韓国時事ニュース

1:ななしさん 2020/09/17(木) 11:29:49.81
菅義偉新首相が最初の記者会見で「北朝鮮による日本人拉致問題の解決」を最も重要な課題に挙げた。

菅首相は16日午後9時、首相官邸で開いた就任後初めての記者会見で、「戦後外交の総決算を目指し、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に全力を傾ける」と述べた。

菅首相は「米国をはじめとする関係国と緊密に連携し、すべての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、引き続き全力で取り組んでいく」とし「拉致問題は安倍政権同様、最も重要な政権の課題」と説明した。

外交・安全保障に関しては「日米同盟を基軸とした政策を展開していく」とし「自由で開かれたインド太平洋を戦略的に推進するとともに、中国、ロシアを含む近隣諸国とも安定的な関係を築いていきたい」と話した。

しかしこの日の会見で菅首相は韓国との関係に関する発言をしなかった。中国とロシア、北朝鮮など日本の隣接国に対する外交政策に直接・間接的に触れたが、韓国には言及しなかった。

中央日報日本語版 2020.09.17 09:54
https://japanese.joins.com/JArticle/270311

本文を読む

s-c304bbad1:ななしさん 2020/09/16(水) 23:06:24.85
ムン・ジェイン(文在寅)大統領が16日、新しく日本の首相に選出された菅義偉自民党総裁にお祝いの書簡を送り、両国間の懸案である過去の問題などに対する対話意志を明らかにした。

カン報道官は「文大統領は基本的価値と戦略的利益を共有するだけでなく、地理的・文化的に最も近い日本政府といつでも会って対話し、疎通する準備ができており、日本側の積極的な呼応を期待している」と述べた。

また「韓国政府は菅新首相や新内閣とも積極的に協力し、過去の歴史問題を賢明に克服し、経済・文化・人的交流など、様々な分野で未来志向的かつ互恵的に実質的な協力を強化していく」と明らかにした。


関連
韓国文氏、菅首相に就任祝う書簡 「最も近い友人、対話準備ある」
https://news.yahoo.co.jp/articles/30a5879fb6d08ed121b848a26a3c1fe0cf42bfb7
本文を読む

s-c304bbad1:ななしさん 2020/09/16(水) 08:43:26.49
「韓国が手を差し出せば道が開かれる可能性」…日本経済通3人が見た「スガノミクス」

(省略)

電話とメールでインタビューした島田晴雄・公立大学法人首都大学東京理事長兼慶応大学経済学部名誉教授、唐鎌大輔みずほ銀行チーフマーケットエコノミスト、高橋浩祐元朝日新聞・ブルームバーグ通信記者の声だ。3人ともに日本国内の経済に精通した経済学者と専門家だ。
(中略)

ふさがった韓日関係に菅氏の登場が変曲点になる可能性はあるのだろうか。昨年7月に日本経済産業省が韓国に輸出する日本企業に取った輸出規制措置や強制徴用賠償判決などをめぐる両国の対立状況は相変わらずだ。

日本の専門家は菅氏の登場が韓国に機会になり得ると予想した。島田氏は「菅氏の個人的な特性と日本政治の現在の雰囲気を見ると、菅氏が先に文在寅(ムン・ジェイン)大統領に手を差し出す可能性はゼロ」としながらも「しかし意見の聴取と調整を重視する菅氏の特性上、韓国側が先に歩み寄れば道を開くことができる」と助言した。

高橋氏も「日本で輸出規制問題は韓国の徴用問題への対応的性格が強い」とし「これは菅政権でも変わらないだろう」という見方を示した。続いて「韓国政府が妥協点を見いだすジェスチャーを見せれば協議の可能性はある」という見方を示した。


中央日報日本語版 9/16(水) 8:34
https://news.yahoo.co.jp/articles/17b42a88b63a733de8953555b628d0e1c1395c02

本文を読む

s-c304bbad1:ななしさん 2020/09/15(火) 20:24:30.42
日本の菅義偉官房長官が次期首相に事実上確定し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領といつ首脳会談を行うか関心が高まっている。文大統領と現職の安倍晋三首相が顔を合わせたのは昨年12月に中国・成都で開かれた韓日中首脳会談が最後だった。

