北朝鮮

s-画像 金正恩1:ななしさん 2021/01/10(日) 19:15:09.86
2021年01月10日 | 会寧 堆肥

北朝鮮にとって2020年は、経済制裁と自然災害、新型コロナウイルスの三重苦に苦しめられたひどい1年だった。年明け早々、人々はもう一つの苦しみに直面している。不足する肥料を補うための人糞を集める「堆肥戦闘」だ。


咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、昨年末に上部から下された指示に基づき、会寧(フェリョン)で仕事初めの4日から、各職場、人民班(町内会)で、堆肥戦闘に突入したと伝えた。

今年の堆肥戦闘は、4日から10日間集中的に行われ、1人あたりのノルマは、工場、企業所の場合は労働者1人あたり500キロ、人民班では1世帯あたり150キロの人糞を10日以内に集めて納めることが求められている。


かつては、多い場合で数トン単位のノルマが課されていたこともあったが、コロナ禍が始まる直前の昨年1月に行われた堆肥戦闘では、その量が大幅に減らされた。国内での肥料生産が進み、肥料不足が緩和したことによるものだったが、その後すぐにコロナ対策として国境が閉鎖され、化学肥料の原料が中国から輸入できなくなったことで、今年のノルマは再び増やされてしまった。

https://dailynk.jp/archives/136619

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2021/01/09(土) 18:57:33.08
金正恩氏「米国を屈服させる」 米首都射程に核高度化
バイデン新政権をけん制

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は開催中の第8回朝鮮労働党大会で「米国を屈服させる」と報告した。米首都を射程に収める核・ミサイルの開発を進める方針も示した。


バイデン次期米政権の出方が読めないなか、米国や日韓の脅威となる軍事技術の向上を優先し、対米交渉能力を高める意図とみられる。

9日の朝鮮中央通信によると、金正恩氏は5~7日の会議で計9時間にわたり活動総括を読み上げた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM091VY0Z00C21A1000000
本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2021/01/05(火) 13:50:44.46
北朝鮮は途上国へのワクチン普及を進める国際組織「Gaviワクチンアライアンス」に対し、新型コロナウイルスのワクチン供給を申請した。事情を知る関係者が明らかにした。
 
Gaviは北朝鮮からの申請に関するコメントを控えた。だが報道官は、Gaviでは各国の要求を精査しており、今年の早い段階で最新情報を提供できる見通しだと述べた。
 
複数の関係者によると、北朝鮮はここ数週間で欧州数カ国の大使館に連絡し、コロナワクチンの入手方法を問い合わせた。

コロナワクチンの共同出資・購入の世界的枠組み「COVAX(コバックス)」はこれまでに、低・中所得の92の国・地域に供給するワクチンを少なくとも13億回分確保した。この対象国には北朝鮮も含まれている。

北朝鮮がこれまで報告したコロナ感染者数はゼロ。金正恩政権はコロナ対応は国家の存亡にかかわる問題だとの認識を示し、国境封鎖や外国との往来禁止に踏み切っている。
 
世界保健機関(WHO)によれば、北朝鮮では昨年12月17日までに約1万2000人にコロナ検査を実施し、隔離した人は数万人に上る。医療専門家や外国政府関係者の間では、感染ゼロは事実ではないとの見方が出ている。

2021 年 1 月 4 日 21:34
https://jp.wsj.com/articles/SB12452364451294094651504587201043091544450

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2020/11/04(水) 00:08:35.89
11/3(火) 22:38 読売新聞オンライン

【ソウル=建石剛】韓国の情報機関・国家情報院は3日の国政監査で、北朝鮮が新型コロナウイルス対策を怠った幹部を最高刑で死刑とする「コロナ怠慢罪」を新設したことなどを報告した。北朝鮮は自国の防疫体制の脆弱(ぜいじゃく)さを認め、新型コロナで「30万人死ぬか、50万人死ぬかわからない」とする文書も作成していたという。

国会情報委員会所属の議員が記者団に報告内容を明らかにした。それによると、北朝鮮では、朝鮮労働党の関係者が全国に派遣され、管理違反者は軍法に基づいて処罰されている。8月には韓国などの物資を北朝鮮に搬入した税関職員が大量に処分された。非正規ルートでの入国を避けるため、中朝国境の一部に地雷を埋めているという。

本文を読む

s-画像 金正恩1:ななしさん 2020/11/01(日) 10:21:05.22
【ソウル聯合ニュース】

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は1日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の「総連分会代表者大会」に祝いのメッセージを送り、日本国民との友好活動を呼び掛けるとともに、新型コロナウイルスに注意するよう促した。

