韓国時事ネタ

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: 蚯蚓φ ★ 2017/01/01(日) 15:41:44.07
[オピニオン] 最悪の年
12月31日 08:22
 東亜日報 

2016年が暮れようとしている。後代に2016年の歴史を一行に縮約して書くとき、どう記せばいいだろうか。東亜(トンア)日報が選んだ2016年の10大国内ニュースを見れば、トップとなった崔順実(チェ・スンシル)の国政壟断から10位の粒子状物質までをまとめてみても、うれしいニュースは一つもない。
2016年は混乱の一年と記録されるだろう。
低迷している経済の回復など、我々の行き先を遮っていた様々な難題がすっきり解決されることを願っていたが、経済は不確実性の中にさらに陥り、南北対立はさらに深まり、全く予期しなかった地震などの自然災害が心配の種として浮上する一方で、これらの問題を解決すべき政治は、一寸先も見えないほど混迷している。

2016年は恥ずかしい一年と記録されるだろう。真実如何が完全に見分けがついていない状態とはいえ、崔順実スキャンダルは、韓国最高権力の無力さだけでなく、不道徳さまでが満天下に伝わり、中国ですら世界10大ニュースに盛り込まれたという。これまで何とか築き上げてきた大韓民国の国格が一瞬のうちに崩壊した。罪のない普通の大人たちも、子供たちの前で顔を上げられないほどだった。

2016年は厳しかった一年に記録されるだろう。輸出前線が崩壊し、企業構造調整などにより雇用は減り、生き残った人たちも給料封筒の厚さは昨年に及ばなかった。そのためか、年末の忘年会の様子が例年とは様変わりしている。飲み会の件数自体が減り、飲み会での酒の量は減り、カラオケにもなかなか行かない。2次会に行っても、コーヒー一杯ぐらいで済むし、自宅に帰る時は、タクシーななかなか乗らない。飲食店も泣きべそをかいている。多くの人たちが、このような不況は1997年以降初めてのことだと口をそろえている。

丙申年には、過去も120年前だった1896年の俄館播遷を始め、よくない出来事が多く起きたと宿命論的に語るが、誠に息苦しかった一年だったことに間違いない。年明けの様々な国の課題のうち、きちんと解決されたものはほとんどなく、これまで腫れていた膿ががいたるところから出た1年だった。ところが、「膿が出た」というのは、ある意味では幸いなことでもある。どうせ出るものなら、早めに出た方がいい。遅れた感じがしないでもないが、それでもわが政治や経済、社会の患部が明らかになったのは、何を治療すればいいかと診断することができ、それなら、解決方法もあるかもしれないからだ。

2016年は、「底を打った」一年になることを願う。株も、不動産もその成績が底を打ったなら、これからは持ち直すことしか残っていない。2016年は、これまでの下り坂傾向に決着をつけ、上り坂を上る転換点になることを願う。
トインビーは歴史を「挑戦と応戦の原理」で説明した。挑戦に対する人間の応戦こそ、人間社会の文明や歴史を発展させる原動力だと説破した。これといった挑戦のなかった民族は、大きな発展もなかった。2016年に地球上に存在する国々の顔ぶれを見ても、頑張る国ほど大小の挑戦のなかった国などなかった。大韓民国も、1910年の日本帝国侵奪や韓国戦争という民族同士の戦いの廃墟から立ち上がった不屈の国に分類される。この20年間を見ても、1997年の通貨危機も、2008年のグローバル金融危機も我々は賢明に克服した。

現在現れている様々な国家的病理現象は、この50数年間の成長過程で累積されてきたものが多い。問題が爆発する前に治療できなかったことは残念だが、しかし、遅すぎたことでもない。2017年も、あれこれ国内外における不確実性も高く、厳しいだろうという予測が多いが、これほどのリスクは常に存在してきた。歴史は進行形だから、その年を直ちに評価するのは難しい。時間や歳月はただ流れていくが、歴史は過ぎ去ったからといって終わるものではなく、後で再評価される。今は混乱していて、恥ずかしくてつらかった歴史の瞬間でも、後で、新たな発展のきっかけになれば、その年は跳躍の足掛かりの年に、最終的には記録されるだろう。

2016年を、見捨てたい、忘れたい過去ではなく、悪くない思い出として記録できるかどうかは、2017年に我々がどうするかにかかっている。
この50数年間休まず先ばかり見て走ってきたので、今は疲れがたまっている状態であり、それが気になるが、それでもここで止まるわけにはいかない。成長世代である50代や60代はまだまだやる気がみなぎっており、中心世代と言える30代や40代は野望があり、未来世代である20代に夢がある限り、大韓民国号は、2017年の青空に向かって、力強く飛翔することを信じる。

ソース:東亜日報日本語版[オピニオン]最悪の年
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/815426/1

