韓国時事ニュース

images1:話題のニュース 2018/07/31(火) 11:26:39.88
ダム決壊の死者は9人、ラオス当局が修正
共同通信 7月31日

【バンコク共同】ラオス南部アタプー県当局者は29日、同県サナムサイで記者会見し、ダム決壊による大洪水で9人の死亡が確認されたと発表した。ラオス国営メディアは少なくとも27人が死亡したとこれまで伝えていたが、地元県が修正した。国営メディアは、行方不明者の一部を死者として報道していた可能性がある。

当局者によると、行方不明は131人。ラオスのほかタイや中国の救助隊計約180人が救出活動を続けている。


関連
【ダム】「1126人を発見できていない」 ラオス・アッタプー県幹部★3
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1532856149/-100

ラオス・ダム決壊 死者は公式発表よりも多い可能性=NGOや地元住民
https://www.bbc.com/japanese/44977502
複数の援助団体は、政府が災害規模を控え目に見せようとしていると考えており、最終的な犠牲者数は公式発表を相当上回る可能性があると指摘する。

地元住民はBBCに対し、死者は300人に上る可能性があると語った。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1:話題のニュース 2018/07/30(月) 22:00:40.96
MBN TV 2018-07-30 19:27

李明博元大統領が、糖尿病などの持病でソウル大病院に入院したことが確認された。

李元大統領は今日(30日)午前9時ごろ、健康診断のため病院を訪れたが異常症状が確認され、入院したことが伝えられた。


李元大統領側の弁護人は「担当医が敗血症を懸念し入院を許可したと聞いている」と明らかにした。

賄賂や横領などの疑いで拘束状態で裁判を受けている李元大統領は、これまで高血圧や糖尿病などで健康上の問題を訴えてきた。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

index1:話題のニュース 2018/07/30(月) 21:16:40.66
日本政府による朝鮮学校の無償化適用外、韓国が国連に「差別」報告 片山さつき議員「分担金見直し考慮 国連での発言力増強を」

日本政府が、朝鮮学校を高校無償化の適用対象外としたのは、教育を受ける権利の侵害にあたるとして、韓国の市民団体が、国連人種差別撤廃委員会に報告書を提出したという。これらの主張のおかしさと、日本の対抗策について、自民党政調会長代理の片山さつき参院議員に聞いた。

「『朝鮮学校だからダメだ』というわけではない。補助金などを得ようとするなら、北朝鮮との不当な関係を払拭した証拠が必要だ」

片山氏は、こう言い切った。

スイス・ジュネーブで8月開かれる国連人種差別撤廃委員会で、4年ぶりに対日審査(16~17日)が行われる。

聯合ニュースなどによると、韓国の市民団体は今月、日本の差別や人権侵害を指摘する報告書を同委員会に提出した。この中には、朝鮮学校への高等学校等就学支援金適用除外や、同校の生徒が修学旅行で北朝鮮から持ち帰った土産物を税関で没収された件などが含まれるという。

文在寅(ムン・ジェイン)政権下での「南北接近」を感じさせる動きだが、日本が朝鮮学校を不当に差別したことはない。在日朝鮮人の子弟にも教育を受ける権利は保障され、公立小中学校は門戸を開いている。

ただ、朝鮮学校は明らかに思想や運営面で北朝鮮の支配下にあり、朝鮮学校を経由して北朝鮮に送金されていた事実もある。

このため、文科省は2016年3月29日、朝鮮学校に補助金支給を行う都道府県に対し、支給の適切かつ透明性のある執行を求める大臣通達を出した。


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/07/30(月) 08:23:02.03
<ラオスダム決壊>韓国企業の日本への対抗意識が裏にある可能性
 BLOGOS

7月23日夜に発生したラオス南部のダム決壊事故。当初施工を担当した韓国SK建設は、「降り続いた大雨が原因」と発表していましたが、次第に事故前後の状況が判明してきて窮地に立たされています。

