韓国時事ニュース

be9a8797-s話題のニュース 2018/08/19(日) 10:40:33.50
中央日報

年内に南北の鉄道と道路の連結着工が目標という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言が米国政府を怒らせると米国の専門家らが指摘した。

米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)は16日、北朝鮮の非核化や人権状況に明確な変化がないのに経済協力を強調するのは韓米同盟にも誤ったシグナルを与えかねないと報じた。

文大統領は15日の光復節の祝辞で「板門店(パンムンジョム)宣言で合意した鉄道・道路連結は年内に着工式を行うのが目標」とし、これは韓半島(朝鮮半島)共同繁栄の始まりだと明らかにした。

これに対しブラッドリー・バブソン元世界銀行顧問はVOAのインタビューで、「文大統領の発言は対北朝鮮制裁を維持したり強化するべきと考えるホワイトハウスのボルトン国家安保補佐官のような米政府内の官僚を明らかに怒らせるだろう」と話した。


本文を読む

話題のニュース 2018/08/18(土) 15:15:23.47
聯合ニュース(韓国語)

73年前の今日1945年8月18日。韓国光復軍挺進隊員、イ・ポムソク、キム・ジュンニョプ、ノ・ヌンソ、チャン・ジュナが汝矣島(ヨイド)飛行場(現汝矣島公園)に着陸したC-47輸送機から飛び降りた。戦勝国の仲間入りをするため、激しい戦闘を計画したからだった。

日王降参後も韓半島の日本軍は「まだ武装解除命令を受けていない」として持ちこたえた。彼らと対立した光復軍は米国OSS部隊(米CIAの前身)の引き止めで引き返さなければならなかった。到着24時間も過ぎない19日の明け方だった。

彼らは光復軍の名前で最初で最後に祖国に到着した4名になった。光復軍初の祖国帰還日を記念して去る17日夜、汝矣島公園ではC-47機胴体をスクリーンとみなして独立運動の一線を引く事件に光を当てたメディアファサード映像ショー「ある少年光復軍の飛行」が開かれた。

▼メディアファサードによる汝矣島公園のC-47機
no title

no title

ソウル市は2015年から光復軍挺進隊が着陸した地点に実際C-47機を設置し展示館として使っている。今のところ国内唯一の大韓民国臨時政府記念館だ。久しぶりに涼しくて散歩に出た市民が集まった中、光復軍の帽子をかぶった一人の少年がC-47機の中に歩いて入り、アニメ上映が始まった。主人公の少年の顔は数百人の日本軍に対抗したキム・サンオク義士の顔を土台に作った。

少年を乗せた飛行機が時間を越えて到着したところは日帝強制支配期。少年は青山里戦闘現場で日本軍と戦い、ユン・ボンギル義士になって壇上に爆弾を投げる。安重根義士に変わって伊藤博文を狙撃したりもする。日本軍に捕まる危機にひんした少年をした飛行機が飛んできて乗せ、ゆうゆうと脱出する。時間旅行を終えて帰ってきた少年はC-47機のドアの前で名前を呼ぶ。

▼光復軍の少年役を担ったシム・ヒョンソ君
no title

「キム・グ先生!キム・ギュシク先生!イ・シヨン先生!…」光復軍初の帰還3カ月後の1945年11月23日、C-47機に乗って金浦(キンポ)飛行場を通じて祖国に帰ってきたキム・グ先生と臨時政府要員15人の名前だ。この時、光復軍は「個人」の資格で帰還しなければならなかった。

少年が名前を呼ぶごとに独立活動家にふんした青少年がC-47機からおり、すぐに市民らは拍手して歓呼した。日本軍が独立活動家らに降参酒を注ぐパフォーマンスが続くとすぐに拍手の声はより大きくなった。

今回の行事を企画したソ・ヘソン3・1運動100周年ソウル市記念事業総監督は「光復軍4人が汝矣島飛行場に着陸した夜、日本軍の大佐がビールとサケを持って訪ねてきて『私たちが負けた』と言って降参酒を注いだという」とし、「チャン・ジュナ先生はこの時、生涯で初めて酒を飲んだ」と紹介した。 (中略)

▼日本軍が降参酒を注いぐパフォーマンス
no title

汝矣島公園では今週末(18~19日)ずっとハルビン義挙の主人公、安重根義士、虹口公園で爆弾を投擲した尹奉吉義士、韓国初の女性飛行士クォン・キオクなど独立運動義士・烈士らの話がアニメーションで上映される。

