韓国時事ニュース

1:ななしさん 2019/05/26(日) 10:36:29.26
2019年05月26日10時27分 [中央日報/中央日報日本語版]

25日午前、タイの港に停泊中だった韓国の海運会社所属のコンテナ船で爆発が発生し少なくとも25人が負傷した。

在タイ韓国大使館と現地メディアによると、同日午前6時55分ごろタイ東部レムチャバン港に停泊していた高麗海運所属の1万6000トン級コンテナ船「KMTC香港」に載せられていたコンテナが爆発した。

当時船には船長をはじめとする韓国人船員5人と、中国人・ミャンマー人船員14人が乗っていたが人命被害はないという。

また、バンコクポストは消火作業を行っていた港湾労働者40~50人がやけどや目の炎症などにより病院で治療を受け、港があるシラチャ地域に「危険地帯」が宣言されたと報道した。

目撃者によると、激しい音とともにコンテナが爆発した後に黒い煙が空に立ち上り正体不明の白い粉が港周辺に飛び散った。

火災発生から9時間ほどで沈静化したが、コンテナを搭載していた船舶内の隔室などからは煙が出続けていた。

爆発事故が起きたコンテナのうち一部に危険な化学物質が積載されていた恐れがあり、周辺住民が避難したりもした。当局は港が位置するチョンブリー県を「赤色警報地域」に指定し、地域住民らにマスクの着用を勧告したほか、現場近くの住民には室内にとどまることを勧告した。

事故原因は明らかになっていないが、タイ警察は船員らに対し爆発したコンテナに化学物質が積載されていなかったかなどを調査中だと現地メディアは伝えた。

bandicam 2019-05-26 10-58-36-317

https://japanese.joins.com/article/756/253756.html?servcode=400&sectcode=430
本文を読む

1:ななしさん 2019/05/23(木) 20:51:18.75
「嫌韓」は危険 相手を決めつけるな
毎日新聞

民間外交に取り組んでいる言論NPO代表の工藤泰志代表は毎日新聞政治プレミアに寄稿し、悪化する日韓関係について「いかに難しくても民間の交流が止まるということはありえない政府間の関係が悪くなったからといって、民間が政府に右にならえをして悪くなってはすべての関係がダメになってしまう」と訴えた。

言論NPOは6月22日に東京で「日韓未来対話」を開催する。日韓未来対話は2013年から東京とソウルで交互に開催し、今年が7回目。

日韓双方からこうした時期の開催を懸念する声があったが、工藤氏は「こんな時だから民間が勇気を出す」と開催を決意した理由を語る。

工藤氏は徴用工判決などをめぐる韓国政府の対応については問題があり「腹が立つ」こともあると言う。しかし「相手と話し合わないで情報だけできめつけて、簡単に判断しない方がいい」と指摘し、「嫌韓」の風潮に警鐘を鳴らす。

一方で、「対話をすれば問題がすぐに解決すると思っているわけではない」「日韓友好のために対話をするのではない」とも説明する。

そのうえで「米中が対立し、朝鮮半島の非核化の流れが出ているなかで、日韓関係がこんな状況でいいのか。アジアの平和と安定を望むならば、新しい関係を模索する努力が必要だ。それを、自分の頭で冷静に考えることが必要な時期にさしかかっているのではないか」と指摘している。

本文を読む

s-c304bbad1:ななしさん 2019/05/25(土) 13:56:26.80
2019年05月25日13時28分 [中央SUNDAY/中央日報日本語版]

韓国最高裁判所が日本企業に対して強制徴用被害の賠償を命じる判決を出してから6カ月が経過した。当時、韓国政府は判決を綿密に検討して対応策を用意すると発表したが、まだ対応策は出ていない。従来の政府の立場は韓日間の強制徴用問題は1965年に協定で解決されたというものだった。今これとは異なる判決が出て、世論もこれを支持しているため、政府の対処は難しいはずだ。

その間にも判決の後続手続きは進行している。関連日本企業の韓国国内の資産が差し押さえられた。資産売却手続きも始まった。日本は韓国の立場を促しながら、資産の売却があれば対抗措置を取ると公言している。日本が対抗措置を取り、韓国の世論が悪化すれば、韓日関係は悪循環するしかない。今でも政府は困難な状況だが、事態がさらに複雑になればどうなるのだろうか。そのような状況は国益はもちろん政府にもプラスになることは何もない。韓日間で報復措置が続けば韓国側により大きな打撃があるという点は、専門家らが認めている。したがってこのまま放置するのは政策オプションにならない。

