韓国時事ネタ

1: 動物園φ ★2017/11/05(日) 03:46:11.68
11月4日 20時50分 NHK

アメリカのトランプ大統領が来週、日本に続いて訪れる韓国のソウルでは、学生らが「朝鮮半島の緊張を高めているのはトランプ大統領だ」として、訪問に反対する集会を開きました。

トランプ大統領は日本に続いて、7日と8日に韓国を国賓として訪れ、ムン・ジェイン(文在寅)大統領と首脳会談を行う予定です。

これを前に4日夕方、ソウル中心部で革新系の民間団体や学生ら、合わせて500人ほどがトランプ大統領の訪問に反対する集会を開きました。

参加者たちは「朝鮮半島で戦争をあおり、緊張を高めているのはトランプ大統領だ」とか「アメリカは北朝鮮の核問題を口実に、韓国に巨額の最新兵器を売ろうとしている」などと主張しました。


なかでもトランプ大統領が8日に韓国の国会で演説することについて、「好戦的な発言を繰り返すトランプ大統領に演説する資格はない」と強く批判しました。続いて、参加者たちはアメリカ大使館の前まで移動し、トランプ大統領の訪問に反対するスローガンを連呼しました。

韓国では革新系の人たちの間で核開発をやめない北朝鮮よりもトランプ政権のほうが戦争を引き起こすおそれがあると批判が強まっています。

これに対し、保守系の野党などはムン大統領がトランプ大統領と十分に連携を取っておらず、韓国の安全保障が危機にひんしていると訴えていて、トランプ大統領の訪問を前に双方の対立が深まっています。

K10011210651_1711042114_1711042151_01_02

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171104/k10011210651000.html


元スレ:・【韓国】韓国で反トランプデモ「北朝鮮よりトランプ政権のほうが戦争を引き起こすおそれがある」

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★2017/11/02(木) 15:08:48.18
11/2(木) 14:52配信 聯合ニュース

【北京聯合ニュース】昨年7月に米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備が決定してから中断していた韓流芸能人の中国でのテレビ出演が再開され、「限韓令(韓流禁止令)」が事実上解除されたのではないかとの見方が出ている。

韓中両国が先月31日に関係改善に向けた関連協議の結果を発表した直後であることから、韓中間の文化交流が再開されるのではないかとの期待が高まっている。

業界関係者は2日、韓国のガールズグループMAMAMOO(ママム)が先月31日に中国を訪れ、四川衛星テレビの音楽番組の録画に参加したと伝えた。

中国は、韓国のTHAAD配備決定に対する「報復」として韓流芸能人の出演と番組放送などを中止し、インターネットを通じて発信される韓流の最新動画まで遮断してきたが、状況は変化した。

中国動画サイト大手の愛奇芸や優酷ではまだ動きがないものの、中国の中小の動画サイトでは韓国ドラマの輸入を再開しようとする動きもみられる。

業界の消息筋は「このほど韓中関係改善の発表が行われた後、一部の中小動画サイトを中心に韓国ドラマ輸入再開のための接触が始まったと承知している」とし、「韓中合作プロジェクトも少しずつ再開されるとみている」と述べた。

中国に到着した韓国のガールズグループMAMAMOO(微博より)=(聯合ニュース)
20171102-00000035-yonh-000-view

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

99_20141117102009
1: 動物園φ ★ 2017/11/04(土) 19:39:06.61
文大統領「米国を重視しつつ中国との関係も堅固にする」
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 11月4日

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日「米国との外交を重視しつつ中国との関係もより一層堅固なものにする、バランスある外交をしようと思う」と語った。文大統領は3日午後、韓国大統領府(青瓦台)で行われたシンガポールのテレビ局「チャンネル・ニュースアジア」のインタビューで、このように語った。インタビューは今月9日に放送されるが、CNAは予告編で一部の内容を公開した。