■ラオス政府「基準に満たない建設が原因」
「ラオスのダム決壊「基準に満たない建設が原因」 ラオスエネルギー相」
日経新聞 2018/7/27
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33535260X20C18A7FFE000/
基準に満たないとか言われてしまってます。ラオスは今が雨季。特に8月がピークですので、これからが本番であります。今の段階で「降り続いた大雨が原因」とか言ってたら、これからどうなってしまうのか。ラオス政府が低水準と言明するのも、当然と言えるでしょう。
「ラオス、決壊ダム建設の韓国企業に「22億円」ボーナスの不可解 「工期短縮できた」と発注側から」
ZAKZAK 2018/7/2


建設に携わった韓国大手財閥SKグループのSK建設が、工期を大幅に短縮できたとして、発注側から2000万ドル(約22億円)のボーナスを受けていたことが分かった。朝鮮日報が伝えた。ダムの建設事業は同社と韓国西部発電などが2012年に共同受注し、来年2月から商業運転に入る予定だった。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180726/soc1807260014-n1.html
工期を5ヶ月早くし、その計画短縮でボーナスが出ていたというんですね。その金額2000万ドル(約22億円)。施工期間を見てください。2012年に受注し、5ヶ月短くなって2019年2月に商業運転に入るとあります。これをちょっと覚えておいてくださいね。 (中略)

■韓国の建設会社は、工事進行中の「第二の黒四(くろよん)ダム」を意識したか

さて、事故の起きたダムの遥か上流。ラオスの首都から約200kmの位置に、融資、事業運営、施工まで「オールジャパン」で取組むダム建設現場があります。あだ名がラオスにあるのに、「第二の黒四ダム」。
「ラオスの黒四! 雨・暑さと闘うナムニアップ1水力発電所建設工事」
建設通信新聞 2017/6/17


「第二の黒四(くろよん)」??。関西電力にとって、それほど重要な位置付けとなるダムの建設工事がラオスの山中で進んでいる。融資から事業運営、施工まで“オールジャパン”で取り組み、ダム本体工事を中心とした土木・建築工事は大林組が施工している。目立った生産品のないラオスにとって貴重な“輸出品”である電力を生み出すことになる。2019年1月31日の営業運転開始に向け、アジアの山奥で雨と暑さとの闘いがいまも続いている。

https://www.kensetsunews.com/web-kan/70651
この記事や写真を見るとわかりますが、とにかくデカい。決壊した今回のダムのような、なんか土手みたいなダムとはまるで違う、本格的なダムであります。

そして工期に着目してください。着工が2013年10月1日で、営業運転が2019年1月31日からです。決壊したダムの方は、1年前の2012年着工で、工期どおりなら完成は2019年7月だったはずなんですね。つまり日本のダムの方が、遅く始まって早く終わることになってたわけです。

なぜSK建設は、わざわざ5ヶ月工期を早めて、2月の商業運転を目指したのか? 日本が施工するこのダムを意識したからと見て、間違いないでしょう。なにしろ問題のSK建設は、韓国ではダム施工能力1位の企業なのです。

「決壊のラオスダム施工のSK建設、ダム建設分野で韓国1位」
中央日報 2018/7/27

http://japanese.joins.com/article/519/243519.html
しかも4年間ずーっと1位であります。日本の企業に施工期間で負けたら、韓国全体のダム建設能力が負けたことになってしまうのですね。だからと言って、決壊事故を起こしていたら、本末転倒もいいところですが。

これから本格的な雨季のピークを迎えるラオス。事態の収拾はまだ兆しも見えない状況ですが、なんとか乗り切って欲しいと思います。そして、施工期間を短くしたら、ボーナスを払う制度は廃止した方がいいですよ。どう考えても碌な結果を出しません。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

Giant-Rev-Road-Cycling-Helmet-2017_86710_1_Zoom1:話題のニュース 2018/07/29(日) 22:38:20.54
ソウル市が準備した無料のシェア自転車用ヘルメット、1週間で218個盗まれる―中国メディア
Record china 2018年7月29日(日) 22時20分

2018年7月27日、海外網は、ソウル市が準備したシェア自転車用ヘルメットが、わずか1週間で218個も盗まれたと伝えた。

記事によると、最近韓国のソウル市は新たな安全ルールを制定し、9月から市民がシェア自転車を利用する際にはヘルメットを着用しなければならないと定めた。記事は、「当初の目的は良いものだったが、実施段階においてかなり気まずい局面となった」と伝えた。

