韓国時事ニュース

1:ななしさん 2020/01/25(土) 10:41:18.08
英国の経済専門週刊誌エコノミストが、毎年恒例の「世界民主主義指数」(Global democracy in retreat )の2019年度版を1月21日に発表した。

この調査は、エコノミスト誌傘下の競争力分析機関「エコノミスト・インテリジェンスユニット」が実施したもので、選挙過程と多元主義、市民的自由、政府機能、政治参加、政治文化の5部門で、世界167カ国を10点満点で評価した。

最下位は北朝鮮。2006年にこの調査が始まって以降、15年連続で民主主義度最悪の記録を更新した。スコアは1.08で、市民的自由は0点だった。金正恩政権発足後の2012年以降、スコアはまったく改善されていない。政権が自国民虐殺を続けるシリアはスコア1.43で164位だった。

ちなみに、ドイツのベルリンに本部を置く国際透明性機構が1月24日に発表した「2019年国家別腐敗認識指数」で、北朝鮮は調査対象180カ国中172位だった。

◆韓国はアジアトップの23位
韓国が8点でアジアトップの23位、日本は7.99点で24位だった。中国は2.26点で153位。昨年の130位から後退した。米国は7.96点で、韓国、日本より下の25位だった。

世界で最も民主主義指数が高いのはノルウェー、2位はアイスランド、次いでスウェーデンが3位だった。

この「2019年度世界民主主義指数」は、エコノミスト誌のウェブサイトからダウンロードできる。 2019年1月25日に情報を追加しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010000-asiap-kr


本文を読む

1:ななしさん 2020/01/23(木) 12:09:51.66
韓国原子力研究院(以下研究)施設から昨年放射性物質が放出される事故が発生した事実が確認された。原子力安全委員会は、事件の原因と環境影響を調査中だ。

原子力安全委員会は22日、「セシウム137、セシウム134、コバルト60などの人工放射性核種(原子種)が研究内の自然蒸発施設周辺雨水管に放出されたという報告を受けた」とし「韓国原子力安全技術院( KINS)事件調査チームを研究に派遣して調査を進めている」と述べた。


研究員は、昨年12月30日、大田の研究者正門前河川土壌から試料を採取し、今年1月6日には、試料からの放射能濃度が急増したことを確認した。最近3年間、ここのセシウム137の核種の平均放射能濃度は0.432 Bq / kg未満であったが、この調査では59倍程度である25.5 Bq / kgまで上昇した。

原子力安全委員会の研究者は、独自の調査を進めた調査結果を基に、21日原案に自然蒸発施設がこの事故の原因と推定されると報告した。自然蒸発施設は、放射性廃棄物処理施設の付属施設で放射能濃度が非常に低い液体放射性廃棄物を太陽電池に蒸発させる施設である。研究調査では、施設周辺の河川土壌からセシウム137の核種の放射能濃度が最高138 Bq / kgを記録した。韓国放射能セシウム許容基準は、100 Bq / kg以下である。

しかし、研究外部を流れる河川、土壌の放射能濃度は、通常の数値(0.555~17.9 Bq / kg)を超えないことが分かった。現在の研究に派遣された KINS調査チームも自然蒸発設備の隣マンホールを発祥地で見て、正確な原因を調査中だ。研究員は、河川、土壌などの汚染が確認された地域については、除染と放射性廃棄物管理の計画を策定して対策する計画だ。

研究では、数年間事故が後を絶たない。2018年1月と11月には、火災が発生した。2011年には、研究用原子炉である一つの放射性物質が漏れ事故が発生して、従業員が緊急避難した。また、研究員は、許可を受けずに燃料を書いたり、放射性廃棄物をこっそりあるなど、原子力安全法に違反して、2017~2019年に数回課徴金と罰金処分を受けた。

https://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&sid1=001&oid=005&aid=0001280997

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/23(木) 10:50:20.45
聯合ニュース 2020.01.23 10:40

