるなど、国家偏重現象が現れている。これは、ノーベル科学賞の選定過程が公平ではないことを暗示すると分析した。 (中略)

しかし、報告書はノーベル賞のこの様な傾向にもかかわらず、韓国のノーベル賞受賞の可能性は最近になって高まっていると肯定評価した。報告書は、「最近数年間にわたり政府と科学界がノーベル委員会の持続的な関心を引いてきた点や、最近の韓半島に対する国際的関心が急増する状況に照らしてみる時、韓国科学界がノーベル科学賞の好循環の輪に進入する時間は遠くはないと期待される」と付け加えた。

http://www.newspim.com/news/view/20180912000351

本文を読む

images1:話題のニュース2018/09/12(水) 14:46:30.60
仁川日報(韓国語)

「統一韓国」は強大国に発展できるだろうか?他の国を侵略する「強盗国家」ではなく、シン・チェホ先生が言った「真の我を探して人権と環境、人類の平和を追求する」強大国のことだ「領土が小さい国がどうして強大国の隊列に上ることができようか?」と言う苦しさがなくはない。しかし、領土の狭小性を克服できる知恵を集め、韓米同盟など外交的手腕と経済・軍事強国として自主的力量を整えれば、東北アジアの覇権を中国だけに譲り渡さなくても良いと見る。

▲日本の栄光と強欲は「日本統一」から始まった。豊臣秀吉は1590年8月、小田原包囲戦で勝利をおさめて「戦国時代」を終わらせ日本を統一する。日本はこの時からアジアの強大国として登場した。過去、高麗の時の第一、第二次呂蒙連合軍(九州)、朴イの対馬征伐、朝鮮の第一次キム・サヒョン、第二次イ・ジョンムの対馬征伐にあった弱小国時期と違った。統一日本は軍事強国として朝鮮征伐と併合、満州占領と中国侵略など周辺国を侵略した。「欧米列強からアジアを死守する」として朝鮮・中国人1000万人余りを殺害した。植民地を略奪したヨーロッパ帝国主義のまた別の形態であった。

▲強大国ドイツも統一から始まる。
(中略)

▲統一韓国はこのように強大国になれるだろうか?国際政治は「戦争-平和」の無限反復だ。私たち民族は平和を愛する。ところが統一韓国は経済・軍事強国として韓米同盟の実用的利点を生かさなければならない。それと共に自由と人権、環境など人類に希望のメッセージを投げかけることにも寄与しなければならないだろう。

キム・シンホ論説委員 

http://www.incheonilbo.com/news/articleView.html?idxno=904213

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/11(火) 20:34:15.91
読売新聞

水産庁九州漁業調整事務所は11日、鹿児島県十島村沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、韓国のアナゴ漁船「508チョンジン」(79トン、13人乗り組み)を拿捕だほし、船長の韓国人の男(56)を漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで逮捕したと発表した。

発表によると、男は9日、同水域で日本の許可を受けずに操業した疑い。担保金の支払いを保証する書面が提出されたため、11日に釈放したという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180911-OYT1T50096.html?from=ytop_ylist

本文を読む

s-安倍晋三氏1:話題のニュース  2018/09/11(火) 22:34:50.04
2018/9/11 18:29 共同通信

 安倍晋三首相が、台風と地震見舞いのメッセージをツイッターで伝えた韓国の文在寅大統領に対し、その4日後の10日に謝意を表すツイート(書き込み)を返した。オーストラリアや台湾に即座に返信したのとは対照的だとの見方が日韓間で出ている。遅れた理由に関し、政府は「事務処理上の問題。政治的意図は全くない」(官邸筋)と説明する。

 台風21号と最大震度7を観測した北海道での地震に関し、文氏が「哀悼を表します」と書き込んだのは、6日早朝。「災害が続き、衝撃は大きいでしょうが、徹底して備えてきた日本の底力が発揮されると信じています」とも述べた。首相が返答したのは10日夜。

https://this.kiji.is/412178584843977825

本文を読む

1:話題のニュース 2018/09/11(火) 01:05:56.13
[単独] チリの選手、韓国のファンと記念撮影で人種差別行為の衝撃
スポタルコリア 2018-09-10 16:04

no title

ベント号(※パウロ・ベント監督率いる韓国代表)との試合のために訪韓したチリの選手が人種差別行為を行った。


あるサッカーファンは10日、「スポタルコリア」に人種差別行為を情報提供した。このサッカーファンはチリの選手たちと記念撮影をしたが、ある選手が目を引き裂く手の動きをしたのである。目を引き裂く手の動きは、東洋人を卑下するときのジェスチャーだ。

情報提供したサッカーファンは、「昨日(9日)水原駅でチリの選手に会って写真を依頼した。撮る時は分からなかったが、撮った後で確認してみたらある選手があんなポーズを取った」と述べた。

その選手はディエゴ・バルデス(24、モレリア)であった。バルデスは、サッカー好きなファンの心をいたずらに受け入れながら、してはならない行為をしたのである。

代表チームの試合のために韓国を訪れた選手たちの人種差別行為は毎回続いている。昨年U-20ワールドカップに出場したウルグアイのフェデリコ・バルベルデはゴールパフォーマンスで目を引き裂くジェスチャーをした。昨年11月にAマッチのため訪韓したコロンビアのエドウィン・カルモナも韓国選手たちに向かって同じ動作を取り、出場停止処分を受けた。

http://sports.news.nate.com/view/20180910n28135

本文を読む

このページのトップヘ