本文を読む

話題のニュース 2018/08/18(土) 10:50:48.82
走行中に火災起きたKTX、終点着30分後には上り線で運行継続
東亞日報 Updated August. 18, 2018 07:13

ソウル発浦項(ポハン)行きの高速鉄道(KTX)の客室で、走行中に火災が起きた。韓国鉄道公社(コレイル)は安全規定上、該当客車を運行から除外しなければならないが、ソウルに戻る上り線にもそのまま投入した。

鉄道業界とコレイルなどによると、16日午後12時40分、ソウルを出発して浦項に向かったKTX463便の15号車の天井から午後2時頃煙が出て炎が飛び始めた。これを見た乗客たちが客車内のインターホンで列車チーム長と乗務員に通報し、不安を感じた一部の乗客は消火器を持って火を消そうとした。

列車チーム長と乗組員は、車両の照明ソケットで出火したことを確認後、客車の電源を切って乗客10人を別の車両に避難させた。

コレイルの安全規定は、列車で火災が発生した場合、最寄りの駅に停車して代替列車に交換したり、後続列車に乗客を乗り移さなければならないと定めている。

また、火災が起きた列車は近くの車両基地で点検や修理を受けることが義務付けられている。KTX京釜(キョンブ)線の場合、五松(オソン)駅に代替列車が常時待機している。

しかし、コレイルはこの列車を目的地の浦項までそのまま運行し、到着30分後の午後3時30分には再びソウル行きの466便に投入した。上り線で該当客車のチケットを予約買いしていた乗客12人は、燃えるにおいがひどいうえ、火災の起きる危険があるとして隣の車両である16号車などに移動させた。

コレイルはソウル駅到着後、火災の原因が客車の蛍光ソケットの接触不良であることを突き止め、新しいソケットに交換した。

匿名を求めた鉄道業界の関係者は、「高速で走行するKTXの特性上、小さな火事の危険でも、これを抱えて運行する場合、大きな被害につながる可能性がある」とし、「安全規定に従って別の便を投入すべきだった」と指摘した。

コレイルで列車整備を担当する関係者は、「列車を釜山車両基地に移動させて点検しなければならないが、30分後の上り線の出発時間に間に合わせようと、臨時の措置だけを取った後、運行に投入したとみられる」と話した。


本文を読む

話題のニュース 2018/08/18(土) 05:36:37.17
「安田純平さんの体調は悪化している」
8/17(金) 20:00配信 FNN PRIME

疲労の色が濃くなってきた

7月、安田純平さんとみられる男性の3つの映像の存在が確認された。

1つ目は7月上旬に公開された、2017年10月に撮影されたとする映像。

(画像)長期に渡る拘束で疲労の色が濃くなってきた安田さん
00350850HDK

そして2つ目となるのが、7月中旬に確認された赤い背景の前で話す男性の映像だ。男性は日本語で「私の名前はウマルです。今日の日付は2018年6月11日。長い時間ここにいます。助けて下さい。」と訴えた。この映像を始めて見た時、以前と比べ男性の髪やひげには白いものが混じり、顔には疲労の色が濃く出ている印象を受けた。

その後、7月下旬には、男らに銃を突き付けられた安田さんの映像が公開された。

これまで、このように短期間に連続して映像や画像が公開されたことはない。安田さんの身に何かしらの変化があったのか? 疑問に思った我々は、安田さんの現状を知る人物を取材した。 (続く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010008-fnnprimev-int

本文を読む

 index話題のニュース  2018/08/17(金) 14:27:02.31
韓経:【コラム】2048年の韓国、どんな国になっているだろうか
2018年08月17日14時17分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]

1988年7月に携帯電話が初めて登場した時、今のような超高速マルチメディア時代を想像した者はいなかった。1台につき400万ウォン(現在の価値で約1200万ウォン/約118万円)もしたモトローラのダイナタック、通称「ピョクトル(レンガ)フォン」の自慢と、あちこちで「おお、私だけど!」と応答する声が草創期の風景だった。だが、その時も他の人々が想像もできないようなことを看破していた者がいた。

米国で博士学位を取得し、四十だった1980年に官職に入門した呉明(オ・ミョン)元逓信部長官は、全電子交換機や情報通信網などの基礎を築いた。通信業における未来を確信していた故崔鍾賢(チェ・ジョンヒョン)SK会長は「情報通信は今はまだ目に見えず、どんなものか実感できないかもしれないが、21世紀には我々が想像できないほど進展するだろう。半導体とともに」と自信を持った(1995年国家競争力委員会での発言)。このような「慧眼」の結果がIT強国だ。