【釜山聯合ニュース】韓国の旧正月連休(24~27日)と前日の23日に南部・釜山の金海空港を利用する人は約23万人で、国際線のうち日本路線の搭乗率は70%近くに上る見通しだ。日本が対韓輸出規制を強化して以降、韓国では日本旅行を自粛する傾向にあるが、この旧正月連休に日本旅行を計画している人は少なくないようだ。

韓国空港公社釜山地域本部は23日、同日から連休最終日まで5日間の金海空港の国内線利用者を9万1576人、国際線利用者を14万1043人と予想した。26日が最も混雑するとみられる。

国際線の1日当たりの平均利用者は昨年の旧正月連休に比べ約7.5%減少すると予想される。今年は連休が短い上に、日本路線の利用者が減ったため。

日本路線の1日当たりの搭乗率は平均69.8%に上る見通しだ。昨年の平均搭乗率(81.1%)より10ポイント以上低い。ただ、日本旅行の自粛が始まった昨年下半期に50%台まで落ち込んだことに比べれば、大幅な回復となる。

ある格安航空会社(LCC)の場合、日本路線の予約率が平均84%を記録しているという。

航空業界では、この旧正月連休を機に日本旅行の需要が目に見えて回復するのではないかとの見方も出ている。


https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200123000400882?section=japan-relationship/index

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/23(木) 10:54:10.20
新種のコロナウイルス「武漢肺炎」で、韓国航空会社の仁川(インチョン)~武漢路線の新規就航が一時的に延期になる事例が発生した。「NOジャパン」運動で日本路線を減らす代わりに中国路線を増やしている航空会社に悪材料が重なっている。

22日、ティーウェイ航空によると、21日午後10時20分出発予定だった仁川~武漢の新規路線の初の運航便が欠航となった。この路線はティーウェイ航空が昨年5月、国土交通部から輸送権の配分を受けたものだ。

肺炎事態が起きるまでは、フラッグキャリアのうち唯一この路線を運航していた大韓航空の搭乗率が平均70%に達するほどの「最重要路線」だった。

ティーウェイ航空は輸送権を受けてから8カ月間、仁川~武漢路線の運航のために心血を注いできた。大韓航空に一極集中していたビジネスの需要を一部吸収して、観光でもブームを起こして日本路線の需要減少を挽回しようとしていた。

実際、同社は今月6日、「2020年運営戦略」を発表し、海外現地発の販売増大のために営業・マーケティングを強化することにした。営業組織を改編して「中国・東南アジア開発団」も新設した。

だが「第2の重症急性呼吸器症候群(SARS)」と呼ばれる肺炎事態の震源地が武漢であるうえに、肺炎感染者および死亡者が増加していて、運航を始めることが難しくなったという説明だ。新規就航行事と欠航の決定も、出発時間が迫り電撃的に下された。

ティーウェイ航空関係者は「新規就航よりも搭乗客の安全が何より重要だと判断した」とし「路線の取り消しではなく、就航を一時的に延期した」と話した。この関係者は「事態推移を見守った後、運航再開有無を決める考え」と付け加えた。

フラッグ・キャリアのうち唯一武漢直航便を運航している大韓航空も今回の事態に神経を尖らせている。

航空業界関係者は「武漢肺炎が中国全域に拡散すればSARSや中東呼吸器症候群(MERS)時のように中国インバウンド(韓国を訪れる外国人観光客)の需要も減少するおそれがある」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/261821?servcode=300&sectcode=320

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/23(木) 07:21:16.14
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.01.23 07:11

ホルムズ海峡派兵問題は独自派兵で一段落したが、現地の非常状況に備えた後続対策の準備が急がれるとの指摘が出ている。このためには韓国の派兵決定に対して不満を表しているイランとの関係改善が不可欠だ。韓国が輸入している原油の70%がホルムズ海峡を通過する。ホルムズ海峡でも、最も狭い区間はイランの領海にあたる。

