1:ななしさん 2020/05/28(木) 02:22:17.82
第1四半期の出生率0.90人で墜落...初めて5ヶ月目の人口自然減(総合)
2四半期連続で自然減少... 「今年の年間自然減少の可能性大きく」
2020.05.27 17:09:03

今年第1四半期の出生児数が第1四半期で歴代最低の7万人台に落ち、合計特殊出生率が0.90人に墜落した。


死亡者数は5年ぶりに最大を記録し、韓国の人口は史上初めて5ヶ月連続で自然減少し記録を更新した。

27日、統計庁が発表した「3月の人口動向」を見れば、3月の出生児数は2万4千378人で、1年前に比べ2千738人(10.1%)減少した。

これは統計集計を開始した1981年以来、
3月基準で最低値だ。

出生児数は2016年4月から48ヶ月連続で前年同月比で最小記録を塗り替えている。出生は季節などの影響を受けるため、通常同月同士を比較する。今年の第1四半期の出生児数は、集計以来最も少ない7万4千50人で、昨年の第1四半期より9千179人(11.0%)減少した。

女性1人が一生産むと予想される子供の数である合計特殊出生率は、第1四半期が0.90人で、前年同期より0.12人減少した。


合計特殊出生率が第1四半期ベースで1人未満に墜落したのは、四半期ベースの出生率集計を開始した2009年以来初めてだ。

昨年の合計特殊出生率は、第1四半期が1.02人、第2四半期は0.92人、第3四半期は0.89人、第4四半期は0.85人だった。


韓国の合計特殊出生率は人口を維持するために必要な合計特殊出生率2.1人の半分にも満たない水準である。(中略)






3月の死亡者数は2万5千879人で、1年前に比べ895人(3.6%)増加した。死亡者数は、2015年3月の2万6千493人以来、過去5年間で最大である。

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急激に拡散していた大邱地域では、3月の死亡者数が1千403人に達し、同月の基準で統計集計が始まった1993年以来の最大値を記録した。

第1四半期の死亡者数は7万9千769人で、前年同四半期に比べて4千494人(6.0%)増加した。

3月の出生児数から死亡者数を引いた人口自然増加分は、-1千501人(-0.3%)で、統計集計を開始した1983年以来、3月の時点で最初のマイナス( - )を記録した。

昨年11月から5ヶ月連続のマイナスだ。 以下略

22:ななしさん
コロナ自粛で家族が増えるよやったね

36:ななしさん
絶滅しろ!

44:ななしさん
1切るってすげーよな・・・

51:ななしさん
もうパンチョッ○リが韓国に帰って出生率を上げるしかねーなコレ

66:ななしさん
ザイニチを回収したらいい

77:ななしさん
まだ多過ぎる

125:ななしさん
2019年の出生数=303000 出生率=0.92
1月 30300人
2月 25700人
3月 27100人
4月 26100人
5月 25300人
6月 24000人
7月 25200人
8月 24400人
9月 24100人
10月 25600人
11月 23800人
12月 21400人(史上最低)

2020年
1月 26800人
2月 22900人
3月 24378人

132:ななしさん
出生数が比較的多い第一四半期で1.02→0.90
第一四半期の超過死亡は4000人超

137:ななしさん
0.8台確定じゃん今年