 文大統領はインタビューで、「韓国にとって米国と中国、どちらの方が重要か」という質問に対し、このように答えたという。質問を受けた文大統領は、まず「韓国としては、安全保障においては韓米同盟が何より重要だ。とりわけ、今の北朝鮮の核問題を解決するため、韓国・米国間の協調は何より重要な課題だと考える。そういうことで、われわれとしては、米国との外交を重視する伝統的な立場を引き続き維持していく必要があるだろう」と語った。続いて「しかし一方で、中国との関係も非常に重要だ。中国の経済協力も重要というだけでなく、やはり北朝鮮の核問題の平和的解決に向けた戦略的な協力という観点からも、中国との関係は極めて重要になった」「バランスある外交をしようと思う」と語った。

 また文大統領は、「日本が北朝鮮の核・ミサイルの脅威を前にして再軍備することをどう考えるか」という質問には「日本が北朝鮮の、ある種の核を理由にしてある種の軍事大国化の道を歩んでいくのなら、それも私はわれわれ、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国との関係において望ましいことではないと考える」と答えた。文大統領は「現在、北朝鮮の核・ミサイル挑発に対応するため、われわれ韓国と米国だけでなく日本とのそうした協調も非常に重要になった。しかし、その3カ国間の協調がより緊密にならなければらないのは、北朝鮮の核・ミサイル挑発に対応するためであって、それが韓国と日本、米国間の3カ国軍事同盟のレベルに発展することは望ましくないと思う」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/04/2017110400477.html

 1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US]2017/11/04(土) 17:21:10.47
在日韓国民主統一連合 11月3日

今日(11月3日)、戦争準備のためのトランプ大統領の訪韓・訪日に反対し、都内の米国大使館前で抗議をしました。
米国を中心とした北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)への経済制裁と軍事的圧力は、「第2次朝鮮戦争」の危機を高めています。トランプ政権は対北敵視政策を撤回して北朝鮮と対話し、朝鮮戦争の停戦協定を平和協定に転換すべきです。

CKbD1kk

wj180M3

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1335897833187512&id=1012269895550309
 

在日韓国民主統一連合 11月4日

「戦争準備に向けたトランプ大統領の訪韓・訪日反対」キャンドルデモ
公開 · 主催者: 在日韓国民主統一連合

今日 17:30 - 19:30開催中
新宿駅・アルタ前

反戦平和の思いを胸に、在日コリアン、日本の友人の皆さんへ、ぜひ新宿アルタ前へお越しください!

米国の対北敵視政策により、朝鮮半島で軍事緊張が極度に高まっています。トランプ米大統領は国連を主導し、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に厳しい経済制裁を加えるばかりか、9月の国連総会で「北朝鮮を完全破壊」すると発言、「軍事オプション」についてもたびたび言及するなど、挑発的な言動を繰り返しています。

10月16日から20日まで展開された米韓合同軍事演習では、原子力空母や原子力潜水艦、戦略爆撃機など最先端兵器が投入され、金正恩委員長を除去する「斬首作戦」を想定した侵略的な戦争演習が行われました。
このように好戦的なトランプ大統領による11月の訪日・訪韓は、北朝鮮との戦争危機を高めるばかりです。

私たちは韓国民衆の「NOトランプ」行動とも連帯し、日本の地で韓日・日韓連帯の力で、「侵略戦争準備のための訪日訪韓反対!」「米国の対北敵視政策撤回」の声をあげましょう。

https://www.facebook.com/events/123799918316035/


元スレ:・韓国人が日本で反トランプデモwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

日本から出てけと思った方はクリック →
本文を読む

99_201411171020091: 動物園φ ★ 2017/11/04(土) 09:01:51.11
11/4(土) 8:57配信 読売新聞

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は3日、シンガポールのテレビ局との会見で、「日本が北朝鮮の核を理由に軍事大国化の道を歩むとすれば、望ましくないことだ」と述べ、日本政府をけん制した。

 文氏は北朝鮮問題への対処には、中国との関係強化も必要だとして「均衡ある外交」を主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00050016-yom-int