金委員長はメッセージで、「日本人民と友好親善活動を行い、在日同胞社会の存立と発展に有利な対外的環境をつくるべき」と述べ、日本国民との親善を強調した。


北朝鮮はこれまで「対日敵対心」を強調しながら日本政府や右翼勢力を非難してきたが、これとは別に朝鮮総連が社会的基盤をつくるためには日本社会に溶け込むべきと求めたことになる。

また、コロナ禍で被害を受けないよう注意を促したほか、子どもたちが日本でも朝鮮語を使えるようにすべきと言及した。

金委員長は生母の高容姫(コ・ヨンヒ)氏が大阪出身の在日朝鮮人であることから、朝鮮総連の活動に関心が高いと知られている。

2020.11.01 10:11
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20201101000100882

本文を読む

1:ななしさん 2020/10/16(金) 22:40:21.03
世界が気候危機とコロナ危機に直面するなか、ことさら危機的な状況にあるのが北朝鮮だ。このままでは再び多くの人命が失われる可能性がある。米経済メディア「ブルームバーグ」が、具体的なデータから北朝鮮の現状と未来を読み解く。

北朝鮮は8~9月、わずか2週間で3つの台風に見舞われた。ちょうど主要な収穫期の直前で、食糧供給に甚大な被害が出ている。国連の世界食糧計画(WFP)は、北朝鮮の人口の40%ほどがすでに栄養不良の状態にあると推定している。今回の大打撃は、2019年の凶作、さらに2020年コロナ禍による中国などからの食糧輸入の遮断に追い打ちをかけるものだ。

北朝鮮の人権に関する国連の特別報告者は、国連総会に提出する報告書の草案で次のように述べている。

「人々は資産や家具を売って借金し、山に入って薬草を探し、食べ物をあさり、小さい土地を耕して生き残ろうとしている」


今年の植え付け期に、新型コロナによる国境封鎖で燃料や肥料などの輸入が減ったことも、収穫量が1994年以来で最低になりうる要因だと同報告書は述べている。

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/28(月) 19:05:02.24
公務員射殺事件から1週間も経たないうちに…韓国与党「北朝鮮観光決議案」上程強行
https://s.japanese.joins.com/Jarticle/270687

韓国国会外交統一委員会の宋永吉(ソン・ヨンギル)委員長が28日、与党「共に民主党」議員が発議した「韓半島(朝鮮半島)終戦宣言要求決議案」と「北朝鮮個別観光要求決議案」などの法案上程を強行しようとしたが野党議員の反発に遭った。野党は北朝鮮による失踪公務員射殺事件にもこのような決議案を上程しようとしたとして強く批判した。(略)

cpd1703150500010-p1
本文を読む

1:ななしさん 2020/09/27(日) 11:12:58.71
北朝鮮は27日午前、「南朝鮮当局に警告する」というタイトルの朝鮮中央通信社の報道で「私たちの海軍黄海艦隊の通知によると、韓国側では、去る9月25日から、数多くの策略、船舶を捜索作戦と推定される行動に動員させながら、韓国側水域から侵犯しており、このような韓国側の行動は、私たちに当然の警戒心を誘発させ、別のかんばしくない事件を予告させる」とし、海洋警察庁などの遺体捜索活動を批判した。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0011909200&date=20200927

関連
金正恩氏「かんばしくないこと…文大統領・南側同胞に失望感与えて申し訳ない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd607012322a96458867a46bc044484d7ef8c3f8

本文を読む

1:ななしさん 2020/09/16(水) 07:00:45.29
金王朝破たん寸前 朝鮮半島台風3連発「未曾有の大水害」
社会・2020/09/16 06:00 / 掲載号 2020年9月24日号

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長も、まさか大型台風に“斬首作戦”を敢行されるとは思いもしなかっただろう。天災にはICBM(大陸間弾道ミサイル)の抑止力が利かず、最強を自負する朝鮮人民軍の特殊部隊20万人も太刀打ちできなかった。

 台風8号が8月27日に北朝鮮を縦断した後、2週連続で発生した台風9号は、9月3日に北朝鮮東岸沖を進んで大雨被害などをもたらした。台風10号も7日から8日にかけて朝鮮半島に上陸し、大雨や暴風などによる被害をさらに広げた。

「9号が通過した江原道の中心都市・元山市(人口約36万人)では、2日午後9時から3日午前6時までの降水量が200ミリに達し、北朝鮮当局の発表によると数十人の死者が出た模様です。同道と同市の幹部らは被害を未然に食い止められなかったことをとがめられ、正恩氏から『党的、行政的、法的に、厳罰に処する』と公言されました」(北朝鮮ウオッチャー)

 あの北朝鮮が不祥事を内々に処理せず、ましてや懲罰を公にするのは、2013年12月に正恩氏の叔父・張成沢党中央委員会行政部長を“反党行為”で解任し、処刑して以来。まさに人身御供である。