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/01/01(日) 21:33:20.39
「漁船被害はなく爆発の可能性はない...海上探索中。」

(ソウル=聯合ニュース)ギムグィグン記者=海軍は1日午前、東海上空で哨戒任務を遂行していた海上哨戒機(P-3CK)が乗組員のミスでハープーン対艦ミサイルなどの武器3種類6発を海上に投下したと明らかにした。

この事故で、海上の民間船舶の被害はないとみられると海軍は説明した。 

海軍によると、同日午前6時10分頃、東海で哨戒任務中だった海上哨戒機で乗組員が「武装緊急投下スイッチ」に間違って触れた。これにより、機体に装着されたハープーンミサイル、魚雷、対潜爆弾などの海上兵器3種類、6発が江原襄陽東方30マイルの海上に落ちた。

当時、事故海域で5マイル離れたところに漁船1隻が操業していたが、被害はなかった。 投下された海上兵器は、非動作状態(武装がされていない状態)で爆発の可能性はないと海軍は説明した。海軍は、掃海艦・救助艦などを現場に投入して投下された武器を探索している。 

GYH2017010100060004400_P2_99_20170101175707

1日1クリックで応援してね → 

本文を読む

EFBC9AEFBC9AEFBC9AEFBC9Ab8e081341: たんぽぽ ★ 2017/01/01(日) 17:32:37.24
【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日午後、青瓦台(大統領府)で報道陣と新年あいさつを兼ねた懇談会を行い、約40分間、憲法裁判所の弾劾審判手続きと親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件について記者の質問に答えた。昨年12月9日に職務が停止してから、青瓦台関係者や弾劾審判代理人ら以外と接触するのは初めて。

特に第三者供賄容疑の適用が取り沙汰されているサムスン物産と第一毛織の合併をめぐる疑惑については、「はめられた」と述べ、自身の関与を完全に否定した。

懇談会開催は朴大統領の強い意向が反映されたという。職務停止後は対外活動を停止し、国政介入事件に対する立場表明を控えてきた朴大統領だが、懇談会ではさまざまな疑惑について口を開いた。

特に、昨年サムスングループ傘下のサムスン物産と第一毛織が合併したことをめぐり、特別検察官の捜査チームが青瓦台の指示でサムスン物産の大株主だった国民年金公団に合併を支持するよう圧力を加えたとみて、朴大統領とサムスングループ、国民年金間の第三者供賄疑惑に狙いを絞っていると伝えられることについては、「誰かに便宜を図るという考えは一切なかった」とし、「完全にはめられた」と訴えた。

サムスングループの両社の合併に関しては、サムスン側が合併支持の対価として崔被告が実質的に支配した二つの財団に資金を拠出し、崔被告の娘にも馬術関連の支援をしたとの疑惑が取り沙汰されている。この日の朴大統領の発言は、疑惑を否定するとともに、今後の弾劾審判と特別検察官チームの捜査で強く対応する姿勢を示したものと受け止められる。

また2014年4月に起こったセウォル号沈没事故当日の朴大統領の行動がはっきりしない「空白の7時間」については、「報告を受けながら(事故について)チェックしていた。1人も残らず、救助するよう指示した」と述べた。「空白の7時間」をめぐり「密会説」などが報じられたことに関しては「とんでもない話で、口にするのも恥ずかしい話」と強く否定した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170101002300882&domain=6&ctype=A&site=0100000000


元スレ:・【韓国】朴大統領「はめられた」 職務停止後初めて報道陣に心境明かす[01/01]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

ban_ki_moon1: たんぽぽ ★2016/12/31(土) 11:07:20.44
 【ニューヨーク時事】2期10年の任期を終え、31日に退任する国連の潘基文事務総長は30日、国連本部で職員らを前にした別れのあいさつで、「シンデレラのような気分。あすの夜12時ですべてが変わる」と冗談を飛ばした。

 任期中、泥沼化したシリア内戦やエボラ出血熱流行に対する初動の遅れなど、批判にさらされることの多かった潘氏。12月中旬の記者会見では「後悔することの方が多かった」と無念さをにじませたが、あいさつでは「大みそかの夜、私は(恒例の年越しイベントが行われる観光名所の)タイムズスクエアにいる。数百万人が私が仕事を失うところを目撃する」と笑顔で軽口を連発。職員や外交官に見送られながら国連本部を後にした。(2016/12/31-07:37)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016123100056&g=int

元スレ:・【国際】国連総長、職員にお別れ=「シンデレラの気分」[12/31]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: たんぽぽ ★ 2016/12/31(土) 09:09:23.09
【社説】韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き

 日本の稲垣朋美・防衛大臣が一昨日、第2次世界大戦のA級戦犯などを祀った靖国神社を参拝した。現職の防衛相が軍国主義のシンボルである靖国神社を参拝するのは今回が初めてだ。とりわけ安倍首相と共に謝罪の意味で真珠湾を訪問した直後でもあるだけに、今回の参拝による衝撃は大きい。

 韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)が締結されてから1カ月が過ぎた。北朝鮮の核の脅威に対処するのに必要な情報を得られることから、韓国政府は国内の激しい反発を抑えてこの協定を締結した。しかしこの協定は日本が隣国を侵略し、数百万人の命を奪った過去と絶縁した国になったという仮定の上に成り立つものだ。そのような前提を日本側も知らないはずはない。ところが今回、防衛相が靖国神社参拝を強行した。このように最近、日本では韓国を軽視、あるいは無視する態度がたびたび見られるようになった。韓国が感情的な対応から抜け出せないからだろうか。

 このような状況で韓国の民間団体が釜山の日本領事館前に慰安婦少女像を設置した。釜山市東区庁は28日、今回の少女像の設置が許可なく行われたことから、当初はこれを撤去した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表が東区庁を「親日」と非難し「釜山市民による少女像の設置は真の独立宣言だ」などと反発したため、設置を阻止しないことにした。法律に沿って対応した東区庁長は「謝罪する」と発言した。韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候がここでも表面化し始めたようだ。

 これとは別に、中国外交部(省に相当)の陳海・アジア局副局長が26日に韓国を訪れ、政界や経済界の関係者と接触していたことが29日までにわかった。
陳海氏は中国外交部で米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題を担当する人物だ。大統領選を前に韓国国内でTHAAD配備反対の世論を高めるのがねらいだろうか。一国の外交官が他国に一方的にやって来て、その国の外交当局と接触もせず勝手に行動するとなれば、これはその国と外交関係があると言えるだろうか。

 日本と中国によるこれら一連の動きは、直接的には韓国の国政マヒによってもたらされたものだが、より大きな観点からみれば、これまでの対中、対日外交の失敗を示すものとも言えるだろう。中国と日本の異常な動きはこれから起こる出来事の何らかの前兆と考えるべきではないだろうか。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/31/2016123100378.html


元スレ:・【日中韓】韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き [12/31]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

5e7461441: 蚯蚓φ ★ 2016/12/29(木) 23:03:31.25
(ソウル=聯合ニュース)日本の稲田朋美、防衛相が29日、太平洋戦争のA級戦犯らが合祀された靖国神社を訪れた。彼女は安倍晋三総理が世界の人に向かって和解・平和を強調した「真珠湾訪問」に同行して帰国するやいなや参拝したのだ。

これまで日本閣僚は何度も靖国神社を訪れたが、現職防衛相の参拝は今回が初めてで波紋が大きい。韓国の外交部と国防部は各々、駐韓日本大使館の公使と国防関係者を呼んで強力な抗議の意を伝達した。

稲田防衛相は参拝後、記者らに「最も激しく戦った日本とアメリカが最も強い同盟関係になった。この様なことを報告して未来指向的に日本と世界の平和を構築したいと考えて参拝した」と話した。安倍総理の側近として知られた稲田防衛相は太平洋戦争A級戦犯の処罰を決めた極東軍事裁判を否定するような発言をするなど、これまで強硬な右翼指向を露骨に見せた人物だ。

日本右翼の感情を代弁してきた産経新聞もこの日の社説で「靖国神社を参拝して真珠湾訪問を報告しなければならない」と主張した。真珠湾で太平洋戦争当時の日本軍空襲の犠牲者を追悼し、すぐ次の日、加害者の戦犯を参拝して国内右翼勢力をなだめるのが安倍政権の実体だ。安倍総理の真珠湾訪問が真の反省から出たものではなく、米・日関係強化のための「パフォーマンス」にすぎないという批判が出てくるのもこのためだ。

世界平和を云々してA級戦犯を参拝する安倍政権の二重性は昨日今日のことではない。国内の右翼感情に便乗した右傾化速度はますますはやくなっている。昨年、安保法案を改正して日本自衛隊の海外派兵への道を開き、交戦権を禁止する平和憲法をまもなく直して最終的には「戦争できる国」になる態勢だ。

来年には国防関連研究開発(R&D)予算を18倍と大幅に増やす計画という。朝日新聞によれば防衛省の2017会計年度予算案には大学など研究機関に先端武器や軍装備関連技術研究支援費として今年6億円の18倍を越える110億円(約1千138億ウォン)が編成された。政府当局者らは韓国をはじめとする隣国に外交的配慮がない安倍政権の歩みに不満を隠せなかった。

最近、韓日関係改善の流れに合わせて日本と軍事情報保護協定(GSOMIA)を結ぶ国防部はより一層困惑する立場だ。外交部は報道官論評で「日本の責任ある政治家が過去の植民侵奪と侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀した靖国神社に参拝したことについて、政府は慨嘆を禁じ得ない」とした。中国外交部報道官も「固執不通(頑固一徹)の誤った歴史観を如実に証明したもの」と批判した。