状況打開には2つの作業が必要だ。一つはこの懸案を扱う中心の主体がうまく機能しなければならず、もう一つは良い解決方法が出てこなければいけない。この2つは関連している。解決方法があれば中心主体は力を得るはずで、解決方法が良くなければ中心主体が動力を得るのが難しい。いま中心主体は政府の中にある。しかしこれという方法がないため動力を得られずにいる。なら、政府の負担を減らしながら韓国社会全般の知恵を集めて打開策を模索する接近を考えてみる必要がある。例えば各政党が推薦する民間賢人会を構成して解決方法を建議させる案だ。

まず、政府が各政党に強制徴用問題対処のための賢人会構成に協力することを要請する。
協力要請の大前提は、政府が賢人会の建議を尊重して最終案を決めるということだ。賢人会は専門性と洞察力を兼ね備えた人物で小規模に構成されるのがよい。小規模であってこそ責任性が浮き彫りになり、真摯な討論が可能になる。また、専門性と洞察力があってこそ良い解決法が出てくる。例えば与党が4、5人、第一野党が3、4人、その他の政党が1、2人を推薦する形だ。


本文を読む

1:ななしさん 2019/05/25(土) 22:20:52.03
グローバルニュース通信(韓国語)

文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は5月24日、「韓-日議会外交フォーラム」発足式に参加してソ・チョンウォン議員(8選、無所属)議員を韓日議会外交フォーラム会長に任命し、「外交立国大韓民国」になるよう頼んだ。

ムン議長は「全ての国が自国の利益のために外交競争をする時代だ。政府だけに外交を任せないで議会外交を活性化することがとても重要だ。」とし「韓日関係はとても重要だ。この席が韓日関係を早期に復元させるための解決法を模索する席になるよう願う」と話した。

ムン議長はこの日「韓日議会外交フォーラム」発足式でソ・チョンウォン会長任命の他にも与野党を越えて対日議会外交適任者として15人内外の議員を内定した。

no title

この日の行事には「韓日関係、このままで良いのか?」という主題で第一次懇談会が開かれ、崔相龍(チェ・サンヨン)元駐日大使、李元徳(イ・ウォンドク)国民大教授、チョン・ジェソン、ソウル市立大教授、シム・キュソン元東亜日報編集局長など日本専門家たちが参加した。会議では韓日関係発展のために国会がしなければならない多様な方案が議論された。中略

今回スタートした韓日議会外交フォーラムの場合、韓日関係の特殊性を勘案してムン議長がより一層精魂を込めていることが分かった。これに伴い、ムン議長は直接フォーラム名誉会長を引き受けて対日本議会外交を積極的に後押しする計画だ。

韓日議会外交フォーラムは5月末~6月中15人内外規模で議員訪問団を構成し、日本訪問を推進する予定だ。訪日後も日本側の答礼の訪問を企画するなど対日本議会外交が硬い人的ネットワークを土台に円滑に推進されるように国会の外交力量を一カ所に集める計画だ。(後略)


本文を読む

1:ななしさん 2019/05/25(土) 21:27:31.93
グローバルニュースアジア 2019年5月25日 18時30分

2019年5月25日、文在寅韓国大統領は、恐喝と脅しの暗黒政治家だと話す韓国人ジャーナリストがいる。同氏によると「人望が無い」、「信用が無い」、「手腕も無い」そうだ

大統領選に立ち上がった時の公約は、何一つ進んでいない。文在寅氏が韓国の大統領になってしまったことが、多くの不幸の元凶だった。

いわゆる徴用工問題は、最高裁の判決については政府はどうしようもないと、逃げ回るが最高裁判事の70%以上は、文在寅氏が大統領に就任した後に任命した人たちだ。文在寅氏の執事のように仕えている。三権分立は制度上はあるが、運用面は文在寅氏が総指揮している。

トランプ米大統領に、日米首脳会談の後に、韓国に立ち寄ってほしいと懇願しているが、トランプ米大統領は相手にしていない。

専門家は「韓国は大統領経験者が、投獄されたり自殺したりする厳しい環境です。間違いに気が付いてもトップは自暴自棄で暴走するのです。韓国ウォン安は、来週1ドル1200ウォンを超えると見られます。各国の協調介入ではなく、韓国だけのウォン買い支えです。ドルがドンドン目減りしています。もう持ちこたえられないでしょう」と説明する。 【編集:WY】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5702&&country=1&&p=2

本文を読む

no title1:ななしさん 2019/05/25(土) 16:59:22.71
NAVER/KBS(韓国語)

(まとめ)
・河野外相の相次ぐ「文大統領を狙った発言」物議
・G20まで対策出せ?・・・勝手に期限まで
・首相がダメなら大統領が出てこい!
・厳しい非難と無理な要求・・・『善隣友好』はいずこへ?
・韓国大統領は例の取り揃えたが、日本外相は後頭部稚気?

