韓国時事ニュース

1:ななしさん 2019/11/22(金) 21:50:15.60
韓国与党の“共に民主党”は今日(22日)、韓国政府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を延長したことについて「文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の国益のための原則ある外交的勝利」と評価した。一方で最大野党の“自由韓国党”は「国家安保を心配した国民の勝利だ」と相反する反応を見せた。

共に民主党の報道官はこの日、国会での会見で「日本政府の前向きな態度の変化を受け入れた韓国政府の決断を歓迎する」と語った。


また「韓国政府の措置は、国民の安保不安を解消し、米韓同盟をより強固なものにすることにも肯定的に寄与するとみている」、「これから日本は輸出規制の解決のための対話に誠実に臨まねばならない」と強調した。

自由韓国党は「日韓両国の努力を通じてGSOMIAは安定的に持続させなければならない」、「(GSOMIA終了猶予決定は)国家安保を心配する国民の勝利だ」と語った。同党の首席報道官はこの日、青瓦台(韓国大統領府)で「韓国の安保と国民の安全を破局に追い込むところだったGSOMIA破棄が撤回されて幸いだ」と語った。

野党“正しい未来党”は「GSOMIA延長を歓迎する」、「いつでも終了できるという苦し紛れの条件を敢えて提示すべきだったのかという疑問は残っている」と評価した。

野党“正義党”は「一旦GSOMIAを終了してから(日本と)協議をしてこそ、我々の断固とした意志を見せることができるので、終了させることが正しい」と語った。

11/22(金) 20:52配信WoW!Korea
本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 20:53:40.37
(写真)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

GSOMIA(韓日軍事情報保護協定)終了延長が発表された22日の夕方、ソウル 鍾路区(チョンログ)の駐韓米国大使館前で行われた緊急キャンドル集会で、参加者たちがアメリカの出版物にGSOMIA延長糾弾キャンドルを照らしている。

ソース:民衆の声(韓国語)
https://www.vop.co.kr/A00001450050.html

本文を読む

be9a8797-s1:ななしさん
(速報)青瓦台、ジーソミア通知の効力停止…WTO提訴中断
http://naver.me/FUuReQ8j

1. 韓国人
「ジーソミア延長」とせず、「終了決定通知の効力停止」と表現するのも自尊心か?
共感:496|非共感:24

2. 韓国人
反日扇動に踊らされた月娼困惑wwwwwwwwww
共感:284|非共感:40

3. 韓国人
何の罪もない韓国国民だけが半分に分裂しました
共感:141|非共感:13

4. 韓国人
土着倭寇文在寅wwwwwwwww
共感:151|非共感:23

5. 韓国人
表では大口を叩きながら、裏ではこっそり康京和を緊急訪日させ、ひざまずいて謝罪したのか?
ショーマスター、文在寅政府らしいね
共感:87|非共感:22

6. 韓国人
最終的には元の位置に戻るのに…
いかに韓日関係を悪化させ、外交が無能だったのかを立証した事例である
共感:21|非共感:1


本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 18:27:22.56
青瓦台(大統領府)は22日、GSOMIA(韓日軍事情報保護協定)終了通知の効力を停止させることを発表した。

キム・ユグン国家安保室2次長はこの日の記者会見で、「韓国政府はいつでもGSOMIAの効力を終了することができるという前提の下、このように決定した」と述べた。彼は続けて、「韓日間の輸出管理政策の対話が正常に行われている間、日本側の3品目の輸出規制に関するWTO(世界貿易機)への提訴手続きを停止させることにした」と説明した。

https://www.hankookilbo.com/News/Read/201911221735370132

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 17:33:46.70
経済産業省 午後6時から会見へ 韓国向け輸出管理めぐり

2019年11月22日 17時20分

韓国向けの輸出管理を厳しくした措置について、経済産業省は22日午後6時をめどに、担当する貿易管理部の幹部が記者会見を行うと発表しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187421000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 15:23:48.75
ローマ カトリック教会のフランシスコ教皇が23日から26日まで日本を訪問する。教皇の訪日は1981年、ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりだ。教皇は24日、長崎原爆投下地点中心部に建設された平和公園でミサを行った後、別の被爆地・広島も訪問する。25日には東京に移動して徳仁日王、安倍晋三総理と会う。その後、東京ドームで再びミサを奉献する。