安倍政権は過去の歴史に対する真剣な省察と反省を行動で見せてこそ国際社会と未来関係を語ることができる点を肝に銘じることを望む。

ソース:聯合ニュース(韓国語) <聨合時論>安倍政権、戦犯を参拝して平和云々と言うのか
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/12/29/0200000000AKR20161229162700022.HTML


元スレ:・【靖国参拝】 安倍政権、戦犯を参拝しながら平和を云々するのか/聯合時論[12/29]

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

5088943i1: 動物園φ ★2016/12/29(木) 09:53:28.29
米中の狭間にいる韓国、北核に対する先制的対策を
2016年12月26日10時42分 [中央日報/中央日報日本語版]

「韓国の国力がエビ水準でなくイルカ程度に成長したことは間違いない。だからといって、クジラ2頭が決心して戦えばイルカだからといって無事に済むだろうか」

最近、米中対立が深まる中、韓国が“クジラの戦い”で大きな被害を受けるような状況に置かれないかとの憂慮に対して、政府高位関係者は「それでもイルカは頭が良いから、ただ漫然とその場にいて打撃を受けるのではなく、自分に有利な環境を探して泳いでいくことができる」と述べた。

主要外交安保シンクタンクが出した2017年国際情勢見通しも韓国が直面するであろう困難を予告している。峨山(アサン)政策研究院は、来年を「リセットの年」と位置づけ、「米国を中心にしたミサイル防衛(MD)体系の構築や南シナ海問題、国際貿易秩序の再編などに関連して、米中対立を緩和できるような構造的変化が発生する可能性は非常に小さい。米中対立によって北朝鮮問題の解決に向けた中国との協力はより厳しさを増すだろう」と見通した。

米中が他の懸案では対立しながらも北朝鮮問題に対しては例外的に協力してきたこれまでの不文律が崩れ、北核問題などが異なる対立事案と絡まり合うことになるのは韓国にとって最悪のシナリオだ。ドナルド・トランプ米次期大統領は最近のメディアインタビューで「一つの中国」政策廃棄の可能性をにおわせた。それと共に「中国は北核問題解決のためにわれわれに強力しようとしない」と批判した。

問題は米中対立の激化が予想される今後1~2年が北朝鮮の核能力高度化に決定的な時期であるという点だ。梨花(イファ)女子大国際学部のパク・インフィ教授は「北朝鮮は核実験をあと1、2回行った後、核実験中断宣言をするだろう。その後は核保有を既成事実化してゲームの様相を変えようとするだろう」と予想した。また「韓国が先に案を出して韓米中が共にいかなる努力をするべきなのか、下絵を描いて共感を形成できるようにその役割を果たさなくてはならない」と話した。

だが、韓国の国内事情によって外交的決定が遅れたり先制的政策を実施する機会を逃したりするおそれがあるとの懸念が出ている。この場合、米中の立場からは韓国の政策連続性などに疑問を抱かざるをえなくなる。最近、文在寅(ムン・ジェイン)前「共に民主党」代表が高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備問題を次期政府まで先送りしようと述べたのが代表的事例だ。

亜洲(アジュ)大中国政策研究所のキム・フンギュ所長は「今になってこれを撤回すれば中国の圧迫に押されて韓米同盟を軽視したという印象を与えるおそれがある」とし「韓米が合意した水準で履行しながら、北朝鮮用という点を明確にし、追加配備の時は国会の同意を受けるよう制度化すれば中国にも名分が立てられるだろう」と助言した。

http://japanese.joins.com/article/935/223935.html


元スレ:・【韓国】政府関係者「イルカ(韓国)は頭がいいから、(米中対立の中で)有利な環境を探して泳いでいくことができる」

寝言は寝て言えと思った方はクリック → 
本文を読む

reizei20150827-thumb-720xauto1: たんぽぽ ★2016/12/28(水) 18:26:22.43 I
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長とトランプ米次期大統領の面談が事実上、失敗に終わるものとみられる。

潘氏の任期終了5日前である27日までも、2人が約束した面談の日程が決まったという話は聞こえていない。これに先立ち、米外交専門誌「フォーリンポリシー(FP)」は24日、「トランプ氏が潘氏との約束を撤回した(backtracked)」と報道した。

FPは、3人の国連外交官の話を引用し、これはトランプ氏が潘氏を「無視(snub)」したもので、「トランプ政府」で国連と米国との関係がかつてとは異なるだろうと予告したものと分析した。

これに先立ち、潘氏とトランプ氏は米国大統領選の3日後に電話会談を行ったことがある。潘氏は先週、韓国特派員との記者会見で「電話会談はお互いに丁寧に行われた」と明らかにした。また、「私が『一度会って国連の様々な問題について協議したい』と言ったところ、トランプ氏も『非常に良い考え』と答えた」とし、面談の約束を再確認した。