記事は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、20日からソウル市ヨンドゥンポ区汝矣島付近で、新たなルールが試験的に導入されたと紹介。それは、シェア自転車の駐輪場付近に保管棚を設置し、中のヘルメットを市民が自由に使用できるようにするというものだ。返却時は、自転車のかごか保管棚に置いておけばよい。この試験期間は1カ月間だという。

ところが、ソウル市が25日に統計したところ、汝矣島に投入した858個のヘルメットのうち、218個がなくなっていることに気が付いたという。盗まれた割合は25.4%に達したと記事は指摘している。しかし、26日午前5時の時点でソウル市が再び調査したところ、盗まれた割合が5%にまで減少したという。だが、いまだに55個のヘルメットは返却されていないと記事は伝えた。

ソウル市は、ヘルメットの使用率と盗まれた割合について調査を行い、その後、無料でヘルメットを貸し出すサービスを継続するかどうかを決定することにしているという。

記事は、このニュースが韓国世論のホットな話題になったと紹介。ある韓国ネットユーザーは、新たな安全ルールの取り消しを提案し、「暑い日に自転車に乗れば汗が流れるというのに、ヘルメット着用なんてもってのほか」と述べているほか、別のネットユーザーはヘルメットを自分のものにしてしまう行為に不満を示し、「無料はダメだ。盗んだ人には100万ウォン(約10万円)の罰金を科すべき」と述べていると記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:話題のニュース 2018/07/25(水) 23:12:52.59
京郷新聞(韓国語)

高銀(コ・ウン)詩人(85)が自身のセクハラ容疑を暴露したチェ・ヨンミ詩人などを相手に損害賠償請求訴訟を起こした。

25日、裁判所によればコ詩人は去る17日、ソウル中央地方法院にチェ詩人とパク・チンソン詩人、チェ詩人の文を掲載した報道機関の代表理事および記者などを相手にセクハラ容疑暴露で被害をこうむったとし、総額10億7000万ウォンの賠償を求める訴訟を起こした。

no title

チェ詩人とパク詩人に請求された損害賠償額は各1000万ウォンずつだ。コ詩人側関係者は「タプコル公園と大田(テジョン)セクハラ容疑が虚偽報道だから訂正報道して損害を賠償せよとの趣旨」と説明した。

同関係者は「コ詩人は容疑について肯定も否定も正確に明らかにしたことがないのに一方的な主張が何の反論もなしに既定事実化された」として「コ詩人は衝撃があまりに大きく、周辺文人らも説得して訴訟を起こすことになったと理解している」とした。

チェ詩人もこの日、自身のSNSを通じて「今日、裁判所から損害賠償請求の訴状を受けた」と明らかにした。チェ詩人は「誰かから訴訟されるのは初めてだ」として「労力のいる戦いが始まったのでまず、ご飯から食べなければならない」と付け加えた。 以下略


関連
【韓国】『コ・ウン詩人、居酒屋でオナニー』~教育部、「教科書から削除するか出版社と協議」[02/28]


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

no title1:話題のニュース 2018/07/29(日) 09:30:44.13
文大統領 30日から夏休み=週末合わせると9日間
7/27(金) 20:21配信 聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30日から来月3日まで夏休みを取る。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が27日の会見で伝えた。

 金報道官は、大統領が休暇を取る際には通常、どこでどのように過ごすか説明するが、今回は特にコンセプトがなく「純粋な休暇」だと伝えた。コンセプトを持たずに休暇を取る理由については、「(休暇に)意味を持たせることを不自然だと考えているようだ」と説明した。

 北朝鮮が朝鮮戦争で戦死した米兵の遺骨を米国に返還したことが、停滞した朝米の非核化交渉の進展につながる可能性があると評価される中、文大統領は休暇中、非核化交渉を進展させる方策だけでなく、下半期の経済政策や内閣改造などについて具体的な構想を練るものとみられる。

 韓国大統領が利用できる休暇は年間21日で、文大統領は今回5日分を利用する。前後の週末を合わせて9日間の夏休みとなる。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

s-AP182062982410811:話題のニュース 2018/07/29(日) 15:54:39.42 I
ラオスのダム決壊、ずさんな工事が原因か 行方不明者の捜索難航
7/29(日) 15:52配信 AFP=時事