フランシスコ教皇が訪日するのは「核兵器がない世界」を念願するためだ。教皇は核兵器廃棄をずっと主張してきた。長崎と広島でも核のない世界のためのメッセージが出ると予想される。

菅義偉官房長官は去る13日、教皇の訪日と関連して「国際社会に被爆の真相を正確に知らせることが重要だ」と話した。ここで私たちが注目すべきは「被爆の真相」という言葉だ。教皇の今回の訪日は安倍総理の執拗な計画のもとでなされた。安倍政権は来年、東京オリンピックに先立ち日本の再建と清浄さを広く知らしめるために緻密に計画してきた。その一環で「教皇マーケティング」を準備した。

過去、韓半島とアジアで虐殺・強姦、強制徴用を日常的に行った日本は依然として過去の歴史を反省していない。日本軍慰安婦問題に対してどんな加害意識も持っていない。慰安婦問題は歴史のねつ造だと強弁する小林よしのりの漫画が人気を得て、太平洋戦争のA級戦犯、東条英機を賛美する映画「プライド、運命の瞬間」(1998)が日本全域で人気を博した。

強制徴用被害者(徴用工)に対する私たちの大法院判決は韓日請求権協定違反という主張だけ繰り返す。挑発は大衆文化メディアを通じても継続している。日本公営放送NHKは自国の近代化時期の実業家、渋沢栄一(1840~1931)の生涯を来る2021年放送する大河ドラマの素材に確定した、と去る9月9日に発表した。伊藤博文(1841~1909)と親しかった渋沢は「近代日本経済の父」と呼ばれるが、日帝の韓半島経済侵奪の先鋒に立った人物だ。

日本はとんでもないことに第2次世界大戦の犠牲国という被害意識を持っている。自国が第2次大戦で原爆の犠牲になり、終戦後差別を受けたというのだ。しかし、日本が見逃しているのは過去の自国の蛮行だ。日本自ら侵略国であったことを認めないのだ。

日本アニメ「ホタルの墓」(1988)には1945年、太平洋戦争の加害国で敗戦国になった日本の時代的状況を背景に平凡な幼い兄妹にふりかかった悲劇が描かれている。日本の著名な文学賞「直木賞」受賞作が原作である「ホタルの墓」は戦争の残酷さと敗戦国日本の疲弊した姿を現わしている。しかし少しでも見ればこの映画は「日本も被害国」と語る。映画の中の子供たちはなぜ自分たちが恐れに震えなければならないのか、根本理由は分からないまま空を覆った米軍爆撃機を憎むだけだ。

歴史的反省さえない日本が教皇のミサ場面をテレビで世界の人々に生中継し、2020年東京オリンピックで戦争の被害を乗り越えてきた日本の新しい光栄と新しい武装を宣伝しようとしているのは明らかだ。
教皇の訪日が歴史的謝罪や反省のない日本に免罪符を渡して教皇のミサは安倍政権の政治的野心を正当化する手段に変質することは明らかだ。

「核兵器がない世界」に向けた教皇の念願には必ず答えなければならない。しかし、それより先に「人類に反した」犯罪者の真の懺悔が先行しなければならない。踏みにじって謝らない者の方に寄り添うのではなく、踏みにじられても申し訳ないという言葉さえ聞けない者を代弁して話すのが教会の義務だ。

 
ソース:アジア経済
https://www.asiae.co.kr/article/2019112209195756432

関連スレ
【韓国】 平和の使徒・フランシスコ法王の日本訪問~日本戦犯たちの前で法王が行うミサ、免罪符を望むのか★2[11/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573883942/
本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 09:04:27.26
韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了が今夜、午前0時に迫った。政府は21日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長を中心に国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、この問題を議論した。

大統領府は、「主要関係国と緊密な協議を続けることを決めた。様々な状況に備えることも話し合った」とし、終盤の反転の可能性を残した。しかし、韓米日の水面下の外交による劇的な妥協点を見出せない限り、GSOMIA終了の決定を覆すと期待することは難しそうだ。

心細い希望であっても反転ドラマに期待をかける理由は、GSOMIA終了後に韓国が直面する状況への憂慮のためだ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「GSOMIAが終了しても日本との安全保障協力は続ける」と述べたが、GSOMIAが北東アジアの安全保障構図に占める象徴性とその終了に対して周辺国が下す戦略的判断を考えると、その影響は小さくないだろう。