しかし、FPは、トランプ氏がこの電話会談であまり話をしていなかったと伝え、「トランプ政権引継ぎ委員会」が直ちに国連に「トランプ氏が1月20日に就任するまでは、どの世界指導者とも会わない予定」という立場を通知したと伝えた。


http://s.japanese.joins.com/article/065/224065.html?servcode=A00&sectcode=A00


元スレ:・【国際】「トランプ氏が潘基文国連事務総長を無視…面談は台無しに」[12/28]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

sub51: 動物園φ ★2016/12/27(火) 00:49:21.01
安倍首相に嫌気…田中元首相を懐かしみ「角栄ブーム」へ
2016年12月26日11時25分 [中央日報/中央日報日本語版]

田中角栄氏(1918-93)は戦後の日本政治を論じるのに欠かせない人物だ。1947年に政界に入門し、72年に首相に就任した田中氏は、高速道路・高速鉄道などインフラを拡充し、地域均等開発の土台を用意し、中国との国交正常化を実現させた。就任2年半で受託収賄容疑で首相から退いたが、退任後にも自民党内で強大な影響力を行使した。大平・鈴木・中曽根政権と3回の自民党政権誕生に直接関与し、「闇将軍」と呼ばれた。2009年に54年ぶりに自民党から民主党に政権交代を実現させた小沢一郎元民主党代表も田中派の人脈だ。

田中氏は93年に死去したが、2016年の今日の日本の政界にも「闇将軍」の影が残っている。年初に始まった「(田中)角栄ブーム」が年末になってもどどまらず、日本人の心を揺さぶっているからだ。
石原慎太郎前東京都知事が田中氏の生涯を1人称の視点で描いた小説『天才』が1月に出版されて爆発的な人気を呼び、今年1年間に田中氏に関する書籍だけで30冊ほど登場した。『天才』は1年間に100万冊近く売れ、今年の日本総合ベストセラー1位になった。

専門家らは田中氏が再び注目されている理由について、理念に縛られず大規模な開発事業で民生を図った推進力にあると話す。これは現在の安倍政権に日本人が嫌気を起こすのとは対照的だ。
安倍首相は国民の半分近くが反対する改憲を「生涯の課題」として最優先課題としている。評論家の佐高信氏は「田中氏の自民党は民生を優先視したが、安倍氏の自民党は民生よりも理念を前に出している。そのような安倍政権に対する反発から田中氏が再び注目されている」と評価した。田中氏を取材した早野透元朝日新聞記者は「田中氏は民衆の観点で世の中を眺めた。田中氏は戦後の日本憲法が米国主導で制定されたということに不満を抱いていたが、民生の改善に注力し、『憲法は100年ほど後に改正してもかまわない』と話したりした」と回顧した。

田中氏は小卒学歴で工事現場の作業員からスタートし、自力で首相に上った人物だ。政策をめぐり議会で論争があれば「あなたは肉体労働で汗を流しながらトロッコを押したことがあるのか」と述べた。田中氏が議員として過ごしながら立法した33件の法案はほとんどが公営住宅法、道路法など民生に関連するものだった。御厨貴東京大学名誉教授は「田中氏は道路・橋・鉄道など日本全体を改造する大規模な開発計画を推進し、短期間に国民の生活を変えた。現在の政治家とはスケールが違った」と評価した。

田中氏の計画は雲をつかむほど壮大な時もあった。46年の新潟県衆議院選挙の遊説では「新潟県と群馬県の境の三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばす。日本海の季節風は太平洋側に吹き抜け、越後に雪は降らなくなる。そこから出た土で新潟沿岸の海を埋める開発事業をすれば、東京の人たちが金儲けのために新潟に集まるだろう」と述べた。この公約は実現しなかったが、東京に上京することだけが唯一の成功の道と考えていた新潟の住民を熱狂させるのに十分だった。

遠大な開発計画を推進して庶民の心をつかんだ事業家出身のアウトサイダー政治家という点で、田中氏は現在のトランプ米次期大統領を思い出させる。不動産開発業者出身のトランプ氏は大規模な開発事業を通じて雇用を創出し、経済を活性化すると公約し、米国中西部工業地域の労働者の確実な支持を引き出した。

若田部昌澄・早稲田大経済学科教授は「日本の『角栄ブーム』は米国の『トランプブーム』と似ている」と指摘した。2人とも自分を政界のエリート政治家と区分し、理念よりも実利を前に出して大きな事業を成功させる推進力が長所に挙げられるという共通点があるということだ。若田部教授をはじめとする一部の専門家が日本の「角栄ブーム」に懸念を表す理由だ。若田部教授は「日本人が他の先進国の国民のように従来の政治に嫌気を起こしているという事実を『角栄ブーム』は見せている。遠からずトランプ氏のような政治家が登場するのに十分な社会の雰囲気が日本にも形成されている」と分析した。

http://japanese.joins.com/article/937/223937.html

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★ 2016/12/26(月) 08:34:54.10
26日の午前1時10分頃、清州市(チョンジュシ)上党区(サンダング)の某マンションでAさん(20歳)が首を吊って死んでいるのを家族が発見、警察に届けた。