文大統領と、首相としての菅氏の初の顔合わせは韓日中首脳会議が開かれる今年末が有力だ。韓国は今年韓日中首脳会議の議長国として年内に韓国で首脳会議開催を推進している。韓日中首脳会議が開かれるならば昨年と同じく韓日2国間の首脳会談も開かれる可能性が高い。ただ新型コロナウイルスの感染拡大の動向が変数だ。現在青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)は韓日中首脳会議を対面会議で開くか、非対面会議で開くか、あるいは中止するか決められずにいる状態だ。

11月の米国大統領選挙後に開催されるとみられる主要7カ国(G7)首脳会議で韓日首脳が会う可能性もある。だがこれもまた新型コロナと米大統領選挙などの変数が重なっており実現するかどうかは不透明だ。

文大統領と菅長官の顔合わせが実現する場合、冷え込んだ韓日関係が改善されるとの見通しも出ている。
韓日対立の最中だった昨年12月に文大統領と安倍首相が会って「対話を通じた懸案解決」に共感し両国の対立は多少やわらいだ。当時菅長官は「両首脳が久しぶりに直接向かい合って会談したことは意味があったと考える」と評価した。国立外交院のキム・ジュンヒョン院長は15日にラジオに出演し「安倍首相はストロングマンで過度に強硬な声を出していたのに比べ(菅首相体制では)トーンダウンする可能性はかなりあるとみている。(外交的に)新しい試みが可能だろうと考える」と話した。

ただ菅首相の就任を契機に韓日関係の劇的な反転を期待するのは難しいとの見方は少なくない。菅長官は最近のインタビューで「外交は継続性が重要だ。安倍首相とは当然相談していく」とした。菅長官はまた「韓日関係では国際法違反で徹底的に対応していく」「韓日請求権協定が韓日関係の基本」と話すなど安倍首相と似た立場を見せた。

青瓦台は菅長官が首相に正式に選出されれば歓迎の立場を出す予定だ。首相指名選挙は16日の臨時国会で実施されるが、自民党が議会の多数を占めており、菅首相選出が確実視されている。青瓦台は先月28日の安倍首相の辞任発表後「長く韓日両国関係発展に向け多くの役割をしてきた安倍首相の突然の辞任発表を残念に思う」との立場文を発表した。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.09.15
https://s.japanese.joins.com/JArticle/270251?servcode=A00&sectcode=A10

関連スレ
【日韓】文大統領と菅氏の初会談は 年末に実現する可能性 現段階では文大統領と菅氏も首脳会談は拒否しないとみられる ★2[09/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1600140579/

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/14(月) 23:36:56.41
韓国与野党は14日、菅義偉官房長官が自民党の新総裁に選出され、事実上の新首相に確定されると、“正しい歴史観”をもとに、日韓関係の改善に努力するよう注文した。

チェ・ジウン与党「共に民主党」の国際報道官は、この日、論評を通じて「菅義偉総裁は、長い間官房長官として携わってきたため、国際情勢を読み取る能力がある」とし「これをもとに、日韓両国間の懸案を積極的かつ実用的に解決していくことを願う」とした。

同氏は続けて、「日韓間の連帯と協力は、東アジアの安全保障と平和など、国際関係で必要なこと」とし「両国の経済と発展のためにも、対話とコミュニケーションを持続的に行わなければならない」と明らかにした。

そして、「未来志向的な両国関係」のために、「過去の謝罪」と「輸出規制を解除」することを要求した。


同氏は「新しく出発することになった日本政府は、歴史の歪曲をやめ、過去に対する謝罪を通じて、歴史認識を正さなければならない」とし「日本による一方的な輸出規制も解除されなければならない」と強調した。

また、野党「国民の力」のペ・ジュニョン報道官は論評で、「明確な歴史認識と真摯な謝罪を土台に、両国関係の発展的方向について、悩まなければならない」としながら 「菅義偉総裁が『安倍政権を継承する』としたのは懸念される」と述べた。

2020/09/14 21:01配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/270549/

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/14(月) 20:09:02.26
俺はフィリピンに対して謝罪する気持ちはこれっぽっちも無い
https://youtu.be/J5CFunkJG00