交渉を望む場合、最小限の礼儀と道理が必要である。毒舌で通っているアメリカのトランプ大統領でさえ、米朝交渉の過程でどう話し、行動したのかを見ればわかる。

ところが日本の外交首長は最小限の礼儀どころか、『欠礼』と『無礼』を繰り返している。総理や副総理ではなく、一人の大臣が隣国大の統領を公に名指しする、『外交的逸脱行為』が繰り返されている。

■ 河野外相の相次ぐ『文大統領を狙った発言』が物議

強制徴用被害者に対する日本企業の賠償責任を認めた我が国の大法院(最高裁)の判決について、河野外相の無礼な暴走が続いている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領を重ねて直接狙った。相手国家を尊重していれば、決してできないような発言である。

最近、フランスのパリで行われた韓日外交長官会談で起きた事は、日本外交の品格がどの水準に留まっているのかを象徴的に表している。会談現場で出てきた話を、日本メディアを通じて垣間見る必要がある。日本メディアの報道は、日本政府の意図が相対的に強く反映される事がある。

NHKや共同通信などの報道内容を総合すれば、1時間半近く行われた会談で河野外相は、「文在寅大統領が責任を持って対応しなければ解決には繋がらない」とし、韓国政府に具体的な対応策を講じるよう、強く迫ったというのである。

これについて康京和(カンギョンファ)外交部長官は、「両国関係全般に否定的影響が及ぼさなぬよう、賢明に解決して行く必要がある」と明らかにした事が分かった。

■ G20までに対応策を示せと?勝手に期限まで

河野外相は、福島地域の水産物輸入規制を早期撤廃するよう求めた。康長官は輸入規制が正当であるというWTO最終判定を挙げ、これを受け入れない事が分かった。この問題をWTOで執拗に持ち込んだのは日本政府だった。

河野外相は会談後の記者会見でも、「(徴用賠償問題と関連した)韓国の国際法違反状態をいつまでも放置する事はできない」と強弁した。「できればG20大阪首脳会議までに対策を十分に講じて欲しい」と主張した。

共同通信は、韓国が首脳会談を望んでいるという点を念頭に置き、前提条件をつけたと解釈した。もちろん日本メディアの恣意的解釈である。

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/25(土) 08:39:01.17
2019/05/25 08:31 朝鮮日報

在日韓国人社会の主軸である在日本大韓民国民団(民団)の元幹部らが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対日政策と対北朝鮮政策を批判する団体を新たに立ち上げた。

かつて民団で副団長や支部長などを歴任した彼らを中心とする「大韓民国の自由民主主義を守る在日協議会(韓自協)」は25日、東京都内で結成大会を開いた。

韓自協準備委員会は結成趣旨分の中で「文在寅政権は経済政策の相次ぐミスで国民の不満を高め、政権維持の基盤として親日清算を掲げることにより国民の間で葛藤をあおり、未来志向の関係を構築してきた韓日関係を破綻に追い込んでいる」と主張した。

さらに「文在寅政権は北朝鮮に対する制裁を解除し、金正恩(キム・ジョンウン)政権を延命させ、韓半島(朝鮮半島)の平和に必要な韓米同盟を破綻させようとしている」とも訴えた。

韓国大法院(最高裁に相当)が徴用被害者に対する賠償を命じてから6カ月、この問題に文在寅政権が何の対応も取らないことに在日韓国人社会の間で不満が広がっていた。

韓自協の共同代表を務めるキム・イルウン元栃木県民団団長は本紙との電話インタビューで「我々は反大韓民国団体ではなく、反文在寅政権団体だ」とした上で「文在寅政権の対日政策が今後も続いた場合、最終的に大きな被害を受けるのは在日韓国人だ」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/25/2019052580003.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/25(土) 00:31:52.88
朝日新聞

韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し、元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、河野太郎外相は23日、現状のままでは6月に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせた日韓首脳会談は難しいとの見方を示した。国際会議の議長国は通常、参加国と二国間会談を行う。韓国との会談を見送れば、異例の対応になる。

日本政府は韓国政府に対し、日本企業に被害が出ないような対応策を講じるか、日韓請求権協定に基づいて第三国を交えた仲裁委員会の設置に応じるよう求めている。河野氏は訪問先のパリで記者団に「G20に文在寅(ムンジェイン)大統領がいらっしゃるでしょうから、そこまでに解決されているのが望ましい」と語った。日本側の要求に応じない限り、G20首脳会合に合わせた日韓首脳会談はできないという考えだ。文氏は10日、G20首脳会合で「安倍晋三首相と会談できればよいと思う」と述べていた。

河野氏は23日、パリで韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談し、激しい応酬を繰り広げた。河野氏は冒頭、韓国外交省報道官が23日の記者会見で「日本企業が大法院の判決を履行する場合、何の問題もない」と述べたことに触れ、「事の重大性を理解していない大変な発言だ」と厳しく批判した。

康氏は「日本は被害者(元徴用工)の苦痛と傷を癒やす努力をすべきだ」と主張。これに対し、河野氏は「個人の感情を優先するのではなくて、国交の基礎になっている国際法に違反する状況を速やかに是正する必要がある」と反論した。また、河野氏は仲裁委員会の設置に応じることを求めたが、康氏は応じず、会談は平行線に終わった。

判決を踏まえた韓国政府の対応…

残り:315文字/全文:1002文字

https://www.asahi.com/articles/ASM5S4S2XM5SUTFK00V.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/23(木) 16:19:21.68
日本で就職の韓国人対象に懇談会 在日大使館
2019.05.23 16:07

【東京聯合ニュース】在日本韓国大使館は23日、1年以内に日本企業に就職した韓国人を対象にした懇談会を24日に開催すると発表した。

東京都港区の同大使館1階大講堂で開かれる今回の懇談会では、日本の労働法や社会保険法など、就職者が知りたい情報について説明する予定だ。

また、日本企業で働く韓国人の先輩から会社生活に関するアドバイスや必要な情報を聞き、相談できる場も設けられる。在日本韓国大使館は「日本でさらに多くの韓国の若い人材が就職の機会を得られるように就職説明会を開くほか、日本企業に韓国の人材の優秀さを広めるなど、さまざまな支援活動を続けるよう努力する」と述べた。

昨年行われた留学生向けの就職説明会(在日本韓国大使館提供)=(聯合ニュース)
PYH2018092816250007301_P2

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/24(金) 18:03:33.14
Record China 2019/05/24 11:30
no title

2019年5月24日、環球時報は、大阪で開かれるG20サミットの記念撮影を大阪城で行うことについて、韓国が難色を示しているとする韓国メディアの報道を伝えた。


記事は韓国・京郷新聞の23日付報道を引用。日本政府が来月大阪で開催するG20サミットで各国首脳が一堂に会して記念撮影を行う場所として大阪城を検討していることについて、「豊臣秀吉による朝鮮出兵の被害国である韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が難色を示している」と紹介した。

そして、大阪城について「1583~89年に豊臣秀吉の主導で建築され、秀吉の天下統一の足掛かりになった城。韓国の歴史書では、秀吉の朝鮮侵略が世界の戦争史上の汚点かつ前代未聞の犯罪と説明されている」と伝えた。

また、韓国側の反応について日本の外務省関係者が「撮影場所を変更する可能性も否定できない」との見方を示したとしている。

記事はさらに、韓国・ニューシスが23日に「日韓の歴史問題によって首脳会談の場所をめぐる摩擦が生じたのは今回が初めてではない」と報じたことを紹介。2004年12月には当時の小泉純一郎首相と盧武鉉(ノム・ヒョン)大統領による日韓首脳会談が鹿児島県指宿市で開かれた際、同市が「征韓論」を主張した西郷隆盛のゆかりの地であること、会談地点から近い場所に特攻隊博物館があったことから韓国側が難色を示したとし、会談は予定通り行われたものの、現地のでの民俗体験活動を盧氏が拒否したと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=714222&ph=0&d=d0135 

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/24(金) 17:04:31.50
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年05月24日 14時19分

