1:ななしさん 2021/02/25(木) 12:31:30.61
225兆ウォン投入も惨事... 「この速度なら13年後、最悪の状況来る」
2021.02.24 午後5:07

・懸念よりも深刻な人口減少 この速さでは13年後に人口4000万人台

・合計特殊出生率・出生児数など統計庁の予想は全て外れ

・高齢化により生産性に大きな打撃 消費低迷・デフレ・人手不足

・福祉はますます増え、財政に脅威 国民年金枯渇もより速くなる模様


「予想はしたが、はるかに深刻である」

24日、統計庁が発表した「2020年出生・死亡統計」を見て専門家が出した評価だ。昨年の出生率、出生児数などの指標が、2019年に統計庁が予想した数値よりも著しく低く出てきたからである。
このような速度だと総人口が4000万人台に沈む視点も当初の予想(2044年)より10年ほど早くなるかもしれないという懸念が出ている。中略

■昨年の合計特殊出生率0.84人


韓国の合計特殊出生率は、2018年は0.98人、2019年は0.92人を記録した。合計特殊出生率は女性1人が一生で産むと予想される平均出生児数を指す。女性が一生で子供を一人も生まない国になった。国連によると、世界198カ国のうち、出生率が1人もない国は韓国が唯一だ。韓国の出生率は、197位のプエルトリコ(1.2人)よりも大きく低い。台湾も出生率が世界的に低い国だが、2018年の1.06人から2019年の1.2人へと高くなって韓国より良好な方だ。

少子化速度が速く進み、統計庁も見通しを大きく誤った。2017年に発表した将来人口推計(中位推計基準)では昨年の合計特殊出生率を1.24人と提示したが、2019年の推計時には0.90人に下げた。問題は、これすらも楽観的な見通しになってしまったことである。蓋を開けてみると、昨年の合計特殊出生率は0.84人にとどまった。0.9人線まで崩壊した。

出生児数の展望も外れた。昨年の出生児予想は2017年の推計では40万9000人で、2019年の推計では29万2000人だった。実際は27万2000人にとどまった。 以下略





2:ななしさん
ポッケナイナイ!!!!!!!

9:ななしさん
>>1
中抜きが多すぎるんじゃね。

16:ななしさん
イランに金払ってやれよ

21:ななしさん
22兆円?そんな金あるわけねーじゃんw

22:ななしさん
試し腹の復活ニダ

28:ななしさん
そこで北と統一ですよ

38:ななしさん
2020年の出生数=272000人 出生率=0.84
12月 18212人
11月 20,085人
10月 21,934人
09月 23,566人
08月 22,472人
07月 23,067人
06月 22,193人
05月 23,001人
04月 23,420人
03月 24,378人
02月 22,854人
01月 26,818人

2019年の出生数=303000人 出生率=0.92
12月 21100人
11月 23800人
10月 25600人
09月 24100人
08月 24400人
07月 25200人
06月 24000人
05月 25300人
04月 26100人
03月 27100人
02月 25700人
01月 30300人

2018年の出生数=326500人 出生率=0.98
12月 22600人
11月 25300人
10月 26500人
09月 26100人
08月 27300人
07月 27000人
06月 26400人
05月 27900人
04月 27700人
03月 30000人
02月 27500人
01月 32100人

40:ななしさん
いくら対策してももう遅いんだよ

49:ななしさん
コロナの影響が出るのは今年じゃないかな
一気に0.7を切る勢いでお願いしたい

51:ななしさん
日本も笑っていられないが、
韓国は完全に終わっている。

56:ななしさん
朝鮮人が減るのは良いこと

70:ななしさん
人類の敵センジンを殲滅しろ!!!!!!!!