元スレ:・【国際】韓国大統領「日本の軍事大国化、望ましくない」 シンガポールのテレビ局との会見

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: すらいむ ★ 2017/11/03(金) 17:18:17.07
韓国、トランプ氏日程の変更要請
来日巡り米側に

共同通信 2017/11/3 17:03

トランプ米大統領の来日を巡り、韓国政府がスケジュールの変更を米国に求めていたことが分かった。日本滞在が5~7日の2泊3日であるのに対し、7、8日の1泊2日を予定する韓国についても同等の扱いが望ましいと伝達していた。日米外交筋が3日、明らかにした。結果的に訪日日程の最終日である7日に予定は入らず、午前の日本出発のみとなった。

日米両政府が、北朝鮮をにらんだ3カ国連携の維持のため韓国に配慮した可能性がある。


韓国側の意向は米国を通じて日本側にも伝えられた。影響を受けたとみられるのが、安倍晋三首相とトランプ氏による海上自衛隊の護衛艦「いずも」の乗艦視察。

https://this.kiji.is/299091824407823457


元スレ:・【トランプ訪韓】韓国政府、トランプ大統領来日日程の変更を要請していた。日米両政府は韓国に配慮か[11/03]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: ダーさん@がんばらない ★2017/11/03(金) 09:59:49.56
「靖国神社爆発事件」母「息子の健康状態が悪化...韓国に移送してほしい」
京郷新聞(韓国語)  2017.10.26 21:19:12

・記者室を訪れ涙で訴え
・4年の判決を宣告され刑務所に収監
・ほとんど懲罰部屋で生活と主張

「がっちりした息子が、受刑生活20ヶ月で40㎏痩せていて驚愕しました。視力まで失って、生きているミイラと言わざるを得ませんでした。」

2015年、日本の靖国神社のトイレに爆発物を設置して懲役4年の刑を宣告され府中刑務所で服役中のチョン・チャンハン氏(30)の母親のイ某さん(55)が26日、全羅北道警察庁の記者室で「息子が死にかけている。国内に移送してほしい」と涙を流した。

この18日、息子に面会したイさんは、「息子は刑務所内の監視システムが激しいうえに、少なからぬ不利益を受けても言えないようだった」、「静かにしていろといわれ、政府だけを信じてインタビューも回避したが、骨だけ残ってやつれた息子を見て血の涙が出た」と述べた。

イさんはチョン氏が刑務所の収監生活のほとんどを懲罰部屋で過ごしていると主張した。彼に「なぜ
罰部屋で生活するのかと尋ねたところ、「軍隊と同じ訓練に従わなければ、懲罰部屋に入れられる」と告げた」、「日本の刑務所で、最低限の人権も保障されないでいるという感じを拭えない」と主張した。

チョン氏が母親のイさんに5月に送った獄中書簡には、「(偽装してあるので最初はあることを知らなかった)天井のカメラを紙くずに水を含ませて隠してしまうので、職員が驚いて部屋を移したり、私が書いている文章をリアルタイムに翻訳していた」と書かれている。

収監中のチョン氏は去る4月5日、外交部を経て法務部に、国際移送申請したことが確認された。イさんは「息子が出した国際移送申請がどのように処理されるのか調べてみたが、外交部は法務部に押し付け、法務部は外交部に調べろといって、責任を回避している」、「罪があれば罰を受ける。しかし、愛国心からした行動の責任を日本に任せるのは無念な仕打ちだ」と訴えた。

20171026132728453384

ソース:京郷新聞 2017.10.26 21:19:12(韓国語)
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201710262116015&code=940301
 
前スレ
【韓国】靖国爆破犯の母「息子は視力を失い、生きるミイラ。軍隊訓練に従わなければ懲罰部屋。最低限の人権も保障されない」[11/03]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1509666314/


