s-c304bbad1:ななしさん 2021/03/02(火) 08:02:51.10
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、ソウルのタプコル公園で行われた三一節(独立運動記念日)記念式典で、韓日関係について「過去に足を引っ張られているわけにはいかない」とし、「過去の問題は過去の問題として解決していき、未来志向的な発展により力を入れなければならない」と述べた。

過去の問題とは異なる懸案を分離しアプローチする「ツートラック」路線を再確認し、韓日関係改善の意向をいつにも増して強く明らかにしたものだ。

文大統領は記念演説で、日本軍「慰安婦」問題や強制動員被害者問題など日本政府が敏感に感じる問題には直接言及しなかった。

歴代大統領は三一節記念演説を通じ、韓日関係や南北関係に対する重要なメッセージを出してきた。

今年は1月に韓米日の三角協力の復元を強調してきた米国のジョー・バイデン大統領が就任した後だということで、より一層注目を浴びた。

文大統領の記念演説について日本政府は「重要なのは、両国間の懸案を解決するためには、韓国側が責任を持って具体的に対応すること」だと明らかにした。

残念だ。1965年の国交正常化後で最悪という話が出る韓日関係を解決するには、どちらか一方の一方的な譲歩では不可能だ。


韓国政府が賢明な解決策を模索するとしても、過去の問題の基本原則である「被害者中心主義」を放棄できない。

日本政府は「関係改善の契機は韓国が作らなければならない」という硬直した姿勢から脱し、対話に乗りだしてほしい。





1月に「日本政府は慰安婦被害者に直接賠償しなければならない」という韓国の裁判所の判決が出た後、菅義偉首相と茂木敏充外相は新任のカン・チャンイル駐日韓国大使との面談を拒否し、チョン・ウィヨン外交部長官との電話会談にも応じていない。

心から問題を解決しようとするならば、ボールを相手を渡し責任を問うのではなく、膝を突き合わせなければならない。手のひらは打ち合ってこそ音がするものだ。
 
文大統領は、日本に易地思之(相手の立場で考えること)の姿勢で話し合うことを提案し、「私たちが越えなければならない唯一の障害物は、時に過去の問題を未来の問題と分離できずにかき混ぜることで、未来の発展に支障をきたしてしまうこと」だと述べた。

文大統領は、韓日協力の機会として7月の東京五輪をあげた。東京五輪は文大統領の言葉のように、韓日、南北、朝日、朝米の対話の機会になり得る。

東京五輪が朝鮮半島平和プロセスの再稼動の契機になるには、まず韓日関係を解決しなければならない。

両国は東北アジアの安定と共同繁栄に力を集めてほしい。

2021-03-02 06:52
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/39284.html

2:ななしさん
韓国人が相手の立場を考えたことはあるのか?

27:ななしさん
韓国に対する愛はないニカー!

39:ななしさん
こんだけ日本が冷たくしてると不安だろな

41:ななしさん
お前が立場を弁えてればこうはなってない

45:ななしさん
解決済みです。終わり!

64:ななしさん
韓国が何を譲歩したと連中は言ってるんだろ

70:ななしさん
>>64
日本に少しだけ下手に出た

72:ななしさん
>>64
慰安婦合意は有効だと認めてやった

74:ななしさん
自分らが一番できないことじゃん

76:ななしさん
どの口で言ってるんだこのクソガキ