 農作物やインフラへの被害も甚大だ。朝鮮中央通信によれば、8月上旬からの大雨被害と台風で、農作物の被害面積は3万9296㌶に及んだほか、住宅1万6680戸と公共建物630棟が破壊、浸水し、多くの道路や橋、鉄道が寸断され、発電用のダムまで崩壊したという。


本文を読む

1:ななしさん 2020/09/06(日) 10:18:29.74
しつこく居座る梅雨前線による長雨で、各地で甚大な被害が発生した北朝鮮。被災地の一つ、黄海北道(ファンヘプクト)銀波(ウンパ)郡には、全国から大量の人員が投入され、復旧作業が進められている。

現在、住宅の再建事業が行われているが、地方政府の予算不足で民間の投資を頼らざるを得ない状況となっている。しかし、問題はそれだけではない。工事に動員された朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が、家や財産を失った被災者をさらに苦しめているというのだ。


現地のデイリーNK内部情報筋によると、金正恩党委員長が視察を行った直後の先月9日に、多数の兵士が現地に到着した。まずは、道路の復旧、堤防の補修などを行い、その後は住宅の建設も行っている。

彼らは、民家のそばに宿営しているが、時々やって来て、盗み出した建設資材をパン、酒、タバコと交換して欲しいというものだが、応じる住民はいない。

それもそのはず、このような現象が起きることを予見した当局が、住民に対して「兵士が持ち込んできたセメントや木材などの建設資材は決して受け取ってはならない、受け取った者は法的に処罰する」との警告を発したからだ。

北朝鮮では、災害や事故が起こると軍の兵士が大量に動員されるが、当局は送り込むだけ送り込み、食糧などの補給をまともに行わないのだ。そのため、被災地では犯罪が多発する。


北朝鮮北東部に甚大な被害をもたらした2016年8月の台風10号(ライオンロック)。被災地には兵士が動員されたが、一般住民から食べ物を盗むなどの事件が多発。金正恩氏は、「復旧建設中に人民の財産に手を出す現象が発生すれば、その場で銃殺してもいい」との命令を下す状況となった。

今回は、軍の上層部が「建設資材を売り払う現象は軍法で裁く」との警告を発しているが、腹をすかせた兵士たちには効果がないようだ。

兵士らは民家に資材を持ち込み、食糧との交換を要求するが、民間人は「絶対にダメ、買ったら罰せられる」と決して応じようとしない。それに腹を立てた兵士らは、報復として民家に押し入って「食べ物をよこせ」と凄んだり、店に押しかけて飲食をした後、「ツケで頼む」と言い残し、代金を払わなかったりなどの行為に及んでいる。

住民の間からは「兵士らのせいで商売もできなくなった、建設やら何やら全然ありがたくない」との声が上がっている。銀波郡の行政当局には信訴(不正行為の告発)が寄せられているが、郡党(朝鮮労働党銀波郡委員会)は何もできずにいる。兵士らに食料を提供するほどの余裕がないからだ。

また、兵士の犯罪は警務隊(憲兵隊)でなければ処理する権限がなく、安全部(警察署)も手が出せない。平時にも民家や農場を襲撃して食糧を強奪するなどの事件を起こしているような連中を、被災地に送り込むことは、「二次災害」以外の何物でもない。

高英起 | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト 9/6(日) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200906-00196818/

本文を読む

1:ななしさん 2020/08/28(金) 09:01:51.83
「金正恩の首都」が飢え始めた…軍の備蓄放出でも足りない食糧

北朝鮮当局が、滞っていた平壌市民への配給を解決するため、軍の備蓄食糧を一部放出したことがわかった。

平壌在住の情報筋は25日、韓国デイリーNKに対し「最近、滞っていた7月分までの配給が一度に行われた」と伝えた。しかし、8月分の配給がどうなるかについて、当局からは発表がないという。

1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の時でさえ行われていた平壌市民に対する食糧配給は、このところ数カ月にわたり止まっていた。平壌のデイリーNK内部情報筋は6月、今年に入って配給が行われたのは3月までで、それ以降は止まっていると伝えた。その3月の配給も、1、2、3月の3ヶ月分をまとめて行い、1ヶ月分の量も12日分に減らされ、コメではなくトウモロコシが配られる有様だったという。

長期にわたっている国際社会からの経済制裁と、新型コロナウイルス流入遮断のための国境封鎖が影響していると見られる。

朝鮮中央通信によれば、金正恩党委員長は6月7日に行われた朝鮮労働党中央委員会第7期第13回政治局会議で、「首都市民の生活保障において早急に解決すべき問題を具体的に指摘し、住宅建設をはじめとする人民の生活保障に関する国家的な対策を強く立てることについて強調した」という。

