1:ななしさん 2020/10/02(金) 11:50:12.83
祝日になると、このようなニュースが定番のように出てくるのを見ることになる。

「秋夕連休にも...未払い賃金の泣く労働者」
「雇用労働部、お盆比賃金未払い防止対策の推進」

今年も秋夕を控え、雇用労働部は、プレスリリースを出した。今年1月に旧正月連休を控えてたプレスリリースとそっくりだ。

今年は特に、新型コロナにより賃金未払いの労働者が23万人まで増加すると予想されて、その金額は、1兆2000億ウォンと推定されるなど、史上最大になるという憂鬱なニュースが聞こえる。
ところが、実際には賃金未払い問題は、昨日、今日の問題ではない。雇用労働部が発表した資料を見ると、2016年から未払い賃金と申告された金額は、すでに1兆ウォンを遥かに超えている。申告されなかった件まで合わせたら本当に「賃金未払い共和国」といわれるほど深刻である。 (以下略)

SBS 2020.10.02 午前11:01
https://n.news.naver.com/mnews/article/055/0000845396?sid=102




2:ななしさん
でもチキン屋と売春婦があるから

3:ななしさん
ジムロジャーズどうすんだよこれw

5:ななしさん
暴力労組運動に明け暮れて仕事してない

8:ななしさん
ラオスに未払い
ベトナムに未払い
イランに未払い

9:ななしさん
払わなければ、どうということはない!(中小企業の社長)

15:ななしさん
こりゃ困った、資産の現金化はよ

18:ななしさん
踏み倒しの起源は、韓国。

31:ななしさん
北朝鮮化が止まらない

48:ななしさん
契約が成立しない国だし

49:ななしさん
こいつら複数の企業が海外でも賃金未払いのまま夜逃げをやっているからなぁ