今知っていることをその時も知っていたと思うのは大きな誤算だ。1988年といえば、ソウルオリンピック(五輪)、3低好況、マイカーブーム、民主化などがオーバーラップする。暮らしに余裕ができ始めたと同時に、抑えられていた欲求も一斉に吹き出し、盧泰愚(ノ・テウ)当時大統領は「芯のない大統領」と小馬鹿にする意味で「ムルテウ」とよく呼ばれていた。

しかし、時代が進むに連れて盧泰愚時代を再評価する学者が増えている。盧大統領が反対を押し切って進めた仁川(インチョン)空港、KTX、西海岸(ソヘアン)高速道路、健康保険の全国民拡大、北方政策などがどのような効果をもたらしたかを見れば自明だ。

大韓民国の「今日」は、ある日突然、空から降ってきたものではない。建国以来、70年間にわたるリーダーの鋭い洞察力と国民の汗と涙を一つ一つ積み上げていった合作品だ。

李承晩(イ・スンマン)の農地改革と韓米同盟、朴正熙(パク・チョンヒ)の京釜(キョンブ)高速道路と重化学育成、全斗煥(チョン・ドゥファン)の超高速通信網と盧武鉉(ノ・ムヒョン)の韓米FTAの決断には共通点がある。初めには無謀に見えたり激しい反対に直面しりしたが、過ぎてみると先見の明だったし、後世がその恩恵を受けた。

今年の夏、猛暑や干ばつに何とか耐えることができたのも、李明博(イ・ミョンバク)の4大河川事業と関係がないと言い切れないだろう。

産業化30年、民主化30年を経て2018年に達した。では今後30年は何だろうか。30年後なら2048年、すなわち大韓民国誕生100年だ。遠い未来のようだが圧縮成長を経験してきた韓国人にとっては物理的な時間よりもはるかに早くやってくるだろう。

ゴールドマンサックスが「2050年、統一韓国が世界2位の富国になる」と予想したのがすでに11年前だ。1人当たりの所得が9万294ドルで、米国(9万1683ドル)の次に来るという見通しには少し驚いたが、まんざらでもなかった。

「未来を予測する最善の方法はそれを発明すること」という米国科学者アラン・ケイの言葉のように、「自己充足的予言」になるなという道理はどこにもない。これを実現するのがリーダーの役割だ。

企業家と「起業家(entrepreneur)」が違うように、政治家(politician)/政治屋(politico)と「政治家(statesman)」には雲泥の差がある。マックス・ウェーバーは政治家の資質として、未来を見通して現実の変革を指向する情熱、現実に対する正確な識見、結果責任に対する自覚を挙げた。

今、韓国にそのような政治家がいるだろうか。たとえいても、このような政治風土でリーダの仲間に入ることができるだろうか。

いつからか高齢化と低成長を「常数」と感じ、「未来は決まっている」という無気力症が韓国社会に蔓延している。解決方法を模索するべき政治リーダーにまず責任を問うほかはない。

残念ながら、政治家たちの視界は30年どころか次の選挙に囚われている。政治が過去だけを食い荒らし、相手をダメにすることが本業だと思っているから、社会のあちこちで万人対万人の闘争であふれ返っている。産業化・民主化以降の談論も未来ビジョンも見えないのはこのためだ。

今年で没後20年になる故崔鍾賢会長は、生前、「21世紀には韓国が世界10大経済強国になる」と大言壮語した。起業家は他の人々が見ることができないのを見る人だと定義してもいい気がする。

反面、政治家は国民皆が見えていることも見ることができない。左右を問わず無能だけを露出させながら未来世代の人生まで決定するということは致命的な自己満足だ。このままいけば2048年の大韓民国はどのような国になっているだろうか。身の毛がよだつ。

http://japanese.joins.com/article/117/244117.html?servcode=100§code=120

本文を読む

be9a8797-s話題のニュース 2018/08/17(金) 14:55:31.08
聯合ニュース 2018-08-17 10:53

ムン・ジェイン大統領の国政支持率が60%台に戻り、与党のともに民主党の支持率も一緒に反発したという世論調査結果が17日出た。

韓国ギャラップが過去14~16日、全国の成人1200人を対象にアンケート調査した結果(95%の信頼水準で標本誤差±3.1%ポイント)、文大統領の職務遂行のための肯定的評価は、先週より2%ポイント( p)上昇した60%と集計された。