元スレ:・【韓国】靖国爆破犯の母「息子は視力を失い、生きるミイラ。軍隊訓練に従わなければ懲罰部屋。最低限の人権も保障されない」[11/03]★2

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

trump_411: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/11/03(金) 01:01:00.87
11月2日 10:57 東亞日報

トランプ米大統領の初の訪韓を控え、政府がテロ警戒レベルを最も低いレベルに引き下げたことが確認された。
北朝鮮の脅威の中、警戒態勢を高めてもいい時に監視の手綱を緩めたため、その背景をめぐって錯綜した観測が流れている。

1日、首相室対テロセンターによると、国家安保室や国家情報院、外交部など21の関係機関が参加した先月24日のテロ対策実務委員会で、テロ警戒レベルが「注意」から最も低い「関心」に下方修正された。テロ警戒レベルは、「関心→主義→警戒→深刻」の4レベル。最も低い「関心」は、テロの可能性が低いという判断で発令される。空港・港湾の検閲が15%から10%に下がる。

政府は、過激派組織「イスラム国」(IS)による2015年11月のパリのテロ後、2年間「注意」を維持してきたが、トランプ氏の訪韓を約10日後に控え、突然警戒レベルを引き下げたのだ。首相室関係者は、「具体的なテロの疑いがない。長期間『注意』レベルを維持し、(該当機関の)疲労がたまっている。平昌(ピョンチャン)五輪を控え、しばらく休もうと考えている」と説明した。

その代わり、トランプ氏の7日の訪韓に差し迫っているため、ソウルなど一部地域の警戒レベルだけ「注意」にする方針だ。米ニューヨークで起こったテロで8人が死亡するなど、国内外の安保状況が時々刻々と変わるが、アラームを合わせるように事前に警戒レベルの調整を予約したのだ。テロ防止主務省庁の国家情報院は、「警戒レベルの調整は首相室の事案」と明らかにした。

一方、トランプ政権関係者は先月31日(現地時間)、電話で、「トランプ氏の訪韓の日程上、時間がないため、非武装地帯(DMZ)を訪れない」と明らかにした。その代わり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の招待で京畿道平沢(キョンギド・ピョンテク)の米軍基地「キャンプ・ハンフリーズ」を視察する。

トランプ氏の長女、イヴァンカ大統領補佐官は当初伝えられたこととは異なり、韓国と中国は訪れず、日本だけ訪問すると、米ネットメディア「アクシオス」が報じた。同メディアは、イヴァンカ氏がトランプ氏より2日早い3日に日本を訪れ、国際女性会議(WAW)に出席した後、週末に戻ると伝えた。トランプ氏の指示で税制改革などの国内問題を扱うためというが、一部では再び「韓国素通り(コリア・パッシング)」論議が起こるのではないかという観測も流れている。

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1114263/1


元スレ:・【東亞日報】トランプ氏の訪韓前に…政府がテロ警戒レベルを引き下げ[11/2]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

c1: 動物園φ ★2017/11/02(木) 23:08:47.42
11/2(木) 21:35配信 朝鮮日報日本語版

韓国と中国が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の関係修復に電撃合意したことについて、米国の複数のシンクタンクが1日(現地時間)、「合意は米国を非常に驚かせた」として、これがトランプ大統領の訪韓時に問題になる可能性があるとの見方を示した。米国メディアも合意の背景に関心を寄せている。


米紙ニューヨーク・タイムズは同日、韓中合意に関する記事で「公式的にはトランプ政権は(韓中の)雪解けを歓迎した。しかし、米政権のある高官は、この合意が問題を複雑にする可能性があることを認めた」と報じた。

また、米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副所長は同日、ワシントンDCで行われたトランプ大統領のアジア歴訪に関するセミナーで「トランプ政権は米日だけでなく韓米日の安保協力を強化しようとしている。そのような状況で韓国政府が中国と共に発表した声明は、人々を非常に驚かせた」と述べた。