ひとまずイランがホルムズ海峡を封鎖する可能性は現実的に高くないというのが専門家の見方だ。イラクやクウェートなど、他の産油国との関係悪化が避けられなくなるためだ。しかし、イランが自国領海を通過する第三国商船やタンカーなど、民間船舶に理由をつけて船を止める可能性はある。

イラクなどで親イラン勢力が米国の同盟国に打撃を加える可能性にも備えなければならない。韓国は同盟国である米国の要請によってホルムズ海峡一帯に清海部隊を派遣するからだ。

中東専門家である国立外交院のイン・ナムシク教授は22日、中央日報の電話インタビューで「さまざまなコンティンジェンシープラン(緊急時対応計画)を作っておくべきだ」とし「緊急事態が発生した時、どのような方法で動くのか、直接介入するべきなのか、護衛連合体や第三国を通じてイランと交渉するのか等に対して、幅広いチャネルと稼働ルートを作っておかなくてはならない」と話した。

--イランが韓国の商船や軍艦に挑発する可能性は。


「ホルムズ海峡のイラン領海を通過する第三国船舶に対して沿岸国の権利を主張して立入検査などを理由に船を止めることができる。選択的挑発に出るのだ。該当国には心理的打撃が加えられるほかない」

--韓国が親イラン代理勢力の標的になる懸念もあるとみるか。

「イラン政府のコントロールの手から離れているイラク内の親イラン勢力が、イランのコッズ部隊ソレイマニ司令官の死に対する報復次元として、米国の同盟国に打撃を加える可能性に対しては鋭意注視しなければならない。事実、ホルムズ海峡そのものよりは、どうしてもイラクのほうに関心を多く持たなければならなくなると思う。イラクに韓国海外同胞も多く、建設プロジェクトも多い」

--日本と違い、イランに事前の調整作業は行われなかったのではないのか。


(安倍晋三首相は先月、自衛隊派兵を閣議で議決するにあたり、日本を訪問したイランのハッサン・ロウハニ大統領に直接派兵の方針を説明して了解を求めていた)

「日本は長年、中東に多くの努力を傾けてきた。韓国もそろそろチャネルを総動員して戦略的に動かなければならない。高官レベルではないが、さまざまな形の人的交流は韓国も日本に劣らない。イランは韓国が輸出した白物家電、自動車、携帯電話などで韓国に対する好感度が高い。政務的なチャネルを稼動しながら公共外交にも努力していくしかない」

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/23(木) 09:07:54.91
菅官房長官、海自の中東派遣「韓国と連携も」
産経ニュース

菅義偉官房長官は22日の記者会見で、韓国が中東のホルムズ海峡周辺へ海軍部隊を派遣すると決定したのを受け、日韓が中東対応で連携する可能性に言及した。海上自衛隊の中東派遣を踏まえ「目的を共有する国と必要に応じて連携や意思疎通を行うことは極めて重要だ。韓国の取り組みを注視していきたい」と述べた。

韓国政府は21日、ホルムズ海峡周辺への海軍部隊派遣を発表した。

s-plt1712140030-p1

https://www.sankei.com/politics/news/200122/plt2001220012-n1.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/22(水) 12:43:32.23
ホルムズ派兵に国防部「米は歓迎・イランは理解」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/22/2020012280080.html

                ↓

イラン、韓国のホルムズ派兵決定に憂慮表明
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35541.html

【イラン】 「韓国、ペルシア湾の名称も正しく知らない」 ホルムズ派兵を非難 [01/22]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579654652/

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/22(水) 09:57:32.06 I
中央日報/中央日報日本語版2020.01.22 09:43

イラン外務省のアッバス・ムサビ報道官が21日(現地時間)、「韓国国防部はペルシア湾の歴史的な名称さえ知らないのに何の知識と正当性で軍隊を送るのか」とし、不快さをあらわにした。

bandicam 2020-01-22 11-38-40-958

ムサビ報道官はこの日、ツイッターに「事実に対する相互尊重と受容が文明国家の間における関係の基本」としながら、このように批判した。

それとあわせてハングルで「ペルシア湾」と表記された中東地域の地図も添付した。出処が明確ではないこの地図は、カルデア、スサン(スサ)などのような表記から推測して、韓国語の聖書に添付されたものとみられる。