家族によれば、「軍入隊を控えて一日中部屋から出ず、見に行ったら死んでいた」と話した。

警察は、この日に軍入隊を控えたAさんが、普段からプレッシャーを口にしていたという遺族らの供述を基に、正確な経緯を調査している。

ソース:NAVER/忠北・世宗=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=421&aid=0002472588


元スレ:・【韓国】軍入隊を控えた20歳、自宅で首吊り(清州)[12/26]

1日1クリックで応援してね→ 
本文を読む

0bf6bcf21: 動物園φ ★ 2016/12/26(月) 02:29:41.26
ロシアとの関係「良好」27% 「親しみを感じる」韓国は38・1%、中国は16・8%
2016.12.25 09:50

 内閣府は24日、「外交に関する世論調査」を発表した。ロシアとの関係について「良好だ」と答えた人は今年1月の前回調査から6・0ポイント増え、27・8%となった。一方で「親しみを感じる」は前回比1・9ポイント増の19・3%にとどまった。日露首脳会談が行われ、北方領土問題の解決に期待が高まったことなどが影響し改善したとみられるが、依然として低い水準にある。

 韓国に対して「親しみを感じる」は38・1%(同5・1ポイント増)、中国に「親しみを感じる」は16・8%(同2・0ポイント増)だった。


 北朝鮮に対する関心項目を複数回答でたずねたところ、「ミサイル問題」との回答が前回と比べて11・0ポイント増の71・5%と、同様の質問を始めた平成20年度の調査以降で最高となった。北朝鮮は今年20発を超える弾道ミサイルを発射しており、脅威の深刻化が影響しているとみられる。北朝鮮への関心で最も高かったのは「日本人拉致問題」で81・2%。「核問題」と回答した人は72・1%だった。

 調査は昭和50年度から行われ、今回は41回目。調査期間は10月27日から11月6日で、全国の18歳以上の男女3千人を対象に個別面接方式で行った。回収率は60・1%。

http://www.sankei.com/smp/politics/news/161225/plt1612250012-s1.html


元スレ:・【日韓】韓国に親しみを感じる日本人増加 38.1パーセント

寝言は寝て言えと思った方はクリック→ 
本文を読む

1: たんぽぽ ★ 2016/12/25(日) 12:15:15.65
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が朴淵次(パク・ヨンチャ)前泰光(テグァン)実業会長から23万ドルを受け取ったという疑惑を時事ジャーナルが24日に報道した。

▼潘基文国連事務総長
ban_ki_moon

この日時事ジャーナルは「複数の人たちが『潘基文事務総長が2005年の外交部長官時代に20万ドル、国連事務総長就任から間もない2007年に3万ドル程度を朴前会長から受けとった』と主張した」と報道した。

時事ジャーナルによると、2005年5月にベトナム外相一行7人が訪韓した際、当時の潘基文外交部長官主宰の歓迎晩餐会が漢南洞(ハンナムドン)の公館で開かれた。この日の晩餐会には朴前会長も駐韓ベトナム名誉総領事として招かれたという。この行事が開かれる直前に朴前会長が潘長官に金品を渡したという証言が出てきたというのが報道内容だ。朴前会長の知人は時事ジャーナルと何回も会い、「『朴前会長が私に直接した話』と伝えた」と説明した。

朴前会長が潘事務総長に金品を渡したという疑惑は2009年の「朴淵次ゲート」を捜査した大検察庁(最高検)中央捜査部でも認知していたものと時事ジャーナルは報道した。

朴前会長は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の側近で、2008年に脱税と政財界関係者にわいろを渡した容疑で逮捕された。盧武鉉政権時代の主要な関係者が司法処理された朴淵次ゲートの張本人だ。捜査過程で盧元大統領が自ら命を絶ったりもした。朴前会長は現在ベトナムなどで海外事業を進めているという。

潘事務総長の側近は時事ジャーナルの報道に対し「まったく事実ではない」として強く否定した。潘事務総長側はこの日正式な釈明資料を記者らに配布し、「2005年5月にベトナム外相が訪韓した当時外交部長官だった潘事務総長が公館で歓迎晩餐会を開き、この席に朴前会長も駐韓ベトナム名誉総領事の資格で招請された。朴前会長はこの日の晩餐会には遅くに到着し、行事中に潘事務総長と個別に会った事実はない。この日の前まで2人は一面識もなく、その後も会ったことはない」と主張した。続けて「潘事務総長は公職在任中にいかなる金品も受け取ったことはない。潘事務総長が帰国するこのタイミングでこうした悪意の報道が出てくるのは遺憾だ。今後こうした荒唐無稽な陰湿な攻撃に対しては強力な法的措置を取る」と明らかにした。朴前会長もやはり「道理に合わない虚構」と時事ジャーナル側に明らかにした。