グリーン氏はさらに「中国政府によると、韓国はTHAADの追加配備、韓米日3か国の軍事同盟、米国のミサイル防衛(MD)システムへの参加を否定した」として「韓国の発表文では(この部分が)あいまいになっているが、万が一これが事実なら、韓米日の協力を堅固にして中国を通して北朝鮮に圧力をかけようとしていたトランプ政権の努力を阻害するだろう」と指摘した。また「この部分は(トランプ大統領のアジア歴訪でわれわれが絶対に見守るべき部分だ)と主張した。

また、米外交問題評議会(CFR)のスコット・スナイダー上級研究員も同日の電話説明会で「韓国の(THAAD関連の)約束のうち一部は(トランプ政権の)韓米日3か国間の安保協力への期待に相反する可能性がある」と指摘した。スナイダー研究員は「韓国側が今後、中国との合意に関連して韓米関係でどのような振る舞いを見せるのかが注目される」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00003341-chosun-kr


元スレ:・【国際】韓中関係修復合意、米国で相次ぐ懸念の声

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

1: 動物園φ ★ 2017/11/02(木) 15:30:38.10
チョン氏のお母さん(56)は26日午前、全羅北道地方警察庁で記者会見を行い、チョン氏の迅速な送還を促した。

チョン氏のお母さんは「去る10月18日、日本の刑務所で会った息子は、体重が急激に減り、目をしっかりと開けられないなど、独房で死にかけている」とし「2015年12月7日の拘束当時には90㎏だった健康な体が風が吹いても倒れそうにやつれていた」と主張した。

引き続き一日も早く韓国の刑務所に連れて来てチョン氏を助けなければならないとし「遠く日本の地で死ぬことにでもなれば誰が責任を負うのか」と咽び泣いた。

http://www.nocutnews.co.kr/news/4866741


チョン氏のお母さんは「息子が誤ったことをしたが、人を殺したのでもなく、誰かを傷つけたのでもないのに、とても苛酷だ」としながら「政府が出て、体調が悪い息子を韓国に連れて来なければならない」と話した。

http://news1.kr/articles/?3135142


20171026132728453384

元スレ:・【靖国爆発音事件】容疑者の母「人を殺したのでもないのにあまりに待遇が苛酷だ」「遠い日本で死ぬことにでもなれば誰が責任を負うのか」

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/11/01(水) 13:19:19.26
Record China 2017年11月1日 12時50分

2017年11月1日、北朝鮮が朝鮮王朝時代の兵書「武芸図譜通志」を国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録した。歴史を共有する北朝鮮に一歩先を越されることになった韓国の学界からは、文化財庁などを批判する声が上がっているという。

「武芸図譜通志」は1790年、朝鮮王・正祖(チョンジョ)が編さんを命じ刊行された武芸の教本。中国や日本の図書を参考に朝鮮固有の武芸についてまとめたもので、24種の武芸の技術を挿絵を交え説明している点が特徴だ。

IKE170331022_001

実は韓国国内でもソウル大の研究施設や韓国学中央研究院、国立中央図書館が数十冊を所蔵しているが、いずれからも「世界の記憶」への登録申請は行われず、北朝鮮に「奇襲登録」を許す結果となった。また、北朝鮮が今回の登録申請において、「『武芸図譜通志』が現代北朝鮮のテコンドーの原型になった」など、学界で認められていない内容を強調した点も、韓国で問題視する声が上がっているという。

韓国文化財庁関係者は「北朝鮮との共同登録は難しいと判断し、これといった措置を取らなかった」と話している。

これについて伝えた韓国メディアは
 「韓国が手をこまぬいている間に北が奇襲登録」
 「北の登録にぼーっとしていた韓国」
などと一様に悔しさをにじませる表現で報じており、

ネットユーザーからも
 「これではテコンドーも北朝鮮が元祖だと外国人に思われてしまう」
 「韓国はやるべきことをせず、悪いことばかりで1番になる」
 「カネにならないから何もしなかったのか?」
と懸念や批判の声が寄せられている。

