1:ななしさん 2020/08/11(火) 10:25:37.54
アジア経済ジョンヒョンジン記者

日本植民地時代に強制徴用問題をめぐる日韓の対立を解消するために、日本が韓国に与えた苦痛を見て回って、歴史の前で謙虚な態度を取るべきだと、日本のマスコミがコメントした。

東京新聞は11日、「歴史の影を忘れない」というタイトルの社説で「どの国の歴史にも光と影が交差する。しかし、日本では光だけを選んで話すことが増えているような気がする」と指摘し伝えた。


東京新聞は、2015年8月、安倍晋三首相が発表した前後70年談話(阿部談話)で、日露戦争について「植民地支配下にあった多くのアジアとアフリカ人たちに勇気を与えた」と評価したことを述べた。新聞は「この戦争は、日本と周辺国に深い傷を残した」と歴史の暗い側面を無視した事例と見た。日露戦争は、日本が韓半島を植民地支配するきっかけとなった事件である。 中略

東京新聞は、「韓日間で歪む昔の徴用工の問題も同じだ。日本政府は、『1965年の協定で解決済み』としている」とし「法律や協定を理由に振り切る前に当時の痛みに共感する姿勢を見せた状況は変わったかもしれない」との意見を述べた。続いて「もちろん、韓国にも過剰な反応と思われる面がある」とし、「日本がまず歴史に謙虚になる必要がある」と、日本の自制を促した。

東京新聞はまた、「足を踏んだ人は、足を踏まれた人の痛みを知らないという。戦後75年経っても歴史を巡って、また相手の足を踏むような行為をしていないか。立ち止まって考えてみたい」と付け加えた。


アジア経済  2020.08.11 10:06
https://n.news.naver.com/mnews/article/277/0004734538?sid=104




6:ななしさん
嘘吐き朝鮮は死ね

11:ななしさん
またトンキン新聞かよ

30:ななしさん
元寇についての見解は?

63:ななしさん
>>1
大して痛くもないのに大げさに痛がって被害者づらすんな!

64:ななしさん
東京新聞はソウル新聞に改名すべき

65:ななしさん
ベトナムにも言ってね

82:ななしさん
頭狂新聞

84:ななしさん
いつまで言ってんだよ。解決済みだ

91:ななしさん
踏んでないのに踏んだと大騒ぎする馬鹿にはどう対処すりゃええの?

107:ななしさん
こんなゴミ新聞を金出して読んでる馬鹿が信じられんwww