1:ななしさん 2020/09/23(水) 22:03:40.16
ソウル大学化学生物工学部ヒョン・テグァン客員教授が今年のノーベル賞受賞予測リストに載った。

情報分析サービス企業クラリベイト・アナリティクスはノーベル賞を受賞できると予想される「2020年被引用優秀研究者」リストを23日発表した。

今年、優秀研究者リストには6ヶ国24人の研究者の名前があがった。韓国機関に所属した研究者のうちではヒョン・テグァン教授が唯一名前を載せた。ヒョン教授は20年以上、ナノ科学分野を研究中の碩学だ。今回の名簿に載ったのは「ナノ粒子を均一に合成できる標準合成法の開発」と関連した成果が重要な根拠になった。

ヒョン教授は望む大きさの均一なナノ粒子を作り出す方法を完全に新しい接近法で考案した。室温で徐々に加熱する昇温法(heat-up process)を通じて均一なナノ粒子合成に成功した。2001年アメリカ化学会誌(JACS)に掲載されたこの研究は現在まで1660回引用された。従来はナノ物質を合成すると粒子の大きさが各々異なって生産され、必要な大きさの粒子だけ選んで使わなければならなかった。

彼は昇温法の産業的応用のための基礎固有技術も開発した。均一なナノ粒子の大量合成方法を開発して2004年12月、ネイチャーマテリアルズ(3000回引用)に発表した。昇温法は現在、全世界の実験室だけでなく化学工場でも標準ナノ粒子合成法として広く使われている。化学分野で1000回以上引用された論文数は全論文の約0.025%に過ぎない。

ヒョン教授は「ソウル大教授に任用された時、米国博士課程で研究してきた分野でない新しい分野に挑戦しようと決心し、当時、出てきたナノ科学分野研究に飛び込むことになった。弟子たちと同僚科学者、そして長期間、一分野を着実に研究できた状況のおかげでこのような栄誉を得ることができた」と明らかにした。

クラリベイト・アナリティクスは2002年から「ノーベル賞受賞が有力な科学者リスト」を毎年発表している。現在まで54人が実際にノーベル賞を受賞した。

韓国人としては2014年、ユ・リョン、カイスト教授が名簿に初めて載り、2017年にはパク・ナムギュ成均館大教授が選ばれたことがある。

一方、スウェーデンのノーベル財団は今年ノーベル賞発表を来月5日から12日まで進める。5日の生理医学賞を始め6日、物理学賞、7日化学賞、8日文学賞、9日平和賞、12日経済学賞が発表される。

https://www.asiae.co.kr/article/industrial-general/2020092316243068051




2:ななしさん
いやぁ秋だねぇ(*´ω`*)

3:ななしさん
また始まったよ

6:ななしさん
もうノーベル症の季節か、一年経つのも早いね。

39:ななしさん
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b63cabb329f87f68bf3ad71f577f2a1e582528b

>引用栄誉賞は、論文の引用分析から「近い将来ノーベル賞を受賞する可能性の高い研究者」を選ぶことが目的。同賞は2002年から世界で336人が受賞。このうちノーベル賞受賞となったのは54人で、ほぼ6人に1人がノーベル賞を受賞している。

10:ななしさん
早く銅像作らないとっ😵💦

14:ななしさん
もう秋なのかぁ

17:ななしさん
なお日本人は新たに二人選出された模様

ノーベル賞クラスの研究者リストに2名の日本人研究者が新たに名を連ねる
https://clarivate.jp/blog/Citation_Laureates_2020

20:ななしさん
ノーベル症の秋だね。

29:ななしさん
あの詩人は?

55:ななしさん
さんまの塩焼き食べたくなってきた

70:ななしさん
日本人は今年含めてこの賞を授賞したのは28人
そのうちノーベル賞を授賞したのは4人だけ

86:ななしさん
秋はノーベル症