しかし記事のコメント欄をみると、まったく正反対の意見も少なくない。
 「韓国ができないことを北朝鮮がやってくれたんだよ。よかった」
 「こんなことで北朝鮮と競争しなくてもいいのでは?遺産をきちんと保存することが大事」
 「まあ、北が登録しても僕らのものに違いないしね」
 「同じ民族なんだし、誰が登録したかなんて問題じゃないでしょ」
といった声だ。

また、
 「誰かが登録してくれるならそれでいい。中国人や日本人でさえなければね」
 「中国や日本に奪われるよりはましだ」
といった声も、多くの共感を得ていた。(翻訳・編集/吉金)

http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=195665

元スレ:・【Record China】しまった!韓国「テコンドーの原型」ユネスコ遺産登録 北朝鮮に先越される=韓国ネット「日本に奪われるより…」[11/1]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

61: 動物園φ ★ 2017/11/01(水) 20:54:14.64
ソウル=武田肇
朝日新聞 2017年11月1日19時38分

韓国の財閥、ロッテグループの企業内の不正事件で横領や脱税などの罪に問われた創業者で名誉会長の辛格浩(シンギョクホ、日本名・重光武雄)被告(95)に対する公判が1日、ソウル中央地裁であり、検察側は懲役10年と罰金3千億ウォン(約300億円)を求刑した。

実刑判決の可能性もあるとして「90代で牢屋に入る初の財閥経営者になるのか」(聯合ニュース)など議論を呼んでいる。

検察側は求刑理由で「地位や得た利益の大きさなどを考えると、年齢や健康状態を考慮しても厳罰を避けられない」と指摘した。

辛被告は日本統治時代の1922年に生まれ、早稲田高等工学校(当時)を卒業して実業の道に進んだ。韓国の主要財閥では少なくなった経営者1世とされ、公判には車いすに乗って出席した。グループ関係者によると、最近は経営から遠ざかっているという。 

弁護人は、辛被告が韓国経済に多大な貢献をしたとして「財界の巨木が静かに引退できるようにしてほしい」と主張。財界関係者の一人は「高齢を考慮しない過酷な求刑だ」と批判した。 

辛被告は、検察から懲役5年と罰金125億ウォン(12億5千万円)の求刑を受けた長男、辛東主(シンドンジュ)被告(同・重光宏之)ら創業者一族に約500億ウォンの給与を不正に支給したとして横領の罪などに問われている。(ソウル=武田肇)

http://www.asahi.com/articles/ASKC153MMKC1UHBI01Y.html


重光武雄(辛格浩):父    韓国ロッテグループ名誉会長 在日韓国人一世
懲役10年、罰金3千億ウォン(約300億円)

重光宏之(辛東主):長男  韓国ロッテグループ元副会長
懲役5年、罰金125億ウォン(約12.5億円)

重光昭夫(辛東彬):次男  韓国ロッテグループ会長
懲役10年、罰金1000億ウォン(約100億円)


元スレ:・【速報】95歳の重光武雄ロッテ名誉会長に懲役10年と罰金300億円求刑 韓国検察

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

c1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★2017/11/01(水) 15:20:35.72
Record China 2017年11月1日 13時40分

2017年11月1日、環球時報は、中韓両国政府が高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で悪化した両国関係の改善に努めると発表したことに対する、国内外の反応を伝えた。

黒龍江省社会科学院東北アジア研究所の●志剛(ダー・ジーガン、●=竹かんむりに旦)所長は「両国が関係改善を望むというシグナルを発した。複雑な東アジア情勢の中で両国が前向きな姿勢を見せたことは、北朝鮮の核問題解決、朝鮮半島の緊張緩和に良い影響を与えるだろう」とコメントしている。

英BBCは10月31日、「中韓関係回復の兆しはすでに見えていた。両国は先日約560億ドル(約6兆3600億円)の通貨スワップ合意に署名したほか、中国の航空会社も運航停止路線の再開計画を出している。ただ、中国政府が韓国ドラマの放送解禁といった決定的なシグナルを出さない限り、中国による対韓制裁が解除されたとは言い難い」と伝えた。

