1:ななしさん 2021/09/02(木) 14:22:18.68
9月2日 聯合ニュース

日本企業が電気自動車(EV)の販売では遅れているが、技術ではトップの座に上がっているという分析が出た。

日本経済新聞(日経)が特許調査会社「パテントリザルト」と今年7月現在、米国で出願されたEV関連の特許を分析して2日に報道した内容によると、競合他社が同様の特許に引用された回数と審判が提起された回数などを点数化した技術の重要度の評価で上位50社のうち42%(21ヶ所)を日本の自動車メーカーと部品大手が占めた。


EV関連特許には、モーターとバッテリーなど自動車部品はもちろん、充電設備などのインフラ技術も含まれる。

この評価で首位は8363点を得たトヨタが占め、ホンダが3849点で3位にランクされた。

米国企業では、2位のフォードなど13社が50位以内に入り、国別の競争で米国が日本に大きく遅れをとった。

韓国とドイツの企業はそれぞれ5社ずつが50位以内に入り、中国企業で50位以内に含まれているのは、32位の比亜迪(BYD)など2社だけだった。

bandicam 2021-09-03 01-44-52-727




EV技術分野での日本企業の優位性は、欧州連合(EU)からの特許分析でも確認された。

日経は、EVの技術と関連した日本企業の競争力の源泉を、ハイブリッド車(HV)で蓄積された技術と分析した。モーターとバッテリーなどHVとEVは共通部品が多いが、トヨタが1997年に世界初の量産型HVのプリウスを商用化して以来、培ってきた関連技術が生きているのだ。

しかし現在のEV市場では、米国テスラなどに劣る日本企業が、技術力を販売につなげて研究開発投資の財源を確保する好循環構造を作成できない場合、技術も劣る境遇に変わりかねないという指摘が出ている。

日経が引用した米国の調査会社「イーブイ(EV)セールス」によると、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)の昨年度の世界販売1位はテスラであった。中国企業ではBYDなど7社が20位以内に入り、市場全体の20%を占めた。その一方、日本企業としては、14位の日産車が最高でトヨタは17位にとどまった。

日本のメーカーは、TVやコンピュータなどの電気製品で世界市場を席巻した時があったが、品質と価格を競争力を前面に出した韓国と中国の企業に押された。

日経はこの点を取り上げ、日本の自動車メーカーが先進技術を一日も早くビジネスに接続できない場合、EVも電気業界の二の轍を踏みかねないという専門家の言葉を紹介した。


いい77 腹立つ427

4:ななしさん
DVの技術なら、韓国が1番やでw

6:ななしさん
燃えるEVならウリナラが世界一よ

12:ななしさん
パクるから、気をつけろ

14:ななしさん
<丶`∀´>強姦専門ED大国で対抗するニダ

32:ななしさん
激怒の意味わからん
能力がないの自覚してないんか

37:ななしさん
さすがトヨタだな。
それにル・マン24時間レース4連覇は凄い。

43:ななしさん
中韓はパクるだけだから当たり前やろ

100:ななしさん
EV、燃料電池、水素エンジン・・・
どの道を歩んでも日本の特許だらけ

111:ななしさん
技術とはパクるものニダ

164:ななしさん
知財収支ランキング
日本 2位
韓国 157位
中国 168位

180:ななしさん
>腹立つ

wwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwww

158:ななしさん
韓国には関係ない話だ
いちいち関わるな