文大統領の国政支持率は、6・13地方選挙直後が79%で、先週の58%まで8週連続で下落中だったが、9週間目に反発した。

否定的評価は32%、意見留保は9%であった。

肯定評価の理由としては、「対北・安保政策」(19%)が最も多く、「北朝鮮との対話再開」(13%)、「最善を尽くし・熱心にする」(8%)、「庶民のための努力・福祉の拡大」(7%)などが続いた。


否定的評価は、「経済・民生問題の解決不足」(38%)を最大の理由に挙げ、「対北朝鮮関係・親北朝鮮性向」(14%)、「最低賃金引き上げ」(8%)などがその次に多かった。 (中略)

韓国ギャラップは「9月の平壌南北首脳会談の成功、アジア大会でのコリアチーム、金剛山離散家族再会のニュースなどが、しばらく停滞した南北関係の改善に対する関心と期待感を改めて呼び起こし、職務肯定率の追加下落を阻止したと思われる」と分析した。(以下略)

http://news.nate.com/view/20180817n12750

本文を読む

no title話題のニュース 2018/08/17(金) 14:53:15.71
朝鮮日報日本語版

韓国与党議員が、北朝鮮に連行された民間人に対する法的名称を「拉北者」ではなく「失踪(しっそう)者」に変更すべきだとして法案を発議したことから、論議が高まっている。

辞書で見ると「拉北」は「北朝鮮に拉致された」という意味で、「失踪」は行方が分からず、どこに行ったかや生死が分からなくなった」という意味だ。名称を変更すれば、北朝鮮の拉致責任を消すことになる。拉北者(北朝鮮による拉致被害者)家族は「典型的な北朝鮮の論理を踏襲するものだ」と反発しており、物議を醸している。

与党・共に民主党の宋甲錫(ソン・ガプソク)議員=写真=は13日、「6・25戦争(朝鮮戦争)拉北被害真相究明および拉北被害者の名誉回復に関する法律」(6・25拉北者法)と「軍事休戦に関する協定締結以降の拉北被害者の補償および支援に関する法律」(戦後拉北者法)」改正案を代表発議した。

本文を読む

index話題のニュース 2018/08/16(木) 22:04:52.05
【社説】奇跡の大韓民国70年史、だれが消そうとしているのか
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨日の第73回光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)記念行事の際に行った演説で「政府樹立70周年を迎えた今日、大韓民国は世界に誇れる国になった」「第2次大戦以降、植民地から解放された国の中で我が国のように経済成長と民主主義発展に同時に成功した国はない」などと述べた。

 どれも間違ってはいない。韓国政府樹立当時、1人あたり国内総生産(GDP)はアフリカの最貧国以下だったが、今やそれが3万ドル(約330万円)を目前に控えた世界第12位の経済大国へと成長した。ほぼ無きに等しかった輸出額も昨年は5737億ドル(約64兆円)と世界6位になった。いずれも分断と戦争の廃墟を乗り越えて成し遂げた成果だ。何の基盤もなかった発展途上国、被支配国がここまで発展したケースは世界の歴史をみても前例がなく、まさに奇跡と呼ぶにふさわしい。


 この奇跡の出発点となったのは、70年前に自由民主主義と市場経済を選択した大韓民国政府の発足にあった。当時、もし共産主義を選択していれば、韓国は今どうなっていたか想像もできない。ところが最近になって「70年前に自由民主主義と市場経済ではなく別の道を、また韓米同盟ではない他の道を選択すべきだった」などと主張する勢力が大韓民国発展の歴史を意図的に消し去ろうとしている

 ある大統領は大韓民国建国の歴史を「正義が敗北し、機会主義が力を持った歴史」などと主張し、また全国教職員労働組合(全教組)は政府を樹立した初代大統領と漢江の奇跡を成し遂げた大統領を「米国のかいらい、操り人形」「親日派」などと侮辱する動画を幼い児童生徒たちに、しかも授業時間に見せている。今の政府も教科書から大韓民国に繁栄をもたらした「自由民主主義」を消し去ろうとしており、また「韓半島(朝鮮半島)における合法的な政府」という言葉はすでに削除した。