一方、朴淵次ゲートの捜査検事が禹柄宇(ウ・ビョンウ)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情首席秘書官だったことから関心を集めている。禹前首席秘書官は当時中央捜査部捜査1課長として朴前会長を調査した。このため調査過程で禹前首席秘書官が潘事務総長と関連した疑惑を朴前会長から聞いた可能性があるという観測も出ている。


http://s.japanese.joins.com/article/915/223915.html


元スレ:・【韓国】潘基文事務総長、朴淵次氏から23万ドル受け取った疑惑[12/25]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1: HONEY MILKφ ★ 2016/12/25(日) 10:19:03.15
ネチズン捜査隊で有名な『チャロ(zaro)』がセウォル号惨事の原因を分析したドキュメンタリー『セウォルX』が25日に公開される。チャロはセウォル号の沈没原因を『外部からの衝撃』にあると分析して、大きな波紋が予想される。

2016122509054515946_1_99_20161225093404

24日にチャロは自分のSNS(ソーシャルネットワーク)のアカウントを通じ、「専門家と一緒に復元力を再計算して、復元力の不足だけでは惨事の原因を説明する事ができない」とし、「進度VTSのレーダー映像を分析した結果、外部からの衝撃が沈没原因と見られる」と述べた。

セウォル号沈没事故当時に検・警合同捜査本部は、セウォル号は復元力不足と急激な変針などで沈んだと結論を出した。

先立ってチャロは21日、『セウォルX』のティーザー映像を先に公開した。彼は、「二重三重にバックアップをして、信用できるメディアに既に資料を渡している」と予告して、ネチズンの関心を集めた。

チャロのインタビュー映像と『セウォルX』はこの日の午後9時40分、JTBCの『イ・ギュヨンのスポットライト』で放送される予定である。チャロは『セウォルX』を、ユーチューブ(YouTube)でも公開する予定である。

チャロは去る大統領選直後、大統領選介入疑惑を招いたTwitterのアカウントが、国家情報院関係者の名前であると主張して有名になった。チャロはまた、文化体育部長官に内定していたチョン・ソングンの政治偏向的なTwitter投稿を見つけ出し、落選させている。

ソース:NAVER/マネートゥデー(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=008&aid=0003795484


元スレ:・【韓国】「セウォル号は外部からの衝撃で沈んだ」・・・ネチズン捜査隊『チャロ(zaro)』が主張[12/25]

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

5e7461441: たんぽぽ ★2016/12/24(土) 10:31:09.49
「日本が軍事大国化して朝鮮半島に派兵する日が来るかもしれない」。これは韓国内で少なからず共有されている見方だ。背景にあるのは日本への根強い不信感。加えて、そうした見方を生む朝鮮半島の歴史と地政学的な現実や、日本とは異なる対中国・対北朝鮮観がある。

韓国次期大統領選の有力候補として急浮上しているソウル近郊・城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長も、日本への警戒感を隠さない一人。「韓国のトランプ」と呼ばれ、過激な発言で知られる李市長は「軍事的には日本は敵性国家」と言い切る。

聯合ニュースによると、李市長は14日、仁川大での講演前に記者団に対し、「日本は重要な隣国であり、共存共栄すべき国」としながらも、「日本が軍事大国化を目指し、膨張主義を続ければ、最初の犠牲者は朝鮮半島になる可能性があるため、軍事的には敵性を完全に解消したとみることは難しい」との認識を重ねて示した。

左派系のハンギョレ新聞が11月に掲載したコラム「韓国にとって日本とは何か?」にも、日本人には理解しにくい見方の一端がうかがえる。コラムは日本と韓国の間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を取り上げ、日本との関係に触れている。

この中では「安倍晋三首相は2015年以後、韓国を『戦略的利益を共有する最も重要な隣国』と規定している」と指摘。「これは韓日は北朝鮮の核とミサイル、または中国の浮上に共同対処しなければならない“ビジネス パートナー”にすぎず、民主主義、市場経済、法の支配など共通の価値を共有する“友人”ではないという意味だ」と述べている。

その上で「近代以後、日本は大陸の脅威に対抗して日本を守るには、半島を自分たちの影響下に置かなければならないという、一貫した対朝鮮半島政策を推進してきた」などと言及。直接的な表現は避けながらも、北朝鮮や中国を意識したGSOMIAが日本の軍事進出に道を開きかねない、と警鐘を鳴らしている。