【AFP=時事】ラオス南部で建設中だった水力発電用ダムが決壊した事故は行方不明者の捜索活動が難航しており、同国のエネルギー・鉱業相はずさんな工事が事故の原因だった可能性があるとの見方を示した。

 ダムは23日に決壊。現場が近づきにくい場所にあり、ラオス当局があまり公式な発表に前向きでないことなどから正確な死者・行方不明者の数はいまだに分かっていない。当局は当初、死者数を27人と明らかにしたが、捜索活動の責任者は28日、8人が死亡、123人が行方不明になっていると発表。一方、27日にはアッタプー(Attapeu)県の幹部が報道陣に対し「1126人が発見できていない」と発言するなど、行方不明者に関する情報は錯綜(さくそう)している。

 また12億ドル(約1300億円)の費用が投じられ、韓国、ラオス、タイの企業による合弁事業として建設されていたダムをめぐり、現地では建設基準に対する疑念も持ち上がっている。

 決壊の原因について、業者側はラオスで定期的に降るモンスーンの豪雨だと主張している一方、ラオス国営メディアおよびラジオ・フリー・アジア(Radio Free Asia、RFA)によると、同国のカンマニ・インティラート(Khammani Inthilath)エネルギー・鉱業相は決壊の原因がずさんな設計にあった可能性があるとの見方を示した。

 このダムの建設に参加している韓国のSKエンジニアリング・アンド・コンストラクション(SK Engineering & Construction)は、同社が事故原因の調査を行っていると明らかにし、災害支援金として1000万ドル(約11億円)を寄付する意向を示した。【翻訳編集】 AFPBB News



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

images1:話題のニュース 2018/07/29(日) 09:27:12.26
ラオスのダム崩壊後にSKエンジニアリング・アンド・コンストラクション(SK E&C)は新たな受注を獲得できるか?
THE KOREA TIMES

ラオスに建設中のダムが崩壊したことを受けて、SK E&Cは新たな海外プロジェクトの受注に非常に苦労するだろうとアナリストらは指摘した。

彼らは、この事件がSK E&Cだけでなく、アジアなど世界の建設プロジェクトの契約を確保しようとしている他の韓国建設業者の信頼性にも疑念を抱かせる可能性があると表明している。
中略

「事故の原因は未だ確定していないため、SK E&Cにとって最も緊急な課題は被害軽減だ」と業界アナリストは述べた。 「被害をカバーするSKの動きが、海外プロジェクトの運命を決めるだろう」

SK E&Cが責任を負うならば、契約の内容に応じて、ラオスの今後のプロジェクトで具体的な罰金に直面するかもしれない、とアナリストは言った。

SK E&Cは近年、海外事業への依存度を高めている。

ICAKによると、SK E&Cは、フィリピンに20億ドルの石炭火力発電所、カザフスタンにAlmaty Circular Roadを建設する737百万ドルのプロジェクトなど、今年の第1四半期に25.2億ドルの海外受注を獲得した。

SK E&Cは2000年代半ば以降、海外プロジェクトに注力しており、海外受注は2014年に66.6億ドル、2015年には43.2億ドルとなった。

しかし、中東および北米での需要の減少により、2016年には2億1,200万ドルにまで急落した。このように、第1四半期の実数はSK E&Cの回復の兆しとみなされた。 中略

ある建設会社の関係者は、「韓国建設業者の評判に悪影響を与えることは明らかだ」と述べた。「ラオスは韓国の建設業者は馴染みのない市場だが、タイやカンボジアなど近隣の国々に足を踏み入れ、中国や日本のライバルとの激しい競争を繰り広げている」

「このような事故が韓国の建設業者の信頼に打撃を与えることを考えれば、最も重要なことは事故原因の把握である」と彼は語った。

SK E&Cは、ラオス政府の人員復旧と被害救済に積極的に取り組んでおり、事故原因の特定に最大限努力していると述べた。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

s2.reutersmedia.net1:話題のニュース 2018/07/28(土) 23:09:00.44
2018. 07. 26.

