1:ななしさん 2019/11/27(水) 21:25:12.16
強制徴用被害者団体と市民社会団体は、ムン・ヒサン国会議長が強制徴用判決後に行われた日韓の対立を解決すると発表した法案に強く反発している。 これらは被害者を侮辱しているとしてドア議長の歴史意識を問うなど激しい反応を出した。 (中略)

これらがこう反発する理由は、いわゆる「ムン・ヒサン案」として知られている「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援に関する特別法一部改正法律案」の要旨として財源を日韓両国の「寄付金」にするからだ。 戦争犯罪への謝罪と、違法への賠償責任を求めており、逆に「自発的寄付」と「慰労金」のような表現で不法の責任を希釈させた法案という指摘だ。

強制徴用被害者団体が持っているムン・ヒサン案を見れば「特別財団による慰謝料財源」を上げるために△韓日両国の関連企業の自発的寄付 △両国民間の自発的寄付 △今は活動が終了した「和解治癒財団」の残っている残高約60億ウォン △その他の寄付や収入金などで造成するとされた。この案は、「慰謝料や見舞金支給に必要な総費用は2年間一刻運営を勘案しても、訴訟の進行を考慮すると、約3000億ウォン程度と予想される」と書いておいた。 特にパク・クネ政権末期に激しい反発を生んだ韓日慰安婦の合意の結果である「和解治癒財団」の残りのお金まで使うとし、被害者により屈辱感を与えた。

これらの団体は、この日の会見で、「その(法案)の内容を見ると、何を解決するための法案なのか知ることができない」と指摘した。 国際社会では、すべての植民地主義が非難を受け、重大な人権侵害には「真実、正義、被害回復(賠償)、再発防止」を人権回復の条件として提示するが、ムン・ヒサン案は、このような基本的な前提を全部無視した。

財源の項目について彼らは「『両国の企業や民間の寄付金』としており、誰にどのような責任があることを知ることができなくなった」とし「また、この基金に『和解治癒財団』の60億ウォンを含め、「2015年慰安婦の合意」を策定するという内容を盛り込んだ」と批判した。中略

これらは、「強制徴用被害者を無視したままで日韓間の未来はない」とし、日本政府には責任認定と謝罪、被告企業の積極的賠償の努力を、韓国政府には司法判決の履行のための外交的責任などを促した。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=006&aid=0000099913&date=20191127&type=1&rankingSeq=10&rankingSectionId=100




2:ななしさん
悲惨だな

8:ななしさん
お前らの育てた反日モンスターだからな
自業自得

9:ななしさん
いつもの仲間割れ

13:ななしさん
はい、慰安婦基金の二の舞

17:ななしさん
話が違うと仲間割れ

20:ななしさん
まあ
土下座でもしろよ

30:ななしさん
>>1
河村これどーすんの?
こいれでも進めるの?

31:ななしさん
>>1
名は体を表すムン・ヒサン

33:ななしさん
知らんがな

ネコババした韓国政府とやりあっとけ

34:ななしさん
国内外すべてを敵に回したヒサン
へたれた意味なかったな

35:ななしさん
韓国国内で話まとめろ

102:ななしさん
なんかいつも激怒してるね
生きてて楽しいのかなあ

126:ななしさん
こいつらとは何も話せない
関係を断つしか日本の国益は無い