ムサビ報道官の指摘は、韓国の国防部が清海部隊の作戦区域をホルムズ海峡まで拡張すると発表しながらガルフ海域の名前を「アラビア湾」と称したことに対するものだ。

本文を読む

1:ななしさん
聯合ニュース 2020.01.21 20:29

【ソウル聯合ニュース】韓国政府がイラン近海・ホルムズ海峡への海軍部隊の独自派遣を決定したことについて、イランが懸念を表明したことが21日、韓国外交部当局者の話で分かった。

同当局者によると、先週末に外交ルートを通じ、イラン側に政府の決定を事前に知らせたという。イランが韓国の決定に懸念を表明した理由について、当局者は「イランはその地域(ホルムズ海峡)に外国の軍隊や船舶が来ることに基本的に反対する立場だ」と説明した。

 韓国政府はイランの立場を考慮し、今回の軍派遣は米国の要求によるものではなく、韓国の国民と船舶の安全を確保するための決定であり、イランと対立する米主導の有志連合には参加しない点をイラン側に最大限強調したものとみられる。

 同当局者は軍派遣がイランとの関係に与える影響について、「われわれは国民を保護し、船舶の安全を守らなければならない。イランはイランの立場があるため、われわれは国益にしたがって決めた」と説明した。

 韓国政府は21日、ソマリア沖アデン湾に派遣されている海軍「清海部隊」の活動範囲をホルムズ海峡一帯に拡大する形での「独自派遣」を決定したが、イラン政府はまだ公式の反応を示していない。

 政府は今回の決定により、イランとの関係が悪化しないよう、関係の管理に全力を尽くすものとみられる。

index

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200121004200882?section=politics/index

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/21(火) 14:56:19.59
2020/01/21 14:17 聯合ニュース

世界最大級の署名サイト「change.org」で行われている東京五輪での旭日旗を使った応援反対の署名(http://chng.it/vSXKkPyQ)の賛同者が5万人を超えた。

このオンライン署名はインターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKが昨年9月に同サイトに立ち上げ、4カ月で賛同者が5万人を超えた。

bandicam 2020-01-21 19-51-08-759

署名者のリストと意見を国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とIOC事務局にメールで送ったVANKは「署名した世界の5万人以上の賛同者は旭日旗が平和と国際親善の祭典である五輪で使われることに深刻な問題意識を持っている」と指摘。「旭日旗は第二次世界大戦の苦痛を思い起こさせるナチス・ドイツのハーケンクロイツ(かぎ十字)のようにアジアの人々に大きな痛みを想起させる政治的象徴物だ」と主張した。

またIOCに対し、旭日旗の使用を正式に禁止するだけでなく日本政府が東京五輪を政治的な宣伝道具として利用しようとするいかなる行為も容認してはならないと強調した。

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020012180159

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/21(火) 15:10:15.52
日本製品不買運動が続いている韓国だが、旧正月(今年は1月25日)連休の旅行先として日本が人気という調査結果が出た。20日付で韓国・ニュース1が伝えた。

旅行予約サイト「agoda」によると、旧正月連休中の宿泊予約データを分析した結果、韓国人に最も人気のある海外旅行先は日本で、2位がベトナム、3位がタイだった。18年、19年もベスト3は同じだったという。

都市別では1位がバンコク、2位が福岡、3位がニャチャン、4位がダナン、5位が台北。6位以下はセブ、東京、グアム、大阪、バリとなった。

また、アジア地域の旅行者に最も人気の旅行先は東京で、2位がバンコク、3位が台北。韓国からは7位にソウルがランクインしたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは日本旅行へ批判的な声が上がる一方、

「行くのは個人の自由だ」
「寒い冬には、暖かくて大気汚染もない、清潔な日本に行くのが正解だ」
「カネがなくて海外など行けない人が書き込みをしている間に、楽しく遊んできます」