米CNNも同日、「中国は韓国との平穏な関係を維持し、朝鮮半島における利権を保つ必要があり、米国の東アジア地域における同盟関係に憂慮を抱いている。中国が米国の同盟国と良好な関係を築けば、米国の同盟関係はある程度弱まる」という清華―カーネギーグローバル政策センターの趙通(ジャオ・トン)研究員の話を紹介。また、豪ローウィ国際政策研究所のユアン・グラハム氏が「北朝鮮の断続的な核ミサイル試験により米韓が接近し続けている。そこで中国はトランプ米大統領のアジア歴訪前に流れを断ち切ろうとしたのだ」と解説したことを伝えている。

環球時報は、この問題に対する日本のネットユーザーから
 「韓国が中国と仲良くするのは、日米間同盟に背く行為だ」
 「中国は韓国に対し、米国よりも良い条件を与えたのではないか」
 「トランプ大統領は訪韓を中止せよ」
との声が出ていることについて、「嫉妬心たっぷりだ」と評している。

(翻訳・編集/川尻)

http://www.recordchina.co.jp/b195638-s0-c10.html


元スレ:・【Record China】中韓の雪解けに、「日本のネットユーザーがやきもち」と中国紙[11/1]

寝言は寝て言えと思った方はクリック →
本文を読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★2017/11/01(水) 17:04:58.91
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2017年11月01日 16時16分

ドナルド・トランプ米大統領の訪韓(7~8日)に長女のイバンカ氏が同行しないことで大枠が決まった。これに伴い、韓国政府の計画にも支障が生じることになった。ホワイトハウス大統領補佐官でもあるイバンカ氏は、トランプ大統領に直接メッセージを伝えることができる数少ないルートとして、今回の訪韓でも大きな注目を浴びた。 


▼ドナルド・トランプ大統領の娘であるイバンカ氏(右)と夫のジャレッド・クシュナー氏。(写真=中央フォト)
LG9kDm3

1日、外交部当局者は「イバンカ氏は韓国に来ないようだと、先月31日夜に知らせがあった」とし「日本で開かれる国際女性会議(WAW、1~3日)だけに参加して急きょワシントンに戻らなければならない用事ができたようだ」と話した。
ただし、イバンカ氏の夫であるジャレッド・クシュナー氏は訪韓すると承知している」と述べた。 

これに先立ち、米インターネットメディア「アクシオス(AXIOS)」は先月31日(現地時間)、イバンカ氏が夫とともに父のアジア歴訪に同行して日本・韓国・中国で演説をし、各種会議に参加する計画だったが、このうち韓国と中国の訪問は取り消しになったと報じた。また、トランプ大統領が主要経済閣僚にもアジア歴訪に遂行せず、米国に残って税制改編案処理のためのキャンペーンに注力するよう指示をしたという。同メディアは「スティーブン・ムニューシン財務長官とゲイリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長、アレックス・アコスタ労働長官、リンダ・マクマホン中小企業庁長、ソニー・パーデュー農務長官など長官級が米国に残る」と伝えた。 

これに伴い、イバンカ氏はトランプ大統領の日本到着(5日)に先立って東京で開かれるWAWの日程に出席し、3日に女性の経済参加と女性企業活動をテーマに基調演説する予定だ。日本は当初の行事日程(1~2日)をイバンカスケジュールに合わせて一日延長し、イバンカ氏招待に積極的に動いていた。イバンカ氏がトランプ大統領の訪日日程(5~7日)まで同行すれば、少なくとも4日間は日本に留まることになる。 

韓国はこれに先立ち、イバンカ氏が主導した国際機構「女性企業家基金」に1000万ドル(11億3840万円)の拠出を約束し、来年度予算にもこのうち30億3100万ウォン(3億1000万円)を編成している。今回の訪韓時には、イバンカ氏の関心事を考慮して各界各層で活躍する女性企業家との交流できる催し物を開催する予定だったが、計画は失敗に終わることになった。


http://japanese.joins.com/article/000/235000.html

元スレ:・【中央日報】イバンカ氏、突然訪韓日程を取り消し…東京女性会議のみ出席[11/1]