 大統領による今回の祝辞もあくまで形だけのものに過ぎず、実際は現政権が政府樹立70周年を祝うことなど関心がないくらい今や誰もが知っている。国会が昨年末に確保した政府樹立70周年を記念するための予算30億ウォン(約2億9000万円)は、先月の国務会議(閣議に相当)で半分の15億ウォン(約1億5000万円)に減らされ、その減らされた分は大統領自ら進める「3・1運動および大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業推進委員会」の活動費となった。今の大韓民国は1919年の臨時政府から始まり、1948年に政府樹立として結実した。大切で貴重な歴史だ。ところが今の政権は偏狭な民衆史観に陥り、1948年の政府樹立を国民の記憶から力尽くで消し去ろうとしている。


本文を読む

index話題のニュース 2018/08/16(木) 09:23:48.81
2018-08-16 08:02 ハンギョレ新聞

北朝鮮の潜在力を考慮した国家海洋力を推定してみたところ、韓国と北朝鮮が世界5大海洋強国に近接するという分析が出てきた。

10日、韓国海洋水産開発院の主催でソウル市中区(チュング)のプレスセンターで開かれた「海洋水産南北協力討論会」で、北朝鮮が韓国比30%水準の海洋力を確保する場合、南北の力量を合算すれば世界5大海洋強国に近接すると展望された。現在韓国は物流10位、海洋環境20位、港湾6位、海洋資源5位、水産18位の海洋力を維持している。

韓国海洋水産開発院のキム・ジョンドク政策動向本部長は「国民意識調査および南北協力事業需要調査報告」を通じて、北朝鮮の力量を韓国の20%と仮定する場合、南北の海洋力を合算すれば物流は10位(韓国単独)から4位(南北合算)に、海洋環境は20位から10位に、港湾は6位から3位に上昇すると明らかにした。

この数値は、昨年の韓国海洋水産開発院の分析結果を活用した。キム・ジョンドク本部長は「北朝鮮の海洋水産部門に対する体系的投資は、国家海洋競争力の向上に寄与するだろう」と主張した。

海洋水産開発院の調査結果の中で「南北協力国民認識調査」を見れば、「短期的に施行可能性の高い経済分野」は、鉄道・道路・港湾などのインフラ開発(66.9%)を挙げた回答が最も多かった。次いで文化・観光協力(40%)、資源・エネルギー開発(38.5%)、製造業・投資開発(24%)、食品資源開発(17.6%)の順だった。(複数回答)

「南北が至急推進しなければならない海洋水産協力事業」としては、南北海運航路回復・活性化(48.6%)、西海地域平和水域造成事業(44.9%)、東・西海共同漁労水産協力事業(40.3%)の順に選ばれた。(複数回答)

キム本部長は「専門家提案課題結果報告」を通じて、対北朝鮮制裁が残っている条件では、共同対応(境界地域海洋油類汚染事故、ラムサールサイトなど海洋保護区域保全管理協力)▽文化学術交流(南北連係海洋文化資源共同調査、海洋生物遺伝資源および伝統知識協力)▽調査(南北海洋水産魚類用語比較・調査) ▽研究(南北海洋水産統計比較研究、北沿岸・島しょ地域地理学的接近など)が可能と提案した。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31363.html

本文を読む

0bf6bcf2話題のニュース 2018/08/15(水) 23:38:09.76
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、ソウル・竜山で行われた光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の演説で、米国と北東アジア6か国でつくる「東アジア鉄道共同体」の構築を提案した。竜山はかつて南北を結んでいた京義線と京元線の起点となっていた場所だ。

文大統領の言及した北東アジア6か国には、韓国・北朝鮮・日本・中国・ロシア・モンゴルが含まれる。文大統領は「共同体は韓国経済の地平を北方の大陸まで広め、北東アジアの共生・繁栄の大動脈となり、東アジアのエネルギー共同体と経済共同体へとつながるとともに、北東アジアの多国間平和安全保障体制に向かう出発点になるだろう」と述べた。東アジアの鉄道共同体を、東アジアの経済全般および安保協力を話し合う機構に発展させるのが狙いだ。

文大統領のこの構想は、南北が板門店宣言に基づいて進めている南北鉄道連結事業と密接に関わっている。南北は現在、分断された京義線と東海線を再び連結するための協力事業を急ピッチで進めている。先月は京義線・東海線の北朝鮮側の連結区間の共同点検を実施し、今月末には北朝鮮側区間の共同調査を実施する予定だ。文大統領はこの日「板門店宣言で合意した鉄道・道路の連結は、年内に着工式を行うのが目標」と述べた。