ソマリア・アデン湾で6カ月間任務を完了させて帰ってきた海軍清海(チョンへ)部隊の駆逐艦「崔瑩(チェ・ヨン」の入港歓迎行事で事故が発生して海軍兵長1人が亡くなり4人が負傷した。 

24日午前10時15分ごろ、慶尚南道昌原市鎮海区(キョンサンナムド・チャンウォンシ・チンヘグ)の鎮海海軍基地司令部内の埠頭に停泊していた崔瑩の船首側の甲板で、係留索(船等が停泊したときに埠頭とつなぐロープの一種)が「バン」という音とともに破断して軍人5人が倒れた。負傷者はこの日午前10時30分、行事場所周辺に待機していた救急車で軍病院と民間病院に運ばれた。兵長1人は顔を重症を負って近くの病院に運ばれて治療を受けたが、亡くなったと海軍が確認した。残りの4人は腕などを負傷して治療を受けている。 

海軍は艦艇を停泊させるために埠頭と船を連結する係留索が大きな音と共に破断し、周囲にいた兵士たちがこのロープの直撃を受けて負傷したとみている。
海軍関係者は「係留索の補強作業をしている間、極度な力で引っ張られた係留索が突然大きな音とともに勢いよく破断して兵士たちを直撃したものと推定される」とし「軍捜査機関が正確な経緯を確認している」と話した。 

事故に遭った軍人は全員清海部隊の所属で、アデン湾作戦遂行を無事に終えて復帰の途中で被害に遭った。事故当時、埠頭には駆逐艦「崔瑩」将兵の家族、知人ら数百人が参加する中で、清海部隊入港歓迎行事が開かれていた。一部の行事出席者は、患者の搬送など軍の対応が遅れたとして不満を爆発させた。 

清海部隊第28陣の崔瑩(4400トン)はアデン湾海域で6カ月間の船舶護送と海賊退治任務などを遂行した後、この日帰航した。清海部隊は史上初の海外派遣戦闘艦部隊で、2009年3月に初めて出港した。第1陣の「文武大王」出港をはじめ、今回事故のあった第28陣「崔瑩」まで、ソマリア海域で任務を遂行してきた。 

一方、2017年2月にも補給艦「華川(ファチョン)」が鎮海軍港で入港している間に係留索が破断して副士官1人と水兵2人が負傷する事故があった。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253727


本文を読む

1:ななしさん 2019/05/24(金) 13:28:52.15
トランプ氏に来韓おねだり、韓米首脳電話会談の内容公開で波紋
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領の電話会談内容を野党議員が公開したことをめぐり、論争が巻き起こっている。大統領府は23日、「米国大使館に勤めるK外交官を監察した結果、同氏が(野党)自由韓国党の姜孝祥(カン・ヒョサン)議員と通話し、流出させたことが明らかになった」として、これを「国家機密漏えい」と規定した。これに対して自由韓国党は「国民の知る権利のための政治活動を阻むものだ。『違法監察』で公務員の口を封じている」と反発した。

「国家機密」なのに「内容については事実無根」だという大統領府


姜孝祥議員は今月9日の記者会見で、「文大統領はトランプ大統領と(今月7日に)電話会談した時、『少しでも韓国を訪問してほしい』と(5月下旬の訪日前の)訪韓を説得した。(これに対して)トランプ大統領は『訪日後、米国に帰る途中で少し立ち寄る形で十分だろう』と答えた」と主張した。この時、コ・ミンジョン大統領府報道官は「(姜孝祥議員の主張は)全く事実ではない」とすぐに反論した。ところが、大統領府は反論コメントを出した後、すぐに外交部職員を「情報漏えい者」として疑い、保安調査に着手したとのことだ。


大統領府は今回、外交部職員だけでなく米国大使館に勤務している軍・国家情報院などの情報要員に対しても「携帯電話の監察」を行ったことが分かった。問題となった文書は趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使しか見られない機密文書だったが、複数の大使館職員が回し見していたことも明らかになったという。大統領府は情報漏えい者だと名指しされたK外交官に対して懲戒処分を取ると共に、外交上の機密漏えい容疑で告発することを検討している。

しかし、大統領府は姜孝祥議員が主張した内容については、今も「事実と違う」としか言っていない。「機密が漏えいしたというならば、姜孝祥議員の記者会見の内容は事実だという意味ではないのか」との質問に、大統領府関係者は「首脳間の電話会談内容を公開すること自体が機密を口外しているということだ」と答えた。すると、自由韓国党側は「韓米間の不協和音を認めることができないから、矛盾したことを答えている」と批判した。 (中略)