ラオスのセピアン・セナムノイダム事故と関連し、国際救助隊を派遣することにした政府の計画が、ラオス政府の承認の遅れにより支障をきたしている。


26日、関連省庁によると、27日にラオスへ出発予定の国際救助隊本陣のラオス入国は許可が下りていない。
この日午前、政府の救助隊先発隊4人(消防1人を含む)は、民間航空機を利用してラオスへ出発した。しかし、救助隊本陣の場合、軍用機を利用してラオスに入らなければならない状況なので、ラオス政府の承認が必要である。政府関係者は、「現在ラオスで救助隊の派遣承認が下りていないことを知っている」とし、「今後の日程が確定していない」と説明した。

(中略)ラオス政府の承認が出ていない状況なので救助隊本陣の人員と規模も確定していない状態だ。
 
政府は、SK建設が参加したセピアン・セナムノイダム建設現場で発生した事故に関連し、25日にホン・ナムギ国務調整室長の主宰で事故対応関係機関対策会議を開催し、事故の状況点検と緊急救助隊(本陣30人、先発隊7人)の派遣など追加対策を議論した。これを受けて27日午前7時、城南ソウル空港からチョ・チョンムク消防庁長や外交部担当局長らが参加した中で出征式を行う予定だった。

救助隊本陣の派遣が遅れていることについて、一部では、今回の事故の原因が施工の管理会社による人災であるか、大雨による天災であるか議論が起きている中で、ラオス政府が人災を念頭に置いて韓国の救助隊を敬遠する雰囲気があるではないかという観測も出ている。

実際に、事故発生4日前の去る20日(現地時間)、事故が起きたダムの中央部に11㎝の沈下が発見され、22日に上端部10箇所で亀裂による沈下が発見されたことが分かった。事故発生4時間前にダム上端部が1mほど沈下したのを受けて、SK建設と韓国西部発電はラオス州政府に住民の避難案内協力要請をしたことが確認された。現在、今回の事故が20日に行われた沈下が原因かどうかは確認されなかったが、状況に応じてSK建設と韓国西部発電の管理責任が今後問題になる可能性が高いと思われる。

政府関係者は、「ラオスはいい感情ではないだろう」とし「ラオスが(救助隊の派遣を)歓迎していない可能性がありませんか」と慎重に説明した。


一方、ラオス政府によると、今回の事故で25日の時点で、少なくとも26人が死亡し131人が行方不明となった。現在までに明らかになった死者と行方不明者はすべてラオス国民であることが確認されている。被災者も6000人超え、2850人が救助された。洪水被害地域にはまだ3000人の住民が孤立している状態だ。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:話題のニュース 2018/07/28(土) 10:46:33.60
アップコリア(韓国語)

世界の全ての国は自国を象徴する国旗があります。そして、これらの国旗はその国の起源をも追求する価値を表現しています。

アメリカの星条旗は50の星と線(stars and stripes)で成り立っています。 星はアメリカの50の州(state)を表し、線は独立当時の州の数を表しています。イギリスの旗は 聖公会の発祥の地らしく、十字架を国旗に入れました。多くのキリスト教の国々は旗に十字架を入れますが、このような十字架はイエス・キリストとの十字架の契約を象徴します。かと思えば、中共の『五星紅旗』は共産革命を通じて建てられた国らしく赤地は革命、大きな星は中国共産、小さな四つの星は四つの階級を意味しています。また、日本の『ヒノマル(日本の旗)』は太陽神を仕える国らしく、太陽を象徴しています。

ところがどこを捜してみても、我が国の太極旗ほど絶妙で美しい国旗は見た事がありません。それはなぜでしょうか?