韓国政府は、韓半島(朝鮮半島)縦断鉄道(TKR)が完成すれば、中国横断鉄道(TCR)、シベリア横断鉄道(TSR)、モンゴル縦断鉄道などユーラシア横断鉄道と連結し、韓半島からヨーロッパ大陸までの物流交通網を確保する構想を抱いている。

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018081502663

本文を読む

4話題のニュース 2018/08/15(水) 23:03:01.98
文大統領側近の逮捕状請求=世論操作疑惑で検察―韓国
8/15(水) 23:01配信 時事通信

 【ソウル時事】韓国与党「共に民主党」の元党員らがインターネット上で不正な世論操作をしていた疑惑で、特別検察官チームは15日、文在寅大統領の側近、金慶洙・慶尚南道知事(50)について、業務妨害などの疑いで逮捕状を裁判所に請求した。

 裁判所は17日にも、発付の是非に関する審査を行うとみられる。聯合ニュースなどが伝えた。

 特別検察官チームは、金氏が国会議員当時の2016年11月、ネット上で「賛同」などのコメントを水増しする不正ソフトの実演を見て、元党員らの世論操作を承認、指示した疑いがあるとみている。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000151-jij-kr

本文を読む

be9a8797-s話題のニュース 2018/08/15(水) 20:06:16.27
文大統領言及「南北経済協力の経済効果170兆ウォン」どのように出てきた
聯合ニュース 2018-08-15 15:42

(ソウル=聯合ニュース)イ・ジョンジン記者=ムン・ジェイン大統領が15日、光復節祝辞で国策機関の研究として「今後30年間、南北経済協力による経済的効果は、少なくとも170兆ウォンに達するだろう」と展望し、その根拠が注目される。

文大統領が言及した研究は、対外経済政策研究院(KIEP)が昨年12月に発表した「南北の経済統合分析モデルの構築と成長効果分析」報告書だ。

この報告書は、今年から2047年までの30年間の7大南北経済協力事業を推進したとき、私たちが得ることができる経済成長効果を合計169兆4000億ウォンと推算した。

韓国の最大の経済成長効果をもたらす経済協力事業は、開城工業団地で、30年間の累積経済成長効果が159兆2000億ウォンに達すると推算された。

報告書は、このような状況を想定すると、開城工業団地で働く北朝鮮労働者の数が初期の5万5千人規模から33万人水準に増加すると予想した。

報告書は、「韓国と北朝鮮の比較優位を考えると、韓国の経済成長に大きな影響を与える生産要素は、北朝鮮が供給する労働力」とし「北朝鮮の労働力は、韓国の実質労働力を増加させて、経済協力のために減少する投資財源を相殺する効果をもたらす」と述べた。

続いて、金剛山観光(4兆1千200億ウォン)、端川地域の地下資源開発(4兆800億ウォン)、朝鮮協力団地(2兆6000億ウォン)、南北鉄道と道路の連結(1兆6000億ウォン)などの順で、経済成長効果が大きかった。

漢江河口の共同利用(-3億ウォン)と軽水炉(-1兆9000億ウォン)は韓国経済にマイナス成長効果をもたらすことが分かった。

報告書は、この7つの経済協力事業が北朝鮮経済にもたらす効果も推計したところ、今後30年間の合計248兆9000億ウォン規模で、韓国よりも利益の規模が大きかった。

北朝鮮は、南北鉄道と道路の連結(92兆6000億ウォン)が最も経済成長効果が大きく、開城工業団地(51兆3000億ウォン)、端川地域の地下資源開発(34兆4000億ウォン)軽水炉(29兆3000億ウォン)、金剛山観光(17兆3000億ウォン)、造船協力団地(14兆2000億ウォン)、漢江河口の共同利用(9兆8000億ウォン)などの順だった。

報告書は、「開城工業団地のような工業団地の形態の南北経済協力が南北両方に最大の成長効果を与え、同時に南北の経済格差の緩和にも最も大きく寄与することが分かった」とし「今後の南北経済協力も工業団地の形態の開発を優先するが、両側に大きな利益をもたらしてくれるだろう」と提言した。

http://news.nate.com/view/20180815n13987

本文を読む

cpd1703150500010-p1話題のニュース 2018/08/15(水) 17:41:31.37
 韓国では日本の植民地支配からの解放を記念する式典で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が演説し、「日韓の協力が日朝国交の正常化に繋がる」と語りました。

