index1:ななしさん 2020/10/25(日) 15:27:39.75
先月16日、就任後半月ぶりに発生した「日本の学術会議の任命拒否」波紋を介して、自分の独断スタイルを表わにした菅義偉首相に「ヒトラー論争」の火がついた。安倍晋三元首相も強権的な権力行使に出るたびにヒトラーに似ているという批判がSNSなどのインターネットで提起されたりしたが、菅首相はそのような状況を超高速で迎えたわけだ。

菅首相は先月、日本学術会議のが推薦された候補者の学者105人のうち、前の安倍政権の時、政府の政策に反対意見を出したことがある6人の任命から脱落させ、学界と進歩陣営の強い反発を買っている。政府の政策を提言する学術会議のは首相傘下機関であるが、関係法令に基づいて人事、運営などの独立性が確保されてきた。しかし、この慣行に菅首相が初めてブレーキをかけながら「政府の学界の支配」の懸念が大きくなった状態だ。

「菅=ヒトラー」論議の発端は去る23日、菅首相に任命で脱落した松尾宮高明立命館大学教授が外国特派員協会記者会見に出ていた発言だった。松宮教授は「ドイツナチスのヒトラーさえ全権を掌握するためには、特別な法律を必要としたが、菅首相は(法律新設もせずに)現行憲法を変えて解釈することで、自分がヒトラーのような独裁者になろうとしているのではないかと思う」と発言した。

菅首相の立場を支持する陣営が発言について「問題だらけの日本学術会議のを改革しようとする菅首相を人類虐殺を行ったヒトラーと比喩するのは話にならない」、「問題のある人を学術会議ので排除することは、国家指導者として当然の責務」などの反論があふれた。

これ米山隆一前新潟県知事は24日、ツイッターでヒトラー政権当時のドイツ国民と現在の日本国民を比較しながら、「今、日本がそのようになっていることを心から心配しなければならない」と書いた。彼は周りの人が気に入らないとして当局に申告するドイツ人があふれたのがナチス独裁の土壌を作ってくれたという、関連書籍の内容を引用して現在の日本の社会がそのような状況に陥っていると憂慮した。

東京キム・テギュン特派員 windsea @ seoul.co.kr

ソウル新聞 2020.10.25 14:31
https://n.news.naver.com/mnews/article/081/0003133992?sid=104





6:ななしさん
すぐヒトラーとか使いたがるなぁ

17:ななしさん
仏像返せ

44:ななしさん
そんな日本に泣きすがる韓国。

51:ななしさん
パヨ界隈だけやん

65:ななしさん
いい加減にしろキチガイ

90:ななしさん
ムンムンの方が近いじゃん。

101:ななしさん
ハッピー米山と同じこと言っているw

105:ななしさん
つまらんレッテル貼りしかできないんか。

115:ななしさん
すまん共通点が見当たらないんだが?