【翻訳】
俺はフィリピンに対して謝罪する気持ちはこれっぽっちも無い。
その理由は、韓国がフィリピンより良く暮らす国だから。

元々、始まりはフィリピンが先にやったんだ。
剣先を誰かが見ないと。大韓民国が見ないと。
でもこういう話をすると、
失敗した人が間違った事なのに、フィリピン全体に対してそのように対応するのは酷いんじゃないか、と言う人がいる。
じゃ、みんな、このような出来事が日本で起きていたらどう思う?
ある日本人が慰安婦や徴用工を卑下していたらどう思う?
その人だけの過ちで日本の過ちではないとするか?
いいや、物凄く噛みつくだろう。そうだろ。
そして俺の後に続く人がいるようだ。
俺がこの人たちに言いたい事があるんだが、話す前にひとまず俺が元祖だ。
俺が先に始めたし、今回、中間の国旗に対する事(は俺が元祖だ)
この人たちの事、俺が応援するよ。
よくやっている。お前たちこそ愛国者だ。俺も同じ愛国者だし、本当に見れば見る程、嬉しいし、本当、
こんな風に強気に出る人たちがいるんだな、俺だけじゃなかったんだなって嬉しくなる。

みんな、フィリピンは以前から大韓民国を甘く見ているようだ。
何て言うか、中国や日本に対しては大きく出ないが、でもだからか、韓国にはそういう場合がある。
だから今回の機会に釘を刺しておこうと。
我々、大韓民国も黙ってはいない、このように見せてやろうと。
フィリピンの奴らが万が一、中国や日本に対してあのような行動をすれば、中国や日本はどのように出て来ると思う?
もっと酷く出て来るだろうか。
俺みたいな人は滅茶苦茶多いだろう、中国や日本には。
だから我々も中国や日本のように、強気に出るんだと見せてやらなければならない。


本文を読む

1:ななしさん 2020/09/13(日) 23:16:59.41 I
スウェーデン南部都市マルメにある「おぞましい料理博物館」(Disgusting Food Museum)で、糞で作ったお酒が韓国の伝統療法に使われた料理だとして展示されているとAFP通信が12日に報道した。

コロナ19のために観覧客が数ヵ月間大幅に減った後、おぞましい酒類を集めて3ヵ月間展示することになった今回の展示では、糞酒、サソリウォッカ、アイスランド鯨の睾丸で作った酒など、変わった酒がお目見えしている。 しかし、断然関心を引くのは、展示場の真ん中に置かれた、人間の排泄物で作った、黄色い色を帯びた韓国の「糞酒(トンスル)」だ。

直接この酒を準備したアンドレアス・アレンス博物館長は「これは伝統的に使われた韓国の薬酒」とし「もうこれ以上は、人々は飲まなくなった。 骨が折れたり、あざができた時に治療するために飲んだもの」と説明した。

そして「今は人糞の臭いよりも酒の臭いの方が強いが、作る時の臭いは非常に酷かった」と話した。

展示された酒の中には、剥製にしたリスのお腹の中から流れ出るスコットランドビールもあった。 アルコール度数55%に達するこの強いビールは、自然死した動物の死体をビール瓶の代わりに利用する。

アイスランド産鯨の睾丸で作ったビール、ジンのように強い飲み物のウガンダのワラギ、アメリカの囚人達がトイレで発酵させたことで有名なワイン「Pruno」も展示され関心を集めた。

おぞましい食べ物博物館は、見るからに恐ろしくおぞましい食べ物が展示されるが、2年前にオープンして以来人気を集めた。 しかし、他の展示会と同様、コロナ19で打撃を受けた後、今回の展示で再びオープンした。

img3.daumcdn.net
 
https://news.v.daum.net/v/20200912212935684

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/13(日) 12:18:02.95
【コラム】台湾に判定負けした「K防疫」
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/09/13 05:54

 「一つの中国」という原則に従い、中国と国交を結んだ世界のほとんどの国において、台湾国旗の青天白日旗は公式の場に登場してはならない。これは外交的なタブーだ。このタブーが先週、主要な国際ニュースの中で大きく取り上げられた。