ここで言われている「早急に解決すべき問題」には食糧配給の停滞も含まれると見られるが、だとすれば、金正恩氏が直々に解決を指示してから、今月の配給実施まで2カ月を要したことになる。北朝鮮の台所事情がいかにひっ迫しているかを物語っている。

「苦難の行軍」の際、庶民は盗みや売春など、生き伸びるための手段を選ばなかった。今や金正恩体制のエリートたちまでが、似たような境遇に追いやられているのかもしれない。

今回の配給では4~7月分が配られたが、エリート層と一般市民とで、配給の量に差をつけたもようだ。情報筋によれば、「中央機関、軍、安全部(警察)、保衛部(秘密警察)、検察所、裁判所、大学教員などにはコメとトウモロコシを混ぜたものを、本人20日分、家族15日分を1カ月分として配った。一般市民に対しては10~12日分が1カ月分として配られたが、トウモロコシの比率が高かった」という。

十分な量を確保できなかったことによる苦肉の策と見られるが、それさえも「軍糧米と首都米(首都用の備蓄米)、輸入米を合わせてようやく間に合わせたようだ」という。

こうした現状の中でも平壌市民たちは「(水害などの)自然災害が続く中、元帥様(金正恩氏)が被災地を心配して現地指導を行っている中で、配給が少なくとも不平をこぼすのははばかられる雰囲気だ。首都の人々は思想的に武装し、国家と苦難をともにしてこそ(平壌からの)追放を免れると考えている」(情報筋)。

しかし、平壌市民の生活の苦しさは、いよいよその度を増している。

「最初は郊外区域の人々が苦しくなり、飢えるようになったが、最近では都心区域でも『苦しい』との声が聞こえる。郊外の山野で、畑を耕すべきか悩む人々も出始めた」(同)


今回はどうにか配給を行うことができたが、同じやり方を続けるのは難しいだろう。金正恩氏に、300万首都市民を養う妙案はあるのだろうか。

高英起 | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト
8/28(金) 5:02
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200828-00195180/

本文を読む

1:ななしさん 2020/08/26(水) 13:58:15.25

・すでに洪水被害で今秋の穀物収穫量が史上最悪の見込み

・台風8号が947hPaの非常に強い勢力で北朝鮮に接近

bandicam 2020-08-26 14-06-26-113

・平壌が約8時間暴風圏にさらされる(18年に大阪に大きな被害をもたらした台風では、大阪が暴風圏に入ったのは約3~4時間)

・中国と北朝鮮の国境らへんに上陸するまで台風が海でエネルギーを補給し続け、その間北朝鮮は台風の危険半円(右側)に収まり続ける

bandicam 2020-08-26 14-08-22-786

台風情報

windy.com

洪水被害で今秋の穀物収穫量が「史上最悪」の見込みだという北朝鮮

北朝鮮の水害被害は深刻 国境封鎖で経済苦境=韓国情報機関
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200820004400882

本文を読む

index1:ななしさん 2020/08/20(木) 21:05:00.49
韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は20日、非公開で行われた国会情報委員会で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長ら側近に一部の権限を委任し、統治を行っているもようだと報告した。

会合に参加した野党・未来統合党の河泰慶(ハ・テギョン)議員によると、国情院は「金与正氏が国政全般において委任統治を行っており、対南(対韓国)や対米問題に関しても、まず与正氏が報告を受け、彼女が金正恩に報告している」と説明したという。

ただ、金与正氏は金正恩氏の後継者として確定したわけではなく、委任統治も単独で行っているわけではないという。「金与正が全般的に、最も(権限を)移譲された部分が多いが、経済は朴奉珠(パク・ポンジュ)党副委員長、金徳訓(キム・ドックン)内閣総理が委任され、軍事分野では新設された党軍政指導部の崔富一(チェ・ブイル)部長、戦略兵器の開発を担当する李炳哲(リ・ビョンチョル)党中央軍事委員会副委員長が部分的に権限を委譲されている」とのことだ。

金与正氏はこの6月、脱北者団体が散布してきた対北ビラを巡って韓国への強硬策を主導した。同氏は同月13日の談話で、ビラ散布への報復として南北共同連絡事務所を「跡形もなく」すると警告。すると、北朝鮮は16日午後、開城工業団地内にある南北共同連絡事務所を爆破した。

談話の発表からたった3日でこれだけの行動に出るとは、金与正氏は北朝鮮の「もうひとりの指導者」として、並外れた「実行力」をアピールする形となった。

委任統治の目的について国情院は、当地ストレスの軽減と、政策失敗時に責任を逃れるためとの見方を示したという。

また金正恩氏の健康状態については、何ら報告がなかったという。

Yahoo!Japanニュース/デイリーNKジャパン8/20(木) 18:51
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200820-00194259/

本文を読む

このページのトップヘ