∇中央の太極は神を、「乾(左上)、坤(右下)」は天と地を、「坎(右上)、離(左下)」は太陽と月を表す。
no title

我が国の太極旗の太極は陰陽を表しています。一部の人は、この陰陽の太極は中国の物だから我が国の物ではないと言います。それから、我が国の太極旗は三太極に替えなければならないと言います。 しかし、必ずしもそのように思う必要はないようです。なぜなら、伝統的に太極は三太極だったとしても、その意味は陰陽の太極もあまり変わらないからです。それはなぜでしょうか?端的に言えば太極は神です。すなわち我々の先祖は万物の形成原理の出発点を太極に見て、この太極を神と言ったのです。

先祖にとって、空(天)の概念は自然天と人格天がありました。 自然天は主に万物の原理、すなわちその機能について語る時に使い、人格天はその万物に対する畏敬の念を表現する時に使いました。そしてこの人格天を神と言いましたが、神とは空+ニム(主宰者)という意味です。 この神がまさに、我々の先祖が思う神でした。

このような事から、我が民族の神は創造主神であるはずです。 しかし、ここで我々が知っておかなければならない事があります。我々の祖先の神は固有名詞ではなく、普通名詞でした。すなわち神が一人ではないという事です。 マゴ、ファニン、サンゼが我々の先祖が思った神です。ところで太極で言う神は、この三神を指称する時が多いのですが、主に葬祭神の事のようです。

一方、太極を中心とした八卦中乾坤坎離(乾坤坎離)は、天と地、太陽と月を意味します。これは宇宙と機能を意味します。天地は宇宙万物です。太陽と月はその万物の中で働く易を意味するからです。すなわち太極が創造主神なら、『乾坤坎離』はその創造物である宇宙の原理を意味する事ができます。こうして見れば、太極旗の意味は神が天地万物中にいて、天地万物を主観して運行する事を象徴する事です。ところでそうなれば、ここで言う神は誰なのでしょうか?長芋と? マゴ?ファニン?サンゼ?

これを理解するならば、我々はまず大韓民国の建国に関する話をしなければいけません。1948年7月17日、制憲国会が開かれました。この時、李承晩(イ・スンマン)議長は我が国が独立したのは神の恩恵で成り立ったと言ったのです。そして、このような恩恵に対する感謝として、イ・ヒュンヨン牧師様に祈祷を要請しました。この祈祷文を見れば、このような内容があります。

「宇宙と万物を創造して人間の歴史を摂理する神よ。この民族を振り返り、この地に祝福して感謝にあふれる今日、このようにおられる事を神様に我々は誠心から感謝します」 (中略)

制憲節が近付きました。大韓民国が設立された日を記念する日です。この日は家庭ごとに太極旗を掲げ、力強く愛国歌を歌ってみましょう。そして大韓民国が神の国である事を万国に宣言しましょう。

『東海の水と白頭山が干上がって接するよう、神のご加護でウリナラ・マンセー(我が国万歳)・・・」



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

cpd1703150500010-p11:話題のニュース  2018/07/28(土) 10:26:19.14
文大統領が「韓国軍12万人削減」発表、対北戦力低下の恐れも
朝鮮日報日本語版 2018/07/28 09:32

韓国軍が、北朝鮮との全面戦になった場合には平壌を2週間以内に占領して短期間で戦争に勝利するという内容の「攻勢的新作戦遂行概念」を廃棄したことが分かった。

6・25(朝鮮戦争)停戦協定65周年に当たる27日、韓国国防部(省に相当)が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の承認を得た「国防改革2.0」では、攻勢的新作戦概念が廃棄されただけでなく、地上軍の兵力削減、兵士の服務期間短縮などの内容が盛り込まれた。

北朝鮮の非核化に進展がなく、通常戦力もそのままの状況で、韓国の対北朝鮮戦力だけを縮小・弱体化させるものという指摘が出ている。

攻勢的新作戦遂行概念は、国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官の代表的な軍事戦略に挙げられてきた。宋長官は、これを通して「有事の際、『最短期間の内に最少の犠牲』で戦争を終結させることができ、平時には北朝鮮の挑発を抑制する効果がある」と説明してきた。

しかし、複数の韓国軍関係者は「今年2月と5月に大統領府(青瓦台)が攻勢的新作戦遂行概念を含む国防改革案を差し戻し、その後、同概念は最終的に廃棄されたらしい」と語った。

国防部は「現存する北朝鮮の脅威に対応するための『3軸体系』戦力の発展は、正常に推進したい」とコメントした。

しかし国防改革2.0には、3軸を構成する「キルチェーン」「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」「大量反撃報復(KMPR)」についての言及自体がない。