本文を読む

1:ななしさん 2019/05/24(金) 00:49:11.55
http://japan.hani.co.kr/arti/international/33528.html

壬辰倭乱起こした豊臣秀吉の本拠地 
朝日新聞「韓国反発予想…調整の可能性も」

日本政府が壬辰倭乱(日本では「文禄・慶長の役」と言い、かつては「朝鮮征伐」とも言った)を起こした豊臣秀吉の本拠地であった大阪城を、主要20カ国(G20)首脳会議の時に記念写真を撮る背景として検討しているという日本マスコミの報道が出てきた。

朝日新聞は23日、匿名の韓日外交関係者の話を引用しこのように報道して、「韓国の反発が予想され、撮影場所が調整される可能性もある」と伝えた。大阪城を背景に記念写真を撮れば、壬辰倭乱で大きな苦痛を受けた被害国の首脳である文在寅(ムン・ジェイン)大統領は撮影に応じ難いと見られる。


大阪城は、1583年から1589年の間に秀吉が築造した城が原形だ。秀吉はここを本拠地として日本を統一したが、城が完工した3年後の1592年に壬辰倭乱を起こした。秀吉の死後、子息の秀頼がここで日本を統治したが、江戸幕府(1603~1867年)を開いた徳川家康が1615年に城を落として燃やした。秀頼は自害し、豊臣一族は滅亡した。

江戸幕府はその後1620年代に城を再建した。しかし、1868年に薩摩藩と長州藩を中心とする新政府軍と旧幕府を支持する勢力が戦った戊辰戦争の渦中に再び焼けた。現在の大阪城は、1931年に鉄筋コンクリートで復元したのが骨格であり、その後も繰り返し復元事業を経た。そのため、現在の城の中にはエレベーターも設置されている。

朝日新聞は、韓日間の過去の出来事によって以前にも首脳会談の場所が問題になったことがあると伝えた。2004年12月、故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と小泉純一郎首相の首脳会談が、鹿児島の指宿市で開かれた。鹿児島は「征韓論」(明治維新以後、日本で登場した朝鮮侵略論)を主張した西郷隆盛の故郷で、会談場所の近隣に太平洋戦争当時「神風特攻隊」に関連する博物館「知覧特攻平和会館がある。会談は開かれたが、日本政府が推進した地域名物の“砂風呂”体験は実現しなかった。盧大統領が浴衣を着ることに難色を示したためだ。

本文を読む

1:ななしさん 2019/05/24(金) 01:00:42.13 I
産経新聞

河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議を約1カ月後に控えたタイミングで顔を合わせることになった。韓国側はG20にあわせた安倍晋三首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領の首脳会談を模索するが、文氏がいわゆる徴用工問題などで悪化した日韓関係を改善するための行動を示さない限り、日本側に応じるメリットはなく、日韓首脳会談の見通しは立たないままだ。

「あとは韓国をどうするかだ」

外務省幹部はG20にあわせた米、中、露との個別の首脳会談がすでに固まった一方、韓国とはいまだに決まっていないと明かす。

G20のように多国間の国際会議の際には、出席した首脳同士が会議の合間を縫って個別に首脳会談を開くのが常だ。だが、議長役としてG20を運営する安倍首相は会議の中座が難しく、個別の首脳会談に割ける時間は限られる。その上、G20には、メンバー国以外にも8カ国・9機関が招待されており、計37カ国・機関の首脳が一堂に会する。安倍首相と会談を望む各首脳との会談を全て設定するのはほぼ不可能で、会うべき首脳の優先順位をつけざるを得ない。

隣国の韓国は本来最も重視される対象だが、徴用工訴訟をめぐる韓国最高裁判決や慰安婦問題をめぐる日韓合意の中核である「和解・癒やし財団」の解散方針の発表など韓国側の反日的な言動で、日韓関係は「非常に厳しい状況」(外交青書)に置かれている。

政府筋は、日韓首脳会談については「ちゃんとしたものはできない」との厳しい見方を示す。文氏が関係改善に向けた前向きな行動を取れば会談に向けた環境は変わるが、現状では正式な会談は見送られ、簡単なあいさつ程度の対話にとどまる公算が大きい。

https://www.sankei.com/politics/news/190523/plt1905230033-n1.html

本文を読む

このページのトップヘ