特に、韓国が直面する外交的孤立は、かつて経験したことのない試練の時間になる可能性が高い。


GSOMIA終了は韓日関係を冷え込ませるだろう。韓国政府のGSOMIA終了決定から3ヵ月間、韓日の間では、文大統領の親書と首脳間の対話、様々な直接・間接的な意思疎通の努力があった。両国の公式の立場に変化はないが、真摯な対話をしようという共感を形成したのも事実だ。

しかし、GSOMIA終了はこのような努力を全て無為にする恐れがある。ムード回復にどれだけ多くの時間と努力が必要かも分からない。

ただでさえ揺れる韓米同盟には冷たい強風が吹きつけるだろう。在韓米軍駐留経費負担交渉が決裂し、在韓米軍の縮小まで議論される状況で、米国が激昂した反応を示す可能性もある。

その開始は、過去の問題を輸出管理強化で対応して貿易を武器化した日本であり、その理由として安全保障の信頼を問題視し、GSOMIAカードの口実を与えたのも日本だ。しかし、GSOMIA終了後は、米国は韓米日3国協力体制を破った責任を韓国に問い、同盟懸案と連係する可能性が高い。

北朝鮮と中国は韓米日3国体制の亀裂、さらには韓国の離脱を煽り、仲違いに力を入れるだろう。最近、対外的な脅威を強めている北朝鮮は21日、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議への招待を断り、韓国政府を嘲弄した。孤立無援の韓国の立場を誰よりも先に感知し、見下しているのだ。

中国も高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)問題の時に見せたように韓国を締めつけることは明らかだ。

外交は国家の自尊心だが、生存と実利がかかった事案では体面だけを前面に出してはいけない。外交が国民の意向に反することはできないが、国内の支持層だけを見る外交は自害的な結果を生む。

GSOMIAは勝ち負けの問題ではない。日本政府にとっても同じだ。韓日いずれも歴史に後悔を残さない決定をしなければならない。まだ一日残っている。


November. 22, 2019 08:41
http://www.donga.com/jp/article/all/20191122/1908192/1/

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 10:49:51.54
11/22(金) 10:47配信
共同通信

梶山弘志経済産業相は22日、半導体材料の対韓輸出規制強化について、現状では見直す考えがないことを改めて強調した。閣議後の記者会見で「引き続き責任を果たしていきたい」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000047-kyodonews-int

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/22(金) 09:55:39.00
日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が迫る中、アメリカ議会上院はGSOMIAの重要性を訴える決議を可決し、韓国に対してGSOMIAを維持するよう求めました。

アメリカ議会上院は、21日、日本時間の23日午前0時に失効が迫るGSOMIAの重要性を訴える決議を全会一致で可決しました。

決議では、GSOMIAがアメリカと同盟国の国益を守るのに欠かせないとしたうえで、失効すれば、アメリカの安全保障に直接、悪影響を及ぼすなどとして、GSOMIAを維持する必要があるとしています。

決議には法的な拘束力はありませんが、議会上院としては日韓関係の悪化に懸念を示し、韓国にGSOMIAの維持を求めるとともに、日韓両国に問題の解決に向けた対話を促すのねらいです。

決議案を提出した与党・共和党のリッシュ外交委員長は、今回の可決を受けて声明を発表し「日米韓3か国は北朝鮮、中国、ロシアという脅威に対抗するため、結束しなければならない。
韓国に対しては、GSOMIAを維持するよう求める」と訴えました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012186531000.html
本文を読む

1:ななしさん 2019/11/21(木) 19:19:12.98
GSOMIA失効、22日期限

【ソウル共同】日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効期限が23日午前0時に迫る中、日本に破棄通告をしている韓国大統領府は21日、国家安全保障会議(NSC)を開催し、終了後に「韓日間の懸案解決に向け、関係国と緊密な協議を続けていく」と発表した。

失効回避が可能か、日本とぎりぎりまで協議することを強調する狙いとみられる。

菅義偉官房長官は21日の記者会見で「韓国側に賢明な対応を強く求める立場に変わりはない」と述べ、破棄決定の撤回を再度求めた。日韓の立場の隔たりは依然大きく、妥協は見通せない。


cpd1703150500010-p1
本文を読む

1:ななしさん 2019/11/21(木) 22:41:18.43
産経ニュース 2019.11.21 20:38

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は21日、韓国政府が25、26日に南部の釜山で開く韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を招待する親書を送ってきたが、出席を断ったと明らかにした。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は行き詰まった南北対話の突破口にと金氏の訪韓に望みを託してきたが、実現せず、「文在寅外交」の八方ふさがりの状況が鮮明になった。