 文在寅大統領:「安倍首相とも韓日関係を未来志向的に発展させていき、朝鮮半島と北東アジアの平和繁栄のために緊密に協力することにしました。その協力は最終的に日朝関係を正常化に導きます」

 また、文大統領は来月予定されている南北首脳会談が朝鮮半島の非核化とともに終戦宣言と平和協定へと向かうための「大胆な一歩」になると強調しました。

テレ朝 news
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180815-00000039-ann-int

本文を読む

indexネットの反応 2018/08/14(火) 19:54:09.89
メディアトゥデイ(韓国語)

シン・ジェヨン/歴史学者

「今日、韓半島の時代的使命は言うまでもなく平和です。韓半島の平和定着を通じた分断克服をしてこそ光復が本当に完成するのです。」

2017年72周年光復節の時の大統領祝辞の一部分だ。祝辞で合計15回も我が国を「韓半島」と言った。大韓民国は19回出てきた。「韓半島の旗を持って入場します」という言葉は今年のはじめ平昌(ピョンチャン)冬季五輪の時、韓国と北朝鮮の選手の立場を伝える全メディアが使った言葉だ。

祝辞と選手団共同入場ニュースを伝える文章で特に問題にする部分はない。ただし筆者は「韓半島」という言葉が残念だ。なぜ私たちが自らを「韓半島」と言うのか。国号大韓民国をさし置いて韓半島と言うことは間違いと感じるのは筆者だけであろうか。私たちが使う言葉の中で最も日帝残滓がたくさん残っている言葉が「韓半島」だ。「南北韓国」とか「韓民族」といえば良いことだ。 (中略)

「韓半島」という言葉をなぜ私たちは使ってはいけないのか。半島という単語には日本帝国主義植民史観が含まれているからだ。日本は自らが完全な島である反面、朝鮮は完全な島でも完全な大陸島でもないという意味で「朝鮮半島」と呼んだ。
植民史学者らは中国大陸と日本の間に位置した半島という地政学的要因で朝鮮の運命が決定されたと主張した。

これは帝国主義国家が自分たちの植民支配を合理化した地政学的決定論につながる。すなわち日帝の植民支配を合理化する代表的な言葉が朝鮮半島という言葉だ。韓半島は「朝鮮」が「韓」に変わっただけだ。その上、日帝は朝鮮人を軽べつする意味でチョウセンジン(朝鮮人)と同じ意味でハントウジン(半島人)と呼んだ。非常に恥辱的ではないか。


1948年7月1日、制憲国会憲法案読会でイ・クス議員は「半島」という言葉は日帝が私たちを軽べつする意味で呼んだものとか憲法の領土条項から半島という用語を抜こうと言ったが、半島という意味をただ地理的な用語とだけ認識した多数議員らによって阻止されてしまった。その後、数回改憲がなされたが、そのつど憲法第3条「大韓民国の領土は韓半島とその附属島嶼とする」という文章は修正されずにいる。

光復73周年をむかえる今年も間違いなく大統領府と政界が無批判に「韓半島」を使っている。完全な人名をついて、その人が処した状況や身体的短所を示す言葉で呼ぶのは正しいのか。昨今の私たちの現実を日本の極右勢力はどのように見ているだろうか。本当に苦々しい。


本文を読む

話題のニュース  2018/08/13(月) 20:25:13.58
中央日報

日帝強占期と解放、韓国戦争(朝鮮戦争)や産業化などを経て、韓国人の頭の大きさや顔つきに大きな変化があったという研究結果が13日に発表された。

高麗大学医科大学解剖学教室のユ・イムジュ教授研究チームによると、日帝強占期の1930年代に生まれた韓国人に比べて1970年代に生まれた韓国人の方が、頭蓋腔の体積、頭蓋骨の高さ、幅など全般的な頭の大きさが6%ほど大きくなった。

これに関し研究チームは1930年代の日帝強占期には経済的な問題で栄養不足が深刻であり成長の発達が遅れたが、1970年に入ってから社会的・経済的に安定を取り戻し、成長に必要な栄養が供給されたと推測した。

▼1930年代、1970年代の韓国人の頭蓋腔の仮想3次元モデル。(写真=高麗大学医療院)
index

本文を読む

このページのトップヘ