1日1クリックで応援してね →
本文を読む

s-maxresdefault1: 動物園φ ★2017/11/01(水) 06:08:30.52
連載
渡邉哲也「よくわかる経済のしくみ」
韓国、米軍に指揮下入り要求し失敗…米国、韓国との同盟解消の可能性
文=渡邉哲也/経済評論家
Business Journal  2017.10.31

 韓国が米軍を韓国軍の指揮下に置くことに“失敗”した。

 10月28日に米韓定例安保協議が行われ、アメリカのジェームズ・マティス国防長官と韓国の宋永武国防部長官は「北朝鮮の非核化に向けた外交的な努力」「朝鮮半島への米軍の戦略爆撃機などの定期的な展開を拡大」という方向で合意した。

 しかし、韓国がアメリカに求めていた戦時作戦統制権の即時返還および返還後に韓国軍が米軍を指揮するかたちの新体制構築については、来年までの継続協議という扱いになった。


 以前の記事で言及しているが、国際的な常識に鑑みれば、米軍が韓国軍の指揮下で動く体制を受け入れる可能性は限りなく低かった。また、北朝鮮の脅威が増すなかで、在韓米軍の撤退にも通ずる戦時作戦統制権の返還を求めるという韓国の姿勢は非常識と言わざるを得ない。

 そして、当然の帰結として、アメリカ側にはねつけられてしまったかたちだ。 そもそも、米軍が他国の軍隊の指揮下で活動することはアメリカ合衆国憲法に違反する可能性もあり、仮に戦時作戦統制権を返還するとなれば、米韓の軍事同盟に関する「米韓相互防衛条約」を破棄または大きく変更することが必要である。

 また、アメリカが以前から繰り返し述べているように、在韓米軍は韓国を防衛するためだけの戦力ではなく、アジア全体の安全保障を見据えたものであり、南シナ海問題など中国の脅威に備えた戦力でもあるわけだ。そのことを韓国がどのくらい理解しているのかは疑問である。

 アメリカはすでに、地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備をめぐって韓国に同様の忠告をしている。また、THAADもそうだが、「米中のどちらにつくか」を迫る“踏み絵”を用意して、アメリカに従う姿勢を明確にさせている。

 しかしながら、朝鮮半島有事が想定されるなかで戦時作戦統制権の返還を求めるという行動に対しては、アメリカが我慢の限界を迎えてもおかしくない。少々厳しい言い方になるが、信頼できない友軍ほど危険なものはない。そのため、どこかのタイミングで「切り捨てたほうがいい」という判断を下されてもおかしくないのである。

 実際、韓国が中国寄りの姿勢を見せていた2015年10月に行われた米韓首脳会談では、アメリカの政府高官から、同盟国としての韓国の必要性を疑問視するような声が上がったこともある。

■中国、トランプ訪問で北朝鮮支持を翻意か

 そんななか、ドナルド・トランプ大統領が11月5日からアジア諸国を歴訪する。まずは日本、その後韓国と中国、ベトナム、フィリピンを訪れる。やはり、最大の焦点となるのは北朝鮮問題に対する協議だろう。日本においては、安倍晋三政権が「軍事的オプションも含めたすべての選択肢が俎上にある」とするトランプ政権の方針への支持をあらためて表明する姿勢だ。

 一方、当事者であるはずの韓国は北朝鮮問題の解決に及び腰になっており、前述のように、戦時作戦統制権の返還を求めたりTHAAD配備に慎重な姿勢を見せたりしていた。トランプ大統領と文在寅大統領の間でどのような話し合いがなされるかは注目に値する。

1日1クリックで応援してね →
本文を読む


このページのトップヘ