 チェコの国家序列2位のビストルチル上院議長が正式な国交を結んでいる中国からの警告を無視し、8月30日から5泊6日の日程で台湾を訪問した。ビストルチル議長は両国の国旗が並んで描かれたマスクを着用しながら日程を消化した。ビストルチル議長は台湾立法院(議会)で演説を行う際、中国語で「私は台湾人だ」と述べ、起立拍手を受けたが、この時も両国の国旗が描かれたマスクを着用していた。

 この出来事を通じ、台湾は国連総会まで非対面で開催されるほどコロナが全世界に広がった状況でも、通常の外交が可能な模範防疫国家というイメージを定着させた。外交使節に対しても、滞在中は全員を対象に2回にわたりコロナ検査を受けさせるなど、徹底した防疫を行っていた。

 台湾は昨年末、武漢で肺炎患者が続出した時から、武漢からの旅行制限、高リスク群の旅行客隔離、政府主導の安定したマスク供給システムの構築など、他国に比べてかなり迅速に動いた。行政の迅速さだけでなく、ハイテク技術も大いに活用した。台湾行政院は今年1月、コロナ撲滅のためIT専門家によって構成された作業部会を立ち上げ、人工知能とビッグデータを活用し、これらを防疫・自宅隔離・診療・投薬などの手続きに活用したが、これもその代表的な事例だ。

感染者数が累計で494人(完治者475人を含む)、死者7人と感染の押さえ込みに成功している台湾は、韓国における「K防疫」と同じく「台湾モデル」という名称で自国の防疫政策を世界に宣伝している。同じように順調に見えた「K防疫」とこの「台湾モデル」の明暗も最近になってはっきりと分かれている。韓国はコロナの感染が再び拡大し、封鎖レベルの社会的距離確保まで考えねばならない状況に直面しているからだ。

 「台湾モデル」は米中関係悪化という事態さえも、これを国力を伸ばすチャンスとして活用している。先月は米国と台湾が断交して以来、米政府関係者としては最も地位の高いアザー厚生長官が台湾を訪問した。アザー長官は「台湾における最高レベルの医療知識を全世界が共有しなければならない」と大きく称賛した。

 韓国と台湾はコロナが最初に発生した中国と地理的に近く、今年1月に最初の感染者が確認されてから国力を総動員して防疫作戦を展開した共通点がある。大流行の中でも防疫に成功したという誇りも同じように持ってきた。ところがそれから8カ月が過ぎた今、国土の面積が韓国の36%、人口が46%の台湾におけるコロナ感染者数は韓国の2.3%、死者は2%程度だ。台湾モデルが勝者であることを間接的に示す数値だ。判定負けした「K防疫」は今や「台湾モデル」を徹底して研究・分析し、備えに取り組まねばならない立場となった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/11/2020091180172.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/13(日) 10:08:48.32
【グローバルアイ】侮れない首相菅義偉

「外交は(首脳間)ケミストリー(相性)だけで左右されるような簡単なものではない」。

8日の会見で出た菅義偉官房長官の言葉だ。外交が弱点に挙げられる菅氏は、日米首脳電話会談37回の1回を除きすべて同席した。韓国、中国、ロシア問題もすべて報告を受けてきたとして外交能力に問題はない点をアピールしてきた。それでも「頼りない」と言いたげな記者の質問に菅氏は神経をとがらせたのだ。

「ケミストリー」とは安倍首相を意識した単語だ。安倍首相がトランプ大統領とゴルフをしてハンバーガーを食べ厚い関係を誇示する姿を菅首相時代には想像しにくいためだ。官房長官という職責の特性上、菅氏は7年9カ月間外遊をしたことがない。昨年春に拉致問題協力のため米国を訪問したのが唯一だ。

菅氏が外交分野で役割がなかったのではない。2016年の米大統領選挙でだれもがヒラリー・クリントン氏の当選を楽観していた時、菅氏はトランプ系関係者と会ってあらかじめつながりを作っていた。2015年の韓日慰安婦合意締結の際にも「米国を証人として立てるべき」として米国の歓迎声明を引き出したのも菅氏の作品だった。