朝鮮中央通信は21日、文氏が5日に金氏が特別会議に出席するよう「懇切に招請する親書を丁重に送ってきた」と報じた。「誠意はありがたい」としつつも、金氏が「釜山に赴くべき正当な理由を見いだし得なかったことを理解してくれるよう望む」と表明した。

理由について、韓国が南北間の問題を「民族の共助でなく、外部勢力に依存して解決しようとする姿勢」を挙げ、昨年4月や昨年9月の南北首脳会談で交わした「約束が一つも実現しない中、形式ばかりの首脳対面は、むしろ行わない方がよいというのがわれわれの立場だ」と説明した。

南北は金氏の訪韓や、条件が整い次第、中断した経済協力事業の開城(ケソン)工業団地や金剛山(クムガンサン)観光の再開で合意。だが、文政権は国際社会の対北制裁を理由に実行に移さず、北朝鮮は「米国の顔色をうかがうものだ」として厳しく批判し、今年に入って南北対話は事実上、中断状態だった。

特別会議は、韓国とASEANの公式交流樹立30年を記念したものだ。ASEANには、北朝鮮と良好な外交関係を保つ国が少なくなく、インドネシアのジョコ大統領からの金氏招待の提案もあり、文政権は金氏の会議出席に備え、準備を進めてきた。韓国大統領府によると、親書には「朝鮮半島の平和定着に向けた南北の努力を国際社会の支持で広めるのに役立つ」と記された。北朝鮮とASEANとの関係を南北関係打開のテコに利用しようとする文氏の思惑が浮かぶ。

朝鮮中央通信によると、韓国は親書の送付後も金氏の訪韓が無理なら特使の派遣を重ねて要請。同通信は「北南関係を解くきっかけにしようとする文大統領の悩みを十分理解する」としつつ、特別会議について「われわれと大して縁のない複雑な国際会議」と冷ややかな見方を示した。

金氏の不参加について、大統領府報道官は「非常に残念だ」としながらも「南北首脳が頻繁に会い、国際社会の理解を得る努力をする必要があるとの立場に変わりはない」と説明した。

https://www.sankei.com/world/news/191121/wor1911210027-n1.html

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/21(木) 21:18:08.02
NHKソウル支局長
「こちらで取材をしていますと、
『振り上げたこぶしをおろすきっかけを日本が作ってほしい』
というセリフをよく耳にします」

ソース:NHK NEWS WATCH9 11月21日 21時16分

本文を読む

1:ななしさん 2019/11/21(木) 17:44:15.83 I
韓国 “最終的な決定なし”示唆 韓国外相 国家安全保障会議後

日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が23日に迫る中、韓国大統領府は21日午前、NSC=国家安全保障会議を開き、対応を協議しました。

韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相は21日午前、大統領府で行われたNSC=国家安全保障会議に出席したあと、午後2時から国会の外交統一委員会で質疑に臨みました。

この中でカン外相は日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効を21日のNSCで決めたのかと問われたのに対し、「韓国政府としては、最後まで日本の態度の変化を求めている状況であり、今の状況を点検した」と述べ、NSCで最終的な決定は行われなかったことを示唆しました。

また別の議員がGSOMIAは予定どおり終了するのかと質問すると、カン外相は「日本の態度の変化がないかぎり 再考しないというのが現在までのわれわれの立場だ」と述べ、日本政府の輸出管理をめぐり、何らかの前向きな変化がないかぎり、23日午前0時でGSOMIAが失効するのは避けられないという考えを改めて示しました。


韓国大統領府の発表によりますと、21日のNSCは、チョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安保室長が主催し、日韓間の懸案解決に向けた韓国政府による外交努力について検討したうえで、「主要な関係国と緊密な協議を続けていくことを確認するとともに、さまざまな状況に備えた方策についても議論した」としています。

ただGSOMIAをめぐって、具体的にどのような議論があったのかについては、明らかにしていません。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191121/k10012185691000.html

本文を読む

このページのトップヘ