などのコメントも寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b771875-s0-c30-d0144.html

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/21(火) 12:15:48.62
中央日報/中央日報日本語版  2020.01.21 11:47

韓国政府が21日、「わが政府は現中東情勢を考慮し、我々の国民の安全と船舶の自由航行の保障のために清海部隊の派遣地域を一時的に拡大することにした」と明らかにした。

国防部はこの日、「清海部隊が拡大された派遣地域で独自に作戦を遂行し、必要な場合はIMSC(国際海洋安保構想ホルムズ護衛連合)と協力する予定」とし、このように説明した。

これは米国が希望したIMSCには参加しない「独自派遣」形態であり、清海部隊が独自に作戦を遂行するということだ。

これを受け、清海部隊の派遣地域はアデン湾一帯からオマーン湾、アラビア湾(ペルシア湾)一帯まで拡大する。国防部は韓国軍の指揮のもと国民・船舶保護任務を遂行する予定だと伝えた。

国防部は「今回の決定を通じて中東地域一帯の我々の国民と船舶の安全を確保する一方、航行の自由を保障するための国際社会の努力にも寄与できると期待される」と明らかにした。

index

https://s.japanese.joins.com/JArticle/261726

本文を読む

1:ななしさん 2020/01/21(火) 08:26:39.03
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国型次世代戦闘機(KF-X)共同投資・開発国のインドネシアが韓国政府に約束したKF-X事業分担金支払いに難色を示しながら、他の国とは戦闘機・潜水艦など大規模武器購入交渉を進めていることが分かった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領まで防衛産業セールス外交に動いているのに、インドネシアがKF-X事業以外に二心を抱いたのではないかとの懸念が防衛産業業界から出ている。

KF-Xとラファール比較。中央はインドネシアのジョコ・ウィドド大統領。
no title


本文を読む

index1:ななしさん 2020/01/20(月) 17:11:26.91
ジャージャー麺8000ウォン、冷麺1万4000ウォン…韓国庶民定番外食メニューの値上がり相次ぐ
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/01/20 09:29

外食フランチャイズ事業を展開するある企業では看板メニューのキムパプ(韓国式のり巻き)が3500ウォン(約330円)、ソウル新村の中華料理店ではジャージャー麺が8000ウォン(約760円)、ソウル市乙支路のある有名飲食店では平壌冷麺が1万4000ウォン(約1300円)など、庶民向け外食メニューの価格が次々と値上がりしている。中でも代表的な庶民メニューとも言えるジャージャー麺のソウル市内での平均価格は5000ウォン(約470円)を突破し、冷麺も9000ウォン(約850円)に達した。

韓国消費者院が19日に価格情報総合サイト「本当の価格」に掲載した内容によると、ここ1年の間に庶民がよく食べる代表的な外食メニュー8品目のうち、ソウル市内では7品目の価格が一斉に上がっていたことが分かった。中でも上げ幅が最も大きかったのはジャージャー麺だった。先月ソウル市内でのジャージャー麺の平均価格は5154ウォン(約488円)で、これは2018年12月の4808ウォン(約455円)に比べて7.19%高い。ソウル市内でのジャージャー麺の平均価格は昨年10月から5000ウォンを突破した。

ソウル市内でのキムパプ1本の価格は平均2408ウォン(約228円)で、前年の同じ時期に比べて6.12%高くなった。キムチチゲ定食は6462ウォン(約612円)で3.7%、カルククスは7000ウォン(約663ウォン)で3.41%上がった。さらに冷麺1杯は1.74%高い8962ウォン(約849円)、サムゲタンは1.62%高い1万4462ウォン(約1370円)だった。唯一価格が下がったのはサムギョプサルで、200グラム当たりの価格は1万6325ウォン(約1546ウォン)だった。これは昨年豚の飼育が増加し、アフリカ豚コレラ発生の影響で需要が減少したためとみられる。率にすると3.2%の下落だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/20/2020012080022.html

本文を読む

このページのトップヘ