菅氏は主要国大使らと定期的に会い昼食をするなど外交使節とも幅広い接点を維持してきた。
駐日大使を務めたある要人は「済州島(チェジュド)で休暇を過ごし、参鶏湯(サムゲタン)を食べた話をするなど韓国に多くの関心を見せた」と回想した。

そうするうちに韓国に対する感情が急速に悪化したのは慰安婦合意が白紙化の危機に置かれてからだという。政界事情に明るいある消息筋は「慰安婦合意議論で韓国に対し相当に腹が立った状態」と話した。安倍政権で長く首相官邸に出入りしたある中央メディアのデスクは「オフレコを含め、韓国に対して言及した記憶はない」ともした。韓国は「アウトオブ眼中」という話だ。


退任する安倍首相が外交分野で一定レベルの役割を担うという「院政説」に対し菅氏は断固として線を引いた。「安倍首相に政府や党の職責を任せるつもりはない」とあるインタビューで明らかにした。権力の座に上がると同時に力を分ける考えはないように見える。

菅氏と頻繁に接触したある関係者は「官房長官は韓国でいえば政府報道官、行政安全部長官、青瓦台秘書室長を兼ねたポスト。成長過程や政治キャリアに照らしてみると、とても実力のある人だった」と話した。

7年9カ月ぶりの日本の首相交替を控え韓日関係改善を期待する声が高い。新首相の任期は1年だが、それ以上を見る長い見識が必要だ。

ユン・ソルヨン/東京特派員

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.09.13 10:00
https://japanese.joins.com/JArticle/270153?servcode=100§code=140

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/13(日) 00:38:05.46
記事入力2020.09.12。午後11:39

毎勿(メムル)島海上で火事が起きた多目的海洋作業船、最終的に沈没

11日未明、慶尚南道統営市毎勿島近くの海上で火が出たKTサブマリン所属の6239t級の海底光ケーブル敷設船が、最終的に沈没した。


事故当時、A号には韓国人49人、ベトナム国籍10人、イタリア国籍1人の計60人が乗っていたが、近くの海上で一緒に作業していた
タグボートB号(92t級)に乗組員全員が緊急脱出して幸い人命被害はなかった。

事故船舶は、KTサブマリンが海底ケーブル敷設だけでなく、海底パイプラインの建設、海上救難などさまざまな海洋プロジェクトの実行のために、
2015年4月、デンマークマスク社から買収した国内初の「多目的海洋作業船」だった。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=005&aid=0001361377

no title

no title

本文を読む

index1:ななしさん 2020/09/12(土) 22:03:25.76
日本の次期総理として有力なスガ・ヨシヒデ(菅義偉)官房長官の韓日関係関連発言が今一度注目されている。日本メディアは「安倍の腹心」と評価されるスガ長官が安倍政権を継承するだろうと予想した。実際、安倍晋三総理とスガ長官の韓国関連妄言は「そっくり」の場合が多い。

最も広く知られた発言はアン・ジュングン(安重根)義士に関する言及だ。スガ長官は2014年、中国にアン・ジュングン記念館が開館した後、「アン・ジュングンは我が国の初代総理を殺害し死刑判決を受けたテロリスト」と言った。安倍総理も似た話をした。スガ長官の妄言が韓国と中国で物議をかもした後、安倍総理はこのような発言が日本政府の公式見解かという質問を受けて「アン・ジュングンは伊藤博文を殺害して死刑判決を受けた人と見ている」と答えた。

日帝強制占領期間の強制徴用と慰安婦被害者問題に対しても妄言を日常的に行った。スガ長官は二つの問題と関連し、1965年の韓日請求権協定に言及して「請求権問題はすでに完全かつ最終的に解決された」と発言した。先に徴用問題に対しては韓国大法院が2018年徴用被害者賠償判決を下したことに「韓日請求権協定違反であり国際法違反」としながら「韓国側が主導的に解決策を出さなければならない」と話した。

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/12(土) 11:21:44.15
(社説)朝鮮半島外交 対話を重ね関係修復を

安倍首相の対韓外交に大きな問題があった。加害者としての歴史に対する謙虚さを欠いた姿勢である。一方的に清算の区切りをつけようとする態度が、かつての被支配国から反感をかったのは無理もない。