国防部の説明とは異なり、KMPRとKAMD戦略に関しては、関連兵器・装備事業が既に縮小あるいは先延ばしを受け始めている。

また韓国軍は国防改革2.0に伴い、常備兵力を現在の61万8000人から、2022年には50万人にまで減らすこととした。削減される11万8000人はすべて陸軍だ。
同じ期間中に将官の数も436人から360人まで、76人減らす。この76人の内訳は、陸軍が66人、海軍・空軍がそれぞれ5人だ。

兵士の服務期間は、陸軍・海兵隊で21カ月から18カ月へ、海軍で23カ月から20カ月へ、空軍で24カ月から22カ月へ、それぞれ短縮される。
服務期間は、今年10月1日に除隊する者から2週間につき1日の割合で減らしていき、21年12月に短縮が完成する。

ただし一線部隊では「兵力削減と服務期間の短縮で、対北朝鮮抑止力が弱まる」という懸念の声が強い。

文大統領は27日、「きょうは停戦協定65周年で、65年前、韓半島の巨大な苦痛と害を招いた戦争を止めた。歴史的に深い意味があるきょう、国防改革2.0の報告対話を持つことになり、意義深く思っている」と語った。

専門家らは「終戦宣言に必要な雰囲気を作り出そうとする文大統領は、北朝鮮をあまりにも意識しており、これは国防改革2.0の中心的な内容にも影響を及ぼした」と語った。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:話題のニュース 2018/07/28(土) 09:46:28.33
(朝鮮日報日本語版) 韓国左派団体メンバーら、マッカーサー像に放火 /仁川
7/28(土) 9:42配信 朝鮮日報日本語版

仁川中部警察署は27日、仁川市中区の自由公園にあるマッカーサー将軍像に火をつけた疑いでイ・ジョク牧師(61)、アン・ミョンジュン牧師(60)ら反米団体「平和協定運動本部」メンバー3人を取り調べている。

3228056_high

3人は同日午前2時ごろ、はしごを使って高さ4メートルの銅像台座に登り、「私は大韓民国の牧師として民族分断の悲劇をもたらした戦争詐欺師マッカーサーの偶像をもう容赦できない」と叫んで像の足元に布団を巻き付け、火をつけた。また、「占領軍偶像撤去! 世界非核化! 米軍を追放せよ!」と書いた垂れ幕を出して台座の上でスローガンを叫び、降りた。

3人は一部メディアに送った文で、「共産化を防ぐことを名分に軍隊を永久駐留させ、戦争侵略演習をする米国は、韓国を支配しようとする戦争収奪国の帝国主義者に過ぎない」と主張した。また、「マッカーサーは南北を分断させた元凶であり、満州と我々の土地に核爆弾使用まで計画していた張本人であるのにもかかわらず、我々には共産化を阻んだ偶像としてあがめられている」と主張した。この放火により像の左脚の一部がやや焦げたが、大きな被害はなかった。

3人は同日午前11時ごろ、ソウル市内の米大使館前で記者会見を開き、米軍撤退とマッカーサー将軍像撤去を繰り返し主張した直後、鍾路警察署に自首した。仁川中部警察署は鍾路警察署から3人の身柄を引き渡され、放火未遂などの容疑で取り調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000449-chosun-kr


1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

1:話題のニュース 2018/07/28(土) 09:06:09.61
【バンコク=岸本まりみ】ラオス南東部のアッタプー県で発生したダムの決壊事故を受け、ラオスのカンマニー・インティラートエネルギー・鉱業相が26日の記者会見で「基準に満たない低水準の建設が事故の原因」との見方を示した。27日、ラオス国営通信が報じた。「降り続いた大雨が原因」とする企業側の主張をはねつけた。

s-137350402_15326492423951n

決壊したセピアンセナムノイダムは韓国大手財閥SKグループのSK建設と韓国西部発電、タイ政府系の発電大手ラチャブリ電力、ラオスの国営企業が合弁で建設していた。筆頭株主は26%を出資するSK建設。2013年に着工し、19年の稼働を目指して建設を進めていた。

被害の全容はなお不明だが、ダムの決壊で周辺の村落が水没。少なくとも27人が死亡、3千人以上が家を失ったことが確認されている。



1日1クリックで応援してね → 
本文を読む

このページのトップヘ