1:ななしさん 2020/01/02(木) 21:24:40.66 I
2020-01-02 16:13
http://news1.kr/articles/?3807521

韓国を訪問した日本の大学生たちが日本軍性奴隷制被害者を象徴する少女像の前に菊の花束を置いて少女像を暖かく抱き締めた。


世界平和青年学生連合(YSP)所属の韓・日大学生100人余りはこの日午後、ソウル鍾路区の旧日本大使館前に集まって記者会見を開いて『韓・日青年ソウル平和宣言』を発表した。

韓国と日本の学生たちはそれぞれ『韓国青年学生ソウル平和宣言文』と『日本青年学生ソウル平和宣言文』を朗読した後に少女像を抱擁した。

彼らの当初の計画は日本軍性奴隷制被害ハルモニたちに直接謝罪した後に抱擁をするものだったが、ハルモニたちが現場に来ることができず、少女像を抱擁するパフォーマンスに変えられた。

日本の学生たちはこの日の宣言文を通じて「過去の歴史を直視して、日本の歴史的な過誤と過ちを率直に認めます」と謝罪した。続いて「今後2度と北東アジアでこのような悲劇が繰り返されないように平和な北東ア構築のための活動を展開します」と明らかにした。

コ・ユミYSP釜山支部長は「去年7月、日本政府の輸出規制に韓国はジーソミア終了宣言で相対して両国の葛藤は深化した」として「韓国は反日、日本は嫌韓の情緒が激しく逆巻いたことによって、政治的な葛藤が民間にまで拡散した」と批判した。

続いて「両国の葛藤を解決することができない韓日政府に代わって、韓日の青年大学生たちが先頭に立って平和を実践するためにこの場所に立った」と記者会見の趣旨を明らかにした。

テ・ジョンス『韓日国籍者たち』所属韓国青年代表は「日本の学生たちと一緒に慰安婦ハルモニたちに直接お会いしてきたが、その時にハルモニたちが『貴方たちに過ちは無い』という暖かい慰めを仰ってくださった」として「その姿を見て、韓日平和の可能性を感じた」と話した。

サクライ・モトカYSP日本青年代表は「韓国人のアボジと日本人のオモニの間で生まれて、国境を超える愛を直接見て感じて育った」として「韓日間の永遠の平和のために努力するつもりだ」と話した。

先立ってYSP所属の日本青年大学生会員1200人はこの日午前、白凡記念館で日帝強制徴用被害ハラボジ11人を始めとして、ユン・ジュギョン尹奉吉月進会理事に会った。去る12月31日には『ナヌムの家』を訪問して、日本代表団が手作りした『愛の手紙』を日本軍性奴隷制被害者ハルモニたちに伝達している。




2:ななしさん
日本の青年
日本人とは言ってない

5:ななしさん
在日コリアン大学生?

7:ななしさん
それで朝鮮人がホルホルできるならいいんじゃない?
日本には関係ないので

12:ななしさん
そのまま朝鮮半島に住めよ(笑)

17:ななしさん
過ちを素直に認めますニダ

29:ななしさん
>>1
同族同士で気持ち悪い。