直近の関係のこじれは、日本政府による輸出規制の強化である。結果として日韓の企業に多大な損失を負わせた。

拉致問題を含めて成果は何も出せなかった。朝鮮半島をめぐる安倍外交の負債を引き継ぐ次の政権は、韓国との正常な対話の再開から始めねばなるまい。

日本は時間をおかず、輸出規制の強化を撤回すべきだ。


https://www.asahi.com/articles/DA3S14619546.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/11(金) 16:27:02.76
私たちの社会で「国民」という用語は最も多く使われる日常用語の一つだ。特に政治家が非常に愛用する。政党の名称でも「国民」はいつも最優先順位に上がって、それをめぐる論議も続く。

ところでこれと全く異なる次元で私たちがあまり知らない驚くべき事実がある。それは現代社会で全世界的に「国民」という用語はほとんど使われず、しかも誤った訳語だったという事実だ。

本来'nation'という英単語の正しい意味は「民族」や「国家」あるいは「一国を成す人々」だ。しかしこの'nation'はその正確な意味が「国民」と誤って知られているのが今日の「確固不動の」現実だ。そして例えば本来「民族国家」である'nation-state'も「国民国家」が正確な翻訳のように「普遍化」してしまったのが現実だ。

学界と言論界もやはり何の疑いもなしにこれを受け入れている。今日、全世界的に'nation'を「国民」の意味で理解する国はほとんどない。ところが例外的な国がある。それは日本そして我が国だ。'nation'の概念がこのように「国民」と誤って知らされたことは日本帝国主義時代に'nation'をはじめとする西洋用語が日本によって大々的に翻訳されて広く使われたためだ。

封建的国家主義体制であった日本帝国主義は「国民」という用語を無意識的に「選好」し、あるいは意図的に「選択」して広く普遍化させたと見られる。そして日帝強制占領期間を経て今まで依然として日本文化と考え方を徹底して克服できずにいる私たちの社会でも「国民」という用語が氾濫しているのだ。

一方「国家」という漢字語は本来、諸侯が治める「国」と卿大夫が治める「家」の総称として「特定の境界を持つ支配地と支配民」を意味している。中国古代周王朝は政治と血縁という二種類の基準によって「家」と「国」が一体化した宗法権力体制を構築した。

日本では律令用語で「国家」とはすなわち天皇を意味してきた。今は「小学校」に名称が変わった「国民学校」という用語は「皇国臣民」あるいは「国家臣民」を養成するという日本帝国主義の初等教育政策から始まったものだ。

このように「国家」とは家族の秩序が拡大した概念として自律的な市民社会の存在は想定されていない。ひたすら特定の領土内に住んでいる臣民としての「国民」という概念があるだけだ。「臣民」とは社会という集団的活動に参加できる権利と義務を全て持った「市民」あるいは「公民」と決して同じ範疇の用語にはなれない。

「国民」という用語に対比される言葉が「市民(citizen)」あるいは「公民」という概念だ。「市民」とは政治に参加できる、すなわち参政権(選挙権と被選挙権)を持ち、同時に国家権力に対する監督権を持った人々を指す。「公民」という概念も我が国でほとんど使われない用語だが、「ひとりひとりが個人として自覚し社会に参加する」という主体的な個人主義の人間観が強力に反映されている。私たちがよく話すいわゆる「全体」は責任と意識を持った個人ひとりひとりから成立したものだ。

そして「市民」という概念は歴史的に絶対王政を打破する過程で無能で腐敗した絶対権力に対抗する「自由人の政治的実存方式」と形象化された。「市民」という概念は自身の私的利益と共に公共の利益も同時に追求する存在であり、結局「国家または、社会の能動的構成者」または「国家または、社会を作る個人たち」としての「市民」の参加は国家の主な政策に対する決定過程で普遍的な手段になり、民主的行政の重要な特徴の一つになった。

結局、「国民」という用語は国家主義的用語として現代社会に符合せず、しかも日本によって間違って翻訳された用語として今後すべての人々が意識的に使用を自制しなければならない代表的用語に属する。


http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002674773

本文を読む

このページのトップヘ