さらに「韓国と日本の対中国・対北朝鮮観には全く両立不可能な決定的差異が存在する」と断言。「韓国にとって中国は、未来の繁栄と発展のために共存しなければならないパートナーであり、北朝鮮は好むと好まざるとにかかわらず平和統一を成し遂げなければならない兄弟であり半身だ」と強調している。

日本にとって朝鮮半島への本格的な軍事進出は憲法上の制約もあり、まずは考えられない選択肢。それでも隣国内は派兵を危ぶむ声が依然として存在する。GSOMIAをめぐっても、韓国政府は国会で「韓国の主権問題としてわれわれの要請や同意なく自衛隊が韓国の領域に入ることはできない」との答弁を繰り返さざるを得なかった。日本と韓国の間に横たわる溝はやはり深い。


http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=158520&ph=0


元スレ:・【韓国】韓国内に根強い「日本が軍事大国化して朝鮮半島に派兵」の見方[12/24]

お断りどすと思った方はクリック → 
本文を読む

bandicam 2014-09-02 11-31-41-1361: トペ スイシーダ(SB-iPhone) [US] 2016/12/22(木) 17:28:27.49
【朝鮮日報】 史上最悪の鳥インフル被害が映す「失敗した国」韓国の姿

 鳥インフルエンザが韓国国内に広がり、ニワトリ・アヒルの殺処分数が2000万羽を超えた。ニワトリの価格が跳ね上がり、鶏卵不足のため航空便で緊急輸入まで推進することになった。同じころ鳥インフルエンザが発生した日本では、発生件数が6件にすぎず、殺処分も102万羽にとどまっているのとはあまりに対照的だ。

 韓日の鳥インフル対応は、初日から違いが出た。日本は11月末、最初に家禽類の鳥インフル確定判定が出ると、それからわずか2時間後の夜11時、総理官邸に鳥インフル関連の情報連絡室を設置した。安倍首相が出した「徹底した防疫」という指示も、深夜に各省庁へ伝えられた。翌日午前4時、自衛隊の隊員が鳥インフルの発生現場に出動して防疫作業を行い、朝9時から関係閣僚会議が開かれて政府レベルでの対策を協議した。こうした全ての措置が12時間以内に行われた。鳥インフルに対する警戒レベルは、その前から既に最高の「3」に引き上げられていた。準備されていたマニュアルの通り、電光石火のごとく動いたのだ。

 韓国で政府レベルの対策会議が開かれたのは、鳥インフル発生から丸2日が過ぎた後だった。車両・人手による家禽類の移動を一時的に禁止する命令は3日後に下され、1週間後にようやく、警報を「警戒」のレベルに引き上げた。最高レベルの「深刻」に格上げしたのは、1カ月が過ぎてからだった。決められた基準に従ったとはいうが、農家の反発を恐れた農林水産食品部(省に相当。農食品部)が様子見をした、という指摘は多い。日本と異なり、韓国はコントロールタワーも農食品部に任せた。

 黄教安(ファン・ギョアン)首相は、鳥インフルが発生してから10日後に、ようやく防疫対策状況室を訪れた。「1カ月」対「即時」(韓日がそれぞれ最高レベルの警報発令にかけた時間)、「10日」対「2時間」(国政の最高責任者が鳥インフル対策の取りまとめにかけた時間)という差が、「2000万」対「102万」(殺処分数)という大変な結果の違いを生んだ。

 中央政府だけでなく、自治体も怠慢だった。ある郡では、文書の上でのみ防疫本部を設置したかのように装い、実際には運営していないという事実も判明した。また、ある自治体では、勤務者が24時間運営すべき消毒施設を空けてレストランに食事をしに行き、摘発されるというケースもあった。

 畜産農家や養鶏産業従業員の「適当主義」や道徳的なたるみもそのままだった。ある養鶏農場は、鳥インフルが発生したにもかかわらず、通報直前にニワトリ約10万羽と鶏卵約200万個を出荷した。ウイルスが広がる危険性が高いにもかかわらず、無条件で鶏を売らせてほしいと集団でごねた。すると、政府が屈服した。韓国各地で鶏卵の運搬車両が農場内まで入り込んだり、作業員が防疫服も着用せずに鶏卵を運んだりするケースが続出した。農場の中と外で着衣・履物を徹底して区別している日本では、想像もできないことだ。


 鳥インフルエンザが発生したらどうすべきかは、みんな知っている。日本では、その通りにやった。韓国は適当に、いい加減にやった。鳥インフルが拡散しようと、そうでなかろうと、カネを手に入れようとした。これに政府が迎合した。失敗が続いても、教訓にしていない。史上最悪の鳥インフル感染に、あらためて「失敗した国」の姿を見た。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/21/2016122100964.html

元スレ:・韓国の鳥インフル、日本の20倍発生!しかも政府が感染肉・卵の販売を容認し大混乱ww

1日1クリックで応援してね